【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過2016.12.10 07:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。

■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[14/4/2/0/12]
2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6]
3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15]
4.スポルティング[3/1/0/5/-3]

◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。

◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~
Getty Images
▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。

◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~
Getty Images
▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。

◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ゲッツェ、リバプール移籍希望か?「彼と一緒に仕事したい」

▽ドルトムントのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(26)が、自身の去就についてヒントとなるコメントを残した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2016-17シーズンにバイエルンからドルトムントに復帰したゲッツェは、ケガの影響もあり思うような活躍が残せていない。昨季はケガでシーズンの大半を棒に振り、今季はリーグ戦23試合に出場したが2ゴール4アシストと目立った成績を残せず、ロシア・ワールドカップのドイツ代表からも落選した。 ▽ユース時代からドルトムントで過ごすゲッツェだが、再び別の場所でのプレーする機会が必要だと感じているのかもしれない。『DAZN』のドキュメント番組に出演した同選手は、自身がバイエルンからドルトムントに戻る際に、恩師であるユルゲン・クロップ(現リバプール)監督から誘いを受けていたという。 「僕がバイエルンを離れると決めた時、ユルゲン・クロップが僕をリバプールに連れてこようとしてたみたいだ。僕は今でも彼と一緒に働きたいと思っているよ。それはエキサイティングなことだ。彼はワールドクラスの監督だから、いつだって興味があるよ」 ▽クロップ監督がドルトムントを率いた2008年から2015年にかけて、ゲッツェはドルトムントで黄金期を築いた。ブンデスリーガ2連覇やドイツカップなどのタイトル獲得に貢献し、2014年のワールドカップでは決勝戦でゴールを決めドイツ代表を優勝に導いた。自身も「父のような存在」と認めるクロップ監督への信頼は今でも薄らいでいないようだ。 2018.06.09 20:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがブレーメンのデンマーク代表MFデラネイを獲得、推定移籍金は約26億円

▽ドルトムントは7日、ブレーメンのデンマーク代表MFトーマス・デラネイ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までで、移籍金はドイツ『キッカー』によれば2000万ユーロ(約25億9000万円)とのことだ。 ▽2016年夏にコペンハーゲンからブレーメンに加入したセントラルMFのデラネイは、在籍2シーズンで公式戦49試合に出場して7ゴール7アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガ32試合に出場して3ゴール5アシストと主力として活躍していた。 ▽そのデラネイはドルトムントへの移籍について次のように語っている。 「ドルトムントからの連絡があったときには、大して悩む必要はなかったよ。ドルトムントはヨーロッパ内でトップ10に入るクラブ。ドイツではトップ2のクラブだと思う。それにここのスタジアムは、ヨーロッパで最高のものがあるしね。熱い気持ちをもってプレーすることを約束する。ワールドカップ前だけれど、ドルトムントでの挑戦が今から楽しみだよ。この黒と黄色のユニフォームで、タイトルを獲得できたらと思っている」 ▽なお、デンマーク代表でもレギュラーとしてプレーするデラネイは、ロシア・ワールドカップに臨むデンマーク代表に選出されている。 2018.06.08 05:10 Fri
twitterfacebook
thumb

香川真司に強力なライバル出現?ドルトムント新監督がベン・アルファの獲得を検討か

新シーズンからドルトムント率いるルシアン・ファブレ新監督は、MFハテム・ベン・アルファの獲得を検討しているという。フランス紙『レキップ』が伝えている。<br><br>31歳のベン・アルファはパリ・サンジェルマン(PSG)との契約が今年6月末に満了。PSGではウナイ・エメリ前監督の下で戦力外となり、2017-18シーズンは公式戦に出場しておらず、すでに今夏の退団が決定している。<br><br>一方で、トップ下を主戦場とする攻撃的MFは2015-16シーズン、ファブレ体制のニースで公式戦37試合に出場し18ゴールという記録を残している。<br><br>スイス人指揮官は当時ニースをヨーロッパリーグ出場権獲得の4位に導いたフランス出身MFをドルトムントに誘うことを検討しているようだ。<br><br>今シーズンは4位で終え、来季のチャンピオンズリーグ出場権を確保しながらも、安定しないパフォーマンスが目立ったドルトムント。フロントは新シーズンに向けて、チーム刷新の必要性を度々示唆してきたが、日本代表MF香川真司はベン・アルファとポジションを争うことになるかもしれない。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.06 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ソクラティスのアーセナル移籍が秒読み! 今週メディカルへ

▽ドルトムントに所属するギリシャ代表DFソクラティス・パパスタトプーロス(29)のアーセナル加入が現実味を帯びてきている。 ▽ドイツ『キッカー』によれば、パパスタトプーロスはアーセナルとの3年契約にサインを済ませ、今週中にもメディカルチェックを受ける予定。アーセナルとドルトムントは依然として詳細の詰めが残っているものの、移籍金1700万ユーロ(約21億8000万円)で交渉成立の見通しだという。 ▽2013年夏にブレーメンから加入のパパスタソプーロスは、対人能力に秀でたセンターバックとして活躍。今シーズンも主力を張り、公式戦43試合3ゴールを記録した。そのパパスタソプーロスの契約は2019年まで。既報でアーセナル行きが有力として取り沙汰されてきた。 2018.06.05 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、シャヒン売却へ

▽ドルトムントは、トルコ代表MFヌリ・シャヒン(29)の売却を決めたようだ。『フットボールイタリア』が伝えている。 ▽契約を2019年6月までとしているシャヒンだが、ドルトムントは契約を延長しない意向のようで、今夏での売却に向けた動きを進めているようだ。 ▽シャヒンはドルトムント出身で2010-11シーズンにはブンデスリーガ優勝に貢献。この活躍から2011年夏にはレアル・マドリーに移籍するが、超巨大クラブのプレッシャーからか本来の実力を示すことが出来ず、出場した試合は10試合のみ。12-13シーズンにはレンタル移籍でリバプールに加入するも、ここでも調子が上がらず13-14シーズンは古巣ドルトムントにレンタル。2014年夏には完全移籍でドルトムントに復帰した。 ▽2度目のドルトムントではほとんどのシーズンをケガで棒に振った。今季は開幕から万全の状態で挑んだが、リーグ戦出場は18試合のみ。フル出場は10試合だけだった。 ▽今年9月に30歳を迎えるシャヒンだが、経験豊富なトルコ代表MFには引く手数多のようで、ローマやリバプール、ガラタサライが興味を示しているという。契約が残り1年となっていることから、安価での獲得が見込まれている。 2018.06.03 14:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース