【CLグループG総括】プレミア低調の初出場レスターが首位通過2016.12.10 07:36 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽組み合わせに恵まれたこともあって初出場のプレミア王者レスターが首位通過を果たした。2位は経験値で他3クラブを上回るポルトとなった。

■グループG順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.レスター・シティ[13/4/1/1/1]
2.ポルト[11/3/2/1/6]
3.コペンハーゲン[9/2/3/1/5]
4.クラブ・ブルージュ[0/0/0/6/-12]

◆プレミアでは低調もCLに照準で首位通過~レスター・シティ~
Getty Images
▽選手層の薄さが響いてプレミアリーグに悪影響が出てしまったが、CLに照準を合わせたことで確実に勝ち点を積み上げた。最弱のクラブ・ブルージュに2勝し、コペンハーゲンに1勝1分けと取りこぼさなかった。CL初参戦の岡崎はスリマニの負傷離脱のチャンスを生かして第5節クラブ・ブルージュ戦で初先発し、CL初ゴールをマーク。首位通過を決める要因となった。

◆ノルマの決勝T進出は果たす~ポルト~
Getty Images
▽得点源のアブバカルや守備の軸となっていたマルティンス・インディを失った中、若手主体のチームは無難に決勝トーナメント進出を果たした。アブバカルの代役は21歳の若き至宝アンドレ・シウバが埋め、マルティンス・インディの穴はフェリペがしっかりと埋めた。そして、勝利すれば突破となるレスターとの最終節では5-0と圧勝し、文句なく決勝トーナメント行きを決めている。

◆ホームで強さ発揮も届かず~コペンハーゲン~
Getty Images
▽最終節までポルトと決勝トーナメント進出を懸けて戦い抜いた。北欧らしい堅守からの速攻でレスターやポルトを苦しめた。ホームでは相変わらずの強さを見せ、レスターとポルトに引き分けている。しかし、最終節ではクラブ・ブルージュに勝利したもののポルトも勝利したために届かず、ELに回る形となった。

◆鴨となったベルギー王者~クラブ・ブルージュ~
Getty Images
▽ベルギー王者はディナモ・ザグレブに並ぶ今大会歳弱のチームだった。6試合で2ゴール14失点と攻守に脆さがあり、グループ内で鴨となってしまった。

コメント

関連ニュース

thumb

レスター指揮官、同点ゴールのマフレズ称賛! 降格圏内転落も巻き返し誓う

▽レスター・シティを率いるクレイグ・シェイクスピア監督は、WBA戦を振り返り、今後の巻き返しを誓っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽レスターは16日、プレミアリーグ第8節でWBAとのホーム戦に臨んだ。開幕後、1勝しかできていないレスターにとっては、きっちりと白星を飾りたい一戦だったが、63分にWBAのシャドリに直接FKを決められ、先制を許してしまう。それでもレスターは80分、左サイドからのクロスの落としをボックス右で受けたマフレズが胸トラップから右足を一閃して試合を振り出しに戻した。しかしその後、レスターは逆転ゴールを奪えずドロー決着。降格圏内である18位に後退した。 ▽シェイクスピア監督は試合後、同点ゴールを奪ったマフレズについて称賛している。また、降格圏内に転落したことについて「このリーグの監督をやっていれば誰にでも起こること」とコメントし、今後の巻き返しを誓った。 「マフレズにはゴールの直前に大きなチャンスがあった。しかし、決めきることができず、がっかりしていた。それでも、ゴールを決めたシーンでのファーストタッチは素晴らしかったよ。その後も、自分の才能を発揮していたね」 「苦手な右足でのシュートだったがよく抑えることができていたと思う。何より喜ばしいことは彼がゴールを狙い続けたことなんだ」 「(降格圏内に転落したことについて)プレミアリーグやこのリーグの監督をやっていれば誰にでも起こることだ。一生懸命プレーし、激しいトレーニングをやっていくことがフットボールの本質でもある。我々は変わっていけると思っているし、そのための勝利が必要だ。きっと、我々が順位を上げていくことを見てもらえると思うよ」 2017.10.17 09:23 Tue
twitterfacebook
thumb

岡崎不出場のレスター、マフレズ弾でWBAにドローも降格圏に後退《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは16日、プレミアリーグ第8節でWBAをホームに迎え、1-1で引き分けた。レスターのFW岡崎慎司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ボーンマス戦を圧倒されながらもゴールレスドローに持ち込んだ17位レスター(勝ち点5)は、岡崎が3試合ぶりにベンチスタートとなり、イヘアナチョが先発となった。 ▽前節ワトフォード戦を2-2と引き分けて5試合勝利のない10位WBA(勝ち点9)に対し、序盤にマフレズのFKからゴールに迫ったレスターが徐々に圧力を強めていく展開とする。 ▽しかし、自陣に守備ブロックを作るWBAに対し、レスターはポゼッションこそするものの、崩せない状況が続いた。 ▽そんな中、35分にようやくレスターに決定機。左CKのルーズボールがボックス右に流れたところをシンプソンがダイレクトでシュート。枠を捉えていたが、GKのセーブに阻まれてしまった。ハーフタイムにかけてもレスターがボールを持ったが、チャンスは作れずに前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半も圧力をかけたレスターは51分に大チャンス。ヴァーディのヒールパスに抜け出したオルブライトンがボックス左深くまで侵入。折り返しをマフレズがシュートしたが、枠の上に外してしまった。 ▽その後は一進一退の攻防となると、63分にWBAが均衡を破った。ゴール正面やや右で得たFKをシャドリが直接狙うと、GKシュマイケルの逆を突いたシュートがゴール右に決まった。 ▽ワンチャンスを活かされて失点したレスターは、前がかったものの攻めあぐねる状況が続く。そこで74分、イヘアナチョに代えてスリマニを、シンプソンに代えてチルウェル投入し、[3-5-2]に布陣変更した。 ▽すると80分、レスターが交代選手2人の働きによって同点に追いついた。チルウェルの左クロスをファーサイドのスリマニがヘッドで落とすと、これを受けたボックス右のマフレズが胸トラップから右足を一閃。うまく捉えたボレーシュートがゴール左に決まった。 ▽その後、マグワイアの強烈なミドルシュートでゴールに迫ったレスターだったが、GKにセーブされると、終盤にかけてはチャンスを生み出せずにタイムアップ。勝ち点1を積み上げるにとどまり、降格圏の18位に後退している。 2017.10.17 06:02 Tue
twitterfacebook
thumb

“14秒”の男が“14番”の男に! レスター移籍失敗のアドリエン・シウバの背番号が決まる

▽今夏わずか“14秒”の遅れで移籍が実現しなかったポルトガル代表MFアドリエン・シウバだが、ついにレスター・シティでのトレーニング参加が認められた。 ▽スポルティング・リスボンに所属していたアドリエン・シウバは、今夏の移籍最終日にレスターへの移籍が発表。しかし、国際移籍証明書を発行するための書類が“14秒”間に合わず、移籍が認められなかった。 ▽レスターはFIFAに対し抗議を繰り返していたが、結局移籍は認められず、選手登録は来年1月まで不可能に。アドリエン・シウバはレスターのトレーニングにも参加が認められていなかったが、この度グリーンライト(許可)が出され、12日のトレーニグから無事に参加した。 ▽試合出場や選手登録は不可能だが、チームでトレーニングが可能になったアドリエン・シウバ。しかし、そのためには背番号が必要となり、レスターは考えた。 ▽アドリエン・シウバが着用するトレーニングシャツに記された番号は「14」。なんとも因縁深い番号を背負うことになったが、1月以降は“14秒”の遅れを取り戻す活躍を見せてほしいものだ。 2017.10.14 01:06 Sat
twitterfacebook
thumb

“14秒”が明暗を分ける…レスターが獲得のアドリエン・シウバは1月までプレーできず

▽FIFA(国際サッカー連盟)は4日、スポルティング・リスボンから今夏レスター・シティへと移籍したポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(28)に関して、FA(イングランドサッカー協会)の訴えを却下することを発表した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽レスターは、今夏移籍市場の最終日である8月31日にスポルティング・リスボンからアドリエン・シウバを2200万ポンド(約31億1500万円)の移籍金で獲得することで合意と発表。しかし、書類の到着が“14秒”遅かったため、FIFAからの国際移籍証明書が発行されず、選手登録が不可能とされていた。 ▽レスターやFAは、アドリエン・シウバの移籍を認めてもらうように訴えていたものの、FIFAはルールにのっとりこれを却下。この決定により、アドリエン・シウバは来年1月になるまで、プレーすることができなくなった。 2017.10.04 20:33 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎先発のレスターはゴールレスドロー…リーグ戦5試合白星なし《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第7節、ボーンマスvsレスター・シティが9月30日に行われ、0-0で引き分けた。レスターのFW岡崎慎司は先発出場。69分までプレーした。 ▽ここまで1勝4敗1分けと苦しんでいる17位のレスターは、2-3と惜敗した前節のリバプール戦から、チルウェルとマフレズを変更し、フックスとグレイをスタメン起用した。 ▽開幕からなかなか調子の上がらないレスターが、試合開始早々からピンチを迎える。3分、楽々と左サイドを突破されてしまうと、そのグラウンダーのクロスにデフォーが右足で合わせる。しかし、このシュートはクロスバーを叩きレスターは冷や汗をかいた。 ▽その後もボーンマスが攻勢。5分には、ディフェンスラインからの鋭いパスに抜け出したデフォーがゴール前まで侵攻。反転して落としたところにピューがシュートを狙うが枠を捉えられなかった。 ▽全く攻撃に出ることができないレスターは42分にもピンチに見舞われる。ボックス右からのクロスを許すと、ニアサイドでデフォーがつぶれる。そのこぼれ球を拾ったピューがボックス中央からシュートを放つがゴールの上へ。 ▽攻め込まれながらも、前半を無失点で切り抜けたレスターは、ハーフタイムでアンディ・キングに代えてイボーラを投入した。しかし状況は好転せず、後半もボーンマスに押される展開に。55分には右サイドを突破され、ボックス手前からスタニスラスにシュートを枠に飛ばされるが、GKシュマイケルがセーブした。 ▽ここまでチャンスがなかったレスターだが、60分にビッグチャンス。右サイドのオルブライトンからのクロスに、ゴール前でヴァーディが収めると、詰めていた岡崎がフリーでシュートを狙うが、枠に飛ばすことができず最大のチャンスを逃してしまった。66分にはグレイが岡崎とのパス交換からゴールに迫るも、シュートはクロスバーを越えた。 ▽そんな中、レスターは岡崎に代えてイヘアナチョ、オルブライトンに代えてマフレズを投入し、前線の活性化を図る。しかし、後半半ばの73分にはボーンマスに好機。J・キング、デフォーと繋いで、最後はボックス右外からサーマンが狙いすましたシュートを放つが惜しくも枠の右へ。 ▽試合はこのまま終了。両者決定力を欠く試合運びで0-0のゴールレスドローに終わっている。 2017.10.01 01:01 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース