【CLグループG総括】プレミア低調の初出場レスターが首位通過2016.12.10 07:36 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽組み合わせに恵まれたこともあって初出場のプレミア王者レスターが首位通過を果たした。2位は経験値で他3クラブを上回るポルトとなった。

■グループG順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.レスター・シティ[13/4/1/1/1]
2.ポルト[11/3/2/1/6]
3.コペンハーゲン[9/2/3/1/5]
4.クラブ・ブルージュ[0/0/0/6/-12]

◆プレミアでは低調もCLに照準で首位通過~レスター・シティ~
Getty Images
▽選手層の薄さが響いてプレミアリーグに悪影響が出てしまったが、CLに照準を合わせたことで確実に勝ち点を積み上げた。最弱のクラブ・ブルージュに2勝し、コペンハーゲンに1勝1分けと取りこぼさなかった。CL初参戦の岡崎はスリマニの負傷離脱のチャンスを生かして第5節クラブ・ブルージュ戦で初先発し、CL初ゴールをマーク。首位通過を決める要因となった。

◆ノルマの決勝T進出は果たす~ポルト~
Getty Images
▽得点源のアブバカルや守備の軸となっていたマルティンス・インディを失った中、若手主体のチームは無難に決勝トーナメント進出を果たした。アブバカルの代役は21歳の若き至宝アンドレ・シウバが埋め、マルティンス・インディの穴はフェリペがしっかりと埋めた。そして、勝利すれば突破となるレスターとの最終節では5-0と圧勝し、文句なく決勝トーナメント行きを決めている。

◆ホームで強さ発揮も届かず~コペンハーゲン~
Getty Images
▽最終節までポルトと決勝トーナメント進出を懸けて戦い抜いた。北欧らしい堅守からの速攻でレスターやポルトを苦しめた。ホームでは相変わらずの強さを見せ、レスターとポルトに引き分けている。しかし、最終節ではクラブ・ブルージュに勝利したもののポルトも勝利したために届かず、ELに回る形となった。

◆鴨となったベルギー王者~クラブ・ブルージュ~
Getty Images
▽ベルギー王者はディナモ・ザグレブに並ぶ今大会歳弱のチームだった。6試合で2ゴール14失点と攻守に脆さがあり、グループ内で鴨となってしまった。

コメント

関連ニュース

thumb

岡崎慎司のブンデス復帰は消滅か…シャルケ首脳陣がレンタルでの獲得を否定

シャルケは日本代表FW岡崎慎司の獲得を狙っていないことが明らかになった。ドイツ紙『レヴィアシュポルト』が報じた。<br><br>シャルケは先日、岡崎をレンタルで獲得するのではといううわさが流れた。ブンデスリーガで11位に沈むチームは最前線に多くのケガ人を抱え、ドイツで活躍できるストライカーを探している。また、クリスティアン・ハイデル取締役もマインツで岡崎とともに仕事をした経験が移籍を近づけるのではと考えられたが、クラブはうわさを否定している。<br><br>ハイデル氏は「岡崎は(獲得するべき)ターゲットに挙がっていない」と話し、日本人ストライカーのドイツ復帰はないとした。<br><br>岡崎は現在、レスターでベンチを温める時間が多くなっているが、今後もイングランドでプレーを続ける可能性は高そうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.20 07:03 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎同僚にリーガ移籍の可能性...アラベスがレスターFWウジョア獲得を画策

日本代表FW岡崎慎司の同僚であるレスター・シティFWレオナルド・ウジョアに、リーガエスパニョーラ移籍の可能性が浮上している。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>昨シーズン6得点を挙げてレスターの優勝に貢献したウジョアだが、今シーズンは新戦力の活躍などもあり出場機会に恵まれていない。プレミアリーグ第21節終了時点で、出場時間数は240分にとどまっている。<br><br>そのウジョアに、アラベスが関心を示している。今シーズンからリーガ1部で戦うアラベスは、残留を確かなものとするためにウジョアを完全移籍で獲得したいと考えているようだ。<br><br>アラベスはすでに選手側とコンタクトを取り、第一オファーを提示したとされる。だがレスターのクラウディオ・ラニエリ監督及び首脳陣はウジョアの移籍を望んでいない。<br><br>そのため、ウジョアはトランスファー・リクエストの提出を考慮している模様。今後数日以内に正式にクラブへ退団の意向を申し入れるとみられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.19 22:42 Thu
twitterfacebook
thumb

「優勝したことは忘れるべき」ラニエリ監督が掲げる現実的な目標は…

レスター・シティを率いるクラウディオ・ラニエリ監督は、今シーズンの目標と、なかなか結果が出ていない現在の心境について語った。<br><br>&ldquo;ミラクル・レスター&rdquo;は昨シーズン、プレミアリーグで優勝を成し遂げた。しかし、王者として臨んだ今シーズンは苦戦を強いられ、第21節を終了した時点で15位と低迷している。<br><br>しかし、指揮官は困難に直面しながらも「ハッピー」であることに変わりはないと話した。<br><br>「レスターに残りたいと思っている。ここでとてもハッピーだ。サッカーは分からないものだよ。英雄になったかと思えば一瞬で全てを失うこともある。今は苦しい状況を過ごしている。だが、それでもレスターで楽しめている」<br><br>また、今シーズンの目標に関しては「残留」であると明言している。<br><br>「プレミアリーグへの残留が目標だ。現実的にならなければいけない。それができれば今シーズンもタイトルを獲得したようなものだ。去年起こったことは忘れて残留争いを戦い続けるべきだ」<br><br<br>提供:goal.com 2017.01.19 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

出場機会激減のウジョアがトランスファーリクエスト提出を考慮か

▽レスター・シティのアルゼンチン人FWレオナルド・ウジョア(30)が、出場機会の激減により退団を考慮しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2014-15シーズンにブライトンからレスターに加入したウジョア。2015-16シーズンはリーグ戦29試合6ゴールをマークし、同クラブのプレミアリーグ制覇に貢献した。迎えた今シーズン、アルジェリア代表FWイスラム・スリマニの獲得もありウジョアの出場機会が減少。12試合1ゴールを記録するも、先発出場は1月2日に行われたプレミアリーグ第20節のミドルズブラ戦のみとなっている。 ▽レスター・シティとの契約は2018年6月まで残っておりウジョア自身もレスターに愛着を持っているようだが、『スカイ・スポーツ』によると年齢的なものも考慮してプレーできる環境を望んでいるようだ。 ▽さらにレスターは昨シーズンの優勝の立役者であるキャプテンのジャマイカ代表DFウェズ・モーガンやイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズなどと契約を延長。しかしウジョアに対してはオファーが届かなかった。 ▽さらに『スカイ・スポーツ』は、ウジョアに対して昨夏にスペインのクラブからオファーがあったものの、レスター側がこれを拒否したと伝えている。これに対して不信感を持っているウジョアが、レスターに対してトランスファーリクエストを出すのではないかと報じた。 2017.01.18 09:35 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:レスター・シティ 0-3 チェルシー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第21節、レスター・シティvsチェルシーが14日にキング・パワー・スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが3-0で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽レスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170115_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュマイケル 5.0 3失点目は中途半端な対応だった DF 5 モーガン 5.0 2失点に関与するなど、ソリッドさを欠いた 6 フート 5.0 久々の3バックでポジショニングの悪さが目立った (→岡崎慎司 5.0) 一度馬力のある突破を見せたが、効果的なプレーはほぼなかった 28 フックス 4.5 攻守に低調なパフォーマンス。不用意なファウルで2失点目の要因に MF 11 オルブライトン 5.5 ウイングバックに加え、センターバックの一角も担う。鋭いクロスがチーム唯一の攻め手だった (→シンプソン -) 4 ドリンクウォーター 5.0 ハードワークはしたが、繋ぎの部分でミスが多かった 25 エンディディ 5.5 プレミアデビュー。難しい相手に対して、攻守に上々のパフォーマンス 24 メンディ 5.0 攻守両面でクオリティを欠いた 3 チルウェル 5.5 積極的な上下動に加え、球際でもよく戦った。エンディディやオルブライトンと共に見せ場は作った FW 9 ヴァーディ 5.0 チーム全体の問題もあったが、休養十分のわりに淡泊なプレーが目立った 7 ムサ 5.0 2ゴールを決めた直近のエバートン戦とは打って変わって精彩を欠いた (→グレイ -) 目立ったプレーはなかった 監督 ラニエリ 4.5 3バック採用はハマらず。また、選手交代も疑問が残る迷采配… ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170115_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 6.0 前半に際どいクロスを好処理。それ以外に自身が目立つ展開ではなかった DF 28 アスピリクエタ 6.0 要所を締めた守備に加え、流れをスムーズにする攻撃参加を見せた 30 D・ルイス 6.0 集中力を切らさず、ヴァーディを封殺 24 ケイヒル 6.0 ミスなく堅実なプレーでクリーンシートに貢献 MF 15 モーゼス 6.0 チルウェルと好勝負を演じる。要所で良い絡みを見せた 7 カンテ 6.0 かつての本拠地に初凱旋。的確な潰しでチームを助けた 21 マティッチ 6.0 攻撃面でややもの足りなかったが、守備はきっちりこなした 3 マルコス・アロンソ 7.0 チームを勝利に導く2ゴール。積極的な攻撃参加が効いていた FW 22 ウィリアン 6.0 3点目をお膳立て。地味ながら攻守に奮闘 (→ロフタス=チーク -) 10 アザール 6.0 先制点をアシスト。いつもより元気がなかった (→セスク -) 11 ペドロ 6.5 ダメ押しの3点目を奪取。2ゴールに絡みジエゴ・コスタ不在の攻撃をけん引 (→バチュアイ -) 監督 コンテ 6.0 衝突したジエゴ・コスタ不在で渋い内容も、持ち味の堅守と勝負強さで勝ち点3を持ち帰った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マルコス・アロンソ(チェルシー) ▽ここ最近、苦しむ試合も多かったが、難しい試合でチームを助ける見事な2ゴールを奪取。攻守両面で存在感が際立っていた。 レスター・シティ 0-3 チェルシー 【チェルシー】 マルコス・アロンソ(前6) マルコス・アロンソ(後6) ペドロ(後26) 2017.01.15 04:33 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース