フリーの元ラツィオ主将マウリがセリエBの古巣ブレシアへ移籍2017.01.12 02:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレシアは11日、元イタリア代表MFステファノ・マウリ(37)を今季終了までの契約で獲得したと発表した。

▽2006年からラツィオで11シーズンにわたってプレーし、キャプテンも務めていたマウリは253試合に出場し42ゴールをマーク。得点に絡めるレフティーとして長年主力を張っていたが、2016年7月に退団していた。ブレシアへは2003-04シーズン以来の復帰となり、当時セリエAにいたブレシアでマウリは30試合に出場して7ゴールを挙げる活躍を見せていた。

▽現在セリエBで12位に位置するブレシアは、2010-11シーズン以来のセリエA昇格を目指している。

コメント

関連ニュース

thumb

ニースとラツィオの連勝対決はラツィオに軍配! ニースはバロテッリ&スナイデルのホットラインで先制も及ばず《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループK第3節、ニースvsラツィオが19日に行われ、アウェイのラツィオが3-1で勝利した。 ▽2強2弱のグループKを共に連勝でスタートしたニースとラツィオの首位攻防戦。ホームのニースは負傷明けのスナイデルを復帰後初先発させ、バロテッリやダンテなど主力を起用。対するラツィオはインモービレやルイス・アルベルト、ルーカス・レイバら一部主力をベンチに置いてこの試合に臨んだ。 ▽試合は開始早々にいきなり動く。4分、左サイドからの仕掛けでボックス内に侵入したジャレがマイナスに落とすと、ボックス手前左のスナイデルが左足の絶妙なワンタッチパスでゴール前に入れる。これをゴール前のバロテッリが頭で合わせ、スナイデルの移籍後初アシストからニースが先手を奪う。 ▽だが、先制点からわずか1分後に今度はラツィオがゴールをこじ開ける。前線へのフィードをミリンコビッチ=サビッチが頭でゴール方向に流すと、これに抜け出したカイセドが相手DFダンテとGKカルディナーレの連係ミスを突き、泥臭く押し込んだ。 ▽開始5分で互いにゴールが生まれるオープンな展開となったが、その後は互いに守備陣が落ち着きを取り戻し、試合はこう着状態が長らく続く。流れを変えたいラツィオは60分、ナニとディ・ジェンナーロを下げて切り札のインモービレとアルベルトを同時投入した。 ▽すると65分、左サイドを持ち上がったラドゥのスルーパスに抜け出したカイセドがボックス左ライン際でマイナスに折り返すと、これをボックス中央のミリンコビッチ=サビッチが冷静に右足ダイレクトシュートで合わせた。これで完全に流れを引き寄せたラツィオは89分にもアルベルトの左CKをニアに飛び込んだミリンコビッチ=サビッチが頭で合わせ、試合を決定付ける3点目を奪取。敵地での連勝対決を逆転で制したラツィオがグループステージ3連勝を飾った。 ▽また、同日行われたグループEのもう1試合、ズルテ・ワレヘムvsフィテッセは、1-1のドローに終わり、共に今大会初の勝ち点を手にした。 2017.10.20 05:39 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 1-2 ラツィオ《セリエA》

▽セリエA第8節、ユベントスvsラツィオが14日に行われ、1-2でラツィオが逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171015_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 5.5 PK献上も責任はない DF 26 リヒトシュタイナー 5.0 攻撃面で違いを生めなかった (→ストゥラーロ -) 15 バルザーリ 5.0 2失点に関与。衰えが気がかりなパフォーマンス 3 キエッリーニ 5.0 バルザーリとの関係性がまずかった 22 アサモア 5.5 先制点に絡んだが、後半は効果的なプレーはなかった MF 6 ケディラ 5.5 先制点に絡み、ミドルシュートを放つなど前半は攻撃にうまく関与 (→ディバラ 5.0) ポスト直撃のミドルシュートも2試合連続のPK失敗 30 ベンタンクール 5.0 バイタルエリアを使われて失点に直結した印象 14 マテュイディ 5.5 ハードワークしていたが、アクセントを付けるには至らず FW 11 ドグラス・コスタ 6.0 移籍後初ゴールは奪ったが、右サイドでのプレーは窮屈そうだった 9 イグアイン 5.5 コンディションが上がっている様子だったが、ゴールを奪うには至らなかった 17 マンジュキッチ 5.0 さほど効果的なプレーはなかった 監督 アッレグリ 5.0 後半の戦いぶりに課題。システム変更も奏功しなかった ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171015_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 6.0 37分のプレーはヒヤリとしたが、それ以外は安定。最後にPKを止めて勝利に導く DF 15 バストス 6.0 ソリッドなプレーを続ける 3 デ・フライ 6.0 ディフェンスを統率。ビルドアップでも貢献 26 ラドゥ 5.5 無難な対応で守備を安定させる MF 77 マルシッチ 5.5 攻撃面では目立たなかったが、守備を献身的に行う 16 パローロ 5.5 持ち味の前線への絡みはさほどなかったが、守備に比重を置いてプレー 6 ルーカス・レイバ 6.0 アンカーの位置で守備を締める 21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.5 後方とのリンクマンとなってインモービレとL・アルベルトを活かす 19 ルリッチ 5.5 守備面でラドゥをサポート (→パトリック -) FW 18 L・アルベルト 6.0 インモービレをうまく活かしていた (→ナニ -) 17 インモービレ 7.0 ゴールに直結するプレーでチームを勝利に導く (→カイセド -) 監督 S・インザーギ 6.5 後半に一瞬の隙を突いて逆転して以降、堅守でユベントスを苦しめて勝利に持ち込んだ ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インモービレ(ラツィオ) ▽一瞬の隙を突いてユベントスの両イタリア代表センターバックを出し抜いた。真骨頂を発揮。 ユベントス 1-2 ラツィオ 【ユベントス】 ドグラス・コスタ(前24) 【ラツィオ】 インモービレ(後2) インモービレ(後9[PK]) 2017.10.15 03:14 Sun
twitterfacebook
thumb

インモービレのドッピエッタとラストプレーのPKストップでラツィオが逆転勝利! ユベントスは今季初黒星《セリエA》

▽セリエA第8節、ユベントスvsラツィオが14日に行われ、1-2でラツィオが逆転勝利した。 ▽前節アタランタ戦を2点のリードを守りきれずに引き分けて開幕からの連勝が7でストップした2位ユベントス(勝ち点19)は、代表戦で出場機会のなかったディバラの他、南米予選を戦ったクアドラードやアレックス・サンドロがベンチスタートとなった。 ▽対する4位ラツィオ(勝ち点16)は前節サッスオーロ戦を6-1と圧勝したスタメンからパトリックに代えてバストスのみを変更した。 ▽今季開幕前に行われたスーペル・コッパではラツィオが勝利したこのカード。3トップに右からドグラス・コスタ、イグアイン、マンジュキッチと並べ、中盤アンカーにベンタンクールを配す[4-3-3]で臨んだユベントスが、[3-5-2]で臨んだラツィオを立ち上がりから押し込んでいく展開で推移していく。 ▽ボールを動かして隙を窺うユベントスは、23分に最初のチャンスを活かして先制する。左サイドのアサモアがマイナスに送ったクロスをケディラがシュート。GKが弾いたルーズボールをゴールエリア左のドグラス・コスタが右足ボレーで蹴り込んだ。 ▽ドグラス・コスタの移籍後初ゴールで先制したユベントスがその後もボールを保持して主導権を握ると、36分にケディラの強烈なミドルシュートでゴールに迫るも、GKストラコシャのファインセーブに阻まれた。続く37分にはバックパスに詰めたイグアインがGKストラコシャにプレッシャーをかけてキックをブロック。ボールはクロスバーを叩く。 ▽迎えた後半開始2分、ラツィオが同点に持ち込んだ。L・アルベルトのスルーパスを受けたインモービレがボックス中央へ侵入。GKブッフォンとの一対一を制してゴール右に流し込んだ。 ▽追いつかれたユベントスは49分、イグアインがマンジュキッチとのワンツーでボックス中央へ侵入。GKとの一対一となったが、ストラコシャのセーブに阻まれてしまった。 ▽すると52分、ラツィオはミリンコビッチ=サビッチのスルーパスで両センターバックの間を突いたインモービレがディフェンスライン裏を取り、ボックス内でブッフォンに倒された。このPKをインモービレがゴール右に決めて逆転に成功した。 ▽追う展開となったユベントスはドグラス・コスタに代えてベルナルデスキを投入。前がかってリスクを冒すも攻めあぐねていたことで、65分にケディラに代えてディバラを投入した。 ▽ディバラ投入で[4-2-3-1]に変更したユベントスが引き続き攻勢に出る中、集中した守備を見せるラツィオを崩せない状況が続く。そんな中、追加タイム1分にようやくディバラのミドルシュートでゴールに迫ったものの、右ポストに阻まれたユベントスは直後に大ピンチ。しかし、ブッフォンがカイセドとの一対一を止めて望みをつなぐ。 ▽すると直後、ボックス内でベルナルデスキがパトリックに倒されると、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKを獲得。しかし、キッカーのディバラがゴール左を狙ったシュートはストラコシャにセーブされてしまった。直後にタイムアップとなり、ユベントスは1-2で敗戦。今季初黒星を喫した。一方、勝利したラツィオはユベントスと同勝ち点の19に伸ばしている。 2017.10.15 03:13 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカクがベルギー代表を離脱…カバセレを追加招集!《ロシアW杯欧州予選》

▽ベルギーサッカー協会は(KBVB) 4日、同国代表DFジョルダン・ルカク(ラツィオ)が負傷により離脱することを発表した。そして、DFクリスティアン・カバセレ(ワトフォード)を追加招集したことを併せて発表している。 ▽2016年11月以来の代表復帰となるカバセレは、今季の公式戦で7試合に出場。9月30日に行われたプレミアリーグ第7節のWBA戦でもフル出場していた。 ▽欧州予選8試合を終えてすでに首位での本大会出場を決めているベルギーは、7日にアウェイでボスニア・ヘルツェゴビナ代表(2位)と、10日にホームでキプロス代表(4位)と対戦する。 2017.10.05 04:30 Thu
twitterfacebook
thumb

5分間で3ゴールのナポリがラツィオとの無敗対決を制して開幕5連勝《セリエA》

▽セリエA第5節、ラツィオvsナポリが20日に行われ、1-4でナポリが逆転勝利した。 ▽3日前に行われた前節ジェノア戦を絶好調インモービレのドッピエッタの活躍で3-2と競り勝って3勝1分けと好スタートを切ったラツィオは、ジェノア戦のスタメンからムルジャに代えてパローロのみを変更した。 ▽一方、昇格組ベネヴェントをメルテンスのハットトリックなどで6-0と圧勝したナポリは、開幕4連勝とした。そのナポリはベネヴェント戦のスタメンからヒサイに代えてアルビオルのみを変更した。 ▽ラツィオが仕掛ける入りとなった中、15分にスルーパスを引き出したインモービレがボックス左に侵入。GKレイナに倒されるもノーファウルの判定が下った。 ▽前半半ば以降はナポリが盛り返すと、26分にはインシーニェが右クロスに合わせてGKストラコシャを強襲した。 ▽それでも29分、ラツィオが先制する。CKの流れからボックス右のインモービレのクロスをデ・フライがボレーで蹴り込んだ。 ▽追うナポリは前半終盤の44分に決定機。インシーニェのフィードに反応したカジェホンが裏に抜け出してゴールエリア左からシュート。しかし、GKストラコシャのファインセーブに阻まれた。 ▽それでも迎えた後半の54分、グラムの右CKからファーサイドのアルビオルがボレーで合わせると、シュートはGKストラコシャのファインセーブに再び阻まれるも、ルーズボールをクリバリが押し込んで試合を振り出しに戻した。 ▽勢い付くナポリは56分、一気に逆転する。縦パスを受けたハムシクのダイレクトパスをボックス中央のカジェホンが丁寧にゴールへ蹴り込んだ。さらに59分、メルテンスがロングフィードに抜け出してボックス左に侵入。GKストラコシャが飛び出してルーズとなったクリアボールをメルテンスががら空きとなったゴールにすかさず流し込んで3点目を奪い切った。 ▽勝負を決定付けたナポリは追加タイムにジエリンスキが得たPKをジョルジーニョが決めて4-1で勝利。鮮やかな逆転勝利で開幕5連勝を飾っている。 2017.09.21 06:25 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース