バイエルンがお得意様アーセナルを5発粉砕で先勝《CL》2017.02.16 06:46 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのバイエルンvsアーセナルが15日にアリアンツ・アレーナで行われ、5-1でバイエルンが先勝した。

▽グループDをアトレティコ・マドリーに次ぐ2位で通過したバイエルンは、ブンデスリーガでは首位を快走中。そのバイエルンは2-0と辛勝した直近のインゴルシュタット戦でベンチスタートとしたロッベンとドグラス・コスタを先発に戻し、不調のミュラーではなくチアゴをスタメンで起用した。

▽一方、グループAでパリ・サンジェルマンを抑えて5シーズンぶりに首位通過したアーセナルは、プレミアリーグで首位チェルシーから10ポイント差の3位に付ける。そのアーセナルは直近のハル・シティ戦で2-0と辛勝し、リーグ戦での連敗を2で止めた中、7シーズンぶりの8強進出を目指すバイエルン戦に向けて、不調のエジルを先発で起用。その他、退場処分を受けて公式戦ここ4試合欠場していたジャカが先発となった。

▽徐々にポゼッションを高めていったバイエルンは、サイド攻撃を起点に押し込んでいく。ロッベンとドグラス・コスタにボールを当て、サイドバックのオーバーラップを絡めて打開を図った。8分にはビダルがミドルシュートでGKオスピナを強襲すると、11分に先制した。右サイドからカットインしたロッベンがボックス手前右から左足を一閃。完璧にコントロールされたシュートがゴール左上に決まった。先制後も攻勢を続けるバイエルンは敵陣で試合を進め、ロッベンが引き続きカットインの形から追加点を狙っていく。

▽一方、劣勢のアーセナルは27分にエジルの直接FKでゴールに迫ると、29分にPKを獲得。CKの流れからボックス内のコシエルニーがクリアにかかったレヴァンドフスキの振り上げた足にスパイク裏を蹴られた。キッカーを任されたサンチェスは枠の左を狙ったが、GKノイアーに止められてしまう。弾かれたこぼれ球をミートしきれなかったサンチェスだったが、ルーズとなったボールを胸トラップで処理し、冷静にゴール左へ流し込んだ。

▽1-1となって迎えた前半終盤は互いにゴールへ迫る。まずは40分、アーセナルは右クロスに合わせたジャカのボレーシュートがGKノイアーを強襲。一方のバイエルンは43分にアラバの左クロスからレヴァンドフスキがヘディングシュートを放てば、45分にはシャビ・アロンソのFKからフンメルスがヘディングシュートでゴールに近づいた。前半追加タイム1分にはアーセナルに決定機。ボックス左へ抜け出したエジルがGKノイアーと一対一となったが決めきれず、前半を1-1で終えた。

▽迎えた後半開始4分、アーセナルにアクシデント。右足を負傷したコシエルニーがプレー続行不可能となってガブリエウを投入せざるを得なくなった。すると53分、バイエルンが勝ち越す。右サイドからのラームのクロスをムスタフィに競り勝ったレヴァンドフスキが滞空時間の長いヘッドでゴール右へ流し込んだ。

▽さらに56分、バイエルンが一気に突き放す。シャビ・アロンソのクサビのパスをレヴァンドフスキがダイレクトヒールで流すと、これに反応したボックス右のチアゴがゴール左へ流し込んだ。

▽続く61分にレヴァンドフスキのシュートがディフレクトしてバーを直撃したバイエルンは、直後にもハビ・マルティネスの強烈なヘディングシュートでGKオスピナを強襲。これはファインセーブに阻まれたが、63分に決定的な4点目を奪ってしまう。CKの混戦からペナルティアーク中央のチアゴが胸トラップからシュート。ジャカに当たってディフレクトしたボールがゴールへ吸い込まれた。

▽その後も攻め手を緩めないバイエルンはビダルのミドルシュートでGKオスピナを強襲。コクランに代えてジルーを投入してきたアーセナルを一方的に攻め続けると、ロッベンやドグラス・コスタのシュートはGKオスピナの好守に阻止されたが、88分にチアゴのパスを受けたボックス右のミュラーが切り返しでDF2人をかわしてゴールへ流し込み5-0。1stレグで勝負を決定付ける圧勝を飾った。2ndレグはアーセナルのホームで3月7日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルンがレヴァンドフスキの2発などで快勝し無敗継続《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは18日、ブンデスリーガ第12節でアウグスブルクをアイアンツ・アレーナに迎え、3-0でバイエルンが勝利した。 ▽ここまで8勝2分け1敗で勝ち点26を積み上げて首位に立つバイエルンが10位のアウグスブルク(勝ち点16)をホームに迎えた。 ▽立ち上がりからバイエルンが優勢に試合を進めていくもチャンスを決めきれずにゴールレスの時間が続く。しかし30分、ボックス右でFKを獲得するとこの流れからレヴァンドフスキがヘディングシュート。ここはうまく当たらず、こぼれたボールをフンメルスが押し込みにかかるがブロックされる。しかしこぼれ球をビダルが押し込んでバイエルンが勢いのままに先制した。 ▽アウグスブルクは直後の33分に相手陣内でFKを獲得。グレゴリッチュが直接狙ったが、GKウルライヒの守備範囲内に飛んだ。すると39分にはバイエルンがカウンターからビダルのスルーパスに抜け出したレヴァンドフスキがネットを揺らして2点目を奪う。 ▽そのまま前半が終了するが後半も試合の大勢は変わらずバイエルンがアウグスブルクを押し込んで試合を進める。49分には右サイドのキミッヒが入れたクロスをレヴァンドフスキがダイレクトで押し込み、バイエルンが後半早々に3点目を奪った。 ▽余裕の試合運びを見せるバイエルンは、さらに追加点を目指してアウグスブルクを押し込んでいく。しかし77分にロッベン、80分にビダルを下げてそれぞれトリッソとルディを投入し試合を終わらせにかかった。 ▽終盤はお互いにチャンスを作り切れず。結局バイエルンが3発快勝で無敗を継続し、首位を快走している。 2017.11.19 01:20 Sun
twitterfacebook
thumb

不調のグリーズマンに意外な移籍先が浮上…130億円超の違約金を支払えるクラブは?

アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに、新たな移籍先が浮上している。ドイツ『スカイ』が報じた。<br><br>今シーズンはゴール欠乏症で、不調に苦しむグリーズマンは先日、バルセロナ移籍のうわさが浮上。来シーズンから加入することで合意に至ったとも伝えられた。しかし、そんな折、ドイツの盟主バイエルン・ミュンヘンが獲得に興味を示しているようだ。<br><br>バイエルンはグリーズマンの契約解除金である1億ユーロ(約132億円)を払う準備ができているという。また、グリーズマンが以前「バイエルンでプレーすることはすべての選手にとって夢だ。世界でも最高のクラブの一つだからね」と話したこともうわさ話に拍車をかけている。<br><br>なお、グリーズマンはアトレティコとの契約を2022年まで残す。今後も去就には大きな注目が集まりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.18 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表DFキミッヒの知られざる少年時代「僕はバッドルーザーだった」

バイエルンに所属するドイツ代表DFヨシュア・キミッヒが、ドイツ誌『シュポルト・ビルト』のインタビューに応じ、少年時代を振り返った。<br><br>キミッヒはジョゼップ・グアルディオラ監督時代にディフェンスラインにコンバートされたものの、元々主戦場は中盤。ユース時代手本にしていた選手には「シャビ(・エルナンデス)や(バスティアン・)シュバインシュタイガーだね」と、ボランチで活躍していた選手たちを挙げた。<br><br>ユース年代は「10番」としてプレーしていたことも明かしつつ、レベルが上がっていくごとにポジションを下げていったと話す。また、その頃にはとてつもない負けず嫌いであったことも回顧する。<br><br>「僕はバッドルーザーだった。ユースの大会の時に父が監督で、選手たちを全員平等に扱いチャンスを与えた。僕は常にプレーしたかったから腹が立ったよ。負けたら、ピッチに残って泣いていたね」<br><br>両足を遜色なく使いこなし、高いパス精度でチームに貢献するキミッヒは、幼い頃の努力が今の自分を作り上げていると感じているようだ。<br><br>「父は常に両足を使うように練習させた。子供の時に左足を使って、倒れては泣いて何度も練習していた。諦めることは選択肢になかった。僕のモットーは自分を信じることだからね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.17 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルンがついにレヴァンドフスキのバックアッパー確保か…古巣復帰を強く希望

バイエルンがついにFWロベルト・レヴァンドフスキのバックアッパーとして最適解を手にしたようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じている。<br><br>バックアッパーとして候補に挙がっているのはホッフェンハイムに所属するドイツ代表FWサンドロ・ヴァーグナー。ダルムシュタットでの活躍を認められ、今シーズンからホッフェンハイムでプレーするが、冬にも移籍実現の可能性があるという。<br><br>ヴァーグナーはバイエルンの下部組織出身の29歳。ミュンヘン出身でもあり、家族は今でもミュンヘンに住むだけに、古巣復帰を熱望しているようだ。同紙によると、すでにホッフェンハイムに移籍を直訴したとのこと。<br><br>これらを受けてホッフェンハイムを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督がコメント。バイエルンへの移籍を許可する旨の発言を行った。<br><br>「うわさは知っているし、彼のバイエルンへの思いもわかっている。話し合うつもりだ。彼の家族はミュンヘンにいることもわかっている。選手は私ではなくクラブに属している。契約は数年残っているし、もちろん移籍金がカギを握るだろう」<br><br>ヴァーグナーはホッフェンハイムとの契約を2020年まで残し、移籍金が発生する。クラブはバイエルンに対して最低でも1000万ユーロ(約13億円)程度を要求することになるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.17 18:50 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ドイツ代表FWワグナー獲得に関心! ナーゲルスマン監督が明かす

▽バイエルンが、ホッフェンハイムに所属するドイツ代表FWサンドロ・ワグナー(29)の獲得に関心を示しているようだ。ホッフェンハイムを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督が16日、公式会見の場で明かした。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽多くのクラブが羨む強力なスカッドを構築するバイルンだが、サイドバックのポジションと共に選手層に問題を抱えているのが、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのバックアッパー不在のセンターフォワードだ。先日にはレヴァンドフスキ自身が補強の必要性を訴えており、今冬あるいは来夏の補強が急務となっている。 ▽その中で現在バイエルンが強い関心を示しているのが、ホッフェンハイムでエースストライカーを務める巨漢FWワグナーだという。ホッフェンハイムを率いるナーゲルスマン監督は公式会見の場でバイエルンからの関心を認めている。 「それは間違いないことだ。我々はしばらく前からそのことを知っていた。すでにその情報はリークされているし、だから私も認めることにした」 ▽2015年に在籍したダルムシュタットで14ゴールを挙げる活躍を見せてブレイクを果たした遅咲きのワグナーだが、元々ミュンヘン育ちでバイエルンの下部組織から同クラブでプロデビューを飾っている。そのため、ドイツ代表の同僚であるFWトーマス・ミュラー、DFマッツ・フンメルスとはユース時代にも共にプレーした旧知の中であり、適応にも全く問題はない。 ▽なお、バイエルンは今夏、ホッフェンハイムからMFセバスティアン・ルディ、DFニクラス・ジューレの主力2選手を引き抜いており、再び同クラブからの引き抜きを画策している模様だ。さらに、ナーゲルスマン監督も来季以降の新指揮官候補に挙がっており、急速なホッフェンハイム化が進むことになるのか。 2017.11.16 23:31 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース