シュナイデルラン獲得のエバートン、クレバリーをワトフォードに放出…買取OP付きの今季終了までのレンタル2017.01.13 08:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ワトフォードは12日、エバートンに所属する元イングランド代表MFトム・クレバリー(27)を買取オプション付きの今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽マンチェスター・ユナイテッドのアカデミーで育ったクレバリーは、2012年8月にイングランド代表デビュー。2015年夏に完全移籍でエバートン入りした。

▽加入初年度の2015-16シーズンには、公式戦30試合に出場して2ゴール6アシストを記録。今シーズンは公式戦12試合1アシストをマークしていた。

▽ロナルド・クーマン監督率いるエバートンは同日、ユナイテッドからフランス代表MFモルガン・シュナイデルラン(27)を完全移籍で獲得したことを発表している。
コメント
関連ニュース
thumb

スターリングがわずか14分のハットトリック劇! シティがワトフォードに快勝し首位固め《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは9日、プレミアリーグ第30節でワトフォードと対戦し、3-1で勝利した。 リーグ戦では目下5連勝中で首位に立つシティ(勝ち点71)と、ここ4試合で3勝を挙げている8位ワトフォード(勝ち点43)の対戦。勝利して首位固めしたいシティは、前節のボーンマス戦からスタメンを1人変更。負傷したデ・ブライネに代わりマフレズが起用された。 最初のチャンスはシティ。8分、マフレズが右から左足で上げたクロスにシルバが頭で飛び込んだが、上手くミートできずボールは左に逸れた。29分には、2019年で9ゴール1アシストと好調のアグエロがベルナルド・シウバのクロスからヘディングシュートを狙うが、こちらも枠の外。 前半アディショナルタイムにも2度のチャンスが訪れたがモノにするは出来ず。およそ7割のポゼッションを記録したシティだったが、前半はゴールレスに終わった。 ところが後半立ち上がり、シティが試合を動かす。敵陣中央のギュンドアンの浮き球パスがアグエロへ。胸トラップが大きくなったところを、ワトフォードDFがクリアを試みたのだが、同じように詰めていたスターリングに当たってボールはゴールイン。この時、アグエロに渡った時点でスターリングはオフサイドポジションにいたため、ワトフォード側はノーゴールであることを主張したが、直接ボールに触れたわけではなかったことから、主審はオフサイドを取らなかった。 このゴールで流れは一気にシティに傾く。50分、ボックス手前でボールを持ったシルバからボックス右のマフレズに渡ると、右足での折り返しをスターリングが押し込んで追加点。さらに59分には、左サイドから斜めにゴールに向かうスターリングが、シルバから見事なスルーパスを受けてボックス左に侵入。ドリブルで相手を躱しながら中央に侵攻しゴールに流し込んだ。 後半開始14分でハットトリックを決めたスターリングは65分にお役御免。代わりにザネが投入された。ワトフォードもサクセスとフェメニアを下げてディーニーとデウロフェウを投入。するとこの直後のセットプレーからこの2人がゴールを奪う。 66分、自陣からのFKをGKフォスターがゴール前に放り込むと、ディーニーが頭で繋いでデウロフェウがゴール。交代が功を奏して1点を返した。 しかし、試合の大勢は変わらず。流れを渡さなかったシティがその後もゲームを支配し、そのままクローズ。スターリングのハットトリックでシティがワトフォードに快勝し、リーグ戦6連勝を収めた。 2019.03.10 04:21 Sun
twitterfacebook
thumb

ストライカー起用を語るマネ「僕のことはロナウドかフィルミノと呼べ」

リバプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネが、初めて“9番”としての出場を言い渡された時のやり取りを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 リバプールは2月27日、プレミアリーグ第27節でワトフォードをホームに迎えて5-0で圧勝。FWフィルミノ負傷欠場により3トップの左からオリジ、マネ、サラーとなったが、初めて中央のトップでプレーしたマネが2ゴールをマークし、杞憂を吹き飛ばした。 試合後、“9番”としてプレーした感想を問われたマネは、試合前に以下のようなやり取りがあったことを明かしている。 「正直、とても驚いた。あそこでプレーしたことは全くなくて、緊張したよ」 「試合前に監督に呼ばれて、『いくつかの変更を加える。サディオ、君は9番でプレーしなければならない』と言われたよ」 「僕は『Oh! 』と言ってチームメイトの方を見た。…笑っちゃったんだ。それで、『僕らはチームだろ。君たちは僕を信頼しないとダメだ! 』と言ったよ」 「彼ら全員が笑っていた。でも僕は『今日から僕のことをロナウドかフィルミノと呼べ』と応えたんだ」 「ジニ(ジョルジニオ・ワイナルドゥム)はこう言ってきたよ。『君は得点しなくちゃいけない。点を決めたら僕らは君をロナウドと呼ぼう。けど決めなかったらクソだからな! 』ってね」 「2つのゴールを決められてラッキーだったけど、正直気にしてない。左サイドでも右サイドでもプレー出来れば嬉しい。けど、もしチームや監督がストライカーとしての僕を必要としているなら、またやるよ」 2019.03.02 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

フィルミノ不在でCF起用のマネ2発+アーノルド3Aのリバプールが完勝で首位キープ!《プレミアリーグ》

リバプールは27日、プレミアリーグ第27節でワトフォードをホームに迎え、5-0で圧勝した。 前節マンチェスター・ユナイテッド戦を0-0で引き分けて首位に立ったリバプール(勝ち点59)は、3日前に行われたユナイテッド戦のスタメンから負傷したフィルミノに代えてオリジのみを変更した。 7位ワトフォード(勝ち点40)に対し、[4-3-3]で臨んだリバプールは3トップに右からサラー、マネ、オリジと並べ、中盤アンカーにファビーニョ、インサイドにワイナルドゥムとミルナーを配した。 そのリバプールが立ち上がりから押し込む展開とすると、9分にあっさり先制する。右サイドからのアーノルドの正確なクロスに対し、DFの間にポジションを取ったマネがヘディングでゴール左に流し込んだ。 さらに16分、サラーのスルーパスからボックス右に侵入したアーノルドが決定的なシュートを浴びせたリバプールは20分、またもアーノルドのクロスを受けたマネが加点した。ボックス中央でボールを受けたマネはトラップが少し後方に流れたものの、間合いを詰めてきたGKフォスターを嘲笑うヒールシュートで流し込んだ。 その後もリバプールが一方的な展開とする中、前半終盤の42分にデウロフェウのクロスからディーニーに際どいシュートに持ち込まれたが枠を外れて助かり、2点のリードで前半を終えた。 後半もリバプールがハーフコートで試合を進める中、64分にワイナルドゥムが枠内シュートを記録すると、66分に勝負を決定付けた。ボックス左で仕掛けたオリジがカットインシュートをゴール左隅に決めた。 さらに79分、右サイドからのアーノルドのFKをファン・ダイクがヘッドで決めて4-0としたリバプールは続く82分にもロバートソンのクロスからファン・ダイクが再びヘッドで決めて5-0で圧勝。完勝で首位をキープしている。 2019.02.28 07:07 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、2015年サンチョ引き抜き時に不正か 代理人に2900万円の報酬を支払った疑い

ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)に関する過去のオペレーションに関して、マンチェスター・シティが違反を犯していた疑いが浮上している。ドイツ『Der Spiegel』のリークを基にイギリス『デイリー・メール』が報じた。 マンチェスター・シティの下部組織からトップチームを経ることなく、2017年夏にドルトムントに完全移籍したサンチョ。今シーズンはここまで公式戦31試合9ゴール14アシストと見事にブレイクを果たしている。 今回問題とされているのは、2015年3月7日にシティがワトフォードのユースからサンチョを引き抜いた際のことだ。国際サッカー連盟(FIFA)では16歳未満の選手の移籍に関して、金銭などで誘惑するインセンティブを禁止している。また、代理人が選手に代わり交渉を行うことが出来るのも16歳以上のみだ。 シティ下部組織入団時点でサンチョの年齢は14歳11ヵ月と10日だが、『Der Spiegel』によれば既に代理人のエメカ・オバシ氏が交渉を担当していた模様。また、シティがオバシ氏に20万ポンド(現在のレートで約2900万円)の報酬を支払っていたことが暴露されており、これが事実ならば違反行為だ。 『Der Spiegel』はシティのスタッフから提供された内部メールの文章履歴を公表。「スカウティングサービス契約」と題された文章に、「ジェイドンとその代理人エメカに関して」という文が見て取れ、差し込んである票の「代理人料金」という欄に20万ポンドという数字が記載されていたようだ。イングランドサッカー協会(FA)のスポークスマンは「疑惑を調査する」とコメントしている。 先日には、18歳未満の29人の外国人選手の契約に関して違反したことで、チェルシーが今後2度(2019年夏、2020年冬)の移籍期間での選手登録禁止処分を受けたばかり。シティの“疑惑”がどの様な決着を迎えるのか、動向が見守られている。 2019.02.27 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ソン・フンミン復帰弾&ジョレンテの今季リーグ初弾でワトフォードに逆転勝利!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第24節、トッテナムvsワトフォードが30日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが2-1で逆転勝利した。 3位のトッテナム(勝ち点51)と、7位のワトフォード(勝ち点33)による上位対決。前節、フルアムとのダービーを劇的な形で制したトッテナムだが、先週ミッドウィークのEFLカップ準決勝チェルシー戦をPK戦の末に落とすと、週末のFAカップでもクリスタル・パレスに敗れて公式戦2連敗。わずか3日間で2つのコンペティションからの敗退を強いられた。 その敗戦からのバウンスバックが求められる今回の一戦は前回対戦で敗れたワトフォードとのリターンマッチ。ポチェッティーノ監督は多くの負傷者に悩まされる中、パレス戦からはヴェルトンゲン、ダビンソン・サンチェス、ジョレンテを除く8人を変更。アジアカップ帰りのソン・フンミンがエリクセンやアルデルヴァイレルト、ムサ・シソコらと共に復帰した。 立ち上がりはアウェイのワトフォードが勢いを持って入りサイドに流れるデウロフェウを起点に幾つか惜しい仕掛けを見せる。それでも、時間の経過と共にボールを保持しながらソン・フンミンの切れ味鋭い仕掛けでホームチームが押し返す。9分にはその韓国代表FWがボックス外から左足の際どいミドルシュートを放つと、15分にはペナルティアーク付近でボールを受けたエリクセンのシュートが相手DFにディフレクトしてゴールに向かうが、ここはGKフォスターがセーブする。 その後はボールを保持するトッテナムがペースを握り、28分にはカウンターからジョレンテが味方を走らす絶妙なミドルスルーパスを通すが、ここはエリア外に飛び出した相手GKフォスターの好対応に遭う。 一方、なかなか攻め手を見いだせないワトフォードだったが、セットプレー2発で勝利した前回対戦と同様にセットプレーからゴールをこじ開ける。38分、左CKの場面でキッカーのホレバスが左足アウトスウィングのボールを入れると、中途半端に飛び出したGKが触れずにいたボールを相手DFと交錯しながらも頭で合わせたキャスカートのシュートがゴールネットを揺らした。 押し込みながらも攻め切れない中、ビハインドで試合を折り返す苦境に立たされたトッテナムはオーリエを下げてハーフタイム明けにルーカス・モウラを投入。この交代でムサ・シソコが右ウイングバックに入り、ジョレンテの下にルーカス、ソン・フンミンが並ぶ形に変化した。53分にはムサ・シソコの右サイドのクロスからゴール前のジョレンテに決定機も、ここはシュートをふかしてしまう。 その後もムサ・シソコ、ローズの両ウイングバックを起点に攻勢を続けるトッテナムは60分、フィードに抜け出したルーカスがボックス内で決定機もシュートを打ち切れない。さらに63分には相手陣内左サイド深くで得たFKの場面でキッカーのエリクセンの鋭いグラウンダーのボールが相手DFに当たって左ポストを叩く。このこぼれ球をアルデルヴァイレルトが浮き球で折り返すも、ジョレンテのヘディングシュートは枠の左に外れる。 押し込みながらもゴールが遠いトッテナムは、ムサ・シソコに代えてトリッピアー、79分にはヴェルトンゲンを下げてラメラを投入。3バックから4バックに変更して攻勢を強めていく。すると80分、バイタルエリア右でボールを持ったルーカスのスルーパスに抜け出したジョレンテがボックス内で粘って落とすと、これをソン・フンミンが強烈な左足のシュートで叩き込み、ようやくワトフォードのゴールをこじ開ける。 さらに勢いづいたホームチームは一気に攻勢を強めていくと、87分に待望の逆転ゴールが生まれる。左サイドで高い位置を取ったローズから浮き球のクロスが上がると、これをファーサイドで競り勝ったジョレンテが頭でゴール左隅に流し込み、悩める元スペイン代表の今季プレミア初ゴールが生まれた。 その後、ワトフォードの反撃を危なげなく凌ぎ切ったトッテナムがソン・フンミンの復帰弾とジョレンテの今季リーグ戦初ゴールによって価値ある逆転勝利を飾った。この結果、トッテナムは公式戦の連敗を止めると共に首位リバプールと勝ち点7、2位のマンチェスター・シティとの勝ち点2差に迫っている。 2019.01.31 07:03 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース