【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過2016.12.10 07:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。

■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[14/4/2/0/12]
2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6]
3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15]
4.スポルティング[3/1/0/5/-3]

◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。

◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~
Getty Images
▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。

◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~
Getty Images
▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。

◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

オーバメヤン、ドルト退団の可能性を否定せず…一方で移籍先として「アウト」のクラブとは?

以前から度々レアル・マドリーでプレーすることを&ldquo;将来の夢&rdquo;と語ってきたガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンだが、ドルトムントのファンたちが喜ぶような発言をした。ボルシア・ドルトムントのエースストライカーは、ドイツ紙『フースバル・ビルト』のインタビューでバイエルンには加わらないと断言している。<br><br>ドルトムントと2020年までの契約を結んでいるオーバメヤンだが、数年前に亡くなった祖父に「いつかレアル・マドリーでプレーする」と約束していたことが広く知られている。以前にはそのレアル・マドリーがオーバメヤンの獲得に乗り出す可能性も報じられてきたが、先日にはジネディーヌ・ジダン監督は同選手が自身のスタイルにフィットしない考えだと伝えられたところだ。<br><br>しかし、オーバメヤンはそのような報道を気にしていないようだ。インタビューでは「レアルがいつか僕に電話することを望めば、そうするだろう。そうしなかったら? 問題ないよ。ご存知のとおり、世界にはレアル・マドリーしか存在しないわけではないのでね」とコメント。また、次のようにも話している。<br><br>「未来のことは誰も分からない。ただ確実なのは、僕は今ドルトムントにいてそこを最高に気に入っていること。でもあと2年、それとも5年や10年残るのかは言えない。6月にあるクラブがやって来て、ドルトムントと合意し、僕が去ることだって考えられる。でも今はそのようなことをあまり考えていないよ。僕はドルトムントやガボンの同僚たちとの仕事だけに集中しているんだ」<br><br>しかしオーバメヤンにとって、移籍先として&ldquo;対象外&rdquo;のクラブもあるという。<br><br>「バイエルンに向かうことはない。それは確かだよ。ドルトムントのファンにとって辛すぎることだからね。どんなオファーを届けられても『ノー』と答えるよ」<br><br>「絶対にない。僕はそういう人じゃない。僕はサンテティエンヌでプレーしたけど、ファンたちには『リヨンだけには移籍するな』と言われたんだ。だからそういうことはしない。僕のメンタリティーに合わないよ。なのでバイエルンはアウトだ」<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フレンドリーマッチで負傷のベンダーは6週間の離脱へ…

▽ドルトムントは19日、ドイツ代表MFスヴェン・ベンダーが足首のじん帯損傷と診断されたことを発表した。 ▽昨夏に行われたリオ五輪で負傷し、今季のブンデスリーガ前半戦の大半を棒に振ったベンダーだったが、昨年12月16日に行われたブンデスリーガ第15節のホッフェンハイム戦から2試合続けて出場してウインターブレイクを迎えていた。 ▽後半戦の巻き返しに期待がかかっていた同選手だが、17日に行われたパダーボルンとのフレンドリーマッチで、タックルを受けた際に足首を負傷。治療を受けたのちに病院へと向かっていた。 ▽なお、『ESPN』などの複数メディアの伝えるところによれば、ベンダーの離脱期間は、6週間ほどになるようだ。 2017.01.20 02:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント香川真司、練習試合全戦に先発出場…リーグ再開に向けてポジション確保に成功か

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は、ウィンターブレイクの練習でトーマス・トゥヘル監督の信頼を取り戻したようだ。ドイツ紙『ルールナハリヒテン』が今後における同選手のスタメン起用を有力視している。<br><br>ドルトムントは17日、ドイツ3部のパダーボルンとテストマッチで対戦し、6-1の大勝を収めた。スペイン合宿中に行われたPSV戦(4-1)、スタンダール・リエージュ戦(3-0)に続き、香川はパダーボルンの本拠地で臨んだこの一戦でも先発メンバーに名を連ね、63分まで主にインサイドハーフとしてプレーしている。<br><br>パダーボルン戦では、MFゴンサロ・カストロ(22分)、前試合スタンダール戦を欠場したマルコ・ロイス(37分)やマリオ・ゲッツェ(63分)らが1ゴールずつをマーク。香川の代わりに後半途中から出場したポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロも1ゴール(81分)、アンドレ・シュールレは2本のPK(68分、84分)を決めている。一方でDFスベン・ベンダーが相手選手のチャージを受け、負傷交代を強いられた。<br><br>香川はゴールにこそ絡まなかったものの、そのプレーはクラブ公式ウェブサイトのレポートで「ポジティブなトレンドを確かめることができた」と好材料の一つとして挙げられた。また地元の『ルールナハリヒテン』も「合宿で良いトレーニングを見せた香川は中盤の中央(での起用)において有力のようだ」と伝え、21日に行われるブンデスリーガ第17節ブレーメン戦に向けてスタメン候補として見ているようだ。<br><br>なおFWピエール=エメリク・オーバメヤン(アフリカ・ネイションズカップ)やウスマン・デンベレ(負傷)など計7人が不在のドルトムントだが、この試合では珍しい光景が見られた。トゥヘル監督は香川とポーランド代表DFルカシュ・ピシュチェクを除きドイツ人選手のみで構成されたチームを先発起用し、前線にはゲッツェ、シュールレ、ロイスといったドイツ代表メンバーを並べている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.18 21:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムントFWアドリアン・ラモスが爆買い中国へ…チームディレクターは「基本的に合意」と明かす

▽ドルトムントのコロンビア代表FWアドリアン・ラモス(31)が、中国スーパーリーグの重慶力帆へ移籍するようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽2014-15シーズンからドルトムントでプレーするアドリアン・ラモスは、ここまでで公式戦79試合19ゴール9アシストをマーク。しかし今シーズンはリーグ戦7試合2ゴールに留まっていた。しかしそんな同選手に対しては中国の重慶力帆が獲得に興味を示していたようだ。 ▽『キッカー』はドルトムントのメディアディレクターを務めるサーシャ・フリッゲ氏を直撃。中国への移籍について「基本合意に達した」ことを明言したようだ。なお、交渉は最終段階に入っているようで、移籍金は1200万ユーロ(約14億4800万円)で、契約期間は2020年までとなるようだ。 2017.01.18 11:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ウインターブレイクが明けるドルトムントに悲劇…スヴェン・ベンダーが再び負傷

▽ドルトムントのドイツ代表MFスヴェン・ベンダーが負傷したようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 ▽昨夏に行われたリオ五輪で負傷し、今季のブンデスリーガ前半戦の大半を棒に振ったスヴェン・ベンダー。昨年12月16日に行われたブンデスリーガ第15節のホッフェンハイム戦から2試合続けて出場してウインターブレイクを迎えていた。 ▽後半戦の巻き返しに期待がかかっていた同選手だが、『キッカー』によるとパダーホルンとのテストマッチで、タックルを受けた際に足首を負傷。治療を受けたのちに病院へと向かったようだ。 ▽現在まで診断結果は明かされていないものの、試合後にトーマス・トゥヘル監督は「負傷部位が腫れ上がっており、あまり良い状態ではない」とコメント。21日に行われるブンデスリーガ第17節のブレーメン戦への出場可否については「全く考えられないよ。関節かじん帯を痛めているように思う」と明かした。 2017.01.18 10:46 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース