超ワールドサッカー

公式戦7連発のゼコがハット達成! 堅守ビジャレアル相手に敵地で4発圧勝のローマがベスト16進出に大前進!《EL》2017.02.17 07:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、ビジャレアルvsローマが16日に行われ、アウェイのローマが4-0で先勝した。

▽リーガエスパニョーラ屈指の堅守を誇るビジャレアル、セリエA屈指の攻撃力を誇るローマが対峙するラウンド32最注目の一戦。激戦となったグループLをオスマンルシュポルに次ぐ2位通過となったビジャレアルは、強豪ローマ撃破に向けて現状のベストメンバーを起用。2トップにはバカンブとサンソーネが並んだ。

▽一方、アストラやビクトリア・プルゼニらと同居したグループEを貫録の首位通過したローマは、直近のクロトーネ戦から先発3人を変更。GKにアリソンが入ったほか、デ・ロッシ、エル・シャーラウィが先発に復帰。3トップにはエル・シャーラウィ、ゼコ、ナインゴランが並んだ。

▽注目の強豪対決は、立ち上がりから攻守の切り替えが目まぐるしいオープンな展開で進んでいく。素早い帰陣と連動したプレスの応酬となり、互いに決定的なシーンまで至らないものの、ゼコのポストプレーと左サイドのエメルソン・パルミエリ、エル・シャーラウィのコンビを中心に攻勢を仕掛けるローマへと試合の流れが傾いていく。

▽31分には左サイドのエル・シャーラウィからのクロスをゴール前のゼコが打点の高いヘディングで合わせるが、これはGKアセンホの好守に遭う。それでも、ローマは直後の32分に左サイドでカスティジェホからボールを奪い、中央に切り込んだエメルソンが利き足とは逆の右足を振り抜くと、これがゴール右上隅の絶妙なコースに突き刺さり、アウェイチームが均衡を破った。

▽これで勢いに乗ったローマは、前半終了間際にもナインゴラン、エメルソンが続けて際どいシュートから追加点に迫るなど、良い形で前半を終えた。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ビハインドを追うビジャレアルが立ち上がりから仕掛ける。50分過ぎにはカウンターから中央をドリブルで持ち上がったバカンブが複数のDFを相手に強引に仕掛けてボックス付近でシュートも、これはシュートブロックに遭う。54分にはセットプレーの流れから右サイド深くのトリゲロスが上げたクロスを、ニアサイドのガスパールが頭で合わすが、ここはGKアリソンのビッグセーブに阻まれた。

▽後半に入って押し込まれる時間が続くローマは、62分にエル・シャーラウィを下げてサラーを投入。するとこの交代が2点目をもたらす。65分、右サイドでブルーノ・ペレスのスルーパスに抜け出したサラーが中央へ折り返すと、巧みなボディフェイントでDFムサッキオを外したゼコが右足のシュートを流し込んだ。

▽ゼコの公式戦7試合連続ゴールで貴重な追加点を奪ったローマは、アドリアン・ロペス、チェリシェフとアタッカーを送り込んできたビジャレアルを相手にきっちりゲームをコントロール。79分にはフアン・ジェズスのロングフィードに反応したゼコがDFとうまく入れ替わってゴール前に抜け出すと、強烈な右足のシュートを放つ。GKアセンホが何とか触るもボールは勢いを失わず、ゴールネットに吸い込まれた。

▽この3点目でベスト16進出に大きく近づいたローマは、86分にも左サイドに抜け出したナインゴランからパスを受けたボックス中央のゼコが反転シュートを流し込み、後半だけでハットトリック達成。絶好調のゼコの大活躍によって敵地で堅守ビジャレアルを粉砕したローマが、23日に行われるホームでの2ndレグを前にベスト16の切符をほぼ手中に収めた。

コメント

関連ニュース

thumb

エル・シャーラウィ&サラーがダブルドッピエッタ、逆転勝利のローマが2位死守《セリエA》

▽ローマは20日、セリエA第37節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、5-3で勝利した。 ▽前節ユベントスに完勝して2位を死守したローマ(勝ち点81)は、3位ナポリが1ポイント差で追走してくる中、コンディション不良のナインゴランがベンチスタートとなった。 ▽残留が決まってモチベーションに欠ける13位キエーボ(勝ち点43)に対し、立ち上がりから攻勢に出たローマは8分、サラーのコントロールシュートが枠を捉えたが、GKソレンティーノのファインセーブに阻まれる。 ▽しかし15分、一瞬の隙を突かれて失点する。右クロスの浮いたルーズボールをボックス中央のL・カストロにボレーで蹴り込まれた。 ▽続く18分にビルサのミドルシュートでゴールを脅かされたローマは、その後もボールを保持していくも、自陣に引くキエーボを崩せない状況が続いた。それでも28分、ファシオのヘディングでのクリアがルーズとなると、これに反応したエル・シャーラウィがディフェンスライン裏を独走。GKをかわしてシュートを流し込んだ。 ▽エル・シャーラウィの3試合連続ゴールで試合を振り出しに戻したローマだったが、37分に失点する。ビルサの左クロスからフリーとなっていたイングレーゼに頭で決められてしまった ▽再び追う展開とったローマは41分にゼコのヘッドでの落としに反応したサラーのゴール至近距離からのシュートはGKソレンティーノの正面を突いてしまう。それでも42分、ドリブルでボックス右に侵入したサラーの放ったシュートがDFに微かにディフレクトすると、これがゴール左に決まって2-2とし、前半を終えた。 ▽迎えた後半、引き続きローマが圧力をかけると、58分に勝ち越しに成功する。ストロートマンのスルーパスに抜け出したエル・シャーラウィがボックス右へ進入。確実にGKとの一対一を制した。リプレーで見ると、エル・シャーラウィはオフサイド気味だったが、ゴールは認められた。 ▽その後、キエーボの圧力を受け始めたことで、エル・シャーラウィに代えてナインゴランを投入したローマは、77分に勝負を決定付ける。ゼコの縦パスを受けたサラーがペナルティアーク左から放ったコントロールシュートがゴール左隅に決まった。 ▽さらに83分、ゼコがミドルシュートを叩き込んだローマはトッティを投入。CKからイングレーゼにゴールを許したものの5-3と勝利し、2位を死守している。 2017.05.21 02:52 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ナインゴラン獲得へ?

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ローマのベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(29)の獲得を狙っている模様だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽同メディアによると、ユナイテッドは、同じくナインゴランに関心を寄せていると伝えられてきたチェルシーに対抗する構えのようだ。しかし、同クラブは獲得にいたっては、まだ初期の段階だ。どのオファーもローマを納得させるようなものではないという。 ▽昨年、チェルシーはナインゴランを獲得するために幾つかの手段を用いた。最終的には3400万ポンド(現在のレートで48億9000万円)とも言われる移籍金を用意したが、破談に終わったようだ。 ▽そのナインゴランは3月に、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督からの関心について、以下のようにコメントしている。 「彼と話をしたよ。彼らは本当に僕に興味を持っていて、本気でチームに誘ってくれた。僕からはもうこれ以上何も言うことはないよ」 2017.05.18 22:22 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがU-19イタリア代表FWトゥッミネッロとの契約を2022年まで延長

▽ローマは17日、U-19イタリア代表FWマルコ・トゥッミネッロ(18)との契約延長を発表した。新契約は2022年6月30日までとなる。 ▽トゥッミネッロはローマの下部組織出身で、2016年にトップチームに昇格すると、同年1月26日に行われたセリエA第18節のキエーボ戦でトップチームデビューを果たした。今シーズンは、プリマヴェーラのローマU-19でプレーし、ここまで公式戦28試合に出場し、28ゴールを記録。チームのコッパ・イタリア・プリマヴェーラとスーペルコッパ・プリマヴェーラの獲得に大きく貢献している。 ▽また、世代別のイタリア代表を経験しているトゥッミネッロは、U-19イタリア代表として7試合に出場し1ゴールを記録していた。 2017.05.18 02:41 Thu
twitterfacebook
thumb

リッピ、ローマが発表のトッティ引退に疑問「彼から聞いていない。彼が言うべきこと」

中国代表監督を務めるマルチェロ・リッピが15日、イタリア国営放送『RAI』のラジオ番組に出演し、ローマのFWフランチェスコ・トッティについて自身の見解を述べた。<br><br>トッティは今シーズン終了後、選手としての役目を終え、先月からローマのスポーツディレクター(SD)に就任したモンチ氏の右腕となる予定だ。しかしこの決定の発表がモンチSDによるもので、本人の口からは一切明らかにされていないため波紋を呼んでいる。<br><br>過去にイタリア代表監督として、トッティを指導した経験のあるリッピもこの判断には疑問を呈している。「10日ほど前、フランチェスコと話をしたが、引退については話さなかった。皆はトッティが引退すると言っているが、彼の口からこの言葉は出てきていない」と述べ、直接話をする機会があったものの、本人の口からは&ldquo;引退&rdquo;の言葉がなかったことを明かした。<br><br>また「彼のように街のシンボルであり、偉大な選手なのだから、引退について他の誰かが言うべきではない」と話し、レジェンドであるトッティには自身で引退を発表できる自由が認められるべきだと考えている。<br><br>なおこの件については、ローマでプレー経験のあるバイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督も「私の意見としては、いつ引退するかは彼自身が決めるべきだと思う。他の者が引退をいつにするかなどと彼に指図するべきではない」と意見を述べていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.16 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

同点ゴールのデ・ロッシ、2位を争うナポリの勝利を受けて「ユーベ戦は結果が必要だった」

▽ローマのイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが、14日に行われたセリエA第36節のユベントス戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽リーグ6連覇に王手をかけているユベントスをホームに迎えたローマは、21分に先制を許してしまう。しかし25分にデ・ロッシのゴールで同点として試合を折り返すと、56分にはエル・シャーラウィ、65分にはナインゴランが加点して逆転勝利を飾った。 ▽試合を振り返ったデ・ロッシは、2位争いをしているナポリが勝利していただけに、ユベントス戦は負けられない試合だと考えていたようだ。 「試合前にナポリが勝利していたので、僕らにとっては結果を残すことが大事だった。一方でユーベはドローでも良い状態だった。だから僕たちは多くの犠牲を払って戦わなければいけなかった。ただ、それが素晴らしい結果をもたらしてくれたね」 「今日はファンの後押しも素晴らしいものだった。素晴らしい雰囲気の中でプレーできたよ。あの雰囲気は、相手チームにプレッシャーを与えられる。ファンたちのお陰で勝利できたようなものだ」 2017.05.15 09:23 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース