超ワールドサッカー

バイエルンがお得意様アーセナルを5発粉砕で先勝《CL》2017.02.16 06:46 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのバイエルンvsアーセナルが15日にアリアンツ・アレーナで行われ、5-1でバイエルンが先勝した。

▽グループDをアトレティコ・マドリーに次ぐ2位で通過したバイエルンは、ブンデスリーガでは首位を快走中。そのバイエルンは2-0と辛勝した直近のインゴルシュタット戦でベンチスタートとしたロッベンとドグラス・コスタを先発に戻し、不調のミュラーではなくチアゴをスタメンで起用した。

▽一方、グループAでパリ・サンジェルマンを抑えて5シーズンぶりに首位通過したアーセナルは、プレミアリーグで首位チェルシーから10ポイント差の3位に付ける。そのアーセナルは直近のハル・シティ戦で2-0と辛勝し、リーグ戦での連敗を2で止めた中、7シーズンぶりの8強進出を目指すバイエルン戦に向けて、不調のエジルを先発で起用。その他、退場処分を受けて公式戦ここ4試合欠場していたジャカが先発となった。

▽徐々にポゼッションを高めていったバイエルンは、サイド攻撃を起点に押し込んでいく。ロッベンとドグラス・コスタにボールを当て、サイドバックのオーバーラップを絡めて打開を図った。8分にはビダルがミドルシュートでGKオスピナを強襲すると、11分に先制した。右サイドからカットインしたロッベンがボックス手前右から左足を一閃。完璧にコントロールされたシュートがゴール左上に決まった。先制後も攻勢を続けるバイエルンは敵陣で試合を進め、ロッベンが引き続きカットインの形から追加点を狙っていく。

▽一方、劣勢のアーセナルは27分にエジルの直接FKでゴールに迫ると、29分にPKを獲得。CKの流れからボックス内のコシエルニーがクリアにかかったレヴァンドフスキの振り上げた足にスパイク裏を蹴られた。キッカーを任されたサンチェスは枠の左を狙ったが、GKノイアーに止められてしまう。弾かれたこぼれ球をミートしきれなかったサンチェスだったが、ルーズとなったボールを胸トラップで処理し、冷静にゴール左へ流し込んだ。

▽1-1となって迎えた前半終盤は互いにゴールへ迫る。まずは40分、アーセナルは右クロスに合わせたジャカのボレーシュートがGKノイアーを強襲。一方のバイエルンは43分にアラバの左クロスからレヴァンドフスキがヘディングシュートを放てば、45分にはシャビ・アロンソのFKからフンメルスがヘディングシュートでゴールに近づいた。前半追加タイム1分にはアーセナルに決定機。ボックス左へ抜け出したエジルがGKノイアーと一対一となったが決めきれず、前半を1-1で終えた。

▽迎えた後半開始4分、アーセナルにアクシデント。右足を負傷したコシエルニーがプレー続行不可能となってガブリエウを投入せざるを得なくなった。すると53分、バイエルンが勝ち越す。右サイドからのラームのクロスをムスタフィに競り勝ったレヴァンドフスキが滞空時間の長いヘッドでゴール右へ流し込んだ。

▽さらに56分、バイエルンが一気に突き放す。シャビ・アロンソのクサビのパスをレヴァンドフスキがダイレクトヒールで流すと、これに反応したボックス右のチアゴがゴール左へ流し込んだ。

▽続く61分にレヴァンドフスキのシュートがディフレクトしてバーを直撃したバイエルンは、直後にもハビ・マルティネスの強烈なヘディングシュートでGKオスピナを強襲。これはファインセーブに阻まれたが、63分に決定的な4点目を奪ってしまう。CKの混戦からペナルティアーク中央のチアゴが胸トラップからシュート。ジャカに当たってディフレクトしたボールがゴールへ吸い込まれた。

▽その後も攻め手を緩めないバイエルンはビダルのミドルシュートでGKオスピナを強襲。コクランに代えてジルーを投入してきたアーセナルを一方的に攻め続けると、ロッベンやドグラス・コスタのシュートはGKオスピナの好守に阻止されたが、88分にチアゴのパスを受けたボックス右のミュラーが切り返しでDF2人をかわしてゴールへ流し込み5-0。1stレグで勝負を決定付ける圧勝を飾った。2ndレグはアーセナルのホームで3月7日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルンOBのカーン氏、古巣の補強活動に言及…“大物獲り"では苦戦を予想

バイエルンのOBである元ドイツ代表GKのオリバー・カーン氏は、古巣がアーセナルFWアレクシス・サンチェスを獲得できると考えていないようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』に対してコメントしている。<br><br>2016-17シーズンをブンデスリーガ優勝の1冠で終えたバイエルンだが、今夏の新シーズンに向けて&ldquo;大物獲り&rdquo;が見られていた。しかし、これまでは代表級の新選手を獲得したものの、ターゲットとされていたA・サンチェスやレアル・マドリーMFハメス・ロドリゲスの加入は実現していない。<br><br>その現状についてカーン氏は「1人や2人のスーパースターを獲得することはいつもバイエルンの戦略であった。しかし、現在は新たな(アリエン)ロッベンや(フランク)リベリを連れてくるのは簡単ではなくなっている。他のクラブも信じられないほどのサラリーを支払えるようになったのだからね」とコメント。「バイエルンは今後もいわゆる&ldquo;大物&rdquo;を実際に獲得することに苦戦するだろう」とも予想した。<br><br>一方でカーン氏は国内リーグでの力関係にあたっては、5連覇中のバイエルンが圧倒的な地位を維持することを望んでいないようだ。「正直、バイエルンが追い手に回ることを望んでいるよ。リーグ全体にとっても、スリルの面においても、その方が良いと思う」と語った。そのような展開となった場合のライバルクラブについては次のように続けている。<br><br>「RBライプツィヒが同じようなパフォーマンスを繰り返せるのか、予想するのは難しい。もちろんまず最初にはドルトムントが頭に浮かぶが、彼らに関しても1シーズンを通してバイエルンについていけるため、安定感を維持できるのかが課題だろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.28 19:58 Wed
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキ代理人、バイエルン退団説を否定

▽バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(28)の今夏移籍はなさそうだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽レヴァンドフスキに関しては先日、今シーズンのブンデスリーガで30ゴールを挙げながら得点王を逃したことを「チームのサポート不十分」として、バイエルンに対する不満が浮上。移籍の可能性が伝えられていた。 ▽しかし、『デイリー・スター』によれば、クハルスキ氏はポーランド『Futbolfejs』でレヴァンドフスキの移籍について、次のように否定的なコメントを残したという。 「このテーマに関して何も話したくない。私の言うことが全てドイツ語に翻訳されて、メディアに分析されてしまうからね」 「私が常に言ってきたことに何も変わリはない。バイエルン・ミュンヘンは彼の成長にとってベストなクラブだよ」 2017.06.28 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

コマンが元恋人へのDV容疑で26日に逮捕!

▽バイエルンに所属するフランス代表FWキングスレー・コマン(21)が、元恋人へのドメスティックバイオレンス(DV)容疑で26日に緊急逮捕されていたことがわかった。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽『レキップ』が伝えるところによれば、コマンは26日朝に生まれ故郷であるパリ近郊のセーヌ=エ=マルヌで、元恋人へDV行為を働き、同女性からの通報で地元警察に逮捕されたという。 ▽コマンは警察での事情聴取で容疑を認めており、既に釈放されたとのことだ。そして、今回の容疑に関する裁判は今年9月に予定されている。なお、同選手から暴行を受けた元恋人は全治8日と診断されている。 2017.06.28 02:35 Wed
twitterfacebook
thumb

レナト・サンチェス、希望はバイエルン残留…ユナイテッドやユべントスからの興味にも

バイエルン・ミュンヘンに所属するポルトガル代表MFレナト・サンチェスは残留を希望しているようだ。<br><br>レナト・サンチェスは昨年5月、3500万ユーロ(約43億5000万円)でベンフィカからバイエルンへと加入。しかし、カルロ・アンチェロッティ監督のもとで出場機会は得られず、わずか9試合の先発出場にとどまった。今夏はマンチェスター・ユナイテッドやユべントスなどがレンタルでの獲得に興味を示しているが、ポルトガルの新星はミュンヘンで力を証明したいと考えているようだ。<br><br>「バイエルンは素晴らしいクラブだ。何もわからないけど、基本的な方針は残留だよ。そうならなかったとしても落胆はしないけど、僕は残留を求めているし、ここでベストを尽くしたい。プレーするために努力を続ける。プレーできれば、自信をつけ、より良くなっていくと思うからね」<br><br>昨シーズンは移籍金に見合った活躍ができていないという批判を受けたサンチェス。未完の大器は新シーズンをどこで迎えることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.26 17:02 Mon
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表100キャップ超えのFWオリッチが現役引退

▽1860ミュンヘンに所属する元クロアチア代表FWイビツァ・オリッチ(37)が現役引退を表明した。ドイツ『ビルト』の報道を基に、『キッカー』が伝えた。 ▽オリッチは昨年の夏にハンブルガーSVからドイツ2部の1860ミュンヘンに移籍。オリッチは公式戦33試合に出場したが、クラブは3部リーグ降格の憂き目に遭った。 ▽オリッチは、ドイツ『ビルト』のインタビュー内で、「後悔のないまま辞めることができると思う。長い間、ハイレベルでプレーできたことは夢のようだった。来年、指導者のライセンスを取ってから自分の進む方向を決めたい」と話した。 ▽オリッチはこれまで、ヘルタ・ベルリンやディナモ・ザグレブ、ハンブルガーSVなどでプレー。2009年から2012年まではバイエルンに所属し、2009-10シーズンにはブンデスリーガとDFBポカールの2冠に加え、チャンピオンズリーグ準優勝を経験した。また、クロアチア代表としては104試合に出場し、20得点を記録した。 2017.06.25 08:47 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース