超ワールドサッカー

【ACL2017】悲願のアジアタイトル獲得にJ王者・鹿島が挑む〜グループE〜2017.02.21 14:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2月21日(火)、今シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の本戦がスタートする。日本からは、Jリーグ王者の鹿島アントラーズの他、浦和レッズ、川崎フロンターレ、そしてプレーオフを勝ち上がったガンバ大阪の4チームが出場する。

▽日本勢でグループEに入ったのは、2016シーズンのJリーグ王者であり、天皇杯との2冠を達成した鹿島だ。2015年以来7度目のACLに臨む鹿島は悲願の初制覇を目指す。今回は出場各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。
■グループE
鹿島アントラーズ(日本)
ムアントン・ユナイテッド(タイ)
ブリスベン・ロアー(オーストラリア)
蔚山現代(韓国)
★鹿島アントラーズ(日本/7回目)
【出場資格】
明治安田生命J1リーグ2016 優勝、天皇杯2016度 優勝
【前回出場】
2015年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
ベスト8(2008)
▽2016年の明治安田生命J1リーグで年間勝ち点3位ながら、チャンピオンシップを制して見事にタイトルを獲得した鹿島アントラーズ。昨年12月に行われたFIFAクラブ・ワールドカップでは日本勢として初めて決勝に駒を進めると、欧州王者のレアル・マドリーと好ゲームを演じ、延長戦までもつれた末に惜しくも敗れていた。今シーズンは全てのタイトルを獲得するため、MFレオ・シルバ(アルビレックス新潟)、FWペドロ・ジュニオール(ヴィッセル神戸)、FW金森健志(アビスパ福岡)、DF三竿雄斗(湘南ベルマーレ)を獲得。さらに、昨シーズンのアジア王者である全北現代モータースの守護神・GKクォン・スンテを獲得するなど、悲願のアジア制覇を目指す。

【注目選手】
(c) J.LEAGUE PHOTOS
MFレオ・シルバ(ブラジル)
1985年12月24日(31歳)
▽今シーズンから鹿島に加入したレオ・シルバに注目。浦和レッズとのFUJI XEROX SUPER CUPでは、スターティングメンバーに名を連ねると、パスや飛び出しで攻撃の組み立てに参加したと思えば、守備面でもしっかりと浦和攻撃陣を封じ込め、能力の高さを改めて見せつけた。アジアでの戦いは初経験となるが、レオ・シルバのゲームメイクで鹿島をアジア王者に導けるかに期待したい。

★ムアントン・ユナイテッド(タイ/6回目)
【出場資格】
タイ・プレミアリーグ2016 優勝
【前回出場】
2013年
【前回大会】
プレーオフ敗退
【最高成績】
グループステージ敗退(2013)
▽2016シーズンのタイ・プレミアリーグを制したムアントン・ユナイテッド。久々の国内リーグタイトル獲得により、4大会ぶりの出場を決めた。ACL出場に向け、元韓国代表で大宮アルディージャでもプレー経験のあるMF李浩を全北現代モータースから、蔚山現代からブラジル人DFセリオを獲得。さらにスペイン2部のコルドバからスペイン人FWシスコやベルギーのシント=トロイデンからコートジボワール人FWヤヤ・スマホロを獲得するなど、補強にも余念がない。また、清水エスパルスや横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府などでプレーした元日本代表DF青山直晃も所属している。

【注目選手】
Getty Images
FWティーラシン・デーンダー(タイ)
1988年6月6日(28歳)
▽言わずと知れたタイ代表の絶対的エースであり至宝。若くして才能を見出され、マンチェスター・シティのU-21チームに移籍するもビザの問題でプレーできず。それでも、スイスのグラスホッパーズへレンタル移籍しセカンドチームでプレー。その後、2014年2月にアルメリアへと移籍していた。テクニックとスピードを生かした突破が魅力で、ロシア・ワールドカップ アジア最終予選の日本代表戦でもプレーしていた。

★ブリスベン・ロアー(オーストラリア/4回目)
【出場資格】
Aリーグ2015-16 3位
【前回出場】
2015年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
グループステージ敗退(2015)
▽プレーオフを勝ち上がって出場権を獲得したブリスベン・ロアー。その相手は、アルゼンチン代表FWカルロス・テベスや元ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンスを擁した上海申花だった。ACLではグループステージを突破したことがないものの、近年実力をつけているチームの1つだ。昨シーズンまでジュビロ磐田でプレーした元ギリシャ代表DFアブラアム・パパドプーロスが所属している。

【注目選手】
Getty Images
MFトーマス・クリステンセン(デンマーク)
1983年4月17日(33歳)
▽デンマーク代表でもプレー経験があり、デンマークの名門・コペンハーゲンで長らくプレーしたクリステンセンに注目。FWハーフナー・マイクも所属しているADOデンハーグで昨シーズンまでプレーし、今シーズンからブリスベン・ロアーへと加入した。セントラルミッドフィルダーながら、今シーズンはすでに4得点を記録。ハードな守備からの攻撃参加に注目だ。

★蔚山現代(韓国/4回目)
【出場資格】
Kリーグ・クラシック2016 4位
【前回出場】
2014年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
優勝(2012)
▽PK戦の末、プレーオフを制して本大会出場を決めた蔚山現代。全北現代モータースの出場権剥奪によって繰上げ出場となった。2012年にはACLを制したこともあるが、近年では国内リーグでも思うような成績が残せておらず。昨シーズンまでは、今シーズンからセレッソ大阪を率いる尹晶煥監督が指揮を執り、元日本代表MF増田誓志も所属していた。

【注目選手】
Getty Images
FWイ・ジョンホ(韓国)
1992年2月24日(24歳)
▽韓国代表でもプレー経験があるイ・ジョンホは、全南ドラゴンズで長らくプレー。昨年1月に全北現代モータースへと移籍すると、1年で蔚山現代へと移籍した。Kリーグ・クラシックではここまで94試合に出場し21得点を記録。昨年のACLでは5試合に出場し1得点を記録し優勝を経験。クラブ・ワールドカップでも1試合でプレーした。

コメント

関連ニュース

thumb

ACL準々決勝進出のアル・アハリ、前ディナモ・キエフ指揮官のレブロフ氏が新監督就任

▽サウジアラビアのアル・アハリは22日、先日にディナモ・キエフの指揮官を退任したセルゲイ・レブロフ氏(43)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は1年。 ▽現役時代にディナモ・キエフやトッテナムで活躍した元ウクライナ代表FWのレブロフ氏は、2014年から古巣ディナモ・キエフで監督キャリアをスタート。2014–15シーズンと2015–16シーズンにリーグ連覇に導くも、今季はシャフタールにリーグ王座を譲り、シーズン終了後に指揮官の座を降りていた。 ▽レブロフ氏が新指揮官に就任するアル・アハリは、今季を2位でフィニッシュ。なお、今季のAFCチャンピオンズリーグでベスト8進出を果たしているチームは、8月と9月に行われる準々決勝でイランのペルセポリスとベスト4進出を懸けて戦うことになる。 2017.06.23 05:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ACL準々決勝のキックオフ時間が決定! 川崎Fvs浦和の第1戦は19時、第2戦は19時半キックオフ《ACL2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝のキックオフ時間を発表した。 ▽浦和レッズと川崎フロンターレが準々決勝に勝ち残っているACL。準々決勝ではその2チームが対戦し、ベスト4進出を目指す。 ▽第1戦は川崎Fの本拠地である等々力陸上競技場で8月23日(水)に開催。キックオフは19時となる。また、埼玉スタジアム2002で行われる第2戦は9月13日(水)の19時30分キックオフとなる。 ▽浦和と川崎Fの勝者は、9月27日(水)に行われる準決勝第1戦で、広州恒大(中国)vs上海上港(中国)の勝者と対戦。第2戦は10月18日(水)に開催。決勝は第1戦が11月18日(土)、第2戦が11月25日(土)に行われる。準々決勝のキックオフ時間は以下のとおり。 ◆ACL準々決勝 【第1戦】 ▽8月21日(月) 《19:50》 アル・アイン(UAE) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) ▽8月22日(火) 《未定》 ペルセポリス(イラン) vs アル・アハリ・サウジ(サウジアラビア) 《20:00》 上海上港(中国) vs 広州恒大(中国) ▽8月23日(水) 《19:00》 <span style="color:#00b7ec;font-weight:700;">川崎フロンターレ</span>(日本) vs <span style="color:#ec0000;font-weight:700;">浦和レッズ</span>(日本) 【第2戦】 ▽9月11日(月) 《20:00》 アル・ヒラル(サウジアラビア) vs アル・アイン(UAE) ▽9月12日(火) 《未定》 アル・アハリ・サウジ(サウジアラビア) vs ペルセポリス(イラン) 《20:00》 広州恒大(中国) vs 上海上港(中国) ▽9月13日(水) 《19:30》 <span style="color:#ec0000;font-weight:700;">浦和レッズ</span>(日本) vs <span style="color:#00b7ec;font-weight:700;">川崎フロンターレ</span>(日本) 2017.06.13 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

AFC、暴行働いた済州と3選手に処分 乱闘参加の浦和にも220万円の罰金

▽アジアサッカー連盟(AFC)は9日、5月31日に埼玉スタジアム2002で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの浦和レッズvs済州ユナイテッド(韓国)で起きた事案に対する処分を発表した。 ▽2ndレグでは、2戦合計スコア2-2で迎えた延長戦に浦和DF森脇良太のゴールで勝ち越した浦和がそのまま逆転突破。しかし、試合終了間際に両軍入り乱れる状況となり、試合直後に浦和DF槙野智章が相手から追い掛け回されるシーンもあった。 ▽AFCは、3選手に処分を科した。中でも、重罰が科されたのは、すでに2度の警告で退場が命じられながら試合後の乱闘に参加した挙句、審判に執拗な抗議を働いたDFチョ・ヨンヒョン。同選手に対しては、6カ月出場停止と罰金2万ドル(220万円)のペナルティが言い渡された。 ▽その他、ベンチから飛び出してMF阿部勇樹に暴行を働いたDFペク・ドンギュに対しては、3カ月の出場停止と罰金1万5000ドル(約165万円)の処分。チョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュの両選手は、同期間中のいかなる試合にも出場することができないという最も重い処分が下された。 ▽また、DFクォン・ハンジンに対しては、AFC主催試合における2試合出場停止と罰金1000ドル(約11万円)のペナルティ。済州に対しても、4万ドル(約440万円)の罰金が科されている。なお、浦和にも乱闘参加のペナルティとして、罰金2万ドル(約220万円)の処分が決定した。 2017.06.09 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

川崎Fと浦和のJリーグ勢対決に! 準々決勝の組み合わせ決定《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の準々決勝組み合わせ抽選会が、6日にマレーシアのクアラルンプールで行われた。この結果、川崎フロンターレと浦和レッズのJリーグ勢がベスト4進出を懸けて激突することになった。 ▽ラウンド16でムアントン・ユナイテッド(タイ)と対戦した川崎Fは、2戦合計7-2で圧勝し、8年ぶりのベスト8進出を決めた。一方、浦和は2戦合計スコアで2-2となり、延長戦までもつれ込んだ済州ユナイテッド(韓国)との死闘を最終的に3-2で制し、9年ぶりの準々決勝進出を果たしていた。 ▽なお、川崎Fホームで行われる1stレグは8月23日に、浦和ホームで行われる2ndレグは9月13日に予定されている。 ▽そのほかの対戦カードでは、ラウンド16で鹿島アントラーズを2戦合計2-2とするも、アウェイゴール差で上回り、勝ち抜けを決めた広州恒大(中国)は、上海上港(中国)との中国勢対決に臨む。 ▽また、西地区を勝ち抜いたチームでは、アル・アイン(UAE)vsアル・ヒラル(サウジアラビア)、ペルセポリス(イラン)vsアル・アハリ(サウジアラビア)という対戦カードに決まった。今回決定したACL準決勝の組み合わせおよび、試合日程は以下の通り。 【ACL準々決勝】 ◆1stレグ ▽8/21 アル・アイン(UAE) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) ▽8/22 ペルセポリス(イラン) vs アル・アハリ(サウジアラビア) 上海上港(中国) vs 広州恒大(中国) ▽8/23 川崎F vs 浦和 ◆2ndレグ 9/11 アル・ヒラル(サウジアラビア) vs アル・アイン(UAE) 9/12 アル・アハリ(サウジアラビア) vs ペルセポリス(イラン) 広州恒大(中国) vs 上海上港(中国) 9/13 浦和 vs 川崎F ※左がホームチーム 2017.06.06 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ベスト8が出揃う! 日本勢では浦和&川崎Fの2クラブが進出! 《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の準々決勝進出8クラブが出揃った。 ▽Jリーグ勢では、ラウンド16でムアントン・ユナイテッド(タイ)を2戦合計7-2で下した川崎フロンターレと、済州ユナイテッド(韓国)を2戦合計3-2で下した浦和レッズがベスト8に進出。 ▽その他、東地区では鹿島アントラーズを2戦合計2-2(AG:1-0)で下した広州恒大(中国)と、江蘇蘇寧(中国)との同国対決を2戦合計5-3で制した上海上港(中国)がベスト8に進出を決めている。 ▽一方、西地区では昨季準優勝のアル・アイン(UAE)や、アル・ヒラル(サウジアラビア)、アル・アハリ・ジッダ(サウジアラビア)、ペルセポリス(イラン)が準々決勝へコマを進めている。 ▽なお、準々決勝の組み合わせ抽選は6月6日に行われる。 ◆ACL2017 準々決勝進出クラブ 【東地区】 川崎フロンターレ(日本) 浦和レッズ(日本) 広州恒大(中国) 上海上港(中国) 【西地区】 アル・アイン(UAE) アル・ヒラル(サウジアラビア) アル・アハリ・ジッダ(サウジアラビア) ペルセポリス(イラン) 2017.06.01 03:00 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース