清武セビージャと岡崎レスターが激突! 王者レアル・マドリーはナポリと対戦《CL》2016.12.12 20:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の抽選会が12日にスイスのニヨンで行われ、8つの対戦カードが決定した。

▽前回王者のレアル・マドリーはナポリと激突。バルセロナはパリ・サンジェルマンと対戦する。その他、バイエルンvsアーセナルのビッグマッチが実現した。

▽また、日本人選手が所属クラブでは、MF清武弘嗣のセビージャとFW岡崎慎司のレスター・シティが対峙。MF香川真司が所属するドルトムントは、ベンフィカと相対することになった。

▽決勝トーナメント1回戦は、1stレグが来年2月14日、15日、21日、22日に開催。2ndレグは3月7日、8日、14日、15日に行われる。

(C)CWS Brains,LTD.
◆決勝トーナメント1回戦※左側が1stレグをホーム
マンチェスター・シティ(イングランド) vs モナコ(フランス)
レアル・マドリー(スペイン) vs ナポリ(イタリア)
ベンフィカ(ポルトガル) vs ドルトムント(ドイツ)
バイエルン(ドイツ) vs アーセナル(イングランド)
ポルト(ポルトガル) vs ユベントス(イタリア)
レバークーゼン(ドイツ) vs アトレティコ・マドリー(スペイン)
パリ・サンジェルマン(フランス) vs バルセロナ(スペイン)
セビージャ(スペイン) vs レスター・シティ(イングランド)

コメント

関連ニュース

thumb

今夏5選手を補強しているセビージャが2人のCB獲得に動く

▽現在来日中のセビージャが2人のディフェンダー獲得を検討しているようだ。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が報じた。 ▽セビージャが獲得を検討しているのは、マンチェスター・シティのDFエリアキム・マンガラ(26)とバイエルンを退団したDFホルガー・バトシュトゥバー(28)の2選手とのこと。少なくとも1人のセンターバックを確保したいようだ。 ▽マンガラはポルトから2014年8月にシティへと加入。2016-17シーズンはバレンシアへとレンタル移籍し、リーガエスパニョーラで30試合に出場し2ゴールを記録している。ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるシティでは構想外となっており、リーガを経験している点も含めてセビージャの獲得候補に挙がっているようだ。なお、シティとの契約は2019年6月30日まで残っているとのこと。 ▽一方のバトシュトゥバーは、シュツットガルトやバイエルンの下部組織で育ち、2009年7月にトップチームへ昇格。当初はレギュラーとしてプレーしていたものの、度重なるケガの影響で満足にプレーできず。2017年1月にはシャルケへとレンタル移籍していた。2016-17シーズンはブンデスリーガで11試合に出場。6月30日で契約が満了を迎え、現在はフリーの状態だ。 ▽マンガラには、パリ・サンジェルマンやミランが獲得に興味を持っており、シティは放出に応じる姿勢とのこと。セビージャは獲得レースに参戦する模様だ。 2017.07.20 12:38 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ指揮官、セレッソ大阪の前線を称賛「印象に残ったのは柿谷と杉本」

StubHubワールドマッチ2017が7月17日にヤンマースタジアム長居で行われ、セレッソ大阪とセビージャFC(スペイン)が対戦した。試合は3-1でセビージャが勝利。試合後、セビージャのエドゥアルド・ベリッソ監督が記者会見に臨んだ。<br><br>「攻撃面では何回もチャンスがあって、新シーズンに向けた準備ができたと思っています」と総括するベリッソ監督。「印象に残ったのはFWの選手、前半の2人(柿谷曜一朗と杉本健勇)。チームとしては非常に速く動いたり、守備面の強さを感じた。守備から攻撃の切り替えが早く、危険だと感じました」と対戦相手の印象を語った。<br><br>セビージャに連れていきたい選手はいるかという質問には「名前を言うのは好きじゃない。言ったら値段が高くなってしまいますので」と笑わせ、「今のところ、いくつかのポジションがまだ埋まっていないので、そこを考えています」と今後の補強をにおわせた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.17 23:10 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪戦で得点のセビージャFWムリエル、日本は「人々が親切で素晴らしいホスピタリティーがある」

17日に「StubHubワールドマッチ2017」セレッソ大阪vsセビージャFCが行われ、セビージャが3-1で勝利を果たした。後半アディショナルタイムにセビージャの3点目を決めたFWルイス・ムリエルは、プレシーズンの初戦となったこの試合で、良い感触をつかむことができたようだ。<br><br>今夏にサンプドリアからセビージャに加わったムリエル。この試合がセビージャとともに臨む初めての試合になったが、91分にGKセルヒオ・リコのロングフィードを起点にワンタッチでネットを揺らし、加入後初得点もマークしている。<br><br>試合後、ミックスゾーンに姿を現したムリエルは、自身のゴールを次のように振り返った。<br><br>「セビージャとの最初の試合でゴールを決めることは、僕にとってもチームにとっても重要だと考えていました。このゴールをしっかりと噛み締めたいと考えましたし、良い形で新しい冒険を始められたと思います」<br><br>コロンビア代表FWはまた、このセレッソ大阪戦がチームにとって有益なものであったとの考えを述べている。<br><br>「僕たちにとって重要な試合でした。今は親善試合をこなしながら準備を進めていく段階で、リーグ戦をこなしているチームが試合に持ち込んでくるリズムは、僕たちにとって大きく役立つものです。チームは良い準備ができていることを示したと思いますし、試合に勝ちながら自信を深めていくことは大切ですね」<br><br>セビージャが次に臨むプレシーズンマッチは、「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」鹿島戦だ。その試合の前には、マンチェスター・シティから獲得したFWノリートがチームに合流する。<br><br>「ノリートが素晴らし過ぎる選手であることは秘密でも何でもないですし、チームに大きく貢献してくれるはずです。次の試合で彼を加えられることは、僕たちにとって重要です。監督が標榜し、チームが実践するプレーのメカニズムを早い段階で飲み込むことができますから」<br><br>ムリエルはまた、今回の日本滞在で印象に残っていることを問われ、ホスピタリティーを挙げている。<br><br>「僕たちはいつもホテルにいて、外出する機会は限られています。ただ日本の人々との少しの触れ合いで印象に残ったのは、とても親切で、素晴らしいホスピタリティーがあるということです。日本人がどういった人たちかは聞いていたのですが、実際にここに滞在してみると、また違いますね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.17 23:05 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャDFマリアーノがガラタサライへ完全移籍

▽セビージャは17日、ブラジル人DFマリアーノ・フェレイラ(31)がガラタサライに移籍したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年間となっている。スペイン『アス』によれば移籍金は500万ユーロ(約6億4000万円)とのことだ。 ▽マリアーノは2015年7月にボルドーからセビージャに加入し、2016-17シーズンは公式戦43試合に出場して、クラブのリーガエスパニョーラ4位フィニッシュに貢献した。 ▽今夏、セビージャはコロンビア代表FWルイス・ムリエルを獲得。この結果、アルゼンチン人FWワルテル・モントーヤ、ブラジル人MFガンソ、ブラジル人DFマリアーノ・フェレイラを合わせて、EU圏外選手枠3名の上限を超えることとなったため、在籍する外国人選手の人数を調整する必要に迫られていた。 2017.07.17 22:48 Mon
twitterfacebook
thumb

イェデル2得点で新生セビージャが快勝! C大阪は福満が一矢報いるも力負け…《StubHub ワールドマッチ2017》

▽17日に、セレッソ大阪とセビージャが対戦する「StubHubワールドマッチ2017」がヤンマースタジアム長居で開催され、セビージャが3-1で勝利を収めた。 ▽直近の公式戦5試合で14得点と攻撃的な試合を展開し、明治安田生命J1リーグで首位に立っているC大阪は、この試合でもお馴染みの[4-2-3-1]を採用。スターティングメンバーにはGKにキム・ジンヒョン、4バックに丸橋、山下、マテイ・ヨニッチ、松田、中盤の底に木本と山口、2列目に柿谷、山村、水沼、最前線に杉本が入った。なお、昨季途中までセビージャに在籍し、この試合の主役となるはずだった日本代表MF清武弘嗣はケガのため欠場した。 ▽対するセビージャは、昨シーズンのリーガエスパニョーラを4位で終え、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得。新シーズンに向けて、ホルヘ・サンパオリ前監督が退任し、昨季までセルタを率いたエドゥアルド・ベリッソ新監督を招へい。ここまで大幅に戦力の入れ替えもあったセビージャは、ベリッソ監督の初陣で[4-1-2-3]を採用。スターティングメンバーにはGKにセルヒオ・リコ、4バックにエスクデロ、メルカド、パレハ、カリソ、中盤の底にエンゾンジ、2列目にクローン=デリ、フランコ・バスケス、最前線にサラビア、イェデル、ワルテル・モントーヤを並べた。 ▽立ち上がりは落ち着いた入りをみせた。エンゾンジを中心にセビージャが後方でボールを回すと、C大阪は深追いせずにパスコースを切って対応。セビージャはディフェンスラインから最前線のウイングに直接ボールを送る展開を多用し始める。 ▽試合開始から徐々に攻勢を強めるスペインの強豪を相手に、C大阪がファーストシュートを放つ。4分に、柿谷がボックス左でボールを持つと、相手DFのタイミングを外しクロスを供給。ボックス内に走り込んだ水沼が頭で合わせたが、GKセルヒオ・リコに阻まれた。しかし、直後にセビージャが反撃に出る。7分にボックス手前中央で丁寧なパス回しを展開すると、横パスをピタリとトラップしたモントーヤが右足を振り抜いた。ミドルシュートは枠を捉えたが、GKがキャッチした。続いて9分、レフティーのサラビアが、その左足でボックス内へクロスを送ると、走り込んだモントーヤが再びシュート。得点とはならなかったが、立て続けに恐さを見せ付ける。 ▽流れを渡したくないC大阪は、14分に柿谷が一対一の勝負をしかけシュートまで持ち込む。相手選手に当たりルーズボールとなったが、反応した木本が再びシュート。これはクリアされたが、C大阪はCKを得る。しかし、柿谷がキッカーを務めた右CKは、逆にセビージャのチャンスを演出してしまう。DFがCKをクリアすると、前線を走るイェデルへ繋がる。イェデルがDF2枚を引き付けてスルーパスを送ると、ボールは絶妙な軌道を描き左サイドを駆け上がったサラビアへ。そのままシュートまで持ち込んだが、得点にはできなかった。 ▽お互いにサイドを起点にした積極的なプレーを主体に戦っているが、守備時にはC大阪が[4-4-2]の3ラインを引いて対応しているのに対し、セビージャは前線から人数を使ったプレスをかけ続けている。C大阪が前線まで運べる回数が減り、セビージャがボールを保持する展開が続く。 ▽C大阪が押し込まれ始めると、攻勢を強めたセビージャは36分にエスクデロ、38分にモントーヤが立て続けにミドルシュートを放つ。41分には、サラビアのスルーパスに抜け出したイェデルから供給されたクロスを、フランコ・バスケスが頭で合わせ至近距離からシュートを放ったが、GKのビッグセーブに防がれた。 ▽セビージャがチャンスを量産し始めると、42分に得点が生まれた。クローン=デリが相手を引き連れながら中盤の中央までボールを運び、中央右寄りにポジションを取っていたエンゾンジへパスをする。フリーとなっていたエンゾンジはその場からミドルシュートを放つ。強烈なシュートをキャッチしようとしたGKがファンブルすると、これに反応したイェデルが左足で流し込み、先制に成功した。 ▽後半開始からセビージャはモントーヤ、パレハ、バスケス、メルカドを下げ、コレア、ラングレ、ガンソ、コルシアを投入する。一方、C大阪は足の状態に懸念を抱えた木本を下げ、福満を投入した。 ▽すると、後半から投入されたガンソがチャンスを作る。53分、ガンソが中盤低い位置から最前線へ精度の高いフライパスを供給。これが走り込んでいたコレアの足元へピタリと収まると、置き去りにされたDFが足を伸ばしスライディングを試みる。接触を受けたコレアが倒れ込むと、笛が鳴り、判定はPKに。イェデルが確実にこの日2点目を決め、C大阪を突き放した。 ▽直後の61分、セビージャは2得点を挙げたイェデルやエンゾンジ、クローン=デリを下げ、新10番のバネガ、ピサロ、ムリエルと今夏獲得した新戦力を早速デビューさせる。その直後にC大阪も丸橋、柿谷、水沼、山村を田中裕、澤上、関口、藤本と4枚を同時に代えた。 ▽選手交代でリズムを変えたいC大阪だったが、ガンソを起点にボールを支配するセビージャが主導権を握る展開は変わらず。72分にも杉本、松田を下げてリカルド・サントス、酒本を投入したが、チャンスの数を増やすことはできなかった。76分には右サイドでの細かい崩しから、ボックス内右でボールを受けた福満がミドルシュートを放ったが、大きく枠を外れた。 ▽それでも、J1で首位に立つC大阪が意地を見せた。80分に、C大阪が狙い続けていたカウンターが発動。リカルド・サントスが関口とのワンツーで抜け出すと、ボックス内右でフリーに。GKとの一対一となったが、ボックス内左に走り込んでいた福満へのパスを冷静に選択。これを福満が押し込み、ネットを揺らした。 ▽C大阪の反撃ムードとなったが、試合終了間際に勝敗を決定付ける3失点目を喫する。GKセルヒオ・リコからのロングボールが、そのまま最前線を走るムリエルへ。DF山下が競り合ったが一瞬早くムリエルが触り、ボールはネットへ吸い込まれた。 ▽試合はここで終了。得点直後は勢いを取り戻したC大阪だったが、終わってみれば3失点での敗北。欧州の名門クラブを相手に、力の差を見せ付けられた形だ。勝利したセビージャは22日に開催される「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」で、鹿島アントラーズと対戦する。 2017.07.17 20:42 Mon
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース