【セリエA第19節プレビュー】前半戦終了を告げる新年初戦が開催2017.01.07 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2016年の最終戦となった第18節の注目試合ではインテルがラツィオに3-0と快勝し、復調を印象付けた。そしてフィオレンティーナvsナポリは打ち合いの末、3-3の痛み分けに終わった。スーペル・コッパをドバイで戦ったユベントスとミランはPK戦の末にミランが制し、2016年を最高の形で締めくくっている。クリスマス休暇明けの新年初戦となる第19節は、シーズンの折り返しとなる前半戦ラストマッチだ。

▽ミランに痛恨のPK負けを喫したユベントス(勝ち点42)は、2位ローマに暫定4ポイント差とされている。そのユベントスは15位ボローニャ(勝ち点20)を、ここまで全勝を維持するホームに迎える。ジェノアから獲得したベネズエラ代表MFリンコンが早速スタメン予想となっているが、今季初タイトルを逃した中、新年を気持ちよくスタートすることができるか。

▽キエーボに3-1と快勝して勝利取り戻した2位ローマ(勝ち点38)は、12位ジェノアとのアウェイ戦を戦う。ユベントスやミランが葬られた難所ルイジ・フェラリスでの試合となるが、ローマは守備の要マノラスを欠く中でしっかりと勝ち切ることができるか。

▽暫定3位のナポリ(勝ち点35)は、12位サンプドリア(勝ち点23)を本拠地サン・パオロに迎える。2016年最終戦のフィオレンティーナ戦を終了間際のPK弾で辛くも引き分けたナポリは、メルテンスが絶好調だった中、アフリカネーションズカップの影響で守備の要クリバリと不動の左サイドバック、グラムを欠くが、持ち前の破壊力で押し切りたいところ。

▽暫定5位のミラン(勝ち点33)は、12位カリアリ(勝ち点23)をサン・シーロに迎える。若いチームがタイトルを手にして勢いに乗れそうな中、主力も残留する見込みが立っており、チーム状態は良好。ユベントス撃破の勢いをカリアリにぶつけたい。

▽7位インテル(勝ち点30)は、10位ウディネーゼ(勝ち点25)の本拠地フリウリに乗り込む。ピオリ監督の就任によって息を吹き返した感のあるインテルは、リーグ戦3連勝中。バネガやメロに移籍の噂があるが、ミラン同様に主力は残留の見込み。噛み合い始めたカウンターで4連勝としたい。

◆セリエA第19節
▽1/7(土)
《26:00》
エンポリ vs パレルモ
《28:45》
ナポリ vs サンプドリア

▽1/8(日)
《20:30》
ウディネーゼ vs インテル
《23:00》
ラツィオ vs クロトーネ
ジェノア vs ローマ
キエーボ vs アタランタ
サッスオーロ vs トリノ
ペスカーラ vs フィオレンティーナ
《26:00》
ミラン vs カリアリ
《28:45》
ユベントス vs ボローニャ

コメント

関連ニュース

thumb

セリエA観客は増加傾向、ユベントス&インテルは大声援の後押し受ける

▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、今季のセリエAの観客数のデータを紹介した。 ▽ホームゲーム1試合平均の観客数が最も多かったのはインテルで5万7529人。ミラノダービーとユベントス戦では満員にもなっている。ミランが5万2690人で続き、3位がナポリで4万3050人だった。 ▽7連覇を達成したユベントスは、1試合平均3万8948人で4位だ。それでも、「平均観客数÷キャパシティ」は94%で、20チーム中トップだった。こちらは2位がSPALで93%、3位がカリアリで91%だ。 ▽地元トリノに限らず全国的にユベントスが人気だということは、今年のデータでも明らかだった。各会場のシーズン最多観客試合が対ユベントスというクラブは「11」。2番手がインテルの「3」という事実からも、圧倒的な差があったことがうかがえる。 ▽最も空席が目立ったのはキエーボvsボローニャ。「観客数÷キャパシティ」が23%だった。キエーボは「平均観客数÷キャパシティ」が38%で20チーム中ワーストとなっている。 ▽巨大なオリンピコを本拠地とするラツィオは、キエーボに次ぐワースト2位の47%となっている。ただ、チームの好調はファンをスタジアムに向かわせており、シーズン終盤に向けて観客数は右肩上がりとなった。 ▽『ガゼッタ』によると、全体としての観客動員数は前年比で10%増えたとのこと。良い流れを来季以降につなげられるだろうか。 2018.05.23 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

エムレ・ジャン、ユベントスと5年契約で合意

▽イギリス『ガーディアン』が、リバプールのドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)が、ユベントスと合意したことを報じた。 ▽報道によれば、ジャンはユベントスと5年契約で合意。年俸は500万ユーロ(約6億5000万円)と推測されており、今季限りでリバプールとの契約が切れるためフリーでの移籍となる。なお、公式発表は26日に行われるリバプールvsレアル・マドリーのチャンピオンズリーグ決勝の後だといわれている。 ▽2014年にレバークーゼンからリバプールに加入したジャンは、様々なポジションをこなしつつ徐々にレギュラーに定着。現在では守備的MFやセントラルMF主戦場に、リバプールでは通算166試合に出場し、14ゴール12アシストを記録している。 ▽今季終盤に背中の負傷でチームを離脱していたが、最近トレーニングに復帰。チャンピオンズリーグ決勝戦が、ジャンにとってリバプールでの最後の試合となりそうだ。 2018.05.22 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーヴェ退団ブッフォン、PSG移籍が間近に迫る?代理人らがパリで詰めの交渉

今シーズン限りでユベントスを退団するGKジャンルイジ・ブッフォンの代理人らが21日、フランスを訪れ、パリ・サンジェルマンとの詰めの交渉に向かった。『Goal』の取材により、明らかになった。<br><br>ブッフォンは先日、今シーズン限りでユベントスを退団することを発表。19日に行われたセリエA最終節ヴェローナ戦がトリノでの最後の試合となった。だがユーヴェ守護神には、選手としてだけではなく、幹部としても複数のオファーが舞い込んでおり、今後の去就については、現役引退も含め数日以内に決断を下すことを明かしていた。<br><br>PSGはブッフォンに対し、年俸400万ユーロ(約5.2億円)の2年契約を提示しているとされており、早ければ今日もしくは明日にも合意に至る可能性がある。40歳GKの代理人であるシルヴァーノ・マルティーナ氏は21日、弁護士を連れてフランス・パリを訪問。PSGとの詰めの交渉に向かった。双方とも素早く合意へ至れるよう話し合いを進めている。<br><br>ブッフォンはこれまで、引退の道も検討したものの、依然として現役でプレーを続けることに意欲を見せており、刺激的な新たな冒険に魅力を感じている。PSGのオファーを受け入れた場合、ブッフォンは再びチャンピオンズリーグ(CL)に挑戦することが可能となる。キャリアにおいて数々のタイトルを手にしてきた元イタリア代表GKだが、CLでは3度にわたり決勝のピッチに上がったものの、渇望するタイトルを目の前で取り逃している。<br><br>なおPSGでは現在、2006年から2011年にかけてユベントスの役員を務めていたジャン・クロード・ブラン氏がゼネラルディレクターを務めており、彼がユーベのレジェンドの「シー(イエス)」を引き出した人物とされる。もし移籍が実現すれば、7年ぶりの再会となる。今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.22 17:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベ退団ブッフォン「40歳のアスリートとしてこれ以上ない最高の幕引きだった」

ユベントスを退団する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが21日、イタリア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。<br><br>40歳のブッフォンは17年間所属したユベントスを今シーズン限りで退団。19日にアリアンツ・スタジアムで行われたヴェローナ戦において、ファンに別れを告げた。ブッフォンは最後の日を最高の形で迎えることができたと振り返る。<br><br>「僕のラストマッチでは、人々の温かさに触れ、とても嬉しく思った。まるで種から育ててきた作物の収穫の日のようだった。僕の心に安らぎをもたらし、とても穏やかにしてくれた」<br><br>「ユベントスの栄誉あるユニフォームをまとうことができて僕は幸せだ。人々から愛され、チームメートのうち数人とは、まるで兄弟のような友情関係を築くことができた。(会長のアンドレア)アニェッリとは何度も会って、一緒に最良の決断を下した。僕のような40歳のアスリートにとって、これ以上ない最高の幕引きになったと思う」<br><br>なおパリ・サンジェルマンが今夏、ブッフォンの獲得に動いているが、元イタリア代表GKは決断を保留している。<br><br>「あと数日、時間をとって検討し、最良の決断をしたい。決断するにあたり、冷静にならなければならない」<br><br>またイタリア代表を辞退したことについても、ブッフォンなりの説明を加えている。<br><br>「これまで僕はいつもチームにとって付加価値であると感じていたが、そのように捉えてもらえなくなってしまった。むしろ、ここ2年間では、僕が問題であるかのように感じた。だが誇りをもって自分の決断を下した」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.22 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベCEO「モラタの復帰は難しい。高過ぎる」

▽ユベントスで最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏がチェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(25)の復帰を否定した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽2014〜2016年までユベントスでプレーしたモラタは2017年夏、レアル・マドリーからチェルシー入り。公式戦48試合15得点6アシストをマークしたが、安定感を欠いた時期もあり、総じて苦戦を強いられた。 ▽そのモラタを巡っては、以前にロンドンでの生活に不満をのぞかせるコメントを残したことからユベントス復帰の可能性が浮上している。だが、マロッタ氏は次のように否定的な姿勢を示したという。 「誰もがこのクラブに大きな愛情を感じている」 「私は否定しない。モラタがユベントスに愛情を示していることを」 「だが、(復帰の)可能性はほとんどない。高過ぎる」 2018.05.22 10:25 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース