香川が1GとPK奪取の活躍! ドルトムントが冬季キャンプ初戦を快勝で飾る《フレンドリーマッチ》2017.01.08 01:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは7日、フレンドリーマッチでPSVとスペインのマルベージャで対戦し、4-1で快勝した。ドルトムントのMF香川真司は前半のみの出場となっている。

▽ウインターブレイク中のドルトムントが冬季キャンプの初戦でオランダ王者PSVと対戦した一戦。[4-1-4-1]で臨んだドルトムントはGKにヴァイデンフェラー、4バックに右からピシュチェク、ギンター、ベンダー、シュメルツァー、中盤アンカーにヴァイグル、2列目に右からデンベレ、カストロ、香川、ロイスと並べ、トップにA・ラモスを配置した。

▽立ち上がりから仕掛けたドルトムントは17分に先制のチャンスを迎える。ドリブルを仕掛けた香川がボックス内で相手DFに倒され、PKを獲得した。しかし、キッカーのロイスが枠の左に蹴ったシュートはGKズートにセーブされてしまう。

▽それでも19分、A・ラモスのシュートのルーズボールをゴールエリア左に詰めたロイスが押し込んで先制。続く24分には細かなパス交換から最後はボックス右に侵入したピシュチェクがGKを強襲するシュートを浴びせた。

▽その後もドルトムントが攻勢に出る中、40分に香川が加点する。デンベレのパスを受けたボックス左の香川がDFを外して右足でシュート。GKのニアを抜くシュートでネットを揺らした。

▽迎えた後半、ドルトムントは全選手を変更。それでも52分、ボックス手前左のエムレ・モルのフィードをシュールレがスライディングボレーで蹴り込み、3-0とリードを広げた。

▽その後、57分にL・デ・ヨングに1点を返されたドルトムントだったが、74分にシュールレの折り返しをプリシッチが決めて4-1とし快勝。キャンプ初戦を快勝で飾ったドルトムントは12日にスタンダール・リエージュと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ケルン大迫勇也、インフルエンザでドルトムント戦は欠場か…5試合連続出場中も

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が、インフルエンザでドルトムント戦を欠場する可能性があるようだ。ドイツ紙『エクスプレス』が報じた。<br><br>ケルンは29日、ブンデスリーガ第31節でドルトムントと対戦する。しかし、大迫は木曜日にインフルエンザにかかったと伝えられ、強敵ドルトムント戦に出場できない可能性が高まっているという。そのため、ケルンのペーター・シュテーガー監督は攻撃的なポジションで他の選手を考慮に入れる必要がありそうだ。<br><br>大迫は前節のホッフェンハイム戦まで5試合連続出場。しかし、ホッフェンハイム戦では終了間際に失点に絡んでしまい、今節に懸ける気持ちは強かっただろう。それだけにドルトムント戦を欠場となれば、本人にとっても痛いことは間違いない。<br><br>なお、ドルトムントはミッドウィークにDFBポカール準決勝でバイエルンと対戦し、3-2で勝利。チームの状況は上向きで、ホームにケルンを迎え入れることになる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.28 07:29 Fri
twitterfacebook
thumb

オーバメヤン、85億円でPSG移籍か…第一希望のレアル・マドリーからはオファーなし

ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが移籍を決断した可能性が浮上した。『ビルト』が報じている。<br><br>ドルトムントのオーバメヤンは2016-17シーズン、公式戦41試合に出場し、35得点5アシストを記録。ブンデスリーガでは27ゴールを挙げ、得点ランキングのトップに立っている。26日に行われたDFBポカール準決勝でもバイエルン相手に2-2とする同点弾を決めるなど、エースとしてチームをけん引する存在だ。<br><br>ドルトムントも容易に売却する意思はないが、移籍のうわさが絶えず、本人もレアル・マドリーでプレーするのが夢だと公言している。しかし、レアル・マドリーからのオファーはなく、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が濃厚であると見られている。<br><br>『フランス・フットボール』によると、オーバメヤンの父親が1月にすでにPSGの幹部と最初の話し合いを行い、4月にもやり取りがあったことが報じられている。オーバメヤンのドルトムントにおける契約は2020年の夏までで、違約金は7000万ユーロ(約85億円)に設定されているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 19:44 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンを相手に逆転勝利したトゥヘル「自信を深める試合になった」

▽ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督が、26日に行われたDFBポカール準決勝のバイエルン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽決勝進出をかけた大一番に臨んだドルトムントは19分にロイスのゴールで先制する。しかしその後2点を奪われて、1-2で前半を終えた。迎えた69分、オーバメヤンのゴールで試合を振り出しに戻すと、74分にはデンベレのゴールが決まる。結局これが決勝点となり、バイエルンを下したドルトムントが、フランクフルトの待つ決勝へと進んだ。 ▽試合を振り返ったトゥヘル監督は、逆転を許した後のハーフタイム前後にあったバイエルンの決定機について言及。そこで3点目を奪われていれば敗れていただろうと、試合のターニングポイントを明かした。 「我々は立ち上がりから20分まで良いプレーを見せられた。そこでリードを奪ってから少し迷いが生じたようだ。攻守ともにチャレンジできず、パスの成功率も低下した。これでは試合をコントロールできない。またバイエルンは前半終了間際と後半開始直後に決定機があった。あそこで3点目を奪われていれば、おそらく負けてここに座っていただろう」 ▽またトゥヘル監督は、逆転を許した状況から再び勝ち越すことができた選手たちの戦いぶりを称えている。 「難しいことだったがそれを可能にした。チームにとっては自信を深める試合になった。65分ごろからチームには前への推進力が戻った。球際での戦いに勝てるようにもなった。そうやって自分たちの戦いに持っていき、最後はオープンな試合となった」 「それから2つのゴールが生まれた。選手たちは素晴らしい情熱を見せてくれた。時には運も必要だと思っている。そしてこの成功はチームに自信をもたらすものであり、成長には欠かせないものだ」 2017.04.27 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

先制点のロイス、バイエルンを撃破し決勝進出に「純粋にうれしい」

▽ドルトムントのドイツ代表FWマルコ・ロイスが、26日に行われたDFBポカール準決勝のバイエルン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽敵地での一戦に臨んだドルトムントは19分、バックパスをカットしたラファエル・ゲレイロの放ったシュートのこぼれ球をロイスが押し込み先制。しかし28分に同点とされると、41分にはかつてのチームメートであるフンメルスにゴールを許して逆転された。ところがドルトムントは69分にオーバメヤンが同点とすると、74分にはデンベレがネットを揺らす。このゴールが決勝点となり、ドルトムントがフランクフルトの待つ決勝へと駒を進めた。 ▽試合を振り返ったロイスは、後半に見せた精神力に満足感を示し、逆転でのバイエルン撃破に自信を見せた。 「純粋にうれしいね。ドレッシングルームでもそういう雰囲気だったよ。非常にエキサイティングな試合だった。バイエルンは何度も決定機があったね。ラッキーなことに僕らも最小限の失点で耐えることができた」 「逆転を許してしまったけれど、65分からはチームが前への力を取り戻した。僕らにはまだエネルギーが残っていたね。その力で、精神的な強さを持って戦えたことが大事だった。おそらく、僕らが勝利に相応しかったと言えないけれど、僕らが示した精神力によって報われたよ」 2017.04.27 09:49 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがバイエルンとのシーソーゲームを制してフランクフルトの待つ決勝へ進出《DFBポカール》

▽DFBポカール準決勝、バイエルンvsドルトムントが26日にアリアンツ・アレーナで行われ、2-3でドルトムントが勝利して決勝へ進出した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽準々決勝でシャルケを下したバイエルンと、ロッテを下したドルトムントの決勝を懸けた一戦。 ▽バイエルンは2-2で引き分けた直近のマインツ戦のスタメンから3選手を変更。ラームやシャビ・アロンソ、アラバがスタメンに戻り、ベストメンバーを送り込んだ。 ▽一方、ドルトムントは3-2で勝利した直近のボルシアMG戦のスタメンから4選手を変更。オーバメヤンやヴァイグル、パパスタソプーロスといった主力をスタメンに戻した。 ▽開始4分にオーバメヤンがゴールに近づいたドルトムントだったが、バイエルンがポゼッションを高めて圧力をかける展開で推移。13分にリベリがボックス左からGKを強襲するシュートを浴びせると、直後にはビダルがミドルシュートでゴールに迫るも、わずかに枠の左に外れる。 ▽すると19分、ドルトムントが一瞬の隙を突く。ハビ・マルティネスのバックパスをカットしたラファエウ・ゲレイロのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをロイスが押し込んだ。 ▽嫌な流れになるかと思われたバイエルンだったが、28分にすかさず試合を振り出しに戻す。右CKからハビ・マルティネスがヘディングシュートを叩き込んだ。さらに38分、左CKからハビ・マルティネスのヘディングシュートがポストを直撃するも、41分に攻め残っていたフンメルスがボックス左に侵入したリベリのパスをダイレクトで流し込んで逆転し、前半を終えた。 ▽迎えた後半立ち上がり、ドルトムトがハイプレスをかける入りとなったが、徐々にバイエルンがボールを保持すると、試合をコントロール。敵陣で試合を運ぶバイエルンは、63分に決定機。GKビュルキのミスパスを突いてロッベンがシュート。しかし、S・ベンダーの好ブロックに阻まれて3点目は奪えない。 ▽すると69分、ドルトムントはボックス右へ侵入したO・デンベレのクロスをファーサイドのオーバメヤンがヘディングで押し込み、試合を振り出しに戻した。さらに74分、ラームからボールを奪ってロングカウンターに転じると、ロイスのラストパスをボックス右で受けたO・デンベレが切り返しから左足でネットを揺らし、逆転に成功した。 ▽追う展開となったバイエルンはシャビ・アロンソに代えてミュラーを投入。攻撃の枚数を増やすも、攻勢実らず2-3のまま敗戦。ドルトムントがシーソーゲームを制してフランクフルトの待つ決勝へ進出している。 2017.04.27 05:48 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース