バイエルンがお得意様アーセナルを5発粉砕で先勝《CL》2017.02.16 06:46 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのバイエルンvsアーセナルが15日にアリアンツ・アレーナで行われ、5-1でバイエルンが先勝した。

▽グループDをアトレティコ・マドリーに次ぐ2位で通過したバイエルンは、ブンデスリーガでは首位を快走中。そのバイエルンは2-0と辛勝した直近のインゴルシュタット戦でベンチスタートとしたロッベンとドグラス・コスタを先発に戻し、不調のミュラーではなくチアゴをスタメンで起用した。

▽一方、グループAでパリ・サンジェルマンを抑えて5シーズンぶりに首位通過したアーセナルは、プレミアリーグで首位チェルシーから10ポイント差の3位に付ける。そのアーセナルは直近のハル・シティ戦で2-0と辛勝し、リーグ戦での連敗を2で止めた中、7シーズンぶりの8強進出を目指すバイエルン戦に向けて、不調のエジルを先発で起用。その他、退場処分を受けて公式戦ここ4試合欠場していたジャカが先発となった。

▽徐々にポゼッションを高めていったバイエルンは、サイド攻撃を起点に押し込んでいく。ロッベンとドグラス・コスタにボールを当て、サイドバックのオーバーラップを絡めて打開を図った。8分にはビダルがミドルシュートでGKオスピナを強襲すると、11分に先制した。右サイドからカットインしたロッベンがボックス手前右から左足を一閃。完璧にコントロールされたシュートがゴール左上に決まった。先制後も攻勢を続けるバイエルンは敵陣で試合を進め、ロッベンが引き続きカットインの形から追加点を狙っていく。

▽一方、劣勢のアーセナルは27分にエジルの直接FKでゴールに迫ると、29分にPKを獲得。CKの流れからボックス内のコシエルニーがクリアにかかったレヴァンドフスキの振り上げた足にスパイク裏を蹴られた。キッカーを任されたサンチェスは枠の左を狙ったが、GKノイアーに止められてしまう。弾かれたこぼれ球をミートしきれなかったサンチェスだったが、ルーズとなったボールを胸トラップで処理し、冷静にゴール左へ流し込んだ。

▽1-1となって迎えた前半終盤は互いにゴールへ迫る。まずは40分、アーセナルは右クロスに合わせたジャカのボレーシュートがGKノイアーを強襲。一方のバイエルンは43分にアラバの左クロスからレヴァンドフスキがヘディングシュートを放てば、45分にはシャビ・アロンソのFKからフンメルスがヘディングシュートでゴールに近づいた。前半追加タイム1分にはアーセナルに決定機。ボックス左へ抜け出したエジルがGKノイアーと一対一となったが決めきれず、前半を1-1で終えた。

▽迎えた後半開始4分、アーセナルにアクシデント。右足を負傷したコシエルニーがプレー続行不可能となってガブリエウを投入せざるを得なくなった。すると53分、バイエルンが勝ち越す。右サイドからのラームのクロスをムスタフィに競り勝ったレヴァンドフスキが滞空時間の長いヘッドでゴール右へ流し込んだ。

▽さらに56分、バイエルンが一気に突き放す。シャビ・アロンソのクサビのパスをレヴァンドフスキがダイレクトヒールで流すと、これに反応したボックス右のチアゴがゴール左へ流し込んだ。

▽続く61分にレヴァンドフスキのシュートがディフレクトしてバーを直撃したバイエルンは、直後にもハビ・マルティネスの強烈なヘディングシュートでGKオスピナを強襲。これはファインセーブに阻まれたが、63分に決定的な4点目を奪ってしまう。CKの混戦からペナルティアーク中央のチアゴが胸トラップからシュート。ジャカに当たってディフレクトしたボールがゴールへ吸い込まれた。

▽その後も攻め手を緩めないバイエルンはビダルのミドルシュートでGKオスピナを強襲。コクランに代えてジルーを投入してきたアーセナルを一方的に攻め続けると、ロッベンやドグラス・コスタのシュートはGKオスピナの好守に阻止されたが、88分にチアゴのパスを受けたボックス右のミュラーが切り返しでDF2人をかわしてゴールへ流し込み5-0。1stレグで勝負を決定付ける圧勝を飾った。2ndレグはアーセナルのホームで3月7日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

今季限りで引退のラーム、DFBポカール敗退に「大きな失望」

▽バイエルンの元ドイツ代表DFフィリップ・ラームが、26日に行われたDFBポカール準決勝のドルトムント戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ホームのアリアンツ・アレーナにドルトムントを迎えたバイエルンは、1点ビハインドの28分にハビ・マルティネスのゴールで同点とする。さらに41分にはフンメルスが古巣からゴールを奪い、逆転して前半を終えた。ところが、69分に同点とされるとその5分後には勝ち越しを許す。そのまま試合は終了し、1度は逆転したバイエルンだが、再逆転を許して準決勝敗退となった。 ▽今シーズン限りで現役を引退すると発表しているラームは、決勝進出を逃したことに悔しさをにじませた。さらに、前半のうちに2点差とするべきだったと試合を振り返っている。 「本当に大きな失望だよ。僕たちは野心を持って試合に入ったけれど、それが表れたのは15分後だった。決勝を戦いたかっただけにとても残念だ。仕方がないけれど、うまくいかなかったね」 「今日は立ち上がりの15分が良くなかったと思っている。十分なパフォーマンスではなかった。そこから徐々に取り戻せたけれど、やはり2点差にしなければいけなかったと思う。僕らが2点リードしていれば、どんな相手でも勝つのは難しいはずだからね」 2017.04.27 08:58 Thu
twitterfacebook
thumb

CLに続きDFBポカールでも敗退のアンチェロッティ「ブンデスリーガだけに集中する」

▽バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督が、26日に行われたDFBポカール準決勝のドルトムント戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽決勝進出をかけて臨んだ一戦で、バイエルンは19分に失点を喫する。しかし28分にハビ・マルティネス、41分にフンメルスのゴールで逆転して前半を終えた。ところが、69分に同点とされると、74分には勝ち越しを許す。その後はゴールを奪えず、2-3と逆転負けを喫した。 ▽試合を振り返ったアンチェロッティ監督は、逆転負けに失望を露にした。しかし切り替えて、ブンデスリーガのタイトルを獲得しなければいけないと強調している。 「こういう敗れ方には失望する。我々はカップ戦も取るために戦ってきた。前半は良かったと思うが、1つ言えば3-1にしなければいけなかった。試合中のエラーは、チャンスを無駄にしてしまう」 「その結果、後半はバランスが悪くなった。ただ、こういう負け方をしても、シーズンの総括をするにはまだ早い。リーグ戦で4試合を残している。あとはブンデスリーガを制することだけに集中したい」 2017.04.27 08:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがバイエルンとのシーソーゲームを制してフランクフルトの待つ決勝へ進出《DFBポカール》

▽DFBポカール準決勝、バイエルンvsドルトムントが26日にアリアンツ・アレーナで行われ、2-3でドルトムントが勝利して決勝へ進出した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽準々決勝でシャルケを下したバイエルンと、ロッテを下したドルトムントの決勝を懸けた一戦。 ▽バイエルンは2-2で引き分けた直近のマインツ戦のスタメンから3選手を変更。ラームやシャビ・アロンソ、アラバがスタメンに戻り、ベストメンバーを送り込んだ。 ▽一方、ドルトムントは3-2で勝利した直近のボルシアMG戦のスタメンから4選手を変更。オーバメヤンやヴァイグル、パパスタソプーロスといった主力をスタメンに戻した。 ▽開始4分にオーバメヤンがゴールに近づいたドルトムントだったが、バイエルンがポゼッションを高めて圧力をかける展開で推移。13分にリベリがボックス左からGKを強襲するシュートを浴びせると、直後にはビダルがミドルシュートでゴールに迫るも、わずかに枠の左に外れる。 ▽すると19分、ドルトムントが一瞬の隙を突く。ハビ・マルティネスのバックパスをカットしたラファエウ・ゲレイロのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをロイスが押し込んだ。 ▽嫌な流れになるかと思われたバイエルンだったが、28分にすかさず試合を振り出しに戻す。右CKからハビ・マルティネスがヘディングシュートを叩き込んだ。さらに38分、左CKからハビ・マルティネスのヘディングシュートがポストを直撃するも、41分に攻め残っていたフンメルスがボックス左に侵入したリベリのパスをダイレクトで流し込んで逆転し、前半を終えた。 ▽迎えた後半立ち上がり、ドルトムトがハイプレスをかける入りとなったが、徐々にバイエルンがボールを保持すると、試合をコントロール。敵陣で試合を運ぶバイエルンは、63分に決定機。GKビュルキのミスパスを突いてロッベンがシュート。しかし、S・ベンダーの好ブロックに阻まれて3点目は奪えない。 ▽すると69分、ドルトムントはボックス右へ侵入したO・デンベレのクロスをファーサイドのオーバメヤンがヘディングで押し込み、試合を振り出しに戻した。さらに74分、ラームからボールを奪ってロングカウンターに転じると、ロイスのラストパスをボックス右で受けたO・デンベレが切り返しから左足でネットを揺らし、逆転に成功した。 ▽追う展開となったバイエルンはシャビ・アロンソに代えてミュラーを投入。攻撃の枚数を増やすも、攻勢実らず2-3のまま敗戦。ドルトムントがシーソーゲームを制してフランクフルトの待つ決勝へ進出している。 2017.04.27 05:48 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏引退のラーム、BVB戦を前にDFB杯決勝進出を誓う「最高の終着点へ」

バイエルンに所属するフィリップ・ラームがDFBポカールの準決勝を前に、決勝戦への思いを語った。『OMNISPORT』が伝えている。<br><br>バイエルンは26日、DFBポカールの準決勝でドルトムントと対戦する。今シーズン限りでの現役引退を表明しているフィリップ・ラームは、優勝して有終の美を飾りたいと考えている。<br><br>「僕にとって最高の締めくくりになるだろうね。ベルリンでの決勝はいつでもたくさんの素晴らしい思い出を蘇らせてくれる。そういう美しい雰囲気があそこにはあるんだよ。スタジアムが2つのライバルの色で埋まる。それぞれのサイドが互いのチームの色で染め上げられるんだ。だから素晴らしいんだよ。僕らの目標はそこで勝つことだ。僕のキャリアにとって最高の終着点になるだろう」<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグでレアル・マドリーに敗れ、準々決勝で敗退した。クラブを長年支え続けた功労者を最良の形で送り出すためにも、まずは決勝戦に駒を進めなければならない。ドルトムントとの準決勝は26日にホームで開催される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.26 17:28 Wed
twitterfacebook
thumb

クロップ、バイエルンの快速アタッカー獲得を希望か…ドグラス・コスタに30億円超えオファー用意

▽バイエルンに所属するブラジル代表MFドグラス・コスタ(26)にリバプール移籍の可能性が浮上した。ドイツ『ビルト』が報じている。 ▽報道によれば、リバプールの指揮と執るユルゲン・クロップ監督は、今夏における補強候補の上位にドグラス・コスタをリストアップ。トッテナムやユベントスも関心を寄せているとみられるブラジル人アタッカーの獲得資金として、2500万〜3000万ユーロ(約30億4000万〜36億4000万円)を見込んでいるという。 ▽2015年夏にシャフタールからバイエルンに移籍したドグラス・コスタは、圧倒的なスピードとテクニックを兼ね備えたドリブラーとして加入初年度から活躍。しかし、カルロ・アンチェロッティ監督就任の今シーズンはブンデスリーガ13試合の先発にとどまっており、熾烈な定位置争いに身を置いている状況だ。 ▽一方で、リバプールはインテルに所属するクロアチア代表MFイバン・ペリシッチにも関心を寄せている模様。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、チェルシーとの争奪戦が予想されているペリシッチに関して、インテルは少なくとも移籍金5000万ユーロ(約60億8000万円)を求めているとみられている。 2017.04.26 12:15 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース