公式戦7連発のゼコがハット達成! 堅守ビジャレアル相手に敵地で4発圧勝のローマがベスト16進出に大前進!《EL》2017.02.17 07:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、ビジャレアルvsローマが16日に行われ、アウェイのローマが4-0で先勝した。

▽リーガエスパニョーラ屈指の堅守を誇るビジャレアル、セリエA屈指の攻撃力を誇るローマが対峙するラウンド32最注目の一戦。激戦となったグループLをオスマンルシュポルに次ぐ2位通過となったビジャレアルは、強豪ローマ撃破に向けて現状のベストメンバーを起用。2トップにはバカンブとサンソーネが並んだ。

▽一方、アストラやビクトリア・プルゼニらと同居したグループEを貫録の首位通過したローマは、直近のクロトーネ戦から先発3人を変更。GKにアリソンが入ったほか、デ・ロッシ、エル・シャーラウィが先発に復帰。3トップにはエル・シャーラウィ、ゼコ、ナインゴランが並んだ。

▽注目の強豪対決は、立ち上がりから攻守の切り替えが目まぐるしいオープンな展開で進んでいく。素早い帰陣と連動したプレスの応酬となり、互いに決定的なシーンまで至らないものの、ゼコのポストプレーと左サイドのエメルソン・パルミエリ、エル・シャーラウィのコンビを中心に攻勢を仕掛けるローマへと試合の流れが傾いていく。

▽31分には左サイドのエル・シャーラウィからのクロスをゴール前のゼコが打点の高いヘディングで合わせるが、これはGKアセンホの好守に遭う。それでも、ローマは直後の32分に左サイドでカスティジェホからボールを奪い、中央に切り込んだエメルソンが利き足とは逆の右足を振り抜くと、これがゴール右上隅の絶妙なコースに突き刺さり、アウェイチームが均衡を破った。

▽これで勢いに乗ったローマは、前半終了間際にもナインゴラン、エメルソンが続けて際どいシュートから追加点に迫るなど、良い形で前半を終えた。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ビハインドを追うビジャレアルが立ち上がりから仕掛ける。50分過ぎにはカウンターから中央をドリブルで持ち上がったバカンブが複数のDFを相手に強引に仕掛けてボックス付近でシュートも、これはシュートブロックに遭う。54分にはセットプレーの流れから右サイド深くのトリゲロスが上げたクロスを、ニアサイドのガスパールが頭で合わすが、ここはGKアリソンのビッグセーブに阻まれた。

▽後半に入って押し込まれる時間が続くローマは、62分にエル・シャーラウィを下げてサラーを投入。するとこの交代が2点目をもたらす。65分、右サイドでブルーノ・ペレスのスルーパスに抜け出したサラーが中央へ折り返すと、巧みなボディフェイントでDFムサッキオを外したゼコが右足のシュートを流し込んだ。

▽ゼコの公式戦7試合連続ゴールで貴重な追加点を奪ったローマは、アドリアン・ロペス、チェリシェフとアタッカーを送り込んできたビジャレアルを相手にきっちりゲームをコントロール。79分にはフアン・ジェズスのロングフィードに反応したゼコがDFとうまく入れ替わってゴール前に抜け出すと、強烈な右足のシュートを放つ。GKアセンホが何とか触るもボールは勢いを失わず、ゴールネットに吸い込まれた。

▽この3点目でベスト16進出に大きく近づいたローマは、86分にも左サイドに抜け出したナインゴランからパスを受けたボックス中央のゼコが反転シュートを流し込み、後半だけでハットトリック達成。絶好調のゼコの大活躍によって敵地で堅守ビジャレアルを粉砕したローマが、23日に行われるホームでの2ndレグを前にベスト16の切符をほぼ手中に収めた。

コメント

関連ニュース

thumb

オランダ代表戦で負傷のデ・ロッシ、強い打撲による皮下血腫と診断 来月5日のダービー出場が微妙に…

▽ローマは29日、28日のオランダ代表戦で負傷交代したイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが、強い打撲による皮下血腫と診断されたことを発表した。 ▽28日に行われたオランダとの国際親善試合にキャプテンマークを巻いて先発出場したデ・ロッシだったが、相手と接触した際に背中に強い打撲を負い、37分に負傷交代を強いられた。また、一部報道では試合後にスタジアムを出る際に松葉杖を使用していたことが伝えられ、重傷の可能性も指摘されていた。 ▽ローマは、29日に行われたデ・ロッシの診断結果に関して公式サイトで以下のように説明している。 「本日行われた検査の結果、ダニエレ・デ・ロッシは筋肉と皮下血腫が確認され、腸骨付近に鈍的外傷による後遺症と診断された」 「オランダ代表戦の37分に負傷交代した同選手は、既に適切なケアを受けており、今後毎日状態を観察することになる」 ▽現時点でデ・ロッシの詳しい離脱期間は判明していないが、4月2日に行われるセリエA第30節のエンポリ戦の欠場は決定的だ。また、同5日に行われるコッパ・イタリア準決勝2ndレグのラツィオとのダービーにも間に合わない可能性があるようだ。 ▽その一方で、同試合で対戦相手としてプレーし、ハーフタイムに言葉を交わしたローマの同僚MFケビン・ストロートマンは、イタリア『スカイ・スポルト』で、「(来月5日に予定される)ダービーに向けて悪いニュースかって? 彼は生粋のローマ人だ。間違いなくダービーでプレーするはずだ」と、同選手が間違いなくダービーへ出場すると主張している。 2017.03.29 22:55 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャ敏腕SDモンチ氏が今夏ローマ加入へ! 移籍市場の錬金術師が永遠の都へ

▽セビージャの敏腕スポーツ・ディレクター(SD)として知られるモンチ氏(48)が、来シーズンからローマに加入することで合意に達したようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』など、複数メディアが報じている。 ▽『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によると、昨年10月にワルテル・サバティーニ前SDとの契約を解消したローマは、その後釜として予てより噂があったモンチ氏の招へいに動いていたという。そして、これまで幾度も会合を重ねてきた両者は、28日にロンドンで行われる会合で3年契約での合意に達する見込みだ。 ▽なお、今回の会合にはローマ側からヨーロッパクラブ協会の会議に参加しているウンベルト・ガンディーニCEOを除き、ジェームズ・パロッタ会長、マウロ・バルディソーニGM、アレックス・ゼッカ氏、外部アドバイザーのフランコ・バルディーニ氏を始め、クラブ首脳が参加する予定だ。 ▽なお、昨年に今季限りでのセビージャ退団を発表していたモンチ氏には、レアル・マドリーやパリ・サンジェルマンを始め、多くのプレミアリーグのクラブなどが、引き抜きを画策していたが、最終的にローマが獲得に成功したようだ。 ▽選手の売買に関してヨーロッパ屈指のクラブであるセビージャの敏腕SDであるモンチ氏は、現役時代にセビージャでGKとしてプレーした後、1999年に31歳の若さで現役を引退。カンテラから現役引退までセビージャ一筋のキャリアを築いた同氏は、引退した翌年にSDに就任した。 ▽クラブからカンテラの充実と有能なタレントの獲得という2つの要求を受けたモンチ氏は、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやスペイン代表MFホセ・アントニオ・レジェス、スペイン代表MFヘスス・ナバス、スペイン代表DFアルベルト・モレーノなど錚々たるタレントをトップチームにデビューさせた。 ▽一方、外部からの補強ではブラジル代表DFダニエウ・アウベスや元マリ代表MFセイドゥ・ケイタ、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ、スペイン代表MFアレイシ・ビダルを安価な移籍金で獲得した後、獲得資金の倍以上でバルセロナに売却する見事な商才を発揮。 ▽近年の移籍市場でもFWカルロス・バッカやフランス代表FWケヴィン・ガメイロの取引でスポーツ面、経済面で多くの利益をもたらすなど、辣腕を発揮してきた。 2017.03.28 01:58 Tue
twitterfacebook
thumb

トッティ、心残りは「ロナウドとプレーできなかったこと」…最も相性が良かったのは?

ローマのレジェンド、FWフランチェスコ・トッティが23日、イタリアメディア『メディアセット』のテレビ番組に出演し、インタビューに応じた。<br><br>トッティは自身のキャリアを振り返り、最も心残りに思っていることとして、「(ブラジル代表の)怪物ロナウドと一緒にプレーできなかったことと、チャンピオンズリーグ(CL)で優勝できなかったことだ」を挙げた。<br><br>2011年に現役を引退したロナウドと、公式戦で一緒にプレーすることは不可能となった。CL優勝についても実現は難しいと考えている。<br><br>「もう無理だろうね。残された時間もないし、(ローマは)レアル・マドリーやバルセロナのレベルにはないからね」<br><br>また最も相性の良かったチームメートとして、現在無所属となっているFWアントニオ・カッサーノを挙げた。<br><br>「一緒にプレーできてラッキーだった。おかしな奴だけど、彼とが一番やり易かった。チームが見つからず、フリーになっているのは残念だ。実力の50%しか出せなかったけど、もしローマに残っていたら、オレとほぼ同じキャリアを送れただろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.24 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマDFマノラス代理人、残留を示唆しながらも「クラブによって決定される」

▽ローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(25)の代理人がマノラスの残留を示唆しながらも、同選手の将来はクラブに委ねられていることを強調した。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽2014年夏にオリンピアコスからローマに加入したマノラスは今シーズンここまで、リーグ戦で24試合に出場している。そんな同選手には現在、インテルやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなど欧州の複数クラブから獲得への関心が寄せられている。また、インテルが同選手獲得の交渉で口頭合意に達していると伝えられた。 ▽マノラスの代理人を務めるロアニス・エヴァンゲロプーロス氏は、言葉を濁しながらもマノラスの残留を示唆している。『Tuttomercatoweb』に話した。 「今はまだあまり言うことはできないが、コスタス(・マノラス)の将来については毎日話しているよ」 「インテルや他のクラブの噂はよく目にしたり、耳にしているよ。けど、彼はローマのままだよ。2019年6月30日まで契約が残っている。もう一度言おう。彼はローマの選手だ」 「彼がローマに留まるかって? それはクラブだけが答えられる質問だ。それでも、私は1つだけ言えることがある。彼の将来は、クラブによって決定される」 「もし、彼がこのクラブを離れる時が来るならば、それは彼らの選択だろう。どのクラブでもマノラスを獲得できる可能性はある。セリエA、日本や中国、他のリーグでさえね。だが、もしローマが彼を大切にするのであれば、我々にできることは何もないよ。彼には2019年まで契約が残っているからね」 2017.03.23 22:52 Thu
twitterfacebook
thumb

40歳トッティは来季も現役続行か…今季で契約満了も本人が新契約を示唆

ローマのバンディエラ、現在40歳のフランチェスコ・トッティが、もう1年間選手としてローマでプレーし続けることを示唆した。<br><br>トッティはイタリアのTV局『Canale 5』のインタビューで「ローマの取締役会でそういう話題があったみたいだけど、もう1年選手契約を新たに結ぶ可能性がある」と発言。<br><br>続けて「あるいは、代理人にでも転身して次のカンピオーネを見つける、ってこともあるかもね。いずれにしろ、僕はサッカー界での経験を生かしてこれからもサッカーに携わっていくことだけは確かだ」と、引退して代理人に転身する可能性についても含みを持たせている。<br><br>ローマの会長ジェームズ・パロッタ氏は先日、トッティに対してローマの監督として6年契約を打診する構想があることをメディアに明かしていた。<br><br>トッティが結んでいるローマとの契約は今年6月までの選手契約のみ。今シーズンはリーグ戦で11試合2ゴールの成績を残しているが、フル出場は1試合のみで、2ゴールはいずれもPKでのもの。<br><br>1992-93シーズンのトップデビューから、25シーズン目を迎えたトッティ。さらに新契約を結び、41歳になっても現役を続けているのか。はたまた、指揮官や代理人に転身するのか――。ローマの象徴トッティの来シーズンの去就について、近いうちに大きな発表がありそうだが、果たして&hellip;&hellip;。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 21:03 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース