【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過2016.12.10 07:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[14/4/2/0/12]
2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6]
3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15]
4.スポルティング[3/1/0/5/-3]

◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。

◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~
Getty Images
▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。

◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~
Getty Images
▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。

◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマのチェコ代表FWシック、過去にドルトムントからオファーがあったと明かす

ローマのチェコ代表FWパトリック・シックが、過去にドルトムントへ移籍する可能性があったことを明かした。<br><br>シックは母国チェコメディア『Hattrick』のインタビューで、次のように語っている。<br><br>「2017年の夏はユベントスに移籍する直前だった。だけどメディカルチェックに問題が浮上し、他の話も進展して、結局ローマへと移籍することになったんだ」<br><br>「そのときにドルトムントからもオファーをもらっていた。そのときにもらった複数の打診について、とても感謝している。だけど、その時はイタリアから出たくないと思っていたから、実現しなかったんだ」<br><br>1996年生まれ、現在22歳のシックはスパルタ・プラハ育ちで、ボヘミアンズを経て16-17シーズンはサンプドリアでプレー。2017年夏にはクラブ幹部でもある同胞の先輩パヴェル・ネドヴェド氏の推薦もあり、ユベントスへの移籍合意間近となっていたが実現せず、結果的にローマへ移籍。17-18シーズンはリーグ戦2ゴールの成績に終わり、その後も本領を発揮しているとは言い難い状況だ。<br><br>ドルトムントはここ2年間でFWの入れ替わりが激しく、17-18シーズンには冬の移籍市場でピエール・エメリク・オーバメヤンを手放した。代案としてミヒー・バチュアイをレンタルで獲得したものの、完全移籍での買い取りができず。今季はスペインからやってきたパコ・アルカセルがリーグ戦3試合6ゴールと爆発力を見せ、ドルトムントは早速期限付き移籍から完全移籍でのオプション行使に向けて動いているとされる。<br><br>ここまでローマでは結果を残すことができていないFWシック。ドルトムントへの移籍話は実現しなかったが、チェコの英雄トマシュ・ロシツキがプレーしていたクラブということもあり、チェコのサッカーファンの間では「もしシックがドルトムントでプレーしていたら、成功していたかもしれない」と話題になっている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.10.19 19:02 Fri
twitterfacebook
thumb

若手英国人に金払い過ぎ! レーマン氏主張

▽アーセナルOBで元ドイツ代表GKのイェンス・レーマン氏が、イングランド人の若手が過剰な給与を受け取っていることを問題視している。イギリス『サン』のインタビューを基に、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽2011年に現役生活を終えたレーマン氏は現在、ドイツ国内を中心として解説者として活躍している。今シーズンは、ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョに注目しているという。同選手は、昨年夏にマンチェスター・シティを退団しドルトムントに完全移籍。今シーズンはここまでの公式戦10試合で1ゴール9アシストを記録している。 ▽イギリス『サン』のインタビューを受けたレーマン氏は、サンチョの成功例が若手イングランド人にとって良い方法だと主張した。 「イングランドの子供たちにとって、(サンチョの例は)素晴らしいリーグで良い経験をさせるための良い方法だ」 「イングランドでは、彼ら(若手)に過剰に(給与が)支払われている。オーバーペイは何のためにもならない。彼らのチャレンジにとってね。この世代の多くがそれぞれのクラブで将来的に大きな違いを見せるかどうか、私には分からない」 「プレーヤーにとって、ハングリーであることは常に良いことだ。18歳や19歳で莫大な金額を稼いでいて、それがポテンシャル(の評価)に寄ったものでなければそうではないけどね。その場合、ハングリーになるか、現状に留まるのかは分からない。サッカーには報酬が必要だが、ポテンシャルに払われるべきでない」 ▽2003年にドルトムントからアーセナルに加入したレーマン氏。元イングランド代表GKデイビッド・シーマン氏からポジションを奪い、2003-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝を達成した“インビンシブルズ”の一員としてクラブ史に名を刻んだ、名プレーヤーだ。 2018.10.19 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第8節プレビュー】長谷部vs宇佐美の日本人対決、不振バイエルン公式戦5試合ぶり勝利なるか

▽代表ウィーク前に行われた前節、不振バイエルンがホームでボルシアMGに完敗し、公式戦4試合勝利から見放されることとなった。一方、首位ドルトムントがアウグスブルクとの壮絶な打ち合いを制している。迎える第8節、長谷部フランクフルトvs宇佐美デュッセルドルフの日本人対決が開催される。 ▽前節ホッフェンハイム戦では劣勢ながら長谷部を軸とした守備陣の奮闘もあって2-1と勝利したフランクフルト(勝ち点10)。これで公式戦3連勝としたチームは、7位に浮上している。3バックの中央で起用されている長谷部の安定感あるプレーで浮上している中、リーグ戦での連勝を3に伸ばせるか。 ▽一方、宇佐美が途中出場した前節シャルケ戦では0-2と完敗して3連敗となったデュッセルドルフ(勝ち点5)。17位と低迷する中、ここ3試合チーム共々インパクトを残せていない宇佐美は浮上のキッカケとなれるか。 ▽難敵ボルシアMGにホームでまさかの完敗を喫したバイエルン(勝ち点13)は、6位に後退している。攻守両面で多くの問題を抱え、コバチ監督の首が怪しくなってきている中、開幕2連勝以降5試合勝利のない9位ヴォルフスブルク(勝ち点9)を下して負の流れを断ち切れるか。 ▽レバークーゼン戦に続き、まずい試合運びを見せながらも途中出場アルカセルの圧巻のハットトリックでアウグスブルクを4-3と撃破して首位をキープしたドルトムント(勝ち点17)は、シュツットガルトとのアウェイ戦に臨む。何はともあれ結果が出ているチームは、水曜にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える中、今季1勝と苦戦が続く最下位シュツットガルト(勝ち点5)を下して首位固めとなるか。 ▽ヴォルフスブルクに2-0と快勝した4位ブレーメン(勝ち点14)は、シャルケとのアウェイ戦に臨む。代表戦では2試合に先発してウルグイア戦でゴールを決めた大迫は、ブレーメンでもゴールを決められるか。 ▽代表ウィーク前の前節シュツットガルト戦では浅野の負傷を受けて3試合ぶりに出場した原口がダメ押しとなるチーム3点目をアシストして連敗を4で止めることに貢献した。その16位ハノーファー(勝ち点5)は14位レバークーゼン(勝ち点7)とのアウェイ戦に臨む。代表戦で原口は2試合に出場したが、なかなか浮上のキッカケを見いだせないレバークーゼン相手に引き続き目に見える結果を残せるか。 ▽最後に久保が先発復帰しながらも、前節ライプツィヒ戦では0-6と惨敗した12位ニュルンベルク(勝ち点8)は、13位ホッフェンハイム(勝ち点7)とのホーム戦に臨む。ライプツィヒ戦ではチーム共々見せ場を作れなかった久保だが、引き続き格上の相手に対して前節の大敗を払しょくするような活躍を見せられるか。 ◆ブンデスリーガ第8節 ▽10/19(金) 《27:30》 フランクフルト vs デュッセルドルフ ▽10/20(土) 《22:30》 シュツットガルト vs ドルトムント ヴォルフスブルク vs バイエルン アウグスブルク vs ライプツィヒ ニュルンベルク vs ホッフェンハイム レバークーゼン vs ハノーファー 《25:30》 シャルケ vs ブレーメン ▽10/21(日) 《22:30》 ヘルタ・ベルリン vs フライブルク 《25:00》 ボルシアMG vs マインツ 2018.10.19 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、レギュラーCBアカンジが3週間の離脱

▽ドルトムントは17日、スイス代表DFマヌエル・アカンジが負傷により3週間ほど戦列を離れることを発表した。 ▽スイス代表に合流していたアカンジは臀部を痛め、今回の代表戦2試合をいずれも欠場していた。 ▽今季、バーゼルから加入したセンターバックのアカンジは、今季ここまでのブンデスリーガ7試合、チャンピオンズリーグ(CL)2試合にフル出場するなど、新戦力ながらレギュラーの座を掴み、リーグ戦で首位に立つチームの主軸として活躍している。 ▽ドルトムントは代表ウィーク明け後、ブンデスリーガでシュツットガルト戦、CLでアトレティコ・マドリー戦を控える。 2018.10.18 05:22 Thu
twitterfacebook
thumb

サンチョ争奪戦は古巣シティが大きくリード! 買戻し条項が存在

▽ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)を巡り、プレミアリーグの複数クラブによる争奪戦が来夏に勃発しそうな構えだ。しかし、その争奪戦を大きくリードしているのは古巣マンチェスター・シティのようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 ▽14歳のときにワトフォードからサンチョを引き抜いたシティは、同世代のU-21イングランド代表MFフィル・フォーデンと同様にトップチーム契約を打診。しかし、すぐにトップチームでのプレー機会を求めたサンチョは昨夏にドルトムントに完全移籍した。 ▽すると、超絶技巧を生かしたドリブルに加え、ラストパスや決定力にも優れる逸材は、左右のウイングを主戦場に昨シーズンはブンデスリーガ戦12試合で1ゴール4アシストを記録。さらに、今季はすでに公式戦10試合に出場し1ゴール9アシストを記録する大ブレイクを果たし、先日のUEFAネーションズリーグのクロアチア代表戦ではイングランドのフル代表デビューまで飾った。 ▽そして、すでに市場価値が1億ポンド(約148億円)に高まっているサンチョにはマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リバプール、チェルシー、トッテナムといったプレミアリーグのビッグクラブに加え、ユベントスやレアル・マドリーら国外のメガクラブも獲得に関心を示している。 ▽しかし、『MES』が伝えるところによれば、シティはサンチョのブレイクを見越してドルトムントと交渉を行う際に、買戻し条項を契約の中に盛り込んでいたという。そのため、サンチョに古巣復帰の意思さえあれば、シティが買い戻せる可能性が高いようだ。 ▽なお、この買戻し条項に関してはすでに金額が決定しているものではなく、優先交渉権に近いもののようだ。 ▽シティではイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)との契約延長交渉が難航しており、一部ではレアル・マドリー行きの可能性も報じられている。そのため、仮に同選手が流出する事態になれば、即サンチョの買い戻しに動くはずだ。 2018.10.16 15:41 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース