フリーの元ラツィオ主将マウリがセリエBの古巣ブレシアへ移籍2017.01.12 02:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレシアは11日、元イタリア代表MFステファノ・マウリ(37)を今季終了までの契約で獲得したと発表した。

▽2006年からラツィオで11シーズンにわたってプレーし、キャプテンも務めていたマウリは253試合に出場し42ゴールをマーク。得点に絡めるレフティーとして長年主力を張っていたが、2016年7月に退団していた。ブレシアへは2003-04シーズン以来の復帰となり、当時セリエAにいたブレシアでマウリは30試合に出場して7ゴールを挙げる活躍を見せていた。

▽現在セリエBで12位に位置するブレシアは、2010-11シーズン以来のセリエA昇格を目指している。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:ユベントス 2-0 ラツィオ《セリエA》

▽セリエA第21節ユベントスvsラツィオが22日に行われ、2-0でユベントスが快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170122_37_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 5.5 難しい枠内シュートはなかった DF 26 リヒトシュタイナー 6.0 とりわけ前半は質の高い攻撃参加を見せた (→バルザーリ 5.5) 右サイドバックに入ってそつなこなす 19 ボヌッチ 5.5 前半に一度軽率なミスを犯すもその後は安定 3 キエッリーニ 6.0 要所を締めた守備を続けた 22 アサモア 6.0 アレックス・サンドロの出場停止を受けて出場。とりわけ守備面で集中していた MF 7 クアドラード 6.0 イグアインのゴールをアシスト。果敢に仕掛けて対面の選手に圧力をかける 5 ピャニッチ 6.0 テンポ良くボールを動かした 21 ディバラ 6.5 61分の決定機は決めたかったが、華麗なボレーで先制弾 (→リンコン -) 6 ケディラ 5.5 無難なパス出しに徹する 17 マンジュキッチ 6.5 先制点をアシスト。不慣れな左サイドでのプレーも持ち前の献身性でそつなくこなした FW 9 イグアイン 6.5 決定機を確実に生かして追加点を奪取。守備意識も高かった (→ピアツァ -) 監督 アッレグリ 6.5 攻撃的な布陣を採用し、圧倒的な勝率を誇るホームで見事勝利を取り戻した ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170122_38_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 マルケッティ 5.5 2失点も鋭い飛び出しを見せていた DF 4 パトリック 5.0 2失点に関与。マンジュキッチの高さに苦戦 3 デ・フライ 5.0 イグアインに付ききれず 13 ワラセ 5.0 緩慢な対応が目立った。デ・フライとの連係がイマイチ 26 ラドゥ 5.0 クアドラードに対応できず (→J・ルカク 5.5) ソリッドにプレー MF 16 パローロ 5.0 攻守に凡庸 20 ビリア 5.0 後半にミドルシュートを狙ったが、試合を組み立てられず (→ジョルジェビッチ 5.0) 右サイドでプレーも効果的ではなかった 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.5 2戦連続ゴール中の好調さを発揮しきれず FW 25 ロンバルディ 5.0 守備に追われた (→ムルジャ 5.5) 中盤アンカーでプレー。ボールを無難に捌く 17 インモービレ 5.5 スピードを生かして何度かスペースでボールを受ける 10 フェリペ・アンデルソン 5.0 攻撃面で違いを生み出せず 監督 S・インザーギ 5.0 ミッドウィークにコッパ・イタリアを戦った影響か、低調だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ディバラ(ユベントス) ▽左サイドハーフとして献身的な守備を見せたマンジュキッチも素晴らしい働きを見せたが、トップ下の位置で攻撃を牽引したディバラを選出。先制点はシュート技術の高さを証明するゴールだった。 ユベントス 2-0 ラツィオ 【ユベントス】 ディバラ(前5) イグアイン(前17) 2017.01.22 22:26 Sun
twitterfacebook
thumb

ディバラ&イグアイン弾のユベントスが好調ラツィオに快勝 ホーム戦連勝記録は27に《セリエA》

▽セリエA第21節ユベントスvsラツィオが22日に行われ、2-0でユベントスが快勝した。 ▽前節は真っ向勝負を挑んできたフィオレンティーナの前に今季4敗目を喫して連勝が4で止まった首位ユベントス(勝ち点45)は、アレックス・サンドロとストゥラーロを出場停止で欠く中、2列目に右からクアドラード、ディバラ、マンジュキッチと配す[4-2-3-1]を採用。そして、ダニエウ・アウベスが約1カ月半ぶりに戦列復帰し、ベンチに入った。前々節ホーム戦26連勝のセリエA記録を樹立したユベントス・スタジアムで勝利を取り戻しにかかった。 ▽一方、アタランタとの上位対決を逆転で制して4位をキープしたラツィオ(勝ち点40)は、4日前に行われたコッパ・イタリアのジェノア戦を4-2と快勝。リーグ戦ここ5試合で4勝と好調なチームは、ミリンコビッチ=サビッチとインモービレが公式戦2戦連続ゴールと勢いに乗る中、日程面でのディスアドバンテージを跳ね返しにかかった。 ▽立ち上がりからボールを保持したユベントスは5分、最初のチャンスをモノにする。マンジュキッチが頭で落としたボールをボックス手前右のディバラがボレー。綺麗に捉えた弾道の低いシュートが見事ゴール左に決まった。 ▽先制後もポゼッションしたユベントスが試合をコントロールすると、17分に追加点を奪いきる。右サイドからのクアドラードの鋭いクロスにイグアインがいち早く反応。右足でプッシュしてネットを揺らした。 ▽防戦一方のラツィオは25分、ようやくミリンコビッチ=サビッチがミドルシュートでユベントスゴールに迫るも、守勢が続く。30分にはディバラのFKからイグアインにヘディングでネットを揺らされたが、オフサイドで助かった。 ▽42分には流れの中から上がっていたボヌッチがイグアインの右クロスにボレーで合わせる決定機を演出したユベントスが、ラツィオの枠内シュートを0本に抑えて圧倒したまま2点をリードしてハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半、アグレッシブな入りを見せたラツィオは52分、フェリペ・アンデルソンがこの試合初めての枠内シュートをマーク。53分にはディバラのミドルシュートで牽制されるも、ビリアのコントロールシュートでゴールに近づく。そして、60分にはビリアに代えてジョルジェビッチを右サイドに投入し、攻撃の枚数を増やした。 ▽守備に徹していたユベントスは61分、イグアインのスルーパスに抜け出したディバラが決定機を迎えたが、GKマルケッティの飛び出しによりシュート精度を欠いて枠を外してしまう。それでも、重心を下げてラツィオの攻撃を跳ね返し、2点のリードを保っていく。 ▽終盤にかけて、ディバラをお役御免としリンコンを投入して守備を締めにかかったユベントスが、ラツィオの攻撃をシャットアウト。勝利を取り戻すとともに、ホーム戦連勝記録を27に伸ばした。 2017.01.22 22:25 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第21節プレビュー】ユーベvsラツィオ、ミランvsナポリの上位対決開催

▽後半戦のスタートとなった前節ではユベントスがフィオレンティーナに敗れた一方、2位ローマが勝利したことで両クラブの勝ち点差が暫定1ポイントに縮まった。その他、ナポリやラツィオ、インテルが順当に勝利を収め、ミランはトリノに2点差を追いついて引き分けに持ち込んでいる。迎える第21節ではユベントスvsラツィオとミランvsナポリの上位対決が開催される。 ▽まずは日曜日のランチタイムにキックオフとなるユベントスvsラツィオから。躍動したフィオレンティーナの前に今季4敗目を喫して連勝が4で止まった首位ユベントス(勝ち点45)は、アレックス・サンドロとストゥラーロを出場停止で欠く中、前々節ホーム戦26連勝のセリエA記録を樹立したユベントス・スタジアムで勝利を取り戻しにかかる。 ▽一方、アタランタとの上位対決を逆転で制して4位をキープしたラツィオ(勝ち点40)は、水曜日にコッパ・イタリアのジェノア戦を戦い、4-2と快勝。ミリンコビッチ=サビッチとインモービレが2戦連続ゴールと好調を維持する中、日程面でのディスアドバンテージを跳ね返せるか。 ▽続いて土曜日に行われるミランvsナポリ。トリノに2点を先行される苦しい戦いを強いられながらもGKドンナルンマのPKストップで辛くも引き分けに持ち込んだ5位ミラン(勝ち点37)は、ロマニョーリとロカテッリが出場停止と苦しい陣容。代役のホセ・ソサとグスタボ・ゴメスの出来が鍵を握る。 ▽対する3位ナポリ(勝ち点41)は、前節ペスカーラ戦をトネッリの2戦連続ゴールなどで3-1と快勝。1stマッチで4-2と快勝したミラン相手に現状のベストメンバーを送り込める中、リーグ戦3連勝を目指す。 ▽ゼコがPKを失敗したものの、ナインゴラン弾でウディネーゼに1-0と辛勝して3連勝とした2位ローマ(勝ち点44)は、木曜日に行われたコッパ・イタリアのサンプドリア戦をナインゴランのドッピエッタなどで4-0と圧勝。ナインゴランが絶好調な中、元ローマのボッリエッロが前節2ゴールを奪っている10位カリアリ(勝ち点26)をホームで撃破となるか。 ▽キエーボに後半の3ゴールで逆転勝利しリーグ戦5連勝とした6位インテル(勝ち点36)は、18位パレルモのホームに乗り込む。火曜日に行われたコッパ・イタリアのボローニャ戦(3-2)では延長戦に持ち込まれてコンディション面で不利となるが、降格圏に沈むパレルモを下して6連勝としたい。 ◆セリエA第21節 ▽1/21(土) 《26:00》 キエーボ vs フィオレンティーナ 《28:45》 ミラン vs ナポリ ▽1/22(日) 《20:30》 ユベントス vs ラツィオ 《23:00》 エンポリ vs ウディネーゼ ジェノア vs クロトーネ ペスカーラ vs サッスオーロ パレルモ vs インテル ボローニャ vs トリノ 《26:00》 アタランタ vs サンプドリア 《28:45》 ローマ vs カリアリ 2017.01.21 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ラツィオがアタランタとの上位対決で逆転勝利《セリエA》

▽セリエA第20節ラツィオvsアタランタが15日に行われ、2-1でラツィオが逆転勝利した。 ▽最下位クロトーネに終了間際のインモービレ弾で辛勝した4位ラツィオ(勝ち点37)は、フェリペ・アンデルソンとルリッチが先発に復帰。 ▽一方、6位アタランタ(勝ち点35)は4日前にユベントスとコッパ・イタリアを戦って2-3と惜敗。ほぼ主力を投入した中、アレハンドロ・ゴメスが先発に戻った。 ▽開始3分にラツィオはインモービレが可能性のあるミドルシュートを放てば、アタランタは4分にアレハンドロ・ゴメスがボックス左からわずかに枠の右へ外れる決定的なシュートを浴びせるオープンな入りとなった。 ▽互いに決定機を一つずつ生み出した中、ラツィオが徐々に攻勢を強め、ポゼッションを上げていく展開となる。すると14分、ボックス左からL・アルベルトの放ったシュートが左ポストを直撃した。 ▽しかし21分、ショートカウンターに転じたアタランタが先制する。フロイラーのラストパスをボックス中央で受けたペターニャが右足ボレーでゴール左へ蹴り込んだ。 ▽一瞬の隙を突かれて失点したラツィオはその後、ルイス・アルベルトの枠内シュートなどで反撃。そして、右サイドのフェリペ・アンデルソンの仕掛けを起点に打開を図ると、追加タイム1分に同点とする。FKの流れから左サイドのルリッチの右足クロスをファーサイドのミリンコチッビ=サビッチが頭で押し込んだ。 ▽1-1で迎えた後半、最初に決定機を迎えたのはアタランタ。53分、アレハンドロ・ゴメスがボックス左に侵入してシュート。しかし、GKマルケッティのセーブに阻まれた。ひやりとしたラツィオはL・アルベルトに代えてパトリックを右サイドバックに投入し、4バックに変更する。 ▽すると、ここから圧力を強めたラツィオは67分、ルリッチのフィードに反応してボックス左に侵入したインモービレがGKベリシャに倒されてPKを獲得。これをインモービレ自らゴール左へ蹴り込み、逆転に成功した。 ▽2-1として以降はラツィオが余裕を持って時間を消化。終盤にはインモービレとフェリペ・アンデルソンをお役御免とした中、アタランタに逆転勝利し、上位対決を制している。 2017.01.16 01:04 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオのイタリア代表MFカタルディがジェノアへレンタル移籍

▽ジェノアは13日、ラツィオのイタリア代表MFダニーロ・カタルディ(22)を2017年6月30日までのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽ラツィオのユース出身であるセントラルMFのカタルディは、2015年1月にトップチームデビュー。昨季はセリエAで20試合に出場して1ゴールをマークし、今季は10試合に出場して1ゴールを記録していた。イタリア代表としては2016年11月に初招集を受けている。 ▽ジェノアでは今冬、中盤の主軸であったベネズエラ代表MFトマス・リンコンがユベントスへ移籍していた。 2017.01.14 01:32 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース