【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過2016.12.10 07:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。

■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[14/4/2/0/12]
2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6]
3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15]
4.スポルティング[3/1/0/5/-3]

◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。

◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~
Getty Images
▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。

◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~
Getty Images
▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。

◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムント、FWの獲得に白旗?「国際クラスの選手を獲るのは不可能に近い」

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは今夏、センターフォワードの獲得を実現できないかもしれない。クラブのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)が地元紙『ルールナハリヒテン』で認めている。<br><br>ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが今年1月にアーセナルに渡る前からその代役を務められるセンターFWを探していたと言われるドルトムント。今夏も連日、チェルシーからミヒ―・バチュアイ(&rarr;1年間の期限付きでバレンシアに移籍)の再レンタル、ユヴェントスのモイーズ・ケーンやフルミネンセのペドロの獲得などが盛んに報じられ、さらに最近では元ケルンのアントニー・モデストからの&ldquo;逆オファー&ldquo;も話題を呼んでいるところだ。<br><br>しかし、ツォルクSDはこれまでフォワードの獲得について問われると「その選手に関して100%の確信がない限り、獲得をすることはない。フォワードを獲るために、フォワードを獲るようなことはしない」との構えを強調し続け、現時点においては最前線の補強を見送る可能性も考えられるようだ。<br><br>『ルールナハリヒテン』では特にアタッカーに対する移籍金の高騰は「極端」と話す同SDだが、新選手の獲得は「意義があることが決定的」とコメント。続けて「FWのポジションは現在の移籍市場で、最も複雑なポジションにあたる」との見解を述べ、「正直に言わなければならない。現在、国際レベルのフォワードを獲得することはドルトムントにとって不可能に近い」とまで認めている。<br><br>プレシーズンマッチでは本業は2列目のマルコ・ロイスやマキシミリアン・フィリップが1トップを務めたが、ルシアン・ファーヴル監督が就任したドルトムントはセンターFWを迎え入れないで新シーズンに臨むことになるのだろうか。<br><br><br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.16 06:10 Thu
twitterfacebook
thumb

“大迫の相棒“モデスト、中国クラブとの契約を解消?独メディアでドルトムントに逆オファー

元ケルンのフランス人FWアントニー・モデストはブンデスリーガへの復帰を望んでいるようだ。ドイツ『シュポルト1』に対して明かしている。<br><br>ケルンでは公式戦68試合で40ゴールを記録した&ldquo;大迫勇也の相棒&ldquo;モデストは2017年夏に中国の天津権健入り。しかし新天地には馴染めず、年俸1100万ユーロ(約14億円)の契約もすでに解消したと伝えられている。<br><br>そんなモデストだが、フランス紙『レキップ』によれば、古巣のニースが再獲得を検討しているという。一方、30歳の点取り屋は『シュポルト1』で「ブンデスリーガには『ノー』と言うことは絶対にない。でも現在、ドイツから興味が示されていないので、待たなければいけない」と強調すると、次のように続けた。<br><br>「ブンデスリーガへの復帰は僕にとってまさにパーフェクトだよ。ボルシア・ドルトムントは非常に興味深い。(ドルトムントに移籍することは)うまく想像できるね」<br><br>天津権健との契約を解消したことが事実であれば、フリーでの移籍が可能とのこと。同クラブからベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルを獲得したばかりのドルトムントだが、実際にモデストの獲得に動き出すのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.08.13 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、香川真司は完全移籍なら放出容認?8億円を求めるとトルコメディア報道

ベシクタシュは、未だドルトムントMF香川真司の獲得を諦めていないようだ。トルコ『GUNES』が伝えた。<br><br>ロシア・ワールドカップ終了後から、加熱している香川の去就。新たな10番を探すベシクタシュは、日本代表MFの獲得に熱心であると伝えられており、正式なオファーは既に送っていると報じられている。<br><br>『GUNES』によると、ベシクタシュは香川と同僚のマリオ・ゲッツェについて、ドルトムントにレンタル移籍でのオファーをしたという。しかし、ドルトムントの反応は芳しくなかったようだ。さらに、両選手の代理人も移籍に否定的な反応を示したという。<br><br>しかし同メディアによると、ドルトムントは完全移籍での売却であれば考慮するようだ。香川に対しては600万ユーロ(約8億)、ゲッツェには700万ユーロ(約9億円)を求めるとベシクタシュに連絡したという。<br><br>プレシーズンマッチでは、キャプテンマークを巻く機会もあった香川。29歳の日本代表MFは、新シーズンはどこでプレーすることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.08.13 13:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがロイス弾でラツィオに勝利、香川は出場せず《プレシーズンマッチ》

▽プレシーズンマッチのドルトムントvsラツィオが12日に行われ、1-0でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ブンデスリーガとセリエAの強豪によるテストマッチ。ドルトムントはロイスやゲッツェ、プリシッチら主力組に、新戦力ではデラネイとディアロが、ラツィオはインモービレやミリンコビッチ=サビッチ、ルイス・アルベルトら主力組に、新戦力ではバデリやドゥルミジがスタメンとなった。 ▽ロイスを最前線で起用したドルトムントが立ち上がりから攻勢に出ると、6分に先制する。ボックス中央でパスを受けたロイスのシュートが相手DFに当たってディフレクトし、GKストラコシャの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。 ▽失点を受けて前がかったラツィオはミドルシュートで牽制。ポゼッションを高めて押し込みにかかるも、決定打は生まれない。 ▽凌いだドルトムントが引き続き攻勢に転じると、主導権を渡さずに前半を終えた。 ▽後半もドルトムントがポゼッションする展開となったがこう着状態が続き、互いにシュートに持ち込めない状況が続く。 ▽後半半ばを過ぎてラツィオが押し込む展開が続く中、終盤の85分にようやくホアキン・コレアのシュートでGKビュルキを強襲した。 ▽しかし、その後は攻め手なくドルトムントが1-0で逃げ切っている。 2018.08.13 02:24 Mon
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュサポ、香川照之さんにラブコール! 「Come to Besiktas」

▽俳優の香川照之さん(@_teruyukikagawa)が、ベシクタシュのサポーターからラブコールを受けている。 ▽大人気TVドラマ『半沢直樹』など多数に出演した名俳優の香川照之さんが、9日にツイッターを開設。初投稿には13万件のお気に入りが付けられた。さらに、アカウント上では香川照之さんが好みとしている昆虫に関するメッセージが多くのユーザーから寄せられ、早速賑わいを見せている。 ▽しかし、そういった昆虫談義に交じり、「待ってるよ、お願いだからベシクタシュに来て!!」、「Come to Besiktas」といった毛並みの違う海外からの投稿が散見。中には、「@Besiktas に来る(原文ママ)」と翻訳ソフトを使用してまで気持ちをアピールしているであろう熱心なツイートも見られた。 ▽もちろん、上記の投稿はドルトムントの日本代表MF香川真司との勘違いによるものだろう。今夏、香川真司がドルトムントを退団してベシクタシュに移籍する可能性が、ドイツ紙やトルコ紙などに伝えられていた。 ▽香川照之さんの初投稿に対して、香川真司(@S_Kagawa0317)がツイッター上で「香川です。香川さんですか? 笑」と問いかけており、その際にベシクタシュサポーターに混乱が生まれたとみられている。なお、香川照之さん側はこの一連の流れに反応を示しておらず、NHK『香川照之の昆虫すごいぜ! 』で自身が扮する“カマキリ先生”に関連する投稿を続けている。 2018.08.11 17:55 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース