日本代表MF原口元気、DF太田宏介が一般参加者と神宮外苑をランニング!《NRC JUST DO IT.SUNDAY》2016.12.25 17:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽25日、ナイキは仲間と一緒に日曜日の街をランニングで楽しむNRC セッション「NRC JUST DO IT.SUNDAY」を実施。今回は日本代表MF原口元気(ヘルタ・ベルリン)、DF太田宏介(フィテッセ)が参加した。

▽午前9時半から始まったイベントは、表参道にある「NIKE+ RUN CLUB OMOTESANDO」からスタート。神宮外苑を回る約5kmのコースを抽選で選ばれた一般参加者約30名と共に原口、太田がランニングした。
(C)CWS Brains,LTD.
▽約40分間のランニングを終えて戻ってきた原口と太田は一般参加者と写真撮影。イベントの感想を語った。

原口元気(ヘルタ・ベルリン)
(C)CWS Brains,LTD.
「気持良く朝から走れました。みなさんも凄く良い笑顔で走っていたので、良い気持ちです。ありがとうございます」

太田宏介(フィテッセ)
(C)CWS Brains,LTD.
「クリスマスということで、みなさん予定がないのかなと(笑)。朝から一緒に走れて幸せでした。みなさん毎日走って、継続することが大事です。ナイキを盛り上げていきましょう(笑)」

コメント

関連ニュース

thumb

ナイキがゴールスコアラーのためのスパイク「ハイパーヴェノム 3」を発表!

▽ナイキは17日、ゴールスコアラー向けの新スパイク「ハイパーヴェノム 3」を発表した。 ▽「ハイパーヴェノム 3」は、カットインやストライクの2つの動きを重視してデザイン。ゴールを決めるために重要なこの2つの要素を念頭に、フライニットの素材変更と、新しいプレートを採用して大きな変更を行っている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170118_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ナイキフットボールのフットウェア担当副社長のマックス・ブラウ氏は「ゴールスコアラーのスパイクです」と語り、「このスパイクのすべての機能はゴールを決めるために作られています」とコメントしている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170118_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ゴールスコアリング重視のデザインは、スパイクのストライクゾーンに最も顕著に表現。何層にも重ねられたポロン®フォーム材の小片がフライニットのアッパーに組み込まれており、この小片は速度に応じてその固さが変わる特性を持ち、ゆっくりとした速度でボールに当たった時には、ボールのスピードを抑えソフトタッチとなる一方、速いボールを蹴る時には固くなり、しっかりとしたストライクの発射台として機能する。 ▽また、「ハイパーヴェノム 3」はナイキフットボールで初めてフライニットを使用したローカットのスパイクとなっている。さらに、先行品よりも17%の軽量化を果たした「ハイパーヴェノム 3」は196グラムとなっており、「プレーヤーが求めるちょうど良いバランスを実現するために、200以上の試作品を作りました。「カットとストライク」にフォーカスを置いた、点取り屋のための究極のスパイクを作りました」とブラウ氏が語っている。 ▽「ハイパーヴェノム 3」は1月31日からNike FootballアプリとNIKE.COMで販売開始。一部専門店では2月3日より発売される。 2017.01.18 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

広島の新ユニフォームはクラブの伝統とエンブレムからインスピレーション!

▽ナイキは13日、サンフレッチェ広島の2017シーズン新ユニフォームを発表した。ホームはクラブの伝統とエンブレムから、アウェイはクラブ設立25周年とリーグ25周年を祝ったデザインになっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170113_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ホームキットは、マツダサッカ ークラブ(旧東洋工業マツダサッカー部)のストライプとクラブエンブレムからインスピレーションを得たデザインを採用。ストライプの戦の太さに強弱をつけることで、スピード感と躍動感を与えるグラデーションを実現している。また、クラブ創立25周年を表すロゴがユニフォームの左袖に刻まれている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170113_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽アウェイキットにはクラブ創立25周年とリーグ25周年を祝し、クラブのフラッグに用いられているグリーンからインスピレーションを得たベノムグリーンを採用。トップスとショーツにはアクセントカラーとしてベノムパープルを用いることで、色合いの拡張を抑えている。 2017.01.13 20:52 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和レッズの新ユニフォームが発表! 25周年を記念しローマ数字の“XXV”がデザイン!

▽ナイキは11日、浦和レッズの新ユニフォームを発表した。クラブ設立25周年とリーグ25周年を祝ったこれまでにない、革新的で斬新なユニフォームとなっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170111_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ホームキットは、クラブ設立25周年を表す“25”をローマ字“XXV”で表現したグラフィックがフロント部分に大胆にデザイン。ピンストライプの束は12本で形成されており、チームワークやファン・サポーターとの結束を表している。 ▽中央のダイヤモンドの中には、縦に25本のストライプが描かれており、これは25周年を表現。太さの違うピンストライプの先端部分を描くことで、流れるようなスピード感と躍動感を与えている。また、背面のリブにもローマ数字“XXV"がデザイン。“1992/2017”の数字がエンブレムの両端に刻まれ、これも25周年を表現している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170111_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽アウェイキットはクラブにとってこれまでないボルトカラーを使用。クラブエンブレムに使用されているイエローのサッカーボールからインスピレーションを得て、インパクトのあるボルトカラーを採用した。イエローの持つ特徴としてWARNING やCAUTION といった警告や注意を相手に促す効果があり、浦和レッズのイレブンがアウェイの地でも脅威となり、相手にとって危険な存在になることを表している。 2017.01.11 19:34 Wed
twitterfacebook
thumb

J王者・鹿島の新ユニフォームが発表! ホームはクラブ初のダークネイビー採用、アウェイはリーグ25周年を祝しピンクに!

▽ナイキは26日、2016 Jリーグのチャンピオンに輝いた鹿島アントラーズの新ユニフォームを発表した。クラブ初となるダークネイビーを基調としたホームキットと、革新的で斬新なカラーのアウェイキットになっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20161226_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ホームキットはクラブ初となるダークネイビーを基調としたカラーコンセブネーションを採用。鹿島灘の様子を力強く表現したダークネイビーに、ディープレッドを差し込む事で、スピード感と躍動感を与えている。赤のストライプはユニフォームの中心部分が最も太くなっており、『常勝軍団』として君臨する揺るがないクラブの伝統もしっかりと表現されている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20161226_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽アウェイキットはリーグ25周年を祝し、これまでにない革新的で斬新なカラー「ハイパーピンク」をしよう。スピード感だけでなく、力強さとインパクトを与えている。色彩の観点でも、グリーンの反対色にピンクが当てはまり、ピッチ上においても際立つこのハイパーピンクは、アウェイの地でも相手にとっては常に脅威的な存在感を与えることとなる。また、ピンクには愛情や感謝を表現する色彩の特徴があり、クラブがHOME TOWNをはじめ、地域やファン・サポーターを大切に想う気持ちが込められているとのことだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20161226_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽その他、鹿島アントラーズのホームタウンである鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市の 5市で形成される鹿行(ろっこう)のHOME TOWN LOGOがリニューアルされ、ユニフォームに刻まれている。発売日は3月上旬よりNike.comと一部店舗で発売予定となっている。 2016.12.26 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

2017年の抱負を語るMF原口元気「自分の中で納得のいく成長がしたい」《NRC JUST DO IT.SUNDAY》

▽25日、ナイキは仲間と一緒に日曜日の街をランニングで楽しむNRC セッション「NRC JUST DO IT.SUNDAY」を実施。今回は日本代表MF原口元気(ヘルタ・ベルリン)、DF太田宏介(フィテッセ)が参加した。 ▽原口はランニング後に報道陣の囲み取材に応対。充実した1年であったと語り、来年も成長したいと貪欲な姿勢を見せた。 ◆<span style="font-weight:700;">原口元気</span>(ヘルタ・ベルリン) <span style="font-weight:700;">──今日のランニングはいかがでしたか</span> 「街中を走ったので新鮮でした。基本的に埼玉にいたので、こういった所を走ることはなかったですね」 <span style="font-weight:700;">──5kmぐらいだと疲労感はないですか?</span> 「ゆっくりだったので。気持ちよかったです」 <span style="font-weight:700;">──普段走るときは心拍数とか気にしますか?</span> 「普段は分数ぐらいですね。基本的にリカバリーで走ることが多いです。トレーニングとして走ることは個人ではほとんどないですね」 <span style="font-weight:700;">──2016年は充実した1年のように思えますが</span> 「良いことも良くない時もありました。でも順調にというか、自分のペースでしっかり成長できているなと実感できています。そこが今は一番大事かなと思っています。そういった意味では着実に前には進めていると思います」 <span style="font-weight:700;">──成長を実感できている部分はありますか</span> 「言葉にするのは難しいですね。自分の感覚なので。でも、確実にできなかったプレーができるようになったとか、そういったことです。自分として少しずつですが、自分に対しての自信が出てきています。それはワールドカップまでにもっと大きなものにしていなくてはいけないです」 「自信はそう簡単につくものではないので、1日1日積み重ねていきます。それが結果に繋がったり、自信になったりすればいいかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──来年3月にはロシア・ワールドカップのアジア最終予選がありますが</span> 「代表もそうですが、クラブでもやらなくてはいけないことがあるので、両方ですね。代表でもクラブでもまだまだ全然足りません。ただ、焦っても意味がないので、自分のペースで周りに左右されずにやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──オフの過ごし方は</span> 「特にないですね。来年の準備をしたいので、休むことでもありますし、トレーニングすることでもあります。それは計画的にやりたいです。時間を無駄にしたくないので、休むときはしっかり休みたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──2017年の目標は</span> 「確実に成長したいです。今年同様、少しでもいいので前に進みたいです。代表でもクラブでもステップアップしたい思いはあります。それぞれ役割があるので、一概に数字を出したいというよりも、自分の中で納得のいく成長がしたいです。まだまだ伸びることができると思います」 2016.12.25 18:54 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース