バイエルンがお得意様アーセナルを5発粉砕で先勝《CL》2017.02.16 06:46 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのバイエルンvsアーセナルが15日にアリアンツ・アレーナで行われ、5-1でバイエルンが先勝した。

▽グループDをアトレティコ・マドリーに次ぐ2位で通過したバイエルンは、ブンデスリーガでは首位を快走中。そのバイエルンは2-0と辛勝した直近のインゴルシュタット戦でベンチスタートとしたロッベンとドグラス・コスタを先発に戻し、不調のミュラーではなくチアゴをスタメンで起用した。

▽一方、グループAでパリ・サンジェルマンを抑えて5シーズンぶりに首位通過したアーセナルは、プレミアリーグで首位チェルシーから10ポイント差の3位に付ける。そのアーセナルは直近のハル・シティ戦で2-0と辛勝し、リーグ戦での連敗を2で止めた中、7シーズンぶりの8強進出を目指すバイエルン戦に向けて、不調のエジルを先発で起用。その他、退場処分を受けて公式戦ここ4試合欠場していたジャカが先発となった。

▽徐々にポゼッションを高めていったバイエルンは、サイド攻撃を起点に押し込んでいく。ロッベンとドグラス・コスタにボールを当て、サイドバックのオーバーラップを絡めて打開を図った。8分にはビダルがミドルシュートでGKオスピナを強襲すると、11分に先制した。右サイドからカットインしたロッベンがボックス手前右から左足を一閃。完璧にコントロールされたシュートがゴール左上に決まった。先制後も攻勢を続けるバイエルンは敵陣で試合を進め、ロッベンが引き続きカットインの形から追加点を狙っていく。

▽一方、劣勢のアーセナルは27分にエジルの直接FKでゴールに迫ると、29分にPKを獲得。CKの流れからボックス内のコシエルニーがクリアにかかったレヴァンドフスキの振り上げた足にスパイク裏を蹴られた。キッカーを任されたサンチェスは枠の左を狙ったが、GKノイアーに止められてしまう。弾かれたこぼれ球をミートしきれなかったサンチェスだったが、ルーズとなったボールを胸トラップで処理し、冷静にゴール左へ流し込んだ。

▽1-1となって迎えた前半終盤は互いにゴールへ迫る。まずは40分、アーセナルは右クロスに合わせたジャカのボレーシュートがGKノイアーを強襲。一方のバイエルンは43分にアラバの左クロスからレヴァンドフスキがヘディングシュートを放てば、45分にはシャビ・アロンソのFKからフンメルスがヘディングシュートでゴールに近づいた。前半追加タイム1分にはアーセナルに決定機。ボックス左へ抜け出したエジルがGKノイアーと一対一となったが決めきれず、前半を1-1で終えた。

▽迎えた後半開始4分、アーセナルにアクシデント。右足を負傷したコシエルニーがプレー続行不可能となってガブリエウを投入せざるを得なくなった。すると53分、バイエルンが勝ち越す。右サイドからのラームのクロスをムスタフィに競り勝ったレヴァンドフスキが滞空時間の長いヘッドでゴール右へ流し込んだ。

▽さらに56分、バイエルンが一気に突き放す。シャビ・アロンソのクサビのパスをレヴァンドフスキがダイレクトヒールで流すと、これに反応したボックス右のチアゴがゴール左へ流し込んだ。

▽続く61分にレヴァンドフスキのシュートがディフレクトしてバーを直撃したバイエルンは、直後にもハビ・マルティネスの強烈なヘディングシュートでGKオスピナを強襲。これはファインセーブに阻まれたが、63分に決定的な4点目を奪ってしまう。CKの混戦からペナルティアーク中央のチアゴが胸トラップからシュート。ジャカに当たってディフレクトしたボールがゴールへ吸い込まれた。

▽その後も攻め手を緩めないバイエルンはビダルのミドルシュートでGKオスピナを強襲。コクランに代えてジルーを投入してきたアーセナルを一方的に攻め続けると、ロッベンやドグラス・コスタのシュートはGKオスピナの好守に阻止されたが、88分にチアゴのパスを受けたボックス右のミュラーが切り返しでDF2人をかわしてゴールへ流し込み5-0。1stレグで勝負を決定付ける圧勝を飾った。2ndレグはアーセナルのホームで3月7日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

移籍金180億円の時代は間近…元ドイツ代表GKカーンが予想

元ドイツ代表で長年バイエルン・ミュンヘンのゴールマウスを守ったオリバー・カーンが、将来の移籍市場についての見解を述べた。ドイツ誌『ソクラテス』が報じている。<br><br>昨夏、フランス代表MFポール・ポグバがユヴェントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した。元ドイツ代表で長年バイエルン・ミュンヘンのゴールマウスを守ったオリバー・カーンが、将来の移籍市場についての見解を述べた。ドイツ誌『ソクラテス』が報じている。<br><br>昨夏、フランス代表MFポール・ポグバがユヴェントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した。移籍金は1億1000万ユーロ(約130億円)に昇り、2013年にレアル・マドリーがMFガレス・ベイルを獲得した際の1億ユーロ(約117億6000万円)を上回り、史上最高額を記録した。<br><br>カーンは移籍金のレコードが、近い将来ポグバの額を超えると見ている。「最高のプレーヤーを巡って莫大な資金が動くことになるだろう。すぐに1億5000万ユーロ(約180億円)の壁を越えるだろう」<br><br>そして自身の古巣であるバイエルンが、トッププレーヤーの獲得争いに加わることができるかどうかに疑問を抱き「将来、(アリエン)ロッベンや(フランク)リベリのようなクオリティーを持つ選手と契約できるかどうかはバイエルンにとって大きなチャレンジとなるだろう」と述べている。<br><br>オプション次第では、レナト・サンチェスの移籍金の総額は8000万ユーロ(約95億円)に達するが、現時点でバイエルンのレコードはハビ・マルティネスを獲得した際の4000万ユーロ(約48億円)となっている。<br><br>●サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。<br>提供:goal.com移籍金は1億1000万ユーロ(約130億円)に昇り、2013年にレアル・マドリーがMFガレス・ベイルを獲得した際の1億ユーロ(約117億6000万円)を上回り、史上最高額を記録した。<br><br>カーンは移籍金のレコードが、近い将来ポグバの額を超えると見ている。「最高のプレーヤーを巡って莫大な資金が動くことになるだろう。すぐに1億5000万ユーロ(約180億円)の壁を越えるだろう」<br><br>そして自身の古巣であるバイエルンが、トッププレーヤーの獲得争いに加わることができるかどうかに疑問を抱き「将来、(アリエン)ロッベンや(フランク)リベリのようなクオリティーを持つ選手と契約できるかどうかはバイエルンにとって大きなチャレンジとなるだろう」と述べている。<br><br>オプション次第では、レナト・サンチェスの移籍金の総額は8000万ユーロ(約95億円)に達するが、現時点でバイエルンのレコードはハビ・マルティネスを獲得した際の4000万ユーロ(約48億円)となっている。<br><br>●サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。<br>提供:goal.com 2017.02.25 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン戦に燃える酒井高徳だが欠場の可能性も?風邪で木曜の練習を欠席

ハンブルガーSVでキャプテンを務める日本代表DF酒井高徳が、木曜日のトレーニングを風邪で欠場した。ドイツ紙『tz』が報じている。<br><br>ハンブルガーSVは25日、ブンデスリーガ第22節でバイエルン・ミュンヘンと対戦する。残留争いに巻き込まれているものの、直近の公式戦では3勝1分けと調子を上げている。酒井自身も、前節のフライブルク戦でアシストを記録するなど、キャプテンとしてチームをけん引している。<br><br>しかし、酒井は木曜日のトレーニングを風邪で欠席。25日のバイエルン戦に出場できるかどうか不透明な状況となっている。<br><br>ハンブルガーSVはこれから上位陣との連戦を迎える。王者バイエルンが相手と言えども、易々と勝ち点を放棄するわけにはいかない。キャプテンとしてチームをまとめる酒井の出場が期待されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.25 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第22節プレビュー】バイエルンとライプツィヒに酒井高と大迫が挑戦

▽前節は首位バイエルンがヘルタ・ベルリンに引き分けた一方、2位ライプツィヒが勝利したことで勝ち点差は5に縮まった。そして、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは勝利したドルトムントが3位に、ホッフェンハイムが4位にそれぞれ浮上し、2連敗となったフランクフルトが5位に転落している。迎える第22節はバイエルンとライプツィヒに日本人選手所属チームが挑む構図となっている。 ▽ヘルタの粘り強い守備に苦戦し、辛くもレヴァンドフスキのラストプレー弾で引き分けた首位バイエルン(勝ち点50)は、酒井高所属の15位ハンブルガーSV(勝ち点20)をホームに迎える。主力を一部温存したこともあって攻撃が低調となったバイエルンは、翌水曜日にシャルケとのDFBポカール準決勝を控える中、主力を投入して勝利を取り戻せるか。 ▽一方、前節フライブルク戦で2点目をアシストした酒井高だが、チームは2-2の引き分けに持ち込まれ、連勝は3でストップした。対面の相手はドグラス・コスタとなる見込みだが、ブンデス屈指の突破力を持つ相手を止めることはできるか。 ▽前節ボルシアMG戦を劣勢ながらも2-1と競り勝って連敗を2で止めた2位ライプツィヒ(勝ち点45)は、大迫の7位ケルン(勝ち点33)をホームに迎える。攻撃の柱となっていたY・ポウルセンと守備の要オルバンを欠く中、ヴェルナーのゴールなどで競り勝ったライプツィヒだが、スペースを埋めてくることが予想される堅守ケルンを攻略できるか。 ▽一方、前節シャルケ戦でモデストのゴールをアシストした大迫は、前線で起点となる働きを安定的に担い、チームの攻撃を牽引した。スペースが生まれそうな中、相棒のモデストの走力を生かした攻撃を狙いたい。 ▽今節はヘルタ原口とフランクフルト長谷部による日本人対決も開催される。惜しくも勝利とはならなかったが、献身的な守備でバイエルンからの勝ち点奪取に貢献した原口は、引き続き先発予想。チームを3試合ぶりの勝利に導けるか。 ▽一方、PKミスや軽率な対応で失点に絡み、10人となったチームの敗戦を救うには至らなかった長谷部も引き続き先発予想。ここ2試合完敗しているチームを後方から支え、CL圏への返り咲きを狙いたい。 ▽そのほか、CLベンフィカ戦の敗戦を払拭する快勝を飾った3位ドルトムントは9位フライブルクとのアウェイ戦を、宇佐美が3試合ぶりに先発したもののレバークーゼンに完敗した13位アウグスブルクは、最下位ダルムシュタットとのアウェイ戦に臨むが、宇佐美はベンチスタート予想だ。最後に前節出場機会のなかったマインツの武藤は、レバークーゼン戦に臨むが、今節もベンチスタート予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第22節 ▽2/24(金) 《28:30》 ヴォルフスブルク vs ブレーメン ▽2/25(土) 《23:30》 バイエルン vs ハンブルガーSV インゴルシュタット vs ボルシアMG フライブルク vs ドルトムント ダルムシュタット vs アウグスブルク レバークーゼン vs マインツ 《26:30》 ヘルタ・ベルリン vs フランクフルト ▽2/26(日) 《23:30》 ライプツィヒ vs ケルン 《25:30》 シャルケ vs ホッフェンハイム 2017.02.24 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン戦に燃える酒井高徳、王者から勝ち点を奪うことは「不可能ではない」

ハンブルガーSV(HSV)の主将を務める日本代表DF酒井高徳は、バイエルン・ミュンヘンとの対戦に向けて、意気込んでいる様子をうかがわせた。ドイツ誌『キッカー』がコメントを伝えている。<br><br>公式戦4試合負けなしと調子が安定しつつあるHSVは25日のブンデスリーガ第22節で敵地に乗り込み、バイエルン戦に臨む。その試合に向けて、酒井は「まだバイエルン相手に勝ち点を獲得したことがない」とプレーヤーとしての戦績を振り返っている。<br><br>今季前半戦のバイエルン戦も終盤に失点を許し0-1と落としている。酒井は決勝点をアシストしたMFフランク・リベリとの競り合いに敗れ、失点に関与してしまった。今回もマッチアップする可能性があるリベリについて、「僕1人で彼を抑えるのは厳しいですね。チームとして対応しなければいけません」と話している。<br><br>今月11日には2位のRBライプツィヒに3-0で勝ったHSVだが、酒井はその試合を引き合いに出し、バイエルン戦でも同じ「戦術や情熱で戦うこと」が必要だとコメント。アリアンツ・アレーナから「何かを持ち帰るのは難しいけど不可能ではないです」と気持ちを込めながら続けた。<br><br>初めてキャプテンとして王者との対戦に臨む酒井。今度こそバイエルンから勝ち点を奪うことができるのだろうか。<br>提供:goal.com 2017.02.23 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

負傷離脱中のリベリ、復帰は時間の問題…ハンブルガーSV戦でメンバー入り?

バイエルンに所属する元フランス代表MFフランク・リベリは、1月31日のトレーニングで大腿部を負傷。個別トレーニングでの調整を続けていた。そして20日、チームトレーニングへの復帰が秒読み段階にあることをクラブの公式サイトが伝えた。<br><br>チームがオフの20日、トレーニング場にリベリが姿を現した。リベリはスラロームバーの間をドリブルし、ハードルを飛び越え、全力でスプリント走を行った。<br><br>カルロ・アンチェロッティ監督も17日の段階で「リベリが、次節(25日)のハンブルガーSV戦(ホーム)の試合メンバーに入ることを望んでいる」ことを明かしていた。<br><br>バイエルンはブンデスリーガ第21節を終えた時点で2位のライプツィヒに5ポイント差をつけて首位を走っている。15日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦アーセナル戦でも、1stレグで5-1の完勝を収めた。リベリが復帰することになれば、順調な歩みを続けるドイツの絶対王者バイエルンが、シーズン終盤に向けてさらに磐石の態勢を整えることになる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.22 01:39 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース