【2017 J1チーム診断】3年目を迎えるモンバエルツ体制、新世代の台頭へ《横浜F・マリノス》2017.02.21 20:02 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分での大幅な見直しが行われ、各クラブがタイトルを目指してこれまで以上に激しいリーグ戦が繰り広げられるはずだ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回はストーブリーグを賑わせ世代交代を推し量った横浜F・マリノス編をお届けする。

◆トリコロールを背負う新世代の台頭へ
▽今オフ最もストーブリーグを賑わせたと言っても過言ではない横浜FM。エースMF中村俊輔がジュビロ磐田へ移籍すると、DF小林祐三がサガン鳥栖、MF兵藤慎剛が北海道コンサドーレ札幌、GK榎本哲也が浦和レッズとチームを支えてきた選手が退団した。一方で、DF松原健(アルビレックス新潟)、DF山中亮輔(柏レイソル)、MF扇原貴宏(名古屋グランパス)と若手を獲得。さらに、MF齋藤学の残留も確定し、ベテランと若手の融合で結果を残したい。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽注目ポイントはベテランと若手のバランスだ。前述の3名が退団したとはいえ、DF中澤佑二(39)、DF栗原勇蔵(33)、MF中町公祐(31)など経験豊富な選手は残っている。昨シーズン頭角を現したMF天野純(25)やDFパク・ジョンス(22)、新加入のMFダビド・バブンスキー(22)、DFミロシュ・デゲネク(22)と若手がベテラン勢を追い越す活躍を見せられるのか。ユース出身のMF遠藤渓太(19)やMF中島賢星(20)など、将来が楽しみな選手は多く控えている。

◆予想フォーメーション[4-2-3-1]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:飯倉大樹
DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、金井貢史
MF:喜田拓也、中町公祐
MF:マルティノス、バブンスキー、齋藤学
FW:ウーゴ・ヴィエイラ
▽基本フォーメーションはこの2シーズンと同じ[4-2-3-1]。ディフェンスラインには、DF小林祐三、DFファビオの代わりに、新戦力のDF松原健、DFデゲネクが入るだろう。DFパク・ジョンスがキャンプ中に負傷した影響もあり、デゲネクが堅守のカギを握りそうだ。また、トップ下はMF天野純とMFダビド・バブンスキーがポジションを争うことになりそうだ。チームに早くフィットした方が、レギュラーとなるだろう。1トップは新戦力のFWウーゴ・ヴィエイラ。長年の悩みであるストライカーとして活躍できるかがチームの成績を左右するだろう。

◆期待の新戦力
(C)CWS Brains,LTD.
FWウーゴ・ヴィエイラ(ポルトガル)
1988年07月25日(28歳)
2016シーズン(セルビアリーグ):10試合7得点
▽バルセロナの下部組織出身のバブンスキーやオーストラリアの新鋭・デゲネクにも注目が集まる中、チームの成績に直結するであろうFWウーゴ・ヴィエイラを注目選手に挙げる。横浜FMの大きな課題として長年頭を悩ませているストライカー問題。セルビアの名門レッドスター・ベオグラードで残した多くのゴールを日本でも奪えるのか。その右足にチームの命運が懸かっている。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF齋藤学(日本)
1990年4月4日(26歳)
2016シーズン(J1):33試合10得点
▽言わずもがな、横浜FMの未来を担うMF齋藤学が今シーズンのキーマンだ。欧州への移籍に悩む中、チームと契約を更新。背番号もMF中村俊輔が背負っていた10番に変更し、キャプテンにも就任した。昨シーズンは2桁得点を記録し、Jリーグベストイレブンにも選出。昨シーズン以上の期待を懸けられる今シーズンはどのようなパフォーマンスを魅せるのかに注目だ。

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ移籍情報/1月20日】元日本代表DF安田理大が新潟加入でJ復帰! 京都はU-18所属選手2名を2種登録

▽1月20日(土)に決定したJリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽1年でのJ1復帰を目指すアルビレックス新潟は、Kリーグチャレンジ(韓国2部)の釜山アイパークから元日本代表DF安田理大を完全移籍で獲得。京都サンガF.C.は京都U-18に所属するMF福岡慎平とMF上月壮一郎を2種登録した。 ▽1月20日(土) 【J2】 ◆アルビレックス新潟 《IN》 DF安田理大(30) [釜山アイパーク(韓国2部)←完全移籍]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180120_yasuda.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ◆京都サンガF.C. 《IN》 MF福岡慎平(17) [京都サンガF.C.U-18←2種登録] MF上月壮一郎(17) [京都サンガF.C.U-18←2種登録] 2018.01.21 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“浦和っ子”矢島慎也、G大阪移籍真相 「引っかかりが…」

▽ガンバ大阪に加入したMF矢島慎也(23)が胸中を明かした。 ▽矢島は、浦和生まれで浦和レッズユース育ちの“浦和っ子”。ファジアーノ岡山への期限付き移籍期間を除けば、“レッズ一色”のプロキャリアを歩んできた。将来的に、MF柏木陽介の正当なる後継者との期待も集まっていたが、移籍を決断。しかも、行くと決めた移籍先は、浦和と数々の激戦を繰り広げてきた因縁多きクラブ“G大阪”だった。 ▽両クラブのファンの間でも話題に挙がった矢島のG大阪への完全移籍。渦中の矢島は、20日に行われたG大阪の新体制発表会に出席し、改めて移籍決断の経緯を問われると、青黒のエンブレムを胸に次のように応えた。 「浦和にいたし、ユース育ちだし、浦和で続けることも考えていた。でも、自分の中で慣れ親しんだ環境でやっていることにちょっと引っかかりがあった。その中で、ガンバ大阪から2年連続で早めにオファーをいただいて、熱意を感じた」 「ガンバ大阪は浦和と肩を並べるというか、自分が小さい頃から見てきたライバルチームで、間違いなくビッグクラブ。ここに身を置くことで、周りと競争することで成長できると思った。誰も知らない場所に飛び込んでやってみることが大事だと思い、移籍を決めた」 2018.01.20 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪加入9名が抱負、MF矢島慎也「1日1日努力を」

▽ガンバ大阪は20日、クラブハウスにて新体制発表会見を行い、2018シーズンにおける選手背番号を発表した ▽新シーズンよりG大阪入りしたのは、GK谷晃生、DF松田陸、DF菅沼駿哉、DF山口竜弥、MF芝本蓮、MF福田湧矢、MF矢島慎也、FW中村敬斗、FW白井陽斗の9名。それぞれ抱負を語った。 ◆FW中村敬斗<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_nakamura_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 「自分の長所はドリブルで仕掛けてからのシュート。ガンバ大阪の勝利に貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「好きな選手は特にいないが、堂安律選手はガンバで活躍されていたので、目標にしている」 ◆MF芝本蓮<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_shibamoto_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「特徴はスルーパス。少しでも早くJ1のピッチに立てるよう頑張りますので、よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「ガンバ大阪の遠藤保仁選手です」 ◆MF福田湧矢<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_fukuda_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「特徴は、直面を打開するドリブルやシュート。ガンバ大阪の多くのタイトルに貢献できるように日々努力します。よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「ガンバ大阪の倉田秋選手。国外だと、フィリペ・コウチーニョが好きです」 ◆MF矢島慎也<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_yajima_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「パスやトラップの基礎技術と、ゲームを作るところを見てもらいたい。ガンバ大阪で成長できるように、1日1日努力を続けていきたいと思います。よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「あまりいないですけど、ここにうまい選手がたくさんいるので、練習から盗んでいきたいです」 <span style="font-weight:700;">──ガンバ大阪というチームの印象について</span> 「僕は昨年の試合に出ていないんですけど、対戦をベンチから見ていたイメージは、1人1人足下の技術があって、テンポ良くパスを繋ぎながら攻めているなと。自分もあそこに入ったら楽しくできるなと思っていました」 ◆DF松田陸<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_matsuda_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「特徴は競り合いと球際。チームに貢献できるように頑張りますので、よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「自分はハビエル・マスチェラーノ。潰しのところとかを真似していきたい」 ◆DF菅沼駿哉<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_suganuma_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「一対一の対人に自信を持って、このチームに戻ってきた。一生懸命頑張ります。よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「僕は海外の選手のプレーをよく見ています」 <span style="font-weight:700;">──ガンバ大阪というチームの印象</span> 「僕もずっとDAZNで見させてもらっていました。知っている選手は3人ぐらいしかいないけど、すごくレベルの高いチームだと思っていました。そのチームに戻ってこれるチャンスがあったので、チャレンジしたいという思いで戻ってきました」 ◆DF山口竜弥<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_yamaguchi_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「特徴は、攻守の一対一やキック。ガンバを代表する選手になるので、応援よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「僕はドリブルが好きなので、ドグラス・コスタが好きです。ガンバだと、藤春廣輝選手が好きなんですけど、アデミウソン選手も好きです」 ◆FW白井陽斗<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_shirai_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「得意なのは、スピードを生かしたプレー。そういったプレーでチームの勝利に頑張りますので、応援よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「僕はガンバ大阪にいた宇佐美貴史選手が好きです」 ◆GK谷晃生<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_tani_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「得意なプレーはシュートストップとハイボール処理。1日でも早くチームの勝利に貢献できるように精一杯努力していきます。よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「僕が目標とする選手は、(マーク=アンドレ・)テア・シュテーゲン選手です」 2018.01.20 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台、新シーズンのキャプテンにMF富田晋伍、MF奥埜博亮、MF大岩一貴

▽ベガルタ仙台は19日、2018シーズンのキャプテンにMF富田晋伍、MF奥埜博亮、MF大岩一貴が就任したことを発表した。 ▽キャプテンに就任した3人は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆富田晋伍 「2018シーズンも引き続き、キャプテンを務めさせていただくこととなりました。チームの目標を達成するために、自分らしく戦う姿勢でチームを引っ張っていきたいと思います。今シーズンもよろしくお願いいたします」 ◆奥埜博亮 「チームの勝利のために、責任を持ってキャプテンを務めたいと思います。また責任あるポジションを任されるということは、自分自身の成長にもつながる貴重な機会だと捉えています。引き続き応援よろしくお願いいたします」 ◆大岩一貴 「チームメート、スタッフ、サポーター全員の力で上位進出するために、まずは目の前のことを全力で取り組みます。チームに貢献できるようがんばります。よろしくお願いします」 2018.01.20 20:09 Sat
twitterfacebook
thumb

スローガンは「奪還」 G大阪社長が再起誓う 「タイトルを奪い返す」

▽ガンバ大阪は20日、クラブハウスにて新体制発表会見を行い、2018シーズンにおける選手背番号を発表した。 ▽G大阪の山内隆司社長は、新任のレヴィー・クルピ監督と共に新体制発表会に出席。新シーズンのスローガンを明らかにし、不本意な1年に終わった昨シーズンからの再起を期した。 <span style="font-weight:700;">◆山内隆司社長</span>(ガンバ大阪) 「スローガンを『勝』とし、タイトル獲得を目標に戦った2017シーズンは、AFCチャンピオンズリーグを予選突破できず、国内でもJ1で10位に沈み、天皇杯とルヴァンカップでも共にタイトルを獲ることができなかった。シーズンのスタートこそ順調だったものの、中盤からガンバ大阪らしい攻撃的なサッカーや勝負強さを発揮できず、応援をいただく多くのみなさまの期待を裏切る不本意なシーズンとなり、たいへん申し訳ありませんでした」 「昨シーズンの成績を振り返ると、ガンバ大阪は常にタイトルを争い、獲得しなければならないクラブであることを痛切に感じた。この悔しさを胸に刻み、2018シーズンを戦わなければならないと感じている。そこで、2018シーズンにおけるガンバ大阪のスローガンは、『奪還』に致します」 「ボールを保持しながら試合の主導権を握り、アグレッシブにゴールを奪う魅力的なサッカーを復活、再構築し、2年間失っているタイトルを奪い返す。それこそがスタジアムにおいでいただいているファン・サポーターはもちろん、チームを支えるパートナーやホームタウンのみなさまの熱い思いであると考えている」 「2018シーズンから、ガンバ大阪は名将レヴィー・クルピを指揮官に迎える。そして、スタジアムの名称も『パナソニックスタジアム吹田』として、愛されるスタジアム作りを目指して新たにスタートする。ロシア・ワールドカップ開催の2018年、ガンバ大阪はクラブ一丸となり、輝かしい歴史を作っていく。熱い応援を何とぞよろしくお願い申し上げます」 2018.01.20 19:56 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース