【ACL2017】10年ぶりの戴冠へ…浦和がオスカル、フッキ擁する上海上港と同居〜グループF〜2017.02.21 14:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2月21日(火)、今シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の本戦がスタートする。日本からは、Jリーグ王者の鹿島アントラーズの他、浦和レッズ、川崎フロンターレ、そしれプレーオフを勝ち上がったガンバ大阪の4チームが出場する。

▽日本勢でグループFに入ったのは、昨シーズンの明治安田生命J1リーグ2位の浦和レッズだ。3大会連続でのACL出場となる浦和は、今シーズン国内タイトルを含めて4冠を宣言。2007年以来2度目のACL制覇を目指す。今回は出場各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。
■グループF
FCソウル(韓国)
浦和レッズ(日本)
上海上港(中国)
ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)
★FCソウル(韓国/7回目)
【出場資格】
Kリーグ・クラシック2016 優勝
【前回出場】
2016年
【前回大会】
ベスト4(2016)
【最高成績】
ベスト4(2016)
▽昨シーズンのKリーグ・クラシックチャンピオンに輝いたFCソウル。ACLでもグループステージから驚異的な得点力を見せると、ラウンド16では浦和レッズ、準々決勝では山東魯能を下してベスト4進出。しかし、準決勝でリーグ戦でもタイトルを争った全北現代モータースの前に敗退。FWアドリアーノやMF高萩洋次郎が退団したチームがどの程度の力を持っているかに注目だ。

【注目選手】
Getty Images
MFハ・デソン(韓国)
1985年3月2日(31歳)
▽昨シーズンまでFC東京、名古屋グランパスでプレーしたMFハ・デソンに注目。昨シーズンまで高萩が務めたポジションでの起用が見込まれており、攻守両面での 貢献が期待されている。

★浦和レッズ(日本/6回目)
【出場資格】
明治安田生命J1リーグ2016 2位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
ラウンド16
【最高成績】
優勝(2007)
▽2016シーズンの明治安田生命J1リーグで年間勝ち点1位を獲得しながらも、チャンピオンシップで敗れて2位に終わった浦和。昨シーズンのACLではPK戦の末に敗退と悔しい思いをしているだけに、国内タイトルだけでなくアジアタイトルの奪還を目指したい。

【注目選手】
Getty Images
FWズラタン(スロベニア)
1983年12月15日(33歳)
▽注目選手にはズラタンをピックアップ。チームではFW興梠慎三の控えの位置付けにあるものの、アジアでの戦いを考えるとズラタンの力が必要となるだろう。全4冠を目指す中でも特に激戦が続くと予想されるACL。前線でのキープ力や馬力のある攻撃は浦和の大きな力となるだろう。

★上海上港(中国/2回目)
【出場資格】
中国スーパーリーグ 3位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
ベスト8
【最高成績】
ベスト8(2016)
▽プレーオフを勝ち上がって出場権を獲得した上海上港。“爆買い”で話題となった昨シーズンは、ブラジル代表FWフッキを獲得してACLでも一定の結果を残した。今シーズンはチェルシーからブラジル代表MFオスカルを獲得。さらに、ポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョもチームに加え、指揮官にはポルトやチェルシー、ゼニトで指揮を執っていたアンドレ・ビラス=ボアス監督を招へい。より一層チーム力を高め、アジアタイトルを目指す。

【注目選手】
Getty Images
MFオスカル(ブラジル)
1991年9月9日(25歳)
▽チェルシーで中心選手として活躍し、ブラジル代表での将来も期待されていたオスカルに注目せざるを得ない。パスやシュートの精度の高さはもちろんのこと、ゲームを作る能力に長けており、攻守にわたって献身的なプレーも可能。チーム内でも一つ頭が抜けた存在あるものの、FWフッキにとってはプレーしやすい相棒を手に入れた形になる。欧州でもトップクラスの実力がアジアでどの様な結果を残すのかに注目だ。

★ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア/3回目)
【出場資格】
Aリーグ2015-16 2位
【前回出場】
2015年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
優勝(2014)
▽3大会前にクラブ創設3年目でアジアを制したウェスタン・シドニー。かつてはMF小野伸二やMF高萩洋次郎、DF田中裕介と日本人選手が所属。今シーズンはサガン鳥栖から加入したMF楠神順平が所属している。オーストラリア勢はACLではあまり結果を残せていないが、4大会ぶりのアジアタイトルを目指す。

【注目選手】
Getty Images
MF楠神順平(日本)
1987年8月27日(29)
▽川崎フロンターレやセレッソ大阪、サガン鳥栖でプレーしていたMF楠神順平に注目。出場機会を求めて昨年7月にウェスタン・シドニーへと移籍を果たすと、今シーズンのAリーグでは20試合に出場し3得点を記録するなど、チームの中心選手として活躍。川崎F、C大阪時代にもACLに出場していたが、新天地でのアジアタイトル獲得に挑む。

コメント

関連ニュース

thumb

興梠が終盤に一発退場の浦和、上海上港との首位攻防戦で黒星《ACL2017》

▽浦和レッズは15日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループF第3節で上海上港(中国)とのアウェイ戦を行い、2-3で敗れた。 ▽グループ2連勝スタートをきった浦和と上海上港の首位攻防戦。浦和は、10日に行われたJ1第3節のヴァンフォーレ甲府戦(4-1で勝利)から関根、武藤、ラファエル・シウバに代えて、駒井、李、ズラタンを起用した。 ▽立ち上がりから押し込まれた浦和は、早々に失点してしまう。10分、ゴール前に入れられたFKを阿部がクリアするも、これがゴール正面のシ・ケの頭に直撃。ヘディングシュートのような形になったボールがゴールに吸い込まれ、浦和がリードを許す。 ▽浦和は失点直後にもゴール正面からアフメドフに決定的なシュートを浴びるも、ここはGK西川が抜群の反応でセーブ。何とか2失点目を防ぐ。その後も、アフメドフとオスカルを中心に攻勢を強める上海上港を前に、浦和は苦しむ。 ▽すると前半終了間際のアディショナルタイム1分、浦和が再び失点してしまう。ディフェンスライン裏へのスルーパスに対して、GK西川が飛び出してクリアする。しかし、これを拾われてダイレクトでつながれると、ゴール前に戻りきれないGK西川を尻目に、エウケソンがロングシュート。これが決まり、浦和がスコアを0-2とされる。 ▽ハーフタイム明け、浦和は青木とズラタンに代えて柏木とラファエル・シルバを投入する。しかし、52分には3失点目。バイタルエリアでフッキに仕掛けられると、ディフェンダー3人がかりでも強引な突破を止めることができず、GK西川の守るゴールを鋭いシュートで破られた。 ▽浦和は65分、李を下げて武藤を投入。すると、73分に1点を返す。クロスに反応したラファエル・シルバがDFワン・シャンチャオに倒されてPK獲得。これをラファエル・シルバが自ら決めて1点を返す。 ▽これで息を吹き返した浦和は、勢いよく攻めると、85分に1点差に詰め寄る。柏木の右CKから相手GKが飛び出すと、ボックス左で興梠が入れたクロスでゴール前が混戦に。最後は遠藤がうまく押し込み、浦和がスコアを2-3とする。 ▽しかし、浦和の反撃もここまで。さらに、試合終了間際には無謀なチャレンジをした興梠が一発レッドカードで退場。浦和が首位攻防戦に厳しい形で敗れている。 2017.03.15 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ラミレス弾で江蘇蘇寧に敗れたG大阪がホーム連敗《ACL2017》

▽ガンバ大阪は15日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループH第3節で江蘇蘇寧(中国)をホームに迎え、0-1で敗れた。 ▽この一戦を1勝1敗で迎えたG大阪は、先の明治安田生命J1リーグ第3節のFC東京戦から、左頬骨骨折で離脱した東口に代わって、今冬加入の鈴木が初先発。それ以外は、同じ顔ぶれをスターティングメンバーに起用した。 ▽Jリーグ開幕から無敗で好調をキープするG大阪は、グループステージ2連勝で首位の江蘇蘇寧を相手に引き続き3バックを採用。丁寧に繋ぎで攻め手を探っていくが、アレックス・テイシェイラを中心としたカウンターの脅威に晒され、リズムを作り出せない。 ▽立ち上がりから70%以上のボールポゼッションを握りながらも、相手の堅守速攻に苦しみ、攻め手を見いだせないG大阪。キックオフから30分を過ぎてもシュートを打つことができず、流れを引き寄せられない。 ▽そうした状況の中、G大阪が37分に決定機。数人の絡んだパスワークから遠藤が右足でクロスを送り、ファーサイドでフリーの今野が右足のボレーシュートを放つ。しかし、これは惜しくも左ポストの外側を叩く。 ▽すると、G大阪40分に失点。元チェルシーのラミレスが味方の落としに反応し、バイタルエリア中央から左足インサイドで合わせる。ゴールマウス外側から巻いてくるボールがそのまま左隅に吸い込まれた。 ▽1点ビハインドで試合を折り返したG大阪は50分に決定機。右サイドに走り込んだ倉田が右足でクロスを上げると、長沢を越えて、ファーサイドの今野が頭で合わせる。しかし、ここは左に外れてしまう。 ▽その後、60分に初瀬を下げて堂安をピッチに送り込んだG大阪は猛攻を続ける中、76分に今野に代えて泉澤を途中起用。84分にはアデミウソンのパスをボックス右で受けた堂安が左足で狙うが、惜しくもゴール右のサイドネットを揺らすに留まる。 ▽結局、作り出した決定機をことごとくモノにできなかったG大阪は、ラミレスの鮮やかな一発に沈み、前節の済州ユナイテッド戦に続くホームで黒星。4月11日に行われる次節は、江蘇蘇寧とのアウェイゲームに臨む。 2017.03.15 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

川崎Fが土壇場のPKで一昨年のアジア王者・広州恒大にドロー!《ACL2017》

▽川崎フロンターレは14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループG第3節で広州恒大(中国)と対戦し、1-1で引き分けに終わった。 ▽1日に行われた第2戦のイースタンSC(香港)戦に1-1で引き分けた3位・川崎Fが、第2節で水原三星と2-2で引き分けた昨季の中国スーパーリーグ王者である首位・広州恒大のホームに乗り込んだ一戦。 ▽10日に行われた明治安田生命J1リーグ第3節の柏レイソル戦(2-1で川崎Fが勝利)から中3日で敵地に乗り込んだ川崎Fは、その柏戦から先発メンバーを2人変更。田坂と奈良に代えて、井川と板倉を起用した。 ▽グループステージ突破に向けて、これ以上のポイントロスを避けたい川崎Fだが、序盤から広州恒大の積極的なプレスに苦しみ、攻め込まれてしまう。7分、クロスのこぼれ球を拾ったアランにボックス左手前から右足を振り抜かれる。これはゴール右上隅を捉えるも、ここはGKチョン・ソンリョンが対処する。 ▽その後も敵陣に攻め込むも、決定機を作れない川崎F。25分には、敵陣中央でハイボールを板倉が競ると、ボールは相手最終ラインの裏へと転がる。これに反応した阿部が、ボックス左に抜け出してそのままシュートを放つも、GKゾン・チョンに弾かれる。 ▽ようやくチャンスを作った川崎Fだったが、広州恒大にカウンターから均衡を破られてしまう。26分、敵陣から最終ラインの裏へとロングボールを放り込まれると、グラルに左サイドを突破される。ボックス左外から中央にクロスを入れられると、これを収めたアランに右足を振り抜かれ、ゴール左隅にシュートを突き刺された。 ▽先制を許した川崎は攻勢を強めたいものの、広州恒大のスピーディなカウンターに苦しめられ、逆にピンチを招いてしまう。28分、右サイドからのスルーパスをユー・ハンチャオに抜け出されると、ボックス右からシュートを放たれる。さらに30分、パウリーニョにボックス左を突破され、中央にパスを供給されると、走りこんだユー・ハンチャオにフリーでシュートを放たれる。谷口がスライディングでブロックすると、ボールはバーに直撃した。 ▽思うように攻めることができない川崎Fは34分にも、ゾウ・チョンのクロスからグラルのヘディングシュートでゴールを脅かされる。その後は自慢のパスワークがかみ合い出し、流れを引き寄せ始めるも、同点ゴールを奪えず、試合を折り返す。 ▽後半、落ち着いた立ち上がりを見せる川崎Fだが49分、中盤でのパス回しをインターセプトされると、パウリーニョにそのまま持ち運ばれる。ボックス右にスルーパスを出されると、反応したアランにループシュートを打たれるも、わずかにバーの上に外れる。 ▽その後、川崎Fが辛抱強く相手守備陣の隙を探ると68分、カウンターから敵陣中央でパスを回すと、森本のポストプレーからエドゥアルド・ネットを経由して小林悠がボックス手前からシュート。しかし、これは枠を捉えることができない。さらにその直後、大島を起点とした敵陣中央でのパス回しで相手を翻弄すると、大島がボックス内にスルーパス。うまく反転した小林が抜け出して右足でシュートを放つも、左ポストに嫌われる。 ▽あと少しのところでゴールを奪えない川崎Fは81分、途中投入の森本に代えて三好を投入。攻撃の活性化を図る。すると86分、敵陣中央で細かくつなぐと、中村がボックス左にスルーパスを供給。これに走りこんだ阿部が左足を振り抜くと、GKゾン・チョンが足でブロック。こぼれ球に長谷川が詰めるも、プッシュすることができない。 ▽しかし、最後まで試合を諦めない川崎Fに同点のチャンスが訪れる。後半アディショナルタイム3分、左サイドからのクロスのこぼれ球に三好がすかさず寄せると、ユー・ハンチャオがたまらずハンド。川崎Fが土壇場でPKを獲得する。このPKを小林がゴール正面に落ち着いて決めて同点に追いつくと、そのまま試合終了。勝ち点3は奪えなかったものの、アウェイの地で一昨年のアジア王者相手に貴重な勝ち点1を獲得した。 2017.03.14 23:19 Tue
twitterfacebook
thumb

鈴木が公式戦2戦連続ゴール! 鹿島が3発でブリスベンを撃破《ACL2017》

▽鹿島アントラーズは14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループE第3節でブリスベン・ロアー(オーストラリア)と対戦し、3-0で勝利した。 ▽先月28日にアウェイで行われた第2節のムアントン・ユナイテッド(タイ)戦を1-2で敗戦し、グループ2位に後退した鹿島が、第2節で蔚山現代に0-6で敗れた昨季Aリーグ3位のブリスベンをホームに迎えた一戦。 ▽10日に行われた明治安田生命J1リーグ第3節の横浜F・マリノス戦(1-0で勝利)から中3日での試合となった鹿島は、その横浜FM戦から先発メンバーを3人変更。GKクォン・スンテと小笠原、ペドロ・ジュニオールに代えてGK曽ヶ端と永木、鈴木を起用した。 ▽グループステージ突破に向けて連敗は許されない鹿島は、積極的に敵陣へと進攻する。6分、金崎のパスを受けた遠藤が敵陣中央から左足を振り抜く。さらに17分、自陣中央から遠藤が左サイドにスルーパス。これに抜け出した土居がボックス手前まで運ぶと、中央に切り返して右足を振り抜くも、GKのJ・ヤングに対処される。 ▽序盤から攻勢に出る鹿島だが、その後はブリスベンにチャンスを作られる。26分、ボレッロに右サイドからクロスを入れられると、ゴール前に走りこんだホルマンに右足で合わせられる。これがゴール右隅を捉えるもGK曽ヶ端がパンチングで処理。さらに33分、ボックス手前で粘り強くつながれると、最後はパパドプーロスにボレーシュートを放たれるも、ここもGK曽ヶ端が冷静に対応する。 ▽立て続けにゴールを脅かされた鹿島だが、ついに均衡を破る。43分、右サイドを突破した伊東が中央にクロスを供給。これに反応した鈴木が右足で合わせると、ゴール右隅にシュートを突き刺した。鹿島がリードして試合を折り返す。 ▽後半に入るとブリスベンに攻め込まれる時間帯が続く。すると鹿島は62分に永木に代えて小笠原、68分に伊東に代えて西を投入し、修正を図る。 ▽この交代で流れを引き戻した鹿島は71分、遠藤からの右CKに昌子が飛び込み、頭で合わせるも、これはバーの上に外れる。それでも、迎えた76分に加点。遠藤の右CKに植田が頭で合わせる。一度はGKのJ・ヤングに止められるも、植田が再び押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽さらに鹿島は79分、ボックス右で遠藤がボールを受けると、カットイン。左足を振り抜くと、ボールはゴール左に吸い込まれ、鹿島が一気にリードを広げる。 ▽鹿島はその後も、攻め続けて相手に反撃の余地を与えない。後半アディショナルタイム2分には、ボックス手前でボールを受けたレオ・シルバが2人をかわしてミドルシュートを放つも、わずかにゴール左に外れた。後半立ち上がりには相手に攻め込まれる時間帯があったものの、終始鹿島が攻撃の手を緩めず、勝ち点3を獲得した。 2017.03.14 21:19 Tue
twitterfacebook
thumb

江蘇蘇寧がテイシェイラの2発で連勝! 水原三星と広州恒大は2-2のドロー《ACL2017》

▽1日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第2節が行われた。 ▽川崎フロンターレと同じグループGに所属する水原三星ブルーウィングス(韓国)vs広州恒大(中国)の一戦は2-2のドローに終わった。 ▽試合は15分に水原三星のサントスがネットを揺らすと、広州恒大は24分にリカルド・グラルが同点ゴールを決める。水原三星は32分にジョナサンが勝ち越しゴールを奪い、そのまま試合は終盤へ。しかし、81分に広州恒大のアランがネットを揺らし試合終了。2-2で引き分けた。 ▽ガンバ大阪と同じグループHに所属する江蘇蘇寧(中国)vsアデレード・ユナイテッド(オーストラリア)の一戦は、2-1で江蘇蘇寧が勝利した。 ▽初戦で済州ユナイテッドを下していた江蘇蘇寧は、14分、72分にアレックス・テイシェイラがゴール。後半アディショナルタイムにエリ・ババレイにゴールを許すも、2-1で逃げ切り勝利を収めた。 ▽なお、日本から出場している川崎フロンターレはアウェイでイースタンSC(香港)と1-1のドロー、ガンバ大阪はホームで済州ユナイテッド(韓国)に1-4と大敗した。 ◆グループG 水原三星ブルーウィングス 2-2 広州恒大 【水原三星】 サントス(前15) ジョナサン(前32) 【広州恒大】 グラル(前24) アラン(後36) イースタンSC 1-1 川崎フロンターレ 【イースタン】 ブレダ(前14) 【川崎F】 板倉滉(後7) ◆グループG順位表 1.広州恒大 4(9/2/+7) 2.水原三星ブルーウィングス 2(3/3/0) 3.川崎フロンターレ 2(2/2/0) 4.イースタンSC 1(1/8/-7) ◆グループH <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">江蘇蘇寧 2</span>-1 アデレード・ユナイテッド 【江蘇蘇寧】 テイシェイラ(前14) テイシェイラ(後27) 【アデレード】 ババレイ(後48) ガンバ大阪 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 済州ユナイテッド</span> 【G大阪】 アデミウソン(後45) 【済州ユナイテッド】 オウンゴール(前43) イ・チャンミン(前46) トスカーノ(後6) イ・チャンミン(後27) ◆グループH順位表 1.江蘇蘇寧 6(3/1/+2) 2.済州ユナイテッド 3(4/2/+2) 3.ガンバ大阪 3(4/4/0) 4.アデレード・ユナイテッド 0(1/5/-4) 2017.03.02 10:51 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース