バイエルンがお得意様アーセナルを5発粉砕で先勝《CL》2017.02.16 06:46 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのバイエルンvsアーセナルが15日にアリアンツ・アレーナで行われ、5-1でバイエルンが先勝した。

▽グループDをアトレティコ・マドリーに次ぐ2位で通過したバイエルンは、ブンデスリーガでは首位を快走中。そのバイエルンは2-0と辛勝した直近のインゴルシュタット戦でベンチスタートとしたロッベンとドグラス・コスタを先発に戻し、不調のミュラーではなくチアゴをスタメンで起用した。

▽一方、グループAでパリ・サンジェルマンを抑えて5シーズンぶりに首位通過したアーセナルは、プレミアリーグで首位チェルシーから10ポイント差の3位に付ける。そのアーセナルは直近のハル・シティ戦で2-0と辛勝し、リーグ戦での連敗を2で止めた中、7シーズンぶりの8強進出を目指すバイエルン戦に向けて、不調のエジルを先発で起用。その他、退場処分を受けて公式戦ここ4試合欠場していたジャカが先発となった。

▽徐々にポゼッションを高めていったバイエルンは、サイド攻撃を起点に押し込んでいく。ロッベンとドグラス・コスタにボールを当て、サイドバックのオーバーラップを絡めて打開を図った。8分にはビダルがミドルシュートでGKオスピナを強襲すると、11分に先制した。右サイドからカットインしたロッベンがボックス手前右から左足を一閃。完璧にコントロールされたシュートがゴール左上に決まった。先制後も攻勢を続けるバイエルンは敵陣で試合を進め、ロッベンが引き続きカットインの形から追加点を狙っていく。

▽一方、劣勢のアーセナルは27分にエジルの直接FKでゴールに迫ると、29分にPKを獲得。CKの流れからボックス内のコシエルニーがクリアにかかったレヴァンドフスキの振り上げた足にスパイク裏を蹴られた。キッカーを任されたサンチェスは枠の左を狙ったが、GKノイアーに止められてしまう。弾かれたこぼれ球をミートしきれなかったサンチェスだったが、ルーズとなったボールを胸トラップで処理し、冷静にゴール左へ流し込んだ。

▽1-1となって迎えた前半終盤は互いにゴールへ迫る。まずは40分、アーセナルは右クロスに合わせたジャカのボレーシュートがGKノイアーを強襲。一方のバイエルンは43分にアラバの左クロスからレヴァンドフスキがヘディングシュートを放てば、45分にはシャビ・アロンソのFKからフンメルスがヘディングシュートでゴールに近づいた。前半追加タイム1分にはアーセナルに決定機。ボックス左へ抜け出したエジルがGKノイアーと一対一となったが決めきれず、前半を1-1で終えた。

▽迎えた後半開始4分、アーセナルにアクシデント。右足を負傷したコシエルニーがプレー続行不可能となってガブリエウを投入せざるを得なくなった。すると53分、バイエルンが勝ち越す。右サイドからのラームのクロスをムスタフィに競り勝ったレヴァンドフスキが滞空時間の長いヘッドでゴール右へ流し込んだ。

▽さらに56分、バイエルンが一気に突き放す。シャビ・アロンソのクサビのパスをレヴァンドフスキがダイレクトヒールで流すと、これに反応したボックス右のチアゴがゴール左へ流し込んだ。

▽続く61分にレヴァンドフスキのシュートがディフレクトしてバーを直撃したバイエルンは、直後にもハビ・マルティネスの強烈なヘディングシュートでGKオスピナを強襲。これはファインセーブに阻まれたが、63分に決定的な4点目を奪ってしまう。CKの混戦からペナルティアーク中央のチアゴが胸トラップからシュート。ジャカに当たってディフレクトしたボールがゴールへ吸い込まれた。

▽その後も攻め手を緩めないバイエルンはビダルのミドルシュートでGKオスピナを強襲。コクランに代えてジルーを投入してきたアーセナルを一方的に攻め続けると、ロッベンやドグラス・コスタのシュートはGKオスピナの好守に阻止されたが、88分にチアゴのパスを受けたボックス右のミュラーが切り返しでDF2人をかわしてゴールへ流し込み5-0。1stレグで勝負を決定付ける圧勝を飾った。2ndレグはアーセナルのホームで3月7日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

ラーム、ライバルの不甲斐なさに苦言…バイエルンの一強時代は「僕らだけの責任ではない」

バイエルンに所属する元ドイツ代表DFフィリップ・ラームは、ライバルであるドルトムントの戦いぶりに苛立ちを隠せないようだ。ドイツ『シュテルン』が報じた。<br><br>今シーズンのブンデスリーガも残るところ9試合となり、終盤に差し掛かっている。首位のバイエルンはすでに2位のRBライプツィヒと勝ち点13差をつけ、独走態勢に入った。一方、シーズン前バイエルンの最大のライバルとなりうると見られたドルトムントはライプツィヒより3ポイント少ない3位となっている。ラームはドルトムントを「才能あるチーム」としながら、勝ち点を取りこぼし続けている状況にイライラしているようだ。<br><br>「彼らは信じられないくらいのタレントを抱えているのだから、もっとブンデスリーガのタイトルレースを白熱したものにできたんだ。ブンデスリーガの残りの試合はクオリティに欠けるものとなる言わなければならないね」<br><br>「バイエルンだけに&ldquo;責任&rdquo;があるとは思わない。25試合を終えて、13ポイントも差をつけているということは、シャルケやヴォルフスブルクのようなチームが一貫して勝てていないということを意味するんだ。僕らが2位や4位に終わったシーズンと財政的な状況は変わっていないはずなのにね」<br><br>バイエルンの一強となっていることには他チームの不振も影響していると考えているラーム。ブンデスリーガではタイトルをほぼ手中に収めているため、欧州の舞台に集中することができるが、バイエルンは過去3シーズン、同じ状況下で準決勝敗退の憂き目に遭っている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.30 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンがグリーズマン獲得レースでポールポジション! 再びユナイテッドを出し抜くか

▽バイエルンが、アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(25)の獲得レースでポールポジションにいるようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 ▽アトレティコとフランス代表の絶対的エースとして活躍するグリーズマンには、今夏のメガクラブ行きの可能性が盛んに報じられている。その中で移籍金6000万ポンド(約82億8000万円)、週給30万ポンド(約4100万円)の巨額オファーを準備しているといわれるマンチェスター・ユナイテッドが有力な移籍先候補とみられている。 ▽しかし、移籍市場のスペシャリストとして知られるイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は、バイエルンがグリーズマンの獲得レースでポールポジションにいると主張している。 ▽バイエルンでは、元フランス代表MFフランク・リベリ(33)、オランダ代表FWアリエン・ロッベン(33)の主力2選手に加齢による衰えが見られており、タイプこそ異なるものの、2列目の複数ポジションをこなせるグリーズマンは、“ロッベリー”の後釜に打ってつけの人材だ。また、万能型ストライカーであるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(28)との相性も申し分ないはずだ。 ▽ユナイテッドとバイエルンでは、昨年夏の移籍市場でユナイテッド行き確実とみられていたポルトガル代表MFレナト・サンチェス(19)を、バイエルンが見事な手際で出し抜き、獲得した実績もあり、今回もグリーズマン獲得にこぎ着けるのか。 2017.03.30 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

過去に受けたオファーを明かすリベリ「すべてのビッグクラブが僕をほしがっていた」

元フランス代表MFフランク・リベリはバイエルンから移籍しなかったことを後悔していないようだ。ドイツ誌『キッカー』とのインタビューで、過去に多くのビッグクラブからオファーが届きながらもりを入れてきたことを明かしている。<br><br>2007年夏にマルセイユから加入したバイエルンで、現在10シーズン目を過ごしているリベリは、現メンバーの所属年数においてはDFフィリップ・ラームに次ぐクラブキャリアを送っている。しかし選手本人の話によれば、加入から1~2年後にバイエルンを離れる可能性があったという。<br><br>「2008~2009年だったかな。すべてのビッグクラブが僕のことをほしがっていたね。ユベントス、インテル、ミラン、バルサ、レアル、チェルシー、マンチェスター&hellip;。もちろん当時は移籍を考えさせられたが、今はウリ・ヘーネス(会長)やカール=ハインツ・ルンメニゲ(CEO)に感謝しかない。彼らとたくさん話し合ったからね。僕は10年間ここにいるけど、すべてを勝ち取ってきた。家族も元気だし、僕は幸せだよ」<br><br>4月7日に34歳の誕生日を控えるリベリだが、バイエルンとの現行契約は2018年まで。今後の去就については、このように語った。<br><br>「ずっと言ってきたが、バイエルンは僕のヨーロッパでの最後のクラブだ。34~35歳にもなれば他の選手のために場所を空けなければいけないかもしれないが、それもフットボール。そうすれば中国やドバイ、カタールやアメリカもオプションになる。まだサッカーを続けたければ、そうしない理由がない」<br><br>リベリは現役生活を終えた後に、ミュンヘンで生活を続けることも考えているようだ。バイエルンでどのような役割を務めたいかと質問されると、「まったく分からないよ(笑)。ウリ(・ヘーネス)やカッレ(・ルンメニゲ)に、クラブに僕の居場所を用意してくれるのか聞いてくれ」と返答。<br><br>また監督業については「自分の専門分野じゃないからね。ただ子供のコーチはやるかもしれない。そういうことは楽しめるし、子供たちは笑顔を見せてくれる」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.27 21:42 Mon
twitterfacebook
thumb

青年監督ナーゲルスマンは将来的にバイエルンへ?ヘーネス会長が言及

バイエルン・ミュンヘンのウリ・ヘーネス会長が、ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督についてコメントを残した。『シュポルト1』が報じている。<br><br>ナーゲルスマン監督は2015-16シーズン途中、ブンデスリーガ史上最年少監督としてホッフェンハイムの指揮官に就任した。すると下位に低迷するチームを立て直し、ブンデスリーガ残留を達成。今シーズンは第25節を終えた時点で4位とチームを上位に導いている。<br><br>バイエルンの女子チームは23日、女子チャンピオンズリーグ準決勝でパリ・サンジェルマンと対戦した。観戦に訪れたヘーネス会長はナーゲルスマン監督について「彼は将来確実にバイエルンの監督候補として名前が挙がる存在となるだろう」とすでに注目していることを明かした。<br><br>ナーゲルスマン監督も試合観戦にミュンヘンを訪れていたが、ヘーネス会長は「話し合いを行うならば大っぴらには行わない」とナーゲルスマン監督と将来についての話し合いを行っていないと明かした。<br>提供:goal.com 2017.03.25 21:28 Sat
twitterfacebook
thumb

CLレアル戦に自信を見せるレヴァンドフスキ「全タイトルが獲得可能だ」

ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、バイエルンがレアル・マドリーに勝るとも劣らないクラブだと考えている。<br><br>「大きな成功を掴む上で、バイエルンはレアルと同じくらいチャンスがあるクラブだ。僕にとって、バイエルンは目標としてきたクラブだよ。今シーズンを見ればわかるが、全タイトルが獲得可能だね」<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグ準々決勝でレアルと対戦する。CLに関してレヴァンドフスキは「大きなモチベーションだ。CLで優勝するためにベストを尽くしている。ほとんどの選手にケガが無く、調子が良いのが僕らの強みだ」<br><br>レヴァンドフスキはまず26日、ポーランド代表としてW杯欧州予選でモンテネグロと戦う。シーズン終盤戦に向けて勢いを付ける活躍が期待される。<br><br>提供:goal.com 2017.03.23 12:15 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース