清武セビージャと岡崎レスターが激突! 王者レアル・マドリーはナポリと対戦《CL》2016.12.12 20:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の抽選会が12日にスイスのニヨンで行われ、8つの対戦カードが決定した。

▽前回王者のレアル・マドリーはナポリと激突。バルセロナはパリ・サンジェルマンと対戦する。その他、バイエルンvsアーセナルのビッグマッチが実現した。

▽また、日本人選手が所属クラブでは、MF清武弘嗣のセビージャとFW岡崎慎司のレスター・シティが対峙。MF香川真司が所属するドルトムントは、ベンフィカと相対することになった。

▽決勝トーナメント1回戦は、1stレグが来年2月14日、15日、21日、22日に開催。2ndレグは3月7日、8日、14日、15日に行われる。

(C)CWS Brains,LTD.
◆決勝トーナメント1回戦※左側が1stレグをホーム
マンチェスター・シティ(イングランド) vs モナコ(フランス)
レアル・マドリー(スペイン) vs ナポリ(イタリア)
ベンフィカ(ポルトガル) vs ドルトムント(ドイツ)
バイエルン(ドイツ) vs アーセナル(イングランド)
ポルト(ポルトガル) vs ユベントス(イタリア)
レバークーゼン(ドイツ) vs アトレティコ・マドリー(スペイン)
パリ・サンジェルマン(フランス) vs バルセロナ(スペイン)
セビージャ(スペイン) vs レスター・シティ(イングランド)

コメント

関連ニュース

thumb

【CLプレビュー】一昨季EL王者vs昨季EL王者による初対決《セビージャvsマンチェスター・ユナイテッド》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、セビージャvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間21日28:45にサンチェス・ピスファンでキックオフされる。一昨季の王者セビージャと昨季の王者ユナイテッドという、EL歴代王者による注目の初対決だ。 ▽イスタンブールBBSKとの予備予選プレーオフを制して臨んだグループステージでは、リバプール、スパルタク・モスクワとの三つ巴の戦いとなったグループEをリバプールに続く2位で2大会連続の決勝トーナメント行きを果たしたセビージャ。だが、国内リーグでの不振や一部主力との確執によって前指揮官のベリッソ監督を昨年12月末に解任。現在はモンテッラ新監督の下でコパ・デル・レイ決勝進出と共に、リーガエスパニョーラでは直近2連勝でトップ4圏内目前の5位に位置している。 ▽一方、ベンフィカ、バーゼル、CSKAモスクワと組み合わせに恵まれたグループAを順当に首位通過したユナイテッド。しかし、国内リーグでは直近3試合のうち、トッテナム、ニューカッスル相手に敗れるなど、首位マンチェスター・シティの背中が遠のくばかりか、5位トッテナムとの勝ち点差も「4」に迫っており、厳しい戦いが続く。さらに、今週末には指揮官の天敵コンテ監督が率いるチェルシーとのビッグマッチを控えており、今回のセビージャ戦に向けたメンバー選考にも影響がありそうだ。 ▽なお、近年のセビージャの躍進によってヨーロッパのコンペティションの常連同士の一戦となるが、意外にも今回が公式戦初対決となる。その一方で、セビージャには元マンチェスター・シティのMFヘスス・ナバス、FWノリートなどプレミアリーグ経験者が6人、ユナイテッドはGKデ・ヘア、MFマタ、MFエレーラのスペイン人3選手を含め、6人のリーガエスパニョーラ経験者が在籍しており、互いに見知った相手との戦いとなる。 <div style="text-align:center;">◆セビージャ◆ 【4-2-3-1】</div> ▽セビージャ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180220_0101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:セルヒオ・リコ DF:メルカド、ケアー、ラングレ、エスクデロ MF:バネガ、エンゾンジ MF:ヘスス・ナバス、フランコ・バスケス、サラビア FW:イェデル 負傷者:DFコルシア、MFバネガ、コレア 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関してはコルシア、バネガ、コレアの3選手に欠場の可能性がある。 ▽システムに関しては[4-3-3]と[4-2-3-1]を併用しているが、より攻守のバランスに長けた後者の採用が濃厚だ。スタメンに関してはバネガの状態次第でより守備的なMFピサーロがエンゾンジの代役を担う見込みだ。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-2-3-1】</div> ▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180220_0101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:デ・ヘア DF:バレンシア、バイリー、スモーリング、アシュリー・ヤング MF:ポグバ、マティッチ MF:マタ、リンガード、サンチェス FW:ルカク 負傷者:DFロホ、フィル・ジョーンズ、MFポグバ、エレーラ、フェライニ、FWイブラヒモビッチ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関してはロホ、フィル・ジョーンズ、フェライニ、イブラヒモビッチの欠場が決定的に。その一方で、体調不良が回復したポグバやエレーラ、ラッシュフォードが練習復帰を果たしており、起用可能な模様だ。 ▽セビージャ同様に[4-3-3]と[4-2-3-1]を併用しているが、守備のバランスが取りやすい後者の採用が濃厚だ。なお、ポグバのコンディション次第ではマクトミネイが代役を担う可能性がある。また、サンチェスをセカンドトップに配し、マルシャルを左ウイングで起用するより攻撃的なオプションも考えられる。 ★注目選手 ◆セビージャ:MFスティーブン・エンゾンジ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180220_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽セビージャの注目プレーヤーは、中盤の主軸を担うエンゾンジだ。2015年にストーク・シティから加入以降、常に中盤の主軸として活躍してきたエンゾンジだったが、今季はベリッソ前監督との確執や去就騒動によって厳しい序盤戦を過ごした。それでも、モンテッラ新体制に移行してからポジションを再び掴むと、メンバーを固定し切れないチーム事情の中で攻守に戦える闘将として中盤をまとめている。 ▽フィジカルを最大の特長とするユナイテッドとの一戦ではフランス代表の同僚ポグバやマティッチとの球際の勝負で戦いつつ、セットプレーの場面では空中戦の劣勢を跳ね返す存在感を示したい。 ◆マンチェスター・ユナイテッド:FWアレクシス・サンチェス<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180220_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽マンチェスター・ユナイテッドの注目プレーヤーは、今季CL初出場となるサンチェスだ。今季アーセナルがELでの戦いを強いられたため、久々にCLなしのシーズン前半戦を過ごしてきたサンチェスだが、今冬のユナイテッド電撃移籍によって今季CL初出場のチャンスを掴んだ。 ▽ただ、ユナイテッド加入後の公式戦5試合では1ゴール2アシストと一定の数字を残しているものの、周囲との連係面の問題を含め精彩を欠く場面が目立っており、週給50万ポンド(約7500万円)という超高額なサラリーに見合うだけのパフォーマンスを示すことができていない。そのため、逆転でのプレミアリーグ制覇が絶望的な中、自身が今冬に加入した意味を見いだすために今季CL初戦でチームを勝利に導きビッグイヤー制覇に向けた原動力となっていきたい。 2018.02.21 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

コパ・デル・レイ決勝はワンダ・メトロポリターノで4月21日に開催

▽スペインサッカー協会(RFEF)は12日、コパ・デル・レイ決勝バルセロナvsセビージャの日程と試合会場を発表した。 ▽試合日は4月21日に決まり、会場はアトレティコ・マドリーの本拠地で、今季から開場されたワンダ・メトロポリターノに決まった。 ▽3連覇中のバルセロナは30度目の優勝を、セビージャは8シーズンぶり6度目の優勝を懸けて決勝を戦う。 2018.02.13 03:22 Tue
twitterfacebook
thumb

ガンソ、移籍を希望も…

▽セビージャの元ブラジル代表MFガンソ(28)が退団を望んでいるようだ。『T.M.W』が伝えている。 ▽ブラジルの名門サントスで育ったガンソは、2012年にサン・パウロに移籍。2016年夏からセビージャでプレーしている。 ▽ブラジル代表でのプレー経験を持つガンソだが、セビージャに加入してからは出場機会に恵まれず、本来の実力を発揮できないでいる。昨年末に就任したヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下では出場どころかベンチ入りもできず。今季は公式戦11試合出場にとどまっている。 ▽そんな状況から、ガンソは移籍を希望。『T.M.W』が伝えるところによると、同選手の代理人のジュゼッペ・ディオガルディ氏がスペイン『Estadio Deportivo』の取材に対して「私はセビージャに直ちに移籍を容認するよう頼んだ。彼らにパウロ・エンリケ(ガンソ)の能力とスキルはこんなところでくすぶっていてはいけないと説明した。彼にはプレーする時間が必要なんだ」とコメント。 ▽しかし、「ファンも理解してくれている。だが、クラブは違う考えを持っているようだ」として、移籍が認められない現状に不満を表した。 ▽『T.M.W』によれば、ガンソには母国ブラジルの7クラブからのオファーに加え、フェネルバフチェやスポルティング・リスボンも興味を示しているといわれている。 2018.02.11 13:53 Sun
twitterfacebook
thumb

レガネス撃破のセビージャ、コパで無敗を維持して決勝進出を決める

セビージャは7日のコパ・デル・レイ準決勝第2戦でレガネスを2-0と破り、2試合合計スコア3-1で決勝進出を決めた。<br><br>今季コパで無敗を維持してファイナル進出を決めたセビージャ。1935年、2007年、2016年に続き、クラブ史上4度目の無敗でのコパ決勝進出だ。<br><br>セビージャは過去決勝でサバデル(1935年)、ラシン・フェロル(1939年)、セルタ(1948年)、アスレティック・ビルバオ(1955年)、レアル・マドリー(1962年)、ヘタフェ(2007年)、アトレティコ・マドリー(2010年)、バルセロナ(2016年)と対戦している。今季の決勝では、バルセロナ対バレンシアの勝者と対戦する。<br><br>またヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、クラウディオ・ラニエリ監督(1999年・バレンシア)、カルロ・アンチェロッティ氏(2014年・レアル・マドリー)に次いで、コパ史上決勝進出を果たした3人目のイタリア人指揮官となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.08 23:45 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャが躍進レガネス下す! バルサorバレンシアとの決勝へ《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ準決勝2ndレグのセビージャvsレガネスが7日にサンチェス・ピスファンで行われ、2-0でセビージャが勝利。この結果、2戦合計3-1でセビージャが決勝に進出することとなった。 ▽アトレティコ・マドリーを撃破して勝ち上がったセビージャが、レアル・マドリーに競り勝ったレガネスをホームに迎えた一戦。1stレグは1-1のドローに終わったものの、アラベスの本拠地でアウェイゴール1点を奪っていたセビージャがややイニシアチブを握る試合となった。 ▽直近のリーガエスパニョーラ第22節エイバル戦で1-5の大敗を喫したセビージャは、その試合からスタメンを6名変更。ノリートやサンドロ・ラミレス、ロケ・メサらに代えて、ヘスス・ナバス、ムリエル、バネガらを起用した。 ▽ホームで声援の後押しを受けるセビージャは4分、試合開始すぐに惜しいチャンスを得る。ムリエルが相手陣内左サイドで相手DFからボールを奪い、そのまま直進。ボックス手前でカットインを仕掛けてヒールパスで大外を上がるコレアにボールを渡す。しかし、コレアがフリーの状態でボックス内に入れた折り返しは味方に合わなかった。 ▽得点とはならなかったものの、セビージャは前からのプレスでレガネスに良い形でボールを持たせない。 ▽すると15分、エンゾンジの大きな展開から右サイドでボールを持ったサラビアが、前に駆け出したムリエルにシンプルにパスを送る。ムリエルがボックス右で相手DFをかわしてクロスを供給し、最後はコレアが足で合わせて決め切った。 ▽攻撃に移りたいレガネスは精力的にプレッシャーをかけていくが、素早くボールを動かすセビージャから主導権を奪えない。それでも徐々にセビージャの重心が後ろに移っていくと、35分にはディエゴ・リコの左サイドからのクロスに、ボックス内で高く飛び上がったボーヴュが頭で合わせる。ゴールには至らないが、レガネスのチャンスが増えていく。 ▽それでも前半終了間際の42分、再びムリエルが左サイドを侵攻。ボックス左から中央マイナス気味に折り返すと、バネガがシュートを放ったがDFティトにブロックされた。 ▽前半はセビージャが1-0でリードしたまま終了。緊迫した展開のまま、試合は折り返しを迎える。 ▽後半に入ると、試合は身体のぶつかり合いが多いやや白熱した展開に。49分にはボックス手前やや左で得たFKをボーヴュが直接狙ったが、枠を外れていく。 ▽アムラバトやエル・ザハルに早めにボールを預けつつ、ややレガネスがペースを握り始める。58分にはセットプレーの流れからバレンシア陣内中央でルーズボールを拾ったルベン・ペレスがロングシュート。得点とはならなかったが、強烈なシュートがGKセルヒオ・リコを脅かした。 ▽それでも、危険な時間帯にバネガが幾度も相手のチャンスを潰す活躍をみせると、再びセビージャの時間帯に。しかし、決定機を作るまでは至らない。 ▽終盤の83分、セビージャにアクシデントが発生する。接触のないところでバネガが足の痛みを訴えて、ピサーロとの交代を余儀なくされてしまう。 ▽それでも試合終了間際の90分、カウンターからボックス内左に侵攻したフランコ・バスケスが、左足を一閃。ゴール左上を射抜き、点差を広げた。 ▽この結果、2戦合計3-1でセビージャが勝利。バルセロナvsバレンシアの勝者が待つ決勝に歩を進めることとなった。 2018.02.08 07:21 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース