超ワールドサッカー

高校サッカー選手権が開幕! 今大会出場のJリーグ内定選手をピックアップ《第95回全国高校サッカー選手権》2016.12.30 13:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽30日、第95回全国高等学校サッカー選手権大会が開幕する。全国48校が出場する今大会。開幕カードは東京B代表の関東第一と滋賀県代表の野洲が対戦する。

▽1回戦は開幕戦以外のカードが31日に行われ、2回戦は1月2日、3回戦は1月3日、準々決勝は1月5日、準決勝は1月7日、決勝は1月9日に行われる。前回大会王者である福岡県代表の東福岡は2回戦で愛知代表の東邦と対戦。インターハイ王者の千葉県代表・市立船橋は1回戦で京都府代表・京都橘と対戦する。

▽今大会の開幕を前に、Jリーグ内定選手をピックアップして紹介する。(写真はU-19日本代表FW岩崎悠人/京都橘)

◆MF藤川虎太朗(東福岡/ジュビロ磐田内定)
▽サガン鳥栖U-15で育った藤川は東福岡に進学。U-15、U-16の日本代表を経験し、2015年には高校総体で得点王に、昨年の高校サッカー選手権でもチームを優勝に導き優秀選手賞を獲得した。ボールスキルに長け、チャンスメイクが出来、左右で遜色ないシュートが打てる選手。中盤では様々なポジションでプレーし、ドリブル突破や豊富な運動量でもチームに貢献できる選手。今大会屈指の注目選手だ。

◆DF小田逸稀(東福岡/鹿島アントラーズ内定)
▽藤川と同じとサガン鳥栖の下部組織出身。鳥栖U-15唐津から東福岡へと進学した。身体能力に長け、対人守備の強さを兼ね備えており、空中戦も得意とする左サイドバック。OBである長友佑都を彷彿とさせるプレーも見せる。

◆MF高江麗央(東福岡/ガンバ大阪内定)
▽ロアッソ熊本ジュニアユース出身の高江は東福岡に進学。技巧派のドリブラーで、積極的に仕掛けるスタイルが特徴。昨年の高校サッカー選手権ではサイドでのプレーが多かったが、現在はトップ下でもプレー。藤川との中盤のコンビには注目だ。

◆FW岩崎悠人(京都橘/京都サンガF.C.内定)
▽U-19日本代表でもプレーする岩崎はJFAアカデミー福島出身。運動量が豊富で、身体の強さを生かしたプレーが特徴のストライカー。Jリーグの複数クラブが獲得に興味を抱いていた。今大会初戦ではインターハイ王者の市立船橋と対戦。どんなゴールを見せてくれるのかに注目が集まる。

◆MF高橋壱晟(青森山田/ジェフユナイテッド千葉内定)
▽名門の10番を背負う高橋は、ジェフへの入団が内定。今年はプレミアリーグEASTを制すと、チャンピオンシップも制し、ユース年代の王者に輝いた。抜群のボールキープ力を見せ、プレーメーカーとしてチームを牽引。青森山田の軸として選手権初優勝を目指す。

◆GK廣末陸(青森山田/FC東京内定)
▽FC東京U-15深川で育った廣末は、青森山田に進学。来季からは古巣への加入が内定している。U-18、U-19と日本代表に選出され、高い反射神経と、シュートストップに定評がある。また、キックの精度も高く攻撃の起点にもなれる存在だ。

◆DF原輝綺(市立船橋/アルビレックス新潟内定)
▽インターハイ王者の市立船橋の守備を支える原。U-19日本代表でもプレーし、U-20ワールドカップ出場権獲得に貢献した。状況判断の良さと危機察知能力に長けており、カバーリング能力も優れているストッパーだ。

◆DF杉岡大暉(市立船橋/湘南ベルマーレ内定)
▽原と同じ市立船橋の“守備の要”である杉岡はキャプテンも務める。左利きのセンターバックで、対人守備、空中戦に優れており、左サイドバックでもプレーが可能。フィードや前線への飛び出し、ボール奪取と高水準の守備能力を備えている。

◆MF高宇洋(市立船橋/ガンバ大阪内定)
▽元中国代表の高升(ガオ・シェン)を父に持つ高は、川崎フロンターレの下部組織出身。戦術理解度が高く、攻守にわたって試合をコントロールする司令塔タイプ。今年はトップ下から1列下がり、その能力を存分に発揮。今年のインターハイではチームを優勝に導いた。献身的な守備、機を見た攻撃参加にも注目。

◆DFタビナス・ジェファーソン(桐光学園/川崎フロンターレ内定)
▽ガーナ人の父とフィリピン人の母から誕生したタビナスは大型サイドバック。前回大会ではチームのベスト16入りに貢献し、優秀選手にも選出された。キャプテンとして臨む今大会では、持ち味である驚異的なスピードとストライドの長さで攻守に違いを見せたい。

◆GK茂木秀(桐光学園/セレッソ大阪内定)
▽195cmと高校サッカー屈指の長身GK。恵まれた体格を生かしたハイボール処理や、精度の高い左足のフィード、状況判断にも優れている。完成されたGKではないが、スケールの大きさは注目。ビッグセーブ連発でチームを勝利に導けるか。

コメント

関連ニュース

thumb

ナイキが高校・ユース年代の選手を対象に世界で戦える選手育成を目指す「NIKE NEXT HERO プロジェクト」を発表

▽ナイキジャパンは、高校・ユース年代の最高峰の舞台、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグで活躍した選手を対象に海外遠征を行うことで、世界で戦う次世代の選手の育成を促進する「NIKE NEXT HERO プロジェクト」を実施することを発表した。 ▽ナイキジャパンは、日本サッカー協会(JFA)の「JFA2005年宣言」の理念とビジョンに共感し、日本サッカーの継続的な発展のために、さらなる普及や次世代の育成を促進することを目的として2016年1月に立ち上がったプロジェクト「JFA Youth & Development Programme」を、オフィシャルパートナーとしてサポートしている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170404_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:left;font-size:x-small;">[2017年1月イングランド遠征を実施した高円宮杯U-18サッカーリーグチャンピオンの青森山田高校]<hr></div>▽今回発表した「NIKE NEXT HERO プロジェクト」は、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグの試合を対象に、毎試合各チームの監督またはコーチが対戦相手からポジション別に活躍した合計3名を選出し、選ばれた選手にはポイントが加算され、リーグ終了時点で、多くのポイントを獲得した選手を中心に海外遠征を実施するもの。遠征に参加する選手たちは、来年2018年1月に、世界で戦うために必要なメンタル、テクニックなどの最先端のトレーニングを体感し、海外トップクラブチームのユース世代とトレーニングマッチを行う。 ▽JFAの田嶋幸三会長は今回発表された「NIKE NEXT HERO プロジェクト」に関してコメント。育成の大切さを語り、若い世代の世界基準へのアプローチを進めて行くと語った。 「『育成日本復活』をテーマに、様々な取り組みを行っていますが、この「NIKE NEXT HERO プロジェクト」は、その中でも重要な取り組みの一つです。この年代の選手の成長には、早い段階で世界を経験をすることが不可欠です。ここで世界を見るかどうかでその後の伸びしろに大きな違いが出てくると考えています」 「今年の1月に、高円宮杯U-18サッカーリーグ2016チャンピオンの青森山田高校がイングランド遠征を行いました。NIKE ACADEMY UKや現地クラブとのトレーニングマッチや、NIKE ACADEMYコーチによる世界トップレベルのトレーニングを体験しました。日本国内だけでは感じることの出来ない、世界基準を実際に肌で感じることが出来たという選手たちの声を聞いています」 「今後もこの「NIKE NEXT HERO プロジェクト」をはじめとした、今後の日本サッカーを担う若い世代の育成に繋がる世界基準へのアプローチを行っていきたいと考えています」 2017.04.04 21:09 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京のGK廣末陸や広島のMF松本泰志ら欧州遠征に臨む日本高校サッカー選抜メンバーが発表!《デュッセルドルフ国際ユース》

▽日本サッカー協会(JFA)は31日、4月6日〜19日にかけて行われる欧州遠征に臨む日本高校サッカー選抜メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、青森山田高校からFC東京に入団したGK廣末陸や静岡学園高校からアビスパ福岡へ入団したGK山ノ井拓己、昌平高校からサンフレッチェ広島に加入したMF松本泰志などが招集。その他、今年の高校サッカー選手権で初優勝を果たした青森山田高校からはDF三國スティビアエブス、DF橋本恭輔、MF住永翔が招集。準優勝の前橋育英高校からはDF渡邊泰基やMF大塚諒、FW飯島陸が招集されている。 ▽日本高校サッカー選抜は7日に日本で流通経済大学と練習試合を行い、その後10日にオランダでアルメレ・シティFCと、11日にU-18オランダ代表と練習試合を予定。13日からはデュッセルドルフ国際ユースサッカー大会に出場し、13日にデュッセルドルフ(ドイツ)、15日にマインツ(ドイツ)とザルツブルク(オーストリア)、16日にノアシェラン(デンマーク)と対戦する。今回発表された日本高校サッカー選抜メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆日本高校サッカー選抜メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">廣末陸</span>(青森山田高/3年/FC東京) 12.<span style="font-weight:700;">山ノ井拓己</span>(静岡学園高/3年/アビスパ福岡) <span style="font-weight:700;">DF</span> 19.<span style="font-weight:700;">橋本恭輔</span>(青森山田高/3年) 17.<span style="font-weight:700;">常盤悠</span>(尚志高/3年) 5.<span style="font-weight:700;">三國スティビアエブス</span>(青森山田高/3年) 13.<span style="font-weight:700;">佐藤瑶大</span>(駒澤大高/3年) 15.<span style="font-weight:700;">渡邊泰基</span>(前橋育英高/2年) 2.<span style="font-weight:700;">杉山弾斗</span>(市立船橋高/2年) 3.<span style="font-weight:700;">阿部海大</span>(東福岡高/2年) <span style="font-weight:700;">MF</span> 16.<span style="font-weight:700;">大塚諒</span>(前橋育英高/3年) 10.<span style="font-weight:700;">鳥海芳樹</span>(桐光学園高/3年) 7.<span style="font-weight:700;">松本泰志</span>(昌平高/3年/サンフレッチェ広島) 4.<span style="font-weight:700;">金子大毅</span>(市立船橋高/3年) 6.<span style="font-weight:700;">住永翔</span>(青森山田高/3年) <span style="font-weight:700;">FW</span> 20.<span style="font-weight:700;">伊藤龍生</span>(米子北高/3年) 18.<span style="font-weight:700;">安藤瑞季</span>(長崎総科大附高/2年) 9.<span style="font-weight:700;">町野修斗</span>(履正社高/2年) 22.<span style="font-weight:700;">飯島陸</span>(前橋育英高/2年) <span style="font-weight:700;">監督:黒田剛</span> 2017.03.31 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

快勝を収めた日本高校サッカー選抜MF住永翔「ゼロに抑えられたことは1つの評価」《NEXT GENERATION MATCH》

▽18日、FUJI XEROX SUPER CUP 2017 NEXT GENERATION MATCHが日産スタジアムで行われ、U-18Jリーグ選抜vs日本高校サッカー選抜の試合は0-4で日本高校サッカー選抜が快勝を収めた。 ▽試合後の記者会見に出席した日本高校サッカー選抜キャプテンの青森山田高校MF住永翔がコメント。4得点よりも無失点で試合を終えられたことを評価した。 <span style="font-weight:700;">◆MF住永翔</span>(日本高校サッカー選抜/青森山田高校) 「このような素晴らしい環境でプレーできたことは一人ひとりにとってすごく良い経験になったと思います。0-4という結果ですが、途中から入ってきた選手が自分が何をすべきかと考えてプレーしてくれたことで、得点が生まれたと思います」 「4点を褒めることもですが、ゼロに抑えられたことはGKやバック陣を含め、1つの評価かなと思っています。その中でも1人1人の長所を場面場面で出せたと思います。そこにもっと磨きをかけて、この先ヨーロッパに行っても、もっと背の高い選手、早い選手がたくさん居ると思うので、その辺りを意識してトレーニングしていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──前日会見でFW久保建英への対応の話が出ましたが、実際はどうだったか</span> 「やってみて左足の技術や体の使い方、ボールの置く位置は上手いものがありました。ただ、もう少しボールが入る前に寄せたり、ボールを持たせる時間が長かったので、もう少しプレス、アプローチを早くして、簡単に仕事をさせないようにしたかったです。流れの中で久保選手だけを見ることはできないです。ただ、ゼロに抑えられたことは1つ良かったのかなと思います。もっと仕事を減らす作業を、自分だけでなくチームとしてやらなければいけなかったと思います」 2017.02.18 13:32 Sat
twitterfacebook
thumb

失点に絡んだU-18Jリーグ選抜DF橋岡大樹「来年は絶対に勝ってもらいたい」《NEXT GENERATION MATCH》

▽18日、FUJI XEROX SUPER CUP 2017 NEXT GENERATION MATCHが日産スタジアムで行われ、U-18Jリーグ選抜vs日本高校サッカー選抜の試合は0-4で日本高校サッカー選抜が快勝を収めた。 ▽試合後の記者会見に出席したU-18Jリーグ選抜キャプテンの浦和レッズユースDF橋岡大樹がコメント。失点に絡んだこと、4失点への悔しさを口にした。 <span style="font-weight:700;">◆DF橋岡大樹</span>(U-18Jリーグ選抜/浦和レッズユース) 「こういった大舞台の中でやれたことに感謝しています。0-4という大差で負けたことは悔しいです。みんな自分の特徴は出せたと思います。高校選抜が1歩上だったかなと思います。来年の後輩に託して来年は絶対に勝ってもらいたいです」 <span style="font-weight:700;">──この後浦和レッズの試合があるため、所属の浦和レッズのサポーターがいました。自身のプレーを振り返って</span> 「この後にレッズと鹿島の試合があり、自分が所属するレッズのサポーターがいることはわかっていました。やってやろうと思っていましたが、自分のプレーとしては失点に絡んだこと、0-4と4失点はディフェンスラインにとって大きいです。ゼロに抑えられなかったことは本当に悔しいですが、自分の良いところも出せたと思います。課題も含めて、これから自分で努力して、もっと大きな舞台でできるようにこれから頑張っていきたいと思います」 2017.02.18 13:28 Sat
twitterfacebook
thumb

4発快勝の日本高校サッカー選抜・黒田剛監督「これを機に世界で活躍できるように」《NEXT GENERATION MATCH》

▽18日、FUJI XEROX SUPER CUP 2017 NEXT GENERATION MATCHが日産スタジアムで行われ、U-18Jリーグ選抜vs日本高校サッカー選抜の試合は0-4で日本高校サッカー選抜が快勝を収めた。 ▽試合後の記者会見に出席した日本高校サッカー選抜の黒田剛監督がコメント。組織作りの重要性を口にした。 <span style="font-weight:700;">◆黒田剛監督</span>(日本高校サッカー選抜/青森山田高校) 「このようなスタジアムで、素晴らしい環境で選手たちにサッカーをやらせてあげられたことを嬉しく思います。一昨日集合し、2回ぐらいのトレーニングで試合となりました。お互い同じ条件の中で、先にチームとして組織化するということ。高校の各監督に厳しく指導されている影響か、早く浸透するようなイメージを持って、組織を確立していきました」 「ゲームのコンセプトやプランはまだまだ浸透していませんが、きちっと全員で体を張って守備をすること、ゴール前で仕事をさせないことはよくやったと思います。これから細かいコンビネーション、グループでの崩し、シュートまでのフィニッシュと先は長いので1つ1つ詰められるように練習していきたいです。未来のある選手たちと一緒に試合ができたことを嬉しく思います。選手たちも色々な意味で指標になることだと思いますので、これを機に世界で活躍できるようにそれぞれがチームで頑張って行って欲しいと思います」 <span style="font-weight:700;">──ユース世代のJユースと高校サッカーの力関係をどのように感じているか</span> 「昨年のチャンピオンシップ、選手権で結果として優勝ができましたが、時代の流れとしてはJユースの方にかなり良い選手が集まり、かなりクオリティの高い試合ができていると思います。我々もそこから学び、勉強させていただいています。違う部分は、ともに過ごす時間であったり、規律やマナーなどのベースの上にサッカーを置いています」 「教育されている部分に関しては、方向は一緒でもベースは違うと思います。積み上げてきたもの、やってきたことに対してしっかりと戦うことが、将来を見ても重要だと思います。そこを確立した上で、サッカーで大いに戦えるスキルを身につけていくことを重んじてやっています」 「勝ったり負けたりということはありますが、我々は我々の方向で育成をやっていきたいと思います。Jユースも、一人一人がパス&コントロールなどの素晴らしい技術があります。そこで切磋琢磨しながら、お互いが相乗効果の中で成長していければ良いなと思います」 2017.02.18 13:26 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース