超ワールドサッカー

元ベルギー代表DFヴァンデン・ボーアが29歳で現役引退の意向を表明! 保有元のアンデルレヒトが来週に緊急会談へ2017.01.11 03:13 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モンペリエに所属する元ベルギー代表DFアントニー・ヴァンデン・ボーア(29)が、現役引退の意向を表明した。保有元のアンデルレヒトが10日、クラブ公式サイトで発表した。

▽今シーズン、アンデルレヒトからモンペリエに1年間のレンタル移籍で加入したヴァンデン・ボーアは、ここまでリーグ戦10試合に出場。だが、昨年11月4日に行われたリーグ・アン第14節マルセイユ戦を最後に出場機会を失っていた。

▽アンデルレヒトは10日、ヴァンデン・ボーアの去就に関して以下のような声明を発表した。

「我々はアントニー・ヴァンデン・ボーアの現役引退という決断に関して、注意を払っている。そして、我々は来週に会談の場を持つ予定だ」

「彼は現在もクラブにとって息子の1人であり、こういった終わり方は残念だ。我々は彼がどのような精神状態でその決断を下したのかを判断しなければならない」

「また、フットボールから離れる彼に関して、我々がどのようなサポートをできるか、考える必要を感じている。だが、そのためには、まず彼と話すことが必要だ」

▽アンデルレヒトのアカデミー出身のヴァンデン・ボーアは、2004年3月に16歳の若さでトップチームデビュー。その後、盟友のベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(現マンチェスター・シティ)と共に、同クラブ期待の若手として台頭した同選手だが、フィオレンティーナやジェノア、ポーツマスといった国外でのクラブでは思うように活躍できず、2013年に古巣アンデルレヒトに復帰。加入後2シーズンはレギュラーとして活躍も、2015-16シーズンのリーグ戦の出場はわずか2試合にとどまっていた。

▽また、2004年に16歳でフル代表デビューを飾ったベルギー代表では、これまで通算29試合に出場し、1ゴールを記録。2014年ブラジル・ワールドカップでは、グループステージ最終節の韓国代表戦に先発出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ラッシュフォード弾で120分の激闘を制したユナイテッドがベスト4進出!!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドvsアンデルレヒトが20日、オールド・トラフォードで行われ、延長戦までもつれこんだ120分の激闘を制したユナイテッドが2-1で勝利した。この結果、2戦合計3-2でユナイテッドが準決勝進出を決めた。 ▽13日に敵地で行われた1stレグを1-1と引き分けたものの、アウェイゴールという最低限のアドバンテージを持ってホームへ帰還したユナイテッド。そのユナイテッドは、直近に行われたリーグ戦で首位チェルシーに2-0と完勝。この勢いを活かし準々決勝突破を狙いたいユナイテッドは、1stレグ同様にGKにカップ戦GKのロメロを起用した以外は、イブラヒモビッチやポグバ、ムヒタリャン、キャリックなど現状のベストメンバーを起用した。 ▽一方、ホームで行われた1stレグを終盤のゴールで追いつき、2ndレグへ望みをつなげたアンデルレヒトは、公式戦7戦負けなし(5勝2分け)と好調を維持。敵地で勝利し準々決勝突破を目指すアンデルレヒトは、1stレグから先発を4人変更。テリンやブルーノらに代えて今季リーグ戦20ゴールの主砲テオドルチクやチプシウらを先発で起用した。 ▽試合は開始早々に両チームにチャンスが生まれる。ユナイテッドは2分、ムヒタリャンのパスでボックス右に抜け出したリンガードが折り返したが、このクロスはイブラヒモビッチの前でスパイッチにカットされる。 ▽一方のアンデルレヒトは3分、バイタルエリア左でボールを受けたデンドンカーが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の上に外れた。 ▽すると10分、ユナイテッドは自陣からのロングカウンターでスコアを動かす。ポグバのロングスルーパスでボックス左まで侵入したラッシュフォードがクロスを供給。一度は相手DFのブロックに阻まれるも、こぼれ球を再び拾ったラッシュフォードのマイナスの折り返しをボックス中央に走り込んだムヒタリャンがゴール左隅に流し込んだ。 ▽先制に成功したユナイテッドだが、19分にアクシデント。相手選手との交錯の際に左足を捻ったロホがピッチに倒れ込む。一度は治療を受けてピッチに戻ったロホだったが、直後のプレーでアチェンポンと再び接触するとプレー続行は不可能となり、担架でピッチを後にした。 ▽ロホの負傷交代の影響でややバタつくユナイテッドは、32分に一瞬の隙を突かれる。デンドンカーのサイドチェンジを右サイドで受けたチプシウがクロスを入れると、こぼれ球をボックス手前で拾ったティーレマンスがミドルシュート。バレンシアにディフレクトしたボールはクロスバーを叩いたが、セカンドボールに素早く反応したハンニがこれをゴールに押し込んだ。 ▽同点にされたユナイテッドは38分、相手ボックス手前でFK獲得すると、ムヒタリャンの素早くリスタートに抜け出したラッシュフォードが決定機を迎えたが、これはオフサイドの判定となる。 ▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはホームチームに生まれる。59分、ラッシュフォードのパスをボックス左までオーバーラップしたショーが受けると、ゴール左付近まで切り込みクロス。しかし、ゴール前に飛び込んだリンガードが足を伸ばすも、わずかに届かない。 ▽追加点の遠いユナイテッドは60分、リンガードを下げてフェライーニを投入。対するアンデルレヒトは64分、ハンニとチプシウを下げてスタンチュとブルーノを投入する2枚替えを敢行した。 ▽すると65分、ユナイテッドに決定機。中盤からのロングパスをボックス左手前のイブラヒモビッチが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードがミドルシュートで狙ったが、ボールはゴール左に外れる。 ▽さらに68分、自陣でのCKのこぼれ球を拾ったポグバが素早く前線に送ると、これがアッピアーのクリアミスを誘発。これを奪ったラッシュフォードが相手GKと一対一を迎えるも、GKをかわす際のドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の勝ち越し機を逃した。 ▽すると83分、アデルレヒトにアクシデント。左サイドでボールを追ったアチェンポンが太もも裏を痛め、ピッチに倒れ込む。しかし、すでに3人の選手交代を終えていたアンデルレヒトは、アチェンポンを治療してピッチに戻した。 ▽ユナイテッドは89分、ボックス右前手前でボールを受けたムヒタリャンがクロスを供給。ボックス中央でポグバの落としをイブラヒモビッチが受けると、ボックス左から駆け上がったラッシュフォードへパス。ラッシュフォードはゴール左からシュートを狙ったが、これはサイドネットを揺すった。 ▽延長前半、ユナイテッドは後半ラストプレーの競り合いで右足を痛めたイブラヒモビッチがプレー続行不可能となり、マルシャルの投入を余儀なくされた。すると92分、ラッシュフォードの右クロスからファーサイドのポグバがオーバーヘッドシュートを放ったが、これはゴール前でスパイッチがブロック。 ▽さらに101分、左クロスをゴール右のフェライーニが頭で落とし、最後はポグバがゴールネットを揺らしたが、これはフェライーニの競り合ったDFに対するプッシングを取られ、ノーゴールとなった。 ▽1-1で迎えた延長後半、ユナイテッドがファーストチャンスをモノにする。107分、ブリントのロングフィードをボックス内のフェライーニが頭で落とすと、これを受けたラッシュフォードが巧みなステップで2枚のマークを剥がし、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。 ▽結局、このゴールが決勝点となり120分の激闘を制したユナイテッドが準決勝進出を決めた。 2017.04.21 06:39 Fri
twitterfacebook
thumb

AG奪うも逃げ切り失敗のユナイテッドが敵地での初戦をドローで終える《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグ、アンデルレヒトvsマンチェスター・ユナイテッドが13日にコンスタンティン・ヴァンデン・ストックで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽ラウンド16でロストフを2戦合計2-1の僅差で破ったユナイテッドは、国内リーグで21戦無敗中も11勝10分けと勝ち切れない試合が目立つ。直近のサンダーランド戦で快勝したプレミア5位のチームは、今週末に首位のチェルシーとのビッグマッチを控える中でベルギーの名門クラブとのアウェイゲームに臨んだ。“EL優先”を示唆するモウリーニョ監督は、この一戦に向けて負傷者を除く現状のベストメンバーを起用。GKにカップ戦GKのロメロが入ったものの、イブラヒモビッチやポグバ、ムヒタリャン、キャリック、バイリー、バレンシアなど主力が揃った。 ▽一方、ラウンド32のゼニトに続き、ラウンド16でチャンピオンズリーグ常連のアポエルを2戦合計2-0で破り、ベスト8に駒を進めたアンデルレヒト。国内リーグを首位でフィニッシュしたアンデルレヒトは、優勝プレーオフの直近2試合を1勝1分けの戦績で終えており、好調をキープしている。ホームで先勝を目指すこの一戦に向けては、今季リーグ戦20ゴールの主砲テオドルチクがベンチスタートとなったものの、19歳のベルギー代表MFティーレマンスなど、実力者がスタメンを飾った。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、ホームのアンデルレヒトがアチェンポン、ブルーノとフィニッシュに繋げていく。一方、ボールを保持するものの、なかなかフィニッシュまで持ち込めないユナイテッドは、17分に最初の決定機を作る。左サイドでラッシュフォードが入れた低いクロスをゴール前に飛び込んだイブラヒモビッチがワンタッチで合わすが、ここはGK正面を突く。さらに、このこぼれをリンガードが押し込みにかかるが、今度は右ポストに阻まれた。 ▽時間の経過と共にボール支配率を増して相手を押し込むユナイテッドは、相手の高い最終ラインの裏に前線の選手を走り込ませる形やラッシュフォードの強引な個人技でゴールを目指す。 ▽すると36分、中央でクサビを受けたイブラヒモビッチが右サイドに展開したボールをバレンシアが右足でクロスを供給。ラッシュフォードの右足ダイレクトシュートはGKルベン・マルティネスの好守に阻まれるが、こぼれ球を拾ったムヒタリャンがボックス左角度のないところから左足のシュートをファーポストに流し込み、アウェイのユナイテッドが先制に成功した。 ▽ユナイテッドの1点リードで折り返した試合。後半はホームのアンデルレヒトが押し込む入りとなる。前半から相手の脅威となっていたアチェンポンが鋭い仕掛けで対面のバレンシアを押し込むと、左サイドを起点に再三の決定機を創出。だが、ブルーノやアチェンポンのシュートは相手DFのブロックなどに阻まれ、あと一歩で同点ゴールとはならず。 ▽時間の経過と共に試合がこう着し始めると、両チームのベンチが素早く動く。ビハインドを追うホームチームは、ブルーノ、スタンチュを下げてチプシウ、ハンニを投入。対するユナイテッドは、63分にリンガードを下げてマルシャルを投入。この交代でマルシャルを左ウイング、ラッシュフォードを右ウイングに配置した。 ▽この選手交代を機に試合が動き始めるも、互いに決定機には至らず。この状況を受けて、75分にはアンデルレヒトが負傷明けのテオドルチク、ユナイテッドがフェライーニを投入。フェライーニの投入で攻勢を強めたユナイテッドは、81分にフェライーニの強烈なシュートでゴールに迫ると、83分に絶好機。イブラヒモビッチのラストパスに抜け出したポグバがボックス右でGKと一対一になるが、シュートを相手GKに当ててしまい、痛恨の決定機逸。 ▽すると、絶好機を逃したユナイテッドは、この直後にそのツケを払うことに。86分、左サイドを強引に持ち上がったオブラドビッチがクロスを上げると、ファーサイドから斜めに走り込んできたデンドンカーがDFダルミアンを振り切って豪快なヘディングシュート。これがゴール左隅に決まり、ホームチームが土壇場で追いついた。 ▽結局、試合はこのまま1-1でタイムアップ。アウェイゴールを奪ったものの、まずい試合運びで先勝を逃したユナイテッドは、ここ最近結果が出ていないオールド・トラフォードで行われる2ndレグでベスト4進出を懸けた運命の一戦に臨むことになった。 2017.04.14 06:11 Fri
twitterfacebook
thumb

MFポグバ、移籍金&ゴール数の批判に「僕は自分の役割を果たしている」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、13日に行われるヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのアンデルレヒト戦に向けた前日会見に臨んだ。ユナイテッドの公式サイトが伝えている。 ▽会見に出席したポグバは、自身とクラブが好調であると自信をあらわにし、より多くのタイトルの獲得に向けて意気込んだ。また、破格の移籍金とゴール数で自身を評価してほしくないと強調している。 「正直、絶好調だよ。僕たちはすでに2つのトロフィーを獲得したけど、もっとタイトルを獲得したいんだ。僕自身とても調子がいいし、チームも好調だ。ヨーロッパリーグ優勝に目を向けて、リーグ戦でもトップ4に入るために戦っていくよ」 「僕の移籍金のことについてはもう忘れていいだろう。あれは過去のことだし、ピッチの上、そしてチームのために良いプレーをすることだけを考えたい。多くの人は僕を見ていて、あまり得点を決めないと思っていると思う。けど、それがフットボールなんだ。彼らが僕に多くのゴールを求めるのは、破格の移籍金があったからだろう。でも、僕のポジションはミッドフィルダーで、ゴールをアシストすることが仕事なんだ」 「移籍に関することと、ピッチ上でのことは別物だ。僕は自分の役割を果たしている。僕がみんなにパスを出しても、決まらないことだってある。多くの人は莫大な移籍金で加入したことで、得点を望んでいる。でも、僕はそうは思っていない。チームを勝たせるために僕はプレーしている」 2017.04.13 18:54 Thu
twitterfacebook
thumb

EL準々決勝アンデルレヒト戦を前にモウリーニョ「優勝できるという感覚がある」

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、13日に行われるヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのアンデルレヒト戦に向けた前日会見に臨んだ。ユナイテッドの公式サイトが伝えている。 ▽会見に出席したモウリーニョ監督は、国内リーグで首位を走るアンデルレヒトを称えつつも、タイトル獲得とチャンピオンズリーグの出場権獲得に向けてベストを尽くすと意気込みを語った。また、FWウェイン・ルーニーのコンディションについても言及している。 「(ルーニーについて)彼はコンディションが万全ではない。一生懸命取り組んでいるが、自信がなく、満足いくものではないようだ」 「足首に違和感があり、プレーをできる状態ではない。週末に様子を確かめる。我々には多くの選手がいない。そのため、出場可能な選手については常に考慮したい。明日もね」 「(アンデルレヒトについて)彼らはとても良いチームで、選手たちの適性に合ったプレーをする。ゲーム運びもうまく、プレスもかけてくる。優秀な選手が揃っている。我々はベストを尽くして戦わなくてはいけないだろう」 「計2試合があるが、明日の試合がとても重要だ。もしうまくいかなければ、自分たちを窮地に追い込むことになる。ここまでくれば、どのチームも優勝の可能性を信じてプレーする。モチベーションは高いだろうね」 「我々にはまだ2つのドアが開かれている。そして、その両方で戦っていくつもりだ。正直、ヨーロッパリーグにはなにか特別な感覚がある。それは我々が優勝できるという感覚だ」 「ヨーロッパリーグで優勝すれば、プレミアリーグでトップ4に入るのと同じように、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を得ることができる。しかし、ここで優勝すれば、タイトルも手に入るんだ。そのために全てを出し尽くすよ。国内でもヨーロッパでもだ。チャンピオンズリーグ出場権を手にするためにね」 2017.04.13 17:21 Thu
twitterfacebook
thumb

デポルティボがアンデルレヒトのベルギー人GKを獲得

▽デポルティボは24日、アンデルレヒトのベルギー人GKダビー・ローフ(22)を獲得したと発表した。一方でデポルティボの第3GKを務めるスペイン人GKルベン・イバン・マルティネス・アンドラーデ(32)がアンデルレヒトへ今季終了までのレンタルで移籍している。 ▽アンデルレヒトの下部組織出身のローフは、2014年1月にトップチムデビュー。しかし、正GKの座につくにはなかなか至らず、控えGK扱いが続いていた。だが、2016-17シーズンは第1節から15節まで正GKとしてプレー。その後は再び控えに回ったが、経験を積んでいた。 ▽代表としてはU-21ベルギー代表までのプレー経験がある。 2017.01.25 03:06 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース