超ワールドサッカー

【ACL2017】G大阪、初優勝の地・アデレードから2度目のアジア統制へ出陣〜グループH〜2017.02.22 16:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2月21日(火)、今シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の本戦がスタートする。日本からは、Jリーグ王者の鹿島アントラーズの他、浦和レッズ、川崎フロンターレ、そしてプレーオフを勝ち上がったガンバ大阪の4チームが出場する。

▽日本勢でグループHに入ったのは、3大会連続9度目の出場となるG大阪だ。2008シーズン以来2度目のアジア制覇を目指す。今回は、出場各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。
■グループH
アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)
江蘇蘇寧(中国)
済州ユナイテッド(韓国)
ガンバ大阪(日本)


★アデレード・ユナイテッド(オーストラリア/6回目)
【出場資格】
オーストラリア・リーグ2016 優勝
オーストラリア・リーグ2016グランドファイナル 優勝
【前回出場】
2016年
【前回大会】
プレーオフ敗退
【最高成績】
準優勝(2008)
▽2016シーズンのオーストラリア・リーグ王者であるアデレード・ユナイテッド。2005-06シーズン以来、遠ざかっていた国内リーグ優勝を果たしての出場となる。指揮を執るのはスペイン人のギシェルモ・アモレ監督。しかし、今シーズンの国内リーグでは下位に低迷している。風向きを変えるためにも、22日にホームで開幕するグループステージ第1節でG大阪を叩きたい。

【注目選手】
Getty Images
FWババ・ディアワラ(セネガル)
1988年1月5日(29歳)
▽セネガル人ストライカーに期待だ。これまでマリティモやセビージャ、レバンテ、ヘタフェを経て、今冬にフリートランスファーでアデレード・ユナイテッドに加入。アフリカ特有のバネを生かしたドリブルや、独特の間合いから放たれるシュートは、このアジアという舞台で相手の脅威になるに違いない。

★江蘇蘇寧(中国/3回目)
【出場資格】
中国スーパーリーグ 2位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
グループステージ敗退
【最高成績】
グループステージ敗退(2016)
▽昨年、MFラミレスや、MFアレックス・テイシェイラら欧州で実績十分の大物を引き入れて話題をふるまった江蘇蘇寧。しかし。3年ぶりの出場となった前回大会は、グループステージ敗退に終わった。指揮を執るのは、かつてFCソウルを率いたチェ・ヨンス監督。昨年ほどの目玉補強こそなかったものの、チームの成熟度や組織力という面で昨シーズン以上だ。

【注目選手】
Getty Images
MFラミレス(ブラジル)
1987年3月24日(29)
▽かつてチェルシーで異彩を放ったダイナモに注目だ。ラミレスは昨年から中国スーパーリーグに参戦。適正のボランチだけでなく、トップ下でもプレーし、昨シーズンのリーグ戦で26試合4ゴール1アシストを記録。昨年11発のアレックス・テイシェイラと、10発を記録したロヘル・マルティネスを繋ぐリンクマンとして輝く姿に期待したいところだ。

★済州ユナイテッド(韓国/2回目)
【出場資格】
Kリーグ・クラシック2016 2位
【前回出場】
2011年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
グループステージ敗退(2011)
▽昨シーズンのKリーグ・クラシックを3位フィニッシュ。プレーオフから参戦のはずだったが、全北現代が違反行為で出場権を剥奪されたため、繰り上がりで本戦から出場することになった。前回大会はグループステージで敗退したが、同居したG大阪に2-1で勝利。2度目の出場となる今大会でも再び相まみえることになる。

【注目選手】
Getty Images
FWマルセロ・トスカーノ(ブラジル)
1985年5月12日(31)
▽ブラジル人ストライカーをピックアップ。昨年から蔚山現代でプレーすると、昨シーズンのKリーグ・クラシックでチームトップの11ゴールを挙げた。武器は184cmの上背と足下のテクニック。クラブ史上初のグループステージ突破には、男の活躍が必要だ。

★ガンバ大阪(日本/9回目)
【出場資格】
明治安田生命J1リーグ 4位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
グループステージ敗退
【最高成績】
優勝(2008)
▽2017年の明治安田生命J1リーグで年間勝ち点4位に滑り込み、天皇杯の結果により、繰り上げでアジアへの挑戦権を手にしたG大阪。今シーズンはスローガン『勝』に込められた思いのとおり、全てのタイトル獲得が目標だ。今オフは、ストライカー獲得の失敗やMF阿部浩之ら主力の流失が相次いだ一方で、DF三浦弦太(清水エスパルス)やDFファビオ(横浜F・マリノス)、MF泉澤仁(大宮アルディージャ)、MF井出遥也(ジェフユナイテッド千葉)らを獲得。戦術面や布陣の変更も含めて、フルカスタマイズされた新たなチームは、初優勝の2008年に舞台となったアデレードから2度目のアジア王者への戦いが始まる。

【注目選手】
(c) J.LEAGUE PHOTOS
DFファビオ(ブラジル)
1989年2月28日(27歳)
▽今シーズンからG大阪に加入したファビオに注目。7日に行われたACLプレーオフで公式戦デビューを果たすと、守備面で強度を見せると共に、後方からのビルドアップやセットプレーから攻撃面でも存在感を発揮した。強烈な個が際立つアジアでの戦いにおいて、守備の耐久力は不可欠。自身2度目のACLという舞台で躍動する姿に期待だ。

コメント

関連ニュース

thumb

AFCが川崎Fへの処分検討へ…ACLでのサポーターの旭日旗掲出で2試合の無観客試合の可能性も

▽アジアサッカー連盟(AFC)は27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)とAFCカップに出場している3クラブに対して、倫理規定違反があり処分を下す可能性があることを発表した。 ▽今回処分の対象となるのは、ACLに出場している川崎フロンターレ、広州恒大(中国)、AFCカップに出場しているネジメSC(レバノン)の3チーム。サポーターの行動が処分対象となったとのことだ。 ▽川崎Fは、水原三星ブルーウィングス(韓国)との試合で、第58条の差別的な行為があったとして処分が下される。川崎Fでは、試合前にサポーターが旭日旗を掲げており、これが倫理規定に抵触したとのことだ。 ▽広州恒大は、同じく第58条に抵触。対戦相手であるイースタンSC(香港)のホームで、香港を攻撃するメッセージが書かれたバナーをサポーターが掲示していた。また、ネジメSCもアル・ワフダ(ヨルダン)との試合で差別行為があったとのことだ。 ▽なお、第58条の差別的行為の違反が確定した場合は最低でも1万ドル(約111万円)の罰金が科され、2試合の無観客試合の可能性もある。 2017.04.28 12:44 Fri
twitterfacebook
thumb

W・シドニーに6発圧勝の浦和、決勝T進出決定…Jリーグ勢一番乗り《ACL2017》

▽浦和レッズは26日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループF第5節でウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)をホームに迎え、6-1で快勝した。 ▽3勝1敗の勝ち点9で首位に立つ浦和。引き分け以上で16強入りが決まる今節は、最下位のウェスタン・シドニーをホームで迎え撃った。 ▽ペトロヴィッチ監督は、3日後に控える明治安田生命J1リーグ第9節の大宮アルディージャとのさいたまダービーを意識してか、直近の試合から先発を5名変更。総力戦でグループステージ突破を狙った。 ▽立ち上がりからコンビネーションサッカーで試合の主導権を握りにかかった浦和が攻勢。前線に人数をかけた攻撃をしっかりとシュートの形に繋げていき、W・シドニー守勢の展開に持ち込む。 ▽すると、浦和は14分、柏木からパスを受けた武藤がバイタルエリア左から中央にボールを供給。関根がワントラップから迷いなく右足を振り抜くと、これがネットを揺らして先制に成功する。 ▽関根の公式戦2戦連発弾で先取点を挙げた浦和は続く18分、バイタルエリア右外から駒井が不揃いな最終ラインの背後にスルーパス。これに反応したズラタンが右足ダイレクトでボールを流し込んだ。 ▽良い流れで2点リードに成功した浦和は、その後も試合の主導権をコントエロール。37分にはサンタラブにヘディングシュートを許すが、クロスバーに助けられるなど運も味方する。 ▽そうした状況の中、浦和は43分にカウンターを発動。ズラタンにボールを預けて前線に走り出した李が並走する駒井のグラウンダークロスに合わせる。浦和が効率良く得点を重ねていく。 ▽迎えた後半、次戦に向けて早いベンチワークを見せた浦和。しかし、62分にズラタンの負傷交代に見舞われると、66分に楠神にドリブルからGK西川の頭上を越える右足の技ありシュートを決められてしまう。 ▽それでも、ズラタンの負傷交代で急きょピッチに立ったラファエル・シルバが71分に4点目、80分に5点目と連続ゴール。続く後半アディショナルタイムには興梠もネットを揺らし、W・シドニーを圧倒する。 ▽結局、浦和がW・シドニーに6発圧勝。勝ち点を「12」に伸ばした浦和が最終節を残して2大会連続の決勝トーナメント進出を果たした。 2017.04.26 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

敵地で勝負強さ光った鹿島、後半4発で蔚山現代を撃破…他会場の結果次第で決勝T進出確定《ACL2017》

▽鹿島アントラーズは26日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループE第5節で蔚山現代(韓国)のホームに乗り込み、4-0の勝利を収めた。 ▽2勝2敗の勝ち点6で2位に位置する鹿島。勝利した上で、他会場の結果次第で決勝トーナメント進出の可能性がある今節は、勝ち点4で3位の蔚山現代とのアウェイゲームに挑む。 ▽石井監督は、先週末に行われた明治安田生命J1リーグ第8節のジュビロ磐田戦でベンチスタートだったMFレオ・シルバらを先発起用。盤石のメンバーで6年ぶりの決勝トーナメント進出を目指した。 ▽敵地での一戦だけに、伝統の堅い守りから攻撃のリズムを作り出していきたい鹿島。しかし、今節敗れればグループステージ敗退の蔚山現代が立ち上がりから前に圧をかけてきたことで守勢の展開となる。 ▽半ば以降も攻守の切り替えの部分で相手を下回る鹿島。なかなか攻撃の形を作り出せない中、35分には永木がミドルレンジからシュートを放つが、GKに処理されてしまう。 ▽その後も苦しい展開を強いられた鹿島は、43分にセットプレーのチャンス。キッカーの永木が右足で送った鋭いクロスから山本が頭でゴールを狙うが、相手GKに阻まれた。 ▽ゴールレスで試合を折り返した鹿島は、その後半から反撃開始。すると、52分に均衡を破る。ボックス左から土居が放ったシュートはGKに弾かれたものの、金崎がこぼれ球に詰め切った。 ▽敵地でリードに成功した鹿島はわずか2分後、イ・キジェのミスを見逃さなかったペドロ・ジュニオールがボールを奪取。ドリブルでボックス内に侵攻したペドロ・ジュニオールのシュートが決まった。 ▽2点リードの鹿島は再び相手に押し込まれ始めるが、67分に相手GKのキックミス拾った金崎が豪快にゴールネットに蹴り込み、チーム3点目。勝利を大きく手繰り寄せた。 ▽さらに、試合終了間際には途中出場のレオ・シルバの強烈なミドルシュートがクロスバーの内側を叩きながらそのままゴールラインを割り、ダメ押しの4点目。鹿島が敵地で4発快勝を収めた。 ▽この結果、他会場で行われるムアントン・ユナイテッド(タイ)がブリスベン・ロアー(オーストラリア)に引き分け以上の結果を手にすれば、鹿島のグループステージ突破が決定する。 2017.04.26 21:33 Wed
twitterfacebook
thumb

突破か敗退か…Jリーグ勢4チームの条件とは《ACL2017》

▽25日、26日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第5節が行われる。 ▽グループステージを2節残した状況だが、今節でJリーグから出場している鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪の4チームの明暗が分かれる可能性がある。今回は4チームの現状を整理してみた。 <span style="font-weight:700;">◆鹿島アントラーズ(グループE/2位):勝利でラウンド16進出の可能性</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170425_22_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【第5節条件】 勝ち→ムアントンが引き分け以上 分け、負け→最終節の結果次第 ▽現在グループEの2位(勝ち点6)につける鹿島は、他力ながら今節でラウンド16進出を決めることができる。鹿島の今節の相手は、勝ち点4でグループ3位の蔚山現代(韓国)。開幕戦で蔚山現代と対戦した鹿島は、後半の2得点で2-0と勝利しているものの、アウェイでの戦いとなればその様相は変わってくるだろう。 ▽鹿島はムアントン・ユナイテッド(タイ)、ブリスベン・ロアー(オーストラリア)とアウェイではどちらにも1-2で敗戦。3戦目のアウェイ戦も厳しい試合が待っているだろうが、勝利でグループステージ突破に前進したい。鹿島が勝利した場合、もう1試合のムアントンvsブリスベン・ロアーで、ムアントンが引き分け以上の結果を残せば、1試合を残してグループステージ突破が決定する。敗れた場合は蔚山現代に順位で上回られるため、厳しい最終節を迎えることとなる。 <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ(グループF/1位):引き分け以上で突破決定</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170425_22_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【第5節条件】 勝ち、分け→ラウンド16進出が決定 負け→上海上港が引き分け以上+3点差以内の敗戦でラウンド16進出が決定 ▽現在グループFの首位(勝ち点9)に立つ浦和は、あと一歩でラウンド16進出が決定する。今節はホームにグループ最下位(勝ち点3)のウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)を迎える。開幕戦ではアウェイながら0-4で勝利しており、今節は引き分け以上の結果でグループ2位以内が確定する。 ▽また、今節敗れた場合でも3点差以内であればシドニー・Wと勝ち点で並んでも上回ることが確定。さらに、上海上港(中国)がFCソウル(韓国)に引き分け以上の結果を残せばラウンド16進出が決定する。 ▽FCソウルも勝利した場合は最終節にもつれ込むが、FCソウルとはホームで5-2の勝利を収めているため、最終節で敗れても2点差以内なら勝ち点で並んでも上回ることができる。とはいえ、浦和としては今節のホームゲームでしっかりと決めたいところだろう。 <span style="font-weight:700;">◆ガンバ大阪(グループH/4位):熾烈な2位争いに挑む</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170425_22_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【第5節条件】 勝ち→最終節の結果次第 分け→最終節の結果次第 負け→敗退が決定 ▽現在グループ最下位(勝ち点3)。あと一歩で敗退が決まってしまう状況には変わりないが、G大阪は自力でのラウンド16進出を決めることができる。グループHは江蘇蘇寧(中国)が勝ち点12で首位を独走。2位のアデレード・ユナイテッド(オーストラリア)、3位の済州ユナイテッドFC(韓国)は勝ち点4で、G大阪とは勝ち点1差。さらに、G大阪は第5節、最終節で両チームと対戦する。 ▽G大阪は2連勝すれば文句なしの2位通過が決定。逆に1度でも負ければ敗退が決定する状況だ。1勝1分けであれば、突破の可能性は残すものの、江蘇蘇寧の結果に左右されることとなる。そのため、今節の結果が非常に大きく、しっかりと勝ち点3を積み上げて最終節に望みを繋ぎたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆川崎フロンターレ(グループG/3位):無敗で敗退の可能性も…まずは1勝を</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170425_22_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>勝利→最終節の結果次第 分け→広州恒大が勝利で敗退 負け→広州恒大が勝利で敗退 ▽順位ではグループ3位(勝ち点4)につけながら、日本勢で最も厳しい状況に立たされているのが川崎Fだ。ここまでの4試合は全てドロー。勝ち点4を積み上げているものの、最下位(勝ち点1)のイースタンSC(香港)から勝ち点3を奪えなかったことが大きく響いてしまっている状況だ。 ▽今節はグループ首位(勝ち点8)の水原三星ブルーウィングス(韓国)と対戦。勝利を収めても最終節の結果次第ということに変わりはないが、大きなアドバンテージを最終節に残すことができる。逆に、引き分け以下の結果に終わった場合は、今節での敗退の可能性が高まる。2位の広州恒大(中国)との勝ち点差は2。今節、広州恒大はイースタンSCと対戦し、実力通りの結果であれば広州恒大が勝利する可能性が高い。その場合は、最終節での逆転が不可能となり、川崎Fの敗退が決定する。順位的には3位ではあるが、グループステージ突破には最も厳しい状況となっているのが現状だ。 <span style="font-weight:700;">◆4チームが揃ってベスト16なら2011年以来</span> ▽今大会で、Jリーグ勢がACLで4チーム出場するようになってから9大会目を迎えている。これまで4チーム全てがグループステージを突破したのは2度。最後は2011年大会の名古屋グランパス、鹿島、G大阪、セレッソ大阪だ。6大会ぶりに4チームがベスト16に名を連ねられるのか。今節のACLには一層の注目が集まる。 2017.04.26 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

済州が逆転勝利で2位浮上! G大阪は次節4点以上かつ3点差以上での勝利が最低条件…《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017・グループH第5節、江蘇蘇寧(中国)vs済州ユナイテッド(韓国)が行われ、1-2で済州が勝利した。 ▽第4節を終えて、全勝で首位を独走する江蘇蘇寧(勝ち点12)は、元ブラジル代表MFラミレスとブラジル人MFテイシェイラを先発起用。一方、1勝2敗1分で3位につける済州(勝ち点4)は、ブラジル人MFトスカーノとセレッソ大阪でもプレーしたFWマグノ・クルスが先発した。 ▽試合が動いたのは27分、テイシェイラのクロスをラミレスがヘディングシュート。これが決まり、首位の江蘇蘇寧が先制する。 ▽グループステージ突破に向けてここでのポイントロスは許されない済州は、すぐさま反撃を見せる。34分、チン・ソンウクのパスを受けたマグノ・クルスが右足でゴールネットを揺らし、試合を振り出しに戻す。 ▽迎えた後半開始早々、済州が攻勢に出ると48分、イ・チャンミンがボックス外から右足を振り抜く。これがゴール右上隅に突き刺さり、逆転に成功する。 ▽その後は、江蘇蘇寧の反撃を凌いで得点を許さなかった済州がこのゴールを守り切って勝利。別会場で行われたガンバ大阪(日本)vsアデレード・ユナイテッド(オーストラリア)が3-3のドローに終わったため、勝ち点3をもぎ取った済州が2位に浮上した。 ▽この結果、G大阪は次節の済州とのアウェイ戦で4得点以上かつ3点差以上で勝利し、別会場で行われるアデレード・ユナイテッドvs江蘇蘇寧の一戦でアデレードが引き分け以下で終わることがグループステージ突破の条件となった。 江蘇蘇寧 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 済州ユナイテッド</span> 【江蘇蘇寧】 ラミレス(前27) 【済州ユナイテッド】 マグノ・クルス(前34) イ・チャンミン(後3) 2017.04.26 00:28 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース