【ACL2017】G大阪、初優勝の地・アデレードから2度目のアジア統制へ出陣〜グループH〜2017.02.22 16:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2月21日(火)、今シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の本戦がスタートする。日本からは、Jリーグ王者の鹿島アントラーズの他、浦和レッズ、川崎フロンターレ、そしてプレーオフを勝ち上がったガンバ大阪の4チームが出場する。

▽日本勢でグループHに入ったのは、3大会連続9度目の出場となるG大阪だ。2008シーズン以来2度目のアジア制覇を目指す。今回は、出場各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。
■グループH
アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)
江蘇蘇寧(中国)
済州ユナイテッド(韓国)
ガンバ大阪(日本)


★アデレード・ユナイテッド(オーストラリア/6回目)
【出場資格】
オーストラリア・リーグ2016 優勝
オーストラリア・リーグ2016グランドファイナル 優勝
【前回出場】
2016年
【前回大会】
プレーオフ敗退
【最高成績】
準優勝(2008)
▽2016シーズンのオーストラリア・リーグ王者であるアデレード・ユナイテッド。2005-06シーズン以来、遠ざかっていた国内リーグ優勝を果たしての出場となる。指揮を執るのはスペイン人のギシェルモ・アモレ監督。しかし、今シーズンの国内リーグでは下位に低迷している。風向きを変えるためにも、22日にホームで開幕するグループステージ第1節でG大阪を叩きたい。

【注目選手】
Getty Images
FWババ・ディアワラ(セネガル)
1988年1月5日(29歳)
▽セネガル人ストライカーに期待だ。これまでマリティモやセビージャ、レバンテ、ヘタフェを経て、今冬にフリートランスファーでアデレード・ユナイテッドに加入。アフリカ特有のバネを生かしたドリブルや、独特の間合いから放たれるシュートは、このアジアという舞台で相手の脅威になるに違いない。

★江蘇蘇寧(中国/3回目)
【出場資格】
中国スーパーリーグ 2位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
グループステージ敗退
【最高成績】
グループステージ敗退(2016)
▽昨年、MFラミレスや、MFアレックス・テイシェイラら欧州で実績十分の大物を引き入れて話題をふるまった江蘇蘇寧。しかし。3年ぶりの出場となった前回大会は、グループステージ敗退に終わった。指揮を執るのは、かつてFCソウルを率いたチェ・ヨンス監督。昨年ほどの目玉補強こそなかったものの、チームの成熟度や組織力という面で昨シーズン以上だ。

【注目選手】
Getty Images
MFラミレス(ブラジル)
1987年3月24日(29)
▽かつてチェルシーで異彩を放ったダイナモに注目だ。ラミレスは昨年から中国スーパーリーグに参戦。適正のボランチだけでなく、トップ下でもプレーし、昨シーズンのリーグ戦で26試合4ゴール1アシストを記録。昨年11発のアレックス・テイシェイラと、10発を記録したロヘル・マルティネスを繋ぐリンクマンとして輝く姿に期待したいところだ。

★済州ユナイテッド(韓国/2回目)
【出場資格】
Kリーグ・クラシック2016 2位
【前回出場】
2011年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
グループステージ敗退(2011)
▽昨シーズンのKリーグ・クラシックを3位フィニッシュ。プレーオフから参戦のはずだったが、全北現代が違反行為で出場権を剥奪されたため、繰り上がりで本戦から出場することになった。前回大会はグループステージで敗退したが、同居したG大阪に2-1で勝利。2度目の出場となる今大会でも再び相まみえることになる。

【注目選手】
Getty Images
FWマルセロ・トスカーノ(ブラジル)
1985年5月12日(31)
▽ブラジル人ストライカーをピックアップ。昨年から蔚山現代でプレーすると、昨シーズンのKリーグ・クラシックでチームトップの11ゴールを挙げた。武器は184cmの上背と足下のテクニック。クラブ史上初のグループステージ突破には、男の活躍が必要だ。

★ガンバ大阪(日本/9回目)
【出場資格】
明治安田生命J1リーグ 4位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
グループステージ敗退
【最高成績】
優勝(2008)
▽2017年の明治安田生命J1リーグで年間勝ち点4位に滑り込み、天皇杯の結果により、繰り上げでアジアへの挑戦権を手にしたG大阪。今シーズンはスローガン『勝』に込められた思いのとおり、全てのタイトル獲得が目標だ。今オフは、ストライカー獲得の失敗やMF阿部浩之ら主力の流失が相次いだ一方で、DF三浦弦太(清水エスパルス)やDFファビオ(横浜F・マリノス)、MF泉澤仁(大宮アルディージャ)、MF井出遥也(ジェフユナイテッド千葉)らを獲得。戦術面や布陣の変更も含めて、フルカスタマイズされた新たなチームは、初優勝の2008年に舞台となったアデレードから2度目のアジア王者への戦いが始まる。

【注目選手】
(c) J.LEAGUE PHOTOS
DFファビオ(ブラジル)
1989年2月28日(27歳)
▽今シーズンからG大阪に加入したファビオに注目。7日に行われたACLプレーオフで公式戦デビューを果たすと、守備面で強度を見せると共に、後方からのビルドアップやセットプレーから攻撃面でも存在感を発揮した。強烈な個が際立つアジアでの戦いにおいて、守備の耐久力は不可欠。自身2度目のACLという舞台で躍動する姿に期待だ。

コメント

関連ニュース

thumb

柏、ACLユニフォーム発表! モデルとして登場したDF中谷進之介が新シーズンに向けて「代表にも絡んでいきたい」

▽柏レイソルは10日に新体制発表会見を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。 ▽昨シーズンの明治安田生命J1リーグで4位に入り、天皇杯の結果によりACLのプレーオフからの出場権を獲得した柏。新加入選手の挨拶に先立ってACLユニフォームを発表した。モデルとしてDF中谷進之介が登場し、新ユニフォームの感想と新シーズンに向けての抱負を語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF中谷進之介</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">──新ユニフォームについて</span> 「Jリーグで着るものより軽いなという印象です」 <span style="font-weight:700;">──2018シーズンはどんな年にしたいか</span> 「去年少しケガをしてしまったので、今年は全部の試合に出られるようにまずは身体を作りたいです。1月30日と試合が近いので、頑張っていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──昨シーズンはどんな1年だったか</span> 「チームとして失点数を減らせたことは良かったです。ただ、個人としてはもう少しできたと思います。もっと代表にも絡んでいきたいです。もっともっとやれると思います」 2018.01.11 02:20 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪でもプレーした元ウルグアイ代表FWフォルランが香港の傑志に加入…ACLでは柏と対戦の可能性

▽香港プレミアリーグの傑志(キッチー)は4日、元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(38)の加入を発表した。10日に香港に到着するとのことだ。 ▽フォルランは、アルゼンチンのインデペンディエンテから2002年1月にマンチェスター・ユナイテッドへと移籍。その後は、ビジャレアル、アトレティコ・マドリー、インテル、インテルナシオナルと渡り歩き、2014年1月にセレッソ大阪へと加入した。 ▽C大阪ではJ1、J2と1シーズン半を過ごし、2015年7月に母国のペニャロールへと移籍。2016年8月からはインド・スーパーリーグのムンバイ・シティへと加入。2017年1月に退団し、フリーとなっていた。 ▽ウルグアイ代表としても112試合に出場し36ゴールを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップでは得点王に輝くなど輝かしい成績を残しているスター選手だ。 ▽傑志は、香港プレミアリーグに所属し2016-17シーズンは優勝。2017-18シーズンも8試合を終えて勝ち点22の首位につけている。また、AFCチャンピオンズリーグ2018にも出場。グループEに入っており、全北現代モータース(韓国)と同居。プレーオフから出場する柏レイソルが本大会出場を決めれば、同グループとなる。 2018.01.04 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

天皇杯制覇のC大阪がストレートイン、柏がプレーオフから参戦へ!《ACL2018》

▽来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する4クラブが確定した。 ▽出場権を手にしたのは、川崎フロンターレ、鹿島アントラーズ、セレッソ大阪、柏レイソルの4クラブ。1日に行われた第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会を優勝で飾ったC大阪は、J1リーグ王者の川崎F、同リーグ2位の鹿島とともに本戦からの出場となる。これにより、J1リーグ4位フィニッシュの柏は、残る1枠のACL出場権を獲得。30日に行われるプレーオフ予選からの参戦が決まった。 <東地区> 【グループE】 ①全北現代モータース(韓国) ②傑志(香港) ③東地区プレーオフ勝者4※ ④東地区プレーオフ勝者2※ 【グループF】 ①川崎フロンターレ(日本) ②蔚山現代(韓国) ③メルボルン・ビクトリー(オーストラリア) ④東地区プレーオフ勝者3※ 【グループG】 ①広州恒大(中国) ②セレッソ大阪(日本) ③済州ユナイテッド(韓国) ④ブリーラム・ユナイテッド(タイ) 【グループH】 ①シドニーFC(オーストラリア) ②上海申花(中国) ③鹿島アントラーズ(日本) ④東地区プレーオフ勝者1※ ※東地区プレーオフ出場チーム 1:水原三星ブルーウィングス(韓国)、イースタンSC(香港)、FLCタインホア(ベトナム) 2:柏レイソル(日本)、ムアントン・ユナイテッド(タイ)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) 3:上海上港(中国)、チェンライ・ユナイテッド(タイ)、バリ・ユナイテッド(インドネシア)、タンピネス・ローバーズ(シンガポール) 4:天津権健(中国)、ブリスベン・ロアー(オーストラリア)、シャン・ユナイテッド(ミャンマー)、第1代表(フィリピン) 2018.01.01 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

グループステージ組み合わせ決定! 王者・川崎Fは蔚山&メルボルンと鹿島は上海申花&シドニーと《ACL2018》

▽6日、AFCチャンピオンズリーグ2018の組み合わせ抽選会が行われ、グループステージの組み合わせが決定した。 ▽今シーズンの明治安田生命J1リーグの結果から、優勝した川崎フロンターレ、2位の鹿島アントラーズの出場が決定。リーグ戦3位のセレッソ大阪はプレーオフに回る予定となっており、もう1チームは天皇杯で勝ち上がっている柏レイソル、横浜F・マリノス、C大阪、ヴィッセル神戸の中から決定する。 ▽リーグチャンピオンである川崎Fは、グループFに入り、韓国の蔚山現代、オーストラリアのメルボルン・ビクトリー、東地区プレーオフ勝者3と同居する。 ▽J1で2位の鹿島は、グループHに入り、オーストラリアのシドニーFC、中国の上海申花、東地区プレーオフ勝者1と同居する。 ▽J1で3位のC大阪は天皇杯で勝ち残っており、天皇杯王者として出場する可能性が残っている。天皇杯を優勝した場合はグループG、C大阪以外が天皇杯を制した場合には、グループEに入る。 ▽なおグループEは、全北現代モータース(韓国)、傑志(香港)、東地区プレーオフ勝者4、東地区プレーオフ勝者2が入っており、グループGには日本第2代表、広州恒大(中国)、済州ユナイテッド(韓国)、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)が入っている。 ▽なお、プレーオフは1月30日(火)に日本のホームで行われ、ムアントン・ユナイテッド(タイ)かジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)の勝者と対戦する。グループステージの開幕は2月12日、ノックアウトステージは5月7日から始まる。 ▽ACL2018プレーオフ出場チーム、グループリーグ組み合わせ、試合日程は以下の通り。 <西地区> 【グループA】 ①アル・ジャジーラ(UAE)、②アル・アハリ・サウジ(サウジアラビア)、③トラクトールサジ・タブリーズ(イラン)、④西地区プレーオフ勝者3※ 【グループB】 ①アル・ドゥハイル(カタール)、②アル・ワハダ(UAE)、③ロコモティフ(ウズベキスタン)、④西地区プレーオフ勝者2※ 【グループC】 ①ペルセポリス(イラン)、②アル・サッド(カタール)、③アル・ワスル(UAE)、④西地区プレーオフ勝者4※ 【グループD】 ①アル・ヒラル(サウジアラビア)、②エステグラル(イラン)、③アル・ラーヤン(カタール)、④西地区プレーオフ勝者1※ ※西地区プレーオフ出場チーム 1:アル・アイン(UAE) vs マルキヤ・クラブ(バーレーン) 2:ゾブ・アハン(イラン) vs アイゾールFC(インド) 3:アル・ガラファ(カタール) vs 第3代表(ウズベキスタン) 4:第2代表(ウズベキスタン) vs アル・ファイサリー(ヨルダン) <東地区> 【グループE】 ①全北現代モータース(韓国)、②傑志(香港)、③東地区プレーオフ勝者4※、④東地区プレーオフ勝者2※ 【グループF】 ①川崎フロンターレ(日本)、②蔚山現代(韓国)、③メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、④東地区プレーオフ勝者3※ 【グループG】 ①広州恒大(中国)、②第2代表(日本)、③済州ユナイテッド(韓国)、④ブリーラム・ユナイテッド(タイ) 【グループH】 ①シドニーFC(オーストラリア)、②上海申花(中国)、③鹿島アントラーズ(日本)、④東地区プレーオフ勝者1※ ※東地区プレーオフ出場チーム 1:水原三星ブルーウィングス(韓国)、イースタンSC(香港)、FLCタインホア(ベトナム) 2:第4代表(日本)、ムアントン・ユナイテッド(タイ)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) 3:上海上港(中国)、チェンライ・ユナイテッド(タイ)、バリ・ユナイテッド(インドネシア)、タンピネス・ローバーズ(シンガポール) 4:天津権健(中国)、ブリスベン・ロアー(オーストラリア)、シャン・ユナイテッド(ミャンマー)、第1代表(フィリピン) ◇試合日程 【プレーオフ(日本関連)】 2018年1月30日(火) 第4代表(日本)対ムアントン・ユナイテッド(タイ)またはジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) 【グループステージ】 第1節:2月12日(月)〜14日(水) 第2節:2月19日(月)〜21日(水) 第3節:3月5日(月)〜7日(水) 第4節:3月12日(月)〜14日(水)、 第5節:4月2日(月)〜4日(水) 第6節:4月16日(月)〜18日(水) 【ノックアウトステージ】 《ラウンド16》 第1戦:5月7日(月)〜9日(水) 第2戦:5月14日(月)〜16日(水) 2017.12.06 19:50 Wed
twitterfacebook
thumb

川崎Fの2位以上が確定し来季のACL出場が決定…C大阪は3位が確定しPOに《ACL2018》

▽29日、明治安田生命J1リーグ第33節の浦和レッズvs川崎フロンターレが行われ、0-1で川崎Fが勝利した。 ▽この結果、川崎Fがリーグ戦2位以上、セレッソ大阪の3位も確定。これにより、川崎Fの来シーズンAFCチャンピオンズリーグ(ACL)本大会出場、C大阪のプレーオフ出場が決定した。 ▽ACL2018は、J1リーグ優勝クラブ、天皇杯優勝クラブ、J1リーグ2位クラブが本大会に出場。J1リーグ3位クラブがプレーオフから出場する。 ◆本大会出場クラブ 鹿島アントラーズ/2年連続8回目 川崎フロンターレ/2年連続6回目 ◆プレーオフ出場クラブ セレッソ大阪/4年ぶり3回目(プレーオフ勝ち上がりの場合) ▽なお、C大阪は天皇杯準決勝まで勝ちあがっており、同大会で優勝すればJ1リーグ4位クラブが繰上げでプレーオフに回ることとなる。 ▽また、ACL2018のグループステージ組み合わせ抽選会は12月6日にマレーシアのクアラルンプールで行われる。 2017.11.29 22:07 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース