超ワールドサッカー

【セリエA第19節プレビュー】前半戦終了を告げる新年初戦が開催2017.01.07 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2016年の最終戦となった第18節の注目試合ではインテルがラツィオに3-0と快勝し、復調を印象付けた。そしてフィオレンティーナvsナポリは打ち合いの末、3-3の痛み分けに終わった。スーペル・コッパをドバイで戦ったユベントスとミランはPK戦の末にミランが制し、2016年を最高の形で締めくくっている。クリスマス休暇明けの新年初戦となる第19節は、シーズンの折り返しとなる前半戦ラストマッチだ。

▽ミランに痛恨のPK負けを喫したユベントス(勝ち点42)は、2位ローマに暫定4ポイント差とされている。そのユベントスは15位ボローニャ(勝ち点20)を、ここまで全勝を維持するホームに迎える。ジェノアから獲得したベネズエラ代表MFリンコンが早速スタメン予想となっているが、今季初タイトルを逃した中、新年を気持ちよくスタートすることができるか。

▽キエーボに3-1と快勝して勝利取り戻した2位ローマ(勝ち点38)は、12位ジェノアとのアウェイ戦を戦う。ユベントスやミランが葬られた難所ルイジ・フェラリスでの試合となるが、ローマは守備の要マノラスを欠く中でしっかりと勝ち切ることができるか。

▽暫定3位のナポリ(勝ち点35)は、12位サンプドリア(勝ち点23)を本拠地サン・パオロに迎える。2016年最終戦のフィオレンティーナ戦を終了間際のPK弾で辛くも引き分けたナポリは、メルテンスが絶好調だった中、アフリカネーションズカップの影響で守備の要クリバリと不動の左サイドバック、グラムを欠くが、持ち前の破壊力で押し切りたいところ。

▽暫定5位のミラン(勝ち点33)は、12位カリアリ(勝ち点23)をサン・シーロに迎える。若いチームがタイトルを手にして勢いに乗れそうな中、主力も残留する見込みが立っており、チーム状態は良好。ユベントス撃破の勢いをカリアリにぶつけたい。

▽7位インテル(勝ち点30)は、10位ウディネーゼ(勝ち点25)の本拠地フリウリに乗り込む。ピオリ監督の就任によって息を吹き返した感のあるインテルは、リーグ戦3連勝中。バネガやメロに移籍の噂があるが、ミラン同様に主力は残留の見込み。噛み合い始めたカウンターで4連勝としたい。

◆セリエA第19節
▽1/7(土)
《26:00》
エンポリ vs パレルモ
《28:45》
ナポリ vs サンプドリア

▽1/8(日)
《20:30》
ウディネーゼ vs インテル
《23:00》
ラツィオ vs クロトーネ
ジェノア vs ローマ
キエーボ vs アタランタ
サッスオーロ vs トリノ
ペスカーラ vs フィオレンティーナ
《26:00》
ミラン vs カリアリ
《28:45》
ユベントス vs ボローニャ

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、新星パトリック・シックのメディカルチェックを公式発表

▽ユベントスは22日、サンプドリアのチェコ代表FWパトリック・シック(21)が加入のためのメディカルチェックに臨んでいることを画像と共に発表した。 ▽今シーズン、チェコのスパルタ・プラハからサンプドリアに加入したシックは公式戦35試合に出場し、13得点をマーク。185センチという体格ながら足元の技術も高く、鋭いゴールへの嗅覚を持つ期待の若手だ。チェコ代表では各下部年代で選ばれており、2016年5月にデビューしたフル代表では5試合1得点を記録している。 ▽なお、『フットボール・イタリア』によれば、移籍金は3000万ユーロ(約37億円)とみられている。 2017.06.22 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、フィオレンティーナのU21伊代表FWに50億円のビッグオファーを用意か

ユベントスはフィオレンティーナに所属するU-21イタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキ獲得に興味を持っているようだ。『Goal』の取材で明らかとなった。<br><br>ベルナルデスキは2016-17シーズン、セリエAで32試合に出場し、11ゴール4アシストを記録。現在はU21イタリア代表の一員として、U21欧州選手権に参加している。<br><br>ユベントスはベルナルデスキにオファーを出す構えを見せており、その額は4000万ユーロ(約50億円)にも及ぶ模様。ベルナルデスキのフィオレンティーにおける契約は2019年までとなっている。<br><br>2016-17シーズン、セリエA前人未到の6連覇、史上初のコッパイタリア3連覇を達成したユベントスではあるが、チャンピオンズリーグ制覇は成し遂げられなかった。さらに、今夏でのダニエウ・アウベスの移籍が確実視され、フアン・クアドラード、アレックス・サンドロ、レオナルド・ボヌッチも退団の可能性が報じられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 14:58 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、プレミアからアンドレ・ゴメスに約43億円オファー届くも拒否「市場に出ていない」

▽バルセロナはポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(23)に届いたオファーを拒否したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽アンドレ・ゴメスは、今シーズンにバレンシアから3500万ユーロ(現在のレートで約43億5000万円)でバルセロナに加入。リーグ戦では30試合3ゴールを奪った。しかしバルセロナが今夏に、パリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティの獲得に動いていると報じられており、移籍が実現すればアンドレ・ゴメスは出場機会を失うだろうとの見方が強まっている。 ▽そんな同選手に対して、セビージャのフランス人MFスティーブン・エンゾンジの獲得に迫るユベントスが、プランBとしてアンドレ・ゴメスに興味を示していると報じられていた。 ▽ところが『マルカ』によると、今回バルセロナにオファーを出したのはユベントスではなく、プレミアリーグのクラブだったようだ。『マルカ』はオファーを出したチーム名を明かしていないものの、3500万ユーロのオファーを提示したと伝えた。 ▽なお、バルセロナ側は今回のオファーを拒否した模様。さらに「アンドレ・ゴメスは市場に出ていない」と発言したようで、同選手の残留が濃厚となっている。一方、『フットボール・エスパーニャ』はアンドレ・ゴメスに加えて、トルコ代表MFアルダ・トゥランは今夏の放出候補だと主張している。それだけにアンドレ・ゴメスの今後の動向は注目を集めそうだ。 2017.06.22 10:53 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ、ユーベ関心のエンゾンジ移籍について「ドアを閉めることはない」

▽セビージャのホセ・カストロ会長は、適正価格であればフランス人MFスティーブン・エンゾンジ(28)を放出する考えを持っていることを明かした。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽エンゾンジに対してはユベントスが獲得に興味を示しており、同クラブのジュゼッペ・マロッタGD(ゼネラルディレクター)は「エンゾンジは、我々が可能性を探っている選手の一人」と語っている。 ▽『フットボール・イタリア』によるとユベントス側は、エンゾンジに対して年俸700万ユーロ(約8億6800万円)、セビージャに対しては移籍金3000万ユーロ(約37億2100万円)を支払う準備をしているという。しかしセビージャ側はエンゾンジの移籍金を4000万ユーロ(約49億6100万円に設定しており、両者に開きがある。 ▽カストロ会長は、ユベントスへの移籍の可能性を除外することはないとコメント。今後も交渉を続けていく考えがあることを明かした。 「現時点で、エンゾンジに関する条件は提示していない。とはいえ、ユベントスとの交渉のドアを閉ざすことはない。しかし我々もこの交渉で利益を得たいと思っているのだ」 2017.06.22 10:33 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサがアンドレ・ゴメスとアルダ・トゥラン放出に動く!? 代理人のメンデス氏と会談へ

▽バルセロナが人員整理のため、代理人のジョルジ・メンデス氏と会談の場を設けたようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽バルセロナは今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティや、リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの獲得に興味を示していると言われている。そんな中、同クラブは人員の整理のためメンデス氏と会談を行うようだ。 ▽『フットボール・エスパーニャ』によると、バルセロナはポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスとトルコ代表MFアルダ・トゥランを放出候補として考えているようだ。新指揮官であるエルネスト・バルベルデ監督も両者の移籍を認めているという。 ▽なお、同メディアによれば、アンドレ・ゴメスに対してはユベントスとマンチェスター・ユナイテッドが興味を示しているという。一方のアルダ・トゥランに関しては、中国スーパーリーグのクラブと母国であるトルコのクラブが興味を持っていると伝えた。 2017.06.22 09:59 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース