フリーの元ラツィオ主将マウリがセリエBの古巣ブレシアへ移籍2017.01.12 02:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレシアは11日、元イタリア代表MFステファノ・マウリ(37)を今季終了までの契約で獲得したと発表した。

▽2006年からラツィオで11シーズンにわたってプレーし、キャプテンも務めていたマウリは253試合に出場し42ゴールをマーク。得点に絡めるレフティーとして長年主力を張っていたが、2016年7月に退団していた。ブレシアへは2003-04シーズン以来の復帰となり、当時セリエAにいたブレシアでマウリは30試合に出場して7ゴールを挙げる活躍を見せていた。

▽現在セリエBで12位に位置するブレシアは、2010-11シーズン以来のセリエA昇格を目指している。

コメント

関連ニュース

thumb

センターバック不足のバルサがユナイテッドとラツィオのあの選手を狙う!?

▽センターバック不足に悩むバルセロナが、冬の移籍市場でターゲットを絞ったようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽バルセロナは現在、アルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノとフランス代表DFサミュエル・ユムティティを負傷で欠く。そのため、本職のセンターバックはスペイン代表DFジェラール・ピケとベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンだけとなっている。 ▽そこでバルセロナは冬の移籍市場でセンターバックの確保に動いているようだ。これまではソシエダのスペイン代表DFイニゴ・マルティネス(26)の獲得に動いていると言われていた。しかし負傷者が復帰すれば、枚数的な不足は補えることからあまり高額な移籍金を支払うことなく、センターバックの穴埋めをしたいと考えているという。 ▽『マルカ』によると、バルセロナはターゲットを2人に絞った模様。その中の一人はマンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表DFダレイ・ブリント(27)のようだ。同選手は今シーズンまでの契約となっているが、今シーズンのリーグ戦でも3試合の出場にとどまるなど、契約延長を行う可能性は低い。さらにバルセロナは、ディフェンスラインだけでなく中盤でも起用できる点を評価しているようだ。 ▽そしてもう一人のターゲットはラツィオのオランダ代表DFステファン・デ・フライ(25)だという。デ・フライも今シーズン限りでラツィオとの契約が切れる状況だが、選手自身が新契約を受けるつもりがないと言われている。そのため、デ・フライも比較的安価に獲得できるが、同選手に対してはチェルシーやリバプール、アトレティコ・マドリー、ユベントスなど多くのクラブが興味を示しているため争奪戦となる可能性もある。 2017.12.15 09:52 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサがウイング強化に向けてバルサB出身のルイス・アルベルトに注視

▽バルセロナがウイングの補強としてラツィオのスペイン代表FWルイス・アルベルト(25)の補強を画策しているようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽バルセロナは今夏の移籍市場でブラジル代表FWネイマール(25)をパリ・サンジェルマンへと引き抜かれた。その代わりとしてドルトムントからフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(20)を獲得。しかし9月16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のヘタフェ戦で負傷し、現在も戦列に復帰できていない。 ▽また、同じく今夏にはエバートンからスペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(23)が復帰を果たしたが、エルネスト・バルベルデ監督は同選手を信頼しきれておらず、リーグ戦9試合で5試合の先発出場に留めている。 ▽現在は[4-3-3]ではなく[4-4-2]を採用して選手をやり繰りしているバルセロナだが、将来的には再び[4-3-3]に戻すようだ。『フットボール・エスパーニャ』はバルセロナのスポーツディレクターを務めるロバート・フェルナンデス氏が、ラツィオの試合を視察し、ルイス・アルベルトの状態を確認していたと報じた。 ▽ルイス・アルベルトはセビージャのカンテラ育ちであり、2011-12シーズンにはトップチームに昇格。2012-13シーズンにはバルセロナBへレンタル移籍した経験もある。その後はリバプールへの完全移籍からマラガ、デポルティボといったリーガを戦うチームにレンタル移籍。2016-17シーズンからラツィオでプレーしている。 ▽そのラツィオではオフェンシブなポジションをこなし、セリエAでは15試合4ゴールを奪う活躍を見せている。そのため、同選手に対してはバルセロナのみならず、古巣であるセビージャやリバプールも復帰を考えているようだ。 2017.12.13 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

インモービレ一発退場のラツィオ、トリノに屈して上位追走に失敗《セリエA》

▽ラツィオは12日、セリエA第16節でトリノをホームに迎え、1-3で敗れた。 ▽前節サンプドリア戦を追加タイムのカイセド弾で勝利した5位ラツィオ(勝ち点32/未消化1試合)が、11位トリノ(勝ち点20)をホームに迎えた一戦。 ▽開始5分にベロッティに右ポスト直撃のシュートを浴びたラツィオだったが、徐々にポゼッションを高めると、8分にインモービレがボックス左からシュートを浴びせてトリノをけん制していく。 ▽その後もラツィオが圧力を強める中、22分にはマルシッチが左足ミドルでGKシリグを強襲した。前半半ば以降もラツィオが主導権を握ると、42分にはボックス手前右で得たFKをルイス・アルベルトが直接狙うと、シュートは枠の右を捉えたがGKシリグの好守に阻まれた。 ▽さらに44分、浮き球パスに抜け出したインモービレがボレーシュートに持ち込むも、わずかに枠の右に外れる。すると直後、ブルディッソに対して頭突きをしたインモービレがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって一発退場となり、ラツィオは数的不利に陥って前半を終えた。 ▽迎えた後半、10人のラツォオが前がかるも、54分にトリノが先制する。ボックス左で仕掛けたベレンゲルが中に切れ込み、右足でシュート。これがゴール右を捉えた。 ▽今季オサスナから加入の22歳スペイン人アタッカーのセリエA初ゴールで先制を許したラツィオは、負傷により戦列を離れていたフェリペ・アンデルソンを投入。今季初出場となるフェリペ・アンデルソンは、左サイドに入った。さらにルーカス・レイバに代えてアタッカーのカイセドを投入したラツィオだったが、64分に痛恨の失点を喫する。 ▽中盤でリンコンにボールを奪われると、そのまま持ち上がったベネズエラ代表MFはペナルティアーク中央から左足を一閃。見事にコントロールされたシュートがゴール左上に決まった。 ▽苦しくなったラツィオだったが、69分にすかさず1点を返す。ベロッティからボールを奪ったL・アルベルトがボックス右にドリブルで侵入。チップキックシュートでGKシリグを破った。 ▽しかし73分、トリノに勝負を決定付けられる。ラドゥのミスパスからショートカウンターを受けると、最後は3分前に投入されていたエデラにボックス手前右から左足でゴール左へシュートを流し込まれた。 ▽このまま1-3でラツィオは敗戦。インモービレの退場が響いて上位追走に失敗している。 2017.12.12 06:55 Tue
twitterfacebook
thumb

どこまでデカくするのか…ユナイテッド、ラツィオ長身の逸材を144億円で獲得か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(22)獲得に向けた巨額オファーを準備しているようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽ミリンコビッチ=サビッチは、トップ下、セントラルMF、セカンドトップを主戦場とする22歳の有望株。昨シーズン、ラツィオでリーグ戦34試合に出場し、4得点9アシストを記録して評価を高めた。今シーズンもここまでリーグ戦13試合に出場し、3得点を記録している。 ▽報道によれば、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がミリンコビッチ=サビッチの獲得を望んでいるようで、クラブレコードとなる9500万ポンド(約144億円)のオファーを準備しているようだ。マンチェスター・シティとユベントスも同選手に興味を持っているとのことだが、争奪戦をユナイテッドがリードしているという。 ▽なお、ユナイテッドでは現在、FWズラタン・イブラヒモビッチやFWロメル・ルカク、MFマルアン・フェライニ、MFネマニャ・マティッチ、MFポール・ポグバ、DFクリス・スモーリングなど190cmオーバーの選手を多く抱えている。191cmのミリンコビッチ=サビッチが加われば、よりフィジカル色と空中戦が強くなりそうだ。 2017.12.10 20:21 Sun
twitterfacebook
thumb

追加タイムのカイセド弾でラツィオが要塞ルイジ・フェラリスを攻略! 上位陣を追走《セリエA》

▽セリエA第15節、サンプドリアvsラツィオが3日に行われ、1-2でラツィオが逆転勝利した。 ▽前節ボローニャに0-3と完敗した6位サンプドリア(勝ち点26/未消化1試合)と、フィオレンティーナにラストプレーのPK被弾で引き分けに持ち込まれた5位ラツィオ(勝ち点29/未消化1試合)による上位対決。 ▽ユベントスを敗るなど、ここまで全勝を誇るルイジ・フェラレリスにラツィオを迎えたサンプドリアが、徐々に攻勢を強めていく流れとなった一戦。 ▽そんななか、ラツィオは15分にパローロがヘディングシュートで、17分にインモービレがコントロールシュートでサンプドリアをけん制していく。 ▽その後もサンプドリアがハイプレスをかけて圧力をかけていくと、ガストン・ラミレスが立て続けにミドルシュートを浴びせてラツィオを脅かした。そして、31分には決定機。ガストン・ラミレス、プラートとつないでボックス右のD・サパタがシュート。枠を捉えていたが、GKストラコシャのセーブに阻まれた。 ▽オープンな打ち合いとなった好ゲームは、36分にはラツィオに決定機。CKの流れからインモービレのミドルシュートが枠を捉えるも、こちらもGKヴィヴィアーノにセーブされる。さらにルーズボールをボックス右のルイス・アルベルトがシュートに持ち込んだが、ゴールライン前のベレシュインスキにカットされた。 ▽ハーフタイムにかけても互いにゴールに迫ったが、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、52分にラツィオに決定機。マルシッチの右クロスを受けたパローロのシュートが左ポストを直撃した。すると56分、サンプドリアが先制する。トレイラの浮き球フィードをクアリアレッラが頭で落とすと、D・サパタがボックス中央で受けてシュートをゴール左に流し込んだ。 ▽その後もオープンな攻防が続くなか、1点を追うラツィオは75分にルーカス・レイバとルリッチに代えてカイセドとJ・ルカクを投入。アタッカーを増やして攻勢を強めると、80分に同点に追いついた。右サイドで得たFKが混戦を生むと、ゴールエリア右にこぼれたルーズボールをミリンコビッチ=サビッチが押し込んだ。 ▽終盤にかけては同点としたラツィオが攻勢に出ると、追加タイム1分に逆転する。ミリンコビッチ=サビッチの意表を突いたスルーパスをインモービレがシュート。GKヴィヴィアーノにセーブされるも、ルーズボールをカイセドが押し込んだ。 ▽エクアドル代表FWのセリエA初ゴールが決勝点となってラツィオが勝利。要塞ルイジ・フェラリスを攻略して上位を追走している。 2017.12.04 06:43 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース