元ベルギー代表DFヴァンデン・ボーアが29歳で現役引退の意向を表明! 保有元のアンデルレヒトが来週に緊急会談へ2017.01.11 03:13 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モンペリエに所属する元ベルギー代表DFアントニー・ヴァンデン・ボーア(29)が、現役引退の意向を表明した。保有元のアンデルレヒトが10日、クラブ公式サイトで発表した。

▽今シーズン、アンデルレヒトからモンペリエに1年間のレンタル移籍で加入したヴァンデン・ボーアは、ここまでリーグ戦10試合に出場。だが、昨年11月4日に行われたリーグ・アン第14節マルセイユ戦を最後に出場機会を失っていた。

▽アンデルレヒトは10日、ヴァンデン・ボーアの去就に関して以下のような声明を発表した。

「我々はアントニー・ヴァンデン・ボーアの現役引退という決断に関して、注意を払っている。そして、我々は来週に会談の場を持つ予定だ」

「彼は現在もクラブにとって息子の1人であり、こういった終わり方は残念だ。我々は彼がどのような精神状態でその決断を下したのかを判断しなければならない」

「また、フットボールから離れる彼に関して、我々がどのようなサポートをできるか、考える必要を感じている。だが、そのためには、まず彼と話すことが必要だ」

▽アンデルレヒトのアカデミー出身のヴァンデン・ボーアは、2004年3月に16歳の若さでトップチームデビュー。その後、盟友のベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(現マンチェスター・シティ)と共に、同クラブ期待の若手として台頭した同選手だが、フィオレンティーナやジェノア、ポーツマスといった国外でのクラブでは思うように活躍できず、2013年に古巣アンデルレヒトに復帰。加入後2シーズンはレギュラーとして活躍も、2015-16シーズンのリーグ戦の出場はわずか2試合にとどまっていた。

▽また、2004年に16歳でフル代表デビューを飾ったベルギー代表では、これまで通算29試合に出場し、1ゴールを記録。2014年ブラジル・ワールドカップでは、グループステージ最終節の韓国代表戦に先発出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

PSGのGL突破が決定! DFクルザワがハット、FWネイマール&MFヴェッラッティ1Gで5得点大勝《CL》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は10月31日、チャンピオンズリーグ(CL)グループBでアンデルレヒトをホームに迎え、5-0で快勝した。この結果、2節を残してPSGの決勝トーナメント進出が決定した。 ▽全勝で首位に立っているPSG(勝ち点9)が、全敗で最下位のアンデルレヒト(勝ち点0)を本拠地のパルク・デ・プランスに迎えて行った一戦。勝利でグループ突破▽パリ・サンジェルマン(PSG)は10月31日、チャンピオンズリーグ(CL)グループBでアンデルレヒトをホームに迎え、5-0で快勝した。この結果、2節を残してPSGの決勝トーナメント進出が決定した。 ▽全勝で首位に立っているPSG(勝ち点9)が、全敗で最下位のアンデルレヒト(勝ち点0)を本拠地のパルク・デ・プランスに迎えて行った一戦。勝利でグループ突破が決定的となるPSGは、直近のリーグ・アン第10節ニース戦からスタメンを3名変更し、キンペンベ、ユーリ、ディ・マリアを代えて、マルキーニョス、クルザワ、ネイマールを起用した。 ▽試合は立ち上がりからPSGが攻勢をかけていく。キックオフ直後の1分には、ボックス左に抜け出したネイマールがシュートを放ったが、GKブークスが冷静にセーブ。続く9分にも、ムバッペとのワンツーでボックス中央に侵攻したネイマールがシュートを放ったが、DFにブロックされた。 ▽さらに20分にも、テンポ良いパス回しから右サイドのムバッペがグラウンダーのクロス。ニアに飛び込んだカバーニが右足のヒールで合わせたが、自身の左足に当たりボールはクリアされた。直後の右CKの場面でも飛び上がったカバーニがヘディングシュートを放っていくが、枠を捉えない。 ▽多くの決定機を迎えながら最後の部分で上手くいっていなかったPSGだったが、30分に連係プレーから先制点を奪い切った。ボックス手前中央でボールを持ったネイマールが、ドリブルで左に流れムバッペにパス。ボールを手放したネイマールがマークを引き連れつつ中央に流れると、空いたスペースにヴェッラッティが走りこむと、ムバッペがボールを再度左に送る。一連の流れでボックス内左フリーになったヴェッラッティが、右足のコントロールシュートをファーに流し込んだ。 ▽PSGは得点後も攻勢を保ち、前半終了間際の49分にはエースが追加点を沈める。ショートコーナーから左サイドでボールを持ったネイマールは、ふくらむようにしてボックス手前中央にドリブルで運んでいく。そのまま右足を振り抜くと、シュートがゴール右に突き刺さった。 ▽2点をリードして迎えた後半も、早々にPSGが得点を重ねる。53分、ボックス手前で得たFKのキッカーをネイマールが務めると、シュートは左ポストに直撃。跳ね返りに詰めたクルザワが、ボールを押し込んだ。 ▽大きくリードしたPSGは、64分に2枚替えを敢行。ムバッペ、ヴェッラッティとやや疲れのみえる選手に代えて、ディ・マリアとロ・セルソを投入した。この交代でさらに攻勢を強めたPSGは、さらに得点を重ねていく。 ▽72分には、ピッチ中央付近からネイマールが上げた浮き球のパスに、ダニ・アウベスが右サイドで反応。ノールックでダイレクトパスを折り返すと、走りこんでいたクルザワが頭で決めた。さらに78分、ディ・マリアのパスを左サイドで受けたのは、またしてもクルザワ。自らシュートを放ち自身のハットトリックとして、ゴールショーに幕を降ろした。 ▽結局試合はPSGが5点リードしたところで終了。この大勝により、他試合の結果と合わせ、PSGのグループステージ突破が確定することとなった。 が決定的となるPSGは、前回4-0で大勝したアンデルレヒト戦からスタメンを2名変更し、キンペンベ、モッタを代えて、チアゴ・シウバ、ドラクスラーを起用した。 ▽試合は立ち上がりからPSGが攻勢をかけていく。キックオフ直後の1分には、ボックス左に抜け出したネイマールがシュートを放ったが、GKブークスが冷静にセーブ。続く9分にも、ムバッペとのワンツーでボックス中央に侵攻したネイマールがシュートを放ったが、DFにブロックされた。 ▽さらに20分にも、テンポ良いパス回しから右サイドのムバッペがグラウンダーのクロス。ニアに飛び込んだカバーニが右足のヒールで合わせたが、自身の左足に当たりボールはクリアされた。直後の右CKの場面でも飛び上がったカバーニがヘディングシュートを放っていくが、枠を捉えない。 ▽多くの決定機を迎えながら最後の部分で上手くいっていなかったPSGだったが、30分に連係プレーから先制点を奪い切った。ボックス手前中央でボールを持ったネイマールが、ドリブルで左に流れムバッペにパス。ボールを手放したネイマールがマークを引き連れつつ中央に流れると、空いたスペースにヴェッラッティが走りこむと、ムバッペがボールを再度左に送る。一連の流れでボックス内左フリーになったヴェッラッティが、右足のコントロールシュートをファーに流し込んだ。 ▽PSGは得点後も攻勢を保ち、前半終了間際の49分にはエースが追加点を沈める。ショートコーナーから左サイドでボールを持ったネイマールは、ふくらむようにしてボックス手前中央にドリブルで運んでいく。そのまま右足を振り抜くと、シュートがゴール右に突き刺さった。 ▽2点をリードして迎えた後半も、早々にPSGが得点を重ねる。53分、ボックス手前で得たFKのキッカーをネイマールが務めると、シュートは左ポストに直撃。跳ね返りに詰めたクルザワが、ボールを押し込んだ。 ▽大きくリードしたPSGは、64分に2枚替えを敢行。ムバッペ、ヴェッラッティとやや疲れのみえる選手に代えて、ディ・マリアとロ・セルソを投入した。この交代でさらに攻勢を強めたPSGは、さらに得点を重ねていく。 ▽72分には、ピッチ中央付近からネイマールが上げた浮き球のパスに、ダニ・アウベスが右サイドで反応。ノールックでダイレクトパスを折り返すと、走りこんでいたクルザワが頭で決めた。さらに78分、ディ・マリアのパスを左サイドで受けたのは、またしてもクルザワ。自らシュートを放ち自身のハットトリックとして、ゴールショーに幕を降ろした。 ▽結局試合はPSGが5点リードしたところで終了。この大勝により、他試合の結果と合わせ、PSGのグループステージ突破が確定することとなった。 2017.11.01 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

カバーニCL7連発含むトリデンテ揃い踏みのPSGが圧勝で3連勝!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第3節、アンデルレヒトvsパリ・サンジェルマン(PSG)が18日にコンスタンティン・ヴァンデン・ストックで行われ、アウェイのPSGが4-0で快勝した。 ▽前節、バイエルンとの本命対決に3-0で完勝しグループステージ2連勝のPSGは、直近のリーグ戦で格下ディジョン相手に苦しめられたもののムニエの劇的ゴールで勝ち切り、国内リーグでも首位を快走。ヴァンハーゼブルック新監督を迎えたアンデルレヒトとのアウェイゲームに向けては、負傷のチアゴ・シウバに代わってキンペンベが起用された以外、バイエルン戦で起用されたベストメンバーが揃い、3トップはムバッペ、カバーニ、ネイマールとなった。 ▽試合は開始早々に動く。3分、ヴェッラッティのスルーパスに反応したムバッペがボックス右に抜け出して角度のないところから右足のシュートをファーポストに流し込み、PSGが電光石火の先制点を奪った。 ▽敵地で最高の入りを見せたPSGだったが、その後はアンデルレヒトの反撃を受ける展開に。中盤でのボールロストから快速FWオニェクルに再三の突破からシュートに持ち込まれると、15分にはテオドルチクに枠を捉えた左足のシュートを許すが、いずれもGKアレオラの好守で凌ぐ。逆に、24分には縦パスに抜け出したムバッペがGKをドリブルで抜きに行くと、交錯してこぼれたボールをネイマールが無人のゴールに向けてシュートするが、これはわずかに枠の左に外れた。 ▽前半半ばから終盤にかけても行ったり来たりの落ち着かない展開が続くが、PSGが誇るトリデンテが前半終了間際に追加点をもたらす。44分、バイタルエリア中央でムバッペからパスを受けたネイマールが強烈な右足のミドルシュート。これをGKが弾くと、この跳ね返りをボックス右のムバッペが頭で折り返し、最後はゴール前のカバーニが頭で押し込み、CL7試合連続ゴールを達成した。 ▽後半もエンジン全開のPSGは49分、ネイマールとのパス交換からボックス手前中央のムバッペがボックス右でフリーのカバーニへ丁寧なラストパス。ここでカバーニが右足を振り抜くが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。 ▽その後もきっちりと主導権を握るPSGは66分、ムバッペとカバーニに先を越されていたネイマールが続く。ボックス手前中央で得たFKの場面でキッカーを務めたネイマールが巧みな駆け引きで壁を飛ばせると、その下を抜いたグラウンダーのシュートでCL3試合連続ゴールを達成した。 ▽この3点目で勝利を決定的なモノとしたPSGは、70分過ぎにモッタ、カバーニ、ヴェッラッティと主力をベンチに下げて、ドラクスラー、ディ・マリア、ロ・セルソと豪華なバックアッパーをピッチに送り込む。すると、試合終了間際の88分には完璧に裏へ抜け出したディ・マリアが冷静にGKとの一対一を制し、ダメ押しの4点目を奪った。 ▽超強力トリデンテ揃い踏みの活躍で快勝のPSGが、3戦12得点無失点の完璧な内容でグループステージ3連勝を飾った。 2017.10.19 05:59 Thu
twitterfacebook
thumb

アンデルレヒト、先月ヘント途中解任のヴァンハーゼブルック氏を新監督に招へい!

▽アンデルレヒトは3日、ハイン・ヴァンハーゼブルック氏(53)の新監督就任を発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年契約となる。 ▽アンデルレヒトは先月18日、就任1年目の昨季にベルギーリーグ優勝、ベルギーリーグプレーオフ優勝、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝進出など素晴らしい結果を残していたレネ・ヴァイラー前監督(44)を解任していた。 ▽そして、その後任として招へいされたのは、先月27日まで日本代表FW久保裕也が在籍するヘントを指揮していたヴァンハーゼブルック氏となった。 ▽2014年5月にヘントの指揮官に就任していたヴァンハーゼブルック氏は、就任1年目にクラブ史上初のリーグ優勝に導くと、その翌年にはベルギー勢として初のチャンピオンズリーグ(CL)、ベスト16進出を果たすなど、ヘントを一躍ベルギー屈指の名門に押し上げた。だが、今季は開幕から成績不振に陥り、指揮を執った第8節まででわずかに1勝しか挙げられず、解任の憂き目にあった。 ▽なお、ヴァンハーゼブルック新監督の下で巻き返しを図るアンデルレヒトは、第9節終了時点で 4勝2敗3分けの7位に位置している。 2017.10.04 03:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルギー王者アンデルレヒトがヴァイラー監督の解任を発表

▽アンデルレヒトは18日、レネ・ヴァイラー監督(44)の解任を発表した。 ▽ヴァイラー監督は2016年6月にアンデルレヒトを指揮。就任1年目の昨季は、ベルギーリーグ優勝、ベルギーリーグプレーオフ優勝、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝進出など素晴らしい結果を残した。 ▽しかし、今シーズンはベルギーリーグ開幕から2勝2分け3敗と不調に陥ると、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージでもバイエルンに敗戦していた。 2017.09.19 00:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ドイツ王者バイエルン、10人のベルギー王者に3発完勝でCL白星発進!《CL》

▽バイエルンは12日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節でアンデルレヒト(ベルギー)と対戦し、3-0で勝利した。 ▽2012-13シーズン以来の欧州制覇を目指すバイエルンが、ベルギー王者をホームに迎えた一戦。9日に行われたホッフェンハイム戦で完敗を喫したバイエルンは、その試合からスタメンを4人変更。GKにノイアー、DFは右からキミッヒ、ハビ・マルティネス、ジューレ、ラフィーニャ。アンカーにトリッソを置きインサイドハーフにチアゴとハメス。3トップは右からロッベン、レヴァンドフスキ、リベリと並べた。 ▽立ち上がりから攻勢に出るバイエルンは11分、トリッソのロングフィードに抜け出したレヴァンドフスキがボックス内でクムスに引き倒され、PKを獲得。このPKをレヴァンドフスキがゴール左隅に決め、バイエルンが先制に成功。さらにクムスには、レッドカードが提示され、退場処分となった。 ▽早い時間に数的優位を得たバイエルンは、15分にも中盤でボールを受けたチアゴの右アーリークロスからレヴァンドフスキがヘディングシュートでアンドルレヒトゴールを脅かした。しかし、その後は自陣で守りを固めるアンデルレヒト守備陣を崩しきれず、試合は膠着する。 ▽数的不利となったアンデルレヒトの反撃は40分、ボックス左深くまで切り込んだデンドンカーの折り返しをゴール前に走り込んだスタンチュが滑り込みながら合わせたが、シュートは枠の右に外れた。 ▽バイエルンは45分、チアゴの左クロスをボックス手前のハメスがダイレクトボレーで狙うと、相手DFに当たったセカンドボールをハビ・マルティネスがオーバーヘッドシュートで合わせたが、これはGKセルスの好セーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、先にチャンスを作ったのはアンデルレヒト。49分、右クロスをゴール前のハンニが落としテオドルチクが左足を振り抜くも、これは右ポストを直撃した。 ▽追加点の遠いバイエルンだが、65分に待望の瞬間が訪れる。トリッソのパスを右サイド高い位置で受けたキミッヒがダイレクトで折り返すと、ゴール前に抜け出したチアゴがワンタッチでゴールに流し込んだ。 ▽追加点で勢いを取り戻したバイエルンは67分、リベリの左CKをファーサイドのジューレが頭で叩き込んだ。しかし、主審はCKの競り合いの際にジューレにのスパイッチに対するファウルを取り、このゴールは取り消された。 ▽その後、バイエルンはハビ・マルティネス、リベリ、ハメスを下げてJ・ボアテングやミュラー、コマンをピッチに送り出す。すると90分、J・ボアテングのスルーパスをボックス内で受けたキミッヒが冷静に飛び出した相手GKをかわし、無人のゴールにシュートを流し込んだ。 ▽結局、バイエルンはそのままアンデルレヒトを寄せ付けずに完勝。クリーンシートでCL白星発進を決めた。 2017.09.13 06:06 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース