優勝カメルーンから最多3人選出! ANCベストイレブンが発表《アフリカ・ネイションズカップ》2017.02.08 02:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今月5日に終了したアフリカ・ネイションズカップ2017のベストイレブンが決定した。アフリカサッカー連盟(CAF)が発表した。

▽カメルーン代表の4大会ぶり5度目の優勝で幕を閉じたアフリカ・ネイションズカップ。その白熱のトーナメントのベストイレブンには、優勝のカメルーンから守護神のファブリス・オンドア、DFミシェル・エンガジュ・エンガジュイ、大会最優秀選手賞に輝いたFWクリスチャン・バソゴグの3選手が選出。

▽また、準優勝のエジプト代表からは、エースFWモハメド・サラー(写真)、DFアーメド・ヘガジが選出。また、3位のブルキナファソ代表、4位のガーナ代表からも2選手ずつが選出されている。さらに、3得点で大会得点王に輝いたDRコンゴ代表FWジュニオル・カバナンガもベストイレブン入りを果たした。

◆アフリカ・ネイションズカップ・ベストイレブン
GK
ファブリス・オンドア(カメルーン)
DF
カラ・エムボジ(セネガル)
アーメド・ヘガジ(エジプト)
ミシェル・エンガジュ・エンガジュイ(カメルーン)

MF
シャルル・カボレ(ブルキナファソ)
ダニエル・アマルテイ(ガーナ)
バートランド・トラオレ(ブルキナファソ)
クリスチャン・アツ(ガーナ)
モハメド・サラー(エジプト)

FW
クリスチャン・バソゴグ(カメルーン)
ジュニオル・カバナンガ(DRコンゴ)
コメント
関連ニュース
thumb

リシャルリソンのゴールでブラジルがカメルーンを撃破!ネイマールは負傷交代《国際親善試合》

▽国際親善試合のブラジル代表vsカメルーン代表が20日に行われ、1-0でブラジルが勝利した。 ▽[4-3-3]の布陣で臨んだブラジルは、GKエデルソンに、4バックは右からダニーロ、マルキーニョス、パブロ、アレックス・サンドロが並び、中盤にはアラン、アルトゥール、パウリーニョ、前線にウィリアン、フィルミノ、ネイマールが起用された。 ▽試合開始5分に、左からのクロスを胸トラップで収めたアランがボックス左からシュートを放ち、アグレッシブな入りを見せたブラジルだが、8分にネイマールが負傷するアクシデントに見舞われ、リシャルリソンとの交代を強いられる展開となる。 ▽そんなブラジルは21分、フィルミノがゴール至近距離でチャンスを迎えるが、シュートはGKオナナの左腕に当たりネットを揺らすことはできなかった。 ▽対してカメルーンはスピードを生かしたサイド攻撃に活路を見出そうとするが上手くいかない。逆にブラジルがサイド攻撃から最後はフィルミノがヘディングシュートで惜しい場面を作る。 ▽前半アディショナルタイムが迫る中、ブラジルはボックス手前左からアランが入れたクロスが相手に当たりCKを獲得。これをウィリアンがニアに供給すると、ネイマールに代わって入ったリシャルリソンがきれいに頭で合わせて先制点を奪った。 ▽1点ビハインドで後半を迎えたカメルーンは53分、味方のスルーパスで右サイドを突破したエカンビのクロスにバオクンが飛び込むも、上手くミートさせることが出来ずシュートは枠の左に外れた。 ▽その後は互いに交代策を使いながら試合を進めていくものの、なかなか効果的なものとはならない。 ▽85分に、ブラジルは途中出場のドグラス・コスタがやや距離のある位置から思い切ってシュートを放ったが枠を捉えられず。88分には、ボックス右深い位置からの折り返しをジェズスが押し込みにかかるもGKに弾かれ、さらにそのこぼれ球をリシャルリソンがダイレクトで狙うもこれもGKのスーパーセーブによりゴールに結ぶことが出来ない。 ▽後半アディショナルタイムには、途中出場のズーアのヘディングがクロスバーを叩くなど、カメルーンに危ない場面を作られたが、最後までリシャルリソンのゴールを守ったブラジルが1-0で勝利を収めた。 2018.11.21 06:31 Wed
twitterfacebook
thumb

2年前の脳卒中から完全復活! カメルーンの闘将リゴベール・ソング氏が東京五輪目指すU-23チームの監督に

▽かつてリバプールやガラタサライで活躍した元カメルーン代表DFのリゴベール・ソング氏(42)が、U-23カメルーン代表の新指揮官に就任した。カメルーンサッカー連盟(FECAFOOT)が18日に発表した。 ▽2016年10月に脳動脈瘤の疑いで母国のヤウンデの病院に緊急搬送されたソング氏は一時生命の危機に瀕したものの、その後無事意識を取り戻し大きな後遺症もなくリハビリを行っていた。そして、今年に入ってからは指揮官不在のフル代表を暫定指揮官として率い、今回新たな職務として2020年の東京オリンピック出場を目指すU-23カメルーン代表の指揮官に就任することになった。 ▽現役時代にアフリカ屈指のセンターバックと評されたソング氏は、カメルーン代表として歴代最多の137キャップを誇り、4度のワールドカップ出場を果たしていた。また、クラブレベルではリバプールやガラタサライ、ウェストハムで活躍。なお、アーセナルやバルセロナに在籍したMFアレクサンドル・ソングは、甥にあたる。 ▽また、ソング氏は2002年日韓・ワールドカップのキャンプ地となった大分県の旧中津江村(現日田市)での周辺住民との交流や、2010年南アフリカ・ワールドカップのグループステージで日本代表と対戦するなど、日本でも知られた存在だ。 ▽不屈のライオンをピッチ内外で体現するソング氏はアフリカ予選を勝ち抜き、2020年に再び日本の地に足を踏み入れることになるのか。 2018.10.19 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

セードルフ、カメルーン代表監督に就任 クライファートもアシスタントコーチとして入閣

▽カメルーンサッカー連盟は4日、クラレンス・セードルフ氏(42)の同国代表指揮官就任を発表した。 ▽現役時代にオランダ代表やレアル・マドリー、ミランなどで活躍したセードルフ氏は、2014年の現役引退後、ミランや深セン、デポルティボの指揮官を歴任。今年2月にデポルティボの監督退任後、フリーになっている。 ▽カメルーン代表は昨年11月、ロシア・ワールドカップ出場権を逃した責任を問う形でベルギー人のウーゴ・ブロース前監督を解任した。 ▽なお、現役時代にオランダ代表として活躍したパトリック・クライファート氏(42)がアシスタントコーチとして入閣することも決定している。 2018.08.05 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

プーマがパートナーシップ20周年となるカメルーン代表の新ユニフォームを発表

▽プーマは、カメルーン代表の新ユニフォームを発表した。プーマとカメルーン代表は、20年にわたるパートナーシップとなった。 ▽今回の新ユニフォーム発表には、AFRO TRAP アーティストのMHDとアフリカフットボール界のレジェンド ロジェ・ミラが参加。新ユニフォームを発表するとともに、パートナーシップ20周年を祝福した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171106_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ロジェ・ミラは、1990年のイタリア大会のアイコンになり、コーナーフラッグ付近でのダンスは有名に。コーナーフラッグを前にし、一方の手はお腹に、もう一方の手は空に向かって突き上げられた。 ▽その4年後、1994年に生まれたフランス人アーティストが2016年にロジェ・ミラに曲を捧げる。その名はMHD。AFRO TRAPのプリンスとして知られているパリジャンは、世界中での注目度が急上昇中のアーティストの一人で、2017年4月にプーマのアンバサダーに就任した彼の曲「Roger Milla」は、YouTubeで4000万回以上視聴されている。 ▽プーマとカメルーンサッカー連盟は2017年にパートナーシップ20周年を迎え、「不屈のライオン」のユニフォームを発表するとともに、2019年のCANのホスト国になることを祝った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171106_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽新ユニフォームはプーマが開発した衣服内の湿度調整を向上する evoKNIT サーモレギュレーション テクノロジーと、ピッチ上で最適な体温を保つことをサポートする適応型の冷却システムが採用。シームレス構造と組み合わせることで、シャツはパフォーマンスを最適化するための最高のフィット感と可動性を提供している。 ▽新ユニフォームは11月11日のザンビア代表戦より着用予定。7日より、プーマ取り扱いショップにてレプリカが販売予定となっている。 2017.11.06 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ANC王者カメルーンの予選敗退が決定…2006年ドイツW杯以来の予選敗退《ロシアW杯アフリカ最終予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選グループB第4節のカメルーン代表vsナイジェリア代表が4日に行われ、1-1のドローに終わった。この結果、2節を残してカメルーンの敗退が決定した。 ▽ブラジルW杯に出場したナイジェリアとアルジェリア代表、アフリカ・ネイションズ・カップ優勝経験のあるザンビア代表と同居した死のグループBで1敗2分けの3位と苦しいスタートを強いられたカメルーンは、この4節で直近の対戦で大敗したナイジェリアとのリベンジマッチに臨んだ。 ▽逆転での本大会出場に向けて勝ち点3が絶対条件のカメルーンだったが、30分にサイモンにゴールを許して先制点を奪われてしまう。その後、後半に入ってバソゴグ、アブバカルと攻撃的な交代カードを切って逆転を目指すカメルーンは75分、アブバカルのPKで同点に追いつく。だが、ここまで全勝の首位ナイジェリア相手に逆転ゴールを奪うことはできず、試合はこのまま1-1でタイムアップ。2節を残して首位ナイジェリア(勝ち点10)との勝ち点差が「7」のままとなったカメルーンの予選敗退が決定した。 ▽直近のW杯7大会中6度本大会行きを決めていたカメルーンは、今年1月に行われたアフリカ・ネイションズ・カップでも優勝を果たしていたが、2006年のドイツW杯以来となる予選敗退となった。 ▽なお、2位ザンビア(勝ち点4)と最下位アルジェリア(勝ち点1)の一戦は、5日に行われる。 2017.09.05 06:23 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース