元ベルギー代表DFヴァンデン・ボーアが29歳で現役引退の意向を表明! 保有元のアンデルレヒトが来週に緊急会談へ2017.01.11 03:13 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モンペリエに所属する元ベルギー代表DFアントニー・ヴァンデン・ボーア(29)が、現役引退の意向を表明した。保有元のアンデルレヒトが10日、クラブ公式サイトで発表した。

▽今シーズン、アンデルレヒトからモンペリエに1年間のレンタル移籍で加入したヴァンデン・ボーアは、ここまでリーグ戦10試合に出場。だが、昨年11月4日に行われたリーグ・アン第14節マルセイユ戦を最後に出場機会を失っていた。

▽アンデルレヒトは10日、ヴァンデン・ボーアの去就に関して以下のような声明を発表した。

「我々はアントニー・ヴァンデン・ボーアの現役引退という決断に関して、注意を払っている。そして、我々は来週に会談の場を持つ予定だ」

「彼は現在もクラブにとって息子の1人であり、こういった終わり方は残念だ。我々は彼がどのような精神状態でその決断を下したのかを判断しなければならない」

「また、フットボールから離れる彼に関して、我々がどのようなサポートをできるか、考える必要を感じている。だが、そのためには、まず彼と話すことが必要だ」

▽アンデルレヒトのアカデミー出身のヴァンデン・ボーアは、2004年3月に16歳の若さでトップチームデビュー。その後、盟友のベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(現マンチェスター・シティ)と共に、同クラブ期待の若手として台頭した同選手だが、フィオレンティーナやジェノア、ポーツマスといった国外でのクラブでは思うように活躍できず、2013年に古巣アンデルレヒトに復帰。加入後2シーズンはレギュラーとして活躍も、2015-16シーズンのリーグ戦の出場はわずか2試合にとどまっていた。

▽また、2004年に16歳でフル代表デビューを飾ったベルギー代表では、これまで通算29試合に出場し、1ゴールを記録。2014年ブラジル・ワールドカップでは、グループステージ最終節の韓国代表戦に先発出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ウディネーゼ、アンデルレヒトからオランダ人DFヌイティンクを獲得

▽ウディネーゼは29日、アンデルレヒトのオランダ人DFブラム・ヌイティンク(27)を獲得したことを発表した。契約期間は発表されておらず、移籍金は300万ユーロ(約3億9000万円)とのことだ。 ▽オランダのNECで2009年12月にプロデビューを飾ったセンターバックのヌイティンクは、2012年夏にアンデルレヒトへ移籍。アンデルレヒトでも主力として活躍し、在籍5シーズンで公式戦158試合に出場して5ゴールを記録。2016-17シーズンはベルギーリーグで26試合に出場して1ゴールを決めていた。 2017.07.30 02:56 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートンがナイジェリア代表FWオニェクル獲得! 新シーズンはアンデルレヒトにレンタル

▽エバートンは6月30日、ベルギーのオイペンに所属するナイジェリア代表FWヘンリー・オニェクル(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となるが、2017-18シーズンはアンデルレヒトに1年間のレンタルで加わることになる。 ▽2015年にオイペン入りしたオニェクルは、左ウイングを主戦場としつつ、右ウイングやセンターFWまでこなせる万能型のストライカー。細かいタッチのドリブルを得意とし、抜群のゴール感覚も備えている。昨季はリーグ戦38試合(優勝プレーオフ含む)に出場し、22ゴール9アシストを記録した。 ▽なお、オニェクルはエバートンにとって、イングランドU-21代表GKジョーダン・ピックフォード(23)、オランダ代表MFダビー・クラーセン(24)に次ぐ、今夏3人目の新加入選手となる。 2017.07.01 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ボローニャがアンデルレヒトのフランス人DFデ・マイオを完全移籍で獲得

▽ボローニャは21日、アンデルレヒトのフランス人DFセバスティアン・デ・マイオ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は発表されていない。 ▽2016年夏にジェノアからアンデルレヒトへ完全移籍したセンターバックのデ・マイオだったが、監督との衝突により6週間でフィオレンティーナへレンタル移籍し、2016-17シーズンはセリエAで6試合に出場していた。買取りオプションが付いていたが、フィオレンティーナは行使せず、ボローニャへの移籍が決まる形となった。 2017.06.21 23:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ブンデス復帰のシュツットガルトがU-19ベルギー代表MFマンガラを獲得…今季はドルトムントU-19でプレー

▽来シーズンからブンデスリーガに復帰するシュツットガルトは9日、アンデルレヒトのU-19ベルギー代表MFオレル・マンガラ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年までとなり、背番号は23をつける。 ▽ベルギーの名門であるアンデルレヒトの下部組織で育ったマンガラは、今シーズンはドルトムントのU-19チームにレンタル移籍。リーグ戦では27試合に出場し4ゴール5アシストを記録していた。 ▽世代別のベルギー代表を経験し、U-19ベルギー代表として12試合に出場し1ゴールを記録している。マンガラは、日本代表FW浅野拓磨も所属するシュツットガルトにとっては、今オフ初の補強選手となった。 2017.06.10 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ、アンデルレヒトのエースに興味か

▽セビージャは、アンデルレヒトのポーランド代表FWウカシュ・テオドルチク(26)に関心を持っているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽テオドルチクは2016-17シーズン、ベルギー・ジュピラーリーグで28試合20得点。チームのリーグ優勝の立役者となった。また、ヨーロッパリーグでも11試合5得点と結果を残している。 ▽セビージャは、2016-17シーズンのリーガエスパニョーラで4位と躍進。攻撃的なサッカーで結果を出した。しかし、ルシアーノ・ビエット(昨季はアトレティコ・マドリーからのレンタル)、ステファン・ヨベティッチ(同インテルからのレンタル)、ビトロ等の攻撃陣には、他チームへの移籍の噂が囁かれている。そこで、セビージャは、不足するであろう攻撃陣を補充するため、かねてより調査をしていたテオドルチクに白羽の矢を立てたようだ。 ▽テオドルチクの市場推定価格は1000万ユーロ(約12億5000万円)と言われている。これは、信頼できる得点力を持つ選手にしては魅力的な金額だ。そのため、リバプールやエバートンも競合の可能性があると報じられている。 2017.06.05 17:30 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース