【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過2016.12.10 07:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。

■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[14/4/2/0/12]
2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6]
3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15]
4.スポルティング[3/1/0/5/-3]

◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。

◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~
Getty Images
▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。

◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~
Getty Images
▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。

◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルト主将DFシュメルツァー、足首じん帯を部分断裂…4週間の離脱に

▽日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは20日、主将のドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーが足首外側側副じん帯の部分断裂により、4週間の離脱になると発表した。 ▽事前の報道によれば、シュメルツァーはアジアツアー中に負傷。18日に中国で行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017のミラン戦を欠場し、ひと足先にドイツに帰国していた。 ▽ドルトムントの発表によれば、シュメルツァーは今後、8月19日に開幕するブンデスリーガ第1節のヴォルスフスブルク戦での復帰を目指して、リハビリに励むという。 2017.07.21 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季得点王レースに敗れたレヴァンドフスキ、オーバメヤンのドルト残留を歓迎「競争が維持される」

バイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキは、FWピエール=エメリク・オーバメヤンがボルシア・ドルトムントに残留することを歓迎しているようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』がコメントを伝えている。<br><br>昨シーズンのリーグ戦で30ゴールをマークしたレヴァンドフスキは、最終節で2ゴールを決めた自身の古巣に所属するオーバメヤンに得点王の座を譲ることとなった。そのオーバメヤンは今夏国外への移籍の可能性が盛んに報じられ続けたが、先日ドルトムント幹部が同選手の放出を容認しない決断を下したことを発表した。<br><br>オーバメヤンが当面ドルトムントに残ることになったことについてレヴァンドフスキは「ブンデスリーガにとって良いこと。優れたプレーヤーが必要だからね。僕たちにとっても良い」と言及。「僕たちは2年前や3年前早い時期に優勝を決め、終盤は少しばかり緊張感が不足し、最高なフォームではなかったのでね。でも、(他チームに優れた選手がいることで)競争やプレッシャーが維持される」と続けた。<br><br>レヴァンドフスキは以前、フライブルクとの最終節で自らゴールを決められなかったことで、同僚やカルロ・アンチェロッティ監督からのサポートが足りなかったと苦言を呈していた。そのことについては「自分の意見はインターナショナルブレイクに話した。それを繰り返してまた同じことを言う必要はないだろう」と意見が変わっていないことを示唆した。<br><br>また新シーズンに向けては「チャンピオンズリーグがないと、常に何かが不足している気分だね。ここ2シーズンは連続で(リーグ戦)30ゴールを決められたことは僕にとってナイスなストーリーさ。昨シーズンは国内カップも制覇できなかったので、今シーズンはより良い形で過ごせればと願っている」とのコメントを残し、昨季リーグタイトルの1冠のみにとどまったことへの悔しさをのぞかせた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.21 02:49 Fri
twitterfacebook
thumb

「オーバメヤンはワンプレーで試合を変える」ドルトムントDFが同僚に賛辞

中国遠征を行っていたドルトムントは17日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)でセリエAのミランと対戦し、3-1で勝利を収めた。<br><br>ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンにとって、ミランは自身の古巣でもあるが、ミラン首脳陣はブンデスリーガ得点王に輝いた同選手を高く評価しており、今夏の移籍市場で関心を示していたとされる。<br><br>ドルトムント幹部のミヒャエル・ツォルク氏は、オーバメヤンについて「いくら大金を積まれても売るつもりはない」と公言し、獲得のオファーに完全拒否の姿勢を見せていた。<br><br>そのオーバメヤンに対して、ケルンへのレンタルから復帰したセルビア代表DFネヴェン・スボティッチが『Goal』に対して語ってくれた。<br><br>「オーバメヤンについて回る退団のうわさを聞くと複雑な思いだったけど、現時点で彼がここに居てくれることに安心しているよ。彼はたった1度のスプリント、1度のシュートチャンスで試合を変えることができる選手だからね。ここ数年でも、突出したキープレーヤーだと思うよ」<br><br>また、スボティッチは「オーバメヤンはチームプレーヤーでもある。ディフェンス面でもしっかりと貢献するし、チーム全体にとっても彼の役割は重要なんだ」と続け、オーバメヤンが守備面でもチームに大きく貢献していると強調した。<br><br>ライバルチームのバイエルンにリーグ5連覇を許していることについて、スボティッチは「サッカー界にはあらゆることが起こり得るが、バイエルンが我々とは財政的に大きく異なるという点はよく理解している。17-18シーズンも彼らが優勝候補の筆頭であることは変わりないだろう。だけど、僕らは最善を尽くしてバイエルンからリーグタイトルを奪うつもりだ。ただ、それは彼らとの戦いだけでなく、自分たちと向き合うことへの挑戦でもあるね」と語り、新シーズンでのバイエルンの6連覇阻止に向けて気概を示している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.19 18:46 Wed
twitterfacebook
thumb

オーバメヤン、ドルトムント残留が決定か…今後は約130億円以上のオファーが必要と独誌報道

ボルシア・ドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンは新シーズンも同クラブでプレーすることになるようだ。ドイツ誌『キッカー』が報じている。<br><br>以前には中国の天津権健やパリ・サンジェルマン、最近ではミランやチェルシーに向かう可能性が騒がれてきたオーバメヤンだが、ドルトムントは今夏のマーケットで同選手を手放さない決断を下した模様。『キッカー』によると、実際にドルトムントは移籍先として最も有力視されたオーバメヤンの古巣でもあるミランと先週に接触したが、取引成立には至らなかったという。<br><br>ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は先日、『ヴェルト・アム・ゾンターク』でクラブと2020年までの契約を残すオーバメヤンの去就について「あと数日間は待つが、そう長くは待たない」とのコメントを残している。同選手が退団した場合、代役の確保に時間を必要とするため、移籍市場終盤の移籍を容認しない考えを強調していた。<br><br>だが、内部で設けられたとされるオーバメヤンの&rdquo;移籍期限&rdquo;はもはや切れた様子だ。『キッカー』では、これまでは7000万ユーロ(約90億円)の移籍金で交渉に入ると見られたドルトムントは今後、1億ユーロ(約129億1000万円)を大きく上回るオファーが提示されない限り交渉に応じないだろう、との見解が述べられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.18 22:41 Tue
twitterfacebook
thumb

インターナショナル・チャンピオンズカップが開幕! オーバメヤンの2発でドルトムントがミラン撃破!《ICC2017》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017が18日に開幕した。中国ラウンドのミランvsドルトムントが天河スタジアムで行われ、3-1でドルトムントが勝利した。 ▽大会初戦となったこの一戦、今夏の積極補強が目立つミランは、[4-3-3]の布陣で、GKストラーリ、4バックはサパタ、アバーテ、パレッタ、新加入のR・ロドリゲスが固め、中盤にはボナヴェントゥーラ、マウリ、そして新加入のケシエが起用された。前線にはバッカ、ニアン、新加入のボリーニが顔を揃えた。 ▽一方、15日に日本で行われたJリーグワールドチャレンジで浦和レッズと対戦し、3-2で勝利したドルトムントは、こちらも同じく[4-3-3]のフォーメーション。GKは浦和戦でも先発したヴァイデンフェラーが入った。ディフェンスラインにはザガドゥ、バルトラ、パパスタソプーロス、ピシュチェクが並び、中盤にはシャヒン、ローデ、カストロ、3トップにはO・デンベレ、プリシッチ、そしてオーバメヤンが起用された。 ▽試合序盤はお互い無理に攻めることなく、落ち着いた時間帯が続く。そんな中、ボール保持率を徐々に高めていくドルトムントが先制に成功する。16分、ボックス右からのファーサイドへのクロスを収めたプリシッチ。ボックス外中央のスペースにパスを送ると、そこに走り込んだシャヒンが左足で丁寧にコースを突き、GKストラーリの守るゴールを破った。 ▽先制に成功したドルトムントは立て続けに2点目を決める。20分、ボックスに侵入したプリシッチがパレッタに倒されPKを獲得。これをオーバメヤンが冷静に沈めてリードを広げた。 ▽スロースタートとなったミランもここで反撃。24分、バッカが敵陣中央をドリブルで持ち上がると、ボックス手前からそのままシュート。右足アウトサイドで放たれたシュートは、GKヴァイデンフェラーの手が届かない左下隅を突き、ネットを揺らした。その後は均衡した試合展開。前半終了間際にはR・ロドリゲスがボックス手前右の位置からFKを直接狙うも、大きく枠を外してしまった。 ▽迎えた後半、ミランはニアンとパレッタを下げて新加入のチャノハノールとムサッキオを投入。対するドルトムントは、GKヴァイデンフェラーとピシュチェクに代えてGKレイマンとパスラックを投入した。 ▽前半よりもギアを上げた両チームは、中盤のせめぎ合いが激しくなる。そんな中、パパスタソプーロスがボックス手前で相手を倒してしまいFKを献上。これをFKの名手チャルハノールが直接狙ったが、壁に当ててしまいゴールとはならず。 ▽その直後のミランのCKの場面。62分、左からのクロスをGKレイマンがキャッチすると、すかさず、カストロへフィード。パスを受けたカストロが長い距離をドリブルで運び、ボックス左のプリシッチに送る。プリシッチはこれをゴール前に折り返すと、オーバメヤンが流し込み再びリードを2点に広げた。 ▽その後は両者選手を次々と交代させ、多くの選手を起用する。そんな中83分、後半途中から交代で入ったアントネッリが、ボックス左からゴールに迫るが、シュートは相手にブロックされ、ゴールとはならなかった。 ▽3点目を奪った後も攻撃の手を緩めないドルトムントだったが、追加点を奪うことは出来ず3-1で試合終了。オーバメヤンの2発などで、ミランを撃破したドルトムントがICC2017開幕戦で勝利を収めた。 2017.07.18 22:37 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース