超ワールドサッカー

ACL王者の全北現代から加入のGKクォン・スンテ、個人の目標は「最少失点」の新記録樹立2017.01.29 18:53 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽鹿島アントラーズは29日、2017シーズンにおける新体制発表会見を行い、各選手の背番号を発表した。

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)前回王者の全北現代モータースから加入した韓国代表GKクォン・スンテは、チームの優勝に貢献すべく、「最少失点数」の新記録樹立という個人の目標を掲げた。

「ずっと夢見ていた」と語る鹿島加入に喜びのコメントを残しつつ、タイトル獲得に意欲を示した。

GKクォン・スンテ(鹿島アントラーズ)
「2016年のACL優勝王者・全北現代から来たクォン・スンテです。よろしくお願いします」

──サポーターへメッセージ
「1日も早くフィールドで活躍をして、サポーターの信頼を得てみんなで優勝できるように頑張っていきたいと思います」

──ACLで鹿島との対戦経験があるがチームの印象は
「1人1人の能力が非常に高く、チームが勝つためにどうしたら良いかを考えていることを感じました。選手としてこの様な凄く良いチームは見たことがありません。そのチームの中で自分がプレーできることを非常に嬉しく感じています」

──チームの目標は全タイトルを獲るということですが個人の目標は
「まずはチームの目標である優勝に貢献したいです。個人的な目標としては鹿島アントラーズの守備の強化です。今シーズンは最少失点数を記録できるように貢献したいですし、守備の部分で頑張っていきたいです」

──Jリーグには韓国を代表するGKが多く所属していることで感じること、また移籍にあたってアドバイスはもらったのか
「特に日本に居る選手からはアドバイスをもらうことはできませんでした。自分やJリーグにいる韓国のGKが活躍することで、JリーグやKリーグが盛り上がり、サッカーの技術の成長にも繋がると思います。その中で自分たちが何をどうやって頑張っているかをプレーで示したいと思っています」

コメント

関連ニュース

thumb

鹿島vsセビージャを各種動画配信サービスでライブ配信…DAZN、Abema TV、ニコ生など

▽Jリーグは29日、7月22日(土)に県立カシマサッカースタジアムにて開催する「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」の鹿島アントラーズvsセビージャFCを、「デジタル中継祭り」として各種動画配信サービスでライブ配信することを発表した。Jリーグとして初の試みとなる。 ▽同試合に関しては、ライブ配信が決定しているDAZNを始め、Abema TV、ニコニコ生放送、360Channelなどの各種OTTプレイヤーや、スポーツナビ、Jリーグ公式メディア(YouTube、Facebook、Twitter)で配信されることとなる。 ▽Jリーグが主管する試合を複数の動画配信サービスで配信するのは初めてのこと。Jリーグは「数多くのメディアで配信することによって、様々なサービスをご利用の方に試合をご覧いただけるだけでなく、各サービスの特徴を生かしたライブ配信をご覧いただける」と発表した。 ◆明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017 ▽7月22日(土) 《18:00》 鹿島アントラーズ vs セビージャFC [県立カシマサッカースタジアム] 【ライブ配信】 DAZN Abema TV ニコニコ生放送 360Channel スポーツナビ 各種SNSのJリーグ公式メディア(YouTube、Facebook、Twitter) 2017.06.29 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ペドロ・ジュニオール1G1Aの鹿島が新潟撃破で大岩体制リーグ3連勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節の鹿島アントラーズvsアルビレックス新潟が25日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-0で鹿島が勝利した。 ▽ここまで9勝0分け5敗で4位に位置する鹿島と、2勝2分け11敗で最下位に低迷する新潟が相まみえた。鹿島は、3-0で勝利した前節の北海道コンサドーレ札幌戦から、GK曽ヶ端に代わってGKクォン・スンテが復帰させた1点を変更。一方の新潟は、1-2で敗れた前節の大宮アルディージャ戦からGK川浪とロメロ・フランクに代えてGK守田、加藤を起用した。 ▽試合序盤は一進一退の攻防となる。最初に決定機を演出したのは新潟。23分、ペナルティアークからやや右の位置でチアゴ・ガジャルドが左足を振り抜く。強烈なミドルシュートがゴールに飛んだが、これはバーに直撃した。 ▽ハーフタイムにかけても好勝負は続く。なかなか攻撃がハマらない鹿島に対し、新潟は相手の最終ラインを突きながらゴールを目指す。しかし、決定打を欠いたことで、試合はゴールレスのまま折り返す。 ▽迎えた後半、試合を動かしたのは積極的に攻めた鹿島だった。57分、小笠原の右CKに正面の山本が打点の高いヘディングで合わせる。これはGK守田に弾かれてゴールライン上のDFにクリアされるも、これが甘くなったところを見逃さなかったペドロ・ジュニオールが押し込んだ。 ▽これで勢いに乗った鹿島は立て続けにチャンス。70分には、DFソン・ジュフンからボールを奪ったペドロ・ジュニオールがボックス内に入ってシュートを放つ。しかし、これはGK守田のセーブに遭う。さらに、73分にもペドロ・ジュニオールが際どいシュートを放つ。 ▽決めきれない鹿島だが、75分には2点目を決める。ペドロ・ジュニオールのパスをボックス内で受けたレアンドロが冷静にGK守田の牙城を崩し、スコアを2-0とした。 ▽その後、負傷明けのレオ・シルバと遠藤を投入した鹿島は、新潟の攻撃をシャットアウト。大岩新監督体制後、リーグ戦3連勝で好調を維持している。一方の新潟はリーグ戦4連敗と苦しんでいる。 2017.06.25 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

前・鹿島監督の石井氏、柴崎選手は「2歩・3歩先を読んだプレーができる。ピッチを俯瞰して見ることのできるプレーヤー。」

ジダン監督率いるレアル・マドリードが5シーズンぶり33回目の優勝を飾った今季のリーガ・エスパニョーラ。1部の戦いは幕を閉じたが、2部は現在、最終局面を迎えている。柴崎岳選手が所属するテネリフェは、2部4位で昇格プレーオフ準決勝に進出。2部5位カディスと現地15日(木)に1stレグを戦い、アウェイで0-1と敗れた。 8試合連続先発出場を果たした柴崎選手も存在感を発揮できず。テネリフェにとって現地18日(日)の2ndレグが、シーズン全てをかけた一戦となる。この大一番を前に、2017年5月まで鹿島アントラーズ監督を務め、FIFAクラブワールドカップ2016決勝でレアル・マドリードを延長戦まで追い詰めた石井正忠氏が、自身初の解説を務める昇格プレーオフの展望・柴崎選手への期待を語る。 <span style="font-weight:700;">■クラブW杯で感じた世界との差と手ごたえ</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/wow20170617_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><span style="font-weight:700;">――昨年12月のクラブW杯では決勝に進出して、レアル・マドリードと激闘を繰り広げました。ご自身にとって、どんな経験になりましたか?</span> 「色々なタイプのチームと対戦し、選手の成長も感じる濃い一か月になりました。レアル戦に関しては、力の差があるのはわかっていたので、しっかり自分たちのスタイルで戦おうという意気込みで臨みました。日本チームの代表として、引いて守る形ではなく、決勝まで来たのだから、自分たちの戦い方を出す気持ちで挑みましたね」 <span style="font-weight:700;">――やはり、世界との差は感じましたか?</span> 「テレビで見ても感じていましたが、『世界のトップ選手とはこんなに差があるんだ』と、同じピッチではより感じました。それでも試合前に、守備は崩せるチャンスがあると分析担当と話していましたし、実際戦ってみて点を獲れるイメージはあったので、柴崎選手が良く決めてくれたという感じです」 <span style="font-weight:700;">――鹿島が2点を獲った後は勝利の可能性も感じましたし、相手の雰囲気も変わりました。</span> 「内容を見ても、自分たちがボールを保持する時間があったので、勝てるだろうと感じていました。レアルもゆっくり試合に入りましたけど、途中から向こうのプレーが変わったし、会場の雰囲気が変わったのも感じました。クリスティアーノ・ロナウドについては、やはり世界一流の選手はこういう舞台で決める能力・技術があるのだと、改めて思いましたね」 <span style="font-weight:700;">――あの戦いが日本サッカーに残したものをどう感じていますか?</span> 「サッカーだけではなく、日本のスポーツ界全体に影響を及ぼすような戦いを、鹿島はしたと思っています。結果的に負けましたが、世界的クラブに対して日本のサッカーチームが対等以上に戦えたのは、日本のスポーツに大きく影響するような、そんな価値のある戦いだったと思っています」 <span style="font-weight:700;">■柴崎選手の印象は「負けず嫌い」</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/wow20170617_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-weight:700;">――テネリフェに移籍した柴崎選手ですが、初めて会った時はどんな印象でしたか?</span> 「彼が高校二年の時にキャンプで初めて見ましたが、技術的な素晴らしさと、隣の選手と同じメニューをやっても回数を多くやったりする負けん気の強さを感じました。彼は本当に向上心をもって、課題を見つけて日々の練習をこなしていたので、細かい指導はほとんど必要ありませんでした」 <span style="font-weight:700;">――2部移籍に関してはどんな形で相談を受けましたか?</span> 「移籍が決まった時に電話で報告を受けました。彼はまじめで向上心を持っているので、必ず成功すると思い、こちらからは『応援する』ということしか言ってないですね。人間的にもしっかりしているので、成功するだろうとしか思っていないです」 <span style="font-weight:700;">――実際にテネリフェのチームではすでに中心選手になっていますが、柴崎選手のここまでのプレーを見てどうですか?</span> 「すでにチームの中心だと思っていますし、柴崎選手らしいプレーを出してくれていると思います。プレーオフ準決勝1stレグでも色々なポジションでプレーしていましたが、それが彼の特徴。今のテネリフェは彼がいないと試合にならないんじゃないかと思うぐらい、中心選手になっていますよね」 <span style="font-weight:700;">――柴崎選手のすごさ、世界でも通用する武器はどこか教えてください。</span> 「まず、基本技術がしっかりしています。そして、2歩・3歩先を読んだプレーがイメージできていますね。戦術理解も深く周りを活かすプレーもできるから、ピッチを俯瞰して見ることのできるプレーヤーだと思います。ぜひ昇格して1部でプレーして欲しいですね」 <span style="font-weight:700;">――プレーオフ準決勝2ndレグに向けて、どんなプレーを期待するか教えてください。</span> 「1stレグでは彼自身にボールが集まってきませんでしたし、そこから先の攻撃ができなかった。だから前線がタメをつくって、柴崎選手がサポートしていく形になると試合はかなり変わると思います。ですので、周りの選手にもう少しがんばってほしいですね」 <span style="font-weight:700;">――彼に最適なポジションは?また日本代表においてどんなプレーを期待しますか?</span> 「2016年はボランチから前に出ていくプレーが合っていると感じましたが、日本代表などではトップ下も彼の活きるポジションだと思っています。絶対に日本代表の力になってくれるはずですし、我慢して自分らしいプレーができれば必ずまた代表にも呼ばれると思います」 <span style="font-weight:700;">■リーガは「球際の強さや1試合にかける思いの強さ」が違う</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/wow20170617_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><span style="font-weight:700;">――リーガ・エスパニョーラの印象を教えてください。</span> 「レアルはこんなチーム、バルサはこんなスタイル、地域によっても特色があるチームが多いですよね。個人の能力は日本に比べて高いし、球際の強さや1試合にかける思いの強さはかなり違うなと思います」 <span style="font-weight:700;">――以前、バルセロナを理想的なチームと表現されていましたが、その理由を教えてください。</span> 「トップチームから下部組織まで同じスタイルでやっているのはクラブの理想的な形ですよね。個人の質も私は最高峰だと思っていますし、判断も早い。クライフが作った美しく勝つという理想的なサッカーを極めたチームだと思います」 <span style="font-weight:700;">――Jリーグ発足から25年が経ちました。日本サッカーの成長をどう感じていますか?</span> 「25年、長いようであっという間であったと私は思います。Jリーグがここまで成長できたのは、日本だからこそ。拮抗していてレベルの高いリーグを作れたのは、協会・クラブを含めて努力した結果だと思っています。もちろんまだまだ、世界とは基本的なサッカーの質が違う。ボールを蹴る・止める・状況判断とそのスピード、その差は大きいと思います。普段からJリーグのチームが世界の強豪と戦える機会を増やし、Jリーガーがレベルの高いプレーをリーグで続けるのが、世界に追いつくために大事だと思っています」 <span style="font-weight:700;">――最後に、プレーオフ決勝にゲスト解説として挑む意気込みを教えてください。</span> 「プレーオフ準決勝を見て改めて、一試合に対する両チームの意気込み、熱さを感じました。個人的には両チームの監督がどんな采配をするのか見たいと思っていますし、柴崎選手が所属するテネリフェが勝ち進んで1部にあがってくれることを期待して、臨みたいと思います」 決勝進出をかけたプレーオフ準決勝2ndレグ「テネリフェvsカディス」は、6/19(月)午前5:30よりWOWOWライブで放送する。 ◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆ ★『スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ2部』 【昇格プレーオフ 放送日】 ・準決勝 2ndレグ「テネリフェvsカディス」 6/19(月)午前5:30~[WOWOWライブ] ※6/18(日)深夜3:50~[WOWOWメンバーズオンデマンド]にて先行ライブ配信 ・決勝 1stレグ「対戦カード未定」 6/22(木)午前10:00~[WOWOWプライム] ※6/21(水)深夜3:50~[WOWOWメンバーズオンデマンド]にて先行ライブ配信 ・決勝 1stレグ「対戦カード未定」 6/24(土)深夜3:50~[WOWOWプライム]※生中継 ゲスト解説:石井正忠(前・鹿島アントラーズ監督) 解説:関塚隆(ロンドン五輪日本代表監督) ★世界最高峰のサッカーリーグ「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」を17-18シーズンも生中継を中心にWOWOWで放送! <div id="cws_ad" style="">■詳しくは番組オフィシャルサイト(<a href="http://www.wowow.co.jp/sports/liga/" target="_blank">wowow.bs/liga</a>)へ。</div> 2017.06.19 00:00 Mon
twitterfacebook
thumb

札幌がリーグ5連敗…ペドロ・ジュニオール2発の鹿島が連勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節の鹿島アントラーズvsコンサドーレ札幌が17日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、3-0で鹿島が勝利した。 ▽ここまで8勝0分け5敗で5位の鹿島と、3勝3分け8敗で15位と苦しんでいる札幌が相まみえた。鹿島は、前節のサンフレッチェ広島戦(3-1で勝利)から先発4選手を変更。伊東、永木、鈴木、そして代表戦帰りで外れたGKクォン・スンテに代えて、西、小笠原、ペドロ・ジュニオール、GK曽ヶ端を起用した。一方、リーグ4連敗中の札幌は、前節のヴィッセル神戸戦(1-2で敗戦)から河合と菅に代えてキム・ミンテとマセードを起用する2点を変更した。 ▽試合は、落ち着く間もない早々に鹿島がスコアを動かす。2分、ボックス右に走り込んだ中村が西からの縦パスを受けると、ループでのパスをゴール前に供給。ゴール至近距離、ファーサイドの山本が頭で合わせてネットを揺らし、鹿島が先行する。 ▽先制して勢いに乗る鹿島は、続く15分に同じような形で加点する。西のパスからボックス右の中村がクロス。正面のペドロ・ジュニオールが右足で合わせてシュートをゴールに流し込み、鹿島がリードを広げた。 ▽さらに鹿島は攻撃の手を緩めない。30分には、勢いそのままに3点目を奪取。ハーフウェーライン付近で仕掛けたレアンドロがペドロ・ジュニオールにスルーパス。ボックス正面に進入してそのままGKとの一対一を決めたペドロ・ジュニオールのこの日2発目で、鹿島が前半のうちに3-0とする。 ▽ハーフタイム明け、3点のビハインドを背負う札幌は早坂に代えて菅を投入する。都倉にフィニッシュのボールを集めようと仕掛ける札幌だが、鹿島守備陣も奮闘して対応。なかなか、ゴールを割ることができない。 ▽後半の半ば、鹿島は中村に代えて遠藤を投入。対する札幌は都倉を下げて金園を送り出す。その札幌は70分、ペナルティアーク付近のジュリーニョが左足でゴール右にミドルシュートを放つ。これがGK曽ヶ端のファインセーブに遭うと、こぼれ球を今度は金園が押し込みにかかる。しかし、これもGK曽ヶ端の好守に阻まれた。 ▽守護神に助けられた鹿島は、74分に反撃。カウンターからレアンドロが持ち上げると、最後はボックス内の土居が、飛び出してきたGKク・ソンユンをかわしてシュート。しかし、これは札幌DFのカバーリングに遭って4点目とはならない。 ▽その後もオープンな展開が続いたが、鹿島がそのままシャットアウト勝ち。鹿島が前節に続く連勝を決めた。一方の札幌はリーグ戦5連敗となっている。 2017.06.17 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島、DF伊東幸敏が一般女性と今年2月に入籍! 「今まで以上の覚悟と責任を持って行動」

▽鹿島アントラーズは16日、DF伊東幸敏(23)が今年2月に一般女性と入籍していたことを発表した。なお、お相手が一般女性となるため、氏名、年齢等については公表を控えることが併せて伝えられている。 ▽伊東は今回の入籍発表に際し、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「私事ですが、2月に入籍をしました。遅くなりましたが、本日、発表させていただきます。妻とは出会った時から、お互いに気を使わず、2人とも自然体でいることができます。ストレスなくサッカーに専念できる環境を作ってくれている妻を、本気で幸せにしたい、そして共に支え合いたいと思っています。家庭を持つことになりましたので、今まで以上の覚悟と責任を持って行動していきます。お世話になった方々にはサッカーで恩返しができるよう、これまで以上に精進していくつもりです」 ▽2012年に静岡学園高校から鹿島に加入した伊東は、今季の明治安田生命J1リーグで7試合に出場している。 2017.06.16 17:25 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース