C・ロナウドが2016年度の「バロンドール」受賞! CL&ユーロ制覇で通算4度目の快挙!2016.12.13 04:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。なお、2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年ぶり4度目の受賞となった。

▽C・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録しており、受賞者に相応しい成績を残していた。

▽C・ロナウドは今回の受賞によって、歴代最多5回の受賞を誇るバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの記録に迫っている。

▽なお、現在FIFA・クラブ・ワールドカップ2016に出場するため、来日しているC・ロナウドは、先週にマドリッドで受賞の知らせを聞き、既に『フランス・フットボール』の受賞インタビューを受けていた。受賞式は、来年1月に同誌の本社があるフランスのパリで行われる予定だ。

▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、今年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止され、さらに昨年は年を跨いでいた発表も年内の12月12日に発表されるレギュレーションとなった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリストのみに回帰している。

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリーの重圧を感じるジダン「相手を分析しても、我々との対戦ではモチベーションが違う」

26日のリーガエスパニョーラ第24節、レアル・マドリーは敵地エスタディオ・デ・ラ・セラミカでのビジャレアル戦に臨む。前日会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督は、ビジャレアルが堅守を誇るチームとして、苦戦を強いられることは必至との見解を述べている。<br><br>スペイン『マルカ』と『アス』がフランス人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「困難な試合だよ。ライバルはとても素晴らしく、守備では一枚岩となる。難しい試合になることは分かっているが、しかし水曜に試合(バレンシア戦)を戦い、もう次の一戦に臨めることは素晴らしい。勝ち点を重ねられるチャンスを、すぐさま手にできるのだからね」<br><br>1&minus;2で敗れたバレンシア戦については、次のように振り返った。<br><br>「いつものように2~3回試合を見返した。メスタージャで起こったことが、再び繰り返される可能性はある。フットボールはそういうものなんだ。我々にとって、敗戦から立ち上がることは難しいことじゃない。いつだって頭を上げているのだからね。我々はいくつかのことを改善すべきであり、実際にそうできると理解している」<br><br>「シーズンは長く、とても難しいものだ。ライバルにとって、マドリーとの試合は1シーズンを通じてのビッグマッチとなる。私はライバルのプレーを分析するが、実際に対戦するとなると全く別のチームに変貌してしまう。マドリーと戦うチームには普段とは異なるモチベーションがあり、そのことは意識しなければならないんだ」<br><br>ジダン監督は一方で、負傷明けのMFガレス・ベイルが「すでに100%の状態にある」と断言。また今季にそのプレーレベルを疑問視されるようになったGKケイロール・ナバスについては、次のようにコメントしている。<br><br>「私はケイロールに信頼を置いている。外部が届けられる意見をコントロールをすることはできないが、彼自身はしっかりとコントロールしている。誰にだって改善の余地があるのは当たり前で、それは私だって同じだよ。私はケイロールをはじめとして、自チームの選手たちを信じている。いつだって自分たちの望むようなことができるとは限らないんだ」<br><br> ●サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。<br>提供:goal.com 2017.02.25 23:35 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ヴァランが肉離れで約1カ月の戦線離脱に

レアル・マドリーDFラファエル・ヴァランが、約1カ月の戦線離脱を強いられることが明らかとなった。<br><br>ヴァランは22日のリーガエスパニョーラ第16節延期分、アウェーでのバレンシア戦の後半に負傷し、DFナチョとの交代でピッチを後にしていた。レアル・マドリーは24日に検査結果を左足大腿二頭筋の重度の肉離れと発表している。<br><br>ヴァランはこの負傷によって、3月7日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグ、アウェーでのナポリ戦ほか、最大で8試合を欠場する見込みとなった。<br><br>●サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。<br>提供:goal.com 2017.02.25 21:26 Sat
twitterfacebook
thumb

バカンス先でベンゼマが罰金処分…「スター選手だからといって法令の遵守は免れない」

レアル・マドリーに所属するフランス代表のFWカリム・ベンゼマは、絶滅危惧種に指定されているイグアナと写メを撮ったことが原因で、罰金を科されることになる。複数のメディアが報じている。<br><br>今冬ベンゼマは、カリブ海に浮かぶフランス領マルティニーク島でクリスマス休暇を過ごした。バカンスの思い出の1コマとして、ベンゼマは仲間とともに海辺でポーズを撮った写真や、同島に生息するイグアナをつかみ記念撮影した写真を12月27日にツイッターに投稿して報告していた。<br><br>しかしイグアナは絶滅危惧種に指定されており、意図的に触ったり、刺激を与えたりする行為が禁止されている。このため、フランス紙『ラ・プロヴァンス』がマルティニーク島を管轄するフォール・ド・フランスの当局へ通報した。ベンゼマには罰金が科せられることになる。<br><br>マルティニーク国立公園の責任者は22日、「ベンゼマの訪問はいつでも歓迎する。しかしサッカーのスター選手だからと言って、法令の順守を免れるわけではない」と述べた。また今回の件により、絶滅危惧種へ対する観光客や住民の理解が深まるよう望んでいるとのことだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.25 19:31 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、フランス代表DFヴァランの左ハムストリング負傷を発表… 今季公式戦32試合に出場

▽レアル・マドリーは24日、フランス代表DFラファエル・ヴァラン左足のハムストリングを負傷したことを発表した。全治に関する詳細は明らかにされていないが、スペイン『アス』は約5週間の離脱と報じている。 ▽ヴァランは、22日に行われたリーガエスパニョーラ第16節延期分のバレンシア戦にスタメン出場したが、左足を痛め63分にナチョと交代していた。 ▽レアル・マドリーによると、サニータス・ラ・モラレハ大学病院で検査を受けたヴァランは、重度2の左足大腿二頭筋負傷と診断され、今後は回復の状況を見守るとのことだ。 ▽レアル・マドリー在籍6年目を迎えたヴァランは、今シーズンのここまでリーガエスパニョーラ19試合、コパ・デル・レイ3試合、チャンピオンズリーグ7試合、FIFAクラブワールドカップ2試合、UEFAスーパーカップ1試合の計32試合に出場している。 2017.02.25 00:56 Sat
twitterfacebook
thumb

J・アルバ、イスコの“禁断の移籍”に言及…「良い選手なら常に歓迎」とバルセロナ入りを後押し?

バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバは、同じくスペイン代表でレアル・マドリーに所属するMFイスコがクラブでもチームメイトとなる可能性について言及している。<br><br>24歳のスペイン人テクニシャンは今シーズン、ジネディーヌ・ジダン監督のもとで出場機会を確保するのに苦しんでおり、リーグ戦の先発は11。そのため、移籍を考慮していると伝えられており、新天地の候補にはレアル・マドリーの宿敵であるバルセロナも挙げられてる。かつてバレンシアでともにプレーしていたアルバは「良い選手は常に歓迎」と話し、イスコの&ldquo;禁断の移籍&rdquo;について触れた。<br><br>「イスコとは多くの時間をともに過ごした。バレンシア時代から彼のことを知っているし、実力もわかっている。何が起こるかはじきにわかるだろう」<br><br>イスコは2018年までマドリーとの契約を残し、クラブもフリーでの放出は回避したいと考えているため、今夏の移籍の可能性が取りざたされている。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 19:05 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース