香川が1GとPK奪取の活躍! ドルトムントが冬季キャンプ初戦を快勝で飾る《フレンドリーマッチ》2017.01.08 01:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは7日、フレンドリーマッチでPSVとスペインのマルベージャで対戦し、4-1で快勝した。ドルトムントのMF香川真司は前半のみの出場となっている。

▽ウインターブレイク中のドルトムントが冬季キャンプの初戦でオランダ王者PSVと対戦した一戦。[4-1-4-1]で臨んだドルトムントはGKにヴァイデンフェラー、4バックに右からピシュチェク、ギンター、ベンダー、シュメルツァー、中盤アンカーにヴァイグル、2列目に右からデンベレ、カストロ、香川、ロイスと並べ、トップにA・ラモスを配置した。

▽立ち上がりから仕掛けたドルトムントは17分に先制のチャンスを迎える。ドリブルを仕掛けた香川がボックス内で相手DFに倒され、PKを獲得した。しかし、キッカーのロイスが枠の左に蹴ったシュートはGKズートにセーブされてしまう。

▽それでも19分、A・ラモスのシュートのルーズボールをゴールエリア左に詰めたロイスが押し込んで先制。続く24分には細かなパス交換から最後はボックス右に侵入したピシュチェクがGKを強襲するシュートを浴びせた。

▽その後もドルトムントが攻勢に出る中、40分に香川が加点する。デンベレのパスを受けたボックス左の香川がDFを外して右足でシュート。GKのニアを抜くシュートでネットを揺らした。

▽迎えた後半、ドルトムントは全選手を変更。それでも52分、ボックス手前左のエムレ・モルのフィードをシュールレがスライディングボレーで蹴り込み、3-0とリードを広げた。

▽その後、57分にL・デ・ヨングに1点を返されたドルトムントだったが、74分にシュールレの折り返しをプリシッチが決めて4-1とし快勝。キャンプ初戦を快勝で飾ったドルトムントは12日にスタンダール・リエージュと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

両者退場者を出す大荒れの上位対決はライプツィヒに軍配! ドルトムントはリーグ戦ホーム無敗記録が途切れる…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第8節のドルトムントvsライプツィヒが14日にシグナル・イドゥナ・パルクで行われ、ライプツィヒが2-3で勝利した。ドルトムントの日本代表MF香川真司は、ベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節のアウグスブルク戦を香川の決勝点で勝利した首位ドルトムント(勝ち点19)は、その試合からスタメンを6人変更。香川やプリシッチ、バルトラらがベンチスタートとなってゲッツェ、シャヒン、カストロらがスタメンとなった。 ▽一方、ここまで4勝2敗1分けで4位につけるライプツィヒ(勝ち点13)は、前節のケルン戦からスタメンを4人変更。フォルスベリやデンメ、コナテらに代えてオギュスタンやカンプル、出場停止明けのナビ・ケイタらがスタメンに名を連ねた。 ▽試合は開始早々に動く。4分、バックパスを受けたイルザンカーがオーバメヤンにプレスを受けると、不用意なバックパスを選択。このパスを奪ったオーバメヤンが、ボックス左から仕掛けると、シュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽先制を許したライプツィヒは10分に反撃。バイタルエリア中央手前でFKを獲得すると、カンプルのFKをボックス左のハルステンベルクが頭で折り返し、最後はサビツァーがヘディングで流し込み、試合を振り出しに戻した。 ▽前半半ばにかけて一進一退の展開が続く中、25分にライプツィヒが再びスコアを動かす。左サイドでボールを受けたブルマが縦への突破を図ると、ゴールラインぎりぎりからカットイン。飛び出したGKビュルキの股下を通した折り返しを、最後はゴール前のY・ポウルセンが左足でゴールに流し込んだ ▽逆転を許したドルトムントは、41分に決定機。スルーパスに抜け出したカストロがボックス左から折り返すも、これは飛び出したGKグラクシがブロック。こぼれ球をヤルモレンコがk~ぎ、最後はM・フィリップがシュートを狙ったが、これも相手DFにブロックされ、前半は1-2で終了した。 ▽迎えた後半、ドルトムントはトルヤンとシャヒンを下げてプリシッチとヴァイグルを投入する2枚替えを敢行。対するライプツィヒは、N・ケイタに代えてデンメをピッチに送り出した。すると47分、ライプツィヒはスルーパスに反応したオギュスタンがボックス左から仕掛けるも、ボックス内でパパスタソプーロスに倒されてPKを獲得。このプレーでパパスタソプーロスにはレッドカードが提示された。 ▽数的優位となったライプツィヒは、このPKをオギュスタンがゴール右隅に決め、追加点を奪う。しかし、49分と56分にイルザンカーが立て続けにイエローカードを受けて退場となってしまう。 ▽早い時間に数的不利が無くなったドルトムントは61分、ザガドゥの縦パスに反応した オーバメヤンがボックス左でウパメカーノに倒される。主審がすかさずビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を要求すると、ウパメカーノの左足がオーバメヤンの足を踏んでおり、主審はPKを宣告。このPKをオーバメヤンがゴール右隅に決め、ドルトムントが1点を返した。 ▽その後はポゼッションで上回るドルトムントがライプツィヒゴールに襲いかかる。84分、バイタルエリア右でFKを獲得すると、ゲッツェのクロスをニアサイドのヤルモレンコが頭で合わせるも、これは相手GKがキャッチ。 ▽さらに試合終了間際の92分にも、ゲッツェのロングパスがハルステンベルクのクリアミスを誘うと、抜け出したオーバメヤンがシュート。GKグラクシが弾いたこぼれ球をヤルモレンコが押し込むが、これも枠の上に外れた。 ▽結局、そのまま試合は終了し、両チームに退場者を出した大荒れの上位対決はライプツィヒに軍配が上がった。かろうじて首位をキープしたドルトムントは、今季初黒星を喫すると共にリーグ戦ホーム無敗記録が“41”で途絶えた。 2017.10.15 04:03 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがドルトムントからレンタル中のU-21スペイン代表MFメリノを完全移籍に切り替え

▽ニューカッスルは13日、ドルトムントからレンタル移籍で加入したU-21スペイン代表MFミケル・メリノ(21)に関して、完全移籍に切り替えることを発表した。契約期間は2022年までとなる。 ▽メリノは、オサスナの下部組織で育ち、2014年7月にトップチームに昇格。2016年7月にドルトムントへと完全移籍した。ドルトムントではブンデスリーガで8試合に出場。DFBポカールでも1試合に出場していた。 ▽今シーズンはニューカッスルへレンタル移籍すると、プレミアリーグで7試合に出場していた。メリノはクラブを通じて喜びのコメントを残している。 「僕はここにいることができて本当に幸せだ。契約について、公式に発表できた。5年以上ここに居続けることができるし、クラブや全ての人に良い物を与えられるように、クラブのためにプレーし続けたい」 2017.10.13 20:35 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第8節プレビュー】ドルトムントvsライプツィヒ、武藤vs酒井高&伊藤、浅野vs大迫開催

▽代表ウィーク前に行われた前節ではアンチェロッティ監督解任に踏み切ったバイエルンがヘルタ・ベルリンに引き分け、2試合勝利から見放される格好となった。一方でドルトムントは香川の今季2ゴール目が決勝点となって6勝目を挙げている。その他、マインツの武藤に今季3ゴール目が、ケルンの大迫に今季初ゴールが生まれている。迎える第8節では昨季3位のドルトムントvs2位ライプツィヒの好カードや、武藤マインツvs酒井高&伊藤HSVと浅野シュツットガルトvs大迫ケルンの日本人対決が開催される。 ▽前節アウグスブルク戦を香川の芸術的ループ弾で2-1と競り勝った首位ドルトムント(勝ち点19)は、2連敗中で後のない必勝のチャンピオンズリーグ(CL)アポエル戦を火曜日に控える中、ライプツィヒ撃破にかかる。代表戦でピシュチェクが重傷を負い、サイドバックが人材難となったが、乗り切れるか。代表戦2試合に出場し、ハイチ戦では終了間際に同点ゴールを決めた香川は先発予想となっている。 ▽一方、ケルンに2-1と勝利して4勝目を挙げた4位ライプツィヒ(勝ち点13)は、同じく火曜日に初勝利を目指すCLポルト戦を控える中、ドルトムントを止めて優勝争いに絡むための足がかりとできるか。めまいで代表戦を回避したヴェルナーはベンチスタート予想となっている。 ▽土曜日にはマインツの武藤と酒井高&伊藤のハンブルガーSVによる日本人対決が行われる。前節ヴォルフスブルク戦で今季3ゴール目を決めてチームに勝ち点をもたらしたマインツの武藤は、代表戦ではニュージーランド戦で先発したものの、インパクトを残せずハイチ戦では終盤の出場でアピールするには至らなかった。そんな中チームに戻り、2試合連続ゴールで今季3勝目をチームにもたらせるか。 ▽対する3試合連続スタメン出場中のHSV酒井高は、前節ブレーメンとのノルト・ダービー(0-0)では攻守に及第点のプレーを見せ、チームの連敗を4で止めた。その酒井高はハイチ戦ではフル出場し、終盤の同点弾を演出。良い流れのままチームに戻り、今季3勝目に貢献できるか。また、ダービーでスタメンデビューを果たし、キレ味鋭いドリブル突破で存在感を示して交代する際にスタンディングオベーションで見送られた伊藤は引き続きスタメン予想となっている。 ▽金曜日には浅野シュツットガルトvs大迫ケルンが行われる。ベンチスタートが続き、前節フランクフルト戦では出場機会のなかった浅野は、代表戦でもインパクトを残せず消化不良でチームに戻る形となった。一方、前節ライプツィヒ戦で今季初ゴールを決めたものの、チームは今季6敗目を喫した大迫のケルンは2戦連発弾で今季初勝利をもたらしたい。 ▽その他、2012-13シーズンにバイエルンを3冠に導いたハインケス監督を再招へいしたバイエルンは、フライブルクとのホーム戦で3試合ぶりの勝利を目指し、前節バイエルン戦で圧巻の3人抜きドリブルからのアシストを決めたヘルタ・ベルリンの原口は、シャルケとのホーム戦に臨む。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第8節 ▽10/13(金) 《27:30》 シュツットガルト vs ケルン ▽10/14(土) 《22:30》 ホッフェンハイム vs アウグスブルク ヘルタ・ベルリン vs シャルケ ハノーファー vs フランクフルト マインツ vs ハンブルガーSV バイエルン vs フライブルク 《25:30》 ドルトムント vs ライプツィヒ ▽10/15(日) 《22:30》 レバークーゼン vs ヴォルフスブルク 《25:00》 ブレーメン vs ボルシアMG 2017.10.13 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

香川真司の華麗ループが9月のブンデスリーガ月間ベストゴールに選出!

▽ブンデスリーガ公式サイトは13日、9月の月間ベストゴールにドルトムント日本代表MF香川真司のループシュートが選ばれたことを発表した。 ▽月間ベストゴールは、Facebookを通じてファンが投票して選ぶもの。香川が、ブンデスリーガ第7節のアウグスブルク戦で決めた華麗なループシュートが見事に選ばれた。 ▽23分、ボックス内右深くに侵入したオーバメヤンがマイナスのパス。これをヤルモレンコが繋ぐと、走り込んだ香川がGKの意表を突くループシュート。これがネットを揺らし、ドルトムントは2-1と勝ち越し、勝利を収めていた。 ▽香川のゴールは全体の43%の票を獲得し、2位のカイウビー(アウグスブルク)の14%に大きな差をつけて選出された。9月の月間ベストゴール投票結果は以下の通り。 香川真司(ドルトムント)─43% カイウビー(アウクスブルク)─14% チャルレス・アランギス(レーバークーゼン)─10% セバスティアン・アラー(フランクフルト)─8% アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)─8% ユリアン・ヴァイグル(ドルトムント)─7% アンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント)─4% ナビ・ケイタ(ライプツィヒ)─3% レオン・ゴレツカ(シャルケ)─2% マクシミリアン・フィリップ(ドルトムント)─1% 2017.10.13 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

敗戦から救ったMF香川真司、“リズム”を欠いた攻撃に不満《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は10日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に臨み、3-3のドローに終わった。 ▽試合後、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。敗色濃厚なチームを救った日本の10番だが、厳しい表情で試合を振り返った。 <span style="font-weight:700;">◆MF香川真司</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──MF井手口陽介(ガンバ大阪)とのプレーについて</span> 「『ボールを早く動かしながらボールを回していこう』と。僕らでどんどんボールを受けないと、後ろから組み立てていかないと、前に良い形でボールが入らない。ドルトムントと似ている感覚で、それを徹底しつつ、両サイドバックをできるだけ高い位置に張らして、ということを意識して入った」 <span style="font-weight:700;">──実際にプレーしてみて、攻撃面で感じたことは</span> 「入ってやってみて、回りが悪かった。攻撃に行っている分、前に人数はいるけど、コンビネーションや連動性は生まれていなかった。後ろからゲームをコントロールしながら前に進むというのもできていなかった。そういうところの課題はある」 <span style="font-weight:700;">──ゴールシーンについて</span> 「その前で潰れた分、良かった。良いところに来たから(ボールに)触った。両サイドバックが位置を高めたことで、そのビッグチャンスが生まれた。それまでなかなか効果的なチャンスはなかったし、あの場面では唯一、(原口)元気から車屋(紳太郎)にボールが入って、早くて、連動性のある攻撃ができた。それ以外に関しては、リズムは生まれていなかった」 <span style="font-weight:700;">──コンビネーションプレーについて</span> 「(フリーのスペースに)走る必要はない。連動性というか、そこには一対一の関係性でしかない。ボールが入ったときにサイドが上がるのか、周りの選手がボールを受ける準備ができるのか、後半は停滞していた。効果的なリズムは生まれていなかった」 2017.10.11 03:05 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース