公式戦7連発のゼコがハット達成! 堅守ビジャレアル相手に敵地で4発圧勝のローマがベスト16進出に大前進!《EL》2017.02.17 07:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、ビジャレアルvsローマが16日に行われ、アウェイのローマが4-0で先勝した。

▽リーガエスパニョーラ屈指の堅守を誇るビジャレアル、セリエA屈指の攻撃力を誇るローマが対峙するラウンド32最注目の一戦。激戦となったグループLをオスマンルシュポルに次ぐ2位通過となったビジャレアルは、強豪ローマ撃破に向けて現状のベストメンバーを起用。2トップにはバカンブとサンソーネが並んだ。

▽一方、アストラやビクトリア・プルゼニらと同居したグループEを貫録の首位通過したローマは、直近のクロトーネ戦から先発3人を変更。GKにアリソンが入ったほか、デ・ロッシ、エル・シャーラウィが先発に復帰。3トップにはエル・シャーラウィ、ゼコ、ナインゴランが並んだ。

▽注目の強豪対決は、立ち上がりから攻守の切り替えが目まぐるしいオープンな展開で進んでいく。素早い帰陣と連動したプレスの応酬となり、互いに決定的なシーンまで至らないものの、ゼコのポストプレーと左サイドのエメルソン・パルミエリ、エル・シャーラウィのコンビを中心に攻勢を仕掛けるローマへと試合の流れが傾いていく。

▽31分には左サイドのエル・シャーラウィからのクロスをゴール前のゼコが打点の高いヘディングで合わせるが、これはGKアセンホの好守に遭う。それでも、ローマは直後の32分に左サイドでカスティジェホからボールを奪い、中央に切り込んだエメルソンが利き足とは逆の右足を振り抜くと、これがゴール右上隅の絶妙なコースに突き刺さり、アウェイチームが均衡を破った。

▽これで勢いに乗ったローマは、前半終了間際にもナインゴラン、エメルソンが続けて際どいシュートから追加点に迫るなど、良い形で前半を終えた。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ビハインドを追うビジャレアルが立ち上がりから仕掛ける。50分過ぎにはカウンターから中央をドリブルで持ち上がったバカンブが複数のDFを相手に強引に仕掛けてボックス付近でシュートも、これはシュートブロックに遭う。54分にはセットプレーの流れから右サイド深くのトリゲロスが上げたクロスを、ニアサイドのガスパールが頭で合わすが、ここはGKアリソンのビッグセーブに阻まれた。

▽後半に入って押し込まれる時間が続くローマは、62分にエル・シャーラウィを下げてサラーを投入。するとこの交代が2点目をもたらす。65分、右サイドでブルーノ・ペレスのスルーパスに抜け出したサラーが中央へ折り返すと、巧みなボディフェイントでDFムサッキオを外したゼコが右足のシュートを流し込んだ。

▽ゼコの公式戦7試合連続ゴールで貴重な追加点を奪ったローマは、アドリアン・ロペス、チェリシェフとアタッカーを送り込んできたビジャレアルを相手にきっちりゲームをコントロール。79分にはフアン・ジェズスのロングフィードに反応したゼコがDFとうまく入れ替わってゴール前に抜け出すと、強烈な右足のシュートを放つ。GKアセンホが何とか触るもボールは勢いを失わず、ゴールネットに吸い込まれた。

▽この3点目でベスト16進出に大きく近づいたローマは、86分にも左サイドに抜け出したナインゴランからパスを受けたボックス中央のゼコが反転シュートを流し込み、後半だけでハットトリック達成。絶好調のゼコの大活躍によって敵地で堅守ビジャレアルを粉砕したローマが、23日に行われるホームでの2ndレグを前にベスト16の切符をほぼ手中に収めた。

コメント

関連ニュース

thumb

世界と肩を並べる日本が誇る史上最高のプレーヤー・中田英寿

▽サッカー界には数多くのレジェンドが存在する。ブラジルには“神様”と呼ばれるペレ、アルゼンチンには“神の子”と呼ばれるディエゴ・マラドーナ、ドイツには“皇帝”と呼ばれるフランツ・ベッケンバウアー。その他にも、それぞれの国で伝説的な選手として多くを語られる選手が居る。 ▽日本にもレジェンドは存在する。メキシコ・オリンピックの銅メダル獲得に貢献した釜本邦茂、50歳を超えた現在でも現役でプレーを続けている“キングカズ”こと三浦知良。そして、特別な異名こそ無いものの日本サッカー史に名を残したレジェンドが居る。“ヒデ”の愛称で知られる中田英寿だ。 ▽幼いころにサッカーを始めた中田は、U-15日本代表に選出。その後は、全ての年代別日本代表に選出され、U-17世界選手権(現U-17ワールドカップ)、U-19アジアユース、ワールドユース(現U-20ワールドカップ)、そしてオリンピックと、世代別の国際大会に全て“飛び級”で出場していた。 ▽オリンピックには、19歳の時にアトランタ・オリンピック、そして23歳でシドニー・オリンピックに出場。オーバーエイジではなく、2度出場した珍しい経歴を持つ。Jリーグ入団時も多くのクラブがオファーを出し、ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)に入団。国内でその実力を見せつけ、20歳の1997年に日本代表デビューを果たした。 ▽中田は、21歳で1998年のフランス・ワールドカップに出場。司令塔として、中盤でゲームメイクを担っていた中田のプレーは、チームは3連敗で終わったものの、欧州各クラブのスカウトの目に留まった。アーセナルやユベントスなどからも声が掛かっていたが、中田はペルージャを選択し、セリエAに挑戦した。 ▽ペルージャでは、開幕戦のユベントス戦で2ゴールを挙げるセンセーショナルなデビュー。セリエA1年目にして10ゴールを達成し、イタリア国内に大きなインパクトを与えることに。2年目のシーズン途中にはローマへと移籍。その後、日本人として初となるセリエA優勝メンバーとなった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/sega20180711_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽中田は、トップ下のポジションで長年プレーし、相手との駆け引きから生まれるスルーパスを得意としていた。ローマでは、エースであるFWフランチェスコ・トッティとのポジション争いの影響で、ボランチを経験。パルマに移籍してからは3トップの右サイドを任されることも増えた。パルマ時代には、アドリアーノ、アドリアン・ムトゥとのコンビが旋風を巻き起こし、『トリアイナ(三叉の槍)』と称されていた。 ▽ワールドカップでは、1998年のフランス大会に続き、2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会に出場。2002年の日韓大会では、グループステージ第3戦のチュニジア代表戦で、ダイビングヘッドから自身のワールドカップ初ゴールを記録。ドイツ・ワールドカップのブラジル代表戦後、センターサークルで天を仰いだ姿は記憶に残っていることだろう。この大会を最後に、現役を引退した。 ▽類稀なるサッカーセンスを持ち、視野の広さ、フィジカルの強さ、正確なパス、ゲームと読む力と日本サッカー史上最高の選手とも言える中田英寿。そんな中田が、現在好評配信中のサッカークラブ経営シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド(サカつくRTW)』に登場する。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2K86FY5" target="_blank"><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">>>中田英寿が登場!<< >>『サカつくRTW』はコチラ<<</span></a><hr></div> ▽ゲーム内に登場する中田英寿は、“スルーパス”や“ミドルシュート”のスキルを持っており、“光プレイ”と呼ばれるシュートでは、前述のイタリア名門チームを優勝に導いた伝説のミドルシュートが再現されている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/sega20180711_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽そんな中田英寿が★5選手として獲得できるスカウトは、7月25日(水)の10時59分まで開催。さらに、『サカつくRTW』にログインするだけで、「★3 中田英寿(ルーキー)」を獲得できるログインボーナスキャンペーンも開催中! この機会に日本を代表するレジェンド中田英寿をぜひ『サカつくRTW』で獲得しよう。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2K86FY5" target="_blank"><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">>>中田英寿が登場!<< >>『サカつくRTW』はコチラ<<</span></a><hr></div> 2018.07.16 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

CLローマ戦で襲撃事件に遭ったリバプールサポーターの意識が回復! 現在はリハビリを開始

▽世界中のフットボールファミリーに朗報だ。今年4月のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのリバプールvsローマでローマサポーターの襲撃を受けて重体となったリバプールサポーター、ショーン・コックス氏の意識が回復したことがわかった。アイルランド『Dublin Live』が伝えている。 ▽コックス氏は4月24日にアンフィールドで行われたCL準決勝1stレグの試合前、スタジアムの外でローマのフーリガンに襲撃され、脳出血を伴う頭部の外傷手術を受けるなど一時危篤状態に。その後、地元ダブリンにあるボーモント病院に転院した後も予断を許さない状況が続いていた。 ▽しかし、『Dublin Live』が伝えるところによれば、14日にコックス氏が働く『Precision Cables』社も所属する電機業界『Electric.ie』は以下のような声明を発表し、同氏の現在の状態について説明している。 「現在、ショーンは意識を回復し、リハビリを開始している。彼はリハビリに対して積極的な姿勢を見せているが、完治に向けた道のりを非常にゆっくりと進んでいくことになる」 「『Precision Cables』の彼の同僚は彼とその家族が一日も早く再び平穏な日々を送れるよう、サポートを行うと共に祈りを捧げている」 ▽なお、リバプールサポーターやローマサポーターを中心にコックス氏の治療費を負担するため多くの寄付金が集まっており、そういった人々を含めて今回の意識回復という素晴らしい知らせは世界中のフットボールファミリーにとって朗報となった。 2018.07.15 16:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマに朗報! 未来のカピターノ、フロレンツィが契約延長にサインへ!

▽ローマのイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィ(27)がクラブとの契約を延長することを決断したようだ。イタリア『Il Tempo』が伝えている。 ▽ローマ生まれローマ育ちのフロレンツィは2010年にトップチームデビュー。以降は攻撃的MF、セントラルMF、ウイング、右サイドバックと多彩な役割をこなす万能プレーヤーとして、ローマの屋台骨を支え続けている。また、偉大な先達、フランチェスコ・トッティの現役引退後は、同じく生え抜きでカピターノを務めるMFダニエレ・デ・ロッシを副主将としてサポートしている。 ▽しかし、未来のカピターノと呼ばれ、ロマニスタの間でも絶大な人気を誇るフロレンツィだが、2019年に満了を迎えるローマとの契約に関して以前から交渉が難航。この状況を受けて、ユベントスやインテル、アトレティコ・マドリーが獲得に乗り出しているとの報道も出ていた。 ▽それでも、ローマへの忠誠を誓うフロレンツィは、クラブ側が掲示した年俸300万ユーロ(約4億円)+ボーナスという条件の5年契約にサインすることで合意したようだ。 ▽セビージャから引き抜いた敏腕スポーツ・ディレクターのモンチ氏の下で今夏すでに10人の新戦力を獲得するなど変革期を迎えるローマだが、未来のカピターノとの契約延長成功は大きな朗報だ。 2018.07.13 02:29 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、トッティとメッシの写真を用いてC・ロナウドのユベントス移籍を皮肉?

ローマの英語版公式ツイッター(@OfficialASRoma)が11日、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス移籍を受けて皮肉のツイートを展開している。<br><br>ユベントスは10日に、C・ロナウドの獲得でレアル・マドリーと合意したことを発表。移籍金は1億ユーロ(約130億円)に上り、同選手とは、2022年までの4年契約を結んだことを明らかにしている。<br><br>これを受けてかセリエAでユベントスのライバルであるローマがすぐさま反応。ローマのレジェンドで現在は同クラブのディレクターを務めるフランチェスコ・トッティと、バルセロナのFWリオネル・メッシの画像を用いて「ローマの王とGOAT(歴代最高)」とつぶやいた。<br><br>メッシの写真を用いた意図は明らかではないが、C・ロナウドと長年にわたり、世界トッププレーヤーの座を争ってきたアルゼンチン代表ストライカーを出すことで、ユベントスは世界最高選手を獲得したのではないと皮肉を伝える目的だったかもしれない。<br><br>いずれにせよ、C・ロナウドのイタリア行きでセリエAが今まで以上に盛り上がることは事実。スクデット争いは&ldquo;ビアンコネロ&rdquo;(ユベントスの愛称)の一強時代がさらに強まるのか、ローマやナポリ、インテルやミランといった対抗勢力が待ったをかけるのか、来季のセリエAからますます目が離せなくなってきた。<br><br>提供:goal.com 2018.07.12 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

レジェンド・トッティ氏「C・ロナウドをイタリアで見られてうれしい」

▽元イタリア代表のフランチェスコ・トッティ氏が、FWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス加入を歓迎した。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽セリエAのスター選手としてローマで長く活躍したトッティ氏は、久々に超大物がイタリアにやってきたことを喜んでいる。 ▽C・ロナウドのユベントス加入について問われた同氏は、「彼をイタリアで見ることができてうれしいよ」とコメントした。 ▽かつては世界中のトッププレーヤーが集まったセリエA。C・ロナウドの到着が新しいサイクルの始まりとなるだろうか。 2018.07.11 05:46 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース