【セリエA第19節プレビュー】前半戦終了を告げる新年初戦が開催2017.01.07 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2016年の最終戦となった第18節の注目試合ではインテルがラツィオに3-0と快勝し、復調を印象付けた。そしてフィオレンティーナvsナポリは打ち合いの末、3-3の痛み分けに終わった。スーペル・コッパをドバイで戦ったユベントスとミランはPK戦の末にミランが制し、2016年を最高の形で締めくくっている。クリスマス休暇明けの新年初戦となる第19節は、シーズンの折り返しとなる前半戦ラストマッチだ。

▽ミランに痛恨のPK負けを喫したユベントス(勝ち点42)は、2位ローマに暫定4ポイント差とされている。そのユベントスは15位ボローニャ(勝ち点20)を、ここまで全勝を維持するホームに迎える。ジェノアから獲得したベネズエラ代表MFリンコンが早速スタメン予想となっているが、今季初タイトルを逃した中、新年を気持ちよくスタートすることができるか。

▽キエーボに3-1と快勝して勝利取り戻した2位ローマ(勝ち点38)は、12位ジェノアとのアウェイ戦を戦う。ユベントスやミランが葬られた難所ルイジ・フェラリスでの試合となるが、ローマは守備の要マノラスを欠く中でしっかりと勝ち切ることができるか。

▽暫定3位のナポリ(勝ち点35)は、12位サンプドリア(勝ち点23)を本拠地サン・パオロに迎える。2016年最終戦のフィオレンティーナ戦を終了間際のPK弾で辛くも引き分けたナポリは、メルテンスが絶好調だった中、アフリカネーションズカップの影響で守備の要クリバリと不動の左サイドバック、グラムを欠くが、持ち前の破壊力で押し切りたいところ。

▽暫定5位のミラン(勝ち点33)は、12位カリアリ(勝ち点23)をサン・シーロに迎える。若いチームがタイトルを手にして勢いに乗れそうな中、主力も残留する見込みが立っており、チーム状態は良好。ユベントス撃破の勢いをカリアリにぶつけたい。

▽7位インテル(勝ち点30)は、10位ウディネーゼ(勝ち点25)の本拠地フリウリに乗り込む。ピオリ監督の就任によって息を吹き返した感のあるインテルは、リーグ戦3連勝中。バネガやメロに移籍の噂があるが、ミラン同様に主力は残留の見込み。噛み合い始めたカウンターで4連勝としたい。

◆セリエA第19節
▽1/7(土)
《26:00》
エンポリ vs パレルモ
《28:45》
ナポリ vs サンプドリア

▽1/8(日)
《20:30》
ウディネーゼ vs インテル
《23:00》
ラツィオ vs クロトーネ
ジェノア vs ローマ
キエーボ vs アタランタ
サッスオーロ vs トリノ
ペスカーラ vs フィオレンティーナ
《26:00》
ミラン vs カリアリ
《28:45》
ユベントス vs ボローニャ

コメント

関連ニュース

thumb

アッレグリ、投入直後にゴールのD・アウベスを称賛…ポルト戦で価値ある追加点

22日に行われたチャンピオンズリーグのラウンド16、ポルトvsユベントスは0-2でアウェーのユベントスが勝利を収めた。<br><br>試合後、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、2点目を叩き込んだダニエウ・アウベスを称賛している。<br><br>「ダニは私達が1点をリードした状態で投入した。本来であればセーフティーにシフトしていいところだったが、出場して間もなく、決定機に絡んであっという間に2点目を決めた」<br><br>「さすが数々の勝利を経験してきたダニだね。彼はチャンピオンのメンタリティーを持っていて、栄光のためにしっかり仕事をしてくれた。彼は最後の20分で、自身がいかにプロフェッショナルであるかを示したんだ」<br><br>ポルトvsユベントスは、ポルトから前半で退場者が出たため、長い時間10人vs11人の構図が続いた。1-0で途中投入されたD・アウベスは、出場から間もなく2点目のゴールを決めたが、試合を決定付けるゴールを決めたその勝負強さに、指揮官アッレグリも賛辞を贈った。<br><br>D・アウベスは今シーズン、負傷での離脱などもあったがポジション争いで苦戦しており、リーグ戦でここまで11試合に出場したのみとなっていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.23 14:26 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍後初ゴールとなる先制点を奪ったピアツァ「勝利に貢献できた」

▽ユベントスのクロアチア代表FWマルコ・ピアツァが、移籍後初ゴールを喜んでいる。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽今シーズンにディナモ・ザグレブからユベントスに加入したピアツァは、22日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのポルト戦に67分から出場。すると72分にボックス内でこぼれ球を拾ってそのままシュートを突き刺し、先制点をマーク。チームはその後1ゴールを追加して、敵地で2-0の勝利を飾った。 ▽試合後のインタビューに応じたピアツァは、次のように移籍後初ゴールを喜んだ。 「このゴールは僕にとって非常にうれしいものになったね。さらに、チームの勝利に貢献できたことでより重要なゴールとなった。なによりも勝つことが大事だからね」 「ただ、フットボールはどんなことでも起こる。僕らは2ndレグに集中して臨まなければいけないね。個人的にはもっとプレーしたいと思っている。そのために懸命にトレーニングに励んでいるんだ。ただ、全ては監督が決めること。僕はチャンスを狙っているよ」 2017.02.23 09:33 Thu
twitterfacebook
thumb

アッレグリ、有利な状況で勝ち切った選手たちを称賛「成熟した姿を見せてくれた」

▽ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、22日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのポルト戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽アウェイでポルトと対戦したユベントスは前半で相手が退場者を出したことで数的優位となるもゴールレスで終える。しかし73分にピアツァの移籍後初ゴールで先制し、その2分後にはダニエウ・アウベスもネットを揺らして2-0と完勝した。 ▽試合を振り返ったアッレグリ監督は、なかなかゴールを奪えない状況の中でも選手たちが集中力を切らさずに戦ったと強調。勝ち切る強さを身に付けてきていると実感したようだ。 「チームはキャラクターを示したと思う。最初の5分間だけは相手に主導権を握られたように感じたが、それ以降は11対11であろうと、11対10であろうとこちらがコントロールしていた」 「選手たちは我慢強く戦い続けて、その結果ホームでの次節を有利な状況で迎えられる。確かに3-0にするチャンスもあったが、この結果と内容には満足している。選手たちは成熟した姿を見せてくれた。我々が試合をコントロールし、相手の守りも容易ではなかったはずだ」 2017.02.23 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ポルト 0-2 ユベントス《CL》

▽チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグ、ポルトvsユベントスが22日にエスタディオ・ド・ドラゴンで行われ、0-2でユベントスが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ポルト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170223_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 カシージャス 5.5 2失点も39分のイグアインのシュートを好守で阻止 DF 2 M・ペレイラ 5.5 マンジュキッチの高さに身体を寄せて対応 28 フェリペ 6.0 ポジショニング良く、身体も張っていた 5 マルカノ 6.0 フェリペと共に鉄壁を築いた 13 A・テレス 3.5 軽率な対応で26分に退場 MF 16 H・エレーラ 5.5 活動力多く、広範囲をカバー 6 ネヴェス 5.5 守備に追われた (→J・コロナ 5.5) 時間を作るキープ力を見せた 22 ダニーロ 5.5 スペースを消してディバラの仕事を制限 8 ブラヒミ 6.0 数的不利の中、キープ力でチームを助けた (→ジョッタ -) FW 29 ソアレス 5.0 アンドレ・シウバ交代後は1トップでプレー。キエッリーニに潰された 10 アンドレ・シウバ - 退場の煽りを受けて30分に交代 (→ラユン 5.0) 痛恨のカットミスで先制点献上 監督 ヌーノ 5.5 10人となりながらもよく耐えていた ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170223_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 5.5 難しいセービングの局面はなかった DF 26 リヒトシュタイナー 6.0 A・テレスを退場に追い込む。先制点にも関与 (→ダニエウ・アウベス 6.5) 投入直後に貴重な追加点を奪取 15 バルザーリ 6.0 ケガ明けながら安定感あるプレーぶり 3 キエッリーニ 6.5 バルザーリ同様ケガ明けも、ソアレスを完璧に封じた 12 アレックス・サンドロ 6.5 古巣相手に推進力あるドリブルで左サイドを活性化。ダニエウ・アウベスのゴールをアシスト MF 7 クアドラード 5.5 鋭いクロスを狙うもあと一歩合わず (→ピアツァ 6.5) この大一番で大仕事。嬉しい移籍後初ゴール 5 ピャニッチ 5.5 無難なパス出しが目立った 21 ディバラ 6.5 トップ下の位置でゲームを作り、ポスト直撃のシュートを浴びせる。先制点演出 (→マルキジオ -) 6 ケディラ 5.5 攻撃に何度か絡む 17 マンジュキッチ 5.5 クロスボールに合わせる形を狙うもさほど機能せず FW 9 イグアイン 5.5 厳しいマークに遭いながらも何度か決定機に顔を出す 監督 アッレグリ 6.5 10人となった相手を攻めあぐねたが、交代選手的中で勝ちきった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ピアツァ(ユベントス) ▽こう着状態を打破したピアツァを選出。ゴールレスドローの可能性も出てきた中で値千金の移籍後初ゴールでチームを勝利に導いた。 ポルト 0-2 ユベントス 【ユベントス】 ピアツァ(後27) ダニエウ・アウベス(後29) 2017.02.23 06:48 Thu
twitterfacebook
thumb

ピアツァの移籍後初弾などでユーベが10人のポルトを敵地で撃破《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、ポルトvsユベントスが22日にエスタディオ・ド・ドラゴンで行われ、0-2でユベントスが勝利した。 ▽組み合わせに恵まれたグループGをレスター・シティに次ぐ2位で通過したポルトは、国内リーグ戦6連勝中。絶好調のチームは4-0と大勝した直近のトンデーラ戦のスタメンから2選手を変更。オタビオとアンドレ・アンドレに代えてブラヒミとダニーロを起用した。 ▽一方、セビージャやリヨンと同居したグループHを辛くも首位で通過したユベントスも、国内リーグ6連勝中と絶好調。直近のパレルモ戦では一部主力を温存して4-1と快勝した。そのパレルモ戦から6選手を変更。ピャニッチにクアドラード、アレックス・サンドロが先発に戻った一方、アッレグリ監督と衝突したボヌッチがベンチ外となり、負傷明けのキエッリーニとバルザーリが先発となった。 ▽共にケガ人なく、リーグ戦6連勝中の絶好調対決は主導権争いが続く中、徐々にユベントスがポゼッションを高めていく流れとなる。フラットな[4-4-2]の守備ブロックを形成するポルト相手にユベントスが圧力をかけていくと、23分にディバラがボックス中央から右足でシュート。しかし、枠の上を超えていった。 ▽引き続き自陣に構えるポルトは26分、A・テレスがスライディングタックルを仕掛けると、リヒトシュタイナーを削ってしまいイエローカード。直前にもカードを受けていたA・テレスは退場となった。10人となったポルトはエースFWのアンドレ・シウバを諦めてラユンを投入し、左サイドバックに据えた。 ▽数的優位となったユベントスはその後、クアドラードのミドルシュートやピャニッチの枠内シュート、ケディラのヘディングシュートでゴールに迫っていく。攻勢を続けると、39分に決定機。アレックス・サンドロの左クロスをイグアインがダイレクトでシュート。DFにディフレクトしたボールが枠の左隅を捉えたが、GKカシージャスの好守に阻止された。さらに追加タイム1分にはディバラの強烈なミドルシュートが右ポストを直撃。ゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半開始1分、ディバラがネットを揺らすもオフサイドに阻まれたユベントスが引き続き圧力をかけていく。しかし、水際で集中を切らさないポルト守備陣を崩しきることができない。 ▽それでも、ケディラのボレーシュートやイグアインのドリブルシュートでゴールをこじ開けにかかると、72分に途中出場のピアツァが均衡を破る。ディバラのスルーパスをラユンがカットしきれず、ボックス右のピアツァがダイレクトでシュート。これがゴール左に突き刺さった。 ▽さらに74分、アッレグリ采配が再び的中する。今度は直前に投入されていたダニエウ・アウベスが大きな仕事を果たした。左サイドからのアレックス・サンドロの右足クロスを受けたボックス右のダニエウ・アウベスが胸トラップから左足ボレーで流し込み、2つ目のアウェイゴールを獲得。 ▽その後も攻め手を緩めることなく攻勢に出続けるユベントスは、87分にピアツァのスルーパスに抜け出したケディラのスライディングシュートはわずかに枠を外れたものの、2-0で勝利。大きなアドバンテージを手にして3月14日にホームで行われる2ndレグにつなげている。 2017.02.23 06:47 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース