元ベルギー代表DFヴァンデン・ボーアが29歳で現役引退の意向を表明! 保有元のアンデルレヒトが来週に緊急会談へ2017.01.11 03:13 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モンペリエに所属する元ベルギー代表DFアントニー・ヴァンデン・ボーア(29)が、現役引退の意向を表明した。保有元のアンデルレヒトが10日、クラブ公式サイトで発表した。

▽今シーズン、アンデルレヒトからモンペリエに1年間のレンタル移籍で加入したヴァンデン・ボーアは、ここまでリーグ戦10試合に出場。だが、昨年11月4日に行われたリーグ・アン第14節マルセイユ戦を最後に出場機会を失っていた。

▽アンデルレヒトは10日、ヴァンデン・ボーアの去就に関して以下のような声明を発表した。

「我々はアントニー・ヴァンデン・ボーアの現役引退という決断に関して、注意を払っている。そして、我々は来週に会談の場を持つ予定だ」

「彼は現在もクラブにとって息子の1人であり、こういった終わり方は残念だ。我々は彼がどのような精神状態でその決断を下したのかを判断しなければならない」

「また、フットボールから離れる彼に関して、我々がどのようなサポートをできるか、考える必要を感じている。だが、そのためには、まず彼と話すことが必要だ」

▽アンデルレヒトのアカデミー出身のヴァンデン・ボーアは、2004年3月に16歳の若さでトップチームデビュー。その後、盟友のベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(現マンチェスター・シティ)と共に、同クラブ期待の若手として台頭した同選手だが、フィオレンティーナやジェノア、ポーツマスといった国外でのクラブでは思うように活躍できず、2013年に古巣アンデルレヒトに復帰。加入後2シーズンはレギュラーとして活躍も、2015-16シーズンのリーグ戦の出場はわずか2試合にとどまっていた。

▽また、2004年に16歳でフル代表デビューを飾ったベルギー代表では、これまで通算29試合に出場し、1ゴールを記録。2014年ブラジル・ワールドカップでは、グループステージ最終節の韓国代表戦に先発出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

森岡亮太途中出場のアンデルレヒト、逆転優勝へ痛すぎる連敗《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》

▽日本代表MF森岡亮太が所属するアンデルレヒトは21日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第5節でヘンクと対戦し、1-2で敗れている。森岡は67分から出場した。 ▽前節逆転負けを喫したアンデルレヒト。逆転優勝へ連敗は避けたい試合だったが、開始2分にヘンクに先制点を与えてしまう。 ▽出鼻を挫かれたアンデルレヒトだったが20分、敵陣でボールを奪ったトレベルがボックス内へスルーパス。これを受けたマルコビッチが冷静にGKとの一対一を制した。 ▽試合を振り出しに戻したアンデルレヒトは、その後ポスト直撃のFKを受けるなど、ヘンクに押し込まれ続ける。なんとか前半は耐え凌いでいたが、58分、一本のスルーパスでボックス左への侵攻を許し、カレリスのラストパスをトロサルドに押し込まれた。 ▽勝ち越しを許したアンデルレヒト。67分に森岡を投入して攻撃の活性化を図る。しかし、流れを引き寄せることができないまま、試合終了。逆転優勝を目指すアンデルレヒトにとっては痛すぎる連敗となった。 ヘンク 2-1 アンデルレヒト 【ヘンク】 ヌドンガラ(前2) トロサルド(後13) 【アンデルレヒト】 マルコビッチ(前20) 2018.04.22 10:27 Sun
twitterfacebook
thumb

森岡亮太、決定機決めきれず…アンデルレヒト、GKオチョアの牙城崩せず逆転優勝へ手痛い黒星《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》

▽日本代表MF森岡亮太が所属するアンデルレヒトは18日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第4節でスタンダール・リエージュと対戦し、1-2で逆転負けを喫している。森岡は77分までプレーした。 ▽前節首位のクラブ・ブルージュを撃破したアンデルレヒト。試合は8分、アンデルレヒトにいきなりチャンスが訪れる。森岡が最終ラインからのスルーパスに抜け出して、ボックス左に侵攻。GKと一対一を迎えるが、決めきることができない。 ▽アンデルレヒトが先制点のチャンスを逃した直後、スタンダール・リエージュに先制点を与えてしまう。10分、エジミウソン・ジュニアにボックス左への突破を許し、グラウンダーのクロスをゴール前に入れられると、GKセルスが左足を出して対応を試みたが、クリアミス。ゴール前右へと流れてしまったボールを見逃さなかったレナード・エモンに押し込まれて、先制を許す。 ▽早い時間に追う立場となったアンデルレヒトは23分、左サイドのクロスにニアサイドへ走り込んだ森岡が左足で合わせるも、これは枠を捉えられず。39分には森岡の粘りのプレーから立て続けにシュートチャンスを作るが、GKオチョアの好守に阻まれてしまう。 ▽それでもアンデルレヒトは40分、左CKからのこぼれ球がボックス手前に転がり、待ち構えていたアドリエン・トレベルが左足ボレー。強烈なシュートはボックス内の相手DFに当たってコースが変わり、ゴール左へと吸い込まれてアンデルレヒトが同点に追いつく。 ▽迎えた後半、逆転ゴールを目指すアンデルレヒトだったが、60分にスタンダール・リエージュに勝ち越し点を許してしまう。ボックス右手前のカルセラ=ゴンサレスにパスが渡ると、カットインでペナルティアーク付近に侵攻され、グラウンダーのシュートをゴール左隅へと突き刺された。 ▽77分に森岡を下げたアンデルレヒトはその後も攻勢を強めるも、GKオチョアの牙城を崩すことができず1-2で試合終了。逆転優勝へ手痛い黒星を喫した。 スタンダール・リエージュ 2-1 アンデルレヒト 【スタンダール・リエージュ】 レナード・エモン(前10) カルセラ=ゴンサレス(後15) 【アンデルレヒト】 アドリエン・トレベル(前40) 2018.04.19 08:57 Thu
twitterfacebook
thumb

森岡亮太ベンチスタート…アンデルレヒト、クラブ・ブルージュ撃破《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》

▽日本代表MF森岡亮太が所属するアンデルレヒトは15日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第3節でクラブ・ブルージュをホームに迎え、1-0で勝利した。森岡は64分からピッチに立っている。 ▽リーグ優勝プレーオフ1勝1敗同士の一戦は、ゴールレスで迎えた後半に動く。アンデルレヒトは52分、セットプレーからテオドルシュクのゴールで生まれ、先制した。 ▽64分に森岡を起用したアンデルレヒトは81分にディアビの一発を浴びたかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の恩恵を受けて失点を回避する。 ▽結局、クラブ・ブルージュの反撃を耐え凌いだアンデルレヒトが前節に続く白星で連勝を飾っている。 アンデルレヒト 1-0 クラブ・ブルージュ 【アンデルレヒト】 テオドルシュク(後7分) 2018.04.16 08:40 Mon
twitterfacebook
thumb

アンデルレヒトが開始早々の森岡弾などでプレーオフ初勝利!《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》

▽日本代表MF森岡亮太の所属するアンデルレヒトは6日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第2節でシャルルロワと対戦し、2-1で勝利した。森岡は83分までプレー、3分に今季11ゴール目を記録した。 ▽リーグ戦の上位6チームによって争われる優勝プレーオフ。前節、日本代表FW久保裕也の所属するヘントに敗れ3位に後退したアンデルレヒト(勝ち点28)が、4位シャルルロワ(勝ち点26)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合は開始早々にスコアが動く。3分、アレクシス・サレマーカーズからのロングスルーパスを右サイド高い位置で受けたマルコビッチの右クロスをゴール前に走り込んだ森岡が右足で流し込み、アンデルレヒトが先制した。 ▽アンデルレヒトのリードで迎えた後半、シャルルロワはドリアン・デソレイユを下げてアマラ・ベイビーを投入。すると48分、ヌリオ・フォルトゥナの左クロスをベイビーがヘディングで流し込み、シャルルロワが同点に追いついた。 ▽追いつかれたアンデルレヒトは63分、ボックス右でウカシュ・テオドルチクがジョコ・ザジコフに倒されPKを獲得。このPKをテオドルチクがゴール左隅に決め、勝ち越しに成功した。 ▽アンデルレヒトは83分に森岡を下げてアルバート・ロコンガを、89分にサレマーカーズを下げてアブドゥル・ダンテを投入し、試合を完全に締めにかかる。結局、試合はそのまま2-1でアンデルレヒトが勝利した。 シャルルロワ 1-2 アンデルレヒト 【シャルルロワ】 ベイビー(後3分) 【アンデルレヒト】 森岡亮太(前3) テオドルチク(後19[PK]) 2018.04.07 06:11 Sat
twitterfacebook
thumb

途中出場の久保がPK崩れでゴール! 森岡フル出場のアンデルレヒトにヘントが勝利《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》

▽ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第1節、アンデルレヒトvsヘントが1日に行われ、0-2でヘントが勝利した。アンデルレヒトのMF森岡亮太はフル出場し、ヘントのFW久保裕也は79分から出場している。 ▽リーグ戦の上位6チームによって争われる優勝プレーオフ。森岡が先発した2位アンデルレヒト(勝ち点28)と、久保がベンチスタートとなった4位ヘント(勝ち点25)の一戦は立ち上がり、ヘントが良い入りを見せる。 ▽しかし、時間の経過とともにアンデルレヒトが盛り返し、攻勢に転じていく。2トップの一角に入った森岡もボールに絡み始め、チャンスを演出していった。 ▽だが、15分を過ぎる頃には再びヘントがゴールに迫るシーンを増やし、流れを引き寄せていく。ハーフタイムにかけてもヘントが押し込む流れが続いた中、前半をゴールレスで終えた。 ▽それでも後半開始2分、ヘントが押し切る。右サイドからカルーが入れたクロスの流れから、ルーズボールをゴール前に詰めていたデヤーゲレが押し込んだ。 ▽先制を許したアンデルレヒトは57分に森岡に決定機。ボックス中央でフリーとなっていた森岡が味方のパスを受けて右足インサイドで丁寧にシュート。しかし、右ポストを直撃して同点には追い付けない。さらに77分、森岡が左足ミドルでゴールを狙うもGKにセーブされる。 ▽逃げ切りを狙うヘントは79分に久保を投入。すると85分に得たPKのキッカーを任された久保がゴール左へシュート。これはGKにセーブされるも、ルーズボールを久保が蹴り込んでチームに2点目をもたらした。 ▽終盤の88分、森岡がダイビングヘッドでゴールに迫ったアンデルレヒトだったが、GKのビッグセーブに阻まれ、0-2のまま敗戦。ヘントに勝ち点で並ばれている。 アンデルヒレト 0-2 ヘント 【ヘント】 デヤーゲレ(後2) 久保(後40) 2018.04.02 03:10 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース