元ベルギー代表DFヴァンデン・ボーアが29歳で現役引退の意向を表明! 保有元のアンデルレヒトが来週に緊急会談へ2017.01.11 03:13 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モンペリエに所属する元ベルギー代表DFアントニー・ヴァンデン・ボーア(29)が、現役引退の意向を表明した。保有元のアンデルレヒトが10日、クラブ公式サイトで発表した。

▽今シーズン、アンデルレヒトからモンペリエに1年間のレンタル移籍で加入したヴァンデン・ボーアは、ここまでリーグ戦10試合に出場。だが、昨年11月4日に行われたリーグ・アン第14節マルセイユ戦を最後に出場機会を失っていた。

▽アンデルレヒトは10日、ヴァンデン・ボーアの去就に関して以下のような声明を発表した。

「我々はアントニー・ヴァンデン・ボーアの現役引退という決断に関して、注意を払っている。そして、我々は来週に会談の場を持つ予定だ」

「彼は現在もクラブにとって息子の1人であり、こういった終わり方は残念だ。我々は彼がどのような精神状態でその決断を下したのかを判断しなければならない」

「また、フットボールから離れる彼に関して、我々がどのようなサポートをできるか、考える必要を感じている。だが、そのためには、まず彼と話すことが必要だ」

▽アンデルレヒトのアカデミー出身のヴァンデン・ボーアは、2004年3月に16歳の若さでトップチームデビュー。その後、盟友のベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(現マンチェスター・シティ)と共に、同クラブ期待の若手として台頭した同選手だが、フィオレンティーナやジェノア、ポーツマスといった国外でのクラブでは思うように活躍できず、2013年に古巣アンデルレヒトに復帰。加入後2シーズンはレギュラーとして活躍も、2015-16シーズンのリーグ戦の出場はわずか2試合にとどまっていた。

▽また、2004年に16歳でフル代表デビューを飾ったベルギー代表では、これまで通算29試合に出場し、1ゴールを記録。2014年ブラジル・ワールドカップでは、グループステージ最終節の韓国代表戦に先発出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

現地紙「新たな森岡を望んでいる」森岡亮太が古巣ベフェレンに残したインパクトとは?

2017-18シーズン、森岡亮太はベルギーのワースラント・ベフェレンに加入し、ジュピラー・リーグ初挑戦ながら大ブレイクを果たし、加入から半年でアンデルレヒトにステップアップを果たした。ワースラント・ベフェレンにとって、森岡退団の影響は大きかったようだ。<br><br>ベルギーメディア『voetbalnieuws』は「ワースラント・ベフェレンは新しい森岡を待ち焦がれている」という見出しで、次のように報じた。<br><br>「ベフェレンはシーズン序盤から健闘を見せ、一時は5位まで浮上。しかし、指揮官後退や主軸を引き抜かれた影響もあり、その後失速していった。最終的にはレギュラーシーズンを12位で終え、ヨーロッパリーグ・プレーオフではA組の5位という結果に。これはまさに&ldquo;失望のシーズン&rdquo;になったと言える」<br><br>その一方で、18-19シーズンからクロアチア出身の有望株カルロ・ルリッチを獲得したことについて触れ、「この22歳の青年はセリエAのサンプドリアにも在籍した。森岡亮太がベフェレンを高みに導いたように、クラブ側は日本人MFと同じシナリオを望んでいる」と紹介。新司令塔ルリッチが、森岡のような活躍をしてくれることに期待を寄せた。<br><br>森岡は17-18シーズンの前半戦、ワースラント・ベフェレンでリーグ戦24試合出場、7ゴール11アシストの成績を残した。この活躍を受けてアンデルレヒトに引き抜かれる運びとなったが、ワースラント・ベフェレンにとって、半年間在籍した森岡の活躍ぶりは&ldquo;突出した成功例&rdquo;として記憶されているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.06.02 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「ヨーロッパの地で精一杯プレーをしたので後悔は無い」日本代表落選の森岡亮太、ブログ開設と共に心境を明かす

▽アンデルレヒトに所属する日本代表MF森岡亮太が、ブログを開設し、シーズン終了の報告と共に、落選した日本代表への思いを綴っている。 ▽2017年6月にポーランドのシロンスク・ヴロツワフからベルギーのべベレンに加入した森岡は、ジュピラー・プロ・リーグで第24節までに7ゴール11アシストを記録。この活躍が認められ、2018年1月に名門アンデルレヒトに移籍すると、背番号10を託されることに。移籍後はリーグ戦6試合で3ゴール3アシスト、その後のプレーオフでは10試合3ゴール1アシストという成績を残すなどステップアップを果たした1年間を過ごした。 ▽また、シーズン中には日本代表にも選出。2017年11月10日のブラジル代表戦、14日のベルギー代表戦、2018年3月23日のマリ代表戦の親善試合3試合に出場した。しかし、今月18日に発表された30日のキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦に向けた日本代表メンバーに選出されなかった。 ▽シーズンを終えた森岡は自身のオフィシャルブログを開設。今シーズン終了を報告した後、日本代表への思いを明かした。 「アメーバブログデビューをシーズン終了とともに飾ります」 「2017-18シーズンはベルギーにて1シーズンを終了致しました。ポーランドよりベルギーに移籍し、ベルギー国内でも半年で移籍するという激動のシーズンでした」 「ベルギーに移籍し、暮らす環境は非常に良くなりました。ベフェレンは文字通り正にベルギー人が多く、非常に暮らしやすく、ブリュッセルは他の大都市にもれず多国籍の文化に触れることができ刺激の多い楽しい生活を送っております」 「当初ベフェレンもアンデルレヒトも加入した際の監督をはじめ、チームメイト、スタッフのサポートは素晴らしく、その歓迎モードに後押しされるよう、ベフェレンの快進撃さらにはアンデルレヒトでのプレーに繋がったのではと思います」 「サポートしてくれた会長、CEOやサポーターにも感謝しております」 「また、ベルギー在住の日本人コミュニティーには家族一同、本当に助けられ感謝しております。異国の地で、第一子の息子が生まれたばかりで不安なことも多々ありましたが、ピッチ外でのストレスが少なかったことは、家族を含め周りの方々のおかげです」 「大きな怪我もなく、今シーズンは43試合に出場しカップ戦を含め、15得点/15アシストで無事終えることが出来ました」 「来シーズンも引き続き皆様のサポートをよろしくお願い申し上げます」 「日本代表に関しては、全て監督の判断ですし、ヨーロッパの地で精一杯プレーをしたので後悔は無いです。勿論入らなかったのは残念ですが、W杯での日本代表の活躍を祈願、応援しております」 2018.05.23 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

久保の今季11点目でヘントが王者クラブ・ブルージュを撃破! 最終戦黒星のアンデルレヒトはCL出場権を逃す…《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》

▽日本代表FW久保裕也の所属するヘントは20日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ最終節でクラブ・ブルージュと対戦し、1-0で勝利した。久保はフル出場、28分に今季11ゴール目を記録した。 ▽MF森岡亮太の所属するアンデルレヒトとの日本人対決に臨んだ前節を1-0で勝利した4位ヘント(勝ち点36)が、首位クラブ・ブルージュ(勝ち点46)のホームに乗り込んだ一戦。久保は左ウイングで3試合連続の先発出場となった。 ▽試合が動いたのは28分、ヘントが自陣でFKを獲得すると素早いリスタートを受けたサムエル・ジゴットが前線へロングパス。これに反応した久保がワントラップでボックス右に侵入し、飛び出したGKの脇を抜くシュートを流し込んだ。 ▽後半に入っても試合は一進一退の攻防が繰り広げられる。ヘントは、試合終盤の81分にギオルギ・チャクヴェタゼ、88分にランゲロ・ヤンガ、94分にシグール・ルーステッドを投入し、試合をクローズ。 ▽結局、ヘントが久保の今季11点目のゴールを守り抜き1-0で勝利。シーズンを4位で終了したヘントは、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場を懸けてELプレーオフの勝者と対戦する。 ▽また、同時刻開催となったアンデルレヒトvsゲンクは1-2でゲンクが勝利した。アンデルレヒトの森岡は85分までプレーした。 ▽逆転でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を狙うアンデルレヒトだったが、35分に左クロスのセカンドボールをペナルティアーク手前で拾ったドリエス・ウォーテルスにミドルシュートをゴール左に決められ、ゲンクに先制を許す。 ▽反撃に出たいアンデルレヒトだったが、直後の36分にもディウメルシ・ヌドンガラのパスを受けたレアンドロ・トロサルドにボックス左から侵入されると、巧みな切り返しでウロシュ・スパイッチがかわされ、シュートをゴール右隅に流し込まれた。 ▽2点を追うアンデルレヒトは、後半から猛攻に出ると53分にピーター・ゲルケンスのパスで右サイドを突破したアレクシス・サレマーカーズのクロスをウカシュ・テオドルチクがヘディングで叩き込み、1点を返した。 ▽同点ゴールを狙うアンデルレヒトは、その後も猛攻を仕掛けたが、ゲンク守備陣の堅い守りを崩し切れず。試合は1-2で終了。今季最終戦に敗れたアンデルレヒトは、逆転でのCL出場権獲得はならなかった。 ◆ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ最終節 結果 ▽5/20(日) アンデルレヒト 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ゲンク</span> クラブ・ブルージュ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヘント</span> シャルルロワ 0-0 スタンダール・リエージュ 2018.05.21 03:35 Mon
twitterfacebook
thumb

久保と森岡の日本人対決が実現! 久保に軍配が上がりヘントが7戦ぶり勝利、アンデルレヒトはCL出場も微妙に《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》

▽ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第9節、ヘントvsアンデルレヒトが13日に行われ、1-0でヘントが勝利した。ヘントのFW久保裕也はフル出場し、アンデルレヒトのMF森岡亮太は82分に交代している。 ▽残り2試合となった優勝プレーオフ。3日前に行われた前節ヘンク戦で久保が今季10ゴール目を挙げて1-1で引き分け4位に浮上したヘント(勝ち点33)と、前節スタンダール・リエージュ戦を1-3で敗れて3位に後退したアンデルレヒト(勝ち点40)の一戦。 ▽序盤はヘントがゴールに迫る。7分、久保の右サイドからのFKが決定機を生むと、直後の右CKから久保のクロスをブロンがヘディングで合わせたシュートは相手GKのビッグセーブに阻まれる。続く16分、ボックス右でスルーパスを受けた久保がシュートに持ち込んだが枠を外れた。 ▽一方、押し込まれる入りとなったアンデルレヒトは25分、森岡のダイレクトパスからシュートにつなげると、36分にはテオドルチェクがゴール至近距離からのヒールシュートで先制点に近づいた。さらに前半追加タイム1分、森岡がミドルシュートを浴びせるもGKの守備範囲に飛び、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半開始2分、久保がスルーパスに抜け出して決定的なシュートを浴びせると、ヘントが攻勢に出ていく。そして66分、先制に成功する。カウンターに転じ、左クロスをシモンがボレーで蹴り込んだ。68分には久保がミドルシュートを浴びせるもGKの好守に阻まれ、追加点を奪うには至らない。 ▽それでも、82分に森岡が交代となったアンデルレヒトが0-1のまま敗戦。2連敗となり、逆転優勝の可能性が消えた上、2位までに与えられるチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得も遠のいている。一方、7試合ぶりの勝利を飾ったヘントはヨーロッパリーグ出場に近づいた。 ヘント 1-0 アンデルレヒト 【ヘント】 シモン(後21) 2018.05.14 03:17 Mon
twitterfacebook
thumb

前任者の穴を埋めた森岡亮太、現地メディアは“効率性”を高く評価

アンデルレヒトの日本代表MF森岡亮太は、前任者であるソフィアン・アンニの穴をしっかり埋めたと評価されているようだ。ベルギー『voetbalnieuws』が報じた。<br><br>森岡は1月にベベレンからアンデルレヒトへとステップアップ。スパルタク・モスクワへと去ったソフィアン・アンニの穴を埋める存在として期待されていた。当初はベフェレンとは異なる役割を求められ、適応に時間がかかったものの、アンニとは異なるタイプの選手として新たな10番の責務を果たしつつある。<br><br>同メディアは森岡の得点に絡む能力を高く評価する。森岡は今シーズン、40試合(ベベレン時代も含む)で15ゴール15アシストをマーク。アンデルレヒト加入後もリーグ戦13試合で6ゴール4アシストと結果を出し続けている。一方で、アンニは23試合で8ゴール6アシストと、ゴールに絡む&ldquo;効率性&rdquo;では森岡が上回る。<br><br>また、問題点も指摘する。「試合の中で消える時間が長く、チームが困難なときに引っ張ることができていない」と記された。この問題を解決することができれば、森岡のアンデルレヒトでの存在感はさらに増していくだろう。<br><br>提供:goal.com 2018.05.11 11:45 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース