C・ロナウドが2016年度の「バロンドール」受賞! CL&ユーロ制覇で通算4度目の快挙!2016.12.13 04:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。なお、2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年ぶり4度目の受賞となった。

▽C・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録しており、受賞者に相応しい成績を残していた。

▽C・ロナウドは今回の受賞によって、歴代最多5回の受賞を誇るバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの記録に迫っている。

▽なお、現在FIFA・クラブ・ワールドカップ2016に出場するため、来日しているC・ロナウドは、先週にマドリッドで受賞の知らせを聞き、既に『フランス・フットボール』の受賞インタビューを受けていた。受賞式は、来年1月に同誌の本社があるフランスのパリで行われる予定だ。

▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、今年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止され、さらに昨年は年を跨いでいた発表も年内の12月12日に発表されるレギュレーションとなった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリストのみに回帰している。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール狙うレアル・マドリー、デ・ブライネにも265億円オファー?

▽マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)にレアル・マドリーから熱視線が注がれているようだ。スペイン『Don balon』が伝えた。 ▽プレミアリーグで首位独走態勢を築くジョゼップ・グアルディオラ監督のシティにおいて、非凡なパスセンスを武器にゴールの創出者と化しているデ・ブライネ。飛ぶ鳥を落とす勢いで評価を高め、周囲から称賛の声が挙がることも少なくない。 ▽そのデ・ブライネに対して、来夏に中盤の補強を企てるレアル・マドリーが移籍金2億ユーロ(約265億2000万円)の莫大なオファーを準備。パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールと共にリストの最上位に名を連ねているという。 ▽デ・ブライネは、今シーズンのここまで公式戦39試合に出場して11ゴール19アシストをマーク。今夏に控えるロシア・ワールドカップ後、レアル・マドリーの仲間入りを果たすことになるのだろうか。 2018.02.21 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセロ、右足大腿二頭筋を負傷…2〜3週間離脱か

▽レアル・マドリーは20日、ブラジル代表DFマルセロの負傷を発表した。 ▽マルセロは18日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のベティス戦で負傷交代。20日に検査を受けたところ、右足大腿二頭筋の負傷と診断され、スペイン『アス』によれば、全治2〜3週間の離脱になるという。 ▽不動の左サイドバックに君臨するマルセロは、今シーズンのここまで公式戦30試合に出場。中でも、3ゴール6アシストをマークする攻撃面で抜群の貢献度を誇っていた。 ▽『アス』によれば、3月6日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのパリ・サンジェルマン戦での復帰を目指すことになりそうだが、間に合うのだろうか…。 2018.02.21 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、戦線離脱…全治は2〜3週間か

▽レアル・マドリーは20日、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの負傷を発表した。 ▽モドリッチは同日、検査を受けたところ、右足大腿二頭筋の負傷と診断。スペイン『アス』によれば、全治2〜3週間が見込まれ、3月6日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのパリ・サンジェルマン戦での復帰を目指すことになるという。 ▽プレーメーカーとして抜群の存在感を誇るモドリッチ。ここまで公式戦30試合に出場して2ゴール3アシストを記録していた。 2018.02.21 08:15 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、アセンシオは定位置を奪えるか...パリSG戦が転機に

レアル・マドリーMFマルコ・アセンシオが、定位置奪取に向けて猛アピールしている。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>マドリーはFWクリスティアーノ・ロナウドがここに来て調子を取り戻している。ポルトガル代表FWは直近6試合で10得点を記録。一方でFWカリム・ベンゼマ、MFガレス・ベイルは先のビッグマッチで期待されたパフォーマンスを見せられなかった。<br><br>チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのパリ・サンジェルマン戦(3-1)で、強烈なインパクトを残したのはアセンシオだった。マドリーの決勝点は78分から途中出場したアセンシオのクロスから生まれた。それだけでなく、アセンシオはマルセロの得点をアシストして貴重な3点目をお膳立てした。<br><br>アセンシオは今季公式戦35試合に出場している。途中出場が多く、出場時間は合計で1843分となっている。22歳MFはそのなかで10得点5アシスト。スタメン起用されてもおかしくない結果を残している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.20 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

中盤補強明言のモウリーニョ、トップターゲットはレアル・マドリーのパスマスターか

▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロース(28)にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上した。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽2014年夏にレアル・マドリーに加入して以降、現フットボール界におけるパスマスターとして名を轟かせるクロース。今シーズンも、その正確無比なパスセンスでレアル・マドリーの中盤に君臨する。 ▽ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、今シーズン限りで現役を引退する予定の元イングランド代表MFマイケル・キャリックの後釜として、そのクロースを来夏のトップターゲットに定めたようだ。 ▽「中盤を補強する必要がある」と語ったポルトガル人指揮官はそのほか、ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルも候補として動向を注視しているようだが、クロースに対する関心を強めている状況だという。 2018.02.20 09:30 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース