C・ロナウドが2016年度の「バロンドール」受賞! CL&ユーロ制覇で通算4度目の快挙!2016.12.13 04:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。なお、2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年ぶり4度目の受賞となった。

▽C・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録しており、受賞者に相応しい成績を残していた。

▽C・ロナウドは今回の受賞によって、歴代最多5回の受賞を誇るバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの記録に迫っている。

▽なお、現在FIFA・クラブ・ワールドカップ2016に出場するため、来日しているC・ロナウドは、先週にマドリッドで受賞の知らせを聞き、既に『フランス・フットボール』の受賞インタビューを受けていた。受賞式は、来年1月に同誌の本社があるフランスのパリで行われる予定だ。

▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、今年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止され、さらに昨年は年を跨いでいた発表も年内の12月12日に発表されるレギュレーションとなった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリストのみに回帰している。

コメント

関連ニュース

thumb

ジダンの甥っ子・ドリスがスペイン2部Bのウニオン・アダルベに加入

▽スペイン2部Bのウニオン・アダルベは22日、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督の甥っ子であるドリス・ヤニス・ジダン(22)の加入を発表した。 ▽ヤニスは、マルセイユのアカデミー出身で、サンテチェンヌのリザープチームに所属。ジダン監督も8月にトレーニングの様子を見学に来ていたようだ。 ▽ヤニスは自身のインスタグラム(driss__zidane7)でウニオン・アダルベへの入団を明かし、「新しいクラブで新たな冒険をスタートすることに誇りに思っている」と投稿していた。 ▽ウニオン・アダルベは今シーズンからスペイン2部Bに昇格。ここまで5試合を終えて0勝3分け2敗の勝ち点3で16位(20チーム中)に位置している。 2017.09.24 12:28 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、M・ジョレンテと新契約締結

▽レアル・マドリーは23日、スペイン代表MFマルコス・ジョレンテ(22)との契約延長を発表した。新契約は2021年6月30日までとなる。 ▽レアル・マドリー下部組織出身のM・ジョレンテは昨夏、アラベスにレンタル移籍。今シーズンからレアル・マドリーに復帰し、ここまでリーガエスパニョーラ3試合に出場している。 ▽レアル・マドリーでは最近、主力との契約延長が続いている。M・ジョレンテは、FWカリム・ベンゼマ、MFイスコ、DFマルセロ、DFダニエル・カルバハルに続く新契約締結者となる。 2017.09.24 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、初先発セバージョスの2発で開幕全敗のアラベスに辛勝《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節、アラベスvsレアル・マドリーが23日にエスタディオ・デ・メンディソローザで行われ、マドリーが2-1で勝利した。 ▽前節、終了間際の失点でベティス相手に今季初黒星を喫したマドリーは、ホーム3試合で1敗2分けと思わぬ苦戦を強いられている。今季連勝中のアウェイゲームで立て直しを図るチームは、開幕から5連敗中のうえ、未だ無得点という泥沼に陥り、前アルバニア代表監督のデ・ビアージ新監督を招へいしたアラベスとのアウェイゲームに臨んだ。 ▽来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦を控えるチームだが、マルセロやクロースが新たに負傷者リストに加わった影響で思った形のターンオーバーを行うことができず、モドリッチとベイルをベンチスタートしたものの、左サイドバックでスクランブル起用のナチョ、移籍後初先発のダニ・セバージョスを除き現状のベストメンバーを揃えた。 ▽やや慎重な入りを見せたマドリーだが、開始10分に先制点を奪う。ボックスhぢありをえぐったアセンシオからマイナスパスを受けたセバージョスがDFと交錯しながらも体勢を立て直して右足を振り抜くと、これがニアサイドの絶妙なコースに決まり、初先発の新星が移籍後初ゴールを奪った。 ▽ここからゴールラッシュと行きたいマドリーだったが、ルーカス・バスケスやC・ロナウドらのシュートがなかなか枠を捉え切れない。31分にはイスコのクロスからナチョがヘディングシュートも、これも相手GKにセーブされる。 ▽すると40分、一瞬の隙から相手にカウンターを許したマドリーは、右サイドのムニルが上げたクロスをゴール前にフリーで走り込んできたマヌ・ガルシアに頭で合わせられ、アラベスに今季のリーグ戦初ゴールを献上した。 ▽この失点で嫌な空気が漂うマドリーだったが、再びセバージョスがチームを救う。43分、右サイドのカルバハルが入れたクロスをGKが遠くに弾き切れず、ボールがボックス中央にこぼれる。すると、このルーズボールに反応したセバージョスの右足のシュートがゴールネットを揺らした。 ▽セバージョスの2ゴールによって1点リードで試合を折り返したマドリーは、開始直後にC・ロナウドがポスト直撃のシュートを放つなど、ゴールを予感させる攻めを見せる。 ▽しかし、62分にもC・ロナウドのシュートがバーに阻まれるなど、なかなか試合を決定付ける追加点が奪えないマドリーは、逆に途中出場のペドラツァに2度の枠直撃のシュートを許すなど、あわや同点ゴールという場面を幾度も招くなど、守備面で締め切れない。 ▽その後もフィニッシュの精度を欠き続けるマドリーだったが、この試合で初めてゴールを奪ったという、相手の決定力不足に助けられ、結局試合は2-1でタイムアップ。今季全敗のアラベス相手に大苦戦のマドリーだったが、辛くも勝ち点3を持ち帰ることに成功した。 2017.09.24 01:38 Sun
twitterfacebook
thumb

父親が率いるレアル・マドリーと対戦するエンツォ・ジダン「模範としてきたのは父だった」

23日のリーガエスパニョーラ第6節、アラベスは本拠地メンディソロサにレアル・マドリーを迎える。今夏にアラベスに加わったMFエンツォ・ジダンにとっては、父親が率いるチームと対戦する特別な一戦になる。<br><br>ジダン監督の長男で、レアル・マドリーの下部組織で成長を果たしてきたエンツォ・ジダンは、今夏に同クラブを離れてアラベスに加入。そしていよいよ23日、自身を指導したこともある父親が率いるチームと対戦する<br><br>この試合を前に会見に臨んだエンツォ・ジダンは、現在の心境を次のように語った。<br><br>「8歳の頃からマドリーでプレーし始め、すべてのカテゴリーのチームに所属してきた。僕の人生のクラブと争う特別な一戦になる。奇妙だけど、でも素晴らしいと思う。出場する意欲があるし、彼らから勝ち点を奪えたらいいね」<br><br>優雅なトラップなど、現役時代のジダン監督と瓜二つのプレーを見せるとされるエンツォ・ジダンだが、やはり父を模範としていたようだ。<br><br>「フットボールにおける模範として、いつも父がいた。父は偉大な選手だったから様々はことを参考にしたし、そのために模範であったと言える。今ならばモドリッチが模範だね。彼はフットボールを美しいものとする、ほかとは異なる才能を有している」<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.23 22:26 Sat
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモス、レアル・マドリーとの契約延長ラッシュに続く?

▽レアル・マドリーで主将を務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(31)が契約延長に近づいているようだ。スペイン『マルカ』は、「セルヒオ・ラモスがレアル・マドリーとの契約延長ラッシュに続く」と報じた。 ▽2005年にセビージャから加入したセルヒオ・ラモスは、今シーズンでレアル・マドリー在籍13年目。卓越した攻撃センスと闘志溢れるプレーを武器に、公式戦通算530試合69得点の成績を収め、4度のリーガエスパニョーラ制覇や3度のチャンピオンズリーグ優勝など計17個のタイトル獲得に貢献してきた名ディフェンダーだ。 ▽そのセルヒオ・ラモスとレアル・マドリーの現行契約は2020年まで。ここ最近、主力との契約延長発表が続いているレアル・マドリーは、セルヒオ・ラモスに対して、新たに1年間の延長を打診しているようだ。新たな契約を全うすれば、セルヒオ・ラモスは17年間レアル・マドリーに在籍したことになる。 2017.09.23 13:45 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース