超ワールドサッカー

フリーの元ラツィオ主将マウリがセリエBの古巣ブレシアへ移籍2017.01.12 02:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレシアは11日、元イタリア代表MFステファノ・マウリ(37)を今季終了までの契約で獲得したと発表した。

▽2006年からラツィオで11シーズンにわたってプレーし、キャプテンも務めていたマウリは253試合に出場し42ゴールをマーク。得点に絡めるレフティーとして長年主力を張っていたが、2016年7月に退団していた。ブレシアへは2003-04シーズン以来の復帰となり、当時セリエAにいたブレシアでマウリは30試合に出場して7ゴールを挙げる活躍を見せていた。

▽現在セリエBで12位に位置するブレシアは、2010-11シーズン以来のセリエA昇格を目指している。

コメント

関連ニュース

thumb

コラロフがラツィオ愛を口に 「再び白と青のチームに…」

▽マンチェスター・シティに所属するセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフが古巣ラツィオへの復帰を望んだ。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽コラロフは、2007年から2010年までラツィオでプレー。在籍中のタイトル獲得こそなかったものの、2010年夏にシティ移籍を決断するまで、パワー溢れる左足のキックでファンを魅了した。 ▽残り1年でシティとの契約が切れるコラロフ。今年11月に32歳の誕生日を迎える中、イタリア『Il Messaggero』に対して、古巣ラツィオへの愛を口にした。 「ラツィオに戻りたい。もう若くないけど、まだ主張することはできる! シティでの冒険を終えるとき、再び白と青のチームに受け入れてもらえたら嬉しい。マネージャーとしてであってもね」 2017.06.27 10:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ビリア獲得目指すミランは25億円提示も、31億円求めるラツィオとの交渉は平行線…

▽ミランは、アルゼンチン代表MFルーカス・ビリア(31)の獲得を巡ってラツィオとの交渉が平行線をたどっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽ミランは今年4月、31年続いたシルヴィオ・ベルルスコーニ体制が終焉を迎え、中国資本のロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルクが経営権を確保した。そのため今夏の移籍市場では、ビジャレアルからアルゼンチン代表DFマテオ・ムサッキオ、アタランタからコートジボワール代表MFフランク・ケシエ、ヴォルフスブルクからスイス代表DFリカルド・ロドリゲスを獲得。さらに今月12日にはポルトからポルトガル代表FWアンドレ・シウバを獲得するなど積極的な動きを見せている。 ▽そんなミランは、以前からラツィオのキャプテンを務めるビリアの獲得も目指して動いており、5月末には年俸250万ユーロ(約3億1000万円)の3年契約で個人合意に達し、移籍金は2000万ユーロ(約24億8100万円)で折り合いがついたと報じられていた。 ▽しかし現時点で移籍の合意は発表されておらず、『フットボール・イタリア』によると、両クラブ間で移籍金の合意が得られていないようだ。同メディアによればラツィオが2500万ユーロ(約31億円)を要求しており、ミラン側が譲歩しない限りは話が進展しないだろうとしている。 ▽なお、ビリアはラツィオとの契約が2018年6月までとなっており、来夏にはフリートランスファーで退団することが可能となっている。 2017.06.22 12:34 Thu
twitterfacebook
thumb

今季4位と躍進のアタランタがラツィオからレンタル中のアルバニア代表GKベリシャの買取OPを行使

▽アタランタは21日、ラツィオからレンタル移籍で加入していたアルバニア代表GKエトリト・ベリシャ(28)の買い取りオプションを行使することを発表した。 ▽ベリシャは2013年9月にスウェーデンのカルマルからラツィオへと加入。2016年8月にアタランタへとレンタル移籍で加入した。今シーズンのセリエAでは26試合に出場。チームは4位と躍進し、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得し、ベリシャは大きく貢献していた。 ▽アルバニア代表の守護神としてもプレーするベリシャは、昨年のユーロ2016などにも出場するなど、アルバニア代表としてここまで42キャップを記録している。 2017.06.22 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズ、FWケイタ獲得に動くか? ユーベ&ミランのセリエA勢に加え、リバプールが関心

▽トッテナムが、ラツィオのセネガル代表FWケイタ・バルデ(22)の獲得に乗り出したようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 ▽2018年にラツィオとの現行契約が終了するケイタだが、今夏の退団を望む同選手はラツィオからの契約延長オファーを固辞し続けている。 ▽そして、3000万ポンド(約42億6000万円)の値付けがされているケイタには、同選手自身が加入を望むユベントスに加え、今夏積極補強を行っているミラン、ローマのエジプト代表FWモハメド・サラー(25)の獲得交渉が難航するリバプールなどが、獲得に関心を示しているといわれる。 ▽『ミラー』が伝えるところによれば、新シーズンに向けてウイングプレーヤーを左右に配した3トップの攻撃オプションを考慮するマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、今季のセリエAで16ゴール6アシストを記録し、センターフォワードと左右のウイングでプレー可能なケイタの獲得を希望しているという。 ▽なお、現次点で獲得レースをリードしているユベントスとミランだが、ユベントスに関してはサンプドリアからチェコ代表FWパトリック・シック(21)、バイエルンからブラジル代表FWドグラス・コスタ(26)と、2人のアタッカー獲得に迫っており、両選手の獲得に成功したうえ、今夏高額な移籍金を支払って同選手の獲得に動く可能性は微妙。ミランに関しては、去就不透明なスペイン人FWスソ(23)など、前線の人員整理が済まないと、本格的な交渉に動けない状況だ。 2017.06.17 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスがストゥラーロ+15億円でラツィオFWケイタを狙う

▽ユベントスがラツィオのセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオ(22)の獲得に乗り出していると『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ケイタの代理人を務めるビンチェンツォ・モラービト氏によれば、ユベントス側からイタリア代表MFステファノ・ストゥラーロ(24)+1200万ユーロ(約14億8000万円)のオファーを提示されているとのことだ。 ▽バルセロナのカンテラ出身であるストライカーのケイタは2011年からラツィオでプレー。2016-17シーズンにセリエAで16ゴールを挙げブレイクした。来季でラツィオとの契約が切れるケイタにはミランが獲得に迫っているとも報じられている 。 2017.06.11 00:52 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース