香川が1GとPK奪取の活躍! ドルトムントが冬季キャンプ初戦を快勝で飾る《フレンドリーマッチ》2017.01.08 01:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは7日、フレンドリーマッチでPSVとスペインのマルベージャで対戦し、4-1で快勝した。ドルトムントのMF香川真司は前半のみの出場となっている。

▽ウインターブレイク中のドルトムントが冬季キャンプの初戦でオランダ王者PSVと対戦した一戦。[4-1-4-1]で臨んだドルトムントはGKにヴァイデンフェラー、4バックに右からピシュチェク、ギンター、ベンダー、シュメルツァー、中盤アンカーにヴァイグル、2列目に右からデンベレ、カストロ、香川、ロイスと並べ、トップにA・ラモスを配置した。

▽立ち上がりから仕掛けたドルトムントは17分に先制のチャンスを迎える。ドリブルを仕掛けた香川がボックス内で相手DFに倒され、PKを獲得した。しかし、キッカーのロイスが枠の左に蹴ったシュートはGKズートにセーブされてしまう。

▽それでも19分、A・ラモスのシュートのルーズボールをゴールエリア左に詰めたロイスが押し込んで先制。続く24分には細かなパス交換から最後はボックス右に侵入したピシュチェクがGKを強襲するシュートを浴びせた。

▽その後もドルトムントが攻勢に出る中、40分に香川が加点する。デンベレのパスを受けたボックス左の香川がDFを外して右足でシュート。GKのニアを抜くシュートでネットを揺らした。

▽迎えた後半、ドルトムントは全選手を変更。それでも52分、ボックス手前左のエムレ・モルのフィードをシュールレがスライディングボレーで蹴り込み、3-0とリードを広げた。

▽その後、57分にL・デ・ヨングに1点を返されたドルトムントだったが、74分にシュールレの折り返しをプリシッチが決めて4-1とし快勝。キャンプ初戦を快勝で飾ったドルトムントは12日にスタンダール・リエージュと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

O・デンベレ、ドルトムントを無視

▽ドルトムントのフランス代表MFウスマーヌ・デンベレ(20)が、クラブからの呼びかけを無視しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽今夏、バルセロナからの熱視線を浴びるO・デンベレ。バルセロナ移籍を叶えたい同選手だが、1億5000万ユーロ(約193億円)を求めるドルトムントが1億3000万ユーロ(約167億円)のオファーも拒み、ここまで移籍は実現していない。 ▽『マルカ』によれば、O・デンベレの代理人を務めるムサ・シッソコ氏が同選手に入れ知恵したようだ。ムサ・シッソコ氏は、ドルトムントから連絡がかかってくるO・デンベレに携帯電話を遮断させ、練習場に近づかないように指示したとのことだ。 ▽一方で、これ以上事を荒げるようであれば、周囲からのイメージを悪くし、同選手が熱望するバルセロナ移籍も上手くいかないのではないかと、同メディアは推測している。果たしてO・デンベレの移籍問題はどのような決着をみるのだろうか。 2017.08.22 16:29 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、鬼才デンベレ獲得間近 移籍金166億円か

▽ドルトムントに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(20)のバルセロナ移籍が間近に迫っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ▽今夏、パリ・サンジェルマンに契約解除金2億2200万ユーロ(約285億円)でFWネイマールを引き抜かれたバルセロナは、その後釜探しに奔走している。リバプールFWフィリペ・コウチーニョの獲得交渉難航が伝えられる中、世界屈指の若手と認知されているO・デンベレの獲得に迫っているようだ。 ▽『ムンド・デポルティボ』によれば、バルセロナとドルトムントは基本移籍金1億ユーロ(約128億円)で基本合意。現在は、3000万ユーロ(約39億円)前後のボーナス部分に関して交渉中とのことだが、完全合意が差し迫っているとのことだ。 ▽昨夏にレンヌからドルトムント入りしたO・デンベレは昨シーズン、ドルトムントで公式戦50試合に出場して10ゴール22アシストをマーク。ウイングポジションを主戦場としており、両足を使った独特のドリブル、シュートを得意としている。 2017.08.21 19:48 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーorミラン? オーバメヤン「今夏に退団する必要性を感じる」

▽ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(27)が今夏の移籍の可能性を認めた。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽オーバメヤンに関しては、今夏に中国のクラブやチェルシーからの関心が伝えられ、移籍の可能性が取りざたされてきた。それでも先日、オーバメヤンはドイツ『WELT』に対して、「僕にとってドルトムントは自宅のようなところだし、ここに留まる」と残留宣言をしたことが伝えられてきた。 ▽しかし、移籍市場閉鎖を前に、再び今夏の移籍の可能性を示唆したようだ。オーバメヤンは、『Radio Montecarlo Italy』に対して以下のように話したという。 「退団すべきかどうかまだ悩んでいる。クラブとファンは素晴らしいけど、成長のためには退団する必要性を感じる」 「自問自答し続けている。答えは出てない。考える時間が必要だけど、成長したければ今夏に去る必要があると思う」 「僕は27歳だから成長しなければならない。移籍するなら、レギュラーとしてプレーできるところだ」 ▽なお、オーバメヤンに関しては現在、古巣であるミランとの関連が伝えられている。 2017.08.21 16:31 Mon
twitterfacebook
thumb

プリシッチの1G1Aでドルトムントが完勝スタート、香川は86分から出場《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは19日、ブンデスリーガ第1節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-0で完勝した。ドルトムントのMF香川真司は86分から出場している。 ▽5連覇中のバイエルンを追う筆頭の存在であるドルトムントは、1週間前に行われたDFBポカール1回戦のリーラジンゲン戦をオーバメヤンのハットトリックなどで4-0と快勝。そのドルトムントは、リーラジンゲン戦のスタメンから3選手を変更。ダフードやシュールレに代えてゲッツェやプリシッチを起用した。DFBポカールで左肩脱臼から復帰した香川はベンチスタートとなった。 ▽3トップに右からプリシッチ、オーバメヤン、M・フィリップと並べる[4-3-3]で臨んだドルトムントが立ち上がりから押し込むと、17分に決定機。ボックス右に抜け出したプリシッチのクロスをカストロが右足ボレーで合わせたが、枠の左に外れた。 ▽それでも22分、ゲッツェのパスを受けたプリシッチがボックス右に侵入。正確なシュートをゴール左隅に流し込んだ。続く25分にはオーバメヤンの右クロスにM・フィリップが頭で合わせるもわずかに枠の左に外れる。 ▽しかし27分、セットプレーの流れからドルトムントが追加点を奪いきる。ボックス左に侵入したバルトラが意表を突いた技ありのコントロールシュートを、右サイドネットに流し込んだ。ハーフタイムにかけてもドルトムントが主導権を握り続け、2点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始5分にゲッツェが枠内シュートを浴びせたドルトムントが引き続きボールを保持すると、60分にダメ押しのゴールを奪う。プリシッチの右クロスをファーサイドのオーバメヤンがスライディングで押し込んだ。 ▽69分にFKからゴメスにネットを揺らされたものの、オフサイドで3点のリードを保ったドルトムントは、終盤にかけても余裕の試合運びを続ける。86分には1ゴール1アシストのプリシッチに代えて香川を投入したドルトムントが、完勝で白星スタートを切っている。 2017.08.20 00:28 Sun
twitterfacebook
thumb

ボイコット行為のデンベレにカストロも失望「僕たちにとってショックだった」

ドルトムントMFのゴンサロ・カストロは、バルセロナ移籍を求めてボイコット行為に出たチームメイトに失望しているようだ。ドイツ紙『ビルト』のインタビューで心境を明かした。<br><br>ドルトムントは今月10日に、フランス代表FWウスマーヌ・デンベレに対する獲得オファーを断ったことを発表。その同日の午前中の練習を無断で欠席したデンベレに、クラブは当面の活動停止処分を科している。クラブ関係者との接触を一切拒否していると見られる同選手は既に国外に移動していると伝えられていた。<br><br>そんな振る舞いには同僚たちは納得できない模様。ギリシャ代表DFのソクラティス・パパスタソプーロスもドイツ誌『キッカー』で「ウスマーヌは良いやつだけど、チームより大きい選手なんていないということを理解しなければならない。何でも自分がやりたいことをやってはいけない」と苦言を呈していたところだ。<br><br>そして、カストロも黙っていられない。『ビルト』で次のように話している。<br><br>「当然、機会があれば、僕たちは彼はやってはいけないことをやっていること、彼の行動はチームにダメージを加えていることを言うつもりだ」<br><br>「彼は常にここにいて、素晴らしいシーズンを過ごしたんだ。それでも急に練習を欠席した。僕たちにとってショックだったよ。こういうことを経験したことはないからね。こういうことを経験するのは初めてだよ」<br><br>ただカストロは、デンベレが一人でこの行動を取ったとは考えられないようだ。<br><br>「彼はまだ20歳であることを忘れてはいけない。これらの裏に誰かがいること、彼は誰かに操られていることも考えられる。僕だって20歳のころはすべてを自分一人で決められなかったことは知っているのでね」<br><br>それでもこのようなケースはサッカー界に悪影響を及ぼしかねないと懸念の言葉を口にした。<br><br>「1人のプレーヤーが『他クラブが自分を欲しがっているので僕はもうここでの練習には参加しない』といった傾向がこのまま強まるとしたら、つまり選手がやりたい放題になるとしたら、サッカーにとっては致命的だね」<br><br>提供:goal.com 2017.08.19 09:10 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース