日本代表MF原口元気、DF太田宏介が一般参加者と神宮外苑をランニング!《NRC JUST DO IT.SUNDAY》2016.12.25 17:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽25日、ナイキは仲間と一緒に日曜日の街をランニングで楽しむNRC セッション「NRC JUST DO IT.SUNDAY」を実施。今回は日本代表MF原口元気(ヘルタ・ベルリン)、DF太田宏介(フィテッセ)が参加した。

▽午前9時半から始まったイベントは、表参道にある「NIKE+ RUN CLUB OMOTESANDO」からスタート。神宮外苑を回る約5kmのコースを抽選で選ばれた一般参加者約30名と共に原口、太田がランニングした。
(C)CWS Brains,LTD.
▽約40分間のランニングを終えて戻ってきた原口と太田は一般参加者と写真撮影。イベントの感想を語った。

原口元気(ヘルタ・ベルリン)
(C)CWS Brains,LTD.
「気持良く朝から走れました。みなさんも凄く良い笑顔で走っていたので、良い気持ちです。ありがとうございます」

太田宏介(フィテッセ)
(C)CWS Brains,LTD.
「クリスマスということで、みなさん予定がないのかなと(笑)。朝から一緒に走れて幸せでした。みなさん毎日走って、継続することが大事です。ナイキを盛り上げていきましょう(笑)」

コメント

関連ニュース

thumb

ナイキがクロアチア・オーストラリア・サウジアラビア・韓国・アメリカの2018年ナショナルチームキット発表!

▽ナイキは26日、2018年におけるクロアチア代表とオーストラリア代表、サウジアラビア代表、韓国代表、アメリカ代表のナショナルチームキットを発表した。 ◆クロアチア<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180426_27_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div>【大胆で美しいクロアチアの新しいキット】 クロアチア ナショナルチームの2018年のキットは、その憧れそのものを表現します。クロアチアで最も有名な視覚的要素を特徴とするこのキットは、世界のステージで常にダークホース的存在であるチームの地位を思い起こさせます。 ◆オーストラリア<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180426_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>【フットボールのパイオニアたちを讃えるオーストラリアの新キット】 従来使われてきたゴールドのシャツとグリーンのショーツの組み合わせとは大きく異なり、全身をゴールドで揃えた2018ホームキットは、ロシアに向かう代表チームの若き才能たちの活躍を促す鮮やかな励ましとなります。 ◆サウジアラビア<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180426_27_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>【希望に溢れる影の存在】 2018サウジアラビアのホームキットは、アメリカで16強に残った1994年の代表チームに思いをいたすデザインです。鮮やかな白のジャージ、ショーツとソックスを緑のトリミングで仕上げています。 ◆韓国<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180426_27_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>【新鮮で韓国そのものの2018年レッドデビルズのコレクション】 チームの中に見られるスタイルとスキルの融合が、2002年以来の活躍を見せてくれるとの期待を高めると同時に、この国のフットボールの新しい時代を性格づけています。そんな背景にふさわしく、代表チームのコレクションは新しい考えを持つ現代の韓国を表現したものになっています。 ◆アメリカ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180426_27_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>【USサッカーの新世代が発動に備える】 チームの進化を進めるべく若手が揃ったアメリカ ナショナルチームの特徴は、2018年の新しいコレクションにも表現されています。ホームキットのストライプは赤から青に変わって行きます。斜めに色が走る青は、長年アメリカのユニフォームキットに用いられている斜めがけのたすきのようなデザインを思わせる抽象的な表現です。アメリカ国旗に現代的解釈を施し、スピードを表現しています。 2018.04.26 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表の新キットはより鮮やかな“サンバゴールド”

▽ナイキは、ブラジル代表の新ユニフォームを発表した。 ▽ブラジルは1954年からイエローのホームジャージーを着用。しかし、ずっと同じ黄色というわけではない。今年は、過去20年使用してきたカラーよりもさらに鮮やかなサンバゴールドのキットを着用する。 ▽しっかりと色を判断するため、デザイナーたちは色布のサンプル本をサンパウロのフットボール博物館に持参し、試合が初めてカラーで中継された1970年のメキシコで用いられたイエローを確認した。 ▽「明るく鮮やかなブラジルのイエローと、チームのプレースタイルが相まって、世界中の視聴者に大きなインパクトを与えました」とナイキフットボールアパレルのシニアデザインディレクター、ピート・ホピンズは語る。「フットボールの歴史に残る大変印象的な瞬間の一つとも言えます。その時のエネルギーを2018ナショナルチームコレクションに伝えたいと考えました」 ▽そのエネルギーは、ブラジル特有の濃密なカルチャーの象徴でもあり、強力なプレースタイルの原動力にもなっている。「ブラジル人であるということは、リズムを、つまりある種の動きを身に備えているということです。それはダンスにも、アートにも、そしてもちろんフットボールピッチでも見られます。そのようなプレーをするのはブラジル人に限られます」とホピンズ氏。コレクションの端々に、鮮やかなカルチャーが感じられる。 ▽ホームとアウェーキットの首の内側には、国旗にもある地球儀が、その周りに伸びるラインに囲まれています。‘você é a seleção’(「みんなに選ばれた代表」)という言葉がそのデザインの周りに記されている。 ◆サンバゴールドのホームキット 鮮やかで大胆なカラーは、1970 年メキシコで優勝したことを思い返させます。首裏側のテープにあるブルーは50 年ぶりにホームに採用されたカラーです。 ◆ソアーブルーのアウェーキット チームクレストを中心に広がるモザイク状の星の模様は、チームの2つの大切な「初めて」にちなんだものです。1つは、初めてブルーのキットを着た事(1958年の対スウェーデン戦)、2つ目はその大会で優勝し、初めての星をとった事です。 ▽トレーニングアパレル、プリマッチギア及びアンセムジャケットも含む2018ブラジルナショナルチームコレクションは商品を一部除いてnike.com 並びに一部専門店で4月27日より発売される。 2018.03.29 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表と今夏対戦のポーランド代表新キットが発表

▽ナイキは、ポーランド代表の新キットを発表した。 ▽今夏、日本代表と対戦するポーランド代表のホームとアウェージャージー(アウェー日本未展開)は、両方のジャージにスピードブラー(スピードによる残像)をイメージしたグラフィックが用いられ、チームに根付く伝統と現在における力強さがバランスよく感じられる。 ▽ファンも専門家も、イーグルズはすでに飛躍したと認めています。スター・ストライカーでありチームキャプテンのロベルト・レヴァンドフスキも同意見だ。「ポーランドは今、とても良い選手を多く抱えた良いチームです。良い試合もできるし、ポテンシャルも十分あります」 ▽ポーランドは、最高峰の世界トーナメントには12年間姿を見せていなかったものの、夏のロシア大会への出場を他の8カ国と同様グループ首位で決めた。国際的にも、彼らの飛躍は証明されています(2013年のランキング78位だったものが、2018年には7位に)2016年フランスの準々決勝で、20年ぶりのグループステージ通過を決めたイーグルズの活躍や、ストライカーのロベルト・レヴァンドフスキの飛躍(ロシアでの予選では史上最多の16ゴールを決めています)は、ポーランドの前途を再び明るく照らすいくつかの理由のたった2つにすぎませんが、世界大会で3位の地位を勝ち取った1974年と1982年の黄金世代との比較は今や避けられない。 ▽赤いトリムのついたVネックベースの首のラインには、背中心にポーランドの紋章を用いた通気性のあるテープが配されています。ピョートル・ジエリンスキ、アルカディウシュ・ミリク、カロル・リネティなどのブレイク目前のスターを含む、粒揃いの才能が揃ったチームがレヴァンドフスキを支える。チームは、ポーランドの攻撃力やプレイヤーを支える熱烈なサポートを祝福する新しいコレクションを、ロシアで着用する。 ▽「デザインは、国の重要なシンボルで、ナショナルチームのバッヂにも用いられているイーグルに抱く国民の誇りに着想を得ています」と、ナイキフットウエアアパレル・シニアデザインディレクターのピート・ホピンズは説明する。「2年前のフランスで伝えたストーリーは、イーグルの台頭でした。2018年の今、イーグルは高く翔び上がっています。ポーランドはもはや甘く見ることができない、強烈な雑草根性を持ったチームです」 ▽キットのデザインのベースには、胸の部分の斜めのパターンでイーグルを表現しています。ホームキットではホワイトとプラチナグレー、アウェーキット(日本未展開)では濃さを変えた2つの鮮やかなレッドで描かれたグラフィックには、戦いを切り抜けてきたワシの誇りが表現されている。2018ポーランドフットボール代表コレクションでは、機能性と美しさでスピード感を高める、ファスト・フィット・ヴェイパーニットキットが特徴的存在となっている。コレクションはnike.comと一部小売店で4月27日から発売となる。 2018.03.23 20:18 Fri
twitterfacebook
thumb

欧州王者のポルトガル代表新キットは、ゴールドとキネティックグリーンが輝く

▽ナイキは、2016年の欧州王者であるポルトガル代表の新キットを発表した。 ▽2年前フランスで初めての大陸王者のタイトルをとったポルトガルは、この夏、ヨーロッパ覇者としてその地位にふさわしいコレクションを身にまとってロシアに向かう。ホームキットはリッチでポルトガルらしい美しさに加えて、歴史的勝利を象徴するゴールドを散りばめています。 ▽「2年前の勝利にインスピレーションを受けたコレクションです。」と、ナイキフットボールアパレル担当シニアデザインディレクターのピート・ホピンズが述べる。「現代の王者というコンセプトが、とくにホームキットに明確に表現されています。ルイス・フィーゴからクリスティアーノに至るまで、ポルトガルにはチームを団結させ、引っ張って来たアイコニックな選手が何人も存在します」 ▽この現代の王者というコレクションのテーマにふさわしいプレイヤーをひとり選ぶとしたら、それは記録的得点を遂げ、大きな試合を経験し、チームメートや国民からも厚く信頼されるリーダーとしての資質をもったポルトガル代表キャプテンだろう。「ロナウドはポルトガルにとってのヒーローです。この新しいチームを率いる、フットボールの現代の王のストーリーを伝えたいと考えました。」とホピンズは述べる。 ▽ロナウドは王位を維持する一方、ジョアン・マリオ、アンドレ・シウバ、ジェルソン・マルティンスなどの若手の台頭がポルトガルの未来を明るくしている。「ホームキットでは、ポルトガルの現状を祝福しつつ、アウェーキットは未来そのものを表現しています。ポルトガルは冒険者の国であり、それはフットボールへの情熱や姿勢にも共通するものがあります」とホピンズは述べる。アウェーキットは、大航海時代の歴史にちなんだシンボルを使い、新しい才能を求めて止まない意欲を表現している。 ▽チームのプリマッチジャージーも同じテーマで、前身頃全体に国旗にある大きなポルトガルの十字をあしらっている。トレーニング及びライフスタイルアパレルを含む2018ポルトガルフットボール代表コレクションは4月27日からnike.comや一部専門店で発売となる。 2018.03.23 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

“レ・ブルー”の新キットは気品とイノベーションを生み出すもの

▽ナイキは、フランス代表の新キットを発表した。 ▽ホームとアウェーの両方のキットの首の後ろにはトリコロールのテープが添えられ、バッジの内側には“Nos Differences Nous Unissent”(違いが団結を生む)の言葉が記されている。(フランスの地形を表現する)6 角形の中に記されたこの言葉は、フランスチームや、チームを応援する都市、街、地域に存在する多様な文化を祝福するものとなっている。 ▽全身でトリコロールを表現するホームキットの特徴は、首周りの洗練されたデザインです。2018年、フランスフットボール協会(FFF)は、このような二元的カルチャーを基本に、国の誇りの象徴として長く愛される三色旗を現代的に表現しています。「フランス人は国旗で愛国心を表現します。そこで、私たちは青・白・赤の三色が人々を結びつける事を讃えたいと考えました」と、ナイキフットボール・アパレル、シニア・デザインディレクターのピート・ホピンズは説明した。 ▽国旗の色を使った表現は、フランスのもう一つの特徴である、気品のあるスタイルというフィルターにかけられている。全身でトリコロールを描いたホームキットには、洗練された襟元のデザインを用いており、ボタンにはエンボス加工で国の標語の“Liberté, Egalité, Fraternité”(自由、平等、博愛)が記されている。色と形の組み合わせが現在のチームにもふさわしい「恐ろしいほどの気品」を生み出すと、ホピンズは述べている。 ▽2018年のフランスのアウェーシャツには、3つの色を分解して使っています。ホームキットが三色旗をそのまま讃えたものであるとすれば、アウェーキットは対照的にそれを分解して表現したものと言える。一見すると白の無地シャツに見えますが、近づいてみると全体に赤と青の斑が入る細かい編み目が見られる。「ニット技術の限界に挑戦し、糸、色や出来上がる素材のユニークな可能性を見出しました。結果美しいものが出来上がりました」とホピンズは述べた。限界に挑戦するという文化的伝統も、フランスアール・デコの建造物を参考に作られた新しい背番号の字体や、2018FFFコレクションのその他のガーメントにも表現されています。 ▽試合前には、フランスファッションを代表するアイコニックな青と白のボーダーのウォームアップシャツがひときわ目立つ存在となる。コレクションのもう一つ興味深い特徴は、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」を斉唱する時についても配慮してある点。チームがピッチに並ぶ時、同じ数のプレイヤーが赤、白、青のジャケットをそれぞれ着用することで、国旗の色が再現されるようにしている。 ▽2018年フレンチ・フットボール・フェデレーション・コレクションはnike.comと一部小売店で4月27日から発売となる。 2018.03.23 20:08 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース