【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過2016.12.10 07:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。

■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[14/4/2/0/12]
2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6]
3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15]
4.スポルティング[3/1/0/5/-3]

◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。

◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~
Getty Images
▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。

◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~
Getty Images
▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。

◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムント、リバプール関心の逸材プリシッチと2020年までの新契約締結!

▽ドルトムントは23日、アメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(18)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽ドルトムントとの新契約にサインしたプリシッチは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「僕にはまだまだ学ぶべき多くのことがある。そういった中でドルトムントは、僕にとって最高の場所なんだ」 「それにここでは、8万人以上の観客を前にプレーするチャンスがある。僕たちは世界で最高をファンを持っていると思うし、それ以上に素晴らしいことはないよ」 ▽また、昨年から前ドルトムント指揮官の率いるリバプールから強い関心を受けてきた中で逸材の残留に成功させたドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、先日のドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルに続き若き至宝と新たな契約を締結させたことに満足感を示している。 「ユリアン・ヴァイグルに続き非常に優れたタレントを留めておくことができて、非常に嬉しい気分だ」 「クリスチャンは既にチームにとって重要な存在であり、ヴァイグルと同様に我々のスポーツ面における将来のベースとなるはずだ」 ▽2015年2月にドルトムントの下部組織に加入したプリシッチは、2016年1月に行われたブンデスリーガのインゴルシュタット戦で17歳133日という若さでトップチームデビュー。卓越したドリブルスキルと攻撃センスを武器とする若きアタッカーは、左右のウイングを主戦場に公式戦31試合に出場し、4ゴールを記録。今シーズンここまでは、リーグ戦13試合に出場し、2ゴール4アシストを記録している。 ▽また、2016年3月にデビューしたアメリカ代表では、ここまで11試合に出場し、3ゴールを挙げている。 2017.01.24 00:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが"イブラ2世"イサクを獲得! レアル・マドリーとの争奪戦を制す

▽ドルトムントは23日、AIKソルナに所属するスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサク(17)を獲得したことを発表した。また、契約年数は明らかにされていないが、"長期"と発表されている。また、着用するユニフォームの背番号は14に決定している。 ▽現在17歳のイサクは、190センチと長身ながら足元の技術に優れたストライカーで、“イブラヒモビッチ2世"と称されるスウェーデンの有望株である。 ▽2016年2月にカップ戦でプロデビューを果たしたイサクは、デビュー戦で初ゴール。その後、リーグ戦で24試合に出場し、10ゴールを記録した。また、今年に入りスウェーデン代表にも招集されると、1月8日に行われた親善試合のコートジボワール代表戦でA代表デビュー。12日のスロバキア代表戦で初ゴールを記録し、105年ぶりにスウェーデン代表の最年少得点記録を更新した。 ▽先日にスペインのメディアによってレアル・マドリーが同選手獲得で合意に達したことが報じられていたが、最終的にドルトムントが争奪戦を制した。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金は約1000万ユーロ(約12億円)程度となっている。 ▽ドルトムントのミハエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、クラブの公式サイトを通じて、同選手への期待をコメントしている。 「イサクは、非常に有望なタレントだ。そして、ヨーロッパの多くのビッククラブが彼の獲得を望んでいた。彼が我々ドルトムントへの加入を決断してくれてとても嬉しいよ」 2017.01.23 21:38 Mon
twitterfacebook
thumb

香川真司「次へ向けて良い準備をしたい」後半戦初戦での勝利に安堵

21日に行われたブンデスリーガ第21節、ブレーメンvsドルトムントの一戦は、1-2でアウェーのドルトムントが勝利を収めた。<br><br>ウィンターブレーク明けで1カ月近く公式戦がなかった形になるが、香川真司は後半戦の初戦で先発フル出場。今シーズンは第1節のマインツ戦で先発フル出場を果たしたものの、その後は足の負傷もあり、リーグ戦でのフル出場は1度もなかった(チャンピオンズリーグでは2試合でフル出場)。<br><br>香川は22日に自身のブログで次のようにリーグ再開での勝利を喜んでいる。<br><br>「ウィンターブレイク明けの初戦、勝利で終えることができました。また次へ向けて良い準備をしたいと思います」<br><br>ブレーメン戦での勝利で、ドルトムントは勝ち点を30に伸ばし、暫定でリーグ4位に浮上。首位のバイエルンとの勝ち点差は12と離れているが、11-12シーズン以来のリーグタイトルに向けて、香川がドルトムント巻き返しの原動力となれるのか、今後の活躍が期待される。<br><br>提供:goal.com 2017.01.22 19:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント香川、ブレーメン戦で見せ場つくるも地元紙は辛口「いつも何かしらと不運」

ドルトムントは21日に行われたブンデスリーガ第17節で敵地でブレーメンと対戦し、2-1で勝利を収めた。リーグ再開初戦となったこの一戦では日本代表MF香川真司はフル出場も得点に絡めず。ドイツメディアの一部では厳しい評価が下されている。<br><br>残留争いに巻き込まれているブレーメン相手にはFWとして出場したアンドレ・シュールレが5分に先制弾を決めると、前半の終盤に相手GKがMFマルコ・ロイスへのファウルで一発退場。59分、10人のブレーメンがMFフィン・バーテルズのゴールで追いつくも、71分にはDFルカシュ・ピシュチェクが決め、ドルトムントが勝ち点3を手にした。<br><br>ドイツ紙『ビルト』は香川を含むドルトムントチーム6人のパフォーマンスに「3」と及第点をつけている。GKロマン・ヴァイデンフェラー、ロイス、シュールレにはチーム最高タイの「2」。DFマルセル・シュメルツァーとMFクリスチャン・プリシッチは「4」と低く評価された。<br><br>また、『WAZ』は『ビルト』同様、ヴァイデンフェラー、ロイス、シュールレに「2.5」を与え、チーム最高タイの採点をつけた。一方、香川のプレーを「4.5」と厳しく採点し「一生懸命であり、確かによく動き回った。だが、いつも何かしらと、たくさんのプレーにおいて極めて不運。2度の決定機が訪れたが、ボールをしっかりとミートできなかった。ナイスなシュートアシストを出したが、それをロイスが外している」と寸評を述べている。<br><br>『ルールナハリヒテン』でも香川は「4.5」で、プリシッチとともにワースト2位タイ。ヴァイデンフェラーとロイスに「2」、シュールレに「2.5」と高得点を与えた同紙は、DFマティアス・ギンターに「5」と単独最低点をつけた。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br>提供:goal.com 2017.01.22 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

香川フル出場のドルトムント、10人のブレーメンを振り切ってリーグ戦4試合ぶりの勝利《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは21日、ブンデスリーガ第17節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。 ▽ウインターブレイク前に行われた前節アウグスブルク戦を1-1で引き分けてリーグ戦3試合連続ドロー中の6位ドルトムント(勝ち点27)は、アウグスブルク戦でリーグ戦7試合ぶりに先発し、1アシストを記録した香川がスタメン起用となった。アフリカネイションズカップで離脱しているオーバメヤンと中国への移籍が濃厚なA・ラモスが欠場となった中、ロイスとシュールレが前線で起用された。 ▽15位と低迷するブレーメン(勝ち点16)に対し、ドルトムントは2列目に右からプリシッチ、カストロ、香川と並べる[4-1-3-2]で臨んだ。そのドルトムントは5分、ルーズボールに反応して裏を取ったシュールレがGKをかわして無人のゴールに流し込み、あっさり先制する。 ▽良い入りを見せたドルトムントは続く11分、シュールレのボレーシュートでゴールに迫るもGKの好守に阻まれる。さらに15分、香川の左クロスに合わせたシュールレのヘディングシュートはGKの正面を突いた。 ▽その後、バルテルスに枠内シュートを放たれるもGKヴァイデンフェラーがセーブ。そして27分にはニャブリが負傷の影響かピッチを後にし、DFのヴェリコビッチが投入される。35分には再びピンチを迎え、FKの流れから香川のヘディングでのクリアミスを拾われたデラネイに決定的なシュートを許すも、GKヴァイデンフェラーが好守で防いだ。 ▽すると39分、カストロのフィードに反応したロイスが裏へ抜け出すと、ボックス外に飛び出したGKドロブニに倒された。このプレーでドロブニは一発退場となり、ピサーロに代わってGKヴィートワルトを投入せざるを得なくなった。それでも追加タイム2分、ドルトムントはフリッツのシュートがクロスバーを直撃してひやりとさせられる。 ▽迎えた後半、49分に香川がシュートに持ち込むと、58分には香川のスルーパスを受けたロイスがボックス左から決定的なシュートを浴びせる。しかし、GKの好守に阻まれた。 ▽すると59分、スローインを受けたバルテルスにギンターがあっさりかわされてGKとの一対一を決められてしまった。10人のブレーメンに追いつかれたドルトムントは、動揺の影響か攻めあぐねる状況が続いた。そこでトゥヘル監督は70分に2枚代えを敢行する。ロイスとカストロに代えてO・デンベレとラファエウ・ゲレイロを投入した。 ▽すると直後、ラファエウ・ゲレイロのミドルシュートがDFにディフレクトしたルーズボールをボックス内のピシュチェクがうまく右足でゴールに押し込み、勝ち越しに成功。終盤は危なげなく試合をクローズしたドルトムントが勝利。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った。なお、2試合連続スタメンとなった香川はバイタルエリアで頻繁にボールを受けてアクセントを付ける働きを見せていた。 2017.01.22 01:35 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース