【J1チーム別総括】終盤の失速を克服し悲願の年間1位《浦和レッズ》2016.11.21 19:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第18回目は、1位の浦和レッズ編をお届けする。

◆チーム採点
90点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽ミハイロ・ペトロヴィッチ体制5シーズン目にして、ついに大輪の花を咲かせた。就任2年目から優勝争いに絡みながらも、ことごとく“終盤の失速”により優勝を阻まれ、無冠のレッテルを貼がせずにいた。しかし、DF遠藤航、MF駒井善成を加えた今季の浦和は選手層の厚みが格段に増した。とりわけ、リオデジャネイロ・オリンピックで遠藤とFW興梠慎三を欠いた中、代役のDF那須大亮やFWズラタン・リュビヤンキッチが穴を埋める以上の活躍を見せたことが大きかった。

▽終盤は失速するどころか、ルヴァンカップで存在感を示したFW高木俊幸がチームに勢いをもたらすと、その良い流れのままルヴァンカップを制してペトロヴィッチ体制後初タイトルを獲得。怒涛の連勝街道を突き進んだチームは、最終節までもつれた川崎フロンターレとの熾烈な争いを制して、悲願の年間1位の座を奪取した。

◆最優秀選手
Getty Images
MF阿部勇樹(35)
34(先発34試合) / 1得点
▽史上6人目のJ1リーグ500試合出場、3季連続フル出場と鉄人ぶりを発揮したシーズンは、35歳を迎えた中でキャリア最高とも言えるシーズンとなった。前がかりになりがちなチームを中盤の底でどっしりと構えて締め、リーグ最少の28失点に抑える原動力となった。2ndステージ第2節の柏レイソル戦では、かつての自身の代名詞だった直接FKを約6年ぶりに決めて見せた。

◆敢闘賞
Getty Images
MF柏木陽介(28)
33(先発32試合) / 5得点
▽背番号を8から10に変えた今季、阿部と共に中盤を支えた。本格的にボランチへ転向して2年目の今季は不用意なボールロストが極端に減り、守備への切り替えも迅速になった。目に見えるゴールやアシストこそ減ったものの攻守にレベルアップした中、これまで通りのパス精度の高さを生かしてゲームを作り、プレーメーカーとして一皮剥けた。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF高木俊幸(25)
14(先発12試合) / 2得点
▽25歳と決して若くないが、浦和移籍2年目にしてレギュラーを奪取した高木を選出。分厚い選手層に阻まれて1stステージではほぼ出場機会を得られなかったが、ルヴァンカップでゴールを量産して存在感を一躍高めると、2ndステージ終盤にかけてレギュラーに定着。ドリブルやミドルシュートに特長のある高木だが、オフ・ザ・ボールの動きが改善されて周囲との連係でも相手守備陣を崩す術を身に付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1第30節プレビュー】最下位・新潟は磐田との正念場!横浜FMvs鹿島の“オリジナル10”対決も注目

▽明治安田生命J1リーグ第30節が21日、22日に行われる。 ▽残り5節となったJ1リーグ。第30節となる今節は、最下位のアルビレックス新潟はジュビロ磐田との正念場を迎える。勝てばギリギリ首の皮一枚繋がるが、引き分け以下では今節でJ2降格決定の可能性も。一方、注目の優勝争いは、首位の鹿島アントラーズが横浜F・マリノスと対戦。勝てば優勝にまた一歩近づく鹿島だが、AFCチャンピオズリーグ(ACL)出場圏内を目指す横浜FMもモチベーションは高い。2位の川崎フロンターレは16位のサンフレッチェ広島と対戦、3位の柏レイソルは降格圏の17位大宮アルディージャと対戦する。その他、激戦必至の浦和レッズvsガンバ大阪など今節全試合の見どころをコンパクトにまとめて紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆古巣・所属元を脅かすのは?</span> ベガルタ仙台 vs 清水エスパルス [10月21日(土)14:00] ▽守備の綻びが目立つ仙台は、元清水の平岡康裕と清水から期限付き移籍中の野津田岳人が躍動なるか。清水は、元仙台の六反勇治と角田誠、二見宏志が守備で後方から支え松原后と鄭大世不在をカバーできるか <span style="font-weight:700;">◆残留目指す大宮が8試合ぶりの勝利を目指す</span> 大宮アルディージャ vs 柏レイソル [10月21日(土)14:00] ▽残留に向けて勝利が欲しい大宮だがここ7戦未勝利。マルセロ・トスカーノを出停で欠く一方、柏もクリスティアーノが累積警告で欠場。上位、下位と立場の違う両者、より多くのゴールを奪うのは? <span style="font-weight:700;">◆ACLに近づく勝ち点3か、降格圏から逃げる勝ち点3か</span> セレッソ大阪 vs ヴァンフォーレ甲府 [10月21日(土)14:00] ▽C大阪は前節復調への兆しを見せた清武弘嗣に期待。ホームで勝ったことがない相手からACL圏内に近づく白星なるか。甲府は直近3戦で勝ち点7を上積み。好調リンス&ドゥドゥ躍動で降格圏から離れられるか <span style="font-weight:700;">◆全く互角の両チーム、注目は自慢の攻撃陣</span> ヴィッセル神戸 vs サガン鳥栖 [10月21日(土)14:00] ▽勝ち点で並ぶ両者だが、勢いはここ5戦3勝の神戸にあるか。ポルディや渡邉千真ら多彩な攻撃を持つ神戸と、前節ゴールのビクトル・イバルボ擁する鳥栖が、相手を上回るべく相まみえる <span style="font-weight:700;">◆残留と優勝を争う両者が激突!</span> サンフレッチェ広島 vs 川崎フロンターレ [10月21日(土)14:00] ▽降格圏に逆戻りした広島だがチームは万全の状態。一方の川崎Fは家長昭博とエドゥアルド・ネットを出停で欠く厳しい状況だ。残留と優勝、目的は違えど絶対に負けられない両者の戦いは激戦必至! <span style="font-weight:700;">◆ACL狙う磐田が崖っぷち新潟をJ2に突き落とすか</span> ジュビロ磐田 vs アルビレックス新潟 [10月21日(土)15:00] ▽ACL射程圏内の磐田は、大井健太郎と川又堅碁が降格目前の古巣相手に躍動し連勝なるか。一方、崖っぷちの新潟は他会場の結果次第でHTにも降格決定。白星を目指してゴールを狙うのみ <span style="font-weight:700;">◆札幌、今季2度目の連勝なるか</span> FC東京 vs 北海道コンサドーレ札幌 [10月21日(土)16:00] ▽FC東京はピーター・ウタカが出停も大久保嘉人が復帰濃厚。復活弾での4戦ぶり白星に期待がかかる。対する札幌は残留確保に気が抜けない状況。チームの好調を示し今季2度目の連勝なるか?! <span style="font-weight:700;">◆戦線復帰の金崎、横浜FMに悪夢を見せる?</span> 横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ [10月21日(土)19:00] ▽離脱者相次ぐ横浜FMは前節ウーゴ・ヴィエイラが負傷退場。ACL出場を懸けてここから続く上位対決が正念場。対する鹿島は金崎夢生が出停明け。敵地に乗り込み悪夢をみせる準備は万端だ <span style="font-weight:700;">◆勝つのは赤? 青? 東西のタイトルホルダーが激突!</span> 浦和レッズ vs ガンバ大阪 [10月22日(日)17:00] ▽ACL決勝進出を決めた浦和は疲労が気がかりも雰囲気は最高潮。対するG大阪は長谷川健太監督退任発表以降勝ちなし。数々のタイトルを争ってきた赤い悪魔の本拠地を青黒に染められるか?! 2017.10.20 22:14 Fri
twitterfacebook
thumb

清水がアフシン・ゴトビ氏との和解成立を発表

▽清水エスパルスは20日、クラブの元指揮官であるアフシン・ゴトビ氏との訴訟について、和解が成立したことを発表した。 ▽現在、中国の石家荘永昌を率いるゴトビ氏は2011~2014年7月まで清水を指揮。成績不振を理由に解任された同氏は、残り期間の報酬不払いを不当として、2016年8月19日付けで清水の運営会社『株式会社エスパルス』を相手取り、82万5000ユーロ(当時約9300万円)の損害賠償支払いを求め、静岡地裁に提訴していた。 ▽清水はアフシン・ゴトビ氏との訴訟について、「弊クラブの元監督であるアフシン ゴトビ氏が、弊クラブに対して報酬相当額等の支払いを求め、平成28年8月19日付けにて静岡地裁に訴えを提起した件につきましては、このたび、和解が成立したことをご報告いたします」と発表している。 2017.10.20 17:39 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮が柏戦のチケット完売を発表! クラブ史上最多となるシーズン9試合目の完売

▽大宮アルディージャは20日、21日に行われる明治安田生命J1リーグ第30節、柏レイソル戦のチケット完売を発表した。これにより、大宮は1シーズン最多となる9試合目の完売となった。 ▽現在の大宮は、J2降格圏の17位に位置。現在3位の柏を、ホームのNACK5スタジアム大宮に迎える。 ▽これまでの1シーズン最多完売試合数は、2016シーズンの8回。昨シーズンはクラブ史上最高成績の5位でフィニッシュしていた。 ▽また、今シーズンのホームゲーム平均入場者数は11513人となり、2016シーズンに次ぐ結果に。11月26日に行われる第33節のヴァンフォーレ甲府戦がホーム最終節となる。 ▽J1残留へ厳しい状況が続く大宮だが、完売となった柏戦で8試合ぶりの白星を挙げられるのか。試合は14時にキックオフを迎える。 ◆2017シーズンの完売試合 第1節:川崎フロンターレ戦/11962人 第3節:ジュビロ磐田戦/11943人 第5節:鹿島アントラーズ戦/11676人 第9節:浦和レッズ戦/12401人 第18節:北海道コンサドーレ札幌戦/11863人 第22節:アルビレックス新潟戦/10900人 第26節:ガンバ大阪戦/13364人(熊谷陸) 第28節:清水エスパルス戦/11545人 第30節:柏レイソル戦/-人 ◆直近5年間のチケット完売試合数 2012年:5回(1試合平均:10637人) 2013年:6回(1試合平均:11138人) 2014年:6回(1試合平均:10811人) 2015年:1回(1試合平均:9490人) 2016年:8回(1試合平均:11814人) 2017.10.20 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪MF酒本憲幸に第三子誕生「更に良いイクメンになりたいと思います」

▽セレッソ大阪は19日、MF酒本憲幸に第三子となる女の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、酒本の第三子は19日(木)大阪市内の病院で誕生したとのこと。母子ともに健康とのことだ。 ▽酒本はクラブを通じて「めちゃくちゃ嬉しいです!今日はイクメンの日のようですが、この日に生まれてきてくれたので、これからも更に良いイクメンになりたいと思います」と喜びを語った。 ▽今シーズンの酒本は、明治安田生命J1リーグでの出場はなし。J3リーグでは、C大阪U-23として6試合に出場。YBCルヴァンカップでは5試合に出場している。 2017.10.19 20:31 Thu
twitterfacebook
thumb

クルピ・ガンバ誕生か、サントスに後任探しの動きと現地紙

▽サントスは、ガンバ大阪監督就任報道の渦中にいるレヴィー・クルピ監督(64)の後任探しをスタートさせたようだ。 ▽クルピ監督は、過去3度にわたり、セレッソ大阪を指揮。2007年には当時18歳だった日本代表MF香川真司(現ドルトムント)のポテンシャルを引き出す手腕を発揮したほか、2010年にJ1リーグでクラブ史上最高位の3位にチームを導いた実績を持つ。G大阪上層部が既に一本化したと伝えられるなど、来年のJリーグ復帰が取り沙汰されているところだ。 ▽そうした中、ブラジル『Globoesporte』が伝えたところによれば、サントスはクルピ監督の後任としてヴァグネル・マンシーニ氏(50)をリストアップ。マンシーニ氏は今シーズンからシャペコエンセを指揮していたものの、7月に成績不振を理由に解任されており、現在フリーとなっている。 ▽ちなみに、今シーズン限りでサントスとの契約が満了を迎えるクルピ監督は先日、同メディアのインタビューで「私は今、ここにいて、何もない。ただ、それを耳にして嬉しかったよ。日本は素晴らしい国。あの国でたくさんのことを学ばせてもらった」とコメントしている。 2017.10.19 16:45 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース