超ワールドサッカー

ナント、オリンピアコスからコロンビア代表FWパルドを獲得!2017.01.12 02:37 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナントは11日、オリンピアコスからコロンビア代表FWフェリペ・パルド(26)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、今回の契約にはレンタル期間終了後に、500万ユーロ(約6億円)前後を支払えば、完全移籍に移行できる買い取りオプションが付随しているという。

▽2015年にポルトガルのブラガからオリンピアコスに加入したパルドは、加入初年度となった2015-16シーズンにチャンピオンズリーグの舞台で3ゴールを挙げるなど、公式戦32試合に出場し、8ゴールを記録。今シーズンは公式戦12試合に出場し、3ゴールを挙げていた。

▽また、卓越したフィジカルとスピードを特長とする右ウイングは、コロンビア代表でも1試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

ナント、ポルトからU-21ベルギー代表MFを獲得!

▽ナントは27日、ポルトからU-21ベルギー代表MFジョリス・カイエンベ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。 ▽ナントの発表によると、カイエンベの移籍は先日にナントの指揮官を辞任し、ポルトの新指揮官に就任したセルジオ・コンセイソン監督の補償の一部として、無償での移籍となるという。 ▽母国のスタンダール・リエージュのユースチームから2013年にポルトBに加入したカイエンベは、その翌年にトップチームに昇格。しかし、トップチームでは思うように出場機会を得ることができず、アロウカやリオ・アヴェといった国内クラブへのレンタル移籍を繰り返していた。 ▽それでも、圧倒的な身体能力を持つ左サイドのスペシャリストは、U-21ベルギー代表で定期的にプレーするなど、大きなポテンシャルを持った若手プレーヤーだ。 2017.06.28 04:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ナントが新指揮官に“ミラクル・レスター”を指揮したラニエリ氏を招へい

▽ナントは15日、新指揮官にクラウディオ・ラニエリ氏(65)を招へいしたことを発表した。契約期間は2年間となる。 ▽ナントは今シーズン、レネ・ジラール監督がチームを率いたものの、残留争いに巻き込まれるなど低迷。12月にレネ・ジラール監督の後任としてセルジオ・コンセイソン監督が就任すると、卓越した手腕でチームを立て直し、最終的に7位でフィニッシュした。 ▽2020年まで契約を残していたセルジオ・コンセイソン監督に対し、クラブやサポーターは指揮官の続投を望んでいたが、同監督は妻の病気を理由に退任。古巣ポルトの監督に就任した。 ▽これまでバレンシアやチェルシー、ユベントス、ローマ、インテル、モナコといった欧州の名だたるビッグクラブを率いたラニエリ氏は、2015年7月にレスター・シティの監督に就任。2015-16シーズンのプレミアリーグでは、開幕から躍進を遂げ、奇跡の優勝を達成。しかし、2シーズン目となった今シーズンは序盤から低迷。チームは降格争いに巻き込まれると、今年2月に解任されていた。 2017.06.16 01:27 Fri
twitterfacebook
thumb

元レスター監督ラニエリ、ナントの指揮官就任へ…高齢が障害になる可能性も

元レスターのクラウディオ・ラニエリ監督がリーグ・アンのナントと合意に至ったものの、年齢上の問題が生じている。フランス紙『レキップ』が12日、報じている。<br><br>ラニエリは2015-16シーズンにレスターの指揮官に就任すると1年目にして、クラブ史上初となるプレミアリーグ優勝を達成した。しかし栄光は続かず、わずか9ヵ月後の今年2月に成績不振を理由に解任された。<br><br>それでもラニエリは、「また監督をやりたい。ヨーロッパのクラブの監督に就きたいが、イタリアでも良い。良いプロジェクトを待っている」と監督復帰に意欲を示し、選手と長い時間をともに過ごすことのできるクラブチームの監督に的を絞って再就職先を探していた。<br><br>ナントは今シーズン、ルネ・ジラールがチームを率いたものの降格圏に低迷し、12月からポルトガル人のセルジオ・コンセイソンが指揮官に就任した。するとナントは調子を上げ、最終的に7位でフィニッシュした。契約は2020年6月末まで残しており、クラブやサポーターは指揮官の続投を望んでいた。しかしコンセイソンは6日、妻の病気を理由に職を辞し、故郷ポルトガルのポルトの監督に就任することを決断した。<br><br>そこでナントは後任監督として、元レスターの指揮官ラニエリと接触し、2年契約の合意をとりつけた。ただラニエリは65歳と高齢で10月には66歳を迎える。このためフランス・プロサッカーリーグ(LFP)の規定に抵触することが指摘されている。規定では65歳が年齢の上限となっており、66歳となるラニエリとの契約には、特例を認める許可が必要になる。<br><br>なお、過去にはギー・ルーの例もある。2007年にランスの指揮官に就任した当時、68歳となっていたが、特例として認められている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.13 18:11 Tue
twitterfacebook
thumb

ナントが“ミラクル・レスター”を指揮したラニエリ氏を新監督に招へいか?

▽奇跡のプレミア制覇から一転、低迷した昨シーズン途中にレスター・シティの監督を解任されたクラウディオ・ラニエリ氏だが、リーグ・アンのナントが招へいに動く可能性があるようだ。フランス『RMC』が報じた。 ▽2015年7月にレスターの監督に就任したラニエリ監督は、2015-16シーズンのプレミアリーグで躍進を遂げ、奇跡の優勝を達成。しかし、2シーズン目となった今シーズンは序盤から低迷。チームは降格争いに巻き込まれると、今年2月に解任されていた。 ▽ナントは、セルジオ・コンセイソン監督がシーズン終了後に退任。新監督を探している状態という。 ▽イタリア人指揮官のラニエリ氏は、2012年5月から2014年5月までの2シーズンにわたってモナコを指揮。リーグ・アンでの指導経験も監督候補に挙がっている理由のようだ。 2017.06.10 13:18 Sat
twitterfacebook
thumb

セルジオ・コンセイソン監督が古巣ポルトの新指揮官に就任

▽ポルトは8日、昨季ナントで指揮を執ったセルジオ・コンセイソン監督(42)を新指揮官に招へいしたこと発表した。 ▽現役時代にMFとして3度に渡ってポルトに在籍していたコンセイソン監督は、昨年12月にレネ・ジラール前監督(62)の後任としてナントの新指揮官に就任。残留争いに巻き込まれていた19位のチームを卓越した手腕で立て直し、最終的に7位でフィニッシュさせていた。 ▽なお、ナントと2020年まで契約を延長していたコンセイソン監督だが、ポルトの新指揮官就任を希望する同監督とそのコーチングスタッフが、一方的に契約解除を求めたという。クラブ側はこの申し出を容認できないと考えているものの、契約上の問題で辞任を受け入れる選択肢しかなく、6日に契約解除が正式に発表されていた。 ▽今シーズン限りでヌーノ・エスピリト・サント前監督(43)を解任したポルトは、チャンピオンズリーグでベスト16進出を果たすなど、ヨーロッパの舞台で上々の戦績を残したものの、国内リーグでは宿敵ベンフィカに勝ち点6差を付けられるなど、2位に甘んじてライバルの4連覇を阻むことができなかった。 ※写真は現役時代のセルジオ・コンセイソン氏 2017.06.09 02:39 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース