ハリルホジッチ、UAEへのリベンジ&W杯切符獲得を誓う 「サポーター、メディア、全員で成功を」《日本代表2017年スケジュール発表会見》2016.12.22 19:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は22日、各日本代表の2017年における年間スケジュールを発表した。

▽会見に出席したSAMURAI BULEのヴァイッド・ハリルホジッチ監督は2016年の戦いを振り返りつつ、来年に向けた意気込みを口にした。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(SAMURAI BULE)
「ここに集まってくれたみなさんに感謝申し上げます。みなさんに2017年の良い新年を迎えて欲しいですし、みなさんも成功して欲しいです。各代表カテゴリにはそれぞれの目標を達成してもらいたい。2017年は大事な大会が各カテゴリにある。そして、全ての関係者が助け合って良い結果を出したいと思う」

「まずはJFAの会長をはじめ、A代表に関わるスタッフ、ここまでJFAを愛してくださっているスポンサーのみなさん、ここまでサポートしてくださっていることにこの場を借りて感謝したいと思う。我々の成功はすべての関係者の成功でもある。各代表がここまで成し遂げた成果、2016年はかなりの成功をしたと思う」

「U-19世代、U-17世代もそうだ。フットサルもそうだ。ビーチサッカーもだ。特にここ数年の女子の結果は目を見張るものがある。男子もなでしこと同じ結果を出したい」

「西野(技術委員長)からも発表があった通り、UAE戦でほっぺたを叩かれた。この試合に関してはまだフラストレーションが溜まっている。この叩かれた気持ちはまだまだある。それもあるので、3月に早くやり返したい気持ちだ。アウェイは3試合ある。中東である」

「中東の国はここ最近かなり伸びている。ホームではかなりのプレッシャーをかけてくると思う。試合に向けた準備はすでに始めている。フットボール界に長く身をおいて感じていることは、初めて最終予選を経験したわけではないが、良い思い出ばかりではない」

「特に、審判の笛には苦い思い出がある。この笛の吹き方は、正確に、最終予選に相応しい笛を期待したい。それに関しては注意深く見守っていきたいと思う。色々なサプライズが起こると思うので注意したい」

「来年のプログラムに関しては色々なディスカッションを重ねている。2016年の最後の半年は、かなり厳しい物があった。特に海外組を沢山抱えているので、残念ながらプレー回数が少なくパフォーマンスが上がらない選手が何人かいた」

「このシチュエーションをしっかりとコントロールしないといけない。本当に調節が必要だ。そのためには沢山の経験も必要だ。このシチュエーションをコントロールするのに、かなりの能力が必要となる」

「ただ、この難しさがあるにも関わらず楽観的でもある。私は勝ちたい人間なので、すでに2カ国ほど最終予選を勝ち抜かせている。特にA代表には愛着がある。このSAMURAI BLUEに関わる選手たちは本当に素晴らしい選手ばかりだ」

「A代表で良いことがたくさん起きている。雰囲気は本当に素晴らしい。日本のフットボールはもっと発展すると思う。新しいことも試した。現代フットボールも経験した。ハイレベルも経験した」

「SAMURAI BLUEがFIFAランキング45位にとどまっていいのでしょうか。日本という大国のことを考えれば、そこで良いということにはならない。経済大国でもあり、フットボールがFIFAランキングの3部にいてはいけない」

「そこを上げるために、みなさん、サポーターもメディアも含めて全員で成功しなくてはいけない。最終予選というのは、国を挙げてのサポートが必要となる。本大会に行けることができれば、ツーリストとして行くわけではない。まだまだしっかり全員で仕事をしてトレーニングをして目的を達成したい」

コメント

関連ニュース

thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】鈴井コーチ誕生の経緯

▽今週は先週に引き続き、JFLから関東リーグに降格したブリオベッカ浦安のコーチに就任した鈴井智彦くんを紹介したい。今年で46歳になる彼の指導者としてのスタートは、09年にFC琉球のヘッドコーチから始まった。JFA(日本サッカー協会)公認A級コーチの資格を取得し、その後は秋田 U-18 監督やアカデミーダイレクター、栃木のスカウティング、大分U-18の監督などを歴任し、今シーズンから浦安のヘッドコーチに就任した。 ▽彼と初めて出会ったのは、東海大学を卒業する前だった。静岡学園、東海大とサッカーの名門校を歩み、大学時代はレギュラーではなかったものの、草サッカーでは群を抜いていた(当然ではあるが)。 <span class="split"></span> ▽そんな彼が、当時務めていたサッカーダイジェストに入社を希望していると、部下だった金子達仁くんから相談を受けた。金子くんは、東海大のエースで、その後はGK大阪でプレーし、現在は宮大工をしている礒貝洋光くんと親交が深かったため、礒貝くんを通じて鈴井くんを紹介されたのだった。 ▽会ってみると、とても素直な好青年だった。そのまますんなり入社が決まったものの、サッカー一筋の人生だったため、記者・編集者としては金子くんや上司で現在はフリーの記者として活躍している戸塚啓くんから厳しい指導を受けた。 ▽そんな彼の転機となったのは、やはり金子くんの存在が大きかったのだろう。金子くんは95年の結婚を契機にダイジェストを退社し、憧れだったヨハン・クライフが監督を務めるバルセロナへ移住する。バルセロナには当時、専門誌の契約カメラマンが長く在住していたため、その縁もあって移住しやすかった。 ▽そんな金子くんを追って、同年には羽中田昌くんが指導者を目指してバルセロナへ旅立つ。さらに翌年、鈴井くんも「記者ではなくフォトグラファーになりたいんです」と相談を受け、ダイジェストを辞めた。 ▽その後、鈴井くんは08年までバルセロナに滞在し、フォトグラファーだけでなくスポーツライターとしてもナンバーなどで活躍。帰国後は金子くんが経営に関わっていたFC琉球の広報としてチームを支えていたが、いつのまにか指導者の道に転身し、J2の複数のチームを渡り歩き、今シーズンから浦安のヘッドコーチに就任した。 ▽思い起こせば金子くんの後を追ってバルセロナに渡った羽中田くんと鈴井くんが、同じチームで夢を追うのは当然のことかもしれない。2人とも指導者として成功を収めたとは言い切れないが、だからこそ浦安で頑張って欲しいと願わずにはいられない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.02.19 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

U-17日本代表、UAE遠征メンバーを発表 G大阪ユースのMF岩本翔が招集

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、UAE遠征に臨むU-17同国代表メンバー20名を発表した。 ▽メンバーリストを見ると、ガンバ大阪ユースのMF岩本翔が招集。U-17日本代表は23日に出発し、3月3日まで遠征を行う。 ▽遠征先でUAEフットボールカップに参戦。U-17ロシア代表(26日)、U-17UAE代表(28日)、U-17バーレーン代表(3月2日)と対戦する。 ◆U-17日本代表メンバー GK 三井大輝(名古屋グランパスU-18) 板橋洋青(サガン鳥栖U-18) DF 山崎大地(サンフレッチェ広島ユース) 橋本柊哉(市立船橋高校) 岩井龍翔司(横浜F・マリノスユース) 木村誠二(FC東京U-18) 馬場晴也(東京ヴェルディユース) 半田陸(モンテディオ山形ユース) 畑大雅(市立船橋高校) MF 岩本翔(ガンバ大阪ユース) 松田詠太郎(横浜F・マリノスユース) 山崎稜介(清水エスパルスユース) 松本凪生(セレッソ大阪U-18) 鮎川峻(サンフレッチェ広島ユース) 小林夏生(横浜F・マリノスユース) 山本理仁(東京ヴェルディユース) FW 藤尾翔太(セレッソ大阪U-18) ブラウンノア賢信(横浜F・マリノスユース) 宮城天(川崎フロンターレU-18) 斉藤光毅(横浜FCユース) 2018.02.19 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

最新FIFAランキング!日本代表は1つ上げるもアジア3番手は変わらず…

▽国際サッカー連盟(FIFA)は15日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽前月56位の日本代表は、ランキングを1つ上げて55位となりアジア3位をキープ。アジア1位のイラン代表は1つ上げて33位、一方、2位のオーストラリア代表は36位をキープした。 ▽今回も全体での大きな変化は見られず、1位から17位までは変動なし。18位にはランキングを2つ上げたアイスランド代表が入り、スウェーデン代表とウェールズ代表が順位を1つずつ下げている。 ▽また、3月に日本との親善試合が決定しているマリ代表はランキングを2つ上げ69位、一方、ウクライナ代表はかわらず35位に位置している。 ◆<span style="font-weight:700;">1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)</span> 1.ドイツ(1) 2.ブラジル(2) 3.ポルトガル(3) 4.アルゼンチン(4) 5.ベルギー(5) 6.スペイン(6) 7.ポーランド(7) 8.スイス(8) 9.フランス(9) 10.チリ(10) 11.ペルー(11) 12.デンマーク(12) 13.コロンビア(13) 14.イタリア(14) 15.クロアチア(15) 16.イングランド(16) 17.メキシコ(17) 18.アイスランド(20) 19.スウェーデン(18) 20.ウェールズ(19) 21.オランダ(21) 22.ウルグアイ(22) 23.チュニジア(23) 24.アメリカ(25) 25.コスタリカ(27) 26.北アイルランド(25) 27.セネガル(24) 28.スロバキア(28) 29.オーストリア(29) 30.パラグアイ(31) 31.アイルランド(32) 31.スコットランド(32) 33.イラン(34) 34.セルビア(37) 35.ウクライナ(35) 36.オーストラリア(36) 36.ルーマニア(40) 38.トルコ(41) 39.コンゴ(43) 40.ブルガリア(42) 41.ボスニアヘルツェゴビナ(38) 42.モロッコ(39) 43.エジプト(30) 44.モンテネグロ(46) 45.ギリシャ(47) 46.チェコ(48) 47.ボリビア(49) 48.ベネズエラ(52) 49.ハンガリー(54) 50.ジャマイカ(55) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(33) 2.オーストラリア(36) 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本(55)</span> 4.韓国(58) 5.サウジアラビア(64) 6.中国(68) 7.ウズベキスタン(72) 8.パレスチナ(73) 9.シリア(75) 10.UAE(78) 2018.02.15 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】羽中田さんと鈴井コーチの巡り合わせ

▽今週は、ちょっと地味だが2016年にJFL(ジャパン・フットボールリーグ)に昇格したものの、2017年は年間15位で再び関東リーグに降格したブリオベッカ浦安について取り上げたい。元日本代表DF都並敏史さんの長男がプレーしていたクラブで、2014年には都並さんもテクニカルダイレクターに就任し、チームはJ3昇格を目指していた。 ▽監督の齋藤芳行さんは、都並さんが仙台やC大阪、横浜FCの監督を務めていた時のヘッドコーチで、都並さんの右腕とも言える参謀だった。しかし2017年は成績不振によりシーズン途中で解任される。後任には、都立石神井高校初のJリーガーで、松本山雅ユースのアドバイザーを務めていた柴田峡を招へいしたが、浮上のきっかけをつかめないまま契約満了で退任した。 ▽再び関東リーグでJFL昇格を狙うチームの監督を任されたのが、讃岐などの監督を歴任した羽中田昌(はちゅうだ まさし)さんだった。羽中田さんのプレーを初めて見たのは彼が韮崎高校1年の時の選手権だった。大宮サッカー場で行われた試合では、泥田のようなピッチコンディションでも足に吸い付くようなドリブルに度肝を抜かれた。羽中田さんと同学年の保坂孝さんもドリブルを得意とする大型ストライカーで、2人は将来を多いに嘱望されたものだ。 <span class="split"></span> ▽残念ながら高校選手権ではベスト4が1回、準優勝が2回と頂点に立つことはできなかった。そして羽中田さんはバイクを運転中に転倒し、脊髄損傷で車椅子での生活を余儀なくされた。一度は山梨県庁に勤めたものの、1993年のJリーグ開幕に刺激を受けて指導者の道を志す。選んだのは憧れの選手ヨハン・クライフが指揮を執るバルセロナだった。 ▽1995年に行われたスペイン留学の送別会にはセルジオ越後氏も出席し、羽中田さんのことを「彼は僕のチェアー(椅子=車椅子)マンです」と、川淵チェアマンにひっかけて紹介したことを今でも覚えている。 ▽帰国後はたゆまぬ努力でS級ライセンスを取得。身体障害者としては史上初の快挙だった。その後は讃岐の監督や、関西1部リーグの奈良クラブ(現JFL)、東京23FC(関東リーグ)の監督を歴任し、東京23FCでは関東リーグで優勝したが(2016年)、地域CLは1次ラウンドで敗退してJFLの昇格はかなわなかった。 ▽そんな羽中田さんが、再び指導者として関東リーグのブリオベッカ浦安を率いてJFL昇格に挑戦する。讃岐時代は四国リーグで優勝し、奈良クラブでは関西1部リーグで2位までチームを躍進させた。東京23FCでも関東リーグで優勝したものの、いつもその先の“壁”を破れずにいるのは、羽中田さん自身が一番歯がゆく感じていることだろう。 ▽捲土重来がなるか。彼とは出会ってから40年近くが経ち、毎年交換している年賀状には近況報告と同時にいつも抱負が添えられている。思い返せば高校選手権から彼のサッカー人生は挫折の連続だった。高校選手権では、破れた試合後のロッカールームで悔し泣きしていている羽中田さんと保坂さんを3年間取材した(当時はロッカールームでの取材はフリーだった)。 ▽それでも何度となく立ち直り、新たな試練に挑んでいる。地域リーグやJFLの苦労を熟知しているだけに、ブリオベッカ浦安での成功を願わずにはいられない。 ▽そして羽中田監督を補佐するコーチに、鈴井智彦氏が就任したのにも驚かされた。彼は東海大学を卒業後、サッカーダイジェストへの入社を希望したため面接をし、編集部員として採用した。その後は紆余曲折を経ながらもサッカー界で仕事を続けたが、まさかブリオベッカ浦安のコーチとして羽中田監督をサポートするとは予想外の出来事だった。 ▽そんな鈴井氏についての話は長くなるので、来週のコラムで紹介したい。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.02.12 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アジア奪還を目指した日本が世界3位のイランに屈する…《AFCフットサル選手権》

▽フットサル日本代表は11日、AFCフットサル選手権チャイニーズ・タイペイ2018決勝でフットサルイラン代表と対戦し、0-4で敗れた。 ▽前回大会の準々決勝でフットサルベトナム代表に敗れた日本は、続く5位決定プレーオフ準決勝でもフットサルキルギス代表に敗れ、フットサルワールドカップ(W杯)出場が断たれた。2020年のW杯に向けて再スタートを切った日本は、グループステージで3連勝を飾り、準々決勝ではフットサルバーレーン代表、準決勝ではフットサルイラク代表に勝利して2大会ぶりの決勝へと駒を進めている。 ▽対するイランは、過去14大会で11度の優勝を誇るアジアの強豪。決勝までの5試合すべてに勝利し、46ゴールを奪うなど破壊力を持っている。なお、日本はこの大会でこれまでに3度優勝しており、全ての優勝は日本とイランで分け合っている。その歴史は今大会も続くこととなった。さらに両チームは2014年大会の決勝で対戦しており、その一戦は2-2の末に迎えたPK戦で日本が3-0で勝利し2大会連続3度目の優勝を果たしている。 ▽日本にとっては前回大会で止めてしまったフットサルの時間を再び動かすために大事な一戦。ブルーノ・ガルシア監督はGKピレス・イゴール、FP森岡薫、FP西谷良介、FP滝田学、FP逸見勝利ラファエルをスタメンに送り出した。これまでの5戦同様に、日本は前線から積極的にプレスを仕かけてイランの自由を奪いにかかる。しかしイランも日本と同様に前線からディフェンスを仕かけ、フィジカルを活かした攻撃で日本を押し込んでいった。 ▽日本は4分に差し掛かる頃にセットを入れ替える。FP吉川、FP室田、FP齋藤、FP清水の4人が登場すると、早々に吉川が右サイド高い位置でボールを奪いシュートを放っていった。さらに日本は、相手のセットプレー時にはFP星、FP滝田、FP皆本、FP吉川のセットに代えて、イランの攻撃に粘り強く対応するなど攻守で主導権を握りにかかる。 ▽7分にはFP星、FP皆本、FP仁部屋、FP吉川の3セット目を送り出す。すると高い位置でボールを奪い切った星が右足でシュート。これはGKに止められ、こぼれ球を拾った吉川から再び星が狙うが、日本はこのチャンスを決め切れない。さらに11分には室田がドリブルでボールを運んで中央の清水にパス。清水はフリーでシュートを放ったがGKの正面に飛ばしてしまい、日本は2度目のチャンスも決め切れない。 ▽17分にもさらに決定機。GKピレス・イゴールを使ったプレス回避から、西谷がゴール前に入れた斜めのパスに、裏から走り込んだ滝田がボックス右でダイレクトシュートを狙う。しかしボールはクロスバーを叩き、またもゴールとはならず。19分には左サイドでドリブルを仕かけた逸見から仁部屋にボールが通り、ダイレクトで狙うが決め切れず。すると前半終了間際、GKピレス・イゴールのクリアランスが相手に渡ると、その流れのカウンターで左サイドを突破したハサン・ザデが角度のない位置から流し込み、イランが先制して前半を終えた。 ▽チャンスを作りながらも先に失点してしまった日本は、森岡、西谷、滝田、逸見と前半と同じメンバーが後半のピッチに立った。しかし開始早々にはイランが右サイドのシュートパスをファーで合わせようとした攻撃にピンチを迎える。危ない場面だったがここはGKピレス・イゴールがなんとかブロックした。迎えた22分、右サイドの深い位置で起点を作られると、その折り返しをタバコリにけり込まれて2点目を失った。 ▽失点後から日本は星、皆本、吉川、室田のセットに変えると、流れを引き寄せる。23分には右サイドで仕掛けた室田のシュート性のパスがゴール前に入り、星が合わせにかかるがボールには触れられず。それでも再び前からのプレスが機能し始めて、日本がチャンスを作り出す。29分には星のポストプレーから吉川が左足で狙っていったが、GKがパンチングで弾き出した。 ▽日本に流れが傾きつつあった中、23分にカウンターから再びハサン・ザデに3点目を奪われる。早く点が欲しい日本だが、時間だけが刻一刻と経過。すると残り5分25秒から皆本をGKに置いたパワープレに移行。日本は底辺に仁部屋と吉川が並び、右に星、左に皆本、中央に清水が構える形で入るがチャンスを作れず。すると残り3分2秒からは皆本を森岡に代え、底辺に室田、右に逸見、右奥に西谷、左に森岡、左奥に渡邉を置く形に変える。しかし残り35秒にはイランにパワープレー返しを決められ試合は終了。日本を下したイランが2大会連続12回目の優勝を達成した。 日本 0-4 イラン 【イラン】 ハサン・ザデ(前20) タバコリ(後2) ハサン・ザデ(後3) タイエビ(後20) 2018.02.11 21:36 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース