【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過2016.12.10 07:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。

■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[14/4/2/0/12]
2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6]
3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15]
4.スポルティング[3/1/0/5/-3]

◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。

◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~
Getty Images
▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。

◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~
Getty Images
▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。

◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

日本の子供たちの弱点を語るドルトムントアカデミーコーチのパトリック・クリンスキ氏「パス、シュートの技術は見劣りする」

▽8月8日から11日にかけて、ドルトムントの現役コーチによる小学生向けのサッカーキャンプである「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」が行われた。 ▽今回のトレーニングキャンプは6回目の開催となり、これまでに多くの子供たちがドルトムントのメソッドを体験してきた。今回、初めて「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」にコーチとして参加したパトリック・クリンスキ氏(27)に、育成やドイツとの差についてお話を伺った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽2013年からドルトムントのアカデミーコーチを務めているパトリックコーチは、最下級生のクラスを担当。サッカーの技術だけを教えるだけでなく、子供たちとのスキンシップやコミュニケーションを取りながら、ドルトムントのメソッドを伝授していた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽初めて日本を訪れたパトリックコーチは、日本の子供たちを初めて指導。「今回のキャンプは6回目で、僕は初めてです。良い協力関係の下で(キャンプを)行えていることが良いと思います。どの国でも同じですが、サッカーをやりたいという気持ちは目を見た瞬間にわかります。70人しかいませんが、色々なコーチや親御さんが観ている中でサッカーができることは良いことだと思います」と、日本で実施しているキャンプの印象を語った。 ▽4日間にわたって行われたトレーニングキャンプ。パトリックコーチは今回のキャンプを通じて「1人1人の個人的なスキルにフォーカスしていきたいなと思っています。ドリブルであったり、シュートであったり、パスもそうですが、パスをどのポジションでどうやって受けるかを重点において臨みたいと思います」と意気込みを語ってくれた。 ▽下級生のクラスでありながら、単純なパスやボールを蹴る動きだけでなく、実戦を意識した動きながらのパスなどをトレーニングに取り入れていたパトリックコーチ。その狙いについて尋ねると、「今日(2日目)の練習はシュートでしたが、ドイツでは比較的シュートを打つことにフォーカスを置いて、全部の練習をすることが多いです」とドイツでの指導方法を取り入れていたことを明かし、以下の様に続けた。「まずは、ボールを沢山触るような、個人のトレーニングをやります。それをゲームの中で、使うようなシチュエーションを用いてトレーニングをします。その後、誰かとペアを組んで基礎的なことをやり、ゲーム形式でやります。強度は年齢によって変わっていきます。そういったものを取り入れながら、流れを重視をしてやっています」。試合で重要とされるシュートの動きを、基礎をシチュエーションを考えての両面でトレーニングしていたと教えてくれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽普段はドルトムントのU-13チームでコーチを務めているパトリックコーチ。日本人とドイツ人の子供の差を尋ねると、「ドリブルに関しての個人戦術は、過ぎるほど上のレベルにあると思います。ヨーロッパでも通じるものがあると思います」と、ドリブルの技術に関しては高く評価していると教えてくれた。しかしながら、「ただ、パスの技術、パスを貰う技術、シュートの技術は見劣りすると思います」と語り、試合を決定づけるパス、シュートの能力の低さを危惧していた。 ▽また、重要なポイントを1つ挙げ「チームとして勝つという気持ちが足りないと思います」とコメント。これはブンデスリーガに所属する18クラブがDFB(ドイツサッカー連盟)から言われていることにも関連しているとのことで、「ドルトムントに限らず、ブンデスリーガに所属する全クラブがDFBから言われていることですが、チームスポーツなのでチームで勝つことを伝えて育成するようにと言われています」と明かし、ドイツでの育成方針の中にチームプレーがあることを教えてくれた。 ▽一時期は、世代交代が進んでいないことが危惧されていたドイツサッカー。しかし、2014年のブラジル・ワールドカップでは見事に優勝を果たし、選手の育成に関しては世界的に高いレベルであることが認められている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽最後にパトリックコーチに子供の頃からやっておいた方が良いことを尋ねると、「僕の個人的な意見ではありますが、たくさんボールタッチをした方がいいと思います。それが今後の成長につながると思います。日本ではあまりないと思いますが、他の国でトレーニングキャンプをすると、20人の子供に対してボールが10個しかなかったりします。そうなると、個人的な技術を上げるタイミングが計れません。必ず1人にボールが1個ある中で、どれだけボールに触れるかをトレーニング中に励んだほうが良いと思います」と語り、いかに数多くボールに触れているかが、後の成長に繋がると考えていることを教えてくれた。 ▽高い育成力が評価されているドイツ国内において、トップクラスの評価を得ているドルトムント。アカデミーコーチの話からも、高い評価を得ている理由が垣間見えた気がする。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 2017.08.18 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

5度目のドルトムント・サマーキャンプ参加となった松野竜成くん…最も成長したのは“パス”

▽8月8日から11日にかけて、ドルトムントの現役コーチによる小学生向けのサッカーキャンプである「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」が行われた。 ▽トレーニングに参加した小学生の中から、今回で5回目の参加となる松野竜成くん(小学6年生)にトレーニングキャンプについて話を聞いてみた。 ▽松野くんは、ドルトムントのサッカースクールにも通っており、「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」の常連とのこと。「2年生の時からずっと来ています」と語り、今年で5回目の参加となった。 ▽こんキャンプでは、普段のトレーニングとは異なる部分が多く、「ゴールがいつもより小さいので、より丁寧に打たないと入らないのが難しいです」とコメント。トレーニングで使うゴールをしっかりと狙う技術が重要になると語ってくれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽その成果はしっかりと実戦でも出ているようで、最も成長したことは「キック力がなかったので、キック力がつきました」とのこと。さらに、小さなゴールを使うことも生きたのか、「試合でゴールをたくさん決められるようになりました」と、この5年間での成長を教えてくれた。 ▽普段はFWやMFとしてプレーするという松野くん。ドルトムントサマーキャンプでは試合で使える技術を学べるとのこと。「いつもシュートがデタラメでしたが、しっかりと打てるようになりました」と語るとともに、最も変わった部分はパスだと教えてくれた。「パスはいつも適当に蹴っていましたが、このキャンプに来たことでパスが上手く蹴られるようになりました」と、ドルトムントサマーキャンプではコーチ陣からパスの重要性を教えられたとのこと。「試合でも味方にパスが通るようになりました」と実戦でも、トレーニングの成果を実感していると教えてくれた。 ▽松野くんは、5回目の参加となった今回のキャンプにも目標を設定しているとのことで、「ボレーをたくさん決められるようになりたいです」とコメント。自身の出来については「まだまだですね」と、さらなる技術の向上を誓ってくれた。 2017.08.18 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

練習無断欠席のデンベレにドルトムントDF「チームより重要な選手などいないと理解すべき」

ドルトムントに所属するギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスは、同僚のウスマーヌ・デンベレの行動にストレスを溜めているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。<br><br>デンベレには今夏、バルセロナが獲得へと乗り出している。バルサへの移籍を希望するデンベレは無断で練習を欠席し、ドルトムントが処分を課するという騒ぎに発展している。こうした状況にソクラティスは苦言を呈した。<br><br>「ウスマーヌは良いやつだけど、チームより大きい選手なんていないということを理解しなければならない。何でも自分がやりたいことをやってはいけない。ピエール=エメリク・オーバメヤンのように振る舞うべきだ」<br><br>「オーバは出ていく可能性もあったけど、練習や試合にプロとして取り組み、全力を注いでいた。カップ戦の1回戦ではハットトリックもしたしね。ウスマーヌは今はいないが、ドルトムントと長期の契約を残していることを忘れるべきではない」<br><br>一方で、「ウスマーヌのような選手がドルトムントには必要」と語り、残留を望んだソクラティス。ベテランDFの愛ある&ldquo;説教&rdquo;は若きドリブラーに届くのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.18 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

アメリカ代表期待の18歳プリシッチ、ドルトムントに忠誠を誓う「移籍は全く考えていない」

ドルトムントに所属するアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチは、今後しばらくはクラブを去ることはないようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』で「移籍について考えていない」と強調した。<br><br>ピエール=エメリク・オーバメヤンに続き、ウスマーヌ・デンベレやエムレ・モルらの移籍志願が表面化しているドルトムントの攻撃陣。とりわけバルセロナ移籍を求め、ボイコット行為に出たデンベレに関する報道が過熱中だ。だがそんななか、以前からリバプールからの関心が伝えられる18歳のプリシッチはクラブに忠誠を誓っている。<br><br>これまでのリバプール移籍報道について聞かれた同選手は、「読んだよ。それについて何て言えばいいのかい?」と返答。「僕は完全にシーズンのスタートに集中している。明白に伝えたい。他クラブに移籍することはまったく考えていないよ。今年の初めに契約を2020年までに延長したばかりだからね」と強調した。<br><br>続けて「昨シーズンはドルトムントといった欧州のトップクラブで定着できた。子供のときからずっと夢見てきたことだ。次の目標は安定したプレーを見せること」と語り、今後もドルトムントでプレーし、成長することを目指していく。<br><br>さらにピーター・ボス新監督の起用法について「特に好んでいるポジションはない。攻撃的ポジションに関して自分はフレキシブルだと考えているんだ。ピーター・ボスはどちらかと言えば僕をサイドの選手と見ているようだが、それには違和感ないよ」と言及し、新体制の下でも主にウィングで起用されることを予想した。<br><br>攻撃陣のスターたちによる移籍をほのめかす言動が騒がれるドルトムント。今夏に契約の延長に至った香川真司、代謝異常といった問題を乗り越えるための時間を与えられ感謝を告げるマリオ・ゲッツェらと並び、プリシッチの移籍の可能性を除外する言葉はクラブにとって大きいかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.17 23:54 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、コウチーニョ&O・デンベレ獲得目前? クラブSDが明言

▽バルセロナのスポーツディレクターを務めるペップ・セグラ氏が、リバプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)とドルトムントに所属するフランス代表MFウスマーヌ・デンベレ(20)の獲得に近づいていることを明かした。イギリス『デイリー・ミラー』がスペインのテレビ局『TV3』でのインタビューを引用して伝えている。 ▽バルセロナは今夏の移籍市場でトリデンテの1つとして君臨したブラジル代表FWネイマールが、パリ・サンジェルマンに移籍した。その補強が急務となっている中、かねてよりコウチーニョとO・デンベレへの興味が囁かれている。 ▽そうした中で、バルセロナはネイマールの放出によって受け取った移籍金2億2200万ポンド(約314億4600万円)を使って両選手の獲得を試みているようだ。『デイリー・ミラー』によるとコウチーニョの獲得に向けては1億2000万ポンド(約170億円)、O・デンベレの獲得には1億1800万ポンド(約167億2500万円)での獲得を目指しているようだ。 ▽補強に関する報道を受けて、ペップ・セグラ氏は、クラブが両選手に対してすでに接触していることを明言。また、バルセロナ加入の実現へ近づいていると自信をあらわにしている。 「我々はコウチーニョとデンベレの獲得に近づいている。条件についても話している。ただ、いつ頃成立するかはまだはっきりとは言えないね」 「彼らが今シーズン、バルセロナのプレーヤーになってくれることを望んでいるよ」 2017.08.17 16:51 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース