超ワールドサッカー

香川が1GとPK奪取の活躍! ドルトムントが冬季キャンプ初戦を快勝で飾る《フレンドリーマッチ》2017.01.08 01:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは7日、フレンドリーマッチでPSVとスペインのマルベージャで対戦し、4-1で快勝した。ドルトムントのMF香川真司は前半のみの出場となっている。

▽ウインターブレイク中のドルトムントが冬季キャンプの初戦でオランダ王者PSVと対戦した一戦。[4-1-4-1]で臨んだドルトムントはGKにヴァイデンフェラー、4バックに右からピシュチェク、ギンター、ベンダー、シュメルツァー、中盤アンカーにヴァイグル、2列目に右からデンベレ、カストロ、香川、ロイスと並べ、トップにA・ラモスを配置した。

▽立ち上がりから仕掛けたドルトムントは17分に先制のチャンスを迎える。ドリブルを仕掛けた香川がボックス内で相手DFに倒され、PKを獲得した。しかし、キッカーのロイスが枠の左に蹴ったシュートはGKズートにセーブされてしまう。

▽それでも19分、A・ラモスのシュートのルーズボールをゴールエリア左に詰めたロイスが押し込んで先制。続く24分には細かなパス交換から最後はボックス右に侵入したピシュチェクがGKを強襲するシュートを浴びせた。

▽その後もドルトムントが攻勢に出る中、40分に香川が加点する。デンベレのパスを受けたボックス左の香川がDFを外して右足でシュート。GKのニアを抜くシュートでネットを揺らした。

▽迎えた後半、ドルトムントは全選手を変更。それでも52分、ボックス手前左のエムレ・モルのフィードをシュールレがスライディングボレーで蹴り込み、3-0とリードを広げた。

▽その後、57分にL・デ・ヨングに1点を返されたドルトムントだったが、74分にシュールレの折り返しをプリシッチが決めて4-1とし快勝。キャンプ初戦を快勝で飾ったドルトムントは12日にスタンダール・リエージュと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

スパーズ、ドイツ代表の若手2選手を補強か

▽トッテナムがシャルケのドイツ代表MFマックス・マイヤー(21)と、ドルトムントのドイツ代表DFマティアス・ギンター(23)の獲得に関心を示しているようだ。 ▽新シーズンに向けてスカッド拡充を目指すトッテナムだが、現陣容にほとんど穴がないこともあり、ここまで獲得選手ゼロと遅々として補強が進んでいない。 ▽しかし、イギリス『フットボール・ロンドン』の伝えるところによれば、トッテナムは今夏の補強選手1号としてマイヤーの獲得に迫っているようだ。 ▽今夏のステップアップを目指すマイヤーは、2018年6月まで残すシャルケとの現行契約を更新することを固辞し、今夏の退団が濃厚とみられている。また、同選手の流失を覚悟しているシャルケは、現在ナントのフランス人MFアミーヌ・アリ(20)の獲得に迫っており、同選手の獲得オペレーションが済み次第、マイヤーの放出に踏み切る構えだという。 ▽なお、昨夏にもマイヤーの獲得に動いていたトッテナムは、当時シャルケ側から掲示された3700万ポンド(約52億7000万円)の条件に二の足を踏み撤退を余儀なくされた。だが、現時点では1750万ポンド(約25億円)前後で獲得可能となっており、2年越しの獲得に現実味が帯びてきている。 ▽また、中盤や前線の補強と並行して手薄なセンターバックの補強を目指すトッテナムは、当初バーンリーのイングランド代表DFマイケル・キーン(24)など、プレミアリーグ経験者に候補を絞っていたが、高額な移籍金を嫌い、現在はギンターの獲得に興味を示しているようだ。 ▽イギリス『デイリー・メール』の伝えるところによれば、トッテナムは3バックと4バックの両布陣に適応でき、サイドバックでもプレー可能なギンターの獲得に向けて1800万ポンド(約25億6000万円)のオファーを準備しているようだ。 2017.06.25 17:29 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサと個人合意まで伝えられるデンべレ、ドルトムントは移籍話を一蹴「交渉の余地なし」

ドルトムントはフランス代表FWウスマーヌ・デンべレを手放すことはないようだ。ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)が地元紙『WAZ』で、「交渉の余地はない」と強調した。<br><br>現在20歳のデンべレは昨夏にドルトムントに加入。ドイツでの初シーズンで公式戦49試合に出場し、10ゴール21アシストといった数字を記録した。ここ最近、バルセロナに続き、レアル・マドリーからの関心も報じられ、スペイン紙『スポルト』ではドルトムントがデンべレに対して9000万ユーロ(約112億円)の移籍金を要求し、さらにバルセロナは同選手と5年契約で個人合意に至ったとまで伝えられている。<br><br>だが、そもそもドルトムントは2021年までの契約を残すデンべレを手放すつもりはなく、他クラブに同選手との接触を許していないのが現状。ツォルクSDは『WAZ』に対し、「ウスマーヌ・デンべレは我々と長期的な契約を結んでおり、我々の構想にしっかりと入っている」とコメント。さらに「交渉の余地はない。ウスは新シーズンもドルトムントでプレーする!」と強調した。<br><br>同紙によれば、他クラブがそれでもデンべレに接触した場合、そのクラブがFIFAによる制裁を受けるようドルトムントが求めるという。しかし、それでも同選手を取り巻く移籍報道は静まらないかもしれない。<br><br>提供:goal.com 2017.06.23 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、オーバメヤン獲得費用は最低でも88億円

▽リバプールは、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)の獲得に最低でも6300万ポンド(約88億9000万円)を投じなければならないようだ。イギリス『インデペンデント』がドイツ『ビルト』の情報をもとに伝えている。 ▽来シーズンの新戦力としてローマからエジプト代表FWモハメド・サラーを獲得したリバプール。さらなる新戦力として獲得に向かっていると伝えられているのが、今シーズンのブンデスリーガで得点王に輝いたオーバメヤンだ。 ▽そのオーバメヤンを巡っては当初、今夏のパリ・サンジェルマンへの移籍が有力との見方が強まっていたが、移籍金6000ポンドのオファーでもドルトムントを納得させられなかったとみられている。 ▽『インデペンデント』によれば、ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケ最高経営責任者(CEO)は「彼の評価額を支払えるクラブがあるなら、我々は耳を傾ける」と6300万ポンド以上の移籍金を求めているという。 ▽また、ドルトムント側は、オーバメヤンの移籍容認期限をスイスでのプレシーズン合宿がスタートする7月26日までに設定したとのことだ。 2017.06.23 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、韓国の新鋭イ・スンウにアプローチか

▽日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが、バルセロナBでプレーするU-20韓国代表MFイ・スンウ(19)の獲得に向かっているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽2011年からバルセロナBでプレーしているが、トップチーム昇格が難しい状況だと伝えられているイ・スンウ。バルセロナとの現行契約は2019年まで。契約解除金として260万ポンド(約3億6000万円)が設定されているとみられる。 ▽報道によれば、イ・スンウを巡っては現在、元日本代表DF内田篤人が所属するシャルケと共に、ドルトムントも関心を示している模様。イ・スンウの代理人も「交渉は進行中」と認め、ドルトムントの接触を明らかにしたという。 2017.06.23 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

O・デンベレ獲得に向け、代理人とバルサSDが会合…今夏最初のビッグディール実現か?

▽バルセロナがドルトムントのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(20)獲得に近づいているという。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽バルセロナの今夏のターゲットと伝えられるO・デンベレ。今シーズン、レンヌからドルトムントに加入した同選手は、その類稀なる才能を開花させ、今季のサッカー界の話題をさらった。クラブの公式戦では49試合に出場し、10ゴール21アシストを記録。その活躍が評価され、昨年9月にはフランス代表デビューを飾り、ここまで7ゴールをマークしている。 ▽そんなO・デンベレは移籍マーケットでも話題の一人に。マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーも獲得を狙っていると言われる中、移籍有力候補のバルセロナの新アンバサダーとなったエリック・アビダル氏もバルサ移籍を後押しするようなコメントを残している。 ▽また、『マルカ』はドイツ『ビルト』の報道から、バルセロナのスポーツ・ディレクターであるロベルト・フェルナンデス氏とO・デンベレの代理人のムサ・シソコ氏がすでに会合を行ったと伝えている。なお、移籍金は9000万ユーロ(約111億6000万円)にも上る見込みで、成立すればブンデスリーガ史上最高の移籍金となる。 2017.06.22 20:04 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース