【ACL2017】G大阪、初優勝の地・アデレードから2度目のアジア統制へ出陣〜グループH〜2017.02.22 16:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2月21日(火)、今シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の本戦がスタートする。日本からは、Jリーグ王者の鹿島アントラーズの他、浦和レッズ、川崎フロンターレ、そしてプレーオフを勝ち上がったガンバ大阪の4チームが出場する。

▽日本勢でグループHに入ったのは、3大会連続9度目の出場となるG大阪だ。2008シーズン以来2度目のアジア制覇を目指す。今回は、出場各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。
■グループH
アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)
江蘇蘇寧(中国)
済州ユナイテッド(韓国)
ガンバ大阪(日本)


★アデレード・ユナイテッド(オーストラリア/6回目)
【出場資格】
オーストラリア・リーグ2016 優勝
オーストラリア・リーグ2016グランドファイナル 優勝
【前回出場】
2016年
【前回大会】
プレーオフ敗退
【最高成績】
準優勝(2008)
▽2016シーズンのオーストラリア・リーグ王者であるアデレード・ユナイテッド。2005-06シーズン以来、遠ざかっていた国内リーグ優勝を果たしての出場となる。指揮を執るのはスペイン人のギシェルモ・アモレ監督。しかし、今シーズンの国内リーグでは下位に低迷している。風向きを変えるためにも、22日にホームで開幕するグループステージ第1節でG大阪を叩きたい。

【注目選手】
Getty Images
FWババ・ディアワラ(セネガル)
1988年1月5日(29歳)
▽セネガル人ストライカーに期待だ。これまでマリティモやセビージャ、レバンテ、ヘタフェを経て、今冬にフリートランスファーでアデレード・ユナイテッドに加入。アフリカ特有のバネを生かしたドリブルや、独特の間合いから放たれるシュートは、このアジアという舞台で相手の脅威になるに違いない。

★江蘇蘇寧(中国/3回目)
【出場資格】
中国スーパーリーグ 2位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
グループステージ敗退
【最高成績】
グループステージ敗退(2016)
▽昨年、MFラミレスや、MFアレックス・テイシェイラら欧州で実績十分の大物を引き入れて話題をふるまった江蘇蘇寧。しかし。3年ぶりの出場となった前回大会は、グループステージ敗退に終わった。指揮を執るのは、かつてFCソウルを率いたチェ・ヨンス監督。昨年ほどの目玉補強こそなかったものの、チームの成熟度や組織力という面で昨シーズン以上だ。

【注目選手】
Getty Images
MFラミレス(ブラジル)
1987年3月24日(29)
▽かつてチェルシーで異彩を放ったダイナモに注目だ。ラミレスは昨年から中国スーパーリーグに参戦。適正のボランチだけでなく、トップ下でもプレーし、昨シーズンのリーグ戦で26試合4ゴール1アシストを記録。昨年11発のアレックス・テイシェイラと、10発を記録したロヘル・マルティネスを繋ぐリンクマンとして輝く姿に期待したいところだ。

★済州ユナイテッド(韓国/2回目)
【出場資格】
Kリーグ・クラシック2016 2位
【前回出場】
2011年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
グループステージ敗退(2011)
▽昨シーズンのKリーグ・クラシックを3位フィニッシュ。プレーオフから参戦のはずだったが、全北現代が違反行為で出場権を剥奪されたため、繰り上がりで本戦から出場することになった。前回大会はグループステージで敗退したが、同居したG大阪に2-1で勝利。2度目の出場となる今大会でも再び相まみえることになる。

【注目選手】
Getty Images
FWマルセロ・トスカーノ(ブラジル)
1985年5月12日(31)
▽ブラジル人ストライカーをピックアップ。昨年から蔚山現代でプレーすると、昨シーズンのKリーグ・クラシックでチームトップの11ゴールを挙げた。武器は184cmの上背と足下のテクニック。クラブ史上初のグループステージ突破には、男の活躍が必要だ。

★ガンバ大阪(日本/9回目)
【出場資格】
明治安田生命J1リーグ 4位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
グループステージ敗退
【最高成績】
優勝(2008)
▽2017年の明治安田生命J1リーグで年間勝ち点4位に滑り込み、天皇杯の結果により、繰り上げでアジアへの挑戦権を手にしたG大阪。今シーズンはスローガン『勝』に込められた思いのとおり、全てのタイトル獲得が目標だ。今オフは、ストライカー獲得の失敗やMF阿部浩之ら主力の流失が相次いだ一方で、DF三浦弦太(清水エスパルス)やDFファビオ(横浜F・マリノス)、MF泉澤仁(大宮アルディージャ)、MF井出遥也(ジェフユナイテッド千葉)らを獲得。戦術面や布陣の変更も含めて、フルカスタマイズされた新たなチームは、初優勝の2008年に舞台となったアデレードから2度目のアジア王者への戦いが始まる。

【注目選手】
(c) J.LEAGUE PHOTOS
DFファビオ(ブラジル)
1989年2月28日(27歳)
▽今シーズンからG大阪に加入したファビオに注目。7日に行われたACLプレーオフで公式戦デビューを果たすと、守備面で強度を見せると共に、後方からのビルドアップやセットプレーから攻撃面でも存在感を発揮した。強烈な個が際立つアジアでの戦いにおいて、守備の耐久力は不可欠。自身2度目のACLという舞台で躍動する姿に期待だ。

コメント

関連ニュース

thumb

【ACLプレビュー】アウェイの地で挑む10年ぶりの決勝《アル・ヒラルvs浦和》

▽18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の決勝1stレグ、アル・ヒラル(サウジアラビア)vs浦和レッズがキングファハドスタジアムで行われる。 ▽アジア王者を懸けて西アジアと東アジアのクラブが激突する一戦。Jリーグ勢の浦和が10年ぶりのアジア王者に輝けるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆元Jリーガーが率いるサウジの名門</span>〜アル・ヒラル〜<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171118_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽西アジアの予選を勝ち上がってきたアル・ヒラルは、サウジアラビアの首都リヤドをホームとするチーム。サウジアラビアリーグ最多となる14回の優勝を誇る名門で、今シーズンもリーグ戦でアル・アハリと勝ち点で並ぶ2位につけている。 ▽アル・ヒラルを率いるのは、Jリーグで横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に所属してJリーグ初年度の得点王に輝き、アルゼンチン代表としても活躍したラモン・ディアス監督だ。昨シーズンは国内2冠を達成。ACLでも決勝へとチームを導いた手腕はさすがだ。 ▽ACLの前身であるアジアクラブ選手権では1992年、2000年と2度の優勝を経験しており、17年ぶりのアジア制覇を目指している。 <span style="font-weight:700;">◆10年ぶりのアジア制覇へ</span>〜浦和レッズ〜<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171118_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽対する東アジアの予選を勝ち上がったのは、浦和だ。準決勝ではブラジル代表FWフッキや同代表MFオスカルらを要する上海上港(中国)を撃破。ラウンド16の済州ユナイテッドFC戦、準々決勝の川崎フロンターレ戦と厳しい戦いをくぐり抜けての決勝進出とあって、このままアジアを制したいところだ。 ▽日本代表の欧州遠征に参加していたGK西川周作、DF槙野智章、MF遠藤航、MF長澤和輝、FW興梠慎三も現地で直接合流。短い期間ではあるがしっかりとチームとしてトレーニングを積み、1週間後に行われる2ndレグに繋がる試合をしたいところだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ</span>[4-1-4-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171118_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:森脇良太、遠藤航、阿部勇樹、槙野智章 MF:ラファエル・シルバ、柏木陽介、青木拓矢、長澤和輝、武藤雄樹 FW:興梠慎三 監督:堀孝史<hr>▽決勝も[4-1-4-1]のシステムを継続。日本代表に招集されていた5選手も先発すると予想する。出場停止のDFマウリシオが務めていたセンターバックには遠藤が入り、遠藤が務めていた右サイドバックにはDF森脇良太が復帰するとみる。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FWオマル・ハルビン</span>(アル・ヒラル) ▽アル・ヒラルの注目選手は、現在9得点で今シーズンのACL得点ランキングトップに立つシリア代表のハルビンだ。攻撃を牽引するハルビンの得点力は、決勝トーナメントに入っても健在。準決勝でも2ndレグで2得点を記録し、チームの決勝進出に貢献した。ホームゲームだけに、しっかりとゴールを奪いたいアル・ヒラル。浦和の守備陣を翻弄する可能性は高い。 <span style="font-weight:700;">◆DF槙野智章</span>(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171118_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽注目選手には日本代表でもしっかりと最終ラインの一角を担った槙野をピックアップ。10月に日本で行われたニュージーランド代表戦、ハイチ代表戦に続き、先日のブラジル代表戦、ベルギー代表戦もセンターバックとしてプレーした槙野。浦和ではサイドバックでの出場となるが、デュエルの部分、守備のポジショニング、読みの部分では磨きがかかったように感じる。大アウェイの中での一戦となるだけに、不要な失点は避けたいところ。槙野を筆頭にディフェンスラインの活躍が求められる。 <span style="font-weight:700;">◆失点ゼロで帰国できるか</span> ▽1stレグに望むことは、失点せずに終えること。2ndレグで逆転劇を演じ続けてきた浦和としては、良い形で2ndレグを迎えられる結果を残したいところだ。 ▽アウェイで勝利を挙げることができればより有利な立場に立てるものの、無理に勝ち点3を狙うことで不用意な失点を喫するのは避けたい。アンカーに入るであろうMF青木拓矢も鹿島アントラーズ戦で痛めた箇所が癒えていないために、集中した守備が求められる。 ▽攻撃面ではしっかりとした守備からのショートカウンターが有効か。前線がしっかりと連動し、主導権を握るサッカーができれば、2ndレグで優位に立てるだろう。10年ぶりの日本勢アジア制覇へ。注目の1stレグは18日の25時15分にキックオフを迎える。 2017.11.18 22:28 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和レッズとACL決勝で対戦…サウジアラビア王者・アル・ヒラルはどんなチーム?

浦和レッズとアル・ヒラル(サウジアラビア)が対戦するAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦は、キング・ファハド国際スタジアムで現地時間18日(日本時間19日1時15分)にキックオフを迎える。浦和と対戦するアル・ヒラルについて、『Goal』アラビア語版の記者に話を聞いた。<br><br>決勝の相手であるアル・ヒラルは、首都リヤドをホームタウンとするクラブ。サウジ・プレミアリーグで最多14回の優勝を誇り、昨シーズンの王者でもある。現在も国内リーグで首位アル・アハリと並ぶ勝ち点20の2位につけており、攻守にバランスの取れたチームだ。アル・ヒラルの指揮を執るのは、元アルゼンチン代表で、横浜マリノス(現F・マリノス)でもプレーしたラモン・ディアス監督。同監督は昨シーズンのリーグ優勝、カップ戦優勝の二冠を達成したため、クラブの経営陣やファンからも熱烈な支持を受けているという。<br><br>注目選手はシリア代表FWオマル・フリービーンで、上海上港のFWフッキと並び、9得点でACLのトップスコアラーだ。また、ブラジル国籍のカルロス・エドゥアルドは、前線のキープレーヤーであり、ACLで7ゴールを挙げている。中盤ではサウジアラビア代表MFサルマーン・アル=ファラジュがキーマンになる。ゲームをコントロールする力に長けた選手で、ディアス監督のサッカーで、最も重要な役割を果たす選手と評される。<br><br>アル・ヒラルは非常に人気のあるクラブで、決勝第1戦のスタジアムは満員になることが予想される。サウジアラビアは2018 FIFAワールドカップ ロシア大会に出場を決めたこともあり、大衆だけでなく、メディアもアル・ヒラルのACL制覇を後押ししているとのことだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.17 18:52 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和がACL決勝チケットの高額転売に対する具体策を発表!

▽浦和レッズは16日、ホームゲームチケットの転売対策を目的として、『REX CLUB』会員(ファンクラブ会員)向けに、公式のチケット譲渡の場を提供することを発表した。 ▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を決勝まで勝ち抜いている浦和は、18日(土)にアウェイで第1戦を、25日(土)に第2戦をホームでアル・ヒラル(サウジアラビア)と争うことが決まっている。第2戦のホームゲームチケットがインターネットオークションサイト等で多数、高額で転売していることを把握した浦和は、以前より高額転売チケットの購入を控えるよう呼びかけを行っていた。 ▽そして16日、浦和は具体的な転売対策としてクラブ自ら公式でチケット譲渡の場を用意することを発表した。チケットの買い戻しは、18日(土)及び23日(木・祝)に埼玉スタジアムで行われるほか、17日(金)~21日(火)の期間には郵送での対応を予定している。なお、購入者の本人確認が取れる場合のみ買戻し対象になること、『REX TICKET』での購入者のみの対応となること、返金額はチケット券面金額から1枚につき手数料500円を差し引いた額になることも伝えている。 ▽また、買い戻したチケットの販売については、『REX CLUB』登録者による事前申し込み抽選制となるとのことで、応募受付期間は23日(木・祝)18:00から24日(金)11:59まで。抽選実施日時は24日(金)12:30(予定)となっている。詳細はクラブ公式サイト[ http://www.urawa-reds.co.jp/ ]まで。 2017.11.16 22:40 Thu
twitterfacebook
thumb

中東クラブを侮るな! 浦和OB鈴木啓太、ACL決勝進出の古巣に警鐘

▽現役時代に浦和レッズで活躍した元日本代表MFの鈴木啓太氏がエンターテイメント企業『サミー株式会社』の手がける『SAMMY SOCCER PROJECT』のメディア発表会に出席した。 ▽発表会終了後、鈴木氏はメディア陣の囲み取材に応対し、古巣の浦和レッズが成し遂げた9年ぶりのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017決勝進出に言及。決勝戦の相手であるアル・ヒラル(サウジアラビア)を含む中東勢に「非常にレベルが高い」と警戒感を露わにしつつ、古巣の2度目となるアジア制覇を願った。 「レッズが10年ぶりに決勝の地に戻ってきたことを嬉しく思う。昨年の決勝戦を見たが、中東チームのレベルは非常に高い。上海(上港)よりも話題性こそ少ないが、決勝戦の方が難しい相手だなと」 「ただ、ミシャ(ミハイロ・ペトロヴィッチ)から堀(孝史)さんに監督が変わって、良いところを残しつつ、改善しなければいけない点、一発勝負の戦い方が洗練されてきている。良い戦いができると思う。簡単な相手ではないが、1戦目の戦いが重要になってくる」 「(第2戦をホームで戦えるが?) 最高のスタジアムですよね。埼玉スタジアムのようなスタジアム、浦和レッズというチームは、大舞台になればなるほど力が増す。難しい状況で試合をするとプレッシャーが大きくてやりづらいけど、大舞台に対してあのスタジアムは良い場所」 2017.11.01 15:15 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島、来季ACL権獲得 今季J1で2位以内確定

▽日本サッカー協会(JFA)は30、鹿島アントラーズの来シーズンにおけるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018出場権獲得を発表した。鹿島のACL出場は2大会連続8度目となる。 ▽鹿島は、明治安田生命J1リーグ第31節終了時点で首位。29日に行われたJ1第31節で北海道コンサドーレ札幌を2-1で下し、勝ち点を「67」に伸ばしてシーズン2位以内が確定した。 2017.10.30 19:00 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース