清武セビージャと岡崎レスターが激突! 王者レアル・マドリーはナポリと対戦《CL》2016.12.12 20:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の抽選会が12日にスイスのニヨンで行われ、8つの対戦カードが決定した。

▽前回王者のレアル・マドリーはナポリと激突。バルセロナはパリ・サンジェルマンと対戦する。その他、バイエルンvsアーセナルのビッグマッチが実現した。

▽また、日本人選手が所属クラブでは、MF清武弘嗣のセビージャとFW岡崎慎司のレスター・シティが対峙。MF香川真司が所属するドルトムントは、ベンフィカと相対することになった。

▽決勝トーナメント1回戦は、1stレグが来年2月14日、15日、21日、22日に開催。2ndレグは3月7日、8日、14日、15日に行われる。

(C)CWS Brains,LTD.
◆決勝トーナメント1回戦※左側が1stレグをホーム
マンチェスター・シティ(イングランド) vs モナコ(フランス)
レアル・マドリー(スペイン) vs ナポリ(イタリア)
ベンフィカ(ポルトガル) vs ドルトムント(ドイツ)
バイエルン(ドイツ) vs アーセナル(イングランド)
ポルト(ポルトガル) vs ユベントス(イタリア)
レバークーゼン(ドイツ) vs アトレティコ・マドリー(スペイン)
パリ・サンジェルマン(フランス) vs バルセロナ(スペイン)
セビージャ(スペイン) vs レスター・シティ(イングランド)

コメント

関連ニュース

thumb

サポーターへの暴行事件を受けてリバプールが公式声明

▽リバプールは23日、セビージャ戦で行われたリバプールサポーターたちに対する警察や警備員の暴行事件について公式声明を発表した。 ▽事件が起きたのは21日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループE第5節のセビージャvsリバプールがサンチェス・ピスファン。敵地に乗り込んだリバプールサポーターは、入場の際にゲートフラッグに政治的なメッセージが込められているということで入場を拒否された模様。さらに、その後もセビージャ側の警察や警備員から身体的な暴行を受けたと報じられている。 ▽これを受けてリバプールのサポーターグループを統括するスピリット・オブ・シャンクリーのジェイ・マッケンナ会長は「セビージャ戦で行われた出来事は容認できない。クラブとUEFAの両者にこの問題を解決してもらいたいと思っている」と語っていた。 ▽リバプールはクラブの公式サイト上で、今回の事件について言及。クラブとして真相解明に全力を尽くすと宣言した。 「21日に行われたアウェイでのセビージャ戦に関して、トラブルに直面したとの報告をリバプールファンから受け取りました」 「クラブとしてはホストがワンスチュワードと地元警察によるリバプールファンの扱いに関する事実を明らかにするように努めています。ファンの安全はクラブの最重要事項であり、クラブとしては、今後の対応の前にあらゆる関連情報を収集するつもりです」 2017.11.24 09:20 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャ戦でリバプールサポーターが暴行受ける…

▽リバプールのサポーターが、セビージャ戦で警察や警備員から暴行を受けたようだ。『ESPN』が報じている。 ▽事件が起こったのは21日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループE第5節のセビージャvsリバプールがサンチェス・ピスファン。アウェイに乗り込んだリバプールは前半に3点リードするも、後半は逆に3失点を喫して試合は3-3のドローに終わった。 ▽報道によるとリバプールのサポーターグループを統括するスピリット・オブ・シャンクリーが、セビージャでリバプールのサポーターたちが暴行を受けたと訴えた模様。同組織のジェイ・マッケンナ会長は次のような声明を発表している。 「我々は試合の前半に、サポーターが事件に巻き込まれたことを認識している。スタジアム入場の際にはフラッグに政治的なメッセージが込められていると言われて入場を拒否された」 「その他にも過剰な取り締まりが行われ、身体的な問題、暴行もあったと聞いている。1人の女性メンバーは警備員に押し倒されたようだ。彼女だけでなく、他のサポーターたちも似たような状況にあったという」 「我々はこれらすべての問題行動について示しており、より多くの情報を求めている。セビージャ戦で行われた出来事は容認できない。クラブとUEFAの両者にこの問題を解決してもらいたいと思っている」 2017.11.24 09:05 Fri
twitterfacebook
thumb

前立腺がんが公表されたベリッソ、セビージャは指揮官交代を考えず...多くのサポートの声届く

セビージャは22日、エドゥアルド・ベリッソ監督が前立腺がんを患っていることを公式声明で認めた。だがクラブは監督交代を考えていない様子だ。<br><br>セビージャのホセ・カストロ会長は「ベリッソが我々の監督だ。それ以外のシナリオは考えていない。我々は全力で彼を助ける」と公式声明伝達後に語った。<br><br>加えてカストロ会長は「バルセロナの会長から電話があった。バルセロナ医療スタッフの経験を生かしてほしい、とのことだった。それを明かすのは正当だと思う。バルセロナだけではなく、多くのクラブが関心を示してくれた。彼ら全員に『ありがとう』と言いたい」と述べ、サポートの声に感謝した。<br><br>また、昨季までベリッソ監督が指揮していたセルタは、「我々の最大のサポートをベリッソに。トト(ベリッソ監督の愛称)、全世界に精神力の何たるかを示す時だ! セルタの家族は君と共にいる。一緒にこの扉をぶち破ろう」と公式声明を出した。<br><br>ほかにもレアル・マドリーDFセルヒオ・ラモス、ベティスMFホアキン・サンチェス、スペイン代表のフレン・ロペテギ監督、パリ・サンジェルマンのウナイ・エメリ監督、ローマのモンチSD(スポーツディレクター)、アスレティック・ビルバオ、マルセイユ、ニューウェールズなど多数の選手・クラブがベリッソ監督への支持を表明している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.23 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「アルベルト・モレーノに殺された」 闘将がリバプールDFにえげつない批判

▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元アイルランド代表MFロイ・キーン氏が、リバプールのスペイン代表DFアルベルト・モレーノを痛烈に批判した。イギリス『メトロ』が伝えた。 ▽モレーノは、21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE第5節のセビージャ戦に先発出場。古巣との一戦だったが、3-0とリードして迎えた後半にPKを与えるなど2失点に関与し、最終的に3点差を追いつかれたチームの中で低調なパフォーマンスに終わった。 ▽現役のユナイテッド時代に味方にさえ容赦ない叱責を浴びせていた闘将のロイ・キーン氏は、解説を務めた『ITV Football』で以下のように話した。 「モレーノがPKを与えた場面、あんなの子供でもやらない。代表に入るような選手があれをやるなんて、単純に狂気だ」 「彼が与えたFKも、指揮官はどうしようもできない。チームとしての鋭さやメンタリティとは無関係だ」 「これはチームでの戦いだということを私は理解している。だが時折、指を差して“俺たちはお前に殺された。お前のせいだ”と言わなければならない」 2017.11.23 18:51 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャのベリッソ監督が前立腺がんと診断…今後の治療は未定

▽セビージャは22日、エドゥアルド・ベリッソ監督(44)が前立腺がんを患っていることを発表した。 ▽セビージャのメディカルサービスが、ベリッソ監督が前立腺がんと診断されたことを報告。今後の検査により、どのような治療を行うかを決定するとのことだ。 ▽後任などには触れられておらず、現時点では監督に最大の支持をすることを表明。早急に復帰できることを望んでいるとの声明を発表した。 ▽今シーズンからセビージャを指揮するベリッソ監督は、ここまで7勝1分け4敗の5位につけていた。 2017.11.22 21:43 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース