超ワールドサッカー

【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過2016.12.10 07:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。

■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[14/4/2/0/12]
2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6]
3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15]
4.スポルティング[3/1/0/5/-3]

◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。

◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~
Getty Images
▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。

◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~
Getty Images
▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。

◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

香川真司のバス爆破事件ブログにトゥヘル監督が涙…DFBポカール決勝後に明かす

ドルトムントは27日、DFBポカール決勝でフランクフルトと対戦。2-1の勝利を収め、2011-12シーズン以来の優勝を飾った。トーマス・トゥヘル監督は試合後、日本代表MF香川真司のブログに涙を流していたことを『ARD』のインタビューで明らかにした。<br><br>2016-17シーズン、ドルトムントは3位でリーグ戦を終え、来季チャンピオンズリーグ本戦への出場権を獲得した。香川はリーグ戦全日程を終えて、ブログを更新。「伝えたい事」と題してバス爆破事件について言及し、自身が感じている思いを吐露していた。<br><br>そのブログを読んでいたトゥヘル監督は、爆破事件に見舞われたチームにおいて、ポカール優勝がどのような意味合いを持つかを問われ、以下のように答えている。<br><br>「リーグ戦終了後、シンジがブログで事件に関連したことを書き込んだと聞かされた。彼がその後体験したこと、感じたことについて書かれていたけれど、もう目に涙が浮かび、鳥肌が立ったね。泣かずに読むのはほぼ不可能だった」<br><br>「私は今までこの件であまり強い感情を抱かなかった。早めに処理し、選手たちをサポートできたと思っていた。シンジももっと気持ちを整理できていたと思っていたので、それを読んだとき、全身が震え上がったね」<br><br>「今日もまたバスに乗ったし、スタジアムではまた爆竹が鳴った。そのなかで我々は勝利を目指し、その度に壁を乗り越えてきた。このことは全員にとって特別なことだと思う」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.28 19:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ポカール優勝も…ドルトムント主将シュメルツァーはトゥヘル監督の決断に疑問

DFBポカール優勝でシーズンを終えたドルトムントだが、キャプテンで決勝でも先発出場したDFマルセル・シュメルツァーは、トーマス・トゥヘル監督の決断に疑問を呈している。ドイツ『ルールナハリヒテン』が報じた。<br><br>ドルトムントは27日、DFBポカール決勝でフランクフルトと対戦。中盤のレギュラーであるユリアン・ヴァイグルが負傷離脱中のため、誰がメンバー入りするか注目が集まったが、中盤を本職とするヌリ・シャヒンがメンバー外となった一方で、先発入りしたのはDFマティアス・ギンターであった。報道陣は小さくない驚きを受けたと伝え、シュメルツァーも「僕も同じだ」と話し、このように続ける。<br><br>「とてもショックを受けた。なぜだかは分からないね。ヴァイグルのような選手を欠けば、その役割を担えるのはヌリだけだ。だから彼がプレーせず、メンバーにも入っていないことには驚いたよ」<br><br>「僕らは全員、彼のクオリティを理解している。メンバー外の理由を監督は説明しなくてはならない。僕らはヌリとともにある。彼は素晴らしい人間で、素晴らしいフットボーラーだ。幸運なことに、彼とマルコ・ロイスのためにトロフィーを掲げることができた」<br><br>トゥヘルの決断に疑問を投げかけたシュメルツァー。指揮官交代もささやかれるドルトムントで、トゥヘルの求心力は低下しつつあるのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.28 13:53 Sun
twitterfacebook
thumb

ロイス、ポカール決勝は「最悪の試合の一つ」もドルトムントでのタイトル獲得に歓喜

ドルトムントのMFマルコ・ロイスはDFBポカールのタイトル獲得に喜びを示した。<br><br>ドルトムントは27日、DFBポカール決勝でフランクフルトと対戦。ロイスは大一番で先発出場した。足を痛めてしまったロイスは前半のみでピッチを退いたものの、チームは2-1で勝利し、2012年以来のタイトルを獲得した。ロイスはこの勝利に喜びを爆発させている。<br><br>「僕はサッカー選手だし、全員タイトルが欲しいと思っている。ドルトムントに戻ってきて、タイトルを獲得できて信じられないくらい嬉しいよ。今日はおそらくシーズン最悪の試合の一つだったと思うけどね」<br><br>また、ケガの状況については「また明日に状況を見てみるよ」とのコメントにとどめている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.28 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

DFBポカール決勝での敗戦もフランクフルトFWマイヤー「差はほとんどなかった」

▽フランクフルトに所属するドイツ人FWアレクサンダー・マイヤーは、DFBポカール決勝での敗戦に悔しさを滲ませた。ブンデスリーガの公式サイトが伝えている。 ▽フランクフルトは27日、DFBポカール決勝でドルトムントと対戦した。試合は8分、スルーパスに抜け出されたO・デンベレにボックス右への侵攻を許し、切り返しから左足を振り抜かれて先制点を許してしまう。反撃に出るフランクフルトは29分、ショートカウンターからガシノビッチのスルーパスを受けたレビッチがボックス左へ侵攻。GKビュルキとの一対一を制し、試合を振り出しに戻した。ところが66分、ドルトムントのプリシッチにボックス内への侵攻を許してしまうと、GKフラデツキーが倒してしまい、PKを献上。オーバメヤンのチップキックシュートで勝ち越しを許してしまうと、フランクフルトは最後まで同点に追いつくことができず、あと一歩のところでタイトル獲得とはならなかった。 ▽1988年以来となる5度目の優勝を目指しながらも破れたマイヤーは、「ドルトムントとの差はほとんどなかった」と主張し、悔しさを露わにしている。 「全てを出し尽くすこと、それが僕にできることだった。僕らは90分以上にわたり、素晴らしい試合をしていた。だからこそ、準優勝に終わってしまって本当に悔しく思うよ。ドルトムントとの差は、ほとんどなかった。試合が終了した直後の今は、この結果に失望しているし、打ちひしがれているよ」 2017.05.28 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

DFBポカール決勝で敗戦のフランクフルト指揮官ニコ・コバチ「ドルトムントに大きなリスペクトを抱いている」

▽フランクフルトを率いるニコ・コバチ監督は、2012年以来4度目のDFBポカール優勝を果たしたドルトムントを褒め称えた。ブンデスリーガの公式サイトが伝えている。 ▽フランクフルトは27日、DFBポカール決勝でドルトムントと対戦した。試合は8分、スルーパスに抜け出されたO・デンベレにボックス右への侵攻を許し、切り返しから左足を振り抜かれて先制点を許してしまう。反撃に出るフランクフルトは29分、ショートカウンターからガシノビッチのスルーパスを受けたレビッチがボックス左へ侵攻。GKビュルキとの一対一を制し、試合を振り出しに戻した。ところが66分、ドルトムントのプリシッチにボックス内への侵攻を許してしまうと、GKフラデツキーが倒してしまい、PKを献上。オーバメヤンのチップキックシュートで勝ち越しを許してしまうと、フランクフルトは最後まで同点に追いつくことができず、あと一歩のところでタイトル獲得とはならなかった。 ▽1988年以来となる5度目の優勝を目指しながらも破れたニコ・コバチ監督は試合後、自身のチームの健闘を称えつつ、ドルトムントに賛辞を贈った。 「ドルトムントには『おめでとう』という言葉を送りたい。ドルトムントは後半、我々よりも良いサッカーをし、主導権を握り続けていた。しかし、フランクフルトの選手たちも最後まで全力を出してくれた。彼らに対して、私は大きなリスペクトを抱いているよ」 2017.05.28 10:59 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース