【ACL2017】悲願のアジアタイトル獲得にJ王者・鹿島が挑む〜グループE〜2017.02.21 14:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2月21日(火)、今シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の本戦がスタートする。日本からは、Jリーグ王者の鹿島アントラーズの他、浦和レッズ、川崎フロンターレ、そしてプレーオフを勝ち上がったガンバ大阪の4チームが出場する。

▽日本勢でグループEに入ったのは、2016シーズンのJリーグ王者であり、天皇杯との2冠を達成した鹿島だ。2015年以来7度目のACLに臨む鹿島は悲願の初制覇を目指す。今回は出場各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。
■グループE
鹿島アントラーズ(日本)
ムアントン・ユナイテッド(タイ)
ブリスベン・ロアー(オーストラリア)
蔚山現代(韓国)
★鹿島アントラーズ(日本/7回目)
【出場資格】
明治安田生命J1リーグ2016 優勝、天皇杯2016度 優勝
【前回出場】
2015年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
ベスト8(2008)
▽2016年の明治安田生命J1リーグで年間勝ち点3位ながら、チャンピオンシップを制して見事にタイトルを獲得した鹿島アントラーズ。昨年12月に行われたFIFAクラブ・ワールドカップでは日本勢として初めて決勝に駒を進めると、欧州王者のレアル・マドリーと好ゲームを演じ、延長戦までもつれた末に惜しくも敗れていた。今シーズンは全てのタイトルを獲得するため、MFレオ・シルバ(アルビレックス新潟)、FWペドロ・ジュニオール(ヴィッセル神戸)、FW金森健志(アビスパ福岡)、DF三竿雄斗(湘南ベルマーレ)を獲得。さらに、昨シーズンのアジア王者である全北現代モータースの守護神・GKクォン・スンテを獲得するなど、悲願のアジア制覇を目指す。

【注目選手】
(c) J.LEAGUE PHOTOS
MFレオ・シルバ(ブラジル)
1985年12月24日(31歳)
▽今シーズンから鹿島に加入したレオ・シルバに注目。浦和レッズとのFUJI XEROX SUPER CUPでは、スターティングメンバーに名を連ねると、パスや飛び出しで攻撃の組み立てに参加したと思えば、守備面でもしっかりと浦和攻撃陣を封じ込め、能力の高さを改めて見せつけた。アジアでの戦いは初経験となるが、レオ・シルバのゲームメイクで鹿島をアジア王者に導けるかに期待したい。

★ムアントン・ユナイテッド(タイ/6回目)
【出場資格】
タイ・プレミアリーグ2016 優勝
【前回出場】
2013年
【前回大会】
プレーオフ敗退
【最高成績】
グループステージ敗退(2013)
▽2016シーズンのタイ・プレミアリーグを制したムアントン・ユナイテッド。久々の国内リーグタイトル獲得により、4大会ぶりの出場を決めた。ACL出場に向け、元韓国代表で大宮アルディージャでもプレー経験のあるMF李浩を全北現代モータースから、蔚山現代からブラジル人DFセリオを獲得。さらにスペイン2部のコルドバからスペイン人FWシスコやベルギーのシント=トロイデンからコートジボワール人FWヤヤ・スマホロを獲得するなど、補強にも余念がない。また、清水エスパルスや横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府などでプレーした元日本代表DF青山直晃も所属している。

【注目選手】
Getty Images
FWティーラシン・デーンダー(タイ)
1988年6月6日(28歳)
▽言わずと知れたタイ代表の絶対的エースであり至宝。若くして才能を見出され、マンチェスター・シティのU-21チームに移籍するもビザの問題でプレーできず。それでも、スイスのグラスホッパーズへレンタル移籍しセカンドチームでプレー。その後、2014年2月にアルメリアへと移籍していた。テクニックとスピードを生かした突破が魅力で、ロシア・ワールドカップ アジア最終予選の日本代表戦でもプレーしていた。

★ブリスベン・ロアー(オーストラリア/4回目)
【出場資格】
Aリーグ2015-16 3位
【前回出場】
2015年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
グループステージ敗退(2015)
▽プレーオフを勝ち上がって出場権を獲得したブリスベン・ロアー。その相手は、アルゼンチン代表FWカルロス・テベスや元ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンスを擁した上海申花だった。ACLではグループステージを突破したことがないものの、近年実力をつけているチームの1つだ。昨シーズンまでジュビロ磐田でプレーした元ギリシャ代表DFアブラアム・パパドプーロスが所属している。

【注目選手】
Getty Images
MFトーマス・クリステンセン(デンマーク)
1983年4月17日(33歳)
▽デンマーク代表でもプレー経験があり、デンマークの名門・コペンハーゲンで長らくプレーしたクリステンセンに注目。FWハーフナー・マイクも所属しているADOデンハーグで昨シーズンまでプレーし、今シーズンからブリスベン・ロアーへと加入した。セントラルミッドフィルダーながら、今シーズンはすでに4得点を記録。ハードな守備からの攻撃参加に注目だ。

★蔚山現代(韓国/4回目)
【出場資格】
Kリーグ・クラシック2016 4位
【前回出場】
2014年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
優勝(2012)
▽PK戦の末、プレーオフを制して本大会出場を決めた蔚山現代。全北現代モータースの出場権剥奪によって繰上げ出場となった。2012年にはACLを制したこともあるが、近年では国内リーグでも思うような成績が残せておらず。昨シーズンまでは、今シーズンからセレッソ大阪を率いる尹晶煥監督が指揮を執り、元日本代表MF増田誓志も所属していた。

【注目選手】
Getty Images
FWイ・ジョンホ(韓国)
1992年2月24日(24歳)
▽韓国代表でもプレー経験があるイ・ジョンホは、全南ドラゴンズで長らくプレー。昨年1月に全北現代モータースへと移籍すると、1年で蔚山現代へと移籍した。Kリーグ・クラシックではここまで94試合に出場し21得点を記録。昨年のACLでは5試合に出場し1得点を記録し優勝を経験。クラブ・ワールドカップでも1試合でプレーした。

コメント

関連ニュース

thumb

連勝目指したC大阪はグループ最大の難敵広州恒大とゴールレスドロー《ACL2018》

▽セレッソ大阪は21日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループG第2節で広州恒大(中国)とホームで対戦し、0-0で引き分けた。 ▽第1節の済州ユナイテッドFC戦で日本勢で唯一白星を手にしたC大阪。グループ最大の強豪である広州恒大との一戦に向けて、前節から4選手を変更。清武、木本、柿谷、杉本に代えて、山下、山村、高木、ヤン・ヒョンジンを起用した。 ▽早々から激しい攻防が展開される中、C大阪は自分たちのミスから相手にチャンスを与えてしまう。14分、自陣でパスを回すC大阪は、ソウザがヘディングでGKに戻したバックパスをアランに奪われる。アランはこれを押し込みにかかるが、上手くミートさせることが出来ず、シュートはGKキム・ジンヒョンがしっかりキャッチする。 ▽17分にもC大阪はピンチを迎える。1本のロングボールからグラル、アランと繋げられシュートまで持ち込まれるが、ここはわずかに枠の外。C大阪はヒヤリとする場面が続いた。 ▽C大阪がチャンスを迎えたのは23分、ソウザの強烈なシュートのこぼれ球を山村が畳み掛けるが、GKリウ・ディアンズオに左足で防がれてしまう。29分には広州恒大がチャンス。味方のパスに反応したガオ・リンが至近距離からシュートを放つも、守護神キム・ジンヒョンがここでもゴールを死守する。 ▽時間が進むにつれて防戦一方になっていくC大阪だが、広州恒大もフィニッシュに精彩を欠き、ネットを揺らすまでは至らない。結局、スコアに動きはないまま、前半は終了した。 ▽後半に入って、やや息を吹き返したC大阪。61分には相手のミスを奪ったソウザがボックス外左からシュートを放つが、相手に当たり枠を捉えることができない。65分に得たFKも、ソウザが壁に当ててしまい、なかなかゴールに結びつけることができない。 ▽C大阪は75分に高木に代えて柿谷を投入。その柿谷は、投入後すぐにドリブルで見せ場を作りCKを獲得。そのCKをソウザが頭で合わせてネットを揺らしたが、クロスがゴールラインを割っていると判定され、ノーゴールとなった。 ▽その直後の67分、山下が相手を倒してしまい、危険な位置でFKを与えてしまう。ボックス外右という広州恒大にとって絶好の位置。これをグデリが狙うと、GKキム・ジンヒョンがゴールラインギリギリのところでセーブし事無きを得る。 ▽その後、C大阪は山下を下げて杉本をピッチに送り出す。すると87分、左サイドの柿谷のクロスにニアで杉本が頭で合わせるが、枠を捉えたこのシュートはGKリウ・ディアンズオにビッグセーブで防がれる。 ▽さらに水沼に代えて福満を投入し、残り時間で猛攻を仕掛けるC大阪。終了間際のCKに丸橋が飛び込むも、シュートは相手に弾かれて試合終了。両チームとも決め手に欠き、ゴールレスで痛み分けに終わった。 セレッソ大阪 0-0 広州恒大 2018.02.21 21:14 Wed
twitterfacebook
thumb

金崎が2ゴール!鹿島がアウェイで水原三星を下し今季初白星!《ACL2018》

▽21日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループH第2節の水原三星ブルーウィングス(韓国)vs鹿島アントラーズの一戦が行われ、1-2で鹿島が勝利した。 ▽第1節の上海申花(中国)では、開始早々に先制されながらも遠藤のゴールで追いつき引き分けた鹿島。上海申花戦からは、GK曽ヶ端、DF内田、FWペドロ・ジュニオールが変更。GKクォン・スンテ、DF山本、FW金崎が先発に名を連ねた。 ▽水原三星は初戦のシドニーFC(オーストラリア)戦で0-2と勝利。2ゴールのダムヤノビッチは、この試合でも1トップに入った。 ▽試合は4分、ホームの水原三星がチャンス。ボックス手前右で得たFKをヨム・ギフンが左足で直接狙うも、枠の右に外れる。 ▽鹿島は8分、ボックス手前左でボールを持った鈴木が横パスを送ると、中央で遠藤がダイレクトで前へ。これに反応した金崎がボックス内で受けると、冷静にゴール右に流し込み、鹿島がアウェイで先制する。 ▽先制を許した水原三星は10分、ダムヤノビッチがボックス手前中央からミドルシュート。しかし、これはGKクォン・スンテが正面でキャッチする。 ▽互いに決定機を作れないまま迎えた23分には、レオ・シルバがワグニーニョをボックス内で倒してしまいPKを献上。このPKをダムヤノビッチが蹴るも、クォン・スンテが横っ飛びでセーブ。鹿島がピンチを凌ぐ。 ▽ピンチを凌いだ鹿島は30分、ボックス手前中央で金崎が左足でシュート。しかし、これはGKの正面を突き、ゴールとはならない。41分には、金崎がボックス内に仕掛けると右足でシュート。しかし、これはGKにセーブされる。 ▽鹿島が1点リードで迎えた後半、鹿島は47分にボックス右から金崎がクロスを上げると、ニアサイドで鈴木がヘッド。しかし、GKがキャッチする。52ふんには、イ・キジェのスルーパスに反応したワグニーニョがボックス内からシュート。しかし、枠の右に外れる。 ▽追加点が欲しい鹿島は59分、鈴木がボックス右で頭で折り返すと、飛び込んだ金崎が頭で体ごと押し込み、リードを2点に広げる。 ▽リードを広げられた水原三星は72分、スルーパスに反応したダムヤノビッチがボックス内でフリーに。GKと一対一になるも、シュートはクウォン・スンテが落ち着いてセーブし、得点を許さない。 ▽水原三星は78分、左サイドからのクロスをボックス中央でワグニーニョがヘッドも、シュートは枠の上。鹿島は85分、三竿が相手からボールを奪いパス。ボックス内で受けた安部が左足を振り抜くも、シュートはクロスバーを叩きゴールとはならない。 ▽このまま無失点で終わらせたい鹿島だったが、89分にクリストバンにゴールを許し1点差に迫られる。しかし、そのままリードを守って試合終了。1-2で鹿島が勝利し、今シーズン初勝利を挙げた。 水原三星ブルーウィングス 1-2 鹿島アントラーズ 【鹿島】 金崎夢生(前8) 金崎夢生(後14) 【水原三星】 クリストバン(後44) 2018.02.21 20:53 Wed
twitterfacebook
thumb

オスカル2ゴールの上海上港がメルボルン・ビクトリーを下し連勝《ACL2018》

▽20日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018のグループF第2節の上海上港(中国)vsメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)が行われ、4-1で上海上港が勝利した。 ▽第1節で川崎フロンターレに0-1で勝利した上海上港と、蔚山現代(韓国)と3-3で引き分けたメルボルン・ビクトリーの対戦。上海上港は、FWフッキ、MFオスカル、FWエウケソンが揃って先発した。 ▽試合は27分、上海上港はPKを獲得するとフッキがゴール左に決めて先制に成功する。 ▽先制した上海上港は41分、相手陣内でボールを奪うと、右サイドからのクロスをボックス中央でウー・レイがダイビングヘッド。これがネットを揺らし、上海上港が追加点を奪う。 ▽上海上港が2点リードを得たまま試合は後半へ。すると47分、ボックス手前でこぼれ球を拾ったオスカルがグラウンダーのシュート。これがゴール左に決まり、リードが3点に広がる。 ▽メルボルン・ビクトリーは、69分にPKを獲得。これをベサルト・ベリシャが決めて1点を返す。それでも77分、上海上港はウー・レイのパスを受けたオスカルがボックス内左から巻くようなシュートでゴールを奪い勝負あり。4-1で上海上港が連勝を飾った。 上海上港 4-1 メルボルン・ビクトリー 【上海上港】 フッキ(前27)[PK] ウー・レイ(前41) オスカル(後2、後32) 【メルボルン・ビクトリー】 ベサルト・ベリシャ(後24)[PK] 2018.02.20 23:25 Tue
twitterfacebook
thumb

クリスティアーノ豪快ボレー弾の柏、終盤にパト弾を浴びてドロー《ACL2018》

▽柏レイソルは20日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018 のグループE第2節で天津権健(中国)をホームに迎え、1-1で終了した。 ▽全北現代と対戦した第1戦を落とした柏が、傑志(香港)を相手に3-0で勝利した天津権健と相まみえた。柏はGK中村で最終ラインは右からDF小池龍太、DF中谷進之介、DFパク・ジョンス、DF中山雄太を起用。中盤の底にMF大谷秀和とMFキム・ボギョンが入り、トップ下をMF江坂任が務める。前線は右からFW伊東純也、FWクリスティアーノ、FWハモン・ロペスと並べた。 ▽力強い入りを見せたい柏だったが、開始早々にピンチの場面が訪れる。4分、ロングスローをゴール前に入れられると、これをモデストに高い打点で合わせられる。このヘディングシュートはわずかに枠の右にはずれ、柏が難を逃れた。 ▽冷や汗をかかされた柏だが、時間の経過とともにペースをつかみ始める。すると、12分にゴールへ近づく。バイタルエリアで横パスを受けた江坂が右足を振り抜く。鋭いミドルシュートがゴールに飛んだが、これはわずかに枠の右にはずれる。 ▽勢いに乗り始めた柏は、15分にも決定機。右CKにニアサイドの中谷が合わせる。ヘディングシュートが枠を捉えたが、コースが甘く相手GKに正面で弾かれた。直後にもロングスローからボックス内正面の伊東が、わずかに枠の左にはずれる際どいボレーシュートで相手を脅かす。 ▽なかなかゴールを割れない柏だったが、26分にビッグチャンスを迎える。小池が右サイドから上げたクロスに正面で飛び込んだ江坂の顔面に、相手DFリュウ・イーミンの高く上げた足裏がヒット。これでPKを獲得するも、クリスティアーノのシュートは相手GKにセーブされる。 ▽ハーフタイムにかけても押し込んだ柏は、39分にもゴール前に抜け出した伊東が決定的なシュートを放ったが、相手DFにブロックされてゴールとはならない。逆に前半終了間際にはゴール前でモデストやパトに立て続けにシュートに持ち込まれたが、GK中村を中心とした守備陣の身体を張った守りで失点を免れた。 ▽迎えた後半、立ち上がりから前に出た柏は、52分に均衡を破る。右サイドから小池が折り返したグラウンダーボールをボックス内正面のクリスティアーノが左足トラップで浮かせて右足ボレー。強烈なシュートをゴール左に突き刺した。 ▽2点目を奪いにいく柏は66分にも決定機を演出する。ボックス右に侵入した江坂の折り返しをファーサイドのハモン・ロペスがダイレクトで合わせる。しかし、シュートはゴール左にはずれる。 ▽終盤は比較的オープンな展開となる。よりゴールへ近づいていたのは柏だったが、88分にネットを揺らされる。カウンターからモデストに放たれたシュートはGK中村がセーブするも、こぼれ球をパトに詰められ、1-1とされた。 ▽結局、試合はそのまま終了。追加点を奪えきれなかった柏が最後に追いつかれ、勝ち点1の獲得にとどまっている。 2018.02.20 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎F、知念弾で一矢報いるも蔚山現代の2発に沈む…昨季J1王者が公式戦3連敗《ACL2018》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループF第2節の蔚山現代vs川崎フロンターレが20日に行われ、川崎Fは1-2で敗れた。 ▽ゼロックスのセレッソ大阪戦とACL初戦の上海上港戦(0-1)で敗れ、公式戦連敗スタートとなった川崎F。グループステージ突破のためにも勝ち点3が欲しい川崎Fは、前回の上海上港戦から先発メンバーを3人変更した。エウシーニョと中村に代えて守田と阿部を起用。前回大会の退場で初戦を欠場した車屋が登里と代わって左サイドバックに入った。 ▽一方、初戦のメルボルン・ビクトリー戦を3-3のドローに終わった韓国FAカップ王者の蔚山現代は、今シーズンにサガン鳥栖から加入した豊田が前線に入った。 ▽試合は互いに主導権を握ろうとする中、川崎Fは蔚山現代のサイド攻撃に冷静に対応。川崎Fは15分、敵陣中央やや左からの大島の縦パスを受けた小林がボックス手前やや左から右足を振り抜く。しかし、これはゴール左外へと外れた。 ▽川崎Fは直後、蔚山現代のキム・チャンスのアーリークロスを豊田にゴール前左で合わせられたが、わずかにゴール左へと外れて難を逃れる。21分にも一本のパスがゴール前右の豊田に渡ったが、谷口が体を張って防ぐ。 ▽押し込まれる時間帯が続いた川崎Fは29分、大島のパスをボックス左手前で受けた家長がカットインから左足シュート。しかし、これが左ポストに嫌われてしまい、先制点とはならない。 ▽その後、ボールを保持するもなかなかボックス内に侵攻できない川崎F。すると42分、蔚山現代にボックス左での混戦で粘られる。オルシッチ落としを最後はボックス左手前のチョン・ジェヨンに右足で丁寧に合わせられ、ゴール左隅へと突き刺された。 ▽後半、川崎Fは攻勢を強めたいものの、蔚山現代の激しい当たりに苦しめられる。流れを掴み切れないでいると66分、谷口が最終ラインでボールを奪われてシュートまで持ち込まれる。ここはGKチョン・ソンリョンが防いだものの、こぼれ球を拾われて最後はオルシッチの落としをイ・ヨンジェにボックス手前からゴール右上隅へと豪快に決められて追加点を許してしまう。 ▽突き放された川崎Fは71分に大久保に代えて知念を投入。しかし、ボックス付近でのパスワークが噛み合わずシュートチャンスを作ることが出来ない。それでも85分、ボックス左手前でパスを受けた登里がゴール前にクロスを入れると、知念が頭で合わせてゴール右へと流し込んだ。しかし、反撃はここまで。川崎Fは1-2で敗れ、公式戦3連敗を喫している。 2018.02.20 21:04 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース