【J1チーム別総括】終盤の失速を克服し悲願の年間1位《浦和レッズ》2016.11.21 19:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第18回目は、1位の浦和レッズ編をお届けする。

◆チーム採点
90点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽ミハイロ・ペトロヴィッチ体制5シーズン目にして、ついに大輪の花を咲かせた。就任2年目から優勝争いに絡みながらも、ことごとく“終盤の失速”により優勝を阻まれ、無冠のレッテルを貼がせずにいた。しかし、DF遠藤航、MF駒井善成を加えた今季の浦和は選手層の厚みが格段に増した。とりわけ、リオデジャネイロ・オリンピックで遠藤とFW興梠慎三を欠いた中、代役のDF那須大亮やFWズラタン・リュビヤンキッチが穴を埋める以上の活躍を見せたことが大きかった。

▽終盤は失速するどころか、ルヴァンカップで存在感を示したFW高木俊幸がチームに勢いをもたらすと、その良い流れのままルヴァンカップを制してペトロヴィッチ体制後初タイトルを獲得。怒涛の連勝街道を突き進んだチームは、最終節までもつれた川崎フロンターレとの熾烈な争いを制して、悲願の年間1位の座を奪取した。

◆最優秀選手
Getty Images
MF阿部勇樹(35)
34(先発34試合) / 1得点
▽史上6人目のJ1リーグ500試合出場、3季連続フル出場と鉄人ぶりを発揮したシーズンは、35歳を迎えた中でキャリア最高とも言えるシーズンとなった。前がかりになりがちなチームを中盤の底でどっしりと構えて締め、リーグ最少の28失点に抑える原動力となった。2ndステージ第2節の柏レイソル戦では、かつての自身の代名詞だった直接FKを約6年ぶりに決めて見せた。

◆敢闘賞
Getty Images
MF柏木陽介(28)
33(先発32試合) / 5得点
▽背番号を8から10に変えた今季、阿部と共に中盤を支えた。本格的にボランチへ転向して2年目の今季は不用意なボールロストが極端に減り、守備への切り替えも迅速になった。目に見えるゴールやアシストこそ減ったものの攻守にレベルアップした中、これまで通りのパス精度の高さを生かしてゲームを作り、プレーメーカーとして一皮剥けた。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF高木俊幸(25)
14(先発12試合) / 2得点
▽25歳と決して若くないが、浦和移籍2年目にしてレギュラーを奪取した高木を選出。分厚い選手層に阻まれて1stステージではほぼ出場機会を得られなかったが、ルヴァンカップでゴールを量産して存在感を一躍高めると、2ndステージ終盤にかけてレギュラーに定着。ドリブルやミドルシュートに特長のある高木だが、オフ・ザ・ボールの動きが改善されて周囲との連係でも相手守備陣を崩す術を身に付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

Jリーグでプレーした大先輩のリティがポドルスキの神戸移籍に太鼓判「間違いなく正しい移籍」

▽現在はヴォルフスブルクのチーフスカウトを務める元ドイツ代表MFピエール・リトバルスキー氏が、FWルーカス・ポドルスキのJリーグ挑戦を歓迎した。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽リトバルスキー氏は、かつてジェフユナイテッド市原、ブランメル仙台でプレー。監督としても横浜FC、アビスパ福岡で指揮を執った経験がある。 ▽選手としてだけでなく、監督としてもJリーグ、日本サッカーをよく知るリトバルスキー氏は、ポドルスキのヴィッセル神戸移籍を歓迎した。 「間違いなく正しい移籍だと思う。彼は近年フットボールを楽しんでいない。ここ数年、彼の笑顔を見ていないからね。日本に行くことで、フットボールの楽しみを再び見つけることができるだろう」 「彼は日本で別の世界を観るはずだ。試合後、アウェイチームのファンに声援を送られれば、彼はきっと驚くだろう。それはリスペクトであり、日本人が彼の到着を楽しみにしている。居心地は良いはずだ」 ▽また、日本語という言葉の壁についてリトバルスキー氏は、ポドルスキが自身のやり方で乗り越えるだろうと見解を示した。 「最初はコミュニケーションをとるのが難しいだろう。彼らに良い通訳がいればいいが、そうでなくても彼はオープンな性格で上手く乗り越えるだろう。1つか2つの日本語を学ぶことで、観客は無条件で愛してくれるだろう」 2017.03.22 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟MF成岡に第二子となる男の子が誕生「より責任感を持ってがんばっていきたいと思います」

▽アルビレックス新潟は22日、MF成岡翔(32)に第二子となる男の子が誕生したと発表した。 ▽クラブの発表によると、成岡の第二子となる男の子は21日に誕生したとのことだ。成岡はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ▽「大切な家族が増えました。より責任感を持ってがんばっていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 ▽同選手は今シーズンの明治安田生命J1リーグ3試合に出場している。 2017.03.22 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ルヴァンカップ決勝は昨年と同じ埼玉スタジアム2002で11月4日に開催《YBCルヴァンカップ》

▽Jリーグは21日、2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝の開催日、試合会場、テレビ放送を発表した。 ▽今大会の決勝は、昨年同様に埼玉スタジアム2002が試合会場となり、11月4日(土)に開催される。なお、キックオフ時間は未定。テレビ放送はフジテレビ系列にて全国生中継される。 ▽昨シーズンの決勝ラウンドからヤマザキナビスコカップからYBCルヴァンカップに大会名称が変更。初代ルヴァンカップ王者にはガンバ大阪をPK戦の末に下した浦和レッズが輝いている。 2017.03.21 19:35 Tue
twitterfacebook
thumb

清水が中指立て挑発行為のDF角田誠への処分を発表…1試合の出場自粛と制裁金で磐田との“静岡ダービー”を欠場

▽清水エスパルスは21日、DF角田誠に対する処分を発表した。1試合の出場自粛と制裁金の処分が科される。 ▽角田は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節の鹿島アントラーズ戦にて、鹿島FW鈴木優磨に対して中指を立てる挑発行為を行い、試合中継などにもその様子が映されていた。 ▽クラブと角田は19日に謝罪を発表し、左伴繁雄代表取締役社長は「懲罰規定に則り、厳正なる処分を本人に科す」とコメントしていた。対象試合は4月1日(土)に行われる明治安田生命J1リーグ第5節のジュビロ磐田との“静岡ダービー”となる。 ▽なお、清水は今回の件に対し「改めまして、鹿島アントラーズ選手・関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様にお詫び申上げるとともに、クラブ全体としてフェアプレー精神の徹底に努めて参ります」と声明を発表している。 2017.03.21 17:39 Tue
twitterfacebook
thumb

DAZN週間ベストプレイヤーが発表! 第4節は2名ずつ選出の仙台、G大阪が最多

▽DAZNは21日、明治安田生命Jリーグ第4節の全試合からDAZN週間ベストプレイヤー11名を発表した。 ▽今回は、J1復帰後初勝利飾った北海道コンサドーレ札幌のGKク・ソンユンや、移籍後初ゴールを記録したFC東京のFWピーター・ウタカらが選出されている。今回発表されたDAZN週間ベストプレイヤーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">GK</span> ク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌) <span style="font-weight:700;">DF</span> 平岡康裕(ベガルタ仙台) ファビオ(ガンバ大阪) 大井健太郎(ジュビロ磐田) <span style="font-weight:700;">MF</span> 関根貴大(浦和レッズ) 富田晋伍(ベガルタ仙台) 永木亮太(鹿島アントラーズ) オ・ジェソク(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">FW</span> フェリペ・シウバ(サンフレッチェ広島) ピーター・ウタカ(FC東京) 金子翔太(清水エスパルス) 2017.03.21 15:42 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース