清武セビージャと岡崎レスターが激突! 王者レアル・マドリーはナポリと対戦《CL》2016.12.12 20:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の抽選会が12日にスイスのニヨンで行われ、8つの対戦カードが決定した。

▽前回王者のレアル・マドリーはナポリと激突。バルセロナはパリ・サンジェルマンと対戦する。その他、バイエルンvsアーセナルのビッグマッチが実現した。

▽また、日本人選手が所属クラブでは、MF清武弘嗣のセビージャとFW岡崎慎司のレスター・シティが対峙。MF香川真司が所属するドルトムントは、ベンフィカと相対することになった。

▽決勝トーナメント1回戦は、1stレグが来年2月14日、15日、21日、22日に開催。2ndレグは3月7日、8日、14日、15日に行われる。

(C)CWS Brains,LTD.
◆決勝トーナメント1回戦※左側が1stレグをホーム
マンチェスター・シティ(イングランド) vs モナコ(フランス)
レアル・マドリー(スペイン) vs ナポリ(イタリア)
ベンフィカ(ポルトガル) vs ドルトムント(ドイツ)
バイエルン(ドイツ) vs アーセナル(イングランド)
ポルト(ポルトガル) vs ユベントス(イタリア)
レバークーゼン(ドイツ) vs アトレティコ・マドリー(スペイン)
パリ・サンジェルマン(フランス) vs バルセロナ(スペイン)
セビージャ(スペイン) vs レスター・シティ(イングランド)

コメント

関連ニュース

thumb

サンパオリ率いるセビージャ、クラブ史上最高記録の勝ち点42でリーガ前半戦終える

22日のリーガエスパニョーラ第19節、セビージャは敵地エル・サダールでのオサスナ戦に4&minus;3で勝利した。同チームは勝ち点42の2位でリーガ前半戦を終えたが、これはクラブ史上最高の記録となった。<br><br>今季より攻撃的フットボールを信奉するホルヘ・サンパオリ監督が指揮を執るセビージャだが、その賭けは的中したようだ。これまでにリーガ前半戦で獲得した勝ち点数の最高記録は、ウナイ・エメリ前監督率いた2013&minus;14シーズンの39ポイント。サンパオリ監督はそれを上回り、なおかつ首位レアル・マドリー(1試合未消化)と勝ち点1差の2位につけている。<br><br>サンパオリ監督はオサスナ戦後、新記録を樹立したことに大きな満足感を表している。<br><br>「勝ち点の記録は、私にとってとても重要だ。前半戦に成し遂げたことへの確信を持て、今後訪れることに向けての自信となる。これからも難しい挑戦が待ち受けているが、それに立ち向かっていくよ。この記録をコーチ陣、選手たちと分かち合いたい」<br><br>提供:goal.com 2017.01.23 12:55 Mon
twitterfacebook
thumb

最下位オサスナとの打ち合い制したセビージャがリーガ5連勝! 清武は2017年リーガで初ベンチも出場なし《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第19節、オサスナvsセビージャが22日にエル・サダールで行われ、アウェイのセビージャが4-3で勝利した。セビージャのMF清武弘嗣はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節、首位レアル・マドリーとの頂上決戦を劇的な逆転勝利で飾った2位セビージャは、リーグ4連勝達成。5連勝を目指す今節は、最下位オサスナとのアウェイゲームに臨んだ。マドリー戦からのメンバー変更は2点。負傷のナスリ、ビトロに代わって、メルカド、これがリーガ初先発となるヨベティッチが起用され、そのヨベティッチとイェデルが2トップ、フランコ・バスケスがトップ下に入る[3-5-2]の布陣を採用した。なお、清武は2017年のリーガで初のベンチ入りを果たした。 ▽極寒のパンプローナの地で幕を開けた一戦。球際の激しさや集中力で勝るホームチームが最高の入りを見せると、格上セビージャ相手に先制点を奪う。15分、右サイド深くで得たスローインからボックス右でボールを受けたロベルト・トーレスが間髪入れずに折り返すと、ニアに走り込んだセルヒオ・レオンが右足で流し込んだ。 ▽DFラミ、DFパレハの対応の遅れから最下位相手に先制を許したセビージャは、その後も相手の鋭い出足に苦戦し、なかなか攻撃の形を作れない。逆に、32分には相手の右CKからゴール前のセルヒオ・レオンに決定機を許すが、至近距離からのシュートを守護神セルヒオ・リコが見事なセーブで阻み、追加点を許さない。 ▽守護神のビッグセーブに救われたセビージャは、前半終盤にかけて攻撃の形を作り始めると、43分に同点に追いつく。右サイドを起点にした攻めからペナルティアーク付近のイボーラが意表を突いたジャンピングボレーを放つ。これは左ポストを叩くが、跳ね返りを拾ったヨベティッチの折り返しを、再びイボーラが蹴り込んだ。その後、45分にロベルト・トーレスの直接FKであわやという場面を作られたものの、このピンチをGKセルヒオ・リコが救い、前半を1-1のイーブンで終えた。 ▽後半に入って主導権を握るセビージャだが、53分に裏へ抜け出したロベルト・トーレスに際どいシュートを許すなど、後半も相手のカウンターに苦しむ。すると63分、右サイドからのクロスの対応にあたったイボーラのクリアミスがゴール左に吸い込まれ、後半も先にゴールを許してしまった。 ▽再びビハインドを追う展開となったセビージャだったが、失点からわずか2分後にスコアをタイに戻す。ボックス左でヨベティッチのパスを受けたイェデルのシュートはGKマリオ・フェルナンデスに阻まれるが、ゴール前でこぼれ球に反応したイボーラが冷静に頭で押し込み、先ほどのオウンゴールを帳消しにするこの試合2点目を奪った。 ▽その後、DFメルカドを下げてサラビアを投入し、システムを[4-2-3-1]に変更して勝ち越しゴールを目指すセビージャは、80分に逆転に成功する。右CKの場面でサラビアのクロスをゴール前のフランコ・バスケスが頭で流し込んだ。 ▽この試合で初めてリードを奪ったセビージャは、バスケス、イェデルと攻撃的な選手をベンチに下げてクラネビッテル、コレアを投入し、逃げ切りを図る。試合終了間際にはサラビアの見事なシュートでリードを2点に広げるも、相手ラストプレーでコドロに意地のヘディングシュートを決められ、結局試合は4-3でタイムアップ。最下位オサスナとの激しい打ち合いを制したセビージャが、苦しみながらもリーガ5連勝を達成した。 2017.01.22 21:58 Sun
twitterfacebook
thumb

「メッシはバットマンと一緒だ」と語るセビージャ指揮官サンパオリ、その真意とは...

セビージャを率いるホルヘ・サンパオリ監督は、バルセロナFWリオネル・メッシが世界一の選手であることに疑いの余地はないと主張した。<br><br>2010年の初受賞からこれまで5度のバロンドール賞(FIFAバロンドール賞含む)受賞を果たしているメッシ。昨年のバロンドールはレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドに明け渡したものの、通算受賞回数ではアルゼンチン代表FWを上回る選手は存在しない。<br><br>サンパオリ監督は、『Bein Sports』のインタビューでメッシに触れている。「メッシと他選手との比較? それは偉大な警察官とバットマンを比べるようなものだ」。アルゼンチン人指揮官は独特の言い回しで同胞FWを称賛した。<br><br>また、サンパオリ監督は「他国で達成したことを、スペインでも達成できるか試してみたかった」とセビージャ指揮官就任の理由を明かした。さらに「レアル・マドリー相手に勝利するなど想像すらしなかった」と先日のビッグクラブ撃破を語っている。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 20:05 Fri
twitterfacebook
thumb

古巣セビージャの試合を解説した新潟FW指宿洋史「今季のセビージャは面白い」、リーガで日本人が成功する秘訣も語る

▽リーガ・エスパニョーラを放送するWOWOWが、今シーズンも「現役Jリーガー解説」を実施した。 ▽1月8日に行われたレアル・ソシエダvsセビージャでは、かつてセビージャでプレーしたアルビレックス新潟のFW指宿洋史選手が解説を担当。超ワールドサッカーでは、放送終了後に指宿選手にインタビューを実施。セビージャや今シーズンのリーガ・エスパニョーラについて、そしてアルビレックス新潟でのプレーについてお聞きした。(インタビューは1月8日に実施) <span style="font-weight:700;">◆FW指宿洋史(アルビレックス新潟)</span> <span style="font-weight:700;">──解説お疲れ様でした。今回担当されたのは古巣でもあるセビージャの試合でしたが印象はいかがですか</span> 「渋い試合になったなというのが率直な印象ですかね。お互い前からプレッシャーをかけていたので、お互いがお互いの良さを打ち消していた戦いでした。結果だけ見てみると、セビージャとしてはアウェイでしたし、戦い方としてはホームとは違います。それはそれで結果がしっかりとついてきたので、良かったと思います」 <span style="font-weight:700;">──現在も普段からリーガ・エスパニョーラは観られていますか</span> 「シーズン中はなかなか自分のことでいっぱい、いっぱいですが、オフ期間などは観たりしています」 <span style="font-weight:700;">──現在のセビージャには当時一緒にやられていた選手などはいますか</span> 「ほとんどいないですね。GKのセルヒオ・リコ選手が一緒にやっていましたが、彼ぐらいですかね」 <span style="font-weight:700;">──当時とは監督や選手が違いますが、当時と比べて今のセビージャの印象はいかがですか</span> 「もちろんフォーメーションも違います。当時は4-4-2でやっていて、ヘスス・ナバスとかペロッティとか、サイドに典型的なドリブラーがいました。そして、中にはネグレド、カヌーテ、僕が行く少し前にはルイス・ファビアーノが居た時代ですね。あとは、ディエゴ・カペルとか。その時代に比べたら、大分変わりました」 「今シーズンのセビージャは面白いですね。監督の狙いというか、相手としたら非常にやりにくいチームになっているなと思います。試合によって戦い方も変わりますが、それでも結果がついてきています。単純にすごいなと思いますね」 「試合ごとにやり方を変えると自分たちのスタイルが分からなくなるので、難しいと思いますし、選手も戸惑いが生まれると思います。それでも結果を残しているというところは凄いと思います」 <span style="font-weight:700;">◆リーガで苦しむ日本人の要因は「戦術の理解度とハードワーク」</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170119_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──U-22日本代表で一緒にプレーしたMF清武弘嗣選手が在籍していますが、どのような印象でしょうか</span> 「単純に頑張ってもらいたいです。上手いですし、できると思います。ただ、セビージャは今非常に調子が良いので、難しいのも事実だと思います。頑張ってもらいたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──リーガ・エスパニョーラで日本人選手があまり活躍できないということがこれまでもありましたが、そこも含めて期待ということですかね</span> 「もちろんですね。それはやってもらいたいです」 <span style="font-weight:700;">──リーガ・エスパニョーラで日本人選手が成功できない難しさはどこにあると思われますか</span> 「一概に何がというと難しいですが、まずは戦術の理解度というのが非常に必要になるリーグだと思います。あとは、ハードワークを非常に求められるところですね。ボールを持っていないところでのハードワークが、実は求められているリーグなのかなと思います」 「日本人選手というのは、上手い選手は多いですし、ボールを持った時に何かができる選手というのは多いと思います。じゃあ、ボールを持っていないときにどれだけハードワークするかというところが非常に求められています。そこに戦術の理解度、そして言葉の壁もあります。そこに難しさがあるのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──実際にスペインでプレーされて感じた難しさなどはありますか</span> 「僕の場合は、色々な戦術の基盤などを柏レイソルのユース時代に植え付けられていたことと、若い時に行ったので、慣れることは早かったと思います。スポンジ状態だったので、全てを受け入れることができました」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンのリーガはどのように観られていますか</span> 「分からないですね(笑)。マドリッドが強いなという印象と、バルサには頑張って欲しいんですが、徐々に綻びが見え始めているかなという感じがしています。元々どちらが好きかと言われれば若干バルサが好きなので、悲しくもあります。ただ、変換期として良いタイミングなのかなとも思います。もう少しバルサが頑張ってくれないとリーグも楽しくなくなるかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──セビージャがそこに絡んでくると面白いですね</span> 「そうですね。ぜひ絡んでいただきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──現在ヨーロッパでプレーする選手で気になる選手などはいますか</span> 「自分と一緒にやっていた選手の動向は気になりますね。僕と一緒にやっていた選手は何人か活躍しているので、そこは注目しています」 <span style="font-weight:700;">◆今シーズンは「1点でも多く獲る」</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170119_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-weight:700;">──話題を指宿選手のことに変えましょう。昨シーズンは難しいシーズンを過ごされたかと思いますが、改めて振り返ってみていかがですか</span> 「悔しいシーズンでした。自分自身も結果が出ず、チームとしても結果が出せなかったです。ただ、J1に残留できてもう1年チャンスがあるというのは、幸運なことだと思います。ただ、悔しかったです」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンはどのようなシーズンにしたいですか</span> 「まずは1試合でも多く勝ちたいですし、僕は1点でも多く獲りたいです。本当にそれだけですね。去年の結果を超えなかったら降格しかないので、そういった意味では去年を超えたいです」 <span style="font-weight:700;">──チームの先には日本代表という目標もあると思いますが</span> 「チームで活躍して、チームでスタメンを取って、チームが勝つ。自分が点を獲ってチームが勝つというのが第一の目標です。代表については、後からついてくることだと思いますので、まずはチームに集中してやっていきたいです」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr style="background-color:#000000;height:2px;border:none;">スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ WOWOWでは毎節最大5試合を生中継! <a href="https://goo.gl/pVkwE6" target="_blank">WOWOW番組オフィシャルサイト</a><hr style="background-color:#000000;height:2px;border:none;"></div> 2017.01.19 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

清武弘嗣に司令塔を失ったマインツが興味も…中小クラブには移籍金8億円が高い壁か

マインツが日本代表MF清武弘嗣の獲得に興味を示しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。<br><br>清武は昨夏にヨーロッパリーグ王者であるセビージャへ加わったが、ホルヘ・サンパオリ監督の元で構想外となっている。リーグ戦ではわずか4試合の出場にとどまり、その活躍をスペインで見ることが難しいというのが現実だ。そのため、今冬は国外クラブを中心に清武の動向を気にかけている。<br><br>ブンデスリーガのマインツもそのクラブの一つだ。今冬、司令塔であるトルコ代表MFユヌス・マリを1250万ユーロ(約15億円)でヴォルフスブルクへと放出した。そのため、クラブは新たなプレーメーカーの確保に動いているが、清武に付けられている700万ユーロ(約8億5000万円)という額が高く、手が出せないと伝えられている。<br><br>連日伝えられている清武の去就問題。今後、どのような結末を迎えることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.19 19:18 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース