超ワールドサッカー

【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過2016.12.10 07:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。

■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[14/4/2/0/12]
2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6]
3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15]
4.スポルティング[3/1/0/5/-3]

◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。

◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~
Getty Images
▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。

◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~
Getty Images
▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。

◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

香川真司、現地メディアの評価は低め…ケルン戦で見せ場つくるも「攻撃陣で一番低調」

29日に行われたブンデスリーガ第29節、ドルトムント対ケルンはスコアレスドローに終わっている。トップ下で先発出場を果たしたMF香川真司は66分までプレー。見せ場をつくるもドイツメディアの評価は低めとなった。<br><br>ドルトムントはこの一戦では7割を超えるポゼッション率で相手を圧倒。シュートも23本記録し、ケルンの5本を大きく上回った。だが、最終的には相手ゴールを割れず、ペーター・シュテーガー監督が指揮を執るケルンには6度目の対戦でも勝利を収められなかった。<br><br>その中で香川は14分、ペナルティーエリア内左から折り返し、オーバメヤンがネットを揺らした。だが、香川がオフサイドポジションにいたためノーゴールに。さらに34分、香川のスルーパスが起点となった場面でロイスがネットを揺らすが、オフサイドによりまたもノーゴールとなり、惜しくもチームを勝利に導けなかった。<br><br>地元紙『ルールナハリヒテン』はその14分の場面をこの試合で「2つあった彼のベストシーンの1つ」とし、もう1つは「16分のマルコ・ロイスをフリーの状態で相手ゴールに向かわせたパスも良かった」としながらも、「その後はほとんど見られなかった」と記している。DFマルセル・シュメルツァー(「2」)を除く全プレーヤーを及第点以下とした同紙は、香川のプレーに「4」と低めな採点をつけた。一方、エリック・ドゥルム、クリスチャン・プリシッチが「4.5」とワーストタイとなっている。<br><br>『WAZ』でもこの試合の香川に対する評価は「4」。「ドルトムントの攻撃陣で一番低調だった。度々ケルンのタイトな守備に引っかかっている。65分大きなチャンスを迎えた直後、ピッチを退くことになった」といった評価を下している。シュメルツァーに「2」と単独トップの評価を与えた同紙では、DFソクラティス・パパスタソプロスやロイスが「2.5」と続いている。また、単独ワーストはドゥルムに対する「4.5」だった。<br><br>なお『ビルト』はドルトムントの7人を「3」と、残りの7人を「4」と評価。攻撃陣においては香川、オーバメヤン、ロイスは「4」がつけられ、プリシッチ、途中出場のウスマン・デンべレは「3」となっている。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.30 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

香川先発のドルトがCLストレートイン遠のく痛恨ドロー…大迫は扁桃炎で招集外《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第31節、ドルトムントvsケルンが29日にシグナル・イドゥナ・パルクで開催され、0-0のドローに終わった。ドルトムントのMF香川真司は先発出場し66分までプレーした。ケルンのFW大迫勇也は扁桃炎の影響で遠征メンバー外となった。 ▽リーグ戦2連勝でチャンピオンズリーグ(CL)ストレートイン圏内の3位をキープするドルトムント(勝ち点56)だが、4位ホッフェンハイム(勝ち点55)とのポイント差はわずかに1ポイントと油断できない状況が続く。それでも、ミッドウィークのDFBポカール準決勝でバイエルンを破り、勢いに乗るチームは、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に向けて負けられない9位ケルン(勝ち点41)とのホームゲームに臨んだ。トゥヘル監督はバイエルン戦から先発4人を変更。デンベレやピシュチェクらがベンチスタートとなり、香川やプリシッチが先発に入った。 ▽立ち上がりからケルンを押し込むドルトムントは、14分にボックス左へ抜け出した香川の折り返しをオーバメヤンが流し込み、ゴールネットを揺らす。だが、香川がわずかにオフサイドラインを越えており、ゴールは認められず。このプレーの直後には相手最終ラインのパスを引っかけた香川のスルーパスに抜け出したロイスがDFとGKを引き付け、ボックス右に走り込むオーバメヤンにラストパス。これがDFのクリアミスを誘い、あわやオウンゴールという場面となるが、これは味方がかき出し事なきを得た。 ▽前半半ばを過ぎると、試合は徐々に行ったり来たりのオープンな展開に。27分には左サイドをドリブルでこじ開けたオーバメヤンの右足アウトにかけたクロスを、ゴール前に走り込んだロイスが右足で合わすが、シュートをふかしてしまう。 ▽一方、ようやく反撃の構えを見せるケルンは29分と32分にいずれもボックス内に抜け出したヨイッチ、ビッテンコートに決定機も、シュートを枠に飛ばせない。その後は再びドルトムントペースで進むが、カストロのヘディングシュートによるゴールがオフサイドで取り消しになるなど、共に決定機こそ多かったものの枠内シュート0で試合は後半へと折り返した。 ▽後半もボールポゼッションを握って攻勢に出るドルトムントは、49分にシュメルツァーが枠の左を捉えた強烈なミドルシュートを放つが、ここはGKホルンの好守に遭う。さらに65分にはドゥルムの右からの折り返しをゴール前でフリーの香川が右足で合わすが、このシュートをふかしてしまう。 ▽攻め込みながらも1点が遠いドルトムントは66分、ロイスと香川を諦めてデンベレ、ラファエウ・ゲレイロを同時投入。さらに74分にはパパスタソプーロスを下げて、より攻撃的なピシュチェクを投入。選手交代で流れを変えにかかる。 ▽CLストレートインに向けて取りこぼしが許されないドルトムントは、デンベレとオーバメヤンを起点にゴールへ迫るが、最後の場面で精度を欠く。後半アディショナルタイムにはピシュチェクのクロスに反応したラファエウ・ゲレイロがボックス左でダイビングヘッドも、GKホルンのビッグセーブに阻まれる。さらに、このこぼれ球をボックス中央のデンベレがすかさず蹴り込むが、今度はDFのブロックに遭い、試合はタイムアップ。再三の決定機を決め切れなかったドルトムントは、痛恨のゴールレスドローで明日行われるホッフェンハイムの結果次第で4位転落の可能性が出てきた。 2017.04.30 00:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがモラタ獲得に興味…不安材料はライバルの資金力

ドルトムントがレアル・マドリーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタの獲得に興味を持っているようだ。スペイン紙『アス』が報じている。<br><br>モラタは昨夏、ユベントスからレアル・マドリーに復帰。チームはリーガ・エスパニョーラで首位を走り、チャンピオンズリーグでも準決勝進出を決めている。しかし、モラタ自身はリーグ戦22試合に出場し13得点を挙げているものの、先発出場は12試合に限られるなど、絶対的な主力とは言えない状況だ。<br><br>一方で、かねてよりドルトムントはモラタがユベントス在籍時から獲得に興味を持っていた。さらに、今シーズンのブンデスリーガで27ゴールを挙げ、得点ランキングの首位に立つピエール=エメリク・オーバメヤンの退団もうわさされている。そのため、ドルトムントはエースの後釜として再度モラタの獲得を考え始めたようだ。<br><br>ドルトムントの他、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドなど豊富な資金力を誇るクラブもモラタに興味を持っていることから、資金面でドルトムントが対抗できるかどうかが焦点となる。<br><br>なお、モラタのレアル・マドリーでの契約は2021年までとなっており、違約金は3000万ユーロ(約36億円)と見られている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.29 18:25 Sat
twitterfacebook
thumb

扁桃炎の影響でケルンFW大迫勇也がドルトムント戦に向けた遠征に帯同せず…香川真司との日本人対決ならず

▽ケルンの日本代表FW大迫勇也が、扁桃炎によりドルトムント戦を欠場することになった。ドイツ『エクスプレス』が報じた。 ▽ケルンは29日にブンデスリーガ第31節でドルトムントと対戦。日本代表MF香川真司との日本人対決も期待されたが、大迫が欠場することが濃厚となり実現はなくなった。 ▽今シーズンはブンデスリーガで28試合に出場し6得点を記録している大迫。しかし、扁桃炎の痛みが酷いとのことで、アウェイ戦に臨むチームバスに乗らず、ケルンに残ることとなったようだ。 ▽ケルンは現在勝ち点41で9位に位置するものの、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を得られる6位のフライブルクとは勝ち点差3、5位のヘルタ・ベルリンとは勝ち点差5となっており、上位のドルトムント戦とは言え勝利が欲しいところ。FWアントニー・モデストとともにチームの攻撃を牽引していただけに、ケルンにとっても大迫の欠場は痛いところだろう。 2017.04.29 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ケルン大迫勇也、インフルエンザでドルトムント戦は欠場か…5試合連続出場中も

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が、インフルエンザでドルトムント戦を欠場する可能性があるようだ。ドイツ紙『エクスプレス』が報じた。<br><br>ケルンは29日、ブンデスリーガ第31節でドルトムントと対戦する。しかし、大迫は木曜日にインフルエンザにかかったと伝えられ、強敵ドルトムント戦に出場できない可能性が高まっているという。そのため、ケルンのペーター・シュテーガー監督は攻撃的なポジションで他の選手を考慮に入れる必要がありそうだ。<br><br>大迫は前節のホッフェンハイム戦まで5試合連続出場。しかし、ホッフェンハイム戦では終了間際に失点に絡んでしまい、今節に懸ける気持ちは強かっただろう。それだけにドルトムント戦を欠場となれば、本人にとっても痛いことは間違いない。<br><br>なお、ドルトムントはミッドウィークにDFBポカール準決勝でバイエルンと対戦し、3-2で勝利。チームの状況は上向きで、ホームにケルンを迎え入れることになる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.28 07:29 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース