負債未払いのパルチザン、UEFA主催試合で3年間の出場停止2017.01.12 00:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州サッカー連盟(UEFA)は11日、セルビアのパルチザン・ベオグラードにUEFA主催試合への3年間の出場停止処分を科したことを発表した。

▽パルチザンは、過去5年間に渡って負債の未払いが続いており、UEFAから財政問題を是正するよう再三の勧告を受けていた。また、同クラブは2013年にも同様の問題で1年間の出場停止処分を科されていた。

▽セルビア屈指の強豪として知られるパルチザンは、今シーズンもヨーロッパリーグ予選に参加していたが、2次予選で敗退していた。

コメント

関連ニュース

thumb

UEFA、ローマに処分を科さず…チェルシーDFが人種差別を訴えるも証拠不十分で調査打ち切り

欧州サッカー連盟(UEFA)は、チャンピオンズリーグで人種差別的なチャントがあったとしてローマの調査を行っていたが、証拠不十分で調査終了となった。<br><br>10月18日に行われたチャンピオンズリーグのグループリーグ第3節で、ローマは敵地でチェルシーと対戦。しかし、3-3の引き分けに終わったこの試合で、今夏セリエAのクラブからイングランドに渡ったアントニオ・リュディガーは「ローマサポーターから人種差別的なチャントの被害に遭った」と訴えていた。<br><br>それを受け、UEFAは10月からローマに対して調査を行っていたものの、十分な証拠は見つからず、調査の打ち切りを決定。UEFA管理・倫理・規律委員会は17日「調査を終了する決定を下した」と声明を発表した。この決定により、ローマが制裁を課される可能性はなくなったようだ。<br><br>昨シーズンまでローマで2シーズンを過ごしたリュディガーは、チェルシーに移籍する前に「イタリアで人種差別は非常に深刻な問題」と話していた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.18 12:34 Sat
twitterfacebook
thumb

ウィダード・カサブランカが25年ぶり優勝! アフリカ王者としてクラブW杯で本田パチューカと激突《CAFチャンピオンズリーグ》

▽4日にCAFチャンピオンズリーグ2017決勝・第2戦のウィダード・カサブランカ(モロッコ)vsアル・アハリ(エジプト)が行われ、ウィダード・カサブランカが1-0で勝利した。この結果、2戦合計スコア2-1でウィダード・カサブランカが1992年以来の2度目のアフリカ王者に輝いた。 ▽アル・アハリのホームで行われた第1戦を1-1で終えた両者。試合は69分、ウィダード・カサブランカのワリード・エル・カルティが右サイドからのクロスをゴール前で頭で押し込み、ゴールネットを揺らす。 ▽この1点を守り切ったウィダード・カサブランカが25年ぶりの優勝。アフリカ王者に輝いたウィダード・カサブランカは、今年12月にUAEで開催されるクラブ・ワールドカップに初出場。初戦となる準々決勝で、北中米カリブ海王者に輝いた日本代表FW本田圭佑が所属するメキシコのパチューカと対戦する。 2017.11.05 20:27 Sun
twitterfacebook
thumb

ハットトリック目前...レアル・マドリーの悪夢となったデレ・アリ

1日のチャンピオンズリーグ・グループH第4節でレアル・マドリーと対戦したトッテナムは、3-1で勝利した。この試合で素晴らしい活躍を見せたのが、MFデレ・アリだ。<br><br>デレ・アリはグループH第3節、敵地サンティアゴ・ベルナベウで行われたマドリー戦を出場停止で欠場。初めてマドリーと対峙した21歳MFは、2得点を挙げて快勝の立役者となった。<br><br>デレ・アリはマドリー戦で4本のシュートを放ち、そのすべてを枠内に収め、2ゴールを記録している。トッテナムのシュート数が8本(枠内6本)だったため、デレ・アリはチーム全体の半数のシュートを放ったことになる。<br><br>マドリーは来夏の移籍市場でデレ・アリを狙っていると言われている。ビッグマッチで2得点とインパクトを残した同選手の獲得に、フロレンティーノ・ペレス会長は本腰を入れるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.02 23:46 Thu
twitterfacebook
thumb

CLでアシストマークの香川真司、独誌はMOMに選出「“守備の砦”を崩せたのは彼のみ」

ボルシア・ドルトムントの日本代表MF香川真司は1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアポエル戦でアシストを記録。そのパフォーマンスは現地メディアでは高く評価され、ドイツ誌『キッカー』でもマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。<br><br>決勝ラウンド進出に望みをつなぐため、ドルトムントにとって、ほぼ最後のチャンスとなったグループH第4節アポエル戦。試合は1-1の引き分けに終わり、CLグループステージ敗退が濃厚となったが、その中で香川はチャンスメークやシュートを再三試みる力強いパフォーマンスを披露した。<br><br>そして、29分にはラファエウ・ゲレイロによる先制弾をダイレクトパスでアシスト。そんな香川のプレーを、地元メディアの『WAZ』は「2」、『レヴィアシュポルト』は「2-(マイナス)」として、チーム単独トップの評価を下した。『ルールナハリヒテン』ではゲレイロに次ぐ「3」とチーム2位の採点となっている。<br><br>翌日の『キッカー』の評価でも、香川のプレーを「2.5」とチーム単独最高の評価。マッチレポートを「&ldquo;守備の砦&rdquo;を崩せたのは香川のみ」と題した同誌は、日本代表MFをMOMにも選出し、寸評では「ドルトムントの攻撃的アクションの大半に関与。香川のひらめきが先制ゴールの起点となった」と記した。<br><br>ピーター・ボス監督の下ではこれまでベンチスタートが多かった香川。ドルトムントには4日のブンデスリーガ第11節ではバイエルンとのビッグゲームが待っているが、オランダ人指揮官は大一番での香川のスタメン起用を検討するのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.02 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

CL敗退危機のアトレティコ主将ガビ「ELはs××tだ」

▽アトレティコ・マドリーは、今シーズンのチームの低調を象徴するような内容で、チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第4節のカラバフ戦を引き分けた。同クラブの主将を務めるスペイン人MFガビが、CLでの戦いぶりを悲観的に語っている。スペイン『マルカ』が大手メディア『BeIN』のインタビューを伝えた。 ▽アトレティコは、公式戦15戦を終えた時点で5勝9分け1敗と、実に6割もの試合をドローで終えている。特にCLでは、10月31日にホームで行われたカラバフ戦で、1-1のドロー。CLでは4試合で3分け1敗と1勝もできておらず、次節にも同大会からの敗退が決定してヨーロッパリーグ(EL)に回る可能性が浮上している。 ▽試合後に『BeIN』のインタビューに応じたアトレティコの主将ガビが、チームの現状に対しての不満を、激しく伝えた。 「ヨーロッパリーグだって? 君に言ってやりたいことがある。それ(ELに回ること)はs××t(英字4文字)だ」 「彼らがリードしていた前半は、良くなかった。そして、後半に入って僕たちは得点を目指したけど、できなかった。みんな本当に落ち込んでいるよ。このような出来事があっても、努力し続けなければならない」 「このチームのアイデンティティは、相手の得点を少なく抑え、わずかなチャンスでゴールを奪うことだった。今は変わったよ。相手に多くのチャンスを与えている。僕たちの決定機も増えているけどね」 「不可能という言葉は、誰も発していない。でも、可能性は非常に小さい」 2017.11.02 18:50 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース