元ベルギー代表DFヴァンデン・ボーアが29歳で現役引退の意向を表明! 保有元のアンデルレヒトが来週に緊急会談へ2017.01.11 03:13 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モンペリエに所属する元ベルギー代表DFアントニー・ヴァンデン・ボーア(29)が、現役引退の意向を表明した。保有元のアンデルレヒトが10日、クラブ公式サイトで発表した。

▽今シーズン、アンデルレヒトからモンペリエに1年間のレンタル移籍で加入したヴァンデン・ボーアは、ここまでリーグ戦10試合に出場。だが、昨年11月4日に行われたリーグ・アン第14節マルセイユ戦を最後に出場機会を失っていた。

▽アンデルレヒトは10日、ヴァンデン・ボーアの去就に関して以下のような声明を発表した。

「我々はアントニー・ヴァンデン・ボーアの現役引退という決断に関して、注意を払っている。そして、我々は来週に会談の場を持つ予定だ」

「彼は現在もクラブにとって息子の1人であり、こういった終わり方は残念だ。我々は彼がどのような精神状態でその決断を下したのかを判断しなければならない」

「また、フットボールから離れる彼に関して、我々がどのようなサポートをできるか、考える必要を感じている。だが、そのためには、まず彼と話すことが必要だ」

▽アンデルレヒトのアカデミー出身のヴァンデン・ボーアは、2004年3月に16歳の若さでトップチームデビュー。その後、盟友のベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(現マンチェスター・シティ)と共に、同クラブ期待の若手として台頭した同選手だが、フィオレンティーナやジェノア、ポーツマスといった国外でのクラブでは思うように活躍できず、2013年に古巣アンデルレヒトに復帰。加入後2シーズンはレギュラーとして活躍も、2015-16シーズンのリーグ戦の出場はわずか2試合にとどまっていた。

▽また、2004年に16歳でフル代表デビューを飾ったベルギー代表では、これまで通算29試合に出場し、1ゴールを記録。2014年ブラジル・ワールドカップでは、グループステージ最終節の韓国代表戦に先発出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

アンデルレヒト、先月ヘント途中解任のヴァンハーゼブルック氏を新監督に招へい!

▽アンデルレヒトは3日、ハイン・ヴァンハーゼブルック氏(53)の新監督就任を発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年契約となる。 ▽アンデルレヒトは先月18日、就任1年目の昨季にベルギーリーグ優勝、ベルギーリーグプレーオフ優勝、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝進出など素晴らしい結果を残していたレネ・ヴァイラー前監督(44)を解任していた。 ▽そして、その後任として招へいされたのは、先月27日まで日本代表FW久保裕也が在籍するヘントを指揮していたヴァンハーゼブルック氏となった。 ▽2014年5月にヘントの指揮官に就任していたヴァンハーゼブルック氏は、就任1年目にクラブ史上初のリーグ優勝に導くと、その翌年にはベルギー勢として初のチャンピオンズリーグ(CL)、ベスト16進出を果たすなど、ヘントを一躍ベルギー屈指の名門に押し上げた。だが、今季は開幕から成績不振に陥り、指揮を執った第8節まででわずかに1勝しか挙げられず、解任の憂き目にあった。 ▽なお、ヴァンハーゼブルック新監督の下で巻き返しを図るアンデルレヒトは、第9節終了時点で 4勝2敗3分けの7位に位置している。 2017.10.04 03:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルギー王者アンデルレヒトがヴァイラー監督の解任を発表

▽アンデルレヒトは18日、レネ・ヴァイラー監督(44)の解任を発表した。 ▽ヴァイラー監督は2016年6月にアンデルレヒトを指揮。就任1年目の昨季は、ベルギーリーグ優勝、ベルギーリーグプレーオフ優勝、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝進出など素晴らしい結果を残した。 ▽しかし、今シーズンはベルギーリーグ開幕から2勝2分け3敗と不調に陥ると、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージでもバイエルンに敗戦していた。 2017.09.19 00:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ドイツ王者バイエルン、10人のベルギー王者に3発完勝でCL白星発進!《CL》

▽バイエルンは12日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節でアンデルレヒト(ベルギー)と対戦し、3-0で勝利した。 ▽2012-13シーズン以来の欧州制覇を目指すバイエルンが、ベルギー王者をホームに迎えた一戦。9日に行われたホッフェンハイム戦で完敗を喫したバイエルンは、その試合からスタメンを4人変更。GKにノイアー、DFは右からキミッヒ、ハビ・マルティネス、ジューレ、ラフィーニャ。アンカーにトリッソを置きインサイドハーフにチアゴとハメス。3トップは右からロッベン、レヴァンドフスキ、リベリと並べた。 ▽立ち上がりから攻勢に出るバイエルンは11分、トリッソのロングフィードに抜け出したレヴァンドフスキがボックス内でクムスに引き倒され、PKを獲得。このPKをレヴァンドフスキがゴール左隅に決め、バイエルンが先制に成功。さらにクムスには、レッドカードが提示され、退場処分となった。 ▽早い時間に数的優位を得たバイエルンは、15分にも中盤でボールを受けたチアゴの右アーリークロスからレヴァンドフスキがヘディングシュートでアンドルレヒトゴールを脅かした。しかし、その後は自陣で守りを固めるアンデルレヒト守備陣を崩しきれず、試合は膠着する。 ▽数的不利となったアンデルレヒトの反撃は40分、ボックス左深くまで切り込んだデンドンカーの折り返しをゴール前に走り込んだスタンチュが滑り込みながら合わせたが、シュートは枠の右に外れた。 ▽バイエルンは45分、チアゴの左クロスをボックス手前のハメスがダイレクトボレーで狙うと、相手DFに当たったセカンドボールをハビ・マルティネスがオーバーヘッドシュートで合わせたが、これはGKセルスの好セーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、先にチャンスを作ったのはアンデルレヒト。49分、右クロスをゴール前のハンニが落としテオドルチクが左足を振り抜くも、これは右ポストを直撃した。 ▽追加点の遠いバイエルンだが、65分に待望の瞬間が訪れる。トリッソのパスを右サイド高い位置で受けたキミッヒがダイレクトで折り返すと、ゴール前に抜け出したチアゴがワンタッチでゴールに流し込んだ。 ▽追加点で勢いを取り戻したバイエルンは67分、リベリの左CKをファーサイドのジューレが頭で叩き込んだ。しかし、主審はCKの競り合いの際にジューレにのスパイッチに対するファウルを取り、このゴールは取り消された。 ▽その後、バイエルンはハビ・マルティネス、リベリ、ハメスを下げてJ・ボアテングやミュラー、コマンをピッチに送り出す。すると90分、J・ボアテングのスルーパスをボックス内で受けたキミッヒが冷静に飛び出した相手GKをかわし、無人のゴールにシュートを流し込んだ。 ▽結局、バイエルンはそのままアンデルレヒトを寄せ付けずに完勝。クリーンシートでCL白星発進を決めた。 2017.09.13 06:06 Wed
twitterfacebook
thumb

カペルがアンデルレヒトとの契約を解除

▽アンデルレヒトは29日、元スペイン代表MFディエゴ・カペル(29)との契約を解除したことを発表した。 ▽セビージャのカンテラ出身であるカペルは左ウイングを主戦場とするアタッカー。セビージャを離れて以降、スポルティング・リスボンやジェノアでプレーした後、昨夏に2年契約でアンデルレヒトに加入していた。2016-17シーズンはベルギーリーグで14試合に出場して1ゴール2アシスト、ヨーロッパリーグで6試合に出場して1ゴール2アシストを記録していた。 2017.08.30 03:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンフィカ、アンデルレヒトから18歳の逸材GKを獲得! シティ移籍のエデルソン後釜に

▽ベンフィカは28日、アンデルレヒトからU-19ベルギー代表GKミル・スヴィラール(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽アンデルレヒトの下部組織出身のスヴィラールは、トップチームデビューこそ果たしていないものの、19歳以下を対象としたUEFAユースリーグで15歳からアンデルレヒトユースの守護神を務めてきた逸材だ。 ▽今夏、昨季の正GKだったブラジル代表GKエデルソンがマンチェスター・シティに旅立ったベンフィカは、スヴィラールに背番号1を与えて大ベテランの元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルとポジション争いさせる考えのようだ。 2017.08.29 05:05 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース