【ACL2017】10年ぶりの戴冠へ…浦和がオスカル、フッキ擁する上海上港と同居〜グループF〜2017.02.21 14:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2月21日(火)、今シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の本戦がスタートする。日本からは、Jリーグ王者の鹿島アントラーズの他、浦和レッズ、川崎フロンターレ、そしれプレーオフを勝ち上がったガンバ大阪の4チームが出場する。

▽日本勢でグループFに入ったのは、昨シーズンの明治安田生命J1リーグ2位の浦和レッズだ。3大会連続でのACL出場となる浦和は、今シーズン国内タイトルを含めて4冠を宣言。2007年以来2度目のACL制覇を目指す。今回は出場各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。
■グループF
FCソウル(韓国)
浦和レッズ(日本)
上海上港(中国)
ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)
★FCソウル(韓国/7回目)
【出場資格】
Kリーグ・クラシック2016 優勝
【前回出場】
2016年
【前回大会】
ベスト4(2016)
【最高成績】
ベスト4(2016)
▽昨シーズンのKリーグ・クラシックチャンピオンに輝いたFCソウル。ACLでもグループステージから驚異的な得点力を見せると、ラウンド16では浦和レッズ、準々決勝では山東魯能を下してベスト4進出。しかし、準決勝でリーグ戦でもタイトルを争った全北現代モータースの前に敗退。FWアドリアーノやMF高萩洋次郎が退団したチームがどの程度の力を持っているかに注目だ。

【注目選手】
Getty Images
MFハ・デソン(韓国)
1985年3月2日(31歳)
▽昨シーズンまでFC東京、名古屋グランパスでプレーしたMFハ・デソンに注目。昨シーズンまで高萩が務めたポジションでの起用が見込まれており、攻守両面での 貢献が期待されている。

★浦和レッズ(日本/6回目)
【出場資格】
明治安田生命J1リーグ2016 2位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
ラウンド16
【最高成績】
優勝(2007)
▽2016シーズンの明治安田生命J1リーグで年間勝ち点1位を獲得しながらも、チャンピオンシップで敗れて2位に終わった浦和。昨シーズンのACLではPK戦の末に敗退と悔しい思いをしているだけに、国内タイトルだけでなくアジアタイトルの奪還を目指したい。

【注目選手】
Getty Images
FWズラタン(スロベニア)
1983年12月15日(33歳)
▽注目選手にはズラタンをピックアップ。チームではFW興梠慎三の控えの位置付けにあるものの、アジアでの戦いを考えるとズラタンの力が必要となるだろう。全4冠を目指す中でも特に激戦が続くと予想されるACL。前線でのキープ力や馬力のある攻撃は浦和の大きな力となるだろう。

★上海上港(中国/2回目)
【出場資格】
中国スーパーリーグ 3位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
ベスト8
【最高成績】
ベスト8(2016)
▽プレーオフを勝ち上がって出場権を獲得した上海上港。“爆買い”で話題となった昨シーズンは、ブラジル代表FWフッキを獲得してACLでも一定の結果を残した。今シーズンはチェルシーからブラジル代表MFオスカルを獲得。さらに、ポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョもチームに加え、指揮官にはポルトやチェルシー、ゼニトで指揮を執っていたアンドレ・ビラス=ボアス監督を招へい。より一層チーム力を高め、アジアタイトルを目指す。

【注目選手】
Getty Images
MFオスカル(ブラジル)
1991年9月9日(25歳)
▽チェルシーで中心選手として活躍し、ブラジル代表での将来も期待されていたオスカルに注目せざるを得ない。パスやシュートの精度の高さはもちろんのこと、ゲームを作る能力に長けており、攻守にわたって献身的なプレーも可能。チーム内でも一つ頭が抜けた存在あるものの、FWフッキにとってはプレーしやすい相棒を手に入れた形になる。欧州でもトップクラスの実力がアジアでどの様な結果を残すのかに注目だ。

★ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア/3回目)
【出場資格】
Aリーグ2015-16 2位
【前回出場】
2015年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
優勝(2014)
▽3大会前にクラブ創設3年目でアジアを制したウェスタン・シドニー。かつてはMF小野伸二やMF高萩洋次郎、DF田中裕介と日本人選手が所属。今シーズンはサガン鳥栖から加入したMF楠神順平が所属している。オーストラリア勢はACLではあまり結果を残せていないが、4大会ぶりのアジアタイトルを目指す。

【注目選手】
Getty Images
MF楠神順平(日本)
1987年8月27日(29)
▽川崎フロンターレやセレッソ大阪、サガン鳥栖でプレーしていたMF楠神順平に注目。出場機会を求めて昨年7月にウェスタン・シドニーへと移籍を果たすと、今シーズンのAリーグでは20試合に出場し3得点を記録するなど、チームの中心選手として活躍。川崎F、C大阪時代にもACLに出場していたが、新天地でのアジアタイトル獲得に挑む。

コメント

関連ニュース

thumb

AFCが浦和とのACLで問題を起こした済州ユナイテッド2選手への処分を軽減

▽アジアサッカー連盟(AFC)は20日、浦和レッズとのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の試合後に問題を起こし処分を与えていた済州ユナイテッドFCの2選手に関して、処分を軽減することを発表した。 ▽対象選手はチョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュの2選手。両選手は5月31日に埼玉スタジアム2002で行われたACL決勝トーナメント1回戦2ndレグの浦和レッズvs済州ユナイテッド(韓国)で問題を起こしていた。 ▽試合中に退場処分が下されたものの、審判への抗議、試合後の乱闘に参加したチョ・ヨンヒョンに関しては、6カ月の出場停止処分と2万ドル(220万円)の罰金処分を下していたが、1年間の執行猶予付きの3カ月の出場停止処分に軽減することを発表。これにより、9月9日から試合に出場することが可能となる。 ▽また、ベンチから飛び出し試合中に浦和MF阿部勇樹に暴行を働いていたペク・ドンギュには3カ月の出場停止と1万5000ドル(約170万円)の罰金処分が下されていたが、出場停止処分を2カ月に軽減した。これにより、8月9日から試合に出場することが可能となる。 ▽同日には川崎フロンターレが「旭日旗問題」に対して上訴していた問題を棄却しており、1年間の執行猶予付きでAFC主催のホーム戦1試合の無観客処分と、罰金1万5000ドル(約170万円)が確定。Jリーグクラブにとっては不可解な裁定が続くこととなった。 2017.07.20 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

AFCが全面棄却…川崎F、訴え叶わず「旭日旗問題」で処分へ

▽アジアサッカー連盟(AFC)は20日、川崎フロンターレの「旭日旗問題」に対する上訴を全面棄却したと発表した。 ▽発端は、4月20日に韓国で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の水原三星ブルーウィングス戦。川崎Fの一部サポーターによる旭日旗を掲げての応援が、水原側のサポーターとの衝突を生んでいた。 ▽差別的かつ韓国民を傷つける行為と判断したAFCは5月4日、川崎Fに1年間の執行猶予付きでAFC主催のホーム戦1試合の無観客処分と、罰金1万5000ドル(約170万円)を発表。川崎F側は処分撤回を求め、異議を唱えていた。 2017.07.20 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪MF遠藤保仁、ACL初制覇の2008年大会回想…印象的な試合は「準決勝の浦和戦」

▽ガンバ大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁が、自身も50試合以上の出場数を数えるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)から最も印象に残る試合として、2008年に行われた浦和レッズとの準決勝2試合を挙げた。AFC公式サイトが伝えている。 ▽この年、G大阪と浦和はベスト4で激突。第1戦、第2戦ともに浦和が先制する展開が続いたが、G大阪が底力を見せ、トータルスコア4-2で決勝進出を果たした。 ▽その後、G大阪はアジア初制覇。しかし、遠藤にとって、自身も2ゴールを挙げた準決勝の浦和戦が、アデレード・ユナイテッドとの決勝戦よりも強く印象に残っているようだ。 「一番面白かったのは、2008年のセミファイナルですね。浦和戦が一番記憶に残っていますね」 「決勝に進む大事な2試合で、なおかつ、その当時の最大のライバル。ホームが1-1、アウェイが3-1だったかな。快勝することができたので」 「ACLの準決勝で、国内のライバルチームと当たるのは特別な思い出だったかなと思います」 ◆第1戦 ガンバ大阪 1-1 浦和レッズ 【G大阪】 遠藤保仁(後36分[PK]) 【浦和】 細貝萌(前22分) ◆第2戦 浦和レッズ 1-3 ガンバ大阪 【浦和】 高原直泰(前36分) 【G大阪】 ルーカス(前37分) 遠藤保仁(前43分) 安田理大(後23分) 2017.06.29 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL準々決勝進出のアル・アハリ、前ディナモ・キエフ指揮官のレブロフ氏が新監督就任

▽サウジアラビアのアル・アハリは22日、先日にディナモ・キエフの指揮官を退任したセルゲイ・レブロフ氏(43)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は1年。 ▽現役時代にディナモ・キエフやトッテナムで活躍した元ウクライナ代表FWのレブロフ氏は、2014年から古巣ディナモ・キエフで監督キャリアをスタート。2014–15シーズンと2015–16シーズンにリーグ連覇に導くも、今季はシャフタールにリーグ王座を譲り、シーズン終了後に指揮官の座を降りていた。 ▽レブロフ氏が新指揮官に就任するアル・アハリは、今季を2位でフィニッシュ。なお、今季のAFCチャンピオンズリーグでベスト8進出を果たしているチームは、8月と9月に行われる準々決勝でイランのペルセポリスとベスト4進出を懸けて戦うことになる。 2017.06.23 05:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ACL準々決勝のキックオフ時間が決定! 川崎Fvs浦和の第1戦は19時、第2戦は19時半キックオフ《ACL2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝のキックオフ時間を発表した。 ▽浦和レッズと川崎フロンターレが準々決勝に勝ち残っているACL。準々決勝ではその2チームが対戦し、ベスト4進出を目指す。 ▽第1戦は川崎Fの本拠地である等々力陸上競技場で8月23日(水)に開催。キックオフは19時となる。また、埼玉スタジアム2002で行われる第2戦は9月13日(水)の19時30分キックオフとなる。 ▽浦和と川崎Fの勝者は、9月27日(水)に行われる準決勝第1戦で、広州恒大(中国)vs上海上港(中国)の勝者と対戦。第2戦は10月18日(水)に開催。決勝は第1戦が11月18日(土)、第2戦が11月25日(土)に行われる。準々決勝のキックオフ時間は以下のとおり。 ◆ACL準々決勝 【第1戦】 ▽8月21日(月) 《19:50》 アル・アイン(UAE) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) ▽8月22日(火) 《未定》 ペルセポリス(イラン) vs アル・アハリ・サウジ(サウジアラビア) 《20:00》 上海上港(中国) vs 広州恒大(中国) ▽8月23日(水) 《19:00》 <span style="color:#00b7ec;font-weight:700;">川崎フロンターレ</span>(日本) vs <span style="color:#ec0000;font-weight:700;">浦和レッズ</span>(日本) 【第2戦】 ▽9月11日(月) 《20:00》 アル・ヒラル(サウジアラビア) vs アル・アイン(UAE) ▽9月12日(火) 《未定》 アル・アハリ・サウジ(サウジアラビア) vs ペルセポリス(イラン) 《20:00》 広州恒大(中国) vs 上海上港(中国) ▽9月13日(水) 《19:30》 <span style="color:#ec0000;font-weight:700;">浦和レッズ</span>(日本) vs <span style="color:#00b7ec;font-weight:700;">川崎フロンターレ</span>(日本) 2017.06.13 16:50 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース