【ACL2017】悲願のアジアタイトル獲得にJ王者・鹿島が挑む〜グループE〜2017.02.21 14:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2月21日(火)、今シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の本戦がスタートする。日本からは、Jリーグ王者の鹿島アントラーズの他、浦和レッズ、川崎フロンターレ、そしてプレーオフを勝ち上がったガンバ大阪の4チームが出場する。

▽日本勢でグループEに入ったのは、2016シーズンのJリーグ王者であり、天皇杯との2冠を達成した鹿島だ。2015年以来7度目のACLに臨む鹿島は悲願の初制覇を目指す。今回は出場各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。
■グループE
鹿島アントラーズ(日本)
ムアントン・ユナイテッド(タイ)
ブリスベン・ロアー(オーストラリア)
蔚山現代(韓国)
★鹿島アントラーズ(日本/7回目)
【出場資格】
明治安田生命J1リーグ2016 優勝、天皇杯2016度 優勝
【前回出場】
2015年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
ベスト8(2008)
▽2016年の明治安田生命J1リーグで年間勝ち点3位ながら、チャンピオンシップを制して見事にタイトルを獲得した鹿島アントラーズ。昨年12月に行われたFIFAクラブ・ワールドカップでは日本勢として初めて決勝に駒を進めると、欧州王者のレアル・マドリーと好ゲームを演じ、延長戦までもつれた末に惜しくも敗れていた。今シーズンは全てのタイトルを獲得するため、MFレオ・シルバ(アルビレックス新潟)、FWペドロ・ジュニオール(ヴィッセル神戸)、FW金森健志(アビスパ福岡)、DF三竿雄斗(湘南ベルマーレ)を獲得。さらに、昨シーズンのアジア王者である全北現代モータースの守護神・GKクォン・スンテを獲得するなど、悲願のアジア制覇を目指す。

【注目選手】
(c) J.LEAGUE PHOTOS
MFレオ・シルバ(ブラジル)
1985年12月24日(31歳)
▽今シーズンから鹿島に加入したレオ・シルバに注目。浦和レッズとのFUJI XEROX SUPER CUPでは、スターティングメンバーに名を連ねると、パスや飛び出しで攻撃の組み立てに参加したと思えば、守備面でもしっかりと浦和攻撃陣を封じ込め、能力の高さを改めて見せつけた。アジアでの戦いは初経験となるが、レオ・シルバのゲームメイクで鹿島をアジア王者に導けるかに期待したい。

★ムアントン・ユナイテッド(タイ/6回目)
【出場資格】
タイ・プレミアリーグ2016 優勝
【前回出場】
2013年
【前回大会】
プレーオフ敗退
【最高成績】
グループステージ敗退(2013)
▽2016シーズンのタイ・プレミアリーグを制したムアントン・ユナイテッド。久々の国内リーグタイトル獲得により、4大会ぶりの出場を決めた。ACL出場に向け、元韓国代表で大宮アルディージャでもプレー経験のあるMF李浩を全北現代モータースから、蔚山現代からブラジル人DFセリオを獲得。さらにスペイン2部のコルドバからスペイン人FWシスコやベルギーのシント=トロイデンからコートジボワール人FWヤヤ・スマホロを獲得するなど、補強にも余念がない。また、清水エスパルスや横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府などでプレーした元日本代表DF青山直晃も所属している。

【注目選手】
Getty Images
FWティーラシン・デーンダー(タイ)
1988年6月6日(28歳)
▽言わずと知れたタイ代表の絶対的エースであり至宝。若くして才能を見出され、マンチェスター・シティのU-21チームに移籍するもビザの問題でプレーできず。それでも、スイスのグラスホッパーズへレンタル移籍しセカンドチームでプレー。その後、2014年2月にアルメリアへと移籍していた。テクニックとスピードを生かした突破が魅力で、ロシア・ワールドカップ アジア最終予選の日本代表戦でもプレーしていた。

★ブリスベン・ロアー(オーストラリア/4回目)
【出場資格】
Aリーグ2015-16 3位
【前回出場】
2015年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
グループステージ敗退(2015)
▽プレーオフを勝ち上がって出場権を獲得したブリスベン・ロアー。その相手は、アルゼンチン代表FWカルロス・テベスや元ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンスを擁した上海申花だった。ACLではグループステージを突破したことがないものの、近年実力をつけているチームの1つだ。昨シーズンまでジュビロ磐田でプレーした元ギリシャ代表DFアブラアム・パパドプーロスが所属している。

【注目選手】
Getty Images
MFトーマス・クリステンセン(デンマーク)
1983年4月17日(33歳)
▽デンマーク代表でもプレー経験があり、デンマークの名門・コペンハーゲンで長らくプレーしたクリステンセンに注目。FWハーフナー・マイクも所属しているADOデンハーグで昨シーズンまでプレーし、今シーズンからブリスベン・ロアーへと加入した。セントラルミッドフィルダーながら、今シーズンはすでに4得点を記録。ハードな守備からの攻撃参加に注目だ。

★蔚山現代(韓国/4回目)
【出場資格】
Kリーグ・クラシック2016 4位
【前回出場】
2014年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
優勝(2012)
▽PK戦の末、プレーオフを制して本大会出場を決めた蔚山現代。全北現代モータースの出場権剥奪によって繰上げ出場となった。2012年にはACLを制したこともあるが、近年では国内リーグでも思うような成績が残せておらず。昨シーズンまでは、今シーズンからセレッソ大阪を率いる尹晶煥監督が指揮を執り、元日本代表MF増田誓志も所属していた。

【注目選手】
Getty Images
FWイ・ジョンホ(韓国)
1992年2月24日(24歳)
▽韓国代表でもプレー経験があるイ・ジョンホは、全南ドラゴンズで長らくプレー。昨年1月に全北現代モータースへと移籍すると、1年で蔚山現代へと移籍した。Kリーグ・クラシックではここまで94試合に出場し21得点を記録。昨年のACLでは5試合に出場し1得点を記録し優勝を経験。クラブ・ワールドカップでも1試合でプレーした。

コメント

関連ニュース

thumb

AFCが浦和とのACLで問題を起こした済州ユナイテッド2選手への処分を軽減

▽アジアサッカー連盟(AFC)は20日、浦和レッズとのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の試合後に問題を起こし処分を与えていた済州ユナイテッドFCの2選手に関して、処分を軽減することを発表した。 ▽対象選手はチョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュの2選手。両選手は5月31日に埼玉スタジアム2002で行われたACL決勝トーナメント1回戦2ndレグの浦和レッズvs済州ユナイテッド(韓国)で問題を起こしていた。 ▽試合中に退場処分が下されたものの、審判への抗議、試合後の乱闘に参加したチョ・ヨンヒョンに関しては、6カ月の出場停止処分と2万ドル(220万円)の罰金処分を下していたが、1年間の執行猶予付きの3カ月の出場停止処分に軽減することを発表。これにより、9月9日から試合に出場することが可能となる。 ▽また、ベンチから飛び出し試合中に浦和MF阿部勇樹に暴行を働いていたペク・ドンギュには3カ月の出場停止と1万5000ドル(約170万円)の罰金処分が下されていたが、出場停止処分を2カ月に軽減した。これにより、8月9日から試合に出場することが可能となる。 ▽同日には川崎フロンターレが「旭日旗問題」に対して上訴していた問題を棄却しており、1年間の執行猶予付きでAFC主催のホーム戦1試合の無観客処分と、罰金1万5000ドル(約170万円)が確定。Jリーグクラブにとっては不可解な裁定が続くこととなった。 2017.07.20 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

AFCが全面棄却…川崎F、訴え叶わず「旭日旗問題」で処分へ

▽アジアサッカー連盟(AFC)は20日、川崎フロンターレの「旭日旗問題」に対する上訴を全面棄却したと発表した。 ▽発端は、4月20日に韓国で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の水原三星ブルーウィングス戦。川崎Fの一部サポーターによる旭日旗を掲げての応援が、水原側のサポーターとの衝突を生んでいた。 ▽差別的かつ韓国民を傷つける行為と判断したAFCは5月4日、川崎Fに1年間の執行猶予付きでAFC主催のホーム戦1試合の無観客処分と、罰金1万5000ドル(約170万円)を発表。川崎F側は処分撤回を求め、異議を唱えていた。 2017.07.20 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪MF遠藤保仁、ACL初制覇の2008年大会回想…印象的な試合は「準決勝の浦和戦」

▽ガンバ大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁が、自身も50試合以上の出場数を数えるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)から最も印象に残る試合として、2008年に行われた浦和レッズとの準決勝2試合を挙げた。AFC公式サイトが伝えている。 ▽この年、G大阪と浦和はベスト4で激突。第1戦、第2戦ともに浦和が先制する展開が続いたが、G大阪が底力を見せ、トータルスコア4-2で決勝進出を果たした。 ▽その後、G大阪はアジア初制覇。しかし、遠藤にとって、自身も2ゴールを挙げた準決勝の浦和戦が、アデレード・ユナイテッドとの決勝戦よりも強く印象に残っているようだ。 「一番面白かったのは、2008年のセミファイナルですね。浦和戦が一番記憶に残っていますね」 「決勝に進む大事な2試合で、なおかつ、その当時の最大のライバル。ホームが1-1、アウェイが3-1だったかな。快勝することができたので」 「ACLの準決勝で、国内のライバルチームと当たるのは特別な思い出だったかなと思います」 ◆第1戦 ガンバ大阪 1-1 浦和レッズ 【G大阪】 遠藤保仁(後36分[PK]) 【浦和】 細貝萌(前22分) ◆第2戦 浦和レッズ 1-3 ガンバ大阪 【浦和】 高原直泰(前36分) 【G大阪】 ルーカス(前37分) 遠藤保仁(前43分) 安田理大(後23分) 2017.06.29 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL準々決勝進出のアル・アハリ、前ディナモ・キエフ指揮官のレブロフ氏が新監督就任

▽サウジアラビアのアル・アハリは22日、先日にディナモ・キエフの指揮官を退任したセルゲイ・レブロフ氏(43)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は1年。 ▽現役時代にディナモ・キエフやトッテナムで活躍した元ウクライナ代表FWのレブロフ氏は、2014年から古巣ディナモ・キエフで監督キャリアをスタート。2014–15シーズンと2015–16シーズンにリーグ連覇に導くも、今季はシャフタールにリーグ王座を譲り、シーズン終了後に指揮官の座を降りていた。 ▽レブロフ氏が新指揮官に就任するアル・アハリは、今季を2位でフィニッシュ。なお、今季のAFCチャンピオンズリーグでベスト8進出を果たしているチームは、8月と9月に行われる準々決勝でイランのペルセポリスとベスト4進出を懸けて戦うことになる。 2017.06.23 05:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ACL準々決勝のキックオフ時間が決定! 川崎Fvs浦和の第1戦は19時、第2戦は19時半キックオフ《ACL2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝のキックオフ時間を発表した。 ▽浦和レッズと川崎フロンターレが準々決勝に勝ち残っているACL。準々決勝ではその2チームが対戦し、ベスト4進出を目指す。 ▽第1戦は川崎Fの本拠地である等々力陸上競技場で8月23日(水)に開催。キックオフは19時となる。また、埼玉スタジアム2002で行われる第2戦は9月13日(水)の19時30分キックオフとなる。 ▽浦和と川崎Fの勝者は、9月27日(水)に行われる準決勝第1戦で、広州恒大(中国)vs上海上港(中国)の勝者と対戦。第2戦は10月18日(水)に開催。決勝は第1戦が11月18日(土)、第2戦が11月25日(土)に行われる。準々決勝のキックオフ時間は以下のとおり。 ◆ACL準々決勝 【第1戦】 ▽8月21日(月) 《19:50》 アル・アイン(UAE) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) ▽8月22日(火) 《未定》 ペルセポリス(イラン) vs アル・アハリ・サウジ(サウジアラビア) 《20:00》 上海上港(中国) vs 広州恒大(中国) ▽8月23日(水) 《19:00》 <span style="color:#00b7ec;font-weight:700;">川崎フロンターレ</span>(日本) vs <span style="color:#ec0000;font-weight:700;">浦和レッズ</span>(日本) 【第2戦】 ▽9月11日(月) 《20:00》 アル・ヒラル(サウジアラビア) vs アル・アイン(UAE) ▽9月12日(火) 《未定》 アル・アハリ・サウジ(サウジアラビア) vs ペルセポリス(イラン) 《20:00》 広州恒大(中国) vs 上海上港(中国) ▽9月13日(水) 《19:30》 <span style="color:#ec0000;font-weight:700;">浦和レッズ</span>(日本) vs <span style="color:#00b7ec;font-weight:700;">川崎フロンターレ</span>(日本) 2017.06.13 16:50 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース