【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過2016.12.10 07:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。

■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[14/4/2/0/12]
2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6]
3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15]
4.スポルティング[3/1/0/5/-3]

◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。

◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~
Getty Images
▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。

◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~
Getty Images
▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。

◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

オーバメヤンのドッペルパックなどでドルトムントが快勝、香川は76分から出場《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは25日、ブンデスリーガ第22節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。ドルトムントMF香川真司は76分から出場している。 ▽前節ヴォルフスブルク戦を3-0と快勝して3位に浮上したドルトムント(勝ち点37)が、9位フライブルク(勝ち点30)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽[3-5-2]で臨んだドルトムントは13分、ボックス手前右で得たFKをラファエウ・ゲレイロが蹴ると、パパスタソプーロスがヘディングシュートでネットを揺らし、先制する。 ▽続く19分には分厚い攻めを見せて、最後はゴール至近距離のドゥルムがシュートに持ち込むも、DFのブロックに阻まれる。その後、24分にもオーバメヤンがGKを強襲するシュートを浴びせたドルトムントがハーフタイムにかけてもフライブルクを圧倒。追加点こそ生まれなかったものの、スコア以上の差で後半へ折り返した。 ▽迎えた後半、55分にボックス左で相手DFの股間を抜く突破を見せたロイスのパスをオーバメヤンが押し込んで、ドルトムントが2-0と突き放した。さらに70分、ドゥルムのラストパスをオーバメヤンが決めて3-0としたドルトムントは、85分に左クロスに合わせた香川のヘディングシュートはわずかに枠の右へ外れる。このまま3-0で快勝したドルトムントがリーグ戦2連勝としている。 2017.02.26 01:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ゲッツェは中国に移籍する必要がある? マテウス「国外のトップチームはどこも興味を示していない」

元ドイツ代表で、現在はブンデスリーガのご意見番として知られるローター・マテウス氏は、マリオ・ゲッツェについて独自の見解を示している。<br><br>ゲッツェは昨夏、バイエルンから古巣のドルトムントへ復帰。しかし、リーグ戦で11試合に出場して1ゴールの成績にとどまっており、満足なパフォーマンスを見せられていない。移籍もうわさされているものの、マテウス氏はゲッツェに残された選択肢は少ないとドイツ誌『シュポルト・ビルト』で話している。<br><br>「正直に言うと、ゲッツェはドルトムントでも成功できない場合、中国に移籍する必要があるだろう。彼は給料が少なくなることは望んでいないと思うし、シャルケには行かない。レバークーゼンには合わないし、グラッドバッハ(ボルシアMG)は獲得するお金がない。興味を示しているドイツ国外のクラブもない」<br><br>「彼が自分自身を変えなければならないことは確かだ。今日のサッカー界では、非常に重要となっているスピードが彼には欠けている。シャビ・アロンソのような選手なら、これに対応できるが、ゲッツェのような攻撃的な選手では難しいだろう」<br><br>慣れ親しんだドルトムントで成功できなければ、プレーするリーグのレベルを落とすほかないとしたマテウス氏。ゲッツェはそうした懐疑的な目を覆すことはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.22 21:10 Wed
twitterfacebook
thumb

香川真司やゲッツェの立場危うし?ドルトムントが今夏に「攻撃陣」のテコ入れへ

ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、今夏にチームの顔ぶれが少しばかり変わる可能性を示唆した。ドイツ紙『ルールナハリヒテン』で、特に攻撃陣において選手の放出が考えられると話している。<br><br>昨夏にはマッツ・フンメルスやイルカイ・ギュンドアン、ヘンリク・ムヒタリアンといった主力級の3選手を失ったドルトムントは、マリオ・ゲッツェやアンドレ・シュールレらに加えてウスマン・デンべレ、エムレ・モルといった各国の有望株を含めて計8人の新選手を獲得。さらに先月にはアレクサンダー・イサクを獲得し、今夏に向けてDFエメル・トプラクの確保も発表したところだ。<br><br>まだ補強の必要なポジションが残っているのかと聞かれたヴァツケCEOは、「おそらく昨年ほどの移籍活動はないだろう」と返答。だが、「チームにもう少しだけの力を加えたい。もしかしたら&ldquo;メンタリティープレーヤー&rdquo;を連れてくることになるかもしれない」と狙いどころはほかの選手たちをけん引する精神的な柱となるタイプだと明かしている。「ただ、そういったプレーヤーはそれほどたくさんいない」と高額の移籍金を投じる可能性を懸念しているようだ。<br><br>一方で、既存メンバーを放出する可能性もあるという。同CEOは「特に攻撃陣のプレーヤーの数が傾向的に多すぎている。なので、そこでは何らかの動きがあるかもしれない。チームの改造を進めることになった今シーズンで、既に我々の助けとなっている選手、まだ現時点にそうできていない選手がそれぞれ誰なのかが見られるようになったからね」と話している。<br><br>攻撃において、今季十分な出場機会を得ていない選手たちと言えば、昨夏のバイエルン・ミュンヘンからの復帰後まだ本来の姿を見せていない現在も負傷離脱中のゲッツェ、そして前半戦は足首の負傷も響き、今でもベンチに座る日々が続く香川真司となる。特に来シーズンはクラブとの契約が最終年に入る香川は一定の移籍金が見込められるのは今年の夏が最後となるが、果たして&hellip;。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.22 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ゲッツェ、恩師クロップの下で再出発を目指す?来夏にリバプール移籍か

プレミアリーグで5位につけるリバプールが、ドルトムントのマリオ・ゲッツェ獲得に興味を抱いていることが分かったと、イギリス紙『ミラー』が伝えている。<br><br>ゲッツェは2013年にバイエルンに移籍したものの、期待通りの活躍ができず、今季からドルトムントに戻ってきた。しかし、ここまで公式戦の出場は16試合に留まり、2得点2アシストと思うような結果が残せていない。<br><br>リバプールの指揮官であるユルゲン・クロップは、昨夏に続いてかつての愛弟子の獲得に関心を寄せている。リバプールは、来期欧州カップ戦への出場が見込まれるため、選手層の充実を図る意向を持っている。一方のドルトムントはバイエルンからゲッツェを再獲得する際に必要とした2000万ポンド(約28億円)の回収を狙う。<br><br>輝きを取り戻したいゲッツェは、かつての恩師の下での再出発を決断するのだろうか。その去就に注目が集まる。<br><br>提供:goal.com 2017.02.21 05:09 Tue
twitterfacebook
thumb

「デンベレはレンヌが輩出した最高傑作」ドルトムントで活躍する後輩をクラブOBが称賛

かつてインテル、マンチェスター・Uやアーセナルなどでプレーした元フランス代表DFミカエル・シルヴェストルが、ドルトムントに所属する同胞ウスマーヌ・デンベレを称賛している。フランス『レキップ』が報じた。<br><br>「デンベレは10年に1人出るかどうかという才能かもしれないね。彼は素晴らしい才能を持っている」<br><br>シルヴェストルはレンヌ出身であり、デンベレもレンヌが輩出した有望株。レンヌの後輩に対し、「レンヌは歴史的に育成機関に力を入れているから、フランス国外のクラブで通用する選手が出やすいんだ。デンベレはまさにその結晶とも言える存在だね」と発言。自身の古巣レンヌが排出した新たな才能に賛辞を送っている。<br><br>現在19歳のデンベレは昨シーズン、レンヌのトップチームでデビューを果たし、リーグ・アン初年度から26試合12ゴールをマークしていた。今シーズンはドルトムントに新天地を求め、全コンペティションでここまで31試合6ゴール13アシストを記録。<br><br>リーグ戦では第21節までは20試合に出場。加入1年目からドルトムントの主力に定着し、18日に行われたヴォルフスブルク戦ではヘディングで今シーズン5ゴール目を記録していた。<br><br>数々のビッグクラブを渡り歩いたシルヴェストルから見ても、同胞デンベレは期待度の高いアタッカーのようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.21 03:20 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース