ベスト16でバイエルンと4度目の対戦となったヴェンゲル「歴史を変える」2016.12.13 13:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の抽選結果についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。

▽今シーズンもチャンピオンズリーグに臨んだアーセナルは、最終節でパリ・サンジェルマンを抜き、グループAを首位通過。ベスト16に勝ち進んだが、抽選の結果ブンデスリーガ5連覇を目指すバイエルンとの対戦が決定した。

▽アーセナルは、2000年以降のCLでバイエルンと10度対戦。アーセナルの3勝、バイエルンの5勝と分が悪い。また、決勝トーナメント1回戦では2004-05、2012-13、2013-14シーズンと3度対戦し、全てバイエルンの前に敗退となっている。また、ここ6シーズンは全てベスト16で敗退しており、アーセナルにとっては鬼門で再び難敵と対戦することとなった。

▽ヴェンゲル監督は再びバイエルンとの対戦となった抽選結果についてコメント。「歴史を変える」とコメントした。

「過去の多くの場合、我々はホームでプレーするポジションに居た。なんとか違いを生み出そうとし、10分後にはゴールを決めるが、その後にはいつも「あぁ…」とみんなが思ったであろう。今回のアドバンテージは、最初にアウェイゲームを行えることだ」

「もし、我々がアウェイで良い結果を残すことができれば、手助けとなるだろう。初戦を良い形で終え、ホームで任務を終えることができる」

「歴史を変えること、そして作ることが重要だ。過去に起こったことを変える必要がある。より良いものにするよ」

「私はチャンピオンズリーグで良い位置に居ること、そして高い信念を保つことへの最良の方法を教える必要がある。私はそれが肝心なことであると確信しているよ。なぜなら、我々には経験があるからだ」

コメント

関連ニュース

thumb

【レジェンドチーム回顧】アーセン・ヴェンゲルの偉大な足跡…アーセナル “インビンシブルズ”〜2003-2004〜

▽20日、アーセナルはアーセン・ヴェンゲル監督の退任を発表。1996-97シーズンから指揮を執っていたヴェンゲル監督は、2017-18シーズンの終了を以って、22年間の歴史に幕を下ろす決断をした。 ▽ヴェンゲル監督は、アーセナル在籍期間中に3度のプレミアリーグ優勝、7度のFAカップ優勝を成し遂げた。中でも、魅力的な攻撃サッカーでプレミアリーグを席巻し無敗優勝を果たした2003-04シーズンの勇姿は語り草となっている。 ▽そこで今回は、当時のアーセナル黄金期のチームを過去の特集から再掲して紹介。2003-2004シーズンにプレミアリーグ無敗優勝を成し遂げた“インビンシブルズ”を紹介する。 <div style="text-align:center;"><span style="font-weight:700;">【2003-2004シーズン】〜インビンシブルズ〜</span></div> <div style="text-align:center;"><span style="font-weight:700;">◆基本布陣◆ [4-4-2]</span></div><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180114_52_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:イェンス・レーマン DF:ラウレン、コロ・トゥーレ、ソル・キャンベル、アシュリー・コール MF:フレデリク・リュングベリ、パトリック・ヴィエラ、ジウベウト・シウバ、ロベール・ピレス FW:デニス・ベルカンプ、ティエリ・アンリ 監督:アーセン・ヴェンゲル(53)※当時<hr>攻撃力8:★★★★★★★★☆☆ 守備力9:★★★★★★★★★☆ タレント8:★★★★★★★★☆☆ 連係10:★★★★★★★★★★ 選手層8:★★★★★★★★☆☆<hr><span style="font-weight:700;">【シーズン実績】</span> <span style="font-weight:700;">◆プレミアリーグ史上初の無敗優勝</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180114_52_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽このシーズン、ヴェンゲル監督の下で、アンリやピレス、ヴィエラ、ヴィルトールなど多くのフランス人選手を擁したアーセナルは、26勝12分0敗という素晴らしい成績でプレミアリーグを制覇。勝ち点90を獲得し、2シーズンぶりとなる優勝を見事に無敗で達成した。その圧倒的な強さから、当時のチームは “インビンシブルズ”(=無敵の集団)と呼ばれた。 ▽前シーズンから続けていたリーグ戦無敗記録は結局、翌2004-05シーズンまで継続。10月にマンチェスター・ユナイテッドに敗れるまで、実に49試合にわたる無敗記録を樹立した。なお、この記録は現在でもプレミアリーグレコードとして燦然と輝いている。ちなみに、無敗記録が途絶えた試合でゴールを奪われたルーニーはアーセナルにとって天敵。アーセナルは2002年にも、当時の記録だった30試合無敗をルーニーのプレミアリーグ初弾でストップさせられていた。 ▽プレミアリーグでは2位チェルシーに勝ち点11差を付ける圧倒的な強さを披露したアーセナルだったが、FA杯とリーグ杯は惜しくも準決勝で敗退。また、CLでも準々決勝でチェルシーに2戦合計2-3で敗れ、ダブル達成とはならなかった。 <span style="font-weight:700;">【チーム紹介】</span> <span style="font-weight:700;">◆完璧な流動性</span> ▽システムは一貫して、中盤がフラットなイングランド伝統の4-4-2を採用。特長は、何といっても攻撃陣の流動性だ。左サイドハーフを務めるピレスは右利きのテクニシャン。そのため、カットインしながらゲームメークを担当した。ピレスに縦の力がない分、左サイド深くのスペースを活用したのは、2トップの一角を務めるアンリだった。元々、左ウイングだったアンリはピレスがカットインすると左サイドに流れてボールを受け、縦突破からクロスを送るのが得意の形だった。 ▽また、ゲームメークを担当するピレスとは対照的に、右サイドではリュングベリが激しいオフ・ザ・ボールの動きでアクセントを付けた。とりわけ、飛び出しの能力は秀逸で、巧みなラインブレイクから幾度もゴールに迫った。そして、アンリとコンビを組んだベルカンプも、熟練のボールコントロールで相手DFを翻弄。ポストプレーやダイレクトプレーでアンリやリュングベリを巧みに操った。 ▽攻撃陣ばかりに注目がいくチームだったが、守備陣も安定していた。ヴィエラとジウベルト・シウバがコンビを組むセントラルMFは攻守のバランスが抜群で、フィジカルとテクニックを高いレベルで兼ね備えていた。また、キャンベルとコロ・トゥーレが組むセンターバックもソリッド。アシュリー・コールとラウレンを擁するサイドバックに関しても隙はなかった。シーマンの後継者となったドイツのレーマンは、ときおり見せる大胆なプレーが少し不安ではあったが、気迫のこもった好守が非常に目立っていた。 <span style="font-weight:700;">【ピックアップ・プレーヤー】</span> <span style="font-weight:700;">◆ティエリ・アンリ</span>(25)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180114_52_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽キャリア絶頂期に突入しつつあったアンリはこのシーズン、プレミアリーグで30ゴールを記録。公式戦では51試合に出場して39ゴール14アシストと、まさにチームの中心だった。また、2年連続でPFA年間最優秀選手賞、FWA年間最優秀選手賞をダブル受賞。PFA年間最優秀選手賞を2シーズン連続で受賞した初めての選手となった。なお、アンリは2001シーズンから5シーズンにわたって、アーセナルで公式戦30ゴール以上を記録し続けた。 2018.04.20 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

「アーセンに感謝を」フットボールを愛する全ての人々へ…ガナーズが声明

▽アーセナルのオーナーであるスタン・クロンケ氏が、アーセン・ヴェンゲル監督の退任に際してクラブ公式サイト上にメッセージを掲載した。 ▽アーセナルは20日、ヴェンゲル監督の退任を発表。オーナーを務めるクロンケ氏が、22年間の勇姿に感謝を示した。 「今日は、スポーツ界で数年の期間を過ごしてきたこれまでの中で最も困難な日々の1つだ。アーセナルに関わったメインの理由の1つは、ピッチの内外でアーセン(・ヴェンゲル)がクラブにもたらすものに起因していた。彼の長期政権と一貫性、最高レベルでの試合をこのような期間に渡り持続したことは、決して普通ではない」 「アーセンは比類ないレベルにあり、私たちはいつでも彼に感謝している。アーセナルやフットボールを愛する全ての人々は、彼からの恩恵を受けている。無敗優勝を含む3つのプレミアリーグタイトル、7つのFAカップトロフィー、特に20年間連続でのチャンピオンズリーグ出場記録。また、彼はこのクラブやイングランドフットボールのアイデンティティを、どのような試合ができるかというものに、自身のビジョンを持って変化させた」 「アーセンの抜きん出た在籍期間中、私たちはアーセナルの競技力や勝ち取るものを最大にするために彼のビジョンを尊重し、試合の中に最も重要な価値を見出し、高い野望を築いた」 「私たちは今、このシーズンを力強く終えるために集中しなければならない。そして、世界中の数百万人のファンの方々に、アーセナルの偉人として敬意を払うにふさわしいか、偉大な試合をする人物であるかどうか尋ねなければならない」 2018.04.20 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ヴェンゲル監督政権22年の歴史に幕…「特別にしてくれた人々に感謝」

▽アーセナルは20日、アーセン・ヴェンゲル監督(68)が今シーズン終了後に退任することを発表した。 ▽アーセン・ヴェンゲル監督は、1996-97シーズンからアーセナルの監督に就任。以来、プレミアリーグ3回、FA杯7回、イングランド・スーパーカップ6回の優勝を成し遂げた。特に、2003-04シーズンには26勝12分けの無敗でプレミアを制覇。リーグの歴史に名を刻んだ。 ▽しかし、今シーズンはプレミア第33節終了時点で6位と奮わず。不振が騒がれ、22シーズンの間指揮を執ったクラブを去ることとなった。 「熟慮とクラブとの議論を重ねた結果、このシーズンの終わりが退くのに良い時期だと感じた」 「とても長く思い出に残る数年間、このクラブに貢献する特権を持つことができたことに感謝する」 「スタッフ、選手、ディレクターやファン、このクラブをこれ程特別にしてくれた人々に感謝したい」 「高い順位で終えるため、ファンの方々にはこのチームを背後で支えてくれることを強くお願いする」 「全てのアーセナルを愛する人々が、このクラブの価値を大切なものにする」 「私の愛情とサポートは永遠に」 ▽なお後任について、アーセナル側は可能な限り早急な確保を目指しているが、実際の任命までに詳細を明かすことはないと伝えている。 2018.04.20 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア昇格のウルブス、今夏ウィルシャーをフリーで獲得か

▽来季のプレミアリーグ昇格を決めているウォルバーハンプトンが、アーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(26)の獲得を狙っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽現在チャンピオンシップ(イングランド2部相当)でトップを走り、来季のプレミアリーグ昇格を決めているウルブス。2011-12シーズンぶりのプレミアで戦えるチームを構成するために、まずは今季限りでアーセナルとの契約が切れるウィルシャーを狙いに行くようだ。 ▽これまで伝えられているところでは、ウィルシャーに対してアーセナル側は減俸の新契約を提示したとされており、さすがに選手も合意は渋っている様子だった。しかし、イギリス『インデペンデント』の最新の報道によれば、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は契約延長に自信を持っている様子だ。 「我々は彼に留まって欲しいと思っている。オファーは長期契約になるだろう。彼がサインしてくれることを願っているよ」 「選手に居てもらうためにはクラブは適した態度を取らなければならない。我々は上手くやっていると思うよ」 ▽このように語るヴェンゲル監督だが、果たしてウィルシャーは新シーズンをどこで迎えることになるのだろうか。 2018.04.19 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「最初は信用できなかった」オーバメヤンが明かすかつてのライバルへの警戒心

ガボン代表FWのピエール=エメリク・オーバメヤンは、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットとの共存に不安を感じていたようだ。<br><br>オーバメヤンは今年の1月に5600万ポンド(約86億円)の移籍金でドルトムントからアーセナルに加入。ここまでプレミアリーグで8試合に出場して6ゴール2アシストと、シーズン途中の加入にしてはまずまずの成績を残している。<br><br>ドルトムント時代はチームミーティングを無断欠席するなど、自由奔放なイメージもあったが、意外にも繊細な一面を持つガボン代表ストライカーは、クラブ公式サイトでのインタビュー内でアーセナルへの加入に際して不安があったことを告白。その理由としてラカゼットの名前を挙げている。<br><br>「ラカゼットがリヨンにいたとき、僕はライバルチームのサンテティエンヌでプレーしていたんだ。だからアーセナルに加入した直後は彼を信用することはできなかったね」<br><br>リヨンとサンテティエンヌが対戦する試合は「ローヌ・ダービー」と呼ばれ、華やかな文化の街であるリヨンと、労働者の街であるサンテティエンヌがお互いのプライドをかけてぶつかり合う、フランスで最も激しいダービーとも言われている。<br><br>「これまでに何人かのリヨンに所属していた選手とチームメートになったことがあったけど、結局、彼らとは仲良くすることができなかったんだ。でもラカゼットは違ったよ。僕がアーセナルに来たときからすごくポジティブだったから、すぐに彼が良いやつだってわかったんだ」<br><br>過去の経験からラカゼットを警戒していたオーバメヤンだが、その心配は取り越し苦労だったようだ。4月1日のストーク戦ではPKによってハットトリックのチャンスを得たオーバメヤンが、その日無得点だったラカゼットにPKキッカーを譲るなど両者の関係は良好だ。<br><br>現在アーセナルはプレミアリーグで6位と低迷期に突入している。再建を目指すチームにとって、元ライバルだった2人のストライカーは欠かせない存在だ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 16:00 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース