【J1チーム別総括】終盤の失速を克服し悲願の年間1位《浦和レッズ》2016.11.21 19:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第18回目は、1位の浦和レッズ編をお届けする。

◆チーム採点
90点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽ミハイロ・ペトロヴィッチ体制5シーズン目にして、ついに大輪の花を咲かせた。就任2年目から優勝争いに絡みながらも、ことごとく“終盤の失速”により優勝を阻まれ、無冠のレッテルを貼がせずにいた。しかし、DF遠藤航、MF駒井善成を加えた今季の浦和は選手層の厚みが格段に増した。とりわけ、リオデジャネイロ・オリンピックで遠藤とFW興梠慎三を欠いた中、代役のDF那須大亮やFWズラタン・リュビヤンキッチが穴を埋める以上の活躍を見せたことが大きかった。

▽終盤は失速するどころか、ルヴァンカップで存在感を示したFW高木俊幸がチームに勢いをもたらすと、その良い流れのままルヴァンカップを制してペトロヴィッチ体制後初タイトルを獲得。怒涛の連勝街道を突き進んだチームは、最終節までもつれた川崎フロンターレとの熾烈な争いを制して、悲願の年間1位の座を奪取した。

◆最優秀選手
Getty Images
MF阿部勇樹(35)
34(先発34試合) / 1得点
▽史上6人目のJ1リーグ500試合出場、3季連続フル出場と鉄人ぶりを発揮したシーズンは、35歳を迎えた中でキャリア最高とも言えるシーズンとなった。前がかりになりがちなチームを中盤の底でどっしりと構えて締め、リーグ最少の28失点に抑える原動力となった。2ndステージ第2節の柏レイソル戦では、かつての自身の代名詞だった直接FKを約6年ぶりに決めて見せた。

◆敢闘賞
Getty Images
MF柏木陽介(28)
33(先発32試合) / 5得点
▽背番号を8から10に変えた今季、阿部と共に中盤を支えた。本格的にボランチへ転向して2年目の今季は不用意なボールロストが極端に減り、守備への切り替えも迅速になった。目に見えるゴールやアシストこそ減ったものの攻守にレベルアップした中、これまで通りのパス精度の高さを生かしてゲームを作り、プレーメーカーとして一皮剥けた。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF高木俊幸(25)
14(先発12試合) / 2得点
▽25歳と決して若くないが、浦和移籍2年目にしてレギュラーを奪取した高木を選出。分厚い選手層に阻まれて1stステージではほぼ出場機会を得られなかったが、ルヴァンカップでゴールを量産して存在感を一躍高めると、2ndステージ終盤にかけてレギュラーに定着。ドリブルやミドルシュートに特長のある高木だが、オフ・ザ・ボールの動きが改善されて周囲との連係でも相手守備陣を崩す術を身に付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

天皇杯ラウンド16の放送スケジュール発表! ジャイアントキリングの筑波大はNHKで生放送《天皇杯》

▽日本サッカー協会(JFA)は16日、第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦)のテレビ放送予定を発表した。 ▽4回戦は9月20日に行われる。NHK BS1では筑波大学vs大宮アルディージャを生放送。スカバー!では、松本山雅FCvsヴィッセル神戸、セレッソ大阪vs名古屋グランパス、横浜F・マリノスvsサンフレッチェ広島、AC長野パルセイロvsジュビロ磐田、ガンバ大阪vs柏レイソルを生放送する。しかし、チャンネルについてはまだ未定だ。 ▽また、浦和レッズvs鹿島アントラーズと川崎フロンターレvs清水エスパルスの放送時間についても未定。確定次第スカパー!のHPでお知らせする模様だ。 <span style="font-weight:700;">◆天皇杯ラウンド16(4回戦)</span> ▽9月20日(水) 《19:00~21:15》 【生放送】筑波大学(茨城) vs 大宮アルディージャ(J1) [県立カシマサッカースタジアム] (NHK BS1) 《18:55~21:55》 【生放送】松本山雅FC(J2) vs ヴィッセル神戸(J1) [松本平広域公園総合球技場アルウィン] (スカパー!/チャンネル未定) 【生放送】セレッソ大阪(J1) vs 名古屋グランパス(J2) [パロマ瑞穂スタジアム] (スカパー!/チャンネル未定) 【生放送】横浜F・マリノス(J1) vs サンフレッチェ広島(J1) [ニッパツ三ツ沢球技場] (スカパー!/チャンネル未定) 【生放送】AC長野パルセイロ(長野) vs ジュビロ磐田(J1) [長野Uスタジアム] (スカパー!/チャンネル未定) 【生放送】ガンバ大阪(J1) vs 柏レイソル(J1) [市立吹田サッカースタジアム] (スカパー!/チャンネル未定) 《放送時間未定》 【生放送】浦和レッズ(J1) vs 鹿島アントラーズ(J1) [熊谷スポーツ文化公園陸上競技場] (スカパー!/チャンネル未定) 【生放送】川崎フロンターレ(J1) vs 清水エスパルス(J1) [等々力陸上競技場] (スカパー!/チャンネル未定) ※スカパー!では、ラウンド16以降全試合放送。 ※天皇杯ラウンド16のハイライトは9月22日(金)21:00から放送の『サッカー情報番組「スカサカ!ライブ」』で放送。 2017.08.16 19:59 Wed
twitterfacebook
thumb

今季磐田に加入のMF松本昌也がじん帯損傷で離脱…

▽ジュビロ磐田は16日、MF松本昌也が負傷したことを発表した。 ▽クラブ公式サイトによると、松本は14日の練習試合で負傷。その後、浜松市内の医療機関にて検査を行った結果、右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、全治4~6週間となるようだ。 ▽今シーズンに大分トリニータから加入した松本は、ここまでの明治安田生命J1リーグで15試合に出場している。 2017.08.16 11:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルディ補強の神戸がネルシーニョ監督解任を発表…後任はヘッドコーチを務める吉田孝行氏が昇格

▽ヴィッセル神戸は16日、ネルシーニョ監督(67)の解任を発表した。後任にはヘッドコーチを務めていた吉田孝行氏が昇格する。 ▽2015年から神戸を率いたネルシーニョ監督。3年目を迎えた今シーズンは、開幕から4連勝を飾るなど好調な出だしとなったが、その後は白星を重ねられず。また今夏には得点力不足を快勝するために元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキや元日本代表FWハーフナー・マイクらを獲得したが、チームは13日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節のFC東京戦に敗れて今季3度目の3連敗。22試合を終えて9勝2分け11敗の勝ち点29で11位と低迷していた。 ▽解任されたネルシーニョ監督は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「ファン・サポーターの皆さま、これまでのすべてのサポートと応援に心から感謝します。残念ながら目指していた目標を達成することができませんでしたが、チームとしてフットボールのタイトルを獲得するための大きな成長を私は見ることができました。しかし、プロとして皆さんの期待に応えられなかったことに大きな責任を感じています。ただ、それと同時にプロとして沢山の経験を積み、人として強くなることができました。また、メディアの皆さま、いつも色々な話を聞いてくださり、愛情と大きなリスペクトを感じることができました。本当にありがとうございました」 ▽また、後任の吉田監督もクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「この度、ネルシーニョ監督の後任として指揮を執ることになりました。これまで前監督が築き上げてきた基盤とサッカーへの情熱を受け継つぎ、スタッフ・選手が一丸となって戦っていきます。勝利を追求する姿勢を示して今シーズンを戦い抜きたいと思います。クラブスポンサー、ファン・サポーターの皆さまのなお一層のご声援をよろしくお願いいたします」 2017.08.16 10:53 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟が流通経済大FW渡邉新太の加入内定を発表!! 新潟出身でユース時代を過ごす

▽アルビレックス新潟は15日、流通経済大FW渡邉新太(22)の来kシーズン加入内定を発表した。 ▽新潟ユースでプレーし、流通経済大に進学した渡邉は、2016年に全日本大学選抜に選出された。クラブ公式サイトによると「ドリブル突破と鋭い動き出しで決定機を作り出すFW。嗅覚に優れ、小柄ながら決定機に飛び込んで得点に絡むことができる」とのこと。 ▽ユース時代を過ごした新潟に戻ってくる渡邉はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「このたび、アルビレックス新潟に新加入することが内定した渡邉新太です。僕が小さい頃から見続けてきたアルビレックス新潟のユニフォームを着てプレーができることを嬉しく、また光栄に思います」 「自分の武器はゴールを奪うことだと思っています。少しでも早く、チームの一員として認められるようになり、アルビレックス新潟の勝利に貢献したいと思います。新潟のサポーターの皆様と一緒に闘えることが待ち遠しいです。応援よろしくお願いします」 2017.08.15 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟GK大谷幸輝が玉突き事故…追突車両の男性がケガ

▽アルビレックス新潟は15日、GK大谷幸輝(28)が追突事故を起こしたことを発表した。 ▽クラブ公式HPによると大谷は12日午前11時55分頃、新潟~新発田バイパスの新潟県新潟市北区濁川IC付近において追突事故を起こした模様。事故当時は道路が渋滞しており、大谷が追突した前方車両は、そのままさらに前方の車両に追突する玉突き事故となったという。 ▽なお、大谷が追突した車両を運転していた男性は、そのまま病院で検査を行い、軽度のむち打ちと診断。また追突した車両に同乗していた女性、玉突きにより追突された車両の男性、そして大谷自身にケガはないという。 ▽またクラブ公式サイトは、この事故によりケガをされた方に対しては「一日も早いご回復を心からお祈り申し上げるとともに、誠心誠意対応してまいります」としている。 ▽なお、クラブ側は今回の件を受けて関係者に改めて謝罪。さらに大谷に対しては厳重注意を行い、再発防止に向けて改めて全選手、関係者に対して交通安全への取り組みを徹底するとしてい。 2017.08.15 14:11 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース