超ワールドサッカー

フリーの元ラツィオ主将マウリがセリエBの古巣ブレシアへ移籍2017.01.12 02:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレシアは11日、元イタリア代表MFステファノ・マウリ(37)を今季終了までの契約で獲得したと発表した。

▽2006年からラツィオで11シーズンにわたってプレーし、キャプテンも務めていたマウリは253試合に出場し42ゴールをマーク。得点に絡めるレフティーとして長年主力を張っていたが、2016年7月に退団していた。ブレシアへは2003-04シーズン以来の復帰となり、当時セリエAにいたブレシアでマウリは30試合に出場して7ゴールを挙げる活躍を見せていた。

▽現在セリエBで12位に位置するブレシアは、2010-11シーズン以来のセリエA昇格を目指している。

コメント

関連ニュース

thumb

【セリエA第34節プレビュー】2位ローマと4位ラツィオによるローマ・ダービー開催

▽前節は首位ユベントス、2位ローマが揃って勝利したため、8ポイント差が維持された。一方で3位ナポリが引き分け、ローマとの勝ち点差が4に広がっている。ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いでは4位ラツィオ、5位アタランタが勝利した一方、8位フィオレンティーナが7位インテルとの乱戦を制し、エンポリに不覚を取った6位ミランに3ポイント差とEL出場権争いに食い込んでいる。残留争いでは最下位ペスカーラの降格が決まった。残り5試合となって迎える第34節は2位ローマと4位ラツィオによるローマ・ダービーが日曜日のランチタイムにキックオフされる。 ▽前節ペスカーラに4-1と快勝して勝利を取り戻した2位ローマ(勝ち点75)は、CLストレートインの座を確実にしたい中、リーグ最強の攻撃陣が守備を固めてくることが予想されるラツィオをいかに攻略するかがポイントとなる。コッパ・イタリア準決勝で敗れたラツィオに雪辱を果たし、今季のリーグ戦ダブルを果たしたい。 ▽一方、4位ラツィオ(勝ち点64)は、前節パレルモ戦をインモービレのドッピエッタとケイタのトリプレッタなどで6発圧勝して3試合ぶりに勝利した。そのラツィオはカウンターでインモービレとケイタの走力を生かす戦いを狙いたいところ。今季の1stマッチで敗れているローマを下して4位死守となるか。 ▽今季の1stマッチで敗れたジェノアを寄せ付けずに4-0と圧勝してリベンジを果たした首位ユベントス(勝ち点83)は、金曜日に5位アタランタ(勝ち点63)とのアウェイ戦に臨む。翌水曜日にはCL準決勝モナコ戦を控えるが、ホームで強さを発揮する難敵アタランタを攻略し、次節トリノとのダービーマッチ、そしてローマ戦へと繋げられるか。 ▽また、今節は7位インテルと3位ナポリの好カードも開催される。フィオレンティーナに敗れてEL出場権獲得が遠のいたかに思われたインテル(勝ち点56)だったが、ミランがお付き合いしてくれたおかげで2ポイント差を維持。そのインテルはトリプレッタを記録し、自己シーズン最多となる24ゴールに到達したイカルディの引き続きの爆発に期待が懸かる。フィオレンティーナ戦では守備に徹し過ぎて批判を浴びた長友だが、先発予想となっている。 ▽対するナポリ(勝ち点71)はハムシクのバックパスミスなどでサッスオーロに2-2と引き分け、ローマとのポイント差を広げられた。ローマに食らいつくためにも今季の1stマッチで3-0と完勝しているインテルを下して勝利を取り戻したい。 ▽最後にスソのPK失敗などもあってエンポリに敗れた6位ミラン(勝ち点58)は、降格圏の18位クロトーネ(勝ち点24)とのアウェイ戦に臨む。ホセ・ソサが出場停止となる中、レギュラーの座を奪われたロカテッリの奮起に期待が懸かる。17試合ぶりにリーグ戦出場を果たして1度チャンスを生み出した本田は引き続きベンチから出場の機会を窺う。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』を参照 ◆セリエA第34節 ▽4/28(金) 《27:45》 アタランタ vs ユベントス ▽4/29(土) 《27:45》 トリノ vs サンプドリア ▽4/30(日) 《19:30》 ローマ vs ラツィオ 《22:00》 ジェノア vs キエーボ エンポリ vs サッスオーロ パレルモ vs フィオレンティーナ カリアリ vs ペスカーラ ボローニャ vs ウディネーゼ クロトーネ vs ミラン 《27:45》 インテル vs ナポリ 2017.04.28 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、ビッグクラブ注目のミリンコビッチ=サビッチと2022年までの新契約締結!

▽ラツィオは13日、セルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(22)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2015年にベルギーのヘンクからラツィオに加入したミリンコビッチ=サビッチは、192cmの恵まれた体躯と安定した足元のテクニックを武器に、すぐさまラツィオのセントラルMFの主力に定着。今シーズンは、セリエA28試合に出場し、4ゴール6アシストを記録。また、先日のコッパ・イタリア準決勝の“ローマ・ダービー”では1stレグと2ndレグで1ゴールずつを奪い、チームの決勝進出に貢献していた。 ▽ここ最近の活躍を受けて、ユベントスやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルなどへの移籍の噂が浮上していたが、ラツィオとの長期契約にサインすることになった。 ▽なお、同選手の実弟であるU-21セルビア代表GKヴァンヤ・ミリンコビッチ=サビッチ(19)は、来シーズンからトリノへの加入が内定しており、新シーズンは兄弟対決が実現する可能性もある。 2017.04.13 23:13 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、生え抜きの若手MFムルジャと2022年までの新契約締結!

▽ラツィオは10日、イタリア人MFアレッサンドロ・ムルジャ(20)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽ラツィオのプリマヴェーラ出身のムルジャは、昨年9月に行われたペスカーラ戦でトップチームデビュー。攻守に安定感が際立つセントラルMFは、同年10月のトリノ戦で初ゴールを記録するなど、今シーズンここまでの公式戦15試合に出場し、1ゴールを挙げている。 ▽なお、ムルジャの姉で女優のニコーレは、ミランのイタリア代表MFアンドレア・ベルトラッチと結婚しており、同選手とベルトラッチは義兄弟の間柄だ。 2017.04.11 02:22 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:ラツィオ 0-3 ナポリ《セリエA》

▽セリエA第31節ラツィオvsナポリが9日に行われ、0-3でナポリが完勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170410_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 5.0 2失点目の場面ではインシーニェに鼻先で触られ失点を許した DF 15 バストス 5.0 前半はインシーニェに対応していたが、後半は決壊した (→ホード 5.5) 安定していた 13 ワラセ 5.0 先制点を許した場面では中途半端なクリアとなった 26 ラドゥ 5.5 守備に徹する MF 8 バスタ 5.0 守備に追われた (→パトリック 5.5) 攻撃に果敢に絡んだ 16 パローロ 攻撃に絡んでいけず 96 ムルジャ 5.0 攻守に中途半端だった (→ケイタ 5.5) 何度か突破を成功させてアクセントに 6 J・ルカク 5.5 攻守にまずまずのパフォーマンス FW 10 フェリペ・アンデルソン 1度単騎突破からシュートに持ち込んだ 17 インモービレ 5.0 ほとんどボールに絡めなかった 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.5 数本ミドルシュートを浴びせた 監督 S・インザーギ 5.0 勝ち点3が欲しい中、腰の引けた戦いぶりだった ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170410_16_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 レイナ 6.0 後半序盤のピンチをしっかり防ぐ DF 2 ヒサイ 5.5 ミリンコビッチ=サビッチには対応もケイタの突破をやや許した 33 アルビオル 6.0 最後まで集中切らさず 26 クリバリ 6.0 ソリッドな対応を続けた 3 ストリニッチ 5.5 フェリペ・アンデルソンの対応に集中 MF 5 アラン 6.0 インシーニェのゴールをアシスト。攻撃に絡んだ 8 ジョルジーニョ 6.0 中盤をコントロール 17 ハムシク 6.5 縦パスとミドルシュートで攻撃にアクセントを付けた (→ログ -) FW 7 カジェホン 6.0 先制点を奪取。ただ、消えている時間も多かった (→ジエリンスキ -) 14 メルテンス 6.0 先制点の起点となった 24 インシーニェ 6.5 後半にギアを上げて2点を奪った 監督 サッリ 6.5 CL争うライバルに完勝。いつも通りの攻撃サッカーを貫いた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ハムシク(ナポリ) ▽さすがの存在感でナポリの攻撃を牽引。交代するまでコンスタントに存在感を発揮していた。 ラツィオ 0-3 ナポリ 【ナポリ】 カジェホン(前25) インシーニェ(後6) インシーニェ(後47) 2017.04.10 05:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリがインシーニェのドッピエッタなどでCL出場争うラツィオに3発完勝《セリエA》

▽セリエA第31節ラツィオvsナポリが9日に行われ、0-3でナポリが完勝した。 ▽前節サッスオーロ戦をインモービレ弾とオウンゴールで2-1と逆転勝利した4位ラツィオ(勝ち点60)は、3位ナポリとの勝ち点差を4に縮めた。リーグ戦ここ8試合で6勝と好調を維持する中、5日前に行われたローマとのコッパ・イタリア準決勝では2-3と敗れたものの、1stレグのアドバンテージを生かして余裕を持って決勝に進出した。そのローマ戦のスタメンから3選手を変更。負傷を抱えるデ・フライとルリッチが欠場となってビリアがベンチスタートとなった。 ▽一方、前節ユベントス戦を圧倒しながらも1-1の引き分け止まりとなった3位ナポリ(勝ち点64)は、4日前に行われたユベントスとのコッパ・イタリア準決勝では3-2と勝利したものの、1stレグの結果を跳ね返すには至らず、決勝進出はならなかった。そのユベントス戦のスタメンから5選手を変更。メルテンスやアルビオルが先発に戻った。 ▽[3-5-2]の布陣を敷いたラツィオはリスクを冒さず自陣に引いてナポリにポゼッションを譲る戦いを選択。そのラツィオは6分、両チーム通じて最初の決定機を演出する。フェリペ・アンデルソンの右サイドからのクロスをファーサイドのミリンコビッチ=サビッチが左足でボレー。しかし、わずかに枠の右へ外れた。 ▽その後もナポリはウインバックが守備に戻って5バック気味になるラツィオの守備ブロックの前でボールを回すだけの状況を強いられていたが、25分に先制する。ハムシクが鋭い縦パスを入れた流れからメルテンスが前を向いてボックス左のハムシクへ。ハムシクはダイレクトで折り返し、最後はファーサイドのカジェホンが詰めた。 ▽1チャンスを決められて先制を許したラツィオは30分、フェリペ・アンデルソンが単騎突破からGKレイナを強襲するシュートを浴びせたものの、ハーフタイムにかけてはチャンスを作れずに1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽後半も仕掛けたナポリは開始3分にハムシクの左足ミドルでGKストラコシャを強襲。ギアを上げていくと、51分に追加点を奪う。アランの浮き球パスをボックス左に走り込んだインシーニェが右足のソールで押し込んだ。 ▽2点を追う展開となったラツィオは2枚代えを敢行。ムルジャとバストスに代えてケイタとホードを投入した。直後、ケイタに決定機が訪れるも、GKレイナにセーブされる。 ▽後半半ばを過ぎてラツィオの攻勢が強まっていくと、69分にはケイタがミドルシュートでGKレイナを強襲。続く71分にはケイタの突破からパトリックがシュートに持ち込むも、ゴールライン前でのインシーニェの身体を張ったブロックに阻まれた。 ▽しかし、終盤にかけてはラツィオの攻撃はトーンダウン。そして、追加タイム2分にインシーニェがこの試合2点目を叩き込んでナポリがCL出場権争いを完勝し、ラツィオとの勝ち点差を7に広げている。 2017.04.10 05:47 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース