メッシが2戦連発の圧巻直接FK弾もビジャレアルとの上位対決はドロー《リーガエスパニョーラ》2017.01.09 06:58 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第17節、ビジャレアルvsバルセロナが8日にエル・マドリガルで行われ、1-1のドローに終わった。▽首位レアル・マドリーを暫定3ポイント差で追う2位のバルセロナは、4位のビジャレアルとの上位対決で新年のリーガをスタート。5日に行われたコパ・デル・レイ5回戦1stレグで試合終盤に9人となったビルバオ相手にまさかの黒星を喫したバルセロナは、その一戦から先発3人を変更。マスチェラーノとディーニュが最終ラインに入り、ラキティッチに代わってアンドレ・ゴメスがブスケッツ、イニエスタと共に中盤で起用された。

▽リーガ最多の41ゴールを誇るバルセロナに対して、リーガ最少の11失点を誇るビジャレアルという、リーガ最強の矛と最強の盾が激突した注目の一戦。前から積極的に圧力をかけるホームチームのプレスを、イニエスタやメッシを起点にいなしていくアウェイチームは、開始3分にイニエスタがファーストシュートを放つなど、攻勢を見せる。続く9分にはメッシの浮き球パスに抜け出したネイマールがボックス右でシュートを狙うが、これは飛び出したGKアセンホに阻まれる。

▽一方、ハイプレスとコンパクトな陣形を保ったリトリート守備の二段構えで相手の強力な攻撃を迎え撃つビジャレアルは、持ち味の素早い攻守の切り替えから鋭いカウンターを仕掛ける。9分に古巣対戦のドス・サントスが惜しいボレーシュートを放つと、その後は快速FWサンソーネが続けてボックス内まで持ち込んでGKテア・シュテーゲンを脅かした。

▽その後も戦術的な要素と、個々のスキルが混ざり合う緊迫感のある攻防が続く。前半終盤にかけては中盤で潰し合う場面が目立ち、互いにフィニッシュまで持ち込めない。それでも、ネイマールの左CKからニアに走り込んだメッシが枠を捉えたヘディングシュート、45分にはボックス手前で左サイドのディーニュから折り返しを受けたスアレスが狙い澄ましたダイレクトシュートを放つが、いずれもGKアセンホに防がれ、前半はゴールレスで終了した。

▽後半も前半同様にボールを保持するバルセロナに対して、ビジャレアルが堅守速攻で応戦。すると50分、ホームチームの得意の形から先制点が生まれる。左サイドを攻め上がったディーニュの横パスを自陣深くでインターセプトしたソリアーノがすぐさまパトに預ける。相手陣内をドリブルで持ち上がったパトがボックス右に走り込むサンソーネに絶妙なスルーパスを送ると、イタリア代表FWは冷静にゴール左隅へ流し込んだ。

▽敵地で先制を許したバルセロナは、すぐさま反撃を開始。55分過ぎには“MSN”の高速カウンターからゴール前のメッシに絶好機も、ここは相手に囲まれてフィニッシュまで持ち込めない。

▽流れを変えたいルイス・エンリケ監督は、68分にアンドレ・ゴメスを下げて古巣対戦のデニス・スアレス、71分にはディーニュを下げてアルダを投入。この交代でブスケッツがセンターバック、マスチェラーノが左サイドバックに移り、[4-2-3-1]の攻撃的な布陣に変更した。

▽ここから猛攻を見せるバルセロナは、73分にボックス手前でイニエスタのパスを受けたメッシが密集地帯で左足を振り抜くが、このシュートは左ポストを叩く。さらに75分にはカウンターからメッシのパスに抜け出したスアレスが深い切り返しでDFを外し、左足のシュートを放つが、今度はGKアセンホのファインセーブに遭う。

▽その後、守備的な交代カードを切って逃げ切りを図るビジャレアルをバルセロナが押し込んでいく。だが、最後の場面で圧巻の集中力を発揮するホームチームが、再三のピンチを防ぐ。だが、敗色濃厚のバルセロナを救ったのは、頼れるエースの左足だった。90分、ペナルティアーク付近の絶好の位置でFKを得たメッシは、集中した表情で左足を振り抜くと、このシュートがゴール左上隅を寸分違わず射抜き、劇的な同点ゴールが生まれた。

▽メッシの公式戦2試合連続直接FK弾で土壇場で振り出しに戻った試合は、試合終了間際にジャウメが2枚目の警告を受けて退場となるアクシデントもあったが、1-1のままタイムアップ。上位対決に相応しい白熱の攻防を繰り広げた両者だが、首位レアル・マドリーの背中が遠のく痛み分けのドローとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

元バルサのクエンカ、Jリーグ挑戦確定か SNSアイコンが鳥栖エンブレムに

レウスに所属するスペイン人FWイサーク・クエンカ(27)のサガン鳥栖入りはやはり決定的なのかもしれない。 バルセロナ下部組織で育ったクエンカはジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督の下、2011年にトップチームデビュー。その後、アヤックスやデポルティボ、ブルサシュポル、グラナダ、ハポエルを渡り歩き、今シーズンからスペイン2部の故郷であるレウスに活躍の場を移した。 そのクエンカを巡っては先日、『マルカ』が「フェルナンド・トーレスを擁する鳥栖との契約にサインした」と報道。1年の延長オプションが付随した3年契約を締結したとみられ、バルセロナB時代にレンタル移籍したサバテルで師事を仰いだルイス・カレーラス・フェレール監督との再会に注目が集まっている。 そして、渦中のクエンカは自身インスタグラム(cuencaisaac)のプロフィール画像を鳥栖のエンブレム画像にリニューアル。そういった動きからして、クエンカのJリーグ挑戦はほぼ間違いなしと言っても差し支えなさそうだ。 2019.01.19 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

コパ・デル・レイ準々決勝の組み合わせが決定! バルサvsセビージャの昨季決勝カードが実現!

スペイン・サッカー協会(RFEF)は18日、コパ・デル・レイ準々決勝の組み合わせを発表した。 5回戦でレバンテを逆転で下し、出場停止者による失格処分問題を免れた同大会4連覇中の王者バルセロナは、昨季決勝で対戦したセビージャとの対戦が決まった。 そして、昨季の雪辱を果たしてレガネスを下したレアル・マドリーは、アトレティコ・マドリーを倒したジローナと、MF柴崎岳の所属するヘタフェはバレンシアと、MF乾貴士の所属するベティスはエスパニョールとの対戦が決まった。 1stレグは来週のミッドウィークに、2ndレグは再来週のミッドウィークに行われる。組み合わせは以下の通り。 セビージャ vs バルセロナ レアル・マドリー vs ジローナ ヘタフェ vs バレンシア エスパニョール vs ベティス 2019.01.19 01:51 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、コパ失格を回避! レバンテの主張は却下

スペイン・サッカー協会(RFEF)は18日、バルセロナのコパ・デル・レイ準々決勝進出を正式に認めた。競技委員長を務めるカルメン・ペレス氏が明かしている。 バルセロナは17日、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグでレバンテを本拠地カンプ・ノウに迎え、3-0で勝利。2戦合計スコアを4-2とし、ベスト8進出を決めた。しかし、レバンテが2-1で勝利した1stレグで、レギュレーションに違反した疑いがあるとし、レバンテが抗議していた。 10日に行われた1stレグでは、バルセロナは大幅にメンバーを落としBチームの選手を数人起用。その中の1人であるチュミが出場停止を受けていたにもかかわらず起用されたのではないかと指摘されていた。 バルセロナBでプレーするチュミは、6日のセグンダB(スペイン3部)第19節カステジョン戦で終了間際にイエローカードを提示され、累積警告による出場停止に。その後、10日のレバンテ戦に出場している。 バルセロナは、昨年11月にルールが変更になりリーグ戦での累積警告はコパ・デル・レイに適用されなくなったと主張。また、レバンテの抗議が規定の48時間を過ぎていたこともあり、ペレス氏は「議論の結果、バルセロナは18日に行われる準々決勝のドローに参加することとなった」とコメントし、バルセロナの準々決勝進出を認めている。 なお、レバンテは不服の場合、スポーツ裁判所に上訴できるとのことだ。 2019.01.19 01:36 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第20節プレビュー】後半戦スタート! レアル・マドリーvsセビージャの上位対決!

前半戦最終戦となった第19節では首位のバルセロナ、2位のアトレティコ・マドリーが揃って勝利を収めた一方、3位のセビージャはアスレティック・ビルバオ相手に痛恨の敗戦となった。また、ベティスとレアル・マドリーの上位対決はレアル・マドリーに軍配が上がっている。 後半戦に突入する第20節では勝ち点33で並ぶ4位のレアル・マドリーと、3位のセビージャによる直接対決に注目だ。 前節、MFダニ・セバージョスの劇的な恩返しゴールでベティスとの接戦を制したレアル・マドリーだが、相変わらずの負傷者の多さに加えて直近のコパ・デル・レイではベスト8進出こそ果たしたもののレガネスに敵地で敗れ、今季の公式戦10敗目を喫することになった。その敗戦からバウンスバックが求められる今節は前回対戦で0-3の惨敗を喫したセビージャとのリベンジマッチだ。ここ最近、システム変更や選手の配置変更など、現状のチームでの最適解を見出そうと腐心するソラーリ監督は今回の上位対決でいかなる策を講じるか。 一方、ビルバオとの3連戦を1勝2敗で負け越したセビージャは1stレグでのアドバンテージを生かしてコパで8強進出を手繰り寄せたものの、2試合連続無得点での連敗は頂けない。この3連戦を通じてチームのやりたい形は出ていたものの、MFサラビアや前線のアタッカー陣が決め切れない場面が目立つ。そのため、難所ベルナベウに乗り込む今回の試合では前回対戦で2ゴールを決めたFWアンドレ・シウバを中心に効率の良さを取り戻したい。 前節、エイバルを一蹴して前半戦を6連勝フィニッシュで締めくくったバルセロナはミッドウィークにホームで行われたコパのレバンテ戦をきっちり勝利して逆転での8強進出を決めた。後半戦に弾みをつけた前半戦王者は14位のレガネス(勝ち点22)と対戦。直近のコパでレアル・マドリーを破るなど上位キラーとして知られるレガネスに対して、バルセロナは前半戦で今季リーガ初黒星を喫しており、決して油断することはできない。コパで温存したFWルイス・スアレスら主力のパフォーマンスが重要になりそうだ。 そのバルセロナを勝ち点5差で追う2位のアトレティコ(勝ち点38)はリーガでは16戦無敗と好調を維持。だが、ミッドウィークのコパではホームでジローナ相手にまさかの3失点を喫する3-3のドローゲームを演じ、アウェイゴール数の差で下回り、5回戦敗退となった。0-4で大敗したチャンピオンズリーグ(CL)、ドルトムント戦以来の大量失点はチームに与える影響も大きく短い準備期間の中でどこまで修正できるか。幸い、対戦相手のウエスカは最下位に低迷しており、今回の試合では大量得点且つクリーンシートを達成し、リバウンドメンタリティを示したい。 その他のカードではヨーロッパリーグ(EL)出場をメインにあわよくばCL出場権獲得を狙うセカンドグループの直接対決に注目。前々節にバルセロナに敗れたものの持ち味の堅守を武器に勝ち点を積み上げる6位のヘタフェ(勝ち点28)は、直近2勝2分けと好調を維持する5位のアラベス(勝ち点32)と対戦する。 また、レアル・マドリー相手の惜敗で3戦未勝利と足踏みが続く7位のベティス(勝ち点26)は、コパでアトレティコ相手に金星を飾った9位のジローナ(勝ち点24)と対戦。後半戦初戦にして重要な直接対決を制するのはどちらのクラブとなるか。 《リーガエスパニョーラ第20節》 ▽1/18金) 《29:00》 ヘタフェ vs アラベス ▽1/19(土) 《24:15》 レアル・マドリー vs セビージャ 《26:30》 ウエスカ vs アトレティコ・マドリー 《28:45》 セルタ vs バレンシア ▽1/20(日) 《20:00》 ベティス vs ジローナ 《24:15》 ビジャレアル vs ビルバオ 《26:30》 レバンテ vs バジャドリー ラージョ vs レアル・ソシエダ 《28:45》 バルセロナ vs レガネス ▽1/21(月) 《29:00》 エイバル vs エスパニョール 2019.01.18 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、コパ失格の可能性が浮上!

バルセロナが、コパ・デル・レイを失格になる可能性があるようだ。イギリス『BBC』が報じた。 バルセロナは17日、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグでレバンテを本拠地カンプ・ノウに迎え、3-0で勝利。2戦合計スコアを4-2とし、ベスト8進出を決めた。しかし、レバンテが2-1で勝利した1stレグで、レギュレーションに違反した疑いがバルセロナかけられている。 10日に行われた1stレグでは、バルセロナは大幅にメンバーを落としBチームの選手を数人起用した。今回問題とされているのは、その中の1人であるチュミが出場停止を受けていたにもかかわらず起用されたのではないかという点だ。 バルセロナBでプレーするチュミは、6日のセグンダB(スペイン3部)第19節カステジョン戦で終了間際にイエローカードを提示され、累積警告による出場停止に。その後、10日のレバンテ戦に出場している。 バルセロナは、昨年11月にルールが変更になりリーグ戦での累積警告はコパ・デル・レイに適用されなくなったと主張。しかし、依然として失格になる可能性が『BBC』に伝えられており、その運営の判断が待たれている。 なお、2015年にはレアル・マドリーが出場停止になっていたMFデニス・チェリシェフ(現バレンシア)を起用し、コパ・デル・レイを失格になっていた。 2019.01.18 18:10 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース