フリーの元ラツィオ主将マウリがセリエBの古巣ブレシアへ移籍2017.01.12 02:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレシアは11日、元イタリア代表MFステファノ・マウリ(37)を今季終了までの契約で獲得したと発表した。

▽2006年からラツィオで11シーズンにわたってプレーし、キャプテンも務めていたマウリは253試合に出場し42ゴールをマーク。得点に絡めるレフティーとして長年主力を張っていたが、2016年7月に退団していた。ブレシアへは2003-04シーズン以来の復帰となり、当時セリエAにいたブレシアでマウリは30試合に出場して7ゴールを挙げる活躍を見せていた。

▽現在セリエBで12位に位置するブレシアは、2010-11シーズン以来のセリエA昇格を目指している。

コメント

関連ニュース

thumb

裏切りはなかったデ・フライを主将が称賛 インテル戦後は謝罪ディナーへ

▽ラツィオは20日、セリエA最終節でインテルに敗れて来季のチャンピオンズリーグ出場権を逃した。それでも、DFステファン・デ・フライを責める仲間はいないようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽今季でラツィオとの契約が満了となるデ・フライ。公式な発表はないものの、次の所属先はインテルになる予定だ。現所属チームと次のチームがチャンピオンズリーグ出場権を懸けて最終節を戦うということで、デ・フライの立ち位置は注目されていた。それでも、チームから信頼されて起用されている。 ▽ラツィオが1点リードで迎えた78分、デ・フライは痛恨のファウルでPKを献上。これを決められて追いつかれると、さらにインテルにゴールを許して5位に転落した。 ▽ハイライトだけみればデ・フライを責める声があっても不思議ではない。それでも主将のセナド・ルリッチは「彼は素晴らしい試合をしたよ。PKはすごく残念だけど、彼は最後まで僕たちと一緒に戦った。彼はみんなのお手本だ」と称えている。 ▽デ・フライは試合後、ピッチ上で涙を流した。そのあと、チームメートやテクニカルスタッフをディナーに招待してともに目標に達することができなかったことを嘆いたという。 ▽来季加入するインテルのチャンピオンズリーグ出場をアシストするのではないかという疑問の声もあったデ・フライだが、仲間は彼のプロ意識を疑っていなかったようだ。 2018.05.21 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ラツィオ 2-3 インテル《セリエA》

▽セリエA最終節、ラツィオvsインテルが20日に行われ、2-3でインテルが勝利した。この結果、インテルが来季のCL出場権を獲得している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180521_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 5.5 好飛び出しでピンチを凌ぐ場面もあったが、3失点 DF 27 ルイス・フェリペ 5.5 立ち上がりの決定機逸する。守備面はまずまず 3 デ・フライ 5.5 来季インテル加入濃厚の中で出場を志願し安定していたが、PKを献上 (→ナニ ) 26 ラドゥ 5.0 ミスパスから失点に関与。やや不安定だった (→バストス -) MF 77 マルシッチ 6.0 先制点演出。推進力あるドリブルを見せた 96 ムルジャ 5.0 攻守に存在感が希薄だった 6 ルーカス・レイバ 6.0 中盤をコントロール 21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.0 先制点演出。攻撃面でアクセントを付けた 19 ルリッチ 5.5 好スルーパスで2点目を演出も退場で帳消しに FW 10 フェリペ・アンデルソン 6.0 2点目を奪取。攻撃を牽引した 17 インモービレ 5.5 負傷明けもキレのある動きでチャンスメークを担う (→J・ルカク -) 監督 S・インザーギ 5.5 逃げ切れず悔しい敗戦。CL出場を目前で逃した ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180521_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 5.5 防げるシュートは止めていた DF 7 カンセロ 5.5 さほど攻撃に絡めず 37 シュクリニアル 6.0 ソリッドにプレー。今季のフルタイム出場完遂 25 ミランダ 6.0 安定感あるプレーだった 33 ダンブロージオ 6.0 一時同点となるゴールを挙げる。集中していた (→ラノッキア -) MF 87 カンドレーバ 5.0 存在感がなかった (→エデル 5.0) さほどボールに絡めず 11 ヴェシーノ 6.0 流れの中では良いプレーができていなかったが、値千金の決勝点を挙げる 8 ラフィーニャ 5.0 一定のキープ力は見せたが、怖さはなかった (→カラモー 5.0) アクセントを付けるには至らず 77 ブロゾビッチ 5.5 ルリッチを退場に追い込み、ヴェシーノのゴールをアシスト 44 ペリシッチ 5.5 カンドレーバに比べれば突破の脅威はあった FW 9 イカルディ 6.0 22分の決定機を逸したが、PKを決めて帳消しに。インモービレと並んで得点王に 監督 スパレッティ 6.0 最後まで諦めず勝利を目指した結果が出た ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! イカルディ(インテル) ▽ラツィオ陣営の方がパフォーマンスは良かったため、MOMの選出は悩ましいところだが、PKを決めてチームに勢いをもたらしたインテルのエースFWを選出。 ラツィオ 2-3 インテル 【ラツィオ】 OG(前9) フェリペ・アンデルソン(前41) 【インテル】 ダンブロージオ(前29) イカルディ(後33[PK]) ヴェシーノ(後36) 2018.05.21 05:50 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルがラツィオとの白熱のシーソーゲームを制す! 逆転でCL出場権獲得《セリエA》

▽セリエA最終節、ラツィオvsインテルが20日に行われ、2-3でインテルが勝利した。この結果、インテルが来季のCL出場権を獲得している。 ▽前節クロトーネ戦を勝利すればインテルとの直接対決を前にチャンピオンズリーグ(CL)出場を決められた4位ラツィオ(勝ち点72)だったが、残留を争う相手にまさかの引き分けに終わり、インテルにCL出場の可能性を残してしまった。最終節では負けなければ4位死守となるラツィオはエースのインモービレが復帰した一方、L・アルベルトとパローロが負傷により欠場となった。 ▽一方、前節サッスオーロ戦を何も懸かっていない相手にホームで敗戦するまさかの失態を犯した5位インテル(勝ち点69)だったが、ラツィオが躓いたことで勝利すれば逆転での4位フィニッシュとなる。そのインテルはガリアルディーニを除いたベストメンバーで臨んだ。 ▽守備を固める入りを見せたラツィオは7分に決定機。CKの流れでインモービレがボックス左深くまで侵入して折り返し、ルイス・フェリペが左足ボレー。しかし、枠の上に外してしまった。 ▽さらに9分、ミリンコビッチ=サビッチがヘディングシュートでGKハンダノビッチを強襲すると、直後に先制する。ミリンコビッチ=サビッチがクロスボールを胸トラップで落とし、ボックス右のマルシッチがダイレクトでシュート。これがペリシッチの顔面に当たってゴール左に吸い込まれた。 ▽2点が必要となったインテルは15分にヴェシーノのミドルシュートで牽制すると、22分に決定機。ラドゥのミスパスをカットした流れでショートカウンターに転じると、ボックス右まで持ち上がったイカルディがシュート。しかし、ミートしきれなかったシュートは枠の左に外れた。 ▽その後、25分にミリンコビッチ=サビッチの直接FKが右ポストを直撃したラツィオは、29分に試合を振り出しに戻される。左CKからファーサイドのダンブロージオがヘディング。ゴール至近距離からのシュートはGKストラコシャにセーブされるも、ルーズボールをダンブロージオがボレーで蹴り込んだ。 ▽白熱の展開となる中、41分にラツィオが勝ち越す。ロングカウンターに転じ、ルリッチのスルーパスに抜け出したフェリペ・アンデルソンがボックス手前右からシュート。これがゴール左に決まった。 ▽再び2点が必要となったインテルは迎えた後半、前がかっていくも自陣に引くラツィオを崩しきることができない。そこで61分、存在感のなかったカンドレーバに代えてエデルを投入。さらに68分、ラフィーニャに代えてカラモーを投入した。 ▽膠着状態が続いていた中71分、右CKの流れでボックス内のミリンコビッチ=サビッチのハンドでPKと判定されたものの、VARの末に取り消され、インテルは同点のチャンスを逸する。 ▽助かったラツィオはインモービレをお役御免とし、J・ルカクを投入して守備の強度を強めていく。しかし77分、デ・フライがボックス内のイカルディをスライディングタックルで倒してPKを献上。 ▽これをイカルディが決めてインテルが2-2の同点に持ち込んだ。さらに79分、ルリッチが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、インテルが数的優位になると81分、劇的なゴールが生まれる。右CKからニアサイドのヴェシーノがヘッドで叩き込み、インテルが逆転に成功した。 ▽まさかの逆転を許したラツィオはデ・フライに代えてナニを投入したものの、終盤にかけてはチャンスを作れず2-3で敗戦。インテルが劇的勝利でCL出場権を獲得している。 2018.05.21 05:49 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA最終節プレビュー】4位ラツィオと5位インテルによるCL出場を懸けた運命の一戦

▽前節はユベントスがローマに引き分けて最終節を前にセリエA7連覇を達成した。そしてローマが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を、ミランがヨーロッパリーグ(EL)出場を決めている。最終節では4位ラツィオ(勝ち点72)と5位インテル(勝ち点69)によるCL出場を懸けた運命の一戦と、5チームによる熾烈な残留争いが行われる。 ▽前節クロトーネ戦を勝利すればインテルとの直接対決を前にCL出場を決められたラツィオだったが、残留を争う相手にまさかの引き分けに終わり、インテルにCL出場の可能性を残してしまった。最終節では負けなければ4位死守となるラツィオだが、エースのインモービレが復帰予定の中、痺れる大一番を乗り切ることができるか。 ▽一方、前節サッスオーロ戦を何も懸かっていない相手にホームで敗戦するまさかの失態を犯したインテルだったが、ラツィオが躓いたことで勝利すれば逆転での4位フィニッシュとなる。一度は諦めたCL出場の可能性を残したことでメンタル的にはインテルに追い風が吹いているものと思われるが、最高のフィナーレを迎えることはできるか。 ▽14位キエーボ(勝ち点37)、15位ウディネーゼ(勝ち点37)、16位カリアリ(勝ち点36)、17位SPAL(勝ち点35)、18位クロトーネ’(勝ち点35による痺れる残留争いも要注目だ。対戦相手を考慮すると、ナポリと対戦するクロトーネが最も厳しいが、ラツィオ相手に善戦したクロトーネはスクデット獲得を惜しくも逃した傷心のナポリに敵地で勝利できるか。セリエAに定着しているキエーボとウディネーゼが生き残れるかにも注目だ。 ▽EL出場権争いでは7位アタランタと8位フィオレンティーナの得失点差が7あり、アタランタが残留を争うカリアリに大敗しなければ2年連続でのEL出場が決まる。 ◆セリエA最終節 ▽5/19(土) 《22:00》 ユベントス vs ヴェローナ 《27:45》 ジェノア vs トリノ ▽5/20(日) 《25:00》 SPAL vs サンプドリア ミラン vs フィオレンティーナ ナポリ vs クロトーネ カリアリ vs アタランタ ウディネーゼ vs ボローニャ キエーボ vs ベネヴェント 《27:45》 ラツィオ vs インテル サッスオーロ vs ローマ 2018.05.18 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、残留争うクロトーネに痛恨ドローでCL出場の行方は最終節のインテル戦に持ち越し《セリエA》

▽ラツィオは13日、セリエA第37節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 ▽前節アタランタ戦を1-1と引き分けた4位ラツィオ(勝ち点71)は、前日の試合でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う5位インテル(勝ち点69)がサッスオーロに敗れたことで、最終節のインテルとの直接対決を前にクロトーネに勝利すれば4位以上を確定できる状況となった。そのラツィオはエースのインモービレに加え、L・アルベルトが負傷した中、2トップはカイセドとフェリペ・アンデルソンが組んだ。 ▽残留を争っている16位クロトーネ(勝ち点34)に対し、立ち上がりから押し込んだラツィオは12分にミリンコビッチ=サビッチがミドルシュートで牽制すると、15分にPKを獲得する。ルリッチが左サイドから仕掛けてボックス内に侵入したところでチェッケリーニに倒された。このPKをルリッチがゴール左隅に決めてラツィオが先制した。 ▽しかし29分、ボックス手前左からのマルテッラのクロスをシミーにヘッドで押し込まれ、試合を振り出しに戻された。 ▽ハーフタイムにかけてラツィオが押し込む流れを続けると、39分にビッグチャンス。フェリペ・アンデルソンのスルーパスを受けたカイセドがボックス中央に侵入してGKと一対一となったが、コルダスに止められてしまう。さらに41分、CKの流れからボックス左のミリンコビッチ=サビッチのコントロールシュートが枠を捉えるも、ここもGKコルダスのファインセーブに阻まれ、前半を1-1で終えた。 ▽後半もラツィオが押し込む流れが続くも、61分に逆転される。右サイドからのFKをファーサイドのチェッケリーニにボレーで蹴り込まれた。 ▽まさかの逆転を許したラツィオは、65分に3枚目の交代カードを使い切る。バスタに代えてナニを投入した。しかし68分にもピンチ。左サイドをナリーニに突破され、ローデンにシュートを打たれたが、ゴールライン前に戻っていたデ・フライが何とか弾き出した。 ▽終盤にかけて攻めあぐねていたラツィオだったが84分、同点に追いつく。FKの流れから右サイドのフェリペ・アンデルソンのクロスをデ・フライが頭で逸らすと、ボックス中央のミリンコビッチ=サビッチが絶妙なトラップからゴール右へシュートを流し込んだ。 ▽しかし、勝ち越しゴールは奪えず2-2でタイムアップ。痛恨のドローに終わり、最終節インテルとの直接対決を前にラツィオはCL出場を決めることはできなかった。 2018.05.14 00:05 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース