【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過2016.12.10 07:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。

■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[14/4/2/0/12]
2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6]
3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15]
4.スポルティング[3/1/0/5/-3]

◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。

◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~
Getty Images
▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。

◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~
Getty Images
▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。

◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

足首再負傷のシャヒンがドルトムントと2019年まで契約延長

▽ドルトムントは25日、トルコ代表MFヌリ・シャヒン(28)と2019年6月30日まで延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。 ▽今季の公式戦8試合の出場に留まるシャヒンは足首痛のために戦力になりきれていなかったが、4月に入ってチャンピオンズリーグ準々決勝のモナコ戦やフランクフルト戦で好パフォーマンスを発揮していた。ただ、22日のボルシアMG戦で足首の側副じん帯を部分断裂し、再び戦列を離れている。 ▽シャヒンとの契約延長についてハンス・ヨアヒム・ヴァッケCEOは以下のようにコメントしている。 「我々はヌリが残留してくれて全員喜んでいる。この地域で彼は育った。本当に良い人間で、ドルトムントは彼の中に深く染み渡る存在だ」 ▽2001年からドルトムントに在籍するシャヒンは、2011年のレアル・マドリー移籍と、翌シーズンのリバプールへのレンタル移籍を除いてドルトムントでプレー。2010-11シーズンにはドルトムントのリーグ優勝に大きく貢献していた。 2017.04.25 23:16 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントに朗報! シャヒンが足首側副じん帯部分断裂も今季中の復帰に望み

▽ドルトムントは24日、先日のボルシアMG戦で負傷したトルコ代表MFヌリ・シャヒンが足首の側副じん帯部分断裂と診断されたことを発表した。 ▽シャヒンは、22日に行われたブンデスリーガ第30節のボルシアMG戦で足首を痛め、22分に負傷交代を余儀なくされていた。 ▽試合後の会見に出席したドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は、足首のじん帯断裂の可能性を語っていたが、最悪の事態は免れたようだ。 ▽ドルトムントは、シャヒンの離脱期間に関して言及していないものの、「シーズン終盤戦で役割を果たせる望みがある」と、今季中の復帰が可能であると主張している。 2017.04.25 04:18 Tue
twitterfacebook
thumb

チームの精神面を称賛するトゥヘル「あの爆破事件から強くなりつつある」

ブンデスリーガ第30節で、ドルトムントは敵地でボルシアMGに逆転勝利。この結果、同じ節でホッフェンハイムが引き分けたため、ドルトムントがリーグ3位に浮上した。<br><br>試合後、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督が試合を振り返り、選手たちの精神面の強さを称賛している。<br><br>「我々が3位に浮上したという事実にとても満足している。選手たちは素晴らしいプレーをしてくれた。試合では相手に先行され、トラブルに陥ったような状況だったが、逆転に向けてチームが機能した」<br><br>トゥヘルは「(11日の)あの爆破事件があって、しばらく選手たちはナーバスになっていた。明らかに普通の状態ではなかったが、選手たちもあの事件から精神面で強くなりつつある」と続け、チャンピオンズリーグのラウンド8、モナコとの第1戦直前に起こったチームのバス爆破事件が、少なからずチームに影響を及ぼしたと明かしている。<br><br>ドルトムントはリーグ3位に浮上。その一方でミッドウィークの27日にはバイエルンとのDFBカップ準決勝が控えている。リーグ戦では残り4試合で首位バイエルンとの勝ち点差は14開いており、逆転優勝は不可能となったが、ドイツカップではバイエルンを下して決勝に勝ち進むことができるのか。今シーズン唯一残されたタイトル、ドイツカップ奪取に向けてドルトムントの奮闘が期待される。<br><br>提供:goal.com 2017.04.23 16:35 Sun
twitterfacebook
thumb

シャヒンがボルシアMG戦で負傷…トゥヘル「足首のじん帯を断裂した可能性がある」

▽ドルトムントに所属するトルコ代表MFヌリ・シャヒンが負傷した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽シャヒンは、22日に行われたブンデスリーガ第30節のボルシアMG戦で負傷。22分に負傷交代を余儀なくされていた。 ▽試合後の会見に出席したドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は、「ヌリは足首のじん帯を断裂した可能性がある」と述べたという。 ▽また、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスもこの試合を欠場。この件について、トゥヘル監督は「パパは筋肉系の故障」と語り、で、次戦の欠場を示唆した。 2017.04.23 10:50 Sun
twitterfacebook
thumb

香川不出場のドルトムント、ボルシアMGとのシーソーゲームを制して3位浮上《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは22日、ブンデスリーガ第30節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、3-2で競り勝った。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ロイスの復帰弾などで前節フランクフルト戦を快勝してバイエルン戦の大敗を払拭した4位ドルトムント(勝ち点53)は、3位ホッフェンハイムを1ポイント差で追走。しかし、3日前に行われたモナコとのチャンピオンズリーグ(CL)では1-3と敗れ、ベスト8敗退に終わった。そのドルトムントはオーバメヤンや香川、ヴァイグルらをベンチスタートとした。 ▽ロイスを最前線で起用し、3バックの中央にS・ベンダーを起用したドルトムントは、勝利すれば3位浮上となる中、9位ボルシアMG(勝ち点39)に対し、開始2分にロイスがヘディングシュートで早速ゴールに近づく。 ▽その後もハイプレスをかけるドルトムントが流れを引き寄せると、9分にPKを獲得する。クリステンセンのボールロストを誘発してプリシッチがドリブルで突進。ボックス左にかかったところでダフードに倒されたと判定された。そして、キッカーのロイスが古巣相手にゴールを決め、ドルトムントが先制した。 ▽続く12分にもドルトムントに決定機。プリシッチのスルーパスに抜け出したO・デンベレがボックス内へ侵入。決定的だったが、左足で放ったシュートはGKゾンマーのファインセーブに阻止された。 ▽その後、左足首をスパイクされたシャヒンが22分にメリノとの交代を強いられたドルトムントは5バックを敷いて自陣に引き、カウンターを狙って牽制。27分にはプリシッチのスルーパスをボックス左で受けたロイスがDFをかわしてシュートに持ち込む決定機を演出するも、シュトロブルの好ブロックに阻まれる。 ▽ハーフタイムにかけても主導権を握っていたドルトムントだったが43分、ミスから同点弾を奪われる。メリノのパスミスをハーンにカットされると、最後はシュティンドルにゴールを決められた。 ▽1-1で迎えた後半、開始3分にボルシアMGが逆転する。右CKの流れからヴェントの入れた鋭いクロスがシュメルツァーのオウンゴールを誘発した。 ▽追う展開となったドルトムントはロイスに代えてオーバメヤンを投入。すると2分後の59分、エースが早速仕事を果たす。O・デンベレのスルーパスをボックス左で受けたオーバメヤンがGKをかわして確度のないところから左足でシュートを流し込んだ。 ▽続く62分には右クロスにプリシッチが合わせるも、シュートはGKゾンマーのファインセーブに阻まれたドルトムントは77分にピンチ。シュティンドルのスルーパスに抜け出した途中出場のヘアマンがボックス右へ侵入。シュートを放ったが、GKビュルキの好守に阻止された。 ▽終盤にかけてオープンな展開となる中、83分にドルトムントに決定機。メリノのパスを受けたボックス左のラファエウ・ゲレイロの放ったシュートが右ポスト内側を直撃した。それでも87分、ドルトムントが勝ち越しゴールを奪う。左サイドからのカストロのFKをラファエウ・ゲレイロが頭で合わせたシュートがゴール右に吸い込まれた。これが決勝点となってドルトムントがシーソーゲームを制し、3位に浮上している。 2017.04.23 03:27 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース