【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過2016.12.10 07:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。

■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[14/4/2/0/12]
2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6]
3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15]
4.スポルティング[3/1/0/5/-3]

◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。

◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~
Getty Images
▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。

◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~
Getty Images
▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。

◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムント香川真司、3月に戦列復帰か

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は、2月中の復帰が厳しいのかもしれない。ドイツ『レヴィア・シュポルト』が伝えている。 ▽香川は、10日に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV戦で足首を負傷。それ以降、ここ公式戦2試合の欠場を余儀なくされている。 ▽ペーター・シュティーガー監督は、「確かなことはわからない」としつつ、「深刻じゃないが、2週間はかかるだろう」と復帰時期を推測したという。 ▽今シーズンから途中から指揮を執るシュティーガー監督の下、出場機会を増やした香川。ここまで公式戦26試合6ゴール7アシストを記録している。 ▽香川の復帰時期とみられる3月は、日本代表がベルギー遠征を予定。ここ最近、代表から遠ざかる香川にとって、アピールの機会となるが、果たして…。 2018.02.20 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントの貴公子が復活弾! 「意図してない形だったけど…」

▽ドルトムントに所属するドイツ代表MFマルコ・ロイスが復帰弾を喜んだ。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽ロイスは18日に行われたブンデスリーガ第23節のボルシアMG戦で決勝弾をマーク。ボックス右角から右足を振り抜き、相手GKの意表を突く頭上を狙った右足のシュートを決め、9カ月ぶりの得点でチームに勝ち点3をもたらした。 ▽ロイスは試合後、次のように言及。ゴールシーンについて、当初の狙いとちうコースに決まったことを明かすなど、復帰後初得点を振り返った。 「ゴールを決めたけど、意図してない形だった。実際、ゴールの左側を狙っていたんだけど、決められて良かったよ。難しい試合だった」 「後半に入って、相手の方が僕らより良かったし、より多くのチャンスもあった。その点で、僕らはラッキーだったよ」 「今の僕らは勝ち続けることがとても大切だ。テーブルの上を目指している僕らにとってね」 ▽リーグ戦3連勝のドルトムントは現在、首位のバイエルンまで勝ち点19ポイント差の2位。25日に行われる次節は、8位アウグスブルクをホームで迎え撃つ。 2018.02.19 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ロイス復帰弾でボルシアMG撃破のドルトムントが公式戦4連勝! 香川は負傷でベンチ外…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節、ボルシアMGvsドルトムントが18日に行われ、アウェイのドルトムントが1-0で勝利した。なお、ドルトムントのMF香川真司はケガのため招集メンバー外となった。 ▽香川が負傷したもののロイスが先発復帰し、バチュアイの連発弾とゲッツェの復活弾でハンブルガーSVを下した3位ドルトムント(勝ち点37)は、3連敗中の10位ボルシアMG(勝ち点31)とアウェイで対戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のアタランタ戦をバチュアイの公式戦3試合連続弾で劇的な形で制して勢いに乗るアウェイチームは、そのアタランタ戦から先発2人を変更。トプラク、プリシッチに代わってアカンジとゲッツェを起用した。 ▽劣悪なピッチ状態が懸念される中でスタートした一戦。試合は立ち上がりからピッチ状態を反映するような、ボールが落ち着かない展開が続く。 ▽ショートパスやドリブルを駆使した攻撃を信条とするアウェイチームが苦しむ一方、球際やロングボールなどシンプルな攻めを見せるホームチームは13分にボックス内に抜け出したシュティンドルに決定機も、ここはGKビュルキの好守に遭う。その後もボバディージャらのパワフルな仕掛けでドルトムントゴールに迫った。 ▽一方、なかなかリズムを掴めないドルトムントだったが、復活のエースが待望の復帰弾を決める。32分、ゲッツェからのフィードをボックス左で収めたシュールレが浮き球で折り返す。これを巧みなトラップで足元に収めたロイスが右足を振り抜く。すると、ブレ球シュートがクロスバーの内側を叩いてネットを揺らした。 ▽ロイスの復帰後初となる今季初ゴールで先手を奪ったドルトムントだが、その後は相手の反撃を受ける展開に。前半終了間際の42分には相手セットプレーの流れでゴール前に混戦が生まれ、ボバディージャの短いラストパスをヴェステルゴーアに流し込まれる。しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による確認の結果、ヴェステルゴーアのオフサイドとの判定が下り、リードを保って前半を終えた。 ▽迎えた後半もボルシアMGが押し込む入りとなる。攻撃時に多くの選手がゴール前になだれ込む迫力のある仕掛けを見せるホームチームはトルガン・アザールが良い形で攻撃にアクセントを付ける。55分にはそのアザールのパスからシュティンドル、ボバディージャが続けてボックス内でシュートを浴びせるが、ここはGKビュルキとDFの必死のゴールカバーに阻まれる。 ▽一方、前がかりな相手に対して追加点を奪って勢いを止めたいドルトムントは60分、セットプレーのこぼれ球に反応したロイスがペナルティアーク付近から抑えの利いた右足ボレーを放つ。だが、このシュートはややコースが甘くGKゾンマーに弾き出された。 ▽その後も押し込まれる展開が続くドルトムントはゲッツェ、ロイス、シュールレと前線の選手を続けて下げてプリシッチ、ダフード、トプラクとやや守備的な交代カードを切っていく。その中でボルシアMGの攻勢に幾度も晒されるが、守護神ビュルキが再三のビッグセーブでボバディージャらの決定機を阻む。 ▽試合最終盤には長身DFヴェステルゴーアを前線に上げる相手のパワープレーに対して、5バックで対応したドルトムントはこのまま1-0で勝ち切った。バチュアイの連続ゴールがストップするなど大苦戦を強いられながらも古巣対戦となったロイスの今季初ゴールで勝利したドルトムントは公式戦4連勝を飾った。一方、善戦も競り負けたボルシアMGは4戦連続無得点での4連敗と泥沼の状況となった。 2018.02.19 04:10 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ、ドイツの若き天才MFヴァイグル獲得へ…スカウト派遣ですでに視察?

▽マンチェスター・シティが、ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(22)の獲得に向けて動いているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。 ▽伝えられるところによると、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は現在新たなアンカーの獲得を希望。ドルトムントの若き天才と評されるドルトムントのヴァイグルに関心を示しており、すでにドルトムントの直近数試合でスカウトを視察に送り込んだという。 ▽今夏の移籍市場に向けてはショートリストに入ると見られており、ロシア・ワールドカップのドイツ代表メンバーに選ばれる可能性もあることから、獲得に踏み切る際には迅速に契約を締結させたいと考えているとのことだ。しかし、ドルトムントには安価で売却する気はなく、4000万ポンド(約59億6000万円)以上のオファーでなければ交渉に応じる気はないと同メディアは伝えている。 ▽2015年夏にミュンヘン1860からドルトムント入りしたヴァイグルは、加入初年度に公式戦51試合、昨シーズンも43試合に出場。中盤の底を主戦場とする有望株で2016年5月にはドイツ代表デビューも飾っている。今シーズンはここまで公式戦23試合に出場して1ゴールを記録している。 2018.02.18 14:27 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトで3戦5発バチュアイ、チェルシーでの苦境に言及「ゴール、ベンチ、ゴール、ベンチ…」

ベルギー代表FWのミヒ―・バチュアイはドルトムントに加入してからの公式戦3試合で5ゴールを挙げている。申し分ない決定力を示すストライカーは、ベルギー『スポルツァ』で、所属元のチェルシーでの苦しい状況について言及した。<br><br>2016年夏にマルセイユからチェルシーへと渡ったバチュアイはイングランドでは53試合に出場し19ゴールをマーク。だが、プレミアリーグでは1年半で出場した32試合(7ゴール)のうち先発は4試合とアントニオ・コンテ監督の信頼を勝ち取ることができなかった。<br><br>そして、この冬に買い取りオプションなしのレンタルといった格好でドルトムントに送り出されたバチュアイは、新天地ではチームの3連勝に大きく貢献。2ゴールで逆転勝利(3-2)の立役者となった15日のアタランタ戦後、『スポルツァ』に対して次のようなコメントを残した。<br><br>「チェルシーでは良い日々を過ごせなかったね。ここではチームメイトやファンたちに好感触を得ている。素晴らしい形で迎えられたね。ドルトムントで自信を加えるのは良いことだと思う」<br><br>「ベンチに座り、(出場して)ゴールを決め、ベンチに座り、またゴールを決めても最終的にはベンチに座るのはとても難しい。若い選手は成長するために、たくさんプレーすることが必要なのでね。ここではみんなに信頼され、完璧だよ」<br><br>「コンテ監督はアタランタ戦でのプレーを見たと思うか」と問われると笑いながら「分からないよ」と返すバチュアイ。「彼らはプレミアリーグに集中しており、来週にはチャンピオンズリーグでの(バルセロナとの)大事な試合に臨む。彼らにとってうまくいくことを祈っているよ」と恨み節を口にすることはなかった。<br><br>大きな目標はベルギー代表としてのロシア・ワールドカップ(W杯)への出場となる24歳のFWだが、「赤い悪魔(ベルギー代表チームの愛称)にはたくさんの優れたアタッカーがいるのでね。僕を含めて、誰もがW杯に出たがっている。なので、(ロベルト・マルティネス)監督にアピールしなければね」と意気込みを示している。<br><br>ドルトムントで最高な形のスタートを切ったバチュアイ。ゴールを決める度、完全移籍での獲得に向けた交渉は難しくなると考えられるが、現時点においてはドルトムントにとっても選手にとってもウィン・ウィンの関係と言えるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 23:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース