メッシが2戦連発の圧巻直接FK弾もビジャレアルとの上位対決はドロー《リーガエスパニョーラ》2017.01.09 06:58 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第17節、ビジャレアルvsバルセロナが8日にエル・マドリガルで行われ、1-1のドローに終わった。▽首位レアル・マドリーを暫定3ポイント差で追う2位のバルセロナは、4位のビジャレアルとの上位対決で新年のリーガをスタート。5日に行われたコパ・デル・レイ5回戦1stレグで試合終盤に9人となったビルバオ相手にまさかの黒星を喫したバルセロナは、その一戦から先発3人を変更。マスチェラーノとディーニュが最終ラインに入り、ラキティッチに代わってアンドレ・ゴメスがブスケッツ、イニエスタと共に中盤で起用された。

▽リーガ最多の41ゴールを誇るバルセロナに対して、リーガ最少の11失点を誇るビジャレアルという、リーガ最強の矛と最強の盾が激突した注目の一戦。前から積極的に圧力をかけるホームチームのプレスを、イニエスタやメッシを起点にいなしていくアウェイチームは、開始3分にイニエスタがファーストシュートを放つなど、攻勢を見せる。続く9分にはメッシの浮き球パスに抜け出したネイマールがボックス右でシュートを狙うが、これは飛び出したGKアセンホに阻まれる。

▽一方、ハイプレスとコンパクトな陣形を保ったリトリート守備の二段構えで相手の強力な攻撃を迎え撃つビジャレアルは、持ち味の素早い攻守の切り替えから鋭いカウンターを仕掛ける。9分に古巣対戦のドス・サントスが惜しいボレーシュートを放つと、その後は快速FWサンソーネが続けてボックス内まで持ち込んでGKテア・シュテーゲンを脅かした。

▽その後も戦術的な要素と、個々のスキルが混ざり合う緊迫感のある攻防が続く。前半終盤にかけては中盤で潰し合う場面が目立ち、互いにフィニッシュまで持ち込めない。それでも、ネイマールの左CKからニアに走り込んだメッシが枠を捉えたヘディングシュート、45分にはボックス手前で左サイドのディーニュから折り返しを受けたスアレスが狙い澄ましたダイレクトシュートを放つが、いずれもGKアセンホに防がれ、前半はゴールレスで終了した。

▽後半も前半同様にボールを保持するバルセロナに対して、ビジャレアルが堅守速攻で応戦。すると50分、ホームチームの得意の形から先制点が生まれる。左サイドを攻め上がったディーニュの横パスを自陣深くでインターセプトしたソリアーノがすぐさまパトに預ける。相手陣内をドリブルで持ち上がったパトがボックス右に走り込むサンソーネに絶妙なスルーパスを送ると、イタリア代表FWは冷静にゴール左隅へ流し込んだ。

▽敵地で先制を許したバルセロナは、すぐさま反撃を開始。55分過ぎには“MSN”の高速カウンターからゴール前のメッシに絶好機も、ここは相手に囲まれてフィニッシュまで持ち込めない。

▽流れを変えたいルイス・エンリケ監督は、68分にアンドレ・ゴメスを下げて古巣対戦のデニス・スアレス、71分にはディーニュを下げてアルダを投入。この交代でブスケッツがセンターバック、マスチェラーノが左サイドバックに移り、[4-2-3-1]の攻撃的な布陣に変更した。

▽ここから猛攻を見せるバルセロナは、73分にボックス手前でイニエスタのパスを受けたメッシが密集地帯で左足を振り抜くが、このシュートは左ポストを叩く。さらに75分にはカウンターからメッシのパスに抜け出したスアレスが深い切り返しでDFを外し、左足のシュートを放つが、今度はGKアセンホのファインセーブに遭う。

▽その後、守備的な交代カードを切って逃げ切りを図るビジャレアルをバルセロナが押し込んでいく。だが、最後の場面で圧巻の集中力を発揮するホームチームが、再三のピンチを防ぐ。だが、敗色濃厚のバルセロナを救ったのは、頼れるエースの左足だった。90分、ペナルティアーク付近の絶好の位置でFKを得たメッシは、集中した表情で左足を振り抜くと、このシュートがゴール左上隅を寸分違わず射抜き、劇的な同点ゴールが生まれた。

▽メッシの公式戦2試合連続直接FK弾で土壇場で振り出しに戻った試合は、試合終了間際にジャウメが2枚目の警告を受けて退場となるアクシデントもあったが、1-1のままタイムアップ。上位対決に相応しい白熱の攻防を繰り広げた両者だが、首位レアル・マドリーの背中が遠のく痛み分けのドローとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

カナレス、メッシを絶賛! 「テレビでは楽しめるけど…」

ベティスに所属するスペイン代表MFセルヒオ・カナレスが、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを称えている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ベティスは17日、リーガエスパニョーラ第28節でホームにバルセロナを迎えて1-4で大敗した。試合の中では、メッシがハットトリックを記録するなど大活躍。特に3点目の中距離からのループシュートが芸術的な放物線を描いてゴールに吸い込まれた際には、ベティスサポーターがスタンディングオベーションでその美技を称えた。 今月の代表ウィークでスペイン代表に初選出されたカナレスは、上記の試合でのメッシのパフォーマンスについて問われ、以下のように絶賛している。 「(リオネル・メッシは)世界最高だ。先日に僕らのスタジアムでやったことだけが理由じゃない。彼は試合を決定付けるし、毎年毎年見たこともないレベルでそれをやるんだ。こんなに長い間自分たちのリーグで彼を楽しむことが出来て、僕らは幸運だよ」 「あれ(メッシへのスタンディングオベーション)は当然のことだし、ベティスのサポーターや彼らの含蓄の素晴らしさを証明するものだ。自分たちのフィールドでもないのにあのような喝采を浴びてピッチを去るというのは、とても美しいことだよ」 「(メッシのことを)テレビでは楽しめるんだけど、フィールドでは嫌だね」 2019.03.22 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

タグリアフィコ、移籍金25億円に設定か バルセロナは獲得に難色

アヤックスに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(26)の移籍金額が設定されたようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 先月末に、スペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)との契約を2024年6月末まで延長したことを発表したバルセロナ。不動の左サイドバックの確保に成功し、契約解除金を5億ユーロ(約630億円)に設定したことで当面の不安も無くなった。 しかし、ジョルディ・アルバの年齢や例年の過密日程を踏まえて、バルセロナは今夏の移籍市場で左サイドバックの補強を標榜。そして、そのうちの候補の1人として挙げられているのがタグリアフィコだ。 母国のバンフィールド、インデペンディエンテでのプレーを経て昨年1月にアヤックスに加入したタグリアフィコは、左足のキック精度と攻撃性能に長けた左サイドバック。今シーズンもここまでの公式戦34試合で5ゴール5アシストを記録しており、アルゼンチン代表においても昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)で同国の全4試合に出場し、その後の親善試合でも主将を務めている。 今回の報道によれば、タグリアフィコの移籍金が恐らく2000万ユーロ(約25億2000万円)に設定されたとのこと。しかし、バルセロナはあくまでジョルディ・アルバのバックアップとしての役割を求めており、この金額に難色を示しているようだ。とはいえ、アーセナルやアトレティコ・マドリーからの関心も以前に伝えられており、去就が見守られる選手の1人となっている。 2019.03.22 09:10 Fri
twitterfacebook
thumb

デ・リフトがF・デ・ヨングに続きバルセロナ移籍へ! ライオラに自身の希望伝える

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)が、クラブと代表のチームメートであるMFフレンキー・デ・ヨング(21)を追う形でバルセロナ移籍を決断したようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 今シーズンから名門アヤックスのキャプテンを務めているデ・リフト。187cmの恵まれたサイズに加え、スピードにも優れた万能型のセンターバックは攻撃面の貢献も著しい逸材だ。 すでにユベントスやパリ・サンジェルマン、リバプールなどビッグクラブの関心を集める19歳は今夏の移籍市場における最注目銘柄の1人だ。 そのデ・リフトに関してバルセロナの有力な地元紙『ムンド・デポルティボ』は、デ・ヨングに続いてカタルーニャ行きの可能性が高まってると主張してる。 同メディアによると、アヤックス、オランダ代表でのプレーを通じて自信を深めたデ・リフトは、自身の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏に対して、“ビッグクラブに挑戦する時期が訪れた”ことを伝え、その“ビッグクラブ”がバルセロナであることを伝えたという。 また、今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンへの再チャレンジが伝えられるバルセロナだが、実際はデ・リフトの獲得を最優先事項としており、両者の思惑は完全に合致しているようだ。 2019.03.22 02:25 Fri
twitterfacebook
thumb

超大特価! バルサ、コウチーニョ移籍金の大幅値下げを考慮

バルセロナが、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(26)の移籍金を大幅に値下げする意向があるようだ。『GOAL』が報じている。 昨年1月にリバプールからクラブ史上最高額の移籍金で迎えられたコウチーニョ。昨季はリーグ戦18試合で8ゴール5アシストと、すぐに順応したかに思われたが、今季はこれまでの実力を発揮することが出来ず、カンプ・ノウではファンからブーイングが起こることも珍しくない。今季ここまでの成績はリーグ戦26試合で4ゴール2アシスト。そのうち先発出場は16試合で、今年に入ってからフル出場した試合はない。 エルネスト・バルベルデ監督の信頼を勝ち取れていない今、バルセロナはコウチーニョの放出はやぶさかでない様子だ。伝えられるところによると、クラブは同選手の移籍金を8000万ユーロ(約100億円)に設定。獲得した際の基本的な移籍金が1億2000万ユーロ(約150億円)だったことを考えると、大幅な値下げだ。なお、この移籍金は出来高次第で1億6000万ユーロ(約200億円)まで上昇する可能性もあり、そうなった場合、バルセロナは半額の値段でコウチーニョの退団を認めることになる。 そんなコウチーニョに関心を寄せるクラブは多く、今のところ最も可能性が高いとされているのがマンチェスター・ユナイテッドだが、『GOAL』はこの移籍は実現しないと踏んでいる。一方で、同メディアが最も自然な移籍と主張するのがパリ・サンジェルマン(PSG)だ。イギリスの生活への適応に苦労したと言われるコウチーニョがイングランドに戻ることは考えにくいようで、フランス王者にFWネイマールをはじめ、DFチアゴ・シウバやDFマルキーニョスなど、多くのブラジル人選手が在籍していることは、コウチーニョにとって心強いことだと説明している。 また、ユベントスやバイエルンなどは移籍金を用意することが難しいと推測しているが、PSGからのアプローチは今のところないようだ。 2019.03.21 22:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがCLバルサ戦のアウェイチケット代の一部を肩代わり?

マンチェスター・ユナイテッドとバルセロナの間で、チャンピオンズリーグ(CL)のチケット代を巡って小さな問題が生じている。 両チームはCL準々決勝で激突する。4月10日のファーストレグはユナイテッドのホームで、16日のセカンドレグはバルセロナのホームで行われるのだが、それぞれの試合のアウェイチケットが高額化しているようなのだ。 イギリス『デイリー・メール』によると、バルセロナがカンプ・ノウで行われるセカンドレグのユナイテッドサポーターに向けたアウェイチケットの価格を102ポンドに(約1万4800円)に設定したことを受け、ユナイテッドもオールド・トラフォードのアウェイチケット代を同じ102ポンドに設定したとのこと。 「難しい決断」だったと説明するユナイテッドは、102ポンドに設定した理由については、アウェイへの応援に向かう各サポーターに27ポンドの補助金を支払うためとしている。普段より高額に設定したチケットの余分な売り上げをサポーターに無償で割り当てるという。 ユナイテッドは、今季CLのグループステージのバレンシア戦や、昨季の同大会ラウンド16のセビージャ戦でも同じように補助金をサポーターに寄付していた。 2019.03.21 15:08 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース