ACL王者の全北現代から加入のGKクォン・スンテ、個人の目標は「最少失点」の新記録樹立2017.01.29 18:53 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽鹿島アントラーズは29日、2017シーズンにおける新体制発表会見を行い、各選手の背番号を発表した。

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)前回王者の全北現代モータースから加入した韓国代表GKクォン・スンテは、チームの優勝に貢献すべく、「最少失点数」の新記録樹立という個人の目標を掲げた。

「ずっと夢見ていた」と語る鹿島加入に喜びのコメントを残しつつ、タイトル獲得に意欲を示した。

GKクォン・スンテ(鹿島アントラーズ)
「2016年のACL優勝王者・全北現代から来たクォン・スンテです。よろしくお願いします」

──サポーターへメッセージ
「1日も早くフィールドで活躍をして、サポーターの信頼を得てみんなで優勝できるように頑張っていきたいと思います」

──ACLで鹿島との対戦経験があるがチームの印象は
「1人1人の能力が非常に高く、チームが勝つためにどうしたら良いかを考えていることを感じました。選手としてこの様な凄く良いチームは見たことがありません。そのチームの中で自分がプレーできることを非常に嬉しく感じています」

──チームの目標は全タイトルを獲るということですが個人の目標は
「まずはチームの目標である優勝に貢献したいです。個人的な目標としては鹿島アントラーズの守備の強化です。今シーズンは最少失点数を記録できるように貢献したいですし、守備の部分で頑張っていきたいです」

──Jリーグには韓国を代表するGKが多く所属していることで感じること、また移籍にあたってアドバイスはもらったのか
「特に日本に居る選手からはアドバイスをもらうことはできませんでした。自分やJリーグにいる韓国のGKが活躍することで、JリーグやKリーグが盛り上がり、サッカーの技術の成長にも繋がると思います。その中で自分たちが何をどうやって頑張っているかをプレーで示したいと思っています」

コメント

関連ニュース

thumb

鹿島DF三竿雄斗、一般女性と入籍&第一子となる長男誕生

▽鹿島アントラーズは13日、DF三竿雄斗の一般女性との入籍および第一子となる長男の誕生を発表した。 ▽三竿はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私事ではありますが、かねてよりお付き合いしていた女性と昨年6月に入籍し、12月に第一子の男の子が誕生しました。守るべき家族ができたので、より一層の責任を持ってチームに貢献できるよう、日々努力していきたいと思います」 ▽2017年に湘南ベルマーレから加入した三竿は、明治安田生命J1リーグに2試合、YBCルヴァンカップに1試合出場している。 2018.01.13 15:22 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島復帰のDF内田篤人、思いと舞台裏を赤裸々 「口約束の方が契約よりも重かった」

▽鹿島アントラーズは10日に新体制発表会見を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。 ▽実に8シーズンぶりの古巣復帰となる元日本代表DF内田篤人が会見終了後、メディア陣の囲み取材に応対し、復帰劇の思いと舞台裏を赤裸々に告白。そして、今夏にロシア・ワールドカップを控える日本代表への逆転での滑り込みに意欲を示した。 <span style="font-weight:700;">◆DF内田篤人</span>(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20180110uchida_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──8年ぶりの復帰について</span> 「鹿島を出るときから、身体が動けるうちに戻ってきたいと思っていたので嬉しいです」 <span style="font-weight:700;">──ホームサポーターにメッセージを</span> 「シャルケやベルリンのスタジアムは良い雰囲気でしたし、そういう中でサッカー選手としてサッカーできるのはすごく幸せ。是非、カシマスタジアムに足を運んで、一緒に戦ってほしいです」 <span style="font-weight:700;">──決断の時期について</span> 「シャルケとの契約が今年までだったので、(予想よりも戻ってくるのが)半年早いぐらい。ヨーロッパで契約延長という話が出たとしても、戻ってくるつもりでいました」 <span style="font-weight:700;">──コンディションについて</span> 「キャンプもあるし、コンディションは大丈夫だと思います。ちゃんとドイツに来て取材されている方ならわかると思いますが、練習からガツガツやってますし、やれます」 <span style="font-weight:700;">──8年の月日を経ての復帰について</span> 「僕は元々、そんなに海外でやらないと仕方ないタイプの選手ではなくて、何となく流れで移籍したら、何回か契約を延長して長くなっちゃった感じです。あまりイメージしてなかったかな。早く戻ってくるとか、長く向こうにいるっていうのはなかったです」 <span style="font-weight:700;">──今年戻ることは想定していたのか</span> 「そうですね。シャルケとの契約延長の話のときは、代理人を通じて、そういうことを軽く伝えていました。僕は今の若い選手がヨーロッパでやりたいということをやってきたので、あとはここに戻ってきたいという思いでした」 <span style="font-weight:700;">──鹿島に戻ってきた理由について</span> 「ただ単に好きだから。それと、強化部長の存在がすごく大きくて…。変な話、出て行くときに、『戻ってきます!』って口約束をしていました。契約よりも口約束が重かったかな。あと、毎年鹿島に顔を出させてもらっていたとき、『もう良いんじゃないか? 戻って来い』っていう風に毎度冗談で言われていました。今年に関しては、本気で言われたので、即答で『戻ります』って感じでした」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20180110uchida_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──改めて背番号2を着用する点について</span> 「大げさですけど、名良橋(晃)さんからいただいた番号なので、下手なプレーはできないなという思いです。ジョルジーニョも付けていたので…」 <span style="font-weight:700;">──自身が退団後、ずっと空き番だったことについて</span> 「強化部長から『いつも空けてるから』っていうことだと思いますし、今年に関しては『本気で獲りに行きたい』とおっしゃってました。タイミング的にも、そういう流れでだったので、良かったです。本当に流れとタイミングが合いました」 <span style="font-weight:700;">──強化部長の本気を察した部分は</span> 「何回かメールをいただいた。直接、話はしていなかったですけど、その文章であったり、雰囲気であったり、雰囲気的に…。毎年のようなグラウンドでの『もう良いんじゃないか?』っていう感じではなかったです。本当に、強化部長のもとに帰ってきた感じです」 <span style="font-weight:700;">──ドイツ挑戦の総括。そして、還元できる部分は</span> 「正直、ドイツと日本の歴史は全然違う。めっちゃ差がある。怒られるかもしれないけど、それが正直なところ。Jリーグが始まったのは僕が幼稚園の頃だったけど、シャルケが誕生したのは1904年。ブンデスリーガ自体も差がだいぶある」 「ドイツだと、若い選手がどんどん出てくるシステムが本当に良くできていて、クラブユースや高校サッカーの域を超えて、サッカーを強くする環境が整っている。そうすると、化け物みたいな奴が毎年のように出てくるんですよ。ドイツは」 「そういうのを見てきた僕が日本に帰ってきてプレーすべきなんじゃないかなって思いました。自分の国を強くするというか、伝えていくことが大事だと。そりゃ、海外で終わりたいっていう選手もいるけど、僕は帰ってきたいと思いました」 <span style="font-weight:700;">──伝えていくというのはプレー以外でもか</span> 「僕は一応、選手なのでプレーで示したいなとは思ってます。いつかわからないけど、引退したときは練習だったり、クラブのあり方、ファンとの繋がり、地元との繋がり、歴史とかを伝えていきたい。世界で勝つことを考えると、盗んでいかないと追いつけない」 <span style="font-weight:700;">──ワールドカップも視野に入れた移籍では?</span> 「それもあるけど、タイミングがたまたまこの時期だっただけで、ワールドカップのために鹿島に戻ってきたわけではないです。ワールドカップが終わってからも鹿島でプレーしたい。半年時間があるので、どれだけ状態を取り戻せるかだと思います」 <span style="font-weight:700;">──状態を取り戻すのに大事なことは</span> 「試合に出続けることが大事。向こうでコンディションが悪いわけではなかった。僕が移籍の話をしたら、新しい選手を探すということになりました。そこは覚悟して、自分の希望を伝えました。新聞を見てると、イェンス・ケラーがいなくなったから退団するみたいな書き方をされていたけど、その前から話はしていました」 <span style="font-weight:700;">──MF小笠原満男もヨーロッパから帰ってきて違いを見せたが、自身はどういう違いを見せられるか</span> 「昨日、練習してみて、本当に喋らなくなったなと。向こうは無駄話をせず、ピリッとしているので。1日終わっただけなのでなんとも言えないですけど、キャンプに入った頃から雰囲気が変わってくるのかなと思っている」 「僕はサイドバックなので、仲間がいてこそのポジション。ボランチみたいに試合をがっくり任されるポジションではない。良い選手はいますし、うまく使われながら使いながら。隅っこの選手なので、あまり影響はないと思います」 <span style="font-weight:700;">──言葉の重要性はあるか</span> 「大切になってくる。満男さんほど無口ではないので、もうちょっとうまく若い選手とコミュニケーションを取っていきたいです。でも、基本は満男さん。プレーで見せてくれるし、後ろ姿で『こうやって勝っていくんだよ』『こうやってチームを作っていくんだよ』って示してくれる。それが全て。口だけだったら何とでも言えるので。僕はずっと試合に出ていないし、ま試合に出て、プレーで見せていかないといけないと思います」 <span style="font-weight:700;">──代表への思いは</span> 「(今の代表は)『ボール取ったら早く攻めるんでしょ?』っていうイメージ。それはもう世界だと普通だから。初歩的なことしか、監督は言ってないんじゃないかな。それをピックアップして大きくされちゃってるから、『ポゼッションなし!』みたいな感じになっちゃってる。ミーティングで言われることだから、それは普通。それを日本人選手が取り入れ過ぎ。監督の言うことを半分聞いておけばプレーすれば良いと思います。まあ、僕は呼ばれてないので、関係ない話です」 <span style="font-weight:700;">──代表復帰を待つ人が多いが</span> 「協会や代表スタッフから常に連絡が入っています。試合復帰が近づいてきたり、ヒザの状態だったり、手術からの経過を知ってくれている。ここでまた1つ環境が変わるので、僕にとってポイントかなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──鹿島の医療スタッフの存在も復帰の後押しになったか?</span> 「それもあります。鹿島には良い医療スタッフがいます。僕も年齢的に30歳が近いですし、ケガや今後のケアを考えると、良いスタッフがいることが1つ決め手になりました」 <span style="font-weight:700;">──大岩剛監督とは何か話をしたか</span> 「特に、話はしていません。身体のことを気にかけてくれている雰囲気はあります。だからといって、特別扱いする雰囲気もありません。剛さんとは現役のとき、一緒にプレーしましたけど、自分に厳しく、他人にも厳しい人。僕だけじゃなく、全選手に甘やかしがなくて、フラットな見方をしているイメージがあります」 <span style="font-weight:700;">──プレーに期待が集まることが予想されるが</span> 「ドイツで、サッカーはビジネスだなって思いました。チャンピオンズリーグもそうだけど、1試合で何十億ものお金が動く。だから、こういう囲み取材もしなきゃいけないし、サッカーだけやっていれば良いってわけじゃないんだなと。クラブが求めるなら色んな仕事をやるべきだなと思います」 <span style="font-weight:700;">──久々のJリーグで自分に期待を寄せる部分は</span> 「難しいと思います。言い訳をするつもりではないけど、やっぱりリーグや芝生、ボール、水を撒いてる撒いてないとかで、難しさが出てくる。それは始まってから、自分の中で痛感すると思います」 「だから、満男さんはすごいです。帰ってきてから、チームをばんばん優勝させている。僕にはできない。少しでも近づきたいけど、追いつけない。あの人はちょっと違う」 「だって、あの人はもう今年で39歳。すごいですね。素直に。ドイツでやれていたから日本でできるというわけじゃない。リーグが違えばやり方も違う。結構苦労すると思います。最初は特に」 「審判のファウルの取り方だったり…。日本は特に。問題あると思いますよ。見てるこっちがストレス感じるってことは、やってる人はもっとストレスを感じているんじゃないかな。去年、鹿島の試合を見ていましたけど、僕がグラウンドに入っていきたい気持ちでしたからね」 「ぶっちゃけケガしないようにするなら、流しながらプレーすれば良い。でも、それじゃ意味がなくて、細く長くはイメージしてはいない。僕は太く短く、太く長くっていうサッカー人生をイメージしている。終わりが見えてきているのもあります」 <span style="font-weight:700;">──半年後のワールドカップについて</span> 「僕は鹿島でプレーしていますけど、(ワールドカップに出られるのは)日本人なら良いんですもんね? J2だろうが、J3だろうが、草サッカーだろうが、最後にハリルが呼ぶメンバーに選ばれるかもしれない。その気持ちは日本国民全員が持っていても良い」 「なら、僕も持っていても良いでしょ? そういう気持ちはあります。日本国民の全員がライバルだと思っています。新聞を読んでいる高校生も、おじさんも呼ばれるかもしれないんだから」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20180110uchida_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──鹿島の選手として代表に呼ばれることは意識するか</span> 「そこまで深く考えてはいないけど、鹿島で試合に出られていれば代表じゃない? ちょっとニュアンスが違うかもしれないけど、そういうイメージがあります。レアル・マドリーと何年か前に対戦してましたけど、(鹿島は)世界が注目するようなクラブではなければいけない」 「だから、鹿島アントラーズの選手としてワールドカップに出ることが大事になってくると思っています。前回大会は、アントラーズから選手が選ばれなかった。もっと選ばれても良い選手がいるので、その中に自分も入っていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──さきほど『終わりが見えている』とおっしゃったが、今後の数年が集大成ということか</span> 「そうなりたくですよ。したくないけど、ケガもしましたし、何となく。太く長くできれば良いですけど。それを目指してやってますよ。満男さんみたいに。(満男さんが39歳っていうのが)ちょっと信じられないですね。しかも優勝争いにするチームにいるっていうのが…」 <span style="font-weight:700;">──帰ってくるにあたって小笠原から声をかけられたか</span> 「あったけど、あまり勝手に言うのは良くないと思うので内緒にしておきます。でも、自分の中では最後のひと押しというか、あれで決まりでした。ほとんどメールくれないんですよ。ゴルフに行くときぐらいの誘いしか連絡を取ったことがない。鹿島の人から聞いたんでしょうけど、話を進め始める段階で、ボソボソというのがありました」 2018.01.10 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島新体制発表会見、復帰のDF内田篤人ら新入団5名が抱負

▽鹿島アントラーズは10日に新体制発表会見を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。 ▽今シーズンから鹿島に加入するのは、DF犬飼智也、DF安西幸輝、DF内田篤人、FW山口一真、GK沖悠哉の5名。それぞれが質疑応答に応じ、抱負を語った。 ◆DF犬飼智也<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kashima_inukai_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「清水エスパルスからやってきた犬飼です。ディフェンスをやっています。本当に伝統あるこのクラブにやってこれて幸せを感じています。このクラブと一緒にタイトルを目指して日々努力していきたいと思います。よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──アントラーズというクラブのイメージと、加入した心境について</span> 「結果が表しているとおり、対戦してもすごく手強い、勝負強いチームという印象があります。勝負やタイトルに対する思いはひしひしと感じますし、その環境に慣れて一員になっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──アピールポイント</span> 「僕は守備とヘディングが得意なので、チームのために自分の持つ全てを出していきたいです」 <span style="font-weight:700;">──チームと個人の目標</span> 「タイトルを獲ることと、それに貢献したいです。自分のやれることを出し切りたいです」 ◆DF安西幸輝<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kashima_anzai_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「東京ヴェルディから加入することになりました。安西です。犬飼選手と同様、伝統あるこのチームに入れて幸せです。自分の持つ力を全部出して、タイトル奪還に向けて頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──アントラーズというクラブのイメージと、加入した心境について</span> 「勝負への執念をすごく感じますし、伝統あるチームに入れて幸せです。まだ少ししか練習をやっていないんですけど、その中でもレベルの違いを感じています。早く追いついていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──アピールポイント</span> 「僕は両サイドハーフと両サイドバックでプレーできます。それに加えて、ドリブルが自分の特徴なので、そこを見ていただきたいです」 <span style="font-weight:700;">──チームと個人の目標</span> 「タイトル奪取はチームが目指していることなので、4冠を達成するためにも、早くピッチに立って、貢献していきたいです」 ◆DF内田篤人<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kashima_uchida_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「ウニオン・ベルリンから来ました。内田篤人です。このチームのために、一生懸命働く覚悟で来ました。よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──アントラーズというクラブのイメージと、加入した心境について</span> 「アントラーズは2010年ぐらいまで居させてもらいました。シャーレを掲げている姿がすごく似合うチームだと思っています。昨年は獲れなかったので、今シーズンはみんなで獲りにいきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──アピールポイント</span> 「向こうで激しく練習をしてきました。サッカー選手とは何かを傷の数だけわかってきたつもりです。若い選手もいるので、自分ができることを練習からやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──チームと個人の目標</span> 「そうですね。優勝できるように頑張ります」 ◆FW山口一真<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kashima_yamaguchi_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「鹿島アントラーズというJリーグでも名のあるクラブでプレーする機会をもらえたので、自分らしく特徴であるパスやシュートで得点して、チームの勝利に貢献していきたいです。よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──アントラーズというクラブのイメージと、加入した心境について</span> 「僕はまだプロ経験がないんですけど、テレビで観ていて、とても勝負強くて、毎年優勝争いに食い込んでくるチームだなと感じています。練習してみて雰囲気も良いですし、タイトルを獲りに行くチームだと思うので頑張っていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──アピールポイント</span> 「僕の特徴はドリブルやパス、シュート、何でもこなせるところなので、1年目からそういう部分を出していけるように頑張っていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──チームと個人の目標</span> 「僕も優勝できるように頑張ります」 ◆GK沖悠哉<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kashima_oki_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「小さい頃から夢見てきた鹿島アントラーズの選手になることができて非常に嬉しく思います。1日でも早く試合に出て、チームの優勝に貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──アントラーズというクラブのイメージと、加入した心境について</span> 「小さい頃からスタジアムで優勝カップを掲げている姿だったりを観ていて、ずっとこのチームでプレーしたいと思っていました。1日でも早く試合に出られるように頑張ります」 <span style="font-weight:700;">──アピールポイント</span> 「自分の得意なところはビルドアップとキックなので、チームの誰にも負けないように頑張っていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──チームと個人の目標</span> 「チームの優勝と、個人的に試合に出ること、貢献できるように頑張りたいと思います」 2018.01.10 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

全冠を! DF内田篤人復帰の鹿島新体制、FW金崎夢生が10番に

▽鹿島アントラーズは10日に新体制発表会見を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。 ▽昨年に自力の可能性を残しながら最後の最後でJ1連覇を逃した鹿島。大岩剛監督にとって、汚名返上を期する指揮2年目となり、クラブとしても未だ優勝を成し得ていないAFCチャンピオンズリーグを含む全冠を狙う。 ▽主な背番号は、8シーズンぶりの復帰となるDF内田篤人がクラブの計らいで戻ってくるときに備えて空き番になっていた背番号2に決定。エースストライカーに君臨するFW金崎夢生は背番号33から10番を背負う。 ▽これまでの自分たちを上回るとの思いが込められた「こえる」というスローガンを掲げた名門の鹿島。15日に鹿島神宮で必勝祈願を行い、同日に宮崎に渡り、28日までキャンプに臨む。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.クォン・スンテ 21.曽ヶ端準 29.川俣慎一郎 31.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">沖悠哉</span>☆←(鹿島アントラーズユース)※昇格 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">内田篤人</span>☆←(ウニオン・ベルリン/ドイツ)※完全 3.昌子源 5.植田直通 15.三竿雄斗 16.山本脩斗 22.西大伍 23.小田逸稀 24.伊東幸敏 28.町田浩樹 32.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">安西幸輝</span>☆←(東京ヴェルディ)※完全 39.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">犬飼智也</span>☆←(清水エスパルス)※完全 <span style="font-weight:700;">MF</span> 4.レオ・シルバ 6.永木亮太 8.土居聖真 11.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアンドロ</span>☆←(パルメイラス/ブラジル)※期限付きからの完全 13.中村充孝 20.三竿健斗 25.遠藤康 26.久保田和音 36.田中稔也 40.小笠原満男 <span style="font-weight:700;">FW</span> 7.ペドロ・ジュニオール 9.鈴木優磨 10.金崎夢生 14.金森健志 19.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">山口一真</span>☆←(阪南大学)※新加入 30.安部裕葵 2018.01.10 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

清水DF犬飼智也、完全移籍で鹿島へ 「できる全てをチームのために」

▽鹿島アントラーズは6日、清水エスパルスに所属するDF犬飼智也(24)の完全移籍加入を発表した。 ▽静岡県静岡市出身の犬飼は、2012年に清水ユースからトップチームに昇格。2013年夏から松本山雅FCに期限付き移籍すると、徐々に頭角を現し、2015シーズンに清水復帰を果たした。2016シーズンから副将に就任。昨シーズンは、負傷の影響で明治安田生命J1リーグ16試合にとどまった。 ▽来シーズンから鹿島でプレーすることになった犬飼は、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆鹿島アントラーズ 「鹿島アントラーズというチームで、チャレンジできる機会をいただいたことに感謝しています。鹿島というチームはタイトルを獲るという明確な目的があり、その目的を達成するために自分のできる全てをチームのために全力でプレーします」 ◆清水エスパルス 「鹿島アントラーズへ移籍することを決断しました。ジュニアユースから育ててもらい、プロとなり、今の自分があるのはエスパルスというチームのおかげです。勝手ながら僕が移籍を決めたのは、自分のサッカー人生の中で一番大きな挑戦が今だと思ったことです。一選手として挑戦してみたいと純粋に思えたのも、エスパルスでの今までがあったからだと思います。この感謝の気持ちを言葉にすることは難しいですが、これからも感謝の気持ちを持って日々努力していきます。本当にありがとうございました」 2018.01.06 15:05 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース