C・ロナウドが2016年度の「バロンドール」受賞! CL&ユーロ制覇で通算4度目の快挙!2016.12.13 04:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。なお、2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年ぶり4度目の受賞となった。

▽C・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録しており、受賞者に相応しい成績を残していた。

▽C・ロナウドは今回の受賞によって、歴代最多5回の受賞を誇るバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの記録に迫っている。

▽なお、現在FIFA・クラブ・ワールドカップ2016に出場するため、来日しているC・ロナウドは、先週にマドリッドで受賞の知らせを聞き、既に『フランス・フットボール』の受賞インタビューを受けていた。受賞式は、来年1月に同誌の本社があるフランスのパリで行われる予定だ。

▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、今年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止され、さらに昨年は年を跨いでいた発表も年内の12月12日に発表されるレギュレーションとなった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリストのみに回帰している。

コメント

関連ニュース

thumb

モリエンテス氏、鹿島対セビージャの展望を語る「ラ・リーガとして重要な試合と位置づけている」

22日、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017で鹿島アントラーズとセビージャが対戦する。スペインのラ・リーガ(リーガ・エスパニョーラ)アンバサダーとして来日している元スペイン代表FWのフェルナンド・モリエンテス氏が、この試合の展望を語った。<br><br>鹿島対セビージャの広報活動の一環として来日しているモリエンテス氏は、Jリーグへの表敬訪問を行い、20日にJFAハウスで村井満チェアマンや原博実副理事長とともに会見に出席。今回の試合について「セビージャにとって少し問題があるのは、まだプレシーズンという事ですので、やはりなかなか選手が、100%の力を出すのは難しいのかなと思います」と指摘しながら、次のように続けている。<br><br>「やはり試合はその場の状況、状態を見る事になりますので、どうしても鹿島の選手もセビージャの選手も、実際にその試合のパフォーマンスが今後すべてのシーズン通じてのパフォーマンスかどうかというのは判断が難しいでしょう」<br><br>セビージャが準備期間にあることを強調したモリエンテス氏だが、そういった期間だからこそ、できることもある。今季からエドゥアルド・ベリッソ監督に指揮を託すセビージャには、鹿島戦に真剣に臨む理由がある。<br><br>「セビージャとしては、新しい監督になりましたので、今回のこの貴重な機会にその監督が色々試したり、そういった試験的な場になるかとは思います」<br><br>「ですが、こちらの試合はラ・リーガとしても、とても重要な試合と位置付けしておりまして、私たちにとっては本当にフェスティバルのような重要な試合だと思っています。ですので、アンバサダーとしてこちらの試合を拝見したいと思います」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.21 04:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モナコ、不正アプローチでムバッペ狙うビッグクラブに警告! 「LFPとFIFAに懲戒処分を求める」

▽モナコは20日、不正なアプローチでフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)の獲得を狙う“重要なクラブ”に対して、国際サッカー連盟(FIFA)らに懲戒処分を求める意向であることを発表した。同クラブが公式サイトで声明を発表した。 ▽モナコは、今夏の移籍市場において1億ユーロ(約130億円)超えともいわれる巨額のオファーを準備してムバッペの獲得を目指す一部のビッグクラブが、クラブに許可なく選手本人や関係者と接触を行っている事実を確認し、当該行為に関してFIFAやフランスのプロサッカーリーグ機構(LFP)に懲戒処分を求める意向であることを明かした。 「ASモナコは“重要な”いくつかのヨーロッパのクラブが、キリアン・ムバッペとその関係者に対して、我々の許可なしに接触を行っている事実を確認した」 「ASモナコは当該行為が、フランスのプロサッカーリーグ機構(LFP)の定める第211条、またFIFAの選手移籍に関する規制の18条第3項に違反する行為であることを、各クラブに思い出してほしいと考えている」 「このような状況に終止符を打つため、ASモナコはLFPとFIFAに対して、各クラブの違反者に対する懲戒処分を求めることを考えている」 ▽なお、モナコは違反を犯した“重要なクラブ”の具体名に関して言及していないが、LFPに訴えを起こそうとしているため、フランス国内のクラブであるパリ・サンジェルマンは確実だ。また、一部でムバッペ本人、関係者との接触が報じられたレアル・マドリーやマンチェスター・シティ、アーセナル、リバプールといったクラブも含まれている模様だ。 2017.07.21 00:56 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、モラタ獲得でレアル・マドリーと合意! 100億円超えの超高額移籍に!

▽チェルシーは19日、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)の完全移籍での獲得に関して、レアル・マドリーと合意したことを発表した。 ▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、モラタの移籍金は8000万ユーロ(約103億円)となる見込みだ。また、同選手は20日にロンドン入りしメディカルチェックを受診した後、正式契約を結ぶ見込みだ。 ▽今夏の移籍市場でスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)の退団が濃厚となっているチェルシーは、ベルギー代表FWロメル・ルカクの獲得に迫るも、マンチェスター・ユナイテッドの横やりによって獲得失敗。その後はドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(23)のオペレーションと並行してモラタ獲得にも動いていた。 ▽その中で先日にはモラタのミラン移籍が報じられていたが、ルカク獲得失敗を良い教訓としたチェルシーが、より好条件のオファーを掲示して獲得にこぎ着けた。 ▽2016年にユベントスから3000万ユーロ(約38億6000万円)の買い戻しオプションを行使した古巣マドリーに復帰したモラタだが、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ウェールズ代表MFガレス・ベイル、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの“BBC”とのポジション争いに敗れた。それでも、昨シーズンの公式戦43試合に出場し20ゴールを挙げるなど、さすがの得点力を発揮していた。 2017.07.20 03:08 Thu
twitterfacebook
thumb

レアルの前線がBBCからABCに? ベンゼマとA・サンチェスにトレード説が浮上

これまでアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、今夏のクラブ退団を希望していると報じられてきたが、スペインメディア『OK Diario』によると、レアル・マドリーへの移籍話が浮上しているようだ。<br><br>A・サンチェス本人は新シーズン、チャンピオンズリーグに出場できるチームでのプレーを望んでいるとされ、その移籍先候補として代理人がレアル・マドリー側と接触しているという。その一方で、アーセナルはA・サンチェスを失った場合の代案として、レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマ獲得に乗り出す見通しにあるとイギリスの『デイリー・スター』が報じている。<br><br>退団を求めるA・サンチェスの慰留が難しいと判断したアーセン・ヴェンゲル監督は、その穴埋め役としてベンゼマの獲得を熱望しているようだ。<br><br>果たして契約満了まで1年を切ったA・サンチェスをアーセナルが手放すのか、そしてレアル・マドリーが前線の&ldquo;BBC&rdquo;の一角ベンゼマを放出し、新シーズンから&ldquo;ABC&rdquo;へと変わるのか。<br><br>A・サンチェスは元バルセロナの選手だけに、レアル・マドリーへ移籍決定となると賛否両論が巻き起こることは確実と見られるが、今夏の移籍市場でビッグディールが起こる可能性は十分にありそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.20 02:24 Thu
twitterfacebook
thumb

イスコ、新シーズン開始から全開...ベストの状態を維持して“BBC”に割って入れるか

レアル・マドリーMFイスコは、新シーズン開幕から定位置を奪取するために全力を尽くしているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>今年はアメリカでプレシーズンツアーをスタートさせているマドリー。18日の練習で最後にバスに乗り込んだのは、イスコだった。全体練習が終わり、ジムで居残りトレーニングをしていたためだ。<br><br>現在マドリーに所属している選手の多くは、FWクリスティアーノ・ロナウドから刺激を受けたといわれている。長くトップクラスでい続けるためには、ジムでの自主トレーニングをはじめ、フィジカルコンディション維持が重要になる。C・ロナウドほどそれを体現している選手はいない。<br><br>イスコはその例にならい、プレシーズンから体をイジメ抜いている様子だ。昨季はMFガレス・ベイルの負傷もあり、公式戦42試合に出場。11得点はマドリー移籍後自己ベストの記録となった。<br><br>そのパフォーマンスでマドリーとの2022年までの契約延長を勝ち取り、イスコの正式サインは時間の問題だとみられている。だが今季は負傷から回復したベイル、カリム・ベンゼマ、C・ロナウドの&ldquo;BBC&rdquo;が再び3トップを組むことが濃厚だ。<br><br>ジネディーヌ・ジダン監督は、今季もローテーションを採用するだろう。しかしイスコが望むのはスタメン奪取、とりわけビッグマッチでの先発出場である。&ldquo;BBC&rdquo;に割って入ることはできるのか。イスコの新たな挑戦が幕を開けている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.20 01:03 Thu
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース