高校サッカー選手権が開幕! 今大会出場のJリーグ内定選手をピックアップ《第95回全国高校サッカー選手権》2016.12.30 13:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽30日、第95回全国高等学校サッカー選手権大会が開幕する。全国48校が出場する今大会。開幕カードは東京B代表の関東第一と滋賀県代表の野洲が対戦する。

▽1回戦は開幕戦以外のカードが31日に行われ、2回戦は1月2日、3回戦は1月3日、準々決勝は1月5日、準決勝は1月7日、決勝は1月9日に行われる。前回大会王者である福岡県代表の東福岡は2回戦で愛知代表の東邦と対戦。インターハイ王者の千葉県代表・市立船橋は1回戦で京都府代表・京都橘と対戦する。

▽今大会の開幕を前に、Jリーグ内定選手をピックアップして紹介する。(写真はU-19日本代表FW岩崎悠人/京都橘)

◆MF藤川虎太朗(東福岡/ジュビロ磐田内定)
▽サガン鳥栖U-15で育った藤川は東福岡に進学。U-15、U-16の日本代表を経験し、2015年には高校総体で得点王に、昨年の高校サッカー選手権でもチームを優勝に導き優秀選手賞を獲得した。ボールスキルに長け、チャンスメイクが出来、左右で遜色ないシュートが打てる選手。中盤では様々なポジションでプレーし、ドリブル突破や豊富な運動量でもチームに貢献できる選手。今大会屈指の注目選手だ。

◆DF小田逸稀(東福岡/鹿島アントラーズ内定)
▽藤川と同じとサガン鳥栖の下部組織出身。鳥栖U-15唐津から東福岡へと進学した。身体能力に長け、対人守備の強さを兼ね備えており、空中戦も得意とする左サイドバック。OBである長友佑都を彷彿とさせるプレーも見せる。

◆MF高江麗央(東福岡/ガンバ大阪内定)
▽ロアッソ熊本ジュニアユース出身の高江は東福岡に進学。技巧派のドリブラーで、積極的に仕掛けるスタイルが特徴。昨年の高校サッカー選手権ではサイドでのプレーが多かったが、現在はトップ下でもプレー。藤川との中盤のコンビには注目だ。

◆FW岩崎悠人(京都橘/京都サンガF.C.内定)
▽U-19日本代表でもプレーする岩崎はJFAアカデミー福島出身。運動量が豊富で、身体の強さを生かしたプレーが特徴のストライカー。Jリーグの複数クラブが獲得に興味を抱いていた。今大会初戦ではインターハイ王者の市立船橋と対戦。どんなゴールを見せてくれるのかに注目が集まる。

◆MF高橋壱晟(青森山田/ジェフユナイテッド千葉内定)
▽名門の10番を背負う高橋は、ジェフへの入団が内定。今年はプレミアリーグEASTを制すと、チャンピオンシップも制し、ユース年代の王者に輝いた。抜群のボールキープ力を見せ、プレーメーカーとしてチームを牽引。青森山田の軸として選手権初優勝を目指す。

◆GK廣末陸(青森山田/FC東京内定)
▽FC東京U-15深川で育った廣末は、青森山田に進学。来季からは古巣への加入が内定している。U-18、U-19と日本代表に選出され、高い反射神経と、シュートストップに定評がある。また、キックの精度も高く攻撃の起点にもなれる存在だ。

◆DF原輝綺(市立船橋/アルビレックス新潟内定)
▽インターハイ王者の市立船橋の守備を支える原。U-19日本代表でもプレーし、U-20ワールドカップ出場権獲得に貢献した。状況判断の良さと危機察知能力に長けており、カバーリング能力も優れているストッパーだ。

◆DF杉岡大暉(市立船橋/湘南ベルマーレ内定)
▽原と同じ市立船橋の“守備の要”である杉岡はキャプテンも務める。左利きのセンターバックで、対人守備、空中戦に優れており、左サイドバックでもプレーが可能。フィードや前線への飛び出し、ボール奪取と高水準の守備能力を備えている。

◆MF高宇洋(市立船橋/ガンバ大阪内定)
▽元中国代表の高升(ガオ・シェン)を父に持つ高は、川崎フロンターレの下部組織出身。戦術理解度が高く、攻守にわたって試合をコントロールする司令塔タイプ。今年はトップ下から1列下がり、その能力を存分に発揮。今年のインターハイではチームを優勝に導いた。献身的な守備、機を見た攻撃参加にも注目。

◆DFタビナス・ジェファーソン(桐光学園/川崎フロンターレ内定)
▽ガーナ人の父とフィリピン人の母から誕生したタビナスは大型サイドバック。前回大会ではチームのベスト16入りに貢献し、優秀選手にも選出された。キャプテンとして臨む今大会では、持ち味である驚異的なスピードとストライドの長さで攻守に違いを見せたい。

◆GK茂木秀(桐光学園/セレッソ大阪内定)
▽195cmと高校サッカー屈指の長身GK。恵まれた体格を生かしたハイボール処理や、精度の高い左足のフィード、状況判断にも優れている。完成されたGKではないが、スケールの大きさは注目。ビッグセーブ連発でチームを勝利に導けるか。

コメント

関連ニュース

thumb

U-18Jリーグ選抜と日本高校サッカー選抜、試合後会見 「しつこさや厳しさという部分は一緒」《NEXT GENERATION MATCH》

▽10日にFUJI XEROX SUPER CUP 2018 NEXT GENERATION MATCHのU-18Jリーグ選抜vs日本高校サッカー選抜が埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で高校サッカー選抜が勝利した。 ▽試合後、U-18Jリーグ選抜と日本高校サッカー選抜から監督、選手がそれぞれ1名ずつ記者会見に出席。次のように振り返った。 <span style="font-weight:700;">◆平野直樹監督</span>(日本高校サッカー選抜/履正社) 「勝つことができてホッとしました。このチームは最終的にヨーロッパを目指しているチーム。その中でも、大事なポイントを抑えながらしっかりと戦ってくれました」 <span style="font-weight:700;">◆MF田部井涼</span>(日本高校サッカー選抜/前橋育英高校) 「今日の試合で自分たちらしさを出すことができました。ドイツに行っても成熟度を高めていけるように頑張りたいです」 <span style="font-weight:700;">◆岸本浩右監督</span>(U-18Jリーグ選抜/京都サンガF.C.) 「短期間での選抜チームということで難しい部分を感じました。高校選抜さんが長年、同じチームで活動しているかのような組織的な守備やコンビネーションプレーをしていたことに感銘を受けた。普段と異なるポジションでプレーした選手もいたが、良く持ち味を出してくれたし、次に繋がるゲームになった」 <span style="font-weight:700;">──高校サッカーとクラブユースの違いとは</span> 「高校選抜と初めて対戦させてもらいましたが、ベースのところの技術がしっかりしている。短いパスでも、長いパスでも早く正確に通すことができる。各高校で鍛えられているなと感じました」 「もちろん、泥臭さや粘り強さが技術を支えているが、決してそれだけじゃない。しっかりとした技術の上に、それらが備わっていると感じました。表現の仕方の違いこそあるが、しつこさや厳しさという部分は我々、クラブユースとなんら変わらないです」 <span style="font-weight:700;">◆江川慶城</span>(U-18Jリーグ選抜/京都サンガF.C.) 「立ち上がりの10分ぐらいはサイドにボールを振りながら自分たちのペースで狙い通りできた。でも、不用意なミスを突かれて失点して勢いを与えてしまった。個人個人、これからチームに帰って、この経験を還元していきたい」 2018.02.10 18:50 Sat
twitterfacebook
thumb

高校サッカー選抜が井上怜&飯島陸弾でU-18Jリーグ選抜に競り勝つ《NEXT GENERATION MATCH》

▽10日、FUJI XEROX SUPER CUP 2018 NEXT GENERATION MATCHのU-18Jリーグ選抜vs日本高校サッカー選抜が埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で高校サッカー選抜が勝利した。 ▽40分ハーフで行われるNEXT GENERATION MATCH。試合は互いになかなかシュートまで結びつけることができない中、Jリーグ選抜がチャンスを迎える。8分、左サイドからのクロスが流れたボールを拾った桂陸人がボックス右外からクロスを供給。宮代大聖が走り込み混戦となったが、押し込むことができない。 ▽対する高校選抜は16分、敵陣中央右からの後藤田亘輝のクロスを町野修斗がゴール前やや左でヘディングシュート。しかし、わずかにゴールの左へと逸れた。 ▽前半半ばに差し掛かり、チャンスを作り始める両者。Jリーグ選抜は18分、ボックス右手前でインターセプトした岩本翔がボックス内へパスを送る。これを受けた宮代大聖がワンタッチで対峙した相手DFをかわして左足を振り抜いたが、シュートはゴール右外へと外れる。さらに25分、ボックス手前やや左でFKを獲得すると、キッカーの宮代大聖が直接ゴールを狙うが、わずかにゴールの上を通過する。 ▽Jリーグ選抜がゴールを匂わせる中、高校選抜が一瞬の隙から先制点を奪う。26分、田部井涼のボックス右へのスルーパスに抜け出した飯島陸が中央へ折り返す。これを走り込んだ井上怜がゴール左上へと突き刺し、高校選抜が先制に成功する。 ▽先制点を奪った高校選抜は32分にも町野修斗のスルーパスに反応した飯島陸がGK大内一生との一対一を迎えるが決め切ることができない。それでも36分、ボックス右外からのロングスローをニアサイドの町野修斗が背中で流し、中央で収めた飯島陸がゴールネットを揺らして2-0とする。 ▽後半に入ると、2点をリードする高校選抜が攻勢を強める。53分、味方のスルーパスに反応してボックス内へ走り込んだ町野修斗がシュート。直後にもFKから町野修斗がゴールを狙うが追加点とはならない。 ▽1点を返したいJリーグ選抜は62分、右サイドに抜け出した上月壮一郎がGKとDFの間に絶妙なクロス。これに原田烈志が飛び込んだが、プッシュすることができない。それでも後半アディショナルタイム、棚橋尭士のクロスを原田烈志が押し込み、Jリーグ選抜は1点を返したが反撃はここまで。2-1で日本高校サッカー選抜が勝利を収めた。 ◆NEXT GENERATION MATCH U-18Jリーグ選抜 1-2 日本高校サッカー選抜 【Jリーグ】 原田烈志(後42) 【高校】 井上怜(前26) 飯島陸(前36) ◆スタメン 【U-18Jリーグ選抜】 GK:大内一生(横浜FCユース) DF:尾崎優樹(京都U-18)、河井哲太(G大阪ユース)、江川慶城(京都U-18)、草住晃之介(FC東京U-18) MF:桂陸人(広島ユース)、奥野耕平(G大阪ユース)、福岡慎平(京都U-18)、岩本翔(G大阪ユース) FW:藤原志龍(徳島ユース)、宮代大聖(川崎FU-18) 【日本高校サッカー選抜】 GK:薄井覇斗(流経大柏) DF:後藤田亘輝(前橋育英)、生駒仁(鹿児島城西/横浜FM)、角田涼太朗(前橋育英)、佐藤拓海(青森山田) MF:宮本優太(流経大柏)、田部井涼(前橋育英)、井上怜(市立船橋)、菊地泰智(流経大柏) FW:飯島陸(前橋育英)、町野修斗(履正社/横浜FM) 2018.02.10 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表DF長友佑都も高校サッカーの過密日程を危惧「選手が潰れてからでは遅い」

▽インテルの日本代表DF長友佑都が、冬の風物詩となっている全国高校サッカー選手権大会について自身の考えをツイッターに投稿している。 ▽第96回全国高校サッカー選手権大会は8日に埼玉スタジアム2002で決勝戦が行われ、前橋育英(群馬)が流通経済大柏(千葉)に1-0で勝利し、初優勝を達成した。 ▽大会後、流通経済大柏の本田裕一郎監督が、同大会の過密日程について言及。今大会は、12月30日に開幕を迎え1月8日に決勝戦が行われる日程の中、2回戦と3回戦、準々決勝と準決勝は休みなく試合が実施されるなど連戦が続いた現状に苦言を呈している。 ▽自身も東福岡高校で全国高校サッカー選手権大会を目指していた長友も、本田監督に同調する形で過密日程について言及。1週間で5試合を行う異常な状況に苦言を呈した。 「高校サッカーの感動の裏で、決勝に上がった2校の日程見て驚いた。1週間で5試合。。いろいろな事情はあるんだろうけど、もう少し選手ファーストで考えてほしいな。選手が潰れてからでは遅いよ。」(原文ママ) 2018.01.09 09:14 Tue
twitterfacebook
thumb

1年越し悲願の前橋育英が激闘制し初優勝! 流通経済大柏は大会初失点に沈む《第96回全国高等学校サッカー選手権大会》

▽第96回全国高等学校サッカー選手権大会の決勝の流通経済大柏(千葉)vs前橋育英(群馬)が8日に行われ、1-0で前橋育英が勝利。この結果、前橋育英の初優勝が決まった。 ▽6日に行われた準決勝で、矢板中央(栃木)を1-0で下して10年ぶりの決勝進出を果たしたインハイ王者・流通経済大柏と、上田西(長野)に6-1の大勝を収めて2年連続で決勝進出となった前橋育英が、埼玉スタジアム2002で激突した。 ▽今大会1失点の前橋育英と、無失点の流通経済大柏の試合は固い入りをみせる。それでも27分には、今大会7得点で得点ランクトップに立つ飯島が、セットプレーのルーズボールからミドルシュート。ボールはわずかに枠を外れたものの、強烈な左足からのシュートで流通経済大柏のゴールマウスを脅かしていく。 ▽さらに、前半終了間際の46分、相手ディフェンスラインの裏にこぼれたボールに飯島が反応。ボックス右からシュートを放ったが左ポストを叩き、得点とはならなかった。 ▽前半をゴールレスで折り返した試合は、後半も手堅い内容に。64分、味方とのワンツーでボックス左に抜け出した五十嵐が、そのままシュートを狙う。しかし、ファーを狙ったボールはバーに当たり、阻まれた。 ▽68分には、流通経済大柏にチャンス。安城と相手DFの競り合いから、途中出場の石川がボックス手前でボールを持つと、自らシュートを放つ。それでも、鋭いシュートをGK湯澤がセーブ。一進一退の攻防が続いていく。 ▽80分には、前橋育英にビッグチャンス。右CKの混戦から最後はボックス内中央の角田が蹴り込む。しかし、カバーに入っていた佐藤がこれをブロック。流通経済大柏を救う働きをみせた。 ▽ドラマが待っていたのは試合終了間際の92分、GK薄井が前に出た状態で、ボックス右でボールを持った飯島がシュートを狙うと、DF三本木がブロック。両軍入り乱れる中、ボールを拾った前橋育英の榎本が狙いすましたシュートで、流通経済大柏のゴールネットを初めて揺らす。 ▽直後に試合が終了。この結果、昨年準優勝の前橋育英が1年越しに悲願の初優勝を成し遂げることに。流通経済大柏は、今大会初の失点を最も重要な場面で喫し、10年ぶり2回目の優勝を叶えることはできなかった。 ◆決勝結果 ▽1月8日(月) 流通経済大柏(千葉) 0-1 前橋育英(群馬) 【前橋育英】 榎本樹(後47) 2018.01.08 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

決勝カードが決定! 流通経済大柏の夏冬連覇か、前橋育英の雪辱か《第96回全国高等学校サッカー選手権大会》

▽6日に第96回全国高等学校サッカー選手権大会の準決勝が行われ、決勝の対戦カードが決定した。 ▽準決勝では、流通経済大柏(千葉)が矢板中央(栃木)に1-0、前橋育英(群馬)が上田西(長野)に6-1で勝利して決勝へと駒を進めた。 ▽決勝では10年ぶりの決勝進出を果たしたインハイ王者・流通経済大柏と、2年連続の決勝進出を果たした昨年のファイナリスト・前橋育英が激突。埼玉スタジアム2002で行われる決勝戦は、8日の14時5分にキックオフを迎える。 ◆決勝対戦カード 流通経済大柏(千葉) vs 前橋育英(群馬) 2018.01.06 16:25 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース