清武セビージャと岡崎レスターが激突! 王者レアル・マドリーはナポリと対戦《CL》2016.12.12 20:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の抽選会が12日にスイスのニヨンで行われ、8つの対戦カードが決定した。

▽前回王者のレアル・マドリーはナポリと激突。バルセロナはパリ・サンジェルマンと対戦する。その他、バイエルンvsアーセナルのビッグマッチが実現した。

▽また、日本人選手が所属クラブでは、MF清武弘嗣のセビージャとFW岡崎慎司のレスター・シティが対峙。MF香川真司が所属するドルトムントは、ベンフィカと相対することになった。

▽決勝トーナメント1回戦は、1stレグが来年2月14日、15日、21日、22日に開催。2ndレグは3月7日、8日、14日、15日に行われる。

(C)CWS Brains,LTD.
◆決勝トーナメント1回戦※左側が1stレグをホーム
マンチェスター・シティ(イングランド) vs モナコ(フランス)
レアル・マドリー(スペイン) vs ナポリ(イタリア)
ベンフィカ(ポルトガル) vs ドルトムント(ドイツ)
バイエルン(ドイツ) vs アーセナル(イングランド)
ポルト(ポルトガル) vs ユベントス(イタリア)
レバークーゼン(ドイツ) vs アトレティコ・マドリー(スペイン)
パリ・サンジェルマン(フランス) vs バルセロナ(スペイン)
セビージャ(スペイン) vs レスター・シティ(イングランド)

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコに敗れたセビージャ、サンパオリは「リーガ優勝のチャンスは遠のいた」

19日のリーガエスパニョーラ第28節、セビージャは敵地ビセンテ・カルデロンでのアトレティコ・マドリー戦を1-3で落としている。ホルヘ・サンパオリ監督は試合後、チャンピオンズリーグ(CL)敗退の影響もあり、チームの士気が落ちていた可能性を否定しなかった。<br><br>スペイン『アス』がアルゼンチン人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「厳しい敗戦を強いられた後に、これだけ強い相手と戦うことになった&hellip;&hellip;。しかしチームは最後まで戦ったよ。それが痛みを取り除くわけではないが、期待を生じさせるものだ」<br><br>「成功をつかめず、フラストレーションはほろ苦さがあるのは当たり前だ。我々はCLで厳しい打撃を受けていた。これから解決策と本当のセビージャを見つけなくてはならない」<br><br>これで首位レアル・マドリー(1試合未消化)との勝ち点差は8に広がったが、サンパオリ監督は優勝の可能性が遠のいたことを認める。<br><br>「リーガ(優勝)のチャンスは、当然遠のいた。今はCLにストレートインすることをだけを考えなくてはならない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.20 21:48 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:アトレティコ・マドリー 3-1 セビージャ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第28節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが19日にビセンテ・カルデロンで行われ、ホームのアトレティコが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アトレティコ・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170320_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オブラク 5.5 枠内シュートがほとんどなかった中、コレアに一矢報いられる DF 16 ヴルサリコ - 足を痛めて開始2分に負傷交代… (→フアンフラン 6.0) 緊急投入も攻守に安定感が光った。3点目をお膳立て 15 サビッチ 6.0 チームが押し込んでいたことで、常に優位な形で守れていた 2 ゴディン 6.5 値千金の先制点を奪取。守備でもタイトなチェックで相手攻撃陣に仕事をさせず 3 フィリペ・ルイス 6.5 相手に削られる場面も多かったが、積極果敢な仕掛けとソリッドな守備で躍動 MF 10 カラスコ 6.5 縦への鋭い仕掛けでチームに推進力を与えた (→ガイタン -) 14 ガビ 6.5 コンディション万全の状態で読みの利いた守備など、中盤を掌握した 8 サウール・ニゲス 6.5 球際の強さを生かして相手のボールロストを誘う。随所にカウンターの起点となった 6 コケ 6.5 ごっつぁんゴールでダメ押しの3点目を記録。闘争心溢れる守備に加え、高精度の繫ぎでリズムを作った FW 7 グリーズマン 7.0 圧巻の直接FK含めて全ゴールを演出。まさにエースの仕事ぶり 21 ガメイロ 6.5 ゴールこそなかったが、鋭い仕掛けで相手のファウルを誘うなど、相手の脅威となった (→トーレス 6.0) 脳震とうから待望の戦列復帰。早速、ゴールチャンスに絡んだ 監督 シメオネ 6.5 普段と微妙に配置を変えるなど、サンパオリ監督との戦術家対決に完勝 ▽セビージャ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170320_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 セルヒオ・リコ 6.0 守備陣が崩された中、再三に渡る好セーブで一人気を吐いた DF 3 マリアーノ 5.0 流動的なポジショニングで攻撃に絡んだが、効果的ではなかった 24 メルカド 5.0 2失点目に繫がるファウルを犯すなど、スピードに乗った相手の対応に苦戦 23 ラミ 5.5 繫ぎの場面での貢献や球際での粘りなど、意地は見せた 5 ラングレ 5.5 可もなく不可もない出来 (→ヨベティッチ 5.0) 後半スタートからの投入もうまく試合に入れず、ほぼ消えていた 17 サラビア 5.5 左ウイングバックに右サイドハーフと便利屋としてマルチタスクを担ったが、効果的に機能せず (→イボーラ 5.5) 球際で闘う姿勢は見せた MF 15 エンゾンジ 5.5 中盤のリスク管理を一手に背負い、攻撃面に絡めなかった 10 ナスリ 5.0 スタートは1トップ。途中からボランチを務めるが、ほとんど決定機に絡めなかった 20 ビトロ 5.0 両ウイングでプレーもチームに推進力を与えられず 18 エスクデロ 5.5 慣れないボランチと本職の左サイドでプレー。後半は持ち直した FW 12 イェデル 5.0 指揮官の難解な戦術の犠牲者となり、ほぼ見せ場はなかった (→コレア 6.0) 見事な仕掛けから一矢報いる1ゴール 監督 サンパオリ 4.5 相手をかく乱させる意図の配置換えで、逆に自チームを混乱に陥れてしまった… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! グリーズマン(アトレティコ・マドリー) ▽流れの中での貢献に加え、プレースキッカーとしても異次元のレベルにあることを証明。ビッグマッチで見事にチームを勝たせた。 アトレティコ・マドリー 3-1 セビージャ 【アトレティコ・マドリー】 ゴディン(前37) グリーズマン(後16) コケ(後32) 【セビージャ】 コレア(後40) 2017.03.20 02:24 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコがセビージャとの上位対決に完勝! グリーズマンが圧巻直接FK含む全ゴール演出!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第28節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが19日にビセンテ・カルデロンで行われ、ホームのアトレティコが3-1で勝利した。 ▽4位アトレティコ(勝ち点52)と3位セビージャ(勝ち点57)による上位対決。この上位対決をホームで戦うアトレティコは、15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)レバークーゼン戦をゴールレスドローで終えるも、1stレグのアドバンテージをきっちり生かして4年連続のベスト8進出を果たした。敵地での前回対戦で0-1の敗戦を喫したセビージャとのリターンマッチに向けては、レバークーゼン戦から先発3人を変更。出場停止明けのガビとフィリペ・ルイス、負傷明けのガメイロが復帰した。 ▽一方、ナスリの退場やエンゾンジのPK失敗が響き、14日に行われたCLレスター戦に敗れたセビージャは、クラブ史上初のベスト8進出を逃した。心身ともに疲労を抱えるチームは、その試合から中4日でアトレティコとのビッグマッチに臨んだ。直近の公式戦3試合未勝利と、今季最大の不振に苦しむサンパオリ監督率いるチームは、レスター戦から先発2人を変更。パレハとイボーラに代えて、ラングレとマリアーノを起用し、[5-4-1]の布陣を採用した。 ▽注目の上位対決は、開始直後にいきなりアクシデントが起こる。接触プレーのない場面で足を負傷したヴルサリコがプレー続行不可能となり、開始2分にフアンフランとの交代を強いられた。 ▽キックオフ直後に交代枠を切ることになったアトレティコだったが、ホームサポーターの歓声を後押しに立ち上がりから相手を押し込む。13分にはカラスコのフィードに抜け出したガメイロがGKの前目のポジションを確認し、意表を突いたロングループシュートを放つ。だが、これはGKセルヒオ・リコが何とか触り、ボールはクロスバーを叩いた。 ▽守護神のビッグセーブで失点を免れたものの、左ウイングバックにサラビア、ボランチにエスクデロ、1トップにナスリを据えるなど、本来のポジションとは別のポジションに選手を配置する奇策がハマらないセビージャは、各ポジションのウィークポイントばかりが目につき、なかなか流れを作れない。この状況を受けてサンパオリ監督は、前半半ばに選手たちのポジションを適材適所に配置し直す。すると、この変更をキッカケに押し返し始める。 ▽一方、ガメイロの決定機以降、なかなかチャンスを作れずにいたアトレティコだったが、ビッグマッチで真価を発揮する闘将が得意のセットプレーからスコアを動かす。37分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのグリーズマンがファーサイドに浮き球のボールを入れる。これに反応したゴディンが豪快なヘディングで流し込んだ。 ▽アトレティコの1点リードで折り返した後半、先に動きを見せたのはセビージャ。DFラングレを下げてFWヨベティッチをハーフタイム明けに投入し、アンカーにエンゾンジを配した[4-1-4-1]にシステムを変更した。 ▽ここから攻勢に出たいセビージャだったが、組織的なプレスに加え、球際で強さを見せるアトレティコに前半以上に苦戦。中盤でボールを失っては相手の高速カウンターの餌食に遭い、後半立ち上がりにはカラスコ、グリーズマンに続けて決定機を許した。50分には左サイドのエスクデロからのクロスをサラビアがバックヒールで合わせるが、GK正面を突いた。 ▽さらに、60分にはガメイロにドリブルで中央突破を許し、ボックス手前の危険なエリアでDFメルカドが痛恨のファウルを犯してしまう。すると、このFKからアトレティコに追加点が生まれる。ボックス手前やや右の位置で得たFKの場面でキッカーのグリーズマンが左足を振り抜くと、鋭いシュートがゴール右上隅のクロスバー内側を叩きゴールネットに吸い込まれた。 ▽この追加点で勝利を大きく引き寄せたアトレティコは、得点直後の63分にガメイロを下げて、脳震とうから実戦復帰のトーレスが投入され、ビセンテ・カルデロンをさらに沸かせる。一方、流れを変えたいセビージャは65分にサラビア、イェデルを下げて、イボーラとコレアを同時投入した。 ▽その後もアトレティコペースで試合が進む中、77分に試合を決定付ける3点目が生まれる。ショートカウンターから右サイドを持ち上がったグリーズマンのスルーパスに抜け出したフアンフランがボックス右ライン際でクロス。これをGKセルヒオ・リコが弾いたボールがゴール前でドフリーのコケの足元に転がり、コケは難なく流し込んだ。 ▽敗色濃厚も意地を見せたいセビージャは、85分に左サイドを単騎突破で崩したコレアがボックス左に持ち込んで右足のシュートをゴール右隅に流し込み、一矢を報いた。だが、その後はトーレスに幾度も決定機が訪れるなど、お祭りムードの試合を3-1のままきっちり締めくくったアトレティコがホームで完勝。注目の上位対決を制したアトレティコが、リーグ戦3連勝を飾った。 2017.03.20 02:23 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェラード氏、レスター戦で退場のナスリを批判「アマチュア選手のようだった」

元リバプールのスティーブン・ジェラード氏が、ビッグマッチで軽率な行為から退場処分を受けたセビージャMFサミル・ナスリを批判している。<br><br>セビージャは14日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグでレスター・シティと対戦して、0-2と敗れた。ナスリは1点ビハインドの73分、相手FWジェイミー・ヴァーディと小競り合いになり、2枚目のイエローカードを出されて退場を言い渡された。<br><br>ジェラード氏は、ナスリの退場を痛烈に批判している。<br><br>「すでにイエローを1枚受けていたわけだから、ナスリの行為はバカげたものだった。彼のような経験のある選手がすることではなかった。まるでアマチュアの選手のようだった」<br><br>ホームの1stレグを2-1と制していたセビージャだが、敵地キング・パワー・スタジアムで敗れて2試合合計スコア2-3でベスト16敗退が決定した。1957-58シーズンのチャンピオンズカップ(CLの前身)以来となるベスト8進出の夢は、またも絶たれることとなった。<br>提供:goal.com 2017.03.16 22:52 Thu
twitterfacebook
thumb

サンパオリ、ルイス・エンリケの後任にはならず...クラブはマルティーノ氏の二の舞恐れる

セビージャのホルヘ・サンパオリ監督が、来季バルセロナを率いることはなさそうだ。<br><br>バルセロナは先日、ルイス・エンリケ監督が今季限りでの退任を表明していた。クラブはシーズン終了までに後任を定める意向で、サンパオリ監督、アスレティック・ビルバオのエルネスト・バルベルデ監督、現在アシスタントコーチを務めるカルロス・ウンスエ氏らが候補だと目されているところだ。<br><br>だがサンパオリ監督は「候補リスト」から外れた模様だ。『カタルーニャ・ラジオ』によると、アルゼンチン人指揮官はセビージャでの続投を決意したという。<br><br>加えて、バルセロナ側もサンパオリ監督の招へいに難色を示しているとみられる。2013-14シーズンにヘラルド・マルティーノ監督に指揮を託し、失敗した過去があるからだ。<br><br>バルセロナは故ティト・ビラノバ氏の後任として、マルティーノ監督を就任させた。が、バルセロナでのプレー経験・指導経験のないアルゼンチン人指揮官はプレースタイルをチームに浸透させることに苦しみ、結果も伴わず無冠でシーズンを終えてわずか1年で退任していた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.16 21:45 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース