公式戦7連発のゼコがハット達成! 堅守ビジャレアル相手に敵地で4発圧勝のローマがベスト16進出に大前進!《EL》2017.02.17 07:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、ビジャレアルvsローマが16日に行われ、アウェイのローマが4-0で先勝した。

▽リーガエスパニョーラ屈指の堅守を誇るビジャレアル、セリエA屈指の攻撃力を誇るローマが対峙するラウンド32最注目の一戦。激戦となったグループLをオスマンルシュポルに次ぐ2位通過となったビジャレアルは、強豪ローマ撃破に向けて現状のベストメンバーを起用。2トップにはバカンブとサンソーネが並んだ。

▽一方、アストラやビクトリア・プルゼニらと同居したグループEを貫録の首位通過したローマは、直近のクロトーネ戦から先発3人を変更。GKにアリソンが入ったほか、デ・ロッシ、エル・シャーラウィが先発に復帰。3トップにはエル・シャーラウィ、ゼコ、ナインゴランが並んだ。

▽注目の強豪対決は、立ち上がりから攻守の切り替えが目まぐるしいオープンな展開で進んでいく。素早い帰陣と連動したプレスの応酬となり、互いに決定的なシーンまで至らないものの、ゼコのポストプレーと左サイドのエメルソン・パルミエリ、エル・シャーラウィのコンビを中心に攻勢を仕掛けるローマへと試合の流れが傾いていく。

▽31分には左サイドのエル・シャーラウィからのクロスをゴール前のゼコが打点の高いヘディングで合わせるが、これはGKアセンホの好守に遭う。それでも、ローマは直後の32分に左サイドでカスティジェホからボールを奪い、中央に切り込んだエメルソンが利き足とは逆の右足を振り抜くと、これがゴール右上隅の絶妙なコースに突き刺さり、アウェイチームが均衡を破った。

▽これで勢いに乗ったローマは、前半終了間際にもナインゴラン、エメルソンが続けて際どいシュートから追加点に迫るなど、良い形で前半を終えた。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ビハインドを追うビジャレアルが立ち上がりから仕掛ける。50分過ぎにはカウンターから中央をドリブルで持ち上がったバカンブが複数のDFを相手に強引に仕掛けてボックス付近でシュートも、これはシュートブロックに遭う。54分にはセットプレーの流れから右サイド深くのトリゲロスが上げたクロスを、ニアサイドのガスパールが頭で合わすが、ここはGKアリソンのビッグセーブに阻まれた。

▽後半に入って押し込まれる時間が続くローマは、62分にエル・シャーラウィを下げてサラーを投入。するとこの交代が2点目をもたらす。65分、右サイドでブルーノ・ペレスのスルーパスに抜け出したサラーが中央へ折り返すと、巧みなボディフェイントでDFムサッキオを外したゼコが右足のシュートを流し込んだ。

▽ゼコの公式戦7試合連続ゴールで貴重な追加点を奪ったローマは、アドリアン・ロペス、チェリシェフとアタッカーを送り込んできたビジャレアルを相手にきっちりゲームをコントロール。79分にはフアン・ジェズスのロングフィードに反応したゼコがDFとうまく入れ替わってゴール前に抜け出すと、強烈な右足のシュートを放つ。GKアセンホが何とか触るもボールは勢いを失わず、ゴールネットに吸い込まれた。

▽この3点目でベスト16進出に大きく近づいたローマは、86分にも左サイドに抜け出したナインゴランからパスを受けたボックス中央のゼコが反転シュートを流し込み、後半だけでハットトリック達成。絶好調のゼコの大活躍によって敵地で堅守ビジャレアルを粉砕したローマが、23日に行われるホームでの2ndレグを前にベスト16の切符をほぼ手中に収めた。

コメント

関連ニュース

thumb

前節デビューのローマFWシックが再負傷…ベネヴェント戦欠場へ

▽ローマのチェコ代表FWパトリック・シックが、再び離脱を強いられることになりそうだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽今夏の移籍市場でサンプドリアからクラブレコードの総額4200万ユーロ(約54億8000万円)でローマに加入したシックだが、今月8日に負傷。精密検査の結果、左大腿四頭筋に若干の炎症と筋肉の張りが確認され、先日のアトレティコ・マドリーとのチャンピオンズリーグ初戦を欠場した。それでも、前節のヴェローナ戦では途中出場でローマでのセリエAデビューを飾っていた。 ▽20日に行われるセリエA第5節のベネヴェント戦では移籍後初ゴールも期待されたシックだが、『フットボール・イタリア』によると、トレーニング中に再び負傷したようだ。 ▽報道によると、シックはトレーニング中に臀部に違和感を覚えた模様。トレーニングを切り上げ、診察を行ったとしている。なお、今後さらに詳しい検査が行われるようで、その結果をクラブ側が判断するだろうとしている。 2017.09.19 10:36 Tue
twitterfacebook
thumb

フロレンツィが2度の大ケガ乗り越え11カ月ぶりの復帰! 「11カ月の休暇から戻ってきた」

▽ローマに所属するイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィが、16日に行われたセリエA第4節のヴェローナ戦で昨年10月以来の公式戦出場を果たした。 ▽フロレンツィは昨年10月末に行われたセリエA第10節のサッスオーロ戦で左ヒザ前十字じん帯を断裂。その後、手術に踏み切った同選手は、12月下旬にランニングを開始する驚異の回復力を見せていた。しかし、復帰目前の今年2月にプリマヴェーラの練習に参加していたフロレンツィは、左ヒザ前十字じん帯を再度負傷。再び長期離脱を強いられていた。 ▽その後、今月初めのシャペコエンセとのチャリティーマッチで実戦復帰を果たしたフロレンツィは、今回のヴェローナ戦で約11カ月ぶりの公式戦出場。右サイドバックでフル出場した同選手は、正確なクロスからFWエディン・ゼコのゴールをアシストし、3-0の快勝に大きく貢献した。 ▽同試合後、フロレンツィはイタリア『Mediaset Premium』で復帰の喜びを語った。 「今日は11カ月の休暇から戻ってきたような、プレーを見せたかったんだ。今日はたくさん走り、皆さんの前でこうやって話せることを嬉しく思っているよ」 「2度目の負傷は本当にショックだったし、正直これまでの離脱期間は簡単なものではなかったよ。でも、今回の負傷を通じて多くのことを学んだし、より強い人間になれたと思う」 「妻と娘は離脱期間に僕の助けとなってくれた。まだ、その感謝を伝えきれていないんだ。とにかく、家に帰るのが待ち遠しいし、帰ったら彼女たちを抱きしめたいと思っているよ」 「代表への復帰が今後の目標だけど、今はローマで良いプレーをすることだけを考えている。それは僕にとってとても誇り高いことなんだ」 ▽最後に、フロレンツィはイタリア代表の同僚であり、先日に自身と同じ前十字じん帯断裂の重傷を負ったミランDFアンドレア・コンティに励ましのエールを送っている。 「今回の機会を通じて、アンドレア・コンティの幸運を願っていることを伝えたい」 2017.09.17 16:03 Sun
twitterfacebook
thumb

ゼコのドッピエッタなどでローマがヴェローナに快勝《セリエA》

▽ローマは16日、セリエA第4節でヴェローナをホームに迎え、3-0で快勝した。 ▽前節サンプドリア戦が大雨の影響で延期となったローマは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を0-0で終えた。そのアトレティコ戦のスタメンから5選手を変更。ペロッティやストロートマンがベンチスタートとなって、ヒザを負傷して長期離脱していたフロレンツッが今季初先発となった他、ジェンギズやペッレグリーニといった新戦力もスタメンとなった。 ▽3トップに右からジェンギズ、ゼコ、エル・シャーラウィと配置する[4-3-3]で臨んだローマが立ち上がりから攻勢に出ると、9分に決定機。ペッレグリーニのスルーパスを受けたゼコがボックス中央に侵入。しかし、シュートはGKにセーブされてしまった。続く17分にはナインゴランのスルーパスをボックス右で受けたジェンギズが右足でシュート。だが、ボールは右ポストを直撃した。 ▽それでも大雨が降り出してきた中、22分にゴールをこじ開ける。ショートカウンターに転じ、ゼコ、エル・シャーラウィとつないで最後はボックス内に走り込んだナインゴランがGKとの一対一を制した。 ▽その後、30分にベッサのミドルシュートでゴールを脅かされるもわずかに枠の左に外れて助かると、34分に突き放す。右サイドを上がったフロレンツィが切り返しでDFを外し、左足でクロス。これをファーサイドのゼコが頭で流し込んだ。 ▽迎えた後半も主導権を握るローマは、61分にコラロフのアーリークロスに反応したゼコがスライディングシュートで流し込み3-0とした。 ▽そして、66分にはスープライェンが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、ローマは数的優位となった。終盤にかけても危なげなく試合を運んだローマが3-0で快勝。今季2勝目を挙げている。 2017.09.17 05:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマが今夏の移籍市場を賑わせたマノラスと最大2022年まで契約延長締結へ?

▽ローマがギリシャ代表DFコスタス・マノラス(26)との新契約の締結に近づいているようだ。イタリア『tuttomercatoweb』が報じた。 ▽ローマとの現行契約が2019年6月までとなっているマノラス。伝えられるところによると、2021年まで契約を延長することが濃厚となっており、3500万ユーロ(約46億2000万円)のリリース条項が含まれているとのこと。また、1年間の延長オプションも付随しているようだ。 ▽マノラスは、2014年8月にオリンピアコスからローマに加入。以降、189cmという体格と鋭い読み、抜群の瞬発力を武器にローマのディフェンスラインに君臨し続けている。 ▽昨シーズンはセリエAの33試合に出場し、リーグ最少の3敗という成績に大きく貢献。そんなマノラスには今夏の移籍市場でゼニトやユベントスから関心を寄せられていた。また、ゼニトに関しては、クラブ間合意に達した後、メディカルチェックを予定していたものの、マノラスはその場に現れず、結局移籍は実現しなかった。そんな中迎えた今シーズンは、ここまで公式戦3試合にフル出場を果たしている。 2017.09.16 13:43 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコの守備力に脱帽するモレーノ「得点するのは、ほとんどミッション・インポッシブルだ」

ローマは12日のチャンピオンズリーグ・グループステージ初戦で本拠地オリンピコにアトレティコ・マドリーを迎える。DFエクトル・モレーノはアトレティコの守備力を称賛した。<br><br>21年ぶりに公式戦の舞台で顔を合わせるアトレティコとローマ。だがモレーノはPSV所属時に2015-16シーズン、昨シーズンと2季連続でアトレティコと対戦した経験がある。<br><br>今夏ローマへの移籍を果たしたモレーノは、ディエゴ・シメオネ監督率いるチームについて以下のように話している。<br><br>「アトレティコとの対戦は、本当に難しい。彼らはチームメート同士が完璧に理解し合っている」<br><br>「共通理解があるというのが、彼らの大きな強みだ。アトレティコから得点を奪うのは、ほとんどミッション・インポッシブルだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.13 14:32 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース