高校サッカー選手権が開幕! 今大会出場のJリーグ内定選手をピックアップ《第95回全国高校サッカー選手権》2016.12.30 13:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽30日、第95回全国高等学校サッカー選手権大会が開幕する。全国48校が出場する今大会。開幕カードは東京B代表の関東第一と滋賀県代表の野洲が対戦する。

▽1回戦は開幕戦以外のカードが31日に行われ、2回戦は1月2日、3回戦は1月3日、準々決勝は1月5日、準決勝は1月7日、決勝は1月9日に行われる。前回大会王者である福岡県代表の東福岡は2回戦で愛知代表の東邦と対戦。インターハイ王者の千葉県代表・市立船橋は1回戦で京都府代表・京都橘と対戦する。

▽今大会の開幕を前に、Jリーグ内定選手をピックアップして紹介する。(写真はU-19日本代表FW岩崎悠人/京都橘)

◆MF藤川虎太朗(東福岡/ジュビロ磐田内定)
▽サガン鳥栖U-15で育った藤川は東福岡に進学。U-15、U-16の日本代表を経験し、2015年には高校総体で得点王に、昨年の高校サッカー選手権でもチームを優勝に導き優秀選手賞を獲得した。ボールスキルに長け、チャンスメイクが出来、左右で遜色ないシュートが打てる選手。中盤では様々なポジションでプレーし、ドリブル突破や豊富な運動量でもチームに貢献できる選手。今大会屈指の注目選手だ。

◆DF小田逸稀(東福岡/鹿島アントラーズ内定)
▽藤川と同じとサガン鳥栖の下部組織出身。鳥栖U-15唐津から東福岡へと進学した。身体能力に長け、対人守備の強さを兼ね備えており、空中戦も得意とする左サイドバック。OBである長友佑都を彷彿とさせるプレーも見せる。

◆MF高江麗央(東福岡/ガンバ大阪内定)
▽ロアッソ熊本ジュニアユース出身の高江は東福岡に進学。技巧派のドリブラーで、積極的に仕掛けるスタイルが特徴。昨年の高校サッカー選手権ではサイドでのプレーが多かったが、現在はトップ下でもプレー。藤川との中盤のコンビには注目だ。

◆FW岩崎悠人(京都橘/京都サンガF.C.内定)
▽U-19日本代表でもプレーする岩崎はJFAアカデミー福島出身。運動量が豊富で、身体の強さを生かしたプレーが特徴のストライカー。Jリーグの複数クラブが獲得に興味を抱いていた。今大会初戦ではインターハイ王者の市立船橋と対戦。どんなゴールを見せてくれるのかに注目が集まる。

◆MF高橋壱晟(青森山田/ジェフユナイテッド千葉内定)
▽名門の10番を背負う高橋は、ジェフへの入団が内定。今年はプレミアリーグEASTを制すと、チャンピオンシップも制し、ユース年代の王者に輝いた。抜群のボールキープ力を見せ、プレーメーカーとしてチームを牽引。青森山田の軸として選手権初優勝を目指す。

◆GK廣末陸(青森山田/FC東京内定)
▽FC東京U-15深川で育った廣末は、青森山田に進学。来季からは古巣への加入が内定している。U-18、U-19と日本代表に選出され、高い反射神経と、シュートストップに定評がある。また、キックの精度も高く攻撃の起点にもなれる存在だ。

◆DF原輝綺(市立船橋/アルビレックス新潟内定)
▽インターハイ王者の市立船橋の守備を支える原。U-19日本代表でもプレーし、U-20ワールドカップ出場権獲得に貢献した。状況判断の良さと危機察知能力に長けており、カバーリング能力も優れているストッパーだ。

◆DF杉岡大暉(市立船橋/湘南ベルマーレ内定)
▽原と同じ市立船橋の“守備の要”である杉岡はキャプテンも務める。左利きのセンターバックで、対人守備、空中戦に優れており、左サイドバックでもプレーが可能。フィードや前線への飛び出し、ボール奪取と高水準の守備能力を備えている。

◆MF高宇洋(市立船橋/ガンバ大阪内定)
▽元中国代表の高升(ガオ・シェン)を父に持つ高は、川崎フロンターレの下部組織出身。戦術理解度が高く、攻守にわたって試合をコントロールする司令塔タイプ。今年はトップ下から1列下がり、その能力を存分に発揮。今年のインターハイではチームを優勝に導いた。献身的な守備、機を見た攻撃参加にも注目。

◆DFタビナス・ジェファーソン(桐光学園/川崎フロンターレ内定)
▽ガーナ人の父とフィリピン人の母から誕生したタビナスは大型サイドバック。前回大会ではチームのベスト16入りに貢献し、優秀選手にも選出された。キャプテンとして臨む今大会では、持ち味である驚異的なスピードとストライドの長さで攻守に違いを見せたい。

◆GK茂木秀(桐光学園/セレッソ大阪内定)
▽195cmと高校サッカー屈指の長身GK。恵まれた体格を生かしたハイボール処理や、精度の高い左足のフィード、状況判断にも優れている。完成されたGKではないが、スケールの大きさは注目。ビッグセーブ連発でチームを勝利に導けるか。

コメント

関連ニュース

thumb

見事に全勝で高校生No.1プレーヤー最強の“一人”に輝いた中村翔也「自分の力が発揮できた」《KING of 1v1 HIGH SCHOOL TOURNAMENT》

▽9日、埼玉スタジアム2002の敷地内にある特設コートで、プーマが主催の「KING of 1v1 HIGHSCHOOL TOURNAMENT」の決勝大会が開催。東北、関東、関西、九州で行われた予選大会に勝利した8名が、最強の“一人”を懸けて戦った。 ▽見事に優勝を果たした中村翔也(二階堂高校2年)は、関西地域の予選を勝ち上がり、今回の決勝大会でもグループステージで3戦全勝、準決勝、決勝でも勝利し、全ての対決で勝利を収めた。大会後、優勝した中村選手にインタビュー。優勝賞品でもあるドルトムントの試合観戦ツアーや今後のサッカー人生についても語ってもらった。 <span style="font-weight:700;">◆中村翔也(関西代表・二階堂高校2年)</span> <span style="font-weight:700;">──見事に優勝しましたね</span> 「優勝したらドルトムントに行けるという滅多にない機会なので優勝できて良かったです」 <span style="font-weight:700;">──勝因は何だと思いますか</span> 「力を抜いて楽しんでやって、自分の力が発揮できたから勝てたと思います」 <span style="font-weight:700;">──今回の大会に向けて準備してきたことは</span> 「まずは体調管理ですね。風邪を引いたらダメだったので、そこだけは意識してきました」 <span style="font-weight:700;">──普段から一対一は得意としていますか</span> 「自分が所属するディアブロッサというチームは練習もドリブルばかりなので、そこでも力がついて、優勝できたんだと思います」 <span style="font-weight:700;">──準決勝、決勝とギリギリでゴールを決めての勝利でしたが</span> 「途中でヤバイなと思いましたが、自分で頑張って落ち着かせて、シュートを含めていつもできていることができて良かったです」 <span style="font-weight:700;">──ドルトムントで見たいものは</span> 「試合を一番観たいです。日本とは全然違うと思うので、そこを一番観たいですね」 <span style="font-weight:700;">──今後のサッカー人生ではどこを目指していきますか</span> 「ドイツで観たことを存分に生かして、これからプロになるとしても、今回の機会が生きるプレーをしたいです」 2017.01.09 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

高校生No.1プレーヤー最強の“一人”は関西代表・二階堂高校の中村翔也!《KING of 1v1 HIGH SCHOOL TOURNAMENT》

▽9日、第95回全国高校サッカー選手権大会の決勝、青森山田(青森県)vs前橋育英(群馬県)が埼玉スタジアム2002で行われ、青森山田が5-0で前橋育英を下し22回目の出場で初優勝を成し遂げた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170109_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽埼玉スタジアム2002の敷地内にある特設コートでは、プーマが主催の「KING of 1v1 HIGHSCHOOL TOURNAMENT」の決勝大会が開催。東北、関東、関西、九州で行われた予選大会に勝利した8名が、最強の“一人”を懸けて戦った。 ▽4名ずつが2つのグループに分かれ、1試合2分間の総当たりで行われたグループステージでは、グループAを関西代表の中村翔也(二階堂高校・2年)が3戦全勝で1位通過、東北代表の相澤省太(明成高・2年)が2勝1敗で2位通過となった。一方のグループBは、九州代表の谷光大河(筑陽学園高・3年)が3戦全勝で1位通過、関東代表の三田拓希(駒澤大高・1年)が2勝1敗で2位通過となった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170109_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽準決勝はグループA・1位の中村とグループB・2位の三田の対戦となり、三田が2-1とリードするも残り数秒で中村が逆転。3-2で決勝に駒を進めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170109_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽もう1試合の準決勝はグループステージで全選手中最多の14ゴールを決めた谷光と相澤の対戦となったが、先手を奪った相澤が逃げ切り4-0で勝利。グループA同士の決勝となった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170109_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽決勝は青森山田vs前橋育英のハーフタイムに行われ、互いに相手の出方をうかがう硬直した展開に。2分間が終わり延長戦に突入かと思われたが、残り数秒で中村が得点。結局2-0で中村が相澤を下し、見事に優勝を果たした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170109_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽なお、優勝した中村には特製トロフィーとともに、ドルトムントの試合観戦ツアーが送られた。 <span style="font-weight:700;">◆グループステージ</span> [M1]高田亮太 <span style="color:#ff0000">2</span>-1 堀川功太郎 [M2]相澤省太 1-<span style="color:#ff0000">2</span> 中村翔也 [M3]三田拓希 1-<span style="color:#ff0000">6</span> 谷光大河 [M4]岡田悠利 4-4 永沼伸 [M5]高田亮太 1-<span style="color:#ff0000">2</span> 相澤省太 [M6]堀川功太郎 0-<span style="color:#ff0000">5</span> 中村翔也 [M7]三田拓希 <span style="color:#ff0000">7</span>-1 岡田悠利 [M8]谷光大河 <span style="color:#ff0000">6</span>-1 永沼伸 [M9]高田亮太 2-<span style="color:#ff0000">4</span> 中村翔也 [M10]堀川功太郎 0-<span style="color:#ff0000">3</span> 相澤省太 [M11]三田拓希 <span style="color:#ff0000">9</span>-0 永沼伸 [M12]谷光大河 <span style="color:#ff0000">4</span>-0 岡田悠利 <span style="font-weight:700;">【グループA】</span> 1.<span style="color:#ff0000">中村翔也</span>(二階堂高/関西) 勝ち点9/+10 2.<span style="color:#ff0000">相澤省太</span>(明成高/東北) 勝ち点6/+3 3.高田亮太(駒澤大高/関東) 勝ち点3/-1 4.堀川功太郎(純真高/九州) 勝ち点0/-9 <span style="font-weight:700;">【グループB】</span> 1.<span style="color:#ff0000">谷光大河</span>(筑陽学園高/九州) 勝ち点9/+14 2.<span style="color:#ff0000">三田拓希</span>(駒澤大高/関東) 勝ち点6/+10 3.岡田悠利(奈良北高/関西) 勝ち点0/-10 4.永沼伸(仙台二高/東北) 勝ち点0/-15 <span style="font-weight:700;">◆準決勝</span> <span style="color:#ff0000">中村翔也 3</span>-2 三田拓希 谷光大河 0-<span style="color:#ff0000">4 相澤省太</span> <span style="font-weight:700;">◆決勝</span> <span style="color:#ff0000">中村翔也 2</span>-0 相澤省太 2017.01.09 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

大会無失点の前橋育英から大量5得点! 青森山田が悲願の選手権初優勝に輝く!《第95回全国高等学校サッカー選手権大会》

▽第95回全国高等学校サッカー選手権大会の決勝、青森山田(青森)vs前橋育英(群馬)が9日に埼玉スタジアム2002で行われ、5-0で青森山田が勝利した。 ▽7年ぶりに決勝戦の舞台まで勝ち上がってきた青森山田と、2年ぶりの決勝進出となった前橋育英が激突した。 ▽どちらも勝利すれば初優勝となる名門校同士の一戦は、青森山田がキックオフから仕掛ける。フィールドプレーヤー全員がハーフウェイラインに並び、ボールをGKに下げると同時に前線へ駆け上がる。しかし、GK廣末の前線に蹴りこもうとしたボールを人見が懸命にブロック。ボールはゴール右に転がり、あわや失点という場面を迎える。 ▽立ち上がりに失敗した青森山田は、中盤がバタついてしまい、パスワークが乱れる。最初のチャンスは前橋育英。前半5分、長澤からの右CKに人見が頭で合わせると、ゴール右隅をとらえるが、ここは青森山田のカバーに遭う。さらに、こぼれ球を拾った長澤がクロス。これを田部井がヘディングで合わせるもゴール左に外れる。 ▽序盤の主導権を掌握した前橋育英は16分、スルーパスに抜け出した高沢が一対一を迎えるも、右足で放ったシュートはGK廣末が足でブロック。先制点を奪うことができない。 ▽時間の経過とともに落ち着きを取り戻した青森山田は23分、右サイドを駆け上がった鳴海がクロスを供給。ボックス中央の高橋が胸トラップから左足を振り抜くと、DFの足に当たりコースが変わって、ゴールネットに吸い込まれた。青森山田が今大会無失点の前橋育英の牙城を打ち崩す。 ▽先制を許した前橋育英は直後、同点のチャンスを迎える。ハーフウェイライン付近からボックス内左へのロングボールをGK廣末がファンブルする。これを拾った高沢がボックス中央にグラウンダーのクロス。これをフリーの大塚が合わせるも、ゴールバーの上に外れてしまう。 ▽前半アディショナルタイムにも、前橋育英がチャンスを逃すと、青森山田が細かいパスワークから最後は嵯峨が郷家とのワンツーでボックス内右に侵入し、ゴール左に流し込む。青森山田が2-0で試合を折り返す。 ▽後半立ち上がり、青森山田が前橋育英を畳みかけると、GK廣末の精度の高いキックから追加点が生まれる。57分、GK廣末のパントキックを起点にボックス右に抜け出した嵯峨がクロスをあげると、ニアサイドの鳴海が華麗な胸トラップから右足を振り抜き、追加点を奪う。さらにその直後、GK廣末のフィードを郷家が競ると、ボールはボックス内に。走りこんだ鳴海が冷静に流し込み、4-0と前橋育英を突き放す。 ▽一矢報いたい前橋育英は76分、ボックス左で高沢が粘ってクロス。これを大塚が頭で合わせるも、バーの上に外れる。 ▽終盤に差し掛かっても攻め手を緩めない青森山田は89分、敵陣中央で住永がインターセプトすると、これを受けた佐々木が豪快に左足を振り抜いて5点目。結局、鉄壁の守備を誇る前橋育英を5-0と圧倒的な攻撃力で攻略した青森山田が悲願の初優勝に輝いた。 2017.01.09 16:24 Mon
twitterfacebook
thumb

前橋育英が佐野日大を下して決勝へ! 初優勝を懸けて青森山田と激突《第95回全国高校サッカー選手権》

▽第95回全国高等学校サッカー選手権大会の準決勝、前橋育英(群馬)vs佐野日大(栃木)が7日に埼玉スタジアム2002で行われ、1-0で前橋育英が勝利した。 ▽星稜に敗れた2014年以来2年ぶりの決勝進出を狙う前橋育英と、初のファイナルの舞台を見据える佐野日大が相まみえた。 ▽序盤は前橋育英がペースを握る。ポゼッションを高めて能動的に仕掛ける前橋育英は14分、ゴール前でチャンスを迎えたMF岩下航がシュート。しかし、これは佐野日大DFの好ブロックに阻まれる。 ▽ハーフタイムにかけても前橋育英が試合を支配する。26分にはボックス内で仕掛けたMF高沢颯が、右ポストをわずかにはずれる際どいシュートでゴールに迫る。 ▽28分に、佐野日大の10番FW長崎達也に枠内シュートを放たれた前橋育英だが、GK月田啓のファインセーブで凌ぐと、直後に先行する。31分、ボックス左からFW飯島陸が折り返したボールをニアの高沢颯がダイレクトで合わせる。このシュートがゴール右に決まり、前橋育英がリードした。 ▽迎えた後半も、前橋育英が試合の主導権を掌握する。しかし、佐野日大のGK中村一貴が好守を続けたこともあり、なかなか追加点を奪うことができない。72分にはボックス左で仕掛けたMF田部井悠がコントロールシュートを放つ。だが、これもわずかに枠をはずれる。 ▽終盤は佐野日大が巻き返したものの、同点弾を挙げるには至らず、そのまま前橋育英が逃げ切りに成功。勝利した前橋育英は、9日に行われる決勝で青森山田(青森)と初優勝を懸けて激突する。 2017.01.07 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

青森山田が東海大仰星を下し、7年ぶりの決勝へ! 悲願の選手権初優勝に王手! 《第95回全国高校サッカー選手権》

▽第95回全国高等学校サッカー選手権大会の準決勝が7日に埼玉スタジアム2002で行われ、東海大仰星(大阪)vs青森山田(青森)は、2-1で青森山田が勝利した。 ▽準々決勝で優勝候補と目された東福岡(福岡)を1-0で下して初のベスト4に進出した東海大仰星と、正智深谷(埼玉)に3-1で勝利した青森山田が、決勝進出をかけた大一番に臨んだ。 ▽良い試合への入りを見せたのは青森山田で、立ち上がりはロングボールを使いながら相手陣内へとボールを運ぶ。徐々に試合が落ち着くと、今度はショートパスを繋いでサイドに展開し、ピッチの幅を使った攻撃を見せた。 ▽対する東海大仰星はディフェンスの際にフィールド全員が自陣に戻ってスペースを埋める。さらにボールフォルダーに対して素早いチェックを仕掛け、ショートカウンターからゴールを目指す場面が多く見られた。すると12分、東海大仰星の松井がアタッキングサードでボールを持つと、相手のプレスが緩いと見るや左足でこの試合最初のシュートを放つ。 ▽その後は中盤での潰しあいが続く中、23分に両選手が接触してやや動きが止まった瞬間に左サイドの三国スティビアエブスがボールを持って縦に突破。そのままカットインして右足でクロスを狙うように見せてコントロールシュートを突き刺す。青森山田が、この試合最初のシュートで先制点をもぎ取った。 ▽東海大仰星も直後に左サイドから攻め込んだ大崎のクロスがボックス内でディフレクトして、ボールはゴール方向に転がる。しかしGK廣末が体勢を崩しながらもボールをはじき出して得点とはならなかった。それでも26分、左サイドの大崎が上げたクロスをボックス右でフリーとなった松井がダイレクトで蹴り込み、東海大仰星が追いついた。 ▽追いつかれた青森山田は34分、右サイドの浅い位置から入ってきたクロスを鳴海が胸でボールをコントロールし、反転からシュートを狙うが枠を捉えきれず。それでも41分、左サイドからのロングスローでゴール前が混戦となると、最後は高橋が蹴り込んで青森山田が勝ち越して前半を終えた。 ▽後半に入ると青森山田がパスワークとロングスローから東海大仰星を突き放しにかかる。61分には、GK廣末の高精度なロングフィードを三国スティビアエブスが頭で落とすと、鳴海がボックス内に侵入。ここは相手DFのブロックに阻まれるも、多彩な攻撃でゴールに迫る。 ▽一方の東海大仰星も73分、 ボックス左から面矢のロングスロー。ボックス内混戦から見野がボレーを放つも、GK廣末がセーブ。82分には、右サイド大東のロングスローからこぼれ球をボックス手前面矢が右足を振り抜くも、枠を捉えられず。 ▽すると東海大仰星は86分にビッグチャンスを迎える。敵陣中央からのフィードに大崎が反応すると、ボックス内で一対一。しかし、左足で放ったシュートはゴールバーの上に外れてしまう。その後も、東海大仰星が怒涛の攻撃を見せるも、青森の粘り強いディフェンスにゴールネットを揺らすことができず試合終了。青森山田が悲願の選手権初優勝に王手をかけた。 2017.01.07 14:15 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース