バイエルンがお得意様アーセナルを5発粉砕で先勝《CL》2017.02.16 06:46 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのバイエルンvsアーセナルが15日にアリアンツ・アレーナで行われ、5-1でバイエルンが先勝した。

▽グループDをアトレティコ・マドリーに次ぐ2位で通過したバイエルンは、ブンデスリーガでは首位を快走中。そのバイエルンは2-0と辛勝した直近のインゴルシュタット戦でベンチスタートとしたロッベンとドグラス・コスタを先発に戻し、不調のミュラーではなくチアゴをスタメンで起用した。

▽一方、グループAでパリ・サンジェルマンを抑えて5シーズンぶりに首位通過したアーセナルは、プレミアリーグで首位チェルシーから10ポイント差の3位に付ける。そのアーセナルは直近のハル・シティ戦で2-0と辛勝し、リーグ戦での連敗を2で止めた中、7シーズンぶりの8強進出を目指すバイエルン戦に向けて、不調のエジルを先発で起用。その他、退場処分を受けて公式戦ここ4試合欠場していたジャカが先発となった。

▽徐々にポゼッションを高めていったバイエルンは、サイド攻撃を起点に押し込んでいく。ロッベンとドグラス・コスタにボールを当て、サイドバックのオーバーラップを絡めて打開を図った。8分にはビダルがミドルシュートでGKオスピナを強襲すると、11分に先制した。右サイドからカットインしたロッベンがボックス手前右から左足を一閃。完璧にコントロールされたシュートがゴール左上に決まった。先制後も攻勢を続けるバイエルンは敵陣で試合を進め、ロッベンが引き続きカットインの形から追加点を狙っていく。

▽一方、劣勢のアーセナルは27分にエジルの直接FKでゴールに迫ると、29分にPKを獲得。CKの流れからボックス内のコシエルニーがクリアにかかったレヴァンドフスキの振り上げた足にスパイク裏を蹴られた。キッカーを任されたサンチェスは枠の左を狙ったが、GKノイアーに止められてしまう。弾かれたこぼれ球をミートしきれなかったサンチェスだったが、ルーズとなったボールを胸トラップで処理し、冷静にゴール左へ流し込んだ。

▽1-1となって迎えた前半終盤は互いにゴールへ迫る。まずは40分、アーセナルは右クロスに合わせたジャカのボレーシュートがGKノイアーを強襲。一方のバイエルンは43分にアラバの左クロスからレヴァンドフスキがヘディングシュートを放てば、45分にはシャビ・アロンソのFKからフンメルスがヘディングシュートでゴールに近づいた。前半追加タイム1分にはアーセナルに決定機。ボックス左へ抜け出したエジルがGKノイアーと一対一となったが決めきれず、前半を1-1で終えた。

▽迎えた後半開始4分、アーセナルにアクシデント。右足を負傷したコシエルニーがプレー続行不可能となってガブリエウを投入せざるを得なくなった。すると53分、バイエルンが勝ち越す。右サイドからのラームのクロスをムスタフィに競り勝ったレヴァンドフスキが滞空時間の長いヘッドでゴール右へ流し込んだ。

▽さらに56分、バイエルンが一気に突き放す。シャビ・アロンソのクサビのパスをレヴァンドフスキがダイレクトヒールで流すと、これに反応したボックス右のチアゴがゴール左へ流し込んだ。

▽続く61分にレヴァンドフスキのシュートがディフレクトしてバーを直撃したバイエルンは、直後にもハビ・マルティネスの強烈なヘディングシュートでGKオスピナを強襲。これはファインセーブに阻まれたが、63分に決定的な4点目を奪ってしまう。CKの混戦からペナルティアーク中央のチアゴが胸トラップからシュート。ジャカに当たってディフレクトしたボールがゴールへ吸い込まれた。

▽その後も攻め手を緩めないバイエルンはビダルのミドルシュートでGKオスピナを強襲。コクランに代えてジルーを投入してきたアーセナルを一方的に攻め続けると、ロッベンやドグラス・コスタのシュートはGKオスピナの好守に阻止されたが、88分にチアゴのパスを受けたボックス右のミュラーが切り返しでDF2人をかわしてゴールへ流し込み5-0。1stレグで勝負を決定付ける圧勝を飾った。2ndレグはアーセナルのホームで3月7日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

ハインケス、デ・ブライネを“抜きん出た選手”と評価も「獲得には全財産が必要」

バイエルンのユップ・ハインケス監督は、ケビン・デ・ブライネを称賛するも、獲得に動くことは不可能と考えているようだ。<br><br>現在、プレミアリーグで首位を独走するマンチェスター・シティで、6ゴール、9アシストを記録するなど一際輝きを放つデ・ブライネ。同選手にシティから退団する意志はないものの、仮に他クラブに移籍するようなことがあれば、ネイマールやフィリペ・コウチーニョ並みの移籍金が発生する可能性がある。<br><br>ドイツ『キッカー』で5000万ユーロを超える&ldquo;スーパートランスファー&rdquo;が必要かと問われたハインケス監督は「スーパートランスファーとはどういう意味だ?」と話し、以下のように続けた。<br><br>「ポール・ポグバは1億500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドに行った。彼はこの価値があるだけのプレーをしているか?そのような疑いの目を向けられているトッププレーヤーは大勢いる。しかし、バイエルンは(ニクラス)ズーレ、(ヨシュア)キミヒ、(コランタン)トリッソ、(キングスレー)コマンなど我々のやり方を貫くべきだ」<br><br>「4000万ユーロや5000万ユーロの選手を連れてくる必要はあるとは思うが、5000万ユーロでは決定的な選手を獲得できない。例えば、ケビン・デ・ブライネだ。彼は昨シーズン、これだけのプレーをしなかった。しかし、彼を獲得するためには資産のすべてを与えなくてはならない。確かにこのポジションには彼のような選手が必要だ。デ・ブライネはヨーロッパでもっとも抜きんでた選手だと思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 13:12 Wed
twitterfacebook
thumb

自分で言っちゃうの? バイエルンのルンメニゲCEOがリーグの競争力低下を危惧

▽バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が、自身のクラブがブンデスリーガを退屈にしていることを認めた。『スカイ』に語った内容を、スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ブンデスリーガでは、15日の時点でバイエルン(勝ち点44)が2位のライプツィヒ(勝ち点31)に勝ち点13差をつけて首位を独走。3位のシャルケ(勝ち点30)とは14差、1試合未消化で暫定4位のドルトムント(勝ち点28)とは16差をつけており、ブンデス6連覇にまっしぐらだ。 ▽圧倒的首位チームのCEOであるルンメニゲ氏が、リーグの現状に対する危機感を語った。 「1つのチームが2位、3位、4位や5位に大差をつけている状況は、問題を引き起こしかねない。リーグ自体の魅力に関してね」 ▽近年だけでも、2011年にはシャルケからGKマヌエル・ノイアーを、ドルトムントからは2013年にMFマリオ・ゲッツェ、2014年にFWロベルト・レヴァンドフスキ、2016年にDFマッツ・フンメルスを引き抜いたバイエルン。優勝を争うライバルチームから多くの主力選手を獲得して度々批判を浴びており、今回の発言はやや配慮が足りないものだったかもしれない。 2018.01.15 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

リベリ、改めてバイエルン残留を希望「できるだけ長く残ることが目標」

バイエルンのベテランウインガー、フランク・リベリは、残留を求めていることを改めて希望した。<br><br>バイエルンは13日、ブンデスリーガ第18節でレバークーゼンと対戦。バイエルンは12試合無敗の相手に苦戦しながら、リベリのゴールもあり、3-1でリーグ再開初戦を勝利で飾った。<br><br>今シーズン終了後にクラブとの契約が切れるリベリは、試合後に改めてバイエルンに残ることが第一希望であることを認めた。<br><br>「目標はできるだけ長くバイエルンに残ることだ。またフィットできて嬉しい。チームでプレーできることを楽しんでいるよ。普段はアシストやドリブルで貢献しているけど、ゴールを決めるのは常に最高だね」<br><br>リベリは2007年からバイエルンでプレーし、最古参選手の一人。34歳のベテランはドイツ最高のクラブに残ることができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.14 17:48 Sun
twitterfacebook
thumb

リベリの今季リーグ初弾やハメスの直接FK弾でバイエルンがレバークーゼン撃破! 後半戦白星スタート!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第18節、レバークーゼンvsバイエルンが12日に行われ、1-3でバイエルンが勝利した。 ▽ウインターブレイク前の前半戦ラストマッチとなった前節シュツットガルト戦を途中出場のミュラー弾で1-0と辛勝して4連勝とした首位バイエルン(勝ち点41)は、2位シャルケとの勝ち点差を「11」に広げた。そのバイエルンはエースのレヴァンドフスキがヒザ痛の影響により欠場となって代役にはミュラーが入った。10年ぶりに古巣復帰となったワグナーはベンチスタートとなった。 ▽一方、打ち合いとなった前節ハノーファー戦を4-4で引き分け、12試合負けなしとした4位レバークーゼン(勝ち点28)は、現状のベストメンバーで臨み、システムは[3-4-2-1]を継続した。 ▽立ち上がりからオープンな攻防で推移した一戦は、まずはバイエルンが16分にFKの流れからボックス右のビダルが枠内シュートを記録。続くCKから再ビダルがヘディングシュートでオンターゲットをマークした。 ▽引かないレバークーゼンも17分、右CKからコールが際どいヘディングシュートを浴びせてけん制する。 ▽前半半ば以降もバイエルンがポゼッションを高める流れとなる中、25分にはハメス・ロドリゲスがミドルシュート。しかし、枠を捉えるには至らない。それでも32分、右CKからファーサイドのビダルがヘディングシュート。これはゴール前のDFにブロックされるも、ルーズボールをゴールエリア左のハビ・マルティネスが左足で蹴り込んでバイエルンが先制した。 ▽ハーフタイムにかけてもCKからハビ・マルティネスがヘディングシュートを浴びせるなど、バイエルンが優勢に試合を進めた中、前半を1点のリードで終えた。 ▽迎えた後半もバイエルンが攻勢に出る流れで立ち上がった中、レバークーゼンは55分にボックス右から中へ切れ込んだベイリーがバーを直撃するシュートを浴びせた。 ▽しかし59分、ハメス・ロドリゲスのパスを受けてドリブルでボックス左に侵入したリベリがカットインからゴール左隅にシュートを流し込んでリードを広げた。 ▽リベリの今季のリーグ戦初ゴールで2点差とされたレバークーゼンは、中盤のコールに代えてアタッカーのアラリオを投入し、攻撃の枚数を増やした。すると70分、ボックス右でパスを受けたフォラントが中へ切れ込み、ペナルティアーク右から左足でシュート。これがDFにディフレクトしてゴールに吸い込まれた。 ▽1点差としたレバークーゼンが攻勢に出ると、76分に同点のチャンス。しかし、ショートカウンターからボックス内のフォラントが持ち込んだシュートはDFの好ブロックに阻まれた。 ▽ひやりとしたバイエルンはリベリを下げて新戦力のワグナーを投入。逃げ切りを図ると、追加タイム1分に勝負を決定付けた。ペナルティアーク中央でハメス・ロドリゲスが得たFKを自身が直接ゴール左上に流し込んだ。 ▽このまま3-1で試合を終わらせたバイエルンが後半戦初戦を制している。一方、敗れたレバークーゼンは13試合ぶりの敗戦となった。 2018.01.13 06:40 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第18節プレビュー】後半戦スタート! 金曜にレバークーゼンvsバイエルン開催

▽2017年最終戦となった前半戦ラストマッチでは首位バイエルンが勝利した一方で2位シャルケが引き分け、両チームの勝ち点差は「11」に広がった。前半戦を終えた段階で優勝争いがほぼ決した中、チャンピオンズリーグ出場権争いは大混戦となっている。シュティーガー体制となって2連勝とした3位ドルトムント、4位レバークーゼン、5位ライプツィヒ、6位ボルシアMGの4チームが勝ち点28で並んでいる状況だ。迎える後半戦のスタートとなる第18節では、金曜日にレバークーゼンvsバイエルンの好カードが開催される。 ▽前節シュツットガルト戦を途中出場のミュラー弾で1-0と辛勝して4連勝とした首位バイエルン(勝ち点41)は、レヴァンドフスキがヒザ痛の影響により欠場が濃厚とのことだ。前半戦のMVP的存在であるエースを欠く中、代役にはこの冬ホッフェンハイムから獲得し、10年ぶりに古巣復帰となったワグナーが先発予想となっている。早速得たチャンスをワグナーが生かせるかにも注目だ。 ▽一方、打ち合いとなった前節ハノーファー戦を4-4で引き分け、12試合負けなしとした4位レバークーゼン(勝ち点28)は、ケガ人はおらずベストメンバーで臨める状況だ。ウインターブレイク前の好調なチーム状態を王者相手にも見せ付けることを期待したい。 ▽後半戦スタートとなる今節、5位ライプツィヒ(勝ち点28)と2位シャルケ(勝ち点30)による上位対決も注目だ。ライプツィヒは前節10人となったヘルタ・ベルリンに2-3と敗戦。なかなか波に乗れないシーズンを過ごしているが、冬でのN・ケイタ流出を否定し、後半戦での巻き返しを狙う。引き続きフォルスベリが負傷により欠場が続くが、好調な相手を下して上位に留まりたい。 ▽対するシャルケは前節フランクフルト戦をナウドのラストプレー弾で2-2と引き分けに持ち込み、11試合負けなしとした。この冬、ユベントスから獲得したピアツァが早速スタメン予想となっているが、活躍となるか。CL出場権争いで優位に立つためにもライプツィヒには負けられない。 ▽香川のPK獲得と決勝アシストで2017年を2連勝締めとした3位ドルトムント(勝ち点28)は、12位ヴォルフスブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。ウインターブレイク中に復帰したゲッツェとピシュチェクが先発予想で、選手層に厚みを増している中、香川も先発予想となっている。ケガ明けの選手たちと共に、シュティーガー体制となって復調している香川のプレーに注目したい。 ▽今節の日本人対決ではシュツットガルトvsヘルタ・ベルリンが開催される。得意のホームでバイエルンに善戦しながらも0-1と惜敗して4連敗となった14位シュツットガルト(勝ち点17)は、8年半ぶりに復帰となったゴメスが先発予想。浅野もスタメン予想となっており、ゴメスとの共演に注目だ。一方、移籍先を模索している原口は引き続きベンチ外が濃厚となっている。 ▽背中の負傷が癒え、5試合ぶりに先発した武藤の15位マインツ(勝ち点17)は、11位ハノーファー(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。スタメン予想となっている武藤としてはゴールに絡む活躍を見せてチームを降格圏から引き離したい。この冬獲得したデ・ヨングのいぶし銀のプレーにも注目したい。 ▽その他、3試合ぶりに先発となった酒井高が引き続きスタメン予想の17位ハンブルガーSV(勝ち点15)は、アウグスブルク(勝ち点24)とのアウェイ戦に臨み、風邪で欠場が続いていたもののスタメン予想となっている長谷部の8位フランクフルト(勝ち点26)は、13位フライブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。そして、肺炎にかかった大迫の最下位ケルン(勝ち点6)のは6位ボルシアMG(勝ち点28)とのホーム戦に臨む。なお、すでに肺炎が癒えている大迫だが欠場予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第18節 ▽1/12(金) 《28:30》 レバークーゼン vs バイエルン ▽1/13(土) 《23:30》 シュツットガルト vs ヘルタ・ベルリン ハノーファー vs マインツ ブレーメン vs ホッフェンハイム フランクフルト vs フライブルク アウグスブルク vs ハンブルガーSV 《26:30》 ライプツィヒ vs シャルケ ▽1/14(日) 《23:30》 ケルン vs ボルシアMG 《26:00》 ドルトムント vs ヴォルフスブルク 2018.01.12 18:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース