【ACL2017】10年ぶりの戴冠へ…浦和がオスカル、フッキ擁する上海上港と同居〜グループF〜2017.02.21 14:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2月21日(火)、今シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の本戦がスタートする。日本からは、Jリーグ王者の鹿島アントラーズの他、浦和レッズ、川崎フロンターレ、そしれプレーオフを勝ち上がったガンバ大阪の4チームが出場する。

▽日本勢でグループFに入ったのは、昨シーズンの明治安田生命J1リーグ2位の浦和レッズだ。3大会連続でのACL出場となる浦和は、今シーズン国内タイトルを含めて4冠を宣言。2007年以来2度目のACL制覇を目指す。今回は出場各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。
■グループF
FCソウル(韓国)
浦和レッズ(日本)
上海上港(中国)
ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)
★FCソウル(韓国/7回目)
【出場資格】
Kリーグ・クラシック2016 優勝
【前回出場】
2016年
【前回大会】
ベスト4(2016)
【最高成績】
ベスト4(2016)
▽昨シーズンのKリーグ・クラシックチャンピオンに輝いたFCソウル。ACLでもグループステージから驚異的な得点力を見せると、ラウンド16では浦和レッズ、準々決勝では山東魯能を下してベスト4進出。しかし、準決勝でリーグ戦でもタイトルを争った全北現代モータースの前に敗退。FWアドリアーノやMF高萩洋次郎が退団したチームがどの程度の力を持っているかに注目だ。

【注目選手】
Getty Images
MFハ・デソン(韓国)
1985年3月2日(31歳)
▽昨シーズンまでFC東京、名古屋グランパスでプレーしたMFハ・デソンに注目。昨シーズンまで高萩が務めたポジションでの起用が見込まれており、攻守両面での 貢献が期待されている。

★浦和レッズ(日本/6回目)
【出場資格】
明治安田生命J1リーグ2016 2位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
ラウンド16
【最高成績】
優勝(2007)
▽2016シーズンの明治安田生命J1リーグで年間勝ち点1位を獲得しながらも、チャンピオンシップで敗れて2位に終わった浦和。昨シーズンのACLではPK戦の末に敗退と悔しい思いをしているだけに、国内タイトルだけでなくアジアタイトルの奪還を目指したい。

【注目選手】
Getty Images
FWズラタン(スロベニア)
1983年12月15日(33歳)
▽注目選手にはズラタンをピックアップ。チームではFW興梠慎三の控えの位置付けにあるものの、アジアでの戦いを考えるとズラタンの力が必要となるだろう。全4冠を目指す中でも特に激戦が続くと予想されるACL。前線でのキープ力や馬力のある攻撃は浦和の大きな力となるだろう。

★上海上港(中国/2回目)
【出場資格】
中国スーパーリーグ 3位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
ベスト8
【最高成績】
ベスト8(2016)
▽プレーオフを勝ち上がって出場権を獲得した上海上港。“爆買い”で話題となった昨シーズンは、ブラジル代表FWフッキを獲得してACLでも一定の結果を残した。今シーズンはチェルシーからブラジル代表MFオスカルを獲得。さらに、ポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョもチームに加え、指揮官にはポルトやチェルシー、ゼニトで指揮を執っていたアンドレ・ビラス=ボアス監督を招へい。より一層チーム力を高め、アジアタイトルを目指す。

【注目選手】
Getty Images
MFオスカル(ブラジル)
1991年9月9日(25歳)
▽チェルシーで中心選手として活躍し、ブラジル代表での将来も期待されていたオスカルに注目せざるを得ない。パスやシュートの精度の高さはもちろんのこと、ゲームを作る能力に長けており、攻守にわたって献身的なプレーも可能。チーム内でも一つ頭が抜けた存在あるものの、FWフッキにとってはプレーしやすい相棒を手に入れた形になる。欧州でもトップクラスの実力がアジアでどの様な結果を残すのかに注目だ。

★ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア/3回目)
【出場資格】
Aリーグ2015-16 2位
【前回出場】
2015年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
優勝(2014)
▽3大会前にクラブ創設3年目でアジアを制したウェスタン・シドニー。かつてはMF小野伸二やMF高萩洋次郎、DF田中裕介と日本人選手が所属。今シーズンはサガン鳥栖から加入したMF楠神順平が所属している。オーストラリア勢はACLではあまり結果を残せていないが、4大会ぶりのアジアタイトルを目指す。

【注目選手】
Getty Images
MF楠神順平(日本)
1987年8月27日(29)
▽川崎フロンターレやセレッソ大阪、サガン鳥栖でプレーしていたMF楠神順平に注目。出場機会を求めて昨年7月にウェスタン・シドニーへと移籍を果たすと、今シーズンのAリーグでは20試合に出場し3得点を記録するなど、チームの中心選手として活躍。川崎F、C大阪時代にもACLに出場していたが、新天地でのアジアタイトル獲得に挑む。

コメント

関連ニュース

thumb

衝撃の訴え…激闘となった広州恒大vs上海上港の試合前に謎の事故多発で上海上港のバス到着が遅れる

▽激闘の末、広州恒大とのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝を勝ち抜き、ベスト4に進出した上海上港。しかし、試合の前に驚くべき戦いが既に始まっていたようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽中国スーパーリーグで戦う両者が激突したACL準々決勝。上海上港は、ホームで行われた1stレグで4-0と勝利し、2ndレグに臨んだ。 ▽しかし、広州恒大のホームで行われた2ndレグでは、広州恒大が意地を見せて4ゴールを奪い延長戦に突入。上海上港はフッキのゴールで勝ち越すも、リカルド・グラルのゴールで追いつかれPK戦へ。4-5でなんとか勝利し、ベスト4に進出した。 ▽思わぬ激闘となった一戦だったが、アンドレ・ビラス=ボアス監督が広州恒大からの妨害行為に遭っていたと発言。謎の事故が多発したことで、チームバスのスタジアム到着が遅れたことを明かした。 「我々はこの試合にバスでやって来た。似たような2台の車が、我々の前で3回事故に遭遇した。これは問題だ」 「これは、上海上港にとって、これまでで最大の成果だ。なぜなら、1つのクラブがAFCを支配しているように思えるし、このクラブはすべてを実行することができるからだ」 「彼らはホテルを封鎖し、我々の前で事故を起こさせることができる…それは恥ずべきことだよ」 ▽この発言に対し、広州恒大は特にメッセージを出しては居ない。1stレグでは、広州恒大のルイス・フェリペ・スコラーリ監督が、ロッカールームのエアコンが故障しており、サウナのようだったとコメントしていたが、今回の件は仕返し(?)ということなのだろうか。 2017.09.14 12:48 Thu
twitterfacebook
thumb

準決勝対戦カード決定! 大逆転4強の浦和は上海上港と激突へ《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝進出の4チームが出揃った。 ▽4強入りを果たしたのは、西地区からアル・ヒラル(サウジアラビア)、ペルセポリス(イラン)の2チーム、東地区から上海上港(中国)、浦和レッズの4チーム。川崎フロンターレを相手に逆転突破の浦和は、9年ぶりのベスト4進出となる。 ▽準決勝の対戦カードは、アル・ヒラルvsペルセポリス、上海上港vs浦和に決定。1stレグは26日(火)と27日(水)、2ndレグは10月17日(火)と18日(水)に開催される。準決勝のスケジュールは以下のとおり。 ◆準決勝日程 >>1stレグ 9月26日(火):アル・ヒラル vs ペルセポリス 9月27日(水):上海上港 vs 浦和レッズ >>2ndレグ 10月17日(火):ペルセポリス vs アル・ヒラル 10月18日(水):浦和レッズ vs 上海上港 2017.09.14 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和が大逆転で9年ぶり4強! 数的不利の川崎Fを大量4発撃破《ACL2017》

▽13日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦の浦和レッズvs川崎フロンターレが埼玉スタジアム2002で行われ、4-1で浦和が勝利。この結果、2戦合計5-4で浦和が9年ぶりのベスト4進出を決めた。 ▽第1戦で1-3の先勝を許した浦和は、9日に行われた明治安田生命J1リーグ第25節の柏レイソル戦から先発メンバーを2人変更。遠藤と出場停止の武藤に代えてマウリシオと負傷から復帰した柏木を起用した。 ▽一方、クラブ史上初のベスト4進出に王手をかけている川崎Fは、9日に行われたJ1第25節の横浜F・マリノス戦と同様のベストメンバーをピッチに送り出した。 ▽試合は、立ち上がりから2点差を追う浦和が積極的な入りを見せる。6分、右サイドでのパス回しからボックス右外のラファエル・シルバがボックス右に浮き球パスを供給。これに柏木が走り込むが、相手DFに対応された。 ▽さらに、10分には高木が左サイドを抜け出すと、ボックス左手前からクロス。興梠がニアサイドに走り込んで頭で合わせるが、ゴール右へと外れてしまう。 ▽ここまでホームの後押しを受ける浦和にやや押し込まれていた川崎Fだったが、一瞬の隙から先制点を奪う。19分、敵陣中央でボールを受けた中村がボックス右に浮き球のスルーパス。これに走り込んだエウシーニョが飛び出したGK西川よりも先に触れてかわし、そのままゴールに押し込んだ。 ▽欲しかった先制点を逆に奪われてしまった浦和はその後、押し込まれる時間帯が続く。それでも35分、矢島が敵陣中央やや左まで持ち上がると、ディフェンスラインの裏にスルーパス。ボックス内に走り込んだ興梠がGKチョン・ソンリョンとの一対一を制した。 ▽前半のうちに1点を返した浦和は、逆転突破へ機運高まる展開に。37分、川崎Fの車屋が興梠への浮き球のパスに対して足裏を見せたまま高く上げてしまい、一発退場となる。1人少なくなった川崎Fは中村に代えて田坂を投入し、車屋の抜けた左サイドバックを埋める。 ▽数的有利になった浦和は前半終盤、ボックス内へ積極的に侵攻するも脅威を与えることができない。前半アディショナルタイムにはボックス右外からの高木のクロスをファーサイドで興梠が合わせたが、枠を捉えることができず、1-1で試合を折り返す。 ▽後半に入ると、あと3点が必要な浦和が両サイドを駆使した揺さぶりで攻勢を強める。対する川崎Fも狙いどころを絞ったディフェンスで一歩も引かない。 ▽後半の半ばに差し掛かると、浦和が波状攻撃を見せる。60分、ボックス手前のラファエル・シルバが右足でシュート。さらに61分、森脇の落としを柏木がボックス手前やや右から左足を振り抜くが、どちらもGKチョン・ソンリョンに対応される。さらに62分、高木からの左CKをボックス中央のマウリシオが頭で合わせたが、決め切ることができない。 ▽攻勢を続ける浦和は63分、マウリシオに代えてズラタンを投入。すると68分、ボックス左外から中央へ切れ込んだ高木のピンポイントクロスを興梠がヘディングシュートを放つ。だが、これはGKチョン・ソンリョンの正面。それでも、70分には柏木の左CKを途中出場のズラタンが頭で押し込んだ。 ▽1点奪えば延長戦に持ち込める浦和が守備を固める川崎Fを畳みかける。76分、ボックス左外でのパス回しから柏木がボックス内から落とすと、走り込んだ槙野が右足を振り抜く。低弾道なシュートがゴール左隅を捉えるが、これはGKチョン・ソンリョンにパンチングで逃げられる。 ▽それでも、しぶとく攻撃を積み重ねる浦和は83分、駒井のパスを受けた柏木がボックス右にパス。これを受けたラファエル・シルバが右足を振り抜いてゴール左隅へと突き刺した。 ▽2戦合計スコアをイーブンに持ち込んだ浦和。すると直後、ボックス手前でパスを受けた森脇がボックス中央やや左に浮き球のパスを送る。これに走り込んだ高木が左足で合わせると、GKチョン・ソンリョンの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。 ▽ついに逆転を許してしまった川崎Fは直後、小林に代えて森本を投入して攻勢を強める。対する浦和は興梠に代えて遠藤を投入し、守備固めに入った。 ▽流れを変えたい川崎Fだったが、数的不利も響き、攻勢に転じることが出来ず。最後は浦和がボールを保持して試合終了。1stレグを1-3で敗れるも、4-1で逆転劇を見せた浦和が9年ぶりのベスト4進出を決めた。 2017.09.13 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】追い上げ or 逃げ切り…ベスト4の切符を掴むのは!?《浦和vs川崎F》

▽13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝2ndレグ、浦和レッズvs川崎フロンターレが埼玉スタジアム2002で行われる。 ▽ベスト4を懸けた日本勢同士の対決。1stレグは圧倒したホームの川崎Fが3-1と完勝。2ndレグに向けて大きなアドバンテージを得た。しかし、敗れたとはいえ、浦和はアウェイゴールを1つ持ち帰ることに成功。このアウェイゴールを生かせるかどうか、浦和の底力が試される一戦となりそうだ。 <span style="font-weight:700;">◆不調の浦和、好調の川崎F</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170912_33_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽両チームの状態は対照的と言ってもいいだろう。浦和は1stレグの川崎F戦で完敗。その後のリーグ戦では、清水エスパルスを2-1で敗ったものの、YBCルヴァンカップではセレッソ大阪を相手に0-0、2-2とドロー。アウェイゴール差で敗退が決定。さらに、インターナショナルウィーク明けの9日には、ホームで柏レイソルを相手に1-2で敗戦。勝負強さを取り戻せないまま2ndレグを迎えた。 ▽対する川崎Fは好調を維持。1stレグの勝利後、ヴァンフォーレ甲府とのリーグ戦は2-2のドロー。ルヴァンカップではFC東京との2試合を、2-0、5-1で制しベスト4進出。さらに、リーグ戦では14戦無敗、5戦連続無失点の横浜F・マリノスを相手に3-0の完勝。攻守ともに乗りに乗っている状況だ。 <span style="font-weight:700;">◆大声援を味方にできるか〜浦和レッズ〜</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170912_33_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽1stレグを1-3で落とした浦和としては、2-0で勝利することが最も望ましい結果だろう。攻撃力が売りの川崎Fを無失点に抑えるという難しいミッションは残されているが、1失点を喫した時点で3得点が必要となり、現状の浦和としてはより厳しいミッションとなる。 ▽しかし、そんな浦和にとって後ろ盾となりそうなのは、やはりサポーターの力だ。浦和にとっての最大の武器とも言えるのは、ホームの埼玉スタジアム2002に集まるサポーターの大声援だろう。リーグ戦では結果が出ず、ルヴァンカップも敗退。天皇杯は残されているが、浦和としてはアジアタイトルを掴み、サポーターを笑顔にさせたいはず。サポーターも後押しのための集客に奔走しており、FW武藤雄樹やMF宇賀神友弥もビラ配りを実施するなど、チーム一丸、浦和の街一丸となって川崎Fを迎える。 ▽今シーズンのACLといえば、ラウンド16の済州ユナイテッドFC戦を忘れてはならない。アウェイで2-0と敗れて迎えたホームでの2ndレグ。90分を2-0で終え延長戦に突入した浦和は、森脇良太のゴールで逆転勝利。乱闘事件が起きるなど後味の悪い試合とはなったが、ホームの大声援を受けての逆転勝利は見事だった。あの時の勝負強さを思い出し、2-0のミッションを達成したい。 <span style="font-weight:700;">◆好調を維持し新境地へ〜川崎フロンターレ〜</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170912_33_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前述の通り、現在チームとして調子の良さが際立っている川崎F。2ndレグでも1stレグ同様に主導権を握って、好調を持続したいところだ。川崎Fとしてはリスクをかけずに戦うことができる一戦。前がかりにならざるを得ない浦和の隙をしっかりと突いていきたい。 ▽2点差を追いかけられる状況としては、ベスト4に進出したルヴァンカップの準々決勝と同じ。対戦相手は違えど、FC東京を相手にした2ndレグでは相手の戦意を喪失させる大量5得点を奪った。アウェイゴールを奪えることができれば、さらに優位に立てるだけに、持ち前の攻撃力を要所で発揮したいところだ。 ▽しかし、受け身になっては浦和にペースを握られる可能性がある。早い時間帯で失点するようであれば、浦和が勢いに乗り、2点目を慎重に奪いに来られる可能性が高い。川崎Fとしては、受け身になりすぎず、好調の要因でもある連動したプレスで浦和の組み立てを封じたいところ。プレスからのショートカウンターで先手を奪えれば、クラブ初のベスト4に大きく近づくはずだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ</span>[4-1-4-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170912_33_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:森脇良太、遠藤航、マウリシオ、槙野智章 MF:ラファエル・シルバ、柏木陽介、阿部勇樹、矢島慎也、高木俊幸 FW:興梠慎三 監督:堀孝史 出場停止:武藤雄樹<hr>▽直近のリーグ戦の柏戦では[4-1-4-1]のシステムを採用。浦和の代名詞でもあった3バックから変貌を遂げたが、守備が機能しているとは言い難い内容だった。選手たちの中にも戸惑いが見られたが、この試合ではそうも言ってられない。試合中に3バックに変更することも可能なシステム。川崎Fのプレスを回避し、ミスマッチを生み出して攻撃で主導権を握っていきたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆川崎フロンターレ</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170912_33_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、エドゥアルド・ネット MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠 監督:鬼木達<hr>▽リードを奪えている状況とはいえ、メンバー変更はしないとみる。直近の明治安田生命J1リーグ第25節の横浜F・マリノスとの“神奈川ダービー”と同じメンバーになると予想。精度が増しているプレスから、一気にゴールを奪って、試合を優勢に進めたい。先の横浜FM戦で右足首を痛めたMF大島僚太だが、強行出場の見込み。磐石の面々が先発に並びそうだ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF柏木陽介</span>(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170912_33_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽浦和の注目選手には復帰が見込まれるMF柏木陽介を挙げたい。ケガの影響もあり、川崎Fとの1stレグからリーグ戦2試合、ルヴァンカップ2試合を欠場していたが、復帰の目処が立った。チームの攻撃をコントロールする柏木の復帰は、今の浦和には重要なピースとなる。セットプレーのキック精度もあり、味方のゴールを演出する力を持っている。隙を見た飛び出しからの得点にも期待。浦和の逆転突破には欠かせないピースとなるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆DF奈良竜樹</span>(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170912_33_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽川崎Fの注目選手は奈良竜樹だ。リーグ戦直近5試合で先発し、DF谷口彰悟とのコンビネーションも徐々に向上。持ち前の体の強さと粘り強さ、球際の強さを発揮しつつある。浦和が前線に人数をかけてくることが予想されるだけに、川崎Fとしてはしっかりと守り、得点を防ぐことが重要だ。この先チームが高みを目指すためにも、奈良が自信を確信に変えられれば、悲願のタイトル獲得も見えてくるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆カギは先制点、中国に負けない激闘となるか!?</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170912_33_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽この試合の見所は、何と言ってもどちらが先にスコアを動かすかだ。川崎Fは2点リードを得ているとはいえ、浦和のアウェイゴールが引っかかる。早々に浦和がゴールした場合は、追い込まれる立場となるのは川崎Fだ。 ▽一方で、アウェイゴールを川崎Fが奪うことができれば、浦和は最低3ゴールが必要となる。さらに、90分で勝ち抜こうと思えば4ゴールが必要だ。川崎Fとしては、先にゴールを決め、浦和に大きなプレッシャーをかけて主導権を握りたい。 ▽準決勝の相手は激闘を制した上海上港に決定している。中国では広州恒大が4点ビハインドを追いつき、PK戦にまでもつれ込んだ。果たして、日本勢の代表となるのはどちらなのか。注目の2ndレグは、13日の19時30分にキックオフを迎える。 2017.09.13 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

敵地で3発のペルセポリスがベスト4進出!《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準々決勝2ndレグのアル・アハリ・ジッダ(サウジアラビア)vsペルセポリス(イラン)が行われ、1-3でペルセポリスが勝利した。この結果、2戦合計3-5でペルセポリスが準決勝進出を決めた。 ▽22日に行われた1stレグを2-2のドローで終えた両者の第2戦は、早い時間に動く。5分、モサルマンのロングフィードに反応したアリ・アリプルが相手マークを振り切りゴール前まで侵攻。冷静にゴール左隅にシュートを沈め、ペルセポリスが先制した。 ▽幸先良く先制したペルセポリスだが、11分にカムヤビニアが相手の決定機阻止でレッドカードを提示され、退場処分となった。 ▽数的有利となったアル・アハリ・ジッダが徐々に攻勢に出る。すると52分、相手ボック付近で細かなパス交換を見せると、最後はボックス左でボールを受けたアルジャマーンのコントロールシュートがゴール右に突き刺さった。 ▽同点とされたペルセポリスだったが、83分に勝ち越しに成功する。左CKの混戦からこぼれ球をゴール前のモスレーが左足で押し込むと、これがゴールライン手前でブロックに入ったモタズ・ハサウィのハンドを誘発。このPKをメンシャが確実にゴール右に決めた。 ▽勝ち越しに成功したペルセポリスは、試合終了間際にもタレミがゴールネットを揺らし、3-1で勝利。2戦合計5-3でアル・アハリ・ジッダを撃破したペルセポリスが、アル・ヒラルの待つ準決勝へ駒を進めた。 アル・アハリ・ジッダ 1-3 ペルセポリス 【アル・アハリ・ジッダ】 アルジャマーン(後7) 【ペルセポリス】 アリ・アリプル(前5) メンシャ(後38) タレミ(後49) 2017.09.13 02:26 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース