日本代表MF原口元気、DF太田宏介が一般参加者と神宮外苑をランニング!《NRC JUST DO IT.SUNDAY》2016.12.25 17:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽25日、ナイキは仲間と一緒に日曜日の街をランニングで楽しむNRC セッション「NRC JUST DO IT.SUNDAY」を実施。今回は日本代表MF原口元気(ヘルタ・ベルリン)、DF太田宏介(フィテッセ)が参加した。

▽午前9時半から始まったイベントは、表参道にある「NIKE+ RUN CLUB OMOTESANDO」からスタート。神宮外苑を回る約5kmのコースを抽選で選ばれた一般参加者約30名と共に原口、太田がランニングした。
(C)CWS Brains,LTD.
▽約40分間のランニングを終えて戻ってきた原口と太田は一般参加者と写真撮影。イベントの感想を語った。

原口元気(ヘルタ・ベルリン)
(C)CWS Brains,LTD.
「気持良く朝から走れました。みなさんも凄く良い笑顔で走っていたので、良い気持ちです。ありがとうございます」

太田宏介(フィテッセ)
(C)CWS Brains,LTD.
「クリスマスということで、みなさん予定がないのかなと(笑)。朝から一緒に走れて幸せでした。みなさん毎日走って、継続することが大事です。ナイキを盛り上げていきましょう(笑)」

コメント

関連ニュース

thumb

マンチェスター・シティのアウェイキットがロサンゼルスでお披露目!

▽ナイキは26日、ロサンゼルスで行われたインターナショナル・チャンピオンズカップの一戦でマンチェスター・シティのアウェイキットをお披露目した。 ▽太陽が降り注ぐカリフォルニア遠征では、新加入のプレイヤーが注目を浴びているが、特徴的なマルーンカラー(えんじ)で全身を包む新しいキットには、マンチェスターの歴史がしっかりと感じられます。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170728_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽長い間クラブのキットには、様々な色味のマルーンカラーが使われてきました。特に1956年のFAカップ決勝を制したチームはダークマルーン(濃いえんじ)にホワイトのピンストライプが入ったジャージが、そして1967-68シーズンのリーグ優勝チームのキットにはマルーンカラーのディテールが使われていた。(これは2017-18シーズンのホームキットの参考にされている) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170728_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽2017-18 シーズンのアウェイシャツとソックスのトリムには、マンチェスターシティの特徴的なブルーを使うなど、クラブに馴染み深いホームカラーも採用。新しいアウェイキットには、その外見に引けを取らないほどのナイキのイノベーションも盛り込まれており、世界屈指のフットボーラーのためにデザインされ、テストされてきた、エアロスイフト キットのシャツに用いたエンジニアードニット技法は、微かな幾何学模様を構成する一方、動いているアスリートの体により優れたフィットと着心地を提供する。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170728_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽キットの両脇は、シャツとブルーショーツ全体にかけてブラックのストライプが走っており、プレイヤーが動くときには、このストライプ部分が広がり下地に使ったブルーカラーを垣間見せながら、通気性を高める。最後に、シティのブルーをトリムに使い、ナイキ グリップ テクノロジーを活用したソックスは、足とスパイクの究極の一体感を生み出している。 ▽2017-18シーズンのマンチェスターシティ アウェイキットは7月27日から、一部専門店で発売している。 2017.07.28 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ナイキがネイマールの記録がデザインされた"WRITTEN IN THE STARS"マーキュリアルを発表

▽ナイキは27日、ネイマールが自身初となるマーキュリアル ヴェイパーのシグネチャーエディションを着用することを発表した。ネイマールのマーキュリアル"Written in The Stars"(星に刻まれた運命)には、才能に溢れたプレイヤーが運命に導かれる物語が記されている。 ▽「小さい頃からマーキュリアルを履いて育ったので、私のストーリーがこのスパイクに描かれるのは夢のようなことです。これは私だけに限らず、家族や、ピッチで一緒に時を過ごした素晴らしいチームメイトにとっても大きな意味があります」とネイマールは語る。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170727_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽小さい頃からその才能で注目を浴びて来たネイマールは、プレッシャーを受け止めながら家族や国の名誉のために進んできた。「ブラジルで育った私にとっては、フットボールが全てなのです。その母国を私は誇りに思っていますし、同時に母国の人々が私を誇りに思ってくれたらいいなと思います」とネイマールは話す。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170727_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽スパイクのカラーは、ブラジルの国旗を参考に(より鮮やかなブルー・オービットとボルトとして表現し)、南十字星をグラフィックに盛り込んでいる。ネイマールのナショナルチームでの多くの活躍の記録も、デザインの中に表現され、18歳の時に記録した、2010年8月10日のアメリカ戦でのブラジル代表チームでの初ゴール、そして昨夏のリオでの勝利は、マラカナンスタジアムの描写で表現。さらにはブラジルが勝ち取った5つの星も、代表キットと同様に誇らしく描かれている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170727_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽さらに、ネイマールJr.の家族に関するものもある。11.03.96は彼が愛する妹ラファエラ、24.08.11はネイマールJr.の息子デイビッド・ルッカ、そして02.05.92はネイマールJr.自身の誕生日で、34.7KM/Hは彼のトップスピード。ドットのグラフィックは、バルセロナとブラジルの地図をそれぞれ描いている。 ▽また、ネイマールがクラブで遂げた重要なゴールの記録も記されている。まずはバルセロナの選手として決めた初ゴール、レアル・マドリード戦での初ゴールを決めた2013年10月26日、そして2015年のチャンピオンズリーグファイナルでのゴールの記述もある。さらに詳しく見ると、スパイクの上の「星座」はこれらのゴールに到るまでのボールの動きを描いたものになっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170727_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ネイマールJr.個人にとって意味深いゴールの記述もある。20歳の誕生日に決めたキャリア100得点目のゴールや、2015年11月8日のビジャレアル戦での伝説的なゴールも含まれている。これはネイマールが試合85分に相手の頭越しにフリックさせたボールをゴールに打ち込んだもので、スタジアムの観客ばかりか世界中を歓喜させました。大胆で楽しさも感じられる彼のプレイスタイルは、シューレースの先端のアグレットに“Ousadia"と"Alegria"の文字にしても表現されています。(それぞれ彼の母国語であるポルトガル語で「勇敢」と「楽しさ」を意味します。) ▽ネイマールJr.の"Written in the Stars"マーキュリアル ヴェイパーはナイキ マイアミで7月28日にロンチされ、7月29日の試合で着用、nike.comで8月5日に発売となるす。一部専門店は、8月8日より販売を開始する。 2017.07.27 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ナイキがクリスティアーノ・ロナウドを起用したワークアウトを「NIKE+ TRAINING CLUBアプリ」で展開

▽ナイキは、NIKE+ TRAINING CLUBアプリにて、クリスティアーノ・ロナウドを起用した2つのワークアウトを展開することを発表した。あらゆる人のトレーニングにおいてプラスになる新たな体験を提供する。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170727_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽試合の前夜、クリスティアーノ・ロナウドは蜂蜜入りのお茶かミルクを飲み、熱いお風呂に20分ほどつかる。この習慣はリラックスするためでもあり、体のことを考えた戦略でもある。というのも、ロナウドはこのような「ほんのちょっとした賢い知恵」が、フットボールの世界で、誰よりも優れた能力を発揮するために実際に大きな違いを生み出すと信じているからだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170727_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽厳しいワークアウトの一方で(1日2回の練習も普通です)、ロナウドは、最高のプレイヤーになるためには、健康がパフォーマンスに影響を与えることを熟知していることが必要だと心得ている。「良い食事をとって、水分を補給し、しっかりと睡眠すること。これが私のキャリアを通じてフォーカスしていることです」とロナウドは言う。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170727_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ナイキは、Nike+ Training Club全体に展開される、健康とモチベーションに関する知識を含めたアスリートワークアウトの新シリーズの制作にあたり、全方向からのトレーニングにアプローチする彼と協力。その結果、あらゆる人のトレーニングにおいてプラスになる、以下のような新しい体験を提供することとなった。 ■アスリートのトレーナーが紹介する、実際にアスリートが行なっている、どこでもできるワークアウト ■ワークアウトの休憩期間にアスリートが行なっている、栄養補給とリカバリーのコツ ■アスリートのワークアウトを完了した人は、ワークアウトチャレンジを行うことも可能 (完了すれば、オンラインでシェアできるバッヂを手にいれることができます) ■アスリートの栄養、水分補給、リカバリーや、やる気を維持するコツを、情報満載のビデオや記事で紹介 ■自分のベストを発揮するために役立つギアの提案 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170727_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ロナウドを起用した2つのワークアウトは7月22日から展開。またもう一つのワークアウトも順次展開される予定だ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/yH8ELs" target="_blank">Nike+ Training Clubアプリ<br />ダウンロードはこちら</a><hr></div> 2017.07.27 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

来日中のリュディガーがチェルシー移籍について語る「決め手はコンテ」

▽15日、ナイキが主催するトレーニングセッションが千葉県内のグラウンドで行われた。 ▽ナイキが発売した新スパイク『ティエンポ レジェンド 7』を着用し、ゲストコーチとして登場したチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーがトレーニングセッション後にメディアの囲み取材に応対。チェルシー移籍の決め手や子供たちのプレーぶりについてなど語ってくれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──日本の印象は</span> 「初めて来ましたが、とても良い所だと思います。全く違う文化なので違いは感じますが、フットボールは1つの言葉なので、そこは同じです」 <span style="font-weight:700;">──シュツットガルトでは酒井高徳や岡崎慎司とともにプレーしていたが、日本人選手の印象は</span> 「(酒井)高徳や岡崎慎司は2人とも早いですし、特に慎司はストライカーとしても優れている。良い選手です」 <span style="font-weight:700;">──ローマからチェルシーに移籍した理由は</span> 「何より1番大きな理由はアントニオ・コンテ監督です。ローマの事を悪く言うつもりはないですが、ローマよりチェルシーの方がビッグクラブです。ローマはイタリアではビッグクラブですが、チェルシーの方が色々なことができるので移籍を決断しました」 <span style="font-weight:700;">──コンテ監督が移籍の決め手とのことだが、コンテ監督の魅力的は</span> 「ローマのチームメイト、例えばダニエレ・デ・ロッシなどから聞いていますし、イタリア代表やユベントスでのコンテ監督の実績も見て素晴らしいコーチだと思っています。昨シーズンは(マルコス・)アロンソや(ビクター・)モーゼスの起用を見ていると、素晴らしい監督だなと感じます。そこを魅力に感じて、一緒にやりたいなと感じました」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──コンテ監督からは移籍にあたって何かメッセージはあったか</span> 「電話でしたが、その時に来て欲しいと言われた。そして、もっと伸ばしたいと言っていました」 <span style="font-weight:700;">──チェルシーで一緒にプレーしたい選手は</span> 「エンゴロ・カンテです。もちろん、他にもたくさん居ます」 <span style="font-weight:700;">──プレミアリーグはこれまでプレーしたブンデスリーガやセリエAとは違うと思うが、現時点でのイメージは</span> 「まだプレーしていないですが、テレビで観ている限りではとても早く、フィジカルが強いリーグという印象です」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──日本の子供たちのプレーの印象は</span> 「基本的にとてもよく出来る良い子たちだと思います。ただ、まだまだ若いので時間をかけて育てて欲しいと思います。すぐに上手くなるわけではないので、今も上手いと思いますが、時間をかけてゆっくり成長させて欲しいと思います」 <span style="font-weight:700;">──子供たちがプロになるため、世界に出るために必要なことは</span> 「今はまだ小さいですし、1人1人違うので一言で言うのは難しいですが、テクニックとメンタルは伸ばして欲しいです。まだまだ若いので、時間をかけてゆっくり伸ばして欲しいですが、意思を強く持つこと、そして多少の幸運も必要です」 2017.07.15 23:11 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー加入のドイツ代表DFリュディガーが来日! ナイキ主催のトレーニングセッションで指導!

▽15日、ナイキが主催するトレーニングセッションが千葉県内のグラウンドで行われた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ナイキが発売した新スパイク『ティエンポ レジェンド 7』を着用し、今夏ローマからチェルシーへと移籍したドイツ代表DFアントニオ・リュディガーがゲストコーチとして登場。「世界と戦うために必要なこと」をテーマに、トレーニングセッションを行った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽トレーニングは、市立船橋高校サッカー部のBチーム、千葉トレセンU-12を対象に、2部構成で実施。市立船橋高校サッカー部は、攻撃と守備の2vs2からスタートした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽選手たちのプレーぶりを見たリュディガーは途中でトレーニングを止めアドバイス。「5分間見ていて、体が強いなと思ったが、チャンスがあればボールを奪おうという姿勢は素晴らしい。抜かれた時は、GKと連携して外に追い出そうとしていた。頭を使ったプレーをしているのは素晴らしい」とコメント。選手たちに守り方のポイントを伝える熱心ぶりを見せた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽その後は、6vs6のミニゲームを実施。そこでもリュディガーは「ビルドアップの時に自信を持っている。相手の動き、ポジショニングを見て自信を持ってプレーしているように見えた」と守りの動きだけでなく、準備を含めた動作を評価。さらに、「高いレベルのサッカーではディフェンダーが繋げることは当たり前になっている。そこで良い判断ができる方が上回ることになる」と、判断のスピードがディフェンスには重要であると語っていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽トレーニングセッションの最後には、「このようにみんなにアドバイスをする時間をくれてありがとう。次は上のステージで会いましょう」とコメント。「常にハードワークを忘れないこと、そして相手やチームメイト、コーチなどにも敬意を払って取り組んでほしい」とメッセージを与え、全選手と握手をして周り、トレーニングセッションが終了した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽その後、千葉トレセンの小学生に向けたトレーニングセッションも実施。1vs1のトレーニングを行なった際にリュディガーは守り方を実演。対戦相手の小学生の動きを見た瞬間「彼は左利きか?」と質問すると、実際に左利きであり、「ディフェンダーは相手の利き足を瞬時に判断することが大事だ」とコメント。「彼の利き足が左とわかった瞬間に、左足を使わせないようにワンサイドを切ってしまう。ただ、逆サイドを開けすぎてはダメだ」と語り、実際に守り方を見せていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽リュディガーは、2つのトレーニングセッションを合わせて、約2時間指導。高校生、小学生とそれぞれに合わせたアドバイスに、選手たちは熱心に耳を傾けていた。 2017.07.15 22:30 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース