公式戦7連発のゼコがハット達成! 堅守ビジャレアル相手に敵地で4発圧勝のローマがベスト16進出に大前進!《EL》2017.02.17 07:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、ビジャレアルvsローマが16日に行われ、アウェイのローマが4-0で先勝した。

▽リーガエスパニョーラ屈指の堅守を誇るビジャレアル、セリエA屈指の攻撃力を誇るローマが対峙するラウンド32最注目の一戦。激戦となったグループLをオスマンルシュポルに次ぐ2位通過となったビジャレアルは、強豪ローマ撃破に向けて現状のベストメンバーを起用。2トップにはバカンブとサンソーネが並んだ。

▽一方、アストラやビクトリア・プルゼニらと同居したグループEを貫録の首位通過したローマは、直近のクロトーネ戦から先発3人を変更。GKにアリソンが入ったほか、デ・ロッシ、エル・シャーラウィが先発に復帰。3トップにはエル・シャーラウィ、ゼコ、ナインゴランが並んだ。

▽注目の強豪対決は、立ち上がりから攻守の切り替えが目まぐるしいオープンな展開で進んでいく。素早い帰陣と連動したプレスの応酬となり、互いに決定的なシーンまで至らないものの、ゼコのポストプレーと左サイドのエメルソン・パルミエリ、エル・シャーラウィのコンビを中心に攻勢を仕掛けるローマへと試合の流れが傾いていく。

▽31分には左サイドのエル・シャーラウィからのクロスをゴール前のゼコが打点の高いヘディングで合わせるが、これはGKアセンホの好守に遭う。それでも、ローマは直後の32分に左サイドでカスティジェホからボールを奪い、中央に切り込んだエメルソンが利き足とは逆の右足を振り抜くと、これがゴール右上隅の絶妙なコースに突き刺さり、アウェイチームが均衡を破った。

▽これで勢いに乗ったローマは、前半終了間際にもナインゴラン、エメルソンが続けて際どいシュートから追加点に迫るなど、良い形で前半を終えた。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ビハインドを追うビジャレアルが立ち上がりから仕掛ける。50分過ぎにはカウンターから中央をドリブルで持ち上がったバカンブが複数のDFを相手に強引に仕掛けてボックス付近でシュートも、これはシュートブロックに遭う。54分にはセットプレーの流れから右サイド深くのトリゲロスが上げたクロスを、ニアサイドのガスパールが頭で合わすが、ここはGKアリソンのビッグセーブに阻まれた。

▽後半に入って押し込まれる時間が続くローマは、62分にエル・シャーラウィを下げてサラーを投入。するとこの交代が2点目をもたらす。65分、右サイドでブルーノ・ペレスのスルーパスに抜け出したサラーが中央へ折り返すと、巧みなボディフェイントでDFムサッキオを外したゼコが右足のシュートを流し込んだ。

▽ゼコの公式戦7試合連続ゴールで貴重な追加点を奪ったローマは、アドリアン・ロペス、チェリシェフとアタッカーを送り込んできたビジャレアルを相手にきっちりゲームをコントロール。79分にはフアン・ジェズスのロングフィードに反応したゼコがDFとうまく入れ替わってゴール前に抜け出すと、強烈な右足のシュートを放つ。GKアセンホが何とか触るもボールは勢いを失わず、ゴールネットに吸い込まれた。

▽この3点目でベスト16進出に大きく近づいたローマは、86分にも左サイドに抜け出したナインゴランからパスを受けたボックス中央のゼコが反転シュートを流し込み、後半だけでハットトリック達成。絶好調のゼコの大活躍によって敵地で堅守ビジャレアルを粉砕したローマが、23日に行われるホームでの2ndレグを前にベスト16の切符をほぼ手中に収めた。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:ローマ 2-1 ラツィオ《セリエA》

▽セリエA第13節、ローマvsラツィオの“ローマ・ダービー”が18日に行われ、2-1でローマが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171119_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 5.5 PKでの失点は仕方なし DF 24 フロレンツィ 6.0 とりわけ前半は右サイドから質の高い攻撃参加を見せた (→ブルーノ・ペレス -) 44 マノラス 5.0 不用意なPK献上でチームを苦しめる 20 ファシオ 6.0 終始、安定したプレーぶり 11 コラロフ 6.5 PK獲得。左サイドからの攻撃参加で厚みをもたらした MF 4 ナインゴラン 6.5 球際の強さを発揮し、推進力も見せてミドルシュートを叩き込んだ (→ファン・ジェズス -) 16 デ・ロッシ 6.5 代表戦の影響を感じさせないさすがのパフォーマンス。的確な散らしと読みの利いた守備で貢献 6 ストロートマン 5.5 攻守にそつなし FW 92 エル・シャーラウィ 6.0 右サイドからのドリブルとキープ力で起点に (→ジェルソン -) 9 ゼコ 6.0 ゴールこそ奪えなかったが、質の高いプレーを続けた 8 ペロッティ 6.5 左サイドから質の高い攻撃を仕掛け、PKで先制ゴール 監督 ディ・フランチェスコ 6.5 内容でラツィオを凌駕。順当な勝利だった ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171119_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 5.5 2失点とも防ぎようがなかった DF 15 バストス 4.5 ペロッティにうまく対応していたが、2失点に絡んでしまった 3 デ・フライ 5.5 ゼコを何とか抑える 26 ラドゥ 5.5 エル・シャーラウィに手こずるも粘る (→パトリック -) MF 77 マルシッチ 5.5 右サイドで何度か攻撃に絡んだ 16 パローロ 5.0 効果的な動きは少なかった 6 ルーカス・レイバ 5.5 冷静なプレーで中盤をコントロール (→ナニ 5.5) 果敢に仕掛けて起点に 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.0 見せ場がなかった 19 ルリッチ 5.0 左サイドで起点にはなりきれず (→J・ルカク 6.0) 流れを変える推進力を見せた FW 17 インモービレ 5.5 PKで一矢報いる 18 L・アルベルト 5.0 インモービレとの連係がほぼなかった 監督 S・インザーギ 5.5 J・ルカクの投入は当たるも、ローマに及ばず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ナインゴラン(ローマ) ▽鼠径部を負傷していたとは思えない好パフォーマンス。らしいミドルで試合を優勢に進める要因に。 ローマ 2-1 ラツィオ 【ローマ】 ペロッティ(後4[PK]) ナインゴラン(後8) 【ラツィオ】 インモービレ(後27[PK]) 2017.11.19 04:01 Sun
twitterfacebook
thumb

ナインゴランのミドル弾とペロッティのPK弾でローマがラツィオとのダービーを制す《セリエA》

▽セリエA第13節、ローマvsラツィオの“ローマ・ダービー”が18日に行われ、2-1でローマが勝利した。 ▽前節フィオレンティーナ戦を伏兵ジェルソンのドッピエッタなどで4-2と勝利した5位ローマ(勝ち点27/未消化1試合)は、久々にリーグ戦で複数ゴールを決めて4連勝とした。そのローマは水曜日にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える中、負傷が癒えたナインゴランが先発に復帰。イタリア代表として失意を受けたデ・ロッシとエル・シャーラウィが先発となった。 ▽一方、前節ウディネーゼ戦が豪雨のために延期された4位ラツィオ(勝ち点28/未消化1試合)は、木曜日に行われるヨーロッパリーグでは既に決勝トーナメント進出を決めている中、こちらもイタリア代表で失意を受けたインモービレとパローロが先発となった。 ▽開始2分にインモービレが独走してネットを揺らしたラツィオだったが、オフサイドでノーゴールとなると、徐々にポゼッションを高めていったのはローマ。 ▽17分にはフロレンツィの右クロスからゼコがヘディングシュートを放てば、続く20分には左サイドからのペロッティのクロスをゼコが再びヘディング。しかし、シュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽対するラツィオは25分、久々に攻撃に転じると、パローロがチーム初の枠内シュートを浴びせる。続く26分にはマルシッチの右クロスからインモービレがヘディングシュートを放ったが、枠を捉えることはできなかった。 ▽引き続きボールを保持するローマは35分に右CKからゼコがボレーシュートを浴びせるも、ゴールライン前のDFにクリアされてしまう。ハーフタイムにかけてもローマが押し気味に試合を進めたが、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始3分、コラロフがボックス左にドリブルで侵入したところをバストスに倒されてローマがPKを獲得。これをペロッティが決めてローマが先制した。 ▽さらに53分、バストスからボールを奪ったペロッティのパスをナインゴランが受けると、ボックス手前右から右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽2点を追う展開となったラツィオは、58分に2枚代えを敢行。ルリッチとルーカス・レイバに代えてナニとJ・ルカクを投入した。 ▽攻撃的な布陣としたラツィオがJ・ルカクとナニの推進力で前がかると、71分にPKを獲得する。クロスボールを処理にかかったマノラスがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末にボックス内でのハンドを取られた。これをインモービレが決めて、ラツィオが1点差に詰め寄った。 ▽1点を返されたローマはエル・シャーラウィに代えてジェルソンを投入。試合をコントロールしていくと、85分にはナインゴランに代えてファン・ジェズスを投入。逃げ切りを図ると、6分の追加タイムを消化してタイムアップ。ローマがダービーを制し、上位3チームに食らいついている。 2017.11.19 04:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第13節プレビュー】土曜にローマ・ダービーとナポリvsミランのビッグマッチ開催

▽代表ウィーク前に行われた前節ではナポリとインテルが引き分けに終わった一方、ユベントスやローマ、ミランが勝利している。この結果、首位ナポリにユベントスが1ポイント差に迫り、インテルは3位に後退した。迎える第13節は土曜日にローマvsラツィオとナポリvsミランのビッグマッチが開催される。 ▽まずは26:00キックオフのローマ・ダービーから。5位ローマ(勝ち点27/未消化1試合)は前節フィオレンティーナ戦を移籍後初ゴールとなった伏兵ジェルソンのドッピエッタなどでフィオレンティーナの追い上げを振り切り、4-2と勝利した。久々にリーグ戦で複数ゴールを決めて4連勝としたローマは、水曜日にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える中、ラツィオに勝利して順位を逆転したい。 ▽一方、前節ウディネーゼ戦が豪雨のために延期された4位ラツィオ(勝ち点28/未消化1試合)は、木曜日に行われるヨーロッパリーグでは既に決勝トーナメント進出を決めており、日程面でアドバンテージがある。代表で失意を味わったインモービレと、スペイン代表デビューを飾ったL・アルベルトのホットラインでローマ撃破を狙う。 ▽続いて28:45キックオフのナポリvsミラン。前節キエーボ戦をマンチェスター・シティ戦の敗戦と、グラムの負傷離脱が響いて痛恨のゴールレスドローで終えた首位ナポリ(勝ち点32)は、火曜日に生き残りを懸けたCLのシャフタール戦を控える中、ミランとのビッグマッチに臨む。首位キープのためにも、シャフタール戦に勢いを付ける意味でも勝利が欲しい。 ▽対する7位ミラン(勝ち点19)は前節サッスオーロ戦をスソのファインゴールなどもあって2-0と快勝し、公式戦3試合ぶりの勝利を飾った。何とかモンテッラ監督の首がつながったが、首位に立つナポリ相手に説得力のある戦いを見せられるか。ここで敗れるようだと解任報道が再燃しそうだ。 ▽前節トリノ戦では優勢に試合を運びながらも先制され、途中出場エデル弾で引き分けた3位インテル(勝ち点)は、9位アタランタ(勝ち点16)をホームに迎える。難敵との対戦となるが、勝利してナポリとユベントスをしっかり追走したい。日本代表としてブラジル戦とベルギー戦にフル出場して安定したパフォーマンスを見せた長友は先発予想となっている。 ▽最後にイグアインの公式戦4戦連発弾などで最下位のベネヴェントを逆転で退けた2位ユベントス(勝ち点31)は、水曜日にCLバルセロナ戦を控える中、難所ルイジ・フェラリスでサンプドリア撃破を目指す。痛恨のプレーオフ敗退でイタリア代表引退となったGKブッフォンにも注目したい一戦だ。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照 ◆セリエA第13節 ▽11/18(土) 《26:00》 ローマ vs ラツィオ 《28:45》 ナポリ vs ミラン ▽11/19(日) 《20:30》 クロトーネ vs ジェノア 《23:00》 SPAL vs フィオレンティーナ ベネヴェント vs サッスオーロ トリノ vs キエーボ サンプドリア vs ユベントス ウディネーゼ vs カリアリ 《28:45》 インテル vs アタランタ ▽11/20(月) 《28:45》 ヴェローナ vs ボローニャ 2017.11.18 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

UEFA、ローマに処分を科さず…チェルシーDFが人種差別を訴えるも証拠不十分で調査打ち切り

欧州サッカー連盟(UEFA)は、チャンピオンズリーグで人種差別的なチャントがあったとしてローマの調査を行っていたが、証拠不十分で調査終了となった。<br><br>10月18日に行われたチャンピオンズリーグのグループリーグ第3節で、ローマは敵地でチェルシーと対戦。しかし、3-3の引き分けに終わったこの試合で、今夏セリエAのクラブからイングランドに渡ったアントニオ・リュディガーは「ローマサポーターから人種差別的なチャントの被害に遭った」と訴えていた。<br><br>それを受け、UEFAは10月からローマに対して調査を行っていたものの、十分な証拠は見つからず、調査の打ち切りを決定。UEFA管理・倫理・規律委員会は17日「調査を終了する決定を下した」と声明を発表した。この決定により、ローマが制裁を課される可能性はなくなったようだ。<br><br>昨シーズンまでローマで2シーズンを過ごしたリュディガーは、チェルシーに移籍する前に「イタリアで人種差別は非常に深刻な問題」と話していた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.18 12:34 Sat
twitterfacebook
thumb

ナインゴランがローマ・ダービーの招集メンバー入り

▽ローマは17日、翌日に行われるラツィオとのローマ・ダービーに向けた招集メンバーを発表した。23人のリストの中にベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが含まれていた。 ▽ナインゴランは、9日に行われたベルギー代表のトレーニングで右足のそけい部に痛みを訴えて離脱し、メキシコ代表戦、日本代表戦を欠場していた。 ▽ローマの絶対的主力であるナインゴランは今季ここまでのセリエAで9試合に先発。1ゴール2アシストをマークしている。1ポイント差で追うラツィオとのダービーを前に心強い戦力が間に合った格好だ。 ▽一方でチェコ代表FWパトリック・シックはコンディションが整わずメンバーに入らなかった。 2017.11.18 04:14 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース