【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過2016.12.10 07:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。

■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[14/4/2/0/12]
2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6]
3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15]
4.スポルティング[3/1/0/5/-3]

◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。

◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~
Getty Images
▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。

◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~
Getty Images
▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。

◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

M・フィリップのドッペルパック&オーバメヤンのハットでドルトムントがボルシアMGを6発粉砕《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは23日、ブンデスリーガ第6節でボルシアMGをホームに迎え、6-1で圧勝した。ドルトムントのMF香川真司は64分から出場している。 ▽前節ハンブルガー戦では香川の今季初ゴールなどで3-0と快勝して4勝目を挙げたドルトムントは、火曜日にチャンピオンズリーグ(CL)レアル・マドリー戦を控える中、HSV戦のスタメンから5選手を変更。香川やシャヒン、ヤルモレンコらがベンチスタートとなって長期離脱していたヴァイグルが今季初先発を飾った他、負傷明けのゲッツェや古巣対決となるダフードがスタメンとなった。 ▽前節シュツットガルト戦をラファエウの2ゴールで快勝したボルシアMGに対し、ドルトムントが押し込む展開で立ち上がっていく。 ▽しかし、最初にチャンスを迎えたのはボルシアMG。10分、T・アザールが独走してボックス右に侵入。GKと一対一となるも、シュートはビュルキにセーブされた。 ▽ひやりとしたドルトムントは19分、セットプレーの流れからパパスタソプーロスのボレーシュートはGKシッペルの好守に阻まれる。続く25分にも決定機を演出。トプラクのロングフィードをボックス左のゲッツェが頭で落とし、オーバメヤンが右足でプッシュ。しかし、GKシッペルのビッグセーブに阻止された。さらに直後の右CKからオーバメヤンが左ポスト直撃のシュートを浴びせたドルトムントは、28分に押し切る。 ▽ヴァイグルのスルーパスに反応したオーバメヤンがボックス右からマイナスに折り返し、ニアのM・フィリップがボレーでゴール左に流し込んだ。 ▽さらに38分、ボックス左のトルヤンがマイナスに折り返したグラウンダークロスをM・フィリップがゴール左に流し込んで追加点を奪った。 ▽その後、GKビュルキがシュティンドルとの一対一を止めたドルトムントは、43分に決定機。右サイドからのピシュチェクの左足クロスをファーサイドのオーバメヤンがヘッド。しかし、GKシッペルにわずかに触られ、右ポストを直撃した。 ▽それでも45分、ドルトムントはパパスタソプーロスのスルーパスをボックス右で受けたM・フィリップのクロスをオーバメヤンが流し込んで3-0と突き放した。 ▽迎えた後半も攻勢に出たドルトムントは49分、右サイドからのゲッツェのFKをオーバメヤンがヘディングシュート。左ポストに当たった跳ね返りをオーバメヤンが押し込んで4-0とした。 ▽そして62分、ダフードのスルーパスに抜け出したオーバメヤンがGKとの一対一を制してハットトリックを達成。 ▽余裕のドルトムントは64分に香川を投入。その後、シュティンドルに一矢報いられるも、ボールを回しながら時間を進め、79分にはヴァイグルが豪快なドライブシュートを突き刺して6-1。圧勝でボルシアMGを下して首位をキープし、レアル・マドリー戦に弾みを付けている。 2017.09.24 03:24 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント指揮官、リーグ戦開幕から無失点無敗に満足…バイエルンから首位も奪還

ドルトムントを率いるピーター・ボス監督は、ハンブルガーSV(HSV)の勝利に喜びを露わにしている。<br><br>ドルトムントは20日、ブンデスリーガ第5節でHSVと対戦。香川真司の先制弾などで3-0と快勝し、首位を再びバイエルンから奪い返した。リーグ戦5試合すべてで無失点を記録し、いまだ無敗をキープするチームにボス監督は満足感を示している。<br><br>「誇りに思う。簡単なことではないし、最も難しい試合でさえあった。HSVがこれほどプレッシャーをかけてくるとは想像していなかった」<br><br>「無失点で、3ゴールを奪えばチームを誇りに思うだろう。今の私だよ。勝利できたことはとても嬉しいね」<br><br>リーグ戦で好調をキープするドルトムントは次節、23日にボルシアMGと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.21 15:51 Thu
twitterfacebook
thumb

香川が今季初ゴールで日本人のブンデス得点ランキングは“ダブル・シンジ"が並ぶ!!

▽ドルトムントの香川真司が、ブンデスリーガの日本人得点ランキングでトップに並んだ。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。 ▽2010年にセレッソ大阪からドルトムントに移籍した香川は、デビュー3戦目となるヴォルフスブルク戦で、リーグ戦初ゴールをマーク。そのシーズンは8ゴールを奪い、チームの9年振りとなるリーグ優勝に貢献した。 ▽主力として臨んだ2011-12シーズンは、13ゴールを挙げる好パフォーマンスでチームのリーグ連覇、DFBポカールの2冠達成に貢献。翌シーズンからは活躍の場をマンチェスター・ユナイテッドに移した。 ▽しかし2014-15シーズンにドルトムントへ復帰を果たすと、毎シーズンゴールを奪い、迎えた20日のブンデスリーガ第5節、ハンブルガーSV戦では今季初ゴールを奪取。このゴールで、ブンデスリーガでは通算37ゴールとし、これまで歴代1位だった日本代表FW岡崎慎司(現:レスター・シティ)の記録に並び、日本人最多タイとなってる。 ◆香川真司のシーズン別ゴール数(ブンデスリーガ) 2010-11シーズン:8ゴール 2011-12シーズン:13ゴール 2014-15シーズン:5ゴール 2015-16シーズン:9ゴール 2016-17シーズン:1ゴール 2017-18シーズン:1ゴール ◆日本人選手得点ランキング 1位 岡崎慎司(37ゴール/128試合) 1位 香川真司(37ゴール/130試合)※ 3位 奥寺康彦(26ゴール/234試合) 4位 高原直泰(25ゴール/135試合) 5位 清武弘嗣(17ゴール/117試合) 6位 武藤嘉紀(14ゴール/44試合)※ 7位 大迫勇也(11ゴール/87試合)※ 8位 長谷部誠(7ゴール/240試合)※ 8位 乾貴士(7ゴール/75試合) 10位 原口元気(4ゴール/88試合)※ ※現役ブンデスリーガ所属選手 2017.09.21 09:50 Thu
twitterfacebook
thumb

香川が酒井高の前で今季初ゴールをマーク! ドルトムントが単独首位に《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第5節、ハンブルガーSVvsドルトムントが20日に行われ、0-3でドルトムントが快勝した。HSVのDF酒井高徳は48分までプレーし、ドルトムントのMF香川真司は66分までプレーして24分に今季初ゴールを決めている。 ▽前節ハノーファー戦を0-2で敗戦して今季2敗目を喫したハンブルガーSVは、ここ2試合途中出場の酒井高を今季初めてスタメンで起用した。 ▽一方、前節ケルン戦をオーバメヤンとM・フィリップのドッペルパックで5-0と大勝して3勝1分けスタートとしたドルトムントは、ケルン戦のスタメンから2選手を変更。前節出番のなかった香川が[4-3-3]の左インサイドでリーグ戦初先発を飾った。 ▽序盤の一進一退の攻防を経て、16分にドルトムントに決定機。右サイドからのヤルモレンコのクロスをオーバメヤンがヘディングシュート。しかし、右ポストに阻まれた。 ▽それでも24分、香川の今季初ゴールで先制する。右サイドからのヤルモレンコのFKをトプラクがヘディングで競り勝つと、ルーズボールをゴール前の香川が蹴り込んだ。 ▽先制されたHSVは31分に同点のチャンス。しかし、ホルトビーの左クロスにハーンが合わせたヘディングシュートはGKビュルキのセーブに阻まれてしまう。ハーフタイムにかけてはドルトムントがペースを握った中、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始3分、低調なパフォーマンスに終始していた酒井高が交代を告げられ、ドウグラスが投入される。 ▽そして63分、プリシッチのパスを受けたヤルモレンコがボックス右に侵入。右足でシュートを放つと、ルーズボールをファーサイドのオーバメヤンが押し込んで加点した。 ▽その後、香川をお役御免としたドルトムントは79分に勝負を決定付ける。ダフードのパスを受けたプリシッチがボックス右に侵入。ゴール左へシュートを流し込んだ。このまま3-0で快勝したドルトムントが単独首位に躍り出ている。 2017.09.21 06:08 Thu
twitterfacebook
thumb

4ヵ月ぶり復帰のヴァイグル「誰にも会わず引きこもろうと思った日もあった」

▽4ヵ月の離脱期間を乗り越えて、17日にトップチームに復帰したドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルが、インタビューに応じた。ブンデスリーガ公式サイトが掲載した。 ▽2015年の夏にドルトムントに入団したヴァイグルは、落ち着いたプレーと正確なキックを武器に頭角を現すと、加入後すぐに主力として定着して評価を高めた。マンチェスター・シティやバルセロナといった、欧州のメガクラブからの興味も取り沙汰されるほどの活躍をみせていた同選手だったが、昨シーズン終盤の5月13日に行われたブンデス第33節アウグスブルク戦で負傷。足首の骨折のため4ヵ月の離脱を強いられた。 ▽長く戦線を離れていたヴァイグルは、17日のブンデス第4節ケルン戦で、66分から途中出場して待望の復帰を果たした。試合後、ブンデス公式サイトのインタビューに応じたヴァイグルが、心境を語った。 「(復帰できて)夢のようだったよ! あれ以上は想像できないくらいだ。きついリハビリが報われて、とてつもなく楽しかった」 「(負傷は)僕にとっては初めての経験だったし、苦しい時期もあった。なかなか前に進めず、仲間が外で練習している間も、ひたすらトレーニングルームで過ごさなければならなかったからね。僕はポジティブ思考の人間だから、なるべくプラス面をみようとしていたけど、誰にも会わずに家にこもっていたいと思う日もあった」 「それでもランニングを再開できたり、ボールに再び触れることができたり、1つ1つやってくる前進のプロセスを乗り越えようという気持ちでいた」 「2週間前はまだどこか不安が残っていた。ケガのことが頭にあって、無意識に競り合いで腰が引けてしまっていたんだ。けれど、(ドルトムントの)U-23チームの試合に出たことが助けになった。ちょうど骨折した箇所を蹴られてドキッとしたんだけど、全く痛みがないことに気づいた。この時に、もう大丈夫なんだと思えて不安が消えたね」 2017.09.20 17:56 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース