香川が1GとPK奪取の活躍! ドルトムントが冬季キャンプ初戦を快勝で飾る《フレンドリーマッチ》2017.01.08 01:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは7日、フレンドリーマッチでPSVとスペインのマルベージャで対戦し、4-1で快勝した。ドルトムントのMF香川真司は前半のみの出場となっている。

▽ウインターブレイク中のドルトムントが冬季キャンプの初戦でオランダ王者PSVと対戦した一戦。[4-1-4-1]で臨んだドルトムントはGKにヴァイデンフェラー、4バックに右からピシュチェク、ギンター、ベンダー、シュメルツァー、中盤アンカーにヴァイグル、2列目に右からデンベレ、カストロ、香川、ロイスと並べ、トップにA・ラモスを配置した。

▽立ち上がりから仕掛けたドルトムントは17分に先制のチャンスを迎える。ドリブルを仕掛けた香川がボックス内で相手DFに倒され、PKを獲得した。しかし、キッカーのロイスが枠の左に蹴ったシュートはGKズートにセーブされてしまう。

▽それでも19分、A・ラモスのシュートのルーズボールをゴールエリア左に詰めたロイスが押し込んで先制。続く24分には細かなパス交換から最後はボックス右に侵入したピシュチェクがGKを強襲するシュートを浴びせた。

▽その後もドルトムントが攻勢に出る中、40分に香川が加点する。デンベレのパスを受けたボックス左の香川がDFを外して右足でシュート。GKのニアを抜くシュートでネットを揺らした。

▽迎えた後半、ドルトムントは全選手を変更。それでも52分、ボックス手前左のエムレ・モルのフィードをシュールレがスライディングボレーで蹴り込み、3-0とリードを広げた。

▽その後、57分にL・デ・ヨングに1点を返されたドルトムントだったが、74分にシュールレの折り返しをプリシッチが決めて4-1とし快勝。キャンプ初戦を快勝で飾ったドルトムントは12日にスタンダール・リエージュと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムントのチーム内に亀裂? シュテーガー新監督「対立するようなグループは存在しない」

ドルトムントを率いることになったペーター・シュテーガー新監督だが、チーム内でグループ化が進んでいることを否定した。14日の記者会見でチーム内の雰囲気について話している。<br><br>香川真司がゴールを決めるなどで、新監督の初戦となった前節マインツ戦で公式戦10試合ぶりの白星をあげたドルトムント。オーストリア人指揮官は、チーム内のムードは「もちろん勝利のあとなので、みんなは少しばかり解放されたようだ。おそらく、必要としていた結果を出せたことにより、みんなの機嫌が少しよくなったね」と言及しつつ、「それはピーター・ボス(前監督)とともに勝利を収めていたら、同じだろう」と自身がチームにもたらせた成果と考えない様子をうかがわせている。<br><br>シュテーガー監督の就任会見で、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)はチーム内に亀裂が走っていることを示唆していた。それについて問われた同監督は「それはしばらくの間、勝てなかったことでみんなに不満が溜まっていたために受けた印象に過ぎないと思うよ。私はチームがグループ化しているとは思わないし、対立するようなグループの存在はまったく確認できない」と強調。次のように続けた。<br><br>「チームが勝てなくても、監督が進退問題に立ち向かっても、プレーヤーたちは気にしないと思われるかもしれない。たが、実際にはそれらはプレーヤーたちに重大な影響を及ぼす。ピーター・ボスのようにネガティブなことが一切言われない監督の場合、なおさらのことだ。そうすると、チームへのインパクトは大きく、外から『雰囲気が悪い』と言われてしまう」<br><br>「先にも話したとおり、勝利はみんなを少しばかり解放させた。年内の残り2試合にも全力で、そしてポジティブに臨む姿勢しか見られないね。私が見る限り、チーム内に亀裂はない」<br><br>また、練習に遅刻する態度や移籍のうわさが度々話題を呼んでいるFWピエール=エメリク・オーバメヤンについて「ナイスな印象だよ」と言及。「色々読んだり聞いたりしたが、孤立することはないし、すべては望む通り。素晴らしいプレーヤーで、性格的にもやりやすいし、明るい。何の問題もない」とエースには好印象を受けている様子だ。<br><br>なおドルトムントは16日に行われるブンデスリーガ第17節でホッフェンハイムをホームに迎える。シュテーガー監督の後任候補として報じられているユリアン・ナーゲルスマン監督との対戦に注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.15 19:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントCEO、来季指揮官は未定と明言…シュテーガー新監督は今季限りの契約

ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは、来シーズンに向けてまだ何も決断されていないと明かす。<br><br>ドルトムントは今夏、ピーター・ボス前監督を招聘したものの、成績不振により今月に解任。後任には元ケルンのペーター・シュテーガー監督を招いている。契約は今シーズンいっぱいで、来シーズン以降は誰が指揮を執るのかということに注目が集まるが、その筆頭とされているのがホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督だ。<br><br>30歳でありながら、ホッフェンハイムで見事な手腕を発揮するナーゲルスマン。ヴァツケ氏は「彼は若く、良い監督だが」と前置きした上で、「まだ何もないよ。次のシーズンに向けてはまだ何も決まっていない」と語っている。<br><br>なお、シュテーガー新監督の初陣は香川真司の活躍もあり、2-0とマインツに勝利。新指揮官の下でドルトムントがカムバックを遂げられるのかにも注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.15 08:40 Fri
twitterfacebook
thumb

9戦ぶり勝利のドルトムントに朗報!! 前十字じん帯断裂のロイスがボールトレーニングに復帰!!

▽9戦ぶりの白星に沸くドルトムントにさらなる朗報が届いたようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽ピーター・ボス前監督を解任し、ペーター・シュティーガー新監督を迎えたドルトムントは、初陣となったブンデスリーガ第16節のマインツ戦を2-0で勝利。9試合ぶりの白星を飾った。 ▽最悪の状態から浮上を目指すチームに、さらに朗報が舞い込んできた。今年5月に行われたDFBポカール決勝のフランクフルト戦で、ヒザ前十字じん帯断裂の大ケガを負ったドイツ代表MFマルコ・ロイスが、ボールを使ったトレーニングを行えるまでに回復しているようだ。 ▽リハビリを行い、ランニングを続けてきたロイスは、13日に行われたトレーニングで負傷後初めてとなるボールを使ったトレーニングに参加。問題なくメニューをこなしたようで、復帰に向けて一歩前進した。なお、『キッカー』によるとロイスの復帰時期は来年3月以降になるという。 2017.12.14 10:10 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループH総括】“死の組”制したスパーズが首位通過! 2連覇中の王者マドリーは低調ドルト退け2位通過

▽2連覇中の王者レアル・マドリーに加え、決勝トーナメントの常連ドルトムント、昨季プレミアリーグ2位のトッテナムが同居したグループHは、グループCと同様に今大会の“死の組”と評された。その三つ巴の争いを制したのは、3番人気のトッテナムとなった。一方、そのトッテナムの後塵を拝したマドリーだが、低調なドルトムントを退けて2位通過を果たした。 ■グループH順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.トッテナム[16/5/1/0/11] 2.レアル・マドリー[13/4/1/1/10] 3.ドルトムント[2/0/2/4/-6] 4.アポエル[2/0/2/4/-15] ◆昨季教訓に圧巻の首位通過~トッテナム~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季、低調な戦いぶりでグループステージ敗退となるなど、ヨーロッパの舞台で経験不足を露呈してきたトッテナムだが、ポチェッティーノ監督の下で着実に成長を続けた若きチームは、5勝1分けの勝ち点16という、今グループステージ出場チーム最多勝ち点で見事な首位通過を果たした。初戦では今季国内リーグで勝利がなかったウェンブリーで難敵ドルトムントを撃破し勢いに乗ると、第2戦のアポエル戦ではエースFWケインのハットトリックで連勝。そして、マドリーとの連戦では敵地での一戦を守備的なアプローチで戦い、互角以上の内容で勝ち点1を奪取。さらに、ウェンブリーでのリターンマッチでは出場停止明けで初出場のMFデレ・アリの2ゴールの活躍で2連覇中の王者を撃破した。その後、第5節ではドルトムント相手のアウェイゲームをきっちり勝ち切り、最終節を前に首位通過を決めた。多士済々なタレントに加え、采配に柔軟性が出てきたアルゼンチン人指揮官の下で躍動するチームは、決勝トーナメント1回戦で昨季のファイナリスト、ユベントスを相手に更なる躍進を目指す。 ◆順当突破も3連覇に向け不安要素~レアル・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前人未踏のCL連覇を達成したマドリーは、更なる偉業を目指す今シーズンも順当に決勝トーナメント進出を果たした。国内リーグではアタッカー陣の不振によって序盤戦から大苦戦を強いられるも、CLの舞台ではその攻撃陣が真価を発揮。とりわけ、エースFWクリスティアーノ・ロナウドの存在感が抜群だった。今季の自身公式戦最初の試合となったアポエルとの初戦で2ゴールを奪ったC・ロナウドは、リーグ戦の不調とは裏腹にまるで打ち出の小槌のようにシュートを放てばゴールを積み重ね、史上初のグループステージ全試合ゴールを達成すると共に、得点ランキング独走の9ゴールを記録した。そのエースにけん引されたチームは、トッテナム相手に敗戦を喫したものの4勝1敗1分けときっちり勝ち点を積み上げた。ただ、2位通過となったことで、先日の組み合わせ抽選会では優勝候補パリ・サンジェルマンという最悪な相手を決勝トーナメント1回戦の対戦相手に引き当ててしまい、3連覇に向けて大きな不安要素を残した。 ◆絶不調でまさかの未勝利…~ドルトムント~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽実績や選手層で2番手という位置付けだったドルトムントだったが、今グループステージ未勝利という低調な戦いぶりで早くも今季CLの戦いを終えることになった。9月中旬まではボス新監督の下で素晴らしい序盤戦を過ごしたドルトムントだが、徐々に歯車が狂い始めると、トッテナムとマドリーとの開幕2試合をいずれも僅差ながら連敗。さらに、国内リーグで泥沼の低迷期に陥ったチームはグループ最弱のアポエルとの連戦を、いずれも1-1のドローで終える体たらく。この連続ドローで突破の可能性がほぼ消滅すると、残りのライバル2チームとの直接対決も無残に連敗。未勝利で勝ち点2という低調な数字となったが、同勝ち点のアポエルを辛くも得失点差で振り切り、EL出場権を獲得。なお、CLと国内リーグでの低迷によってボス監督を解任したチームは前ケルン指揮官のシュティーガー新監督の下、ELラウンド32でアタランタと対戦する。 ◆奮闘も我慢し切れず~アポエル~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽予備予選、プレーオフを制して本大会出場を決めた中、強豪揃いのグループに入ったアポエル。結果的に最下位で大会を去ることになったものの、実りあるグループステージとなった。とりわけ、圧倒的な格上であるドルトムントとの連戦では持ち味の堅守速攻を武器に互角の戦いを披露し、いずれも1-1のドローで終える見事な戦いを披露した。その一方で、トッテナムとマドリー相手には先制点を奪われた後の試合運びに問題を抱え、4試合で3失点以上を喫しての無得点負けとなった。仮に、この4試合でもう少し我慢できていれば、3位フィニッシュも可能だったかもしれない。 2017.12.13 18:07 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムントのシュテーガー新監督、公式戦10試合ぶり白星で「私にとっても久々の勝利」

ドルトムントのペーター・シュテーガー新監督は、就任後初勝利に喜びを示した。<br><br>ドルトムントは12日、マインツと対戦。シュテーガー監督にとっては新天地での初陣となった。試合は香川真司の活躍もあり、2-0と勝利してドルトムントが公式戦10試合ぶりの白星を挙げている。リーグ戦の勝利は第7節以来だった。<br><br>いまだリーグ戦で白星を挙げていないケルンを解任された直後にドルトムントへとやってきたシュテーガーは、試合後の記者会見で「ドルトムントにとっても私にとっても久々のリーグ戦勝利となった」と話し、勝ち点3に喜びを露わにした。<br><br>さらに続けて、「この勝利はピーター・ボスのものでもある。彼の幸運を祈っている」と前任者の名前を出すことも忘れなかった。<br><br>また、先制点を挙げたソクラティス・パパスタソプロスも「今夜の勝利は重要だ。これからの試合も、こういった状況を抜け出すために重要になるけどね」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 11:04 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース