【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過2016.12.10 07:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。

■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[14/4/2/0/12]
2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6]
3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15]
4.スポルティング[3/1/0/5/-3]

◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。

◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~
Getty Images
▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。

◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~
Getty Images
▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。

◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムント、残り試合も主将をスタンド送り?監督「彼の状況は簡単になったとは言えない」

ドルトムントは21日に行われたブンデスリーガ第31節でレバークーゼンを4-0で撃破。ペーター・シュテーガー監督はメンバーから外したキャプテンDFマルセル・シュメルツァーの今後の起用法について、明言を避けている。<br><br>ユース時代からドルトムントに所属するシュメルツァーは、負傷さえなければ常にスタメンを張ってきた左SBだ。しかしそんな同選手が、レバークーゼン戦でスタンド送りに。シュテーガー監督は『スカイ』で、「それは私の決断。競技的な判断だ。彼はここ数週間、ほか数人と同じく最高なパフォーマンスを出せていなかった」と決断を説明した。<br><br>またミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)も、「マルセルは我々のキャプテンだが、ほかのメンバーと同じくチームの一選手」と発言。「私もその決断を支持する。(0-2で敗れたシャルケとの)ダービー戦が、招集メンバーに影響を及ぼすことは当然だ」と続け、「フィジカルの強さを優先させる決断でもあった」との考えも述べた。<br><br>このレバークーゼン戦でドルトムントは、久々に好パフォーマンスを披露。ジェイドン・サンチョ(1ゴール2アシスト)、マルコ・ロイス(2ゴール)やマキシミリアン・フィリップ(1ゴール)らが活躍し、シュメルツァーの代わりに左SBに入ったDFマヌエル・アカンジもチーム3点目に絡み、一列前のサンチョとともに攻守において安定したプレーを見せた。<br><br>ドイツメディアはそんなドルトムントのプレーを「スピード感溢れるサッカー」(『キッカー』)、「CL出場権争いに向けて力強いメッセージを送った」(『ルールナハリヒテン』)などと絶賛。『ビルト』もこのレバークーゼン戦を「マジックな勝利。シュテーガー監督の下ではホームでのベストゲーム」と形容した。<br><br>シュテーガー監督は試合後、「シュメッレ(シュメルツァー)を敗者と見てはいけない。我々はただ一つの決断を下し、今日はそれが本当にうまく機能したということ。みんなこのクラブにいることに値するし、必要な存在なんだよ。もちろん、キャプテンに関してもそうだ」とコメント。ただし「チームが今日のようなプレーをすれば、来週に向けて、彼の状況が簡単になったとは言えないないだろう」とも話し、この先のメンバー入りに関する明言は避けた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.23 23:31 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲルの新天地は香川ドルトムント? 仏TV番組が有力候補に予想

▽今月20日に今季限りでのアーセナル退団を発表したアーセン・ヴェンゲル監督(68)の新天地は日本代表MF香川真司が所属するドルトムントになる可能性があるようだ。フランスのテレビ番組『Telefoot』が同クラブを有力な新天地候補に予想している。 ▽1996-97シーズンからアーセナルの監督に就任したヴェンゲル監督は、2003-04シーズンにプレミア無敗優勝を成し遂げるなど、これまでプレミアリーグ3回、FAカップ7回、コミュニティー・シールド6回など多くのタイトルをもたらしてきた。 ▽だが、近年はマンチェスター勢やチェルシーなどのライバルに遅れを取り、慎重過ぎる補強策に批判が集まるなど、苦境に立たされていた。そして、20日に今季限りでの退任を発表した。 ▽現在、ヴェンゲル監督の周辺を巡ってはアーセナルでの後任人事と共に同監督自身の今後の去就に関しても注目が集まっている。 ▽そこで『Telefoot』は、番組内でヴェンゲル監督の有力な新天地候補として4つの選択肢を予想した。 ▽その4つの選択肢として、現在多くの有名監督を招へいしている中国スーパーリーグ、同監督がアーセナルを率いる以前に名古屋グランパスを指揮し、親日家として知られていることからロシア・ワールドカップ以降の日本代表監督、以前から噂のあったパリ・サンジェルマンと共に、今季限りでペーター・シュテーガー監督が退任となるドルトムントを挙げている。 ▽ドルトムントに関しては、先日にザルツブルクを率いるマルコ・ローズ監督が新指揮官候補に挙がっているとの報道も出ていたものの、現時点でシュテーガー監督の後任人事は進んでおらず、百戦錬磨のヴェンゲル監督を招へいに動く可能性は十分にありそうだ。 2018.04.22 20:09 Sun
twitterfacebook
thumb

ブンデス初弾のサンチョが1G2Aと躍動! ロイスもドッペルパックのドルトムントがレバークーゼン粉砕で3位浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第31節、ドルトムントvsレバークーゼンが21日に行われ、4-0でドルトムントが快勝した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽前節シャルケとのレヴィア・ダービーを0-2と完敗し、4位に後退したドルトムント(勝ち点51)は、新エースとなっていたバチュアイが今季絶望濃厚のケガを負ってしまった。そのバチュアイを欠く攻撃陣は3トップに右からプリシッチ、M・フィリップ、サンチョと並べた。 ▽一方、前々節のライプツィヒ戦に続いてフランクフルトを撃破し、CL出場権を争うライバルを連破して3位に浮上したレバークーゼン(勝ち点51)は、4日前に行われたDFBポカール準決勝ではバイエルンと対戦し、2-6と惨敗した。勢いを挫かれた格好だが、バイエルン戦のスタメンから5選手を変更。ハフェルツやベララビがベンチスタートとなってアラリオやベイリーらが先発となった。 ▽立ち上がりから押し込んだドルトムントが9分にゲッツェのミドルシュートでゴールに迫ると、12分に決定機。ロイスのスルーパスを受けたサンチョがGKと一対一となったが、今季リーグ戦初出場のエーズカンに止められてしまった。 ▽それでも1分後、右サイドをプリシッチが打開してラストパスを受けたサンチョがボックス左から、今度はGKとの一対一を決めきってドルトムントが先制した。 ▽サンチョのブンデス初ゴールでリードしたドルトムントは、バイエルン戦の大敗を引きずるような重い入りとなったレバークーゼンを尻目に主導権を握り続ける。そして、34分に追加点に迫った。ロングボールをM・フィリップが落とし、ボックス中央に走り込んだロイスがボレーシュートで豪快にゴールへ蹴り込んだ。しかし、VARの末にM・フィリップのポジションがオフサイドだったとしてゴールは取り消された。 ▽それでも37分、ドルトムントがPKを獲得する。プリシッチがボックス右に進入したところでレトソスに倒された。ところが、キッカーのロイスが枠の左を狙ったシュートはGKエーズカンに止められ、前半を1点のリードで終えた。 ▽終始劣勢を強いられたレバークーゼンは後半からベイリーに代えてハフェルツを投入。そのレバークーゼンが前がかる入りとなったが、55分にドルトムントがリードを広げた。ヴァイグルの縦パスをゲッツェがダイレクトで叩くと、このパスに抜け出したロイスがボックス左に進入。GKエーズカンをかわしてネットを揺らした。 ▽2-0としたドルトムントは63分に勝負を決定付ける。ロングボールをサンチョがうまく処理して左サイドを突破。ラストパスを受けたボックス中央のM・フィリップが難なくゴールへ蹴り込んだ。 ▽その後、ベララビを投入して3枚の交代カードを使い切ったレバークーゼンだったが、79分にドルトムントがダメを押す。ダフードが持ち上がって左サイドへ展開。サンチョが受け、右足でふわりとクロスを上げるとファーサイドのロイスがヘディングで決めた。 ▽このまま4-0でドルトムントが快勝。レバークーゼンをかわして3位に浮上している。 2018.04.22 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

W杯出場に向けてアピールが必須のゲッツェだが…ドルトムント指揮官「我々の目標はCL」

ドルトムントのMFマリオ・ゲッツェはロシア・ワールドカップ(W杯)での出場を逃すことになるかもしれない。ペーター・シュテーガー監督は、選手の個人的な目標を優先することはできないと強調した。<br><br>ブラジル大会の決勝でアルゼンチン相手に決勝点を挙げたゲッツェは、そのゴールによりドイツの英雄に。それでも、そんな彼はその4年後の大会ではドイツ代表メンバー入りも果たせない可能性が高まっている。<br><br>ヨアヒム・レーブ監督は先月の国際親善試合に向けて、選外の選手について「クラブでのパフォーマンスを通じてアピールしなければならない」と話していた。だが、ここ数試合でゲッツェはそのために必要な出場機会すら確保できていない状況が続いている。<br><br>21日に行われるブンデスリーガ第31節でレヴァークーゼンとの上位対戦に臨むドルトムント。この試合に向けた会見で、シュテーガー監督はゲッツェについて問われると、次のように返答した。<br><br>「クラブにとっても、ものすごく重要な試合となる。私はクラブ側の人間で、我々の目標は来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得ることにある。しかし、それは必ずしも彼がプレーしないということを意味するわけではない」<br><br>「(ゲッツェが)準備できていて、パフォーマンスを出せれば、この話に関しては勝者しかいない。様子を見よう。それぞれの選手が個人的な目標を持ち、それが彼らのモチベーションの基盤になることは理解している。だが、我々にとって大事なのはCL出場権を手にすることだ」<br><br>ドイツ誌『キッカー』の予想では、FWミヒー・バチュアイの負傷離脱により、マルコ・ロイスが最前線に置かれる可能性が高いとのこと。そうすると、ゲッツェが2列目に入るかもしれないが、オーストリア人指揮官はここ2試合は数分間しかプレーしなかった同選手を先発起用するのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.04.21 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

監督業を長く続けるつもりはない? クロップ「ベンチで死にたくはない」

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、自身の将来について明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽2001年にマインツで監督業をスタートさせたクロップは、2008-09シーズンにドルトムントの監督に就任。ブンデスリーガ連覇やDFBポカール優勝などを成し遂げて2015年10月にリバプールの監督に就任し、2016年7月には2022年までの長期契約を締結させた。 ▽今シーズン現時点でプレミアリーグで3位、チャンピオンズリーグではチームを10年ぶりに準決勝進出へ導いているクロップ監督だが、長く監督業を続ける考えは抱いていないようだ。また、来シーズンからの指揮が決定したフランクフルトのニコ・コバチ監督と共に浮上していたバイエルンの監督就任の噂については真っ向から否定している。 「私は他の監督と比べて、早くキャリアを終えるかもしれない」 「監督業というのはとてもハードな仕事だ。私は監督としてベンチで死にたくない。リバプールでの仕事を終えたら、1年間は休みを取ることは家族と約束している」 「(バイエルン指揮官就任の可能性について)私は契約の中には、途中で退任するというという条項を含めたことはない。仮にバイエルンが本当に私に興味を持っていたとしてもそれはありえないことだね」 「リバプールとはあと4年間の契約が残されている。私はそれに満足している」 「これまでマインツとドルトムントで素晴らしい時間を過ごした。戻るとしたらそのどちらかになるだろう。ただ、それが必ずしも監督としてという訳ではないけどね」 2018.04.21 11:59 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース