【J1チーム別総括】終盤の失速を克服し悲願の年間1位《浦和レッズ》2016.11.21 19:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第18回目は、1位の浦和レッズ編をお届けする。

◆チーム採点
90点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽ミハイロ・ペトロヴィッチ体制5シーズン目にして、ついに大輪の花を咲かせた。就任2年目から優勝争いに絡みながらも、ことごとく“終盤の失速”により優勝を阻まれ、無冠のレッテルを貼がせずにいた。しかし、DF遠藤航、MF駒井善成を加えた今季の浦和は選手層の厚みが格段に増した。とりわけ、リオデジャネイロ・オリンピックで遠藤とFW興梠慎三を欠いた中、代役のDF那須大亮やFWズラタン・リュビヤンキッチが穴を埋める以上の活躍を見せたことが大きかった。

▽終盤は失速するどころか、ルヴァンカップで存在感を示したFW高木俊幸がチームに勢いをもたらすと、その良い流れのままルヴァンカップを制してペトロヴィッチ体制後初タイトルを獲得。怒涛の連勝街道を突き進んだチームは、最終節までもつれた川崎フロンターレとの熾烈な争いを制して、悲願の年間1位の座を奪取した。

◆最優秀選手
Getty Images
MF阿部勇樹(35)
34(先発34試合) / 1得点
▽史上6人目のJ1リーグ500試合出場、3季連続フル出場と鉄人ぶりを発揮したシーズンは、35歳を迎えた中でキャリア最高とも言えるシーズンとなった。前がかりになりがちなチームを中盤の底でどっしりと構えて締め、リーグ最少の28失点に抑える原動力となった。2ndステージ第2節の柏レイソル戦では、かつての自身の代名詞だった直接FKを約6年ぶりに決めて見せた。

◆敢闘賞
Getty Images
MF柏木陽介(28)
33(先発32試合) / 5得点
▽背番号を8から10に変えた今季、阿部と共に中盤を支えた。本格的にボランチへ転向して2年目の今季は不用意なボールロストが極端に減り、守備への切り替えも迅速になった。目に見えるゴールやアシストこそ減ったものの攻守にレベルアップした中、これまで通りのパス精度の高さを生かしてゲームを作り、プレーメーカーとして一皮剥けた。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF高木俊幸(25)
14(先発12試合) / 2得点
▽25歳と決して若くないが、浦和移籍2年目にしてレギュラーを奪取した高木を選出。分厚い選手層に阻まれて1stステージではほぼ出場機会を得られなかったが、ルヴァンカップでゴールを量産して存在感を一躍高めると、2ndステージ終盤にかけてレギュラーに定着。ドリブルやミドルシュートに特長のある高木だが、オフ・ザ・ボールの動きが改善されて周囲との連係でも相手守備陣を崩す術を身に付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

仙台GKシュミット・ダニエル、右ハムストリングス肉離れで全治約8週間の見込み

▽ベガルタ仙台は21日、GKシュミット・ダニエルが右ハムストリングス肉離れと診断されたことを発表した。全治は約8週間の見込み。 ▽クラブによると、シュミット・ダニエルは先週のトレーニング中に負傷した模様だ。 ▽シュミット・ダニエルは2014年に中央大学から仙台に入団。今シーズンは明治安田生命J1リーグに3試合、YBCルヴァンカップに1試合出場していた。 2018.05.21 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第15節】ウェリントンが大暴れ!

▽明治安田生命J1リーグ第15節の9試合が19日と20日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK権田修一(サガン鳥栖/初選出) ▽最後の砦としてFC東京攻撃陣を封殺。試合終盤のスーパーセーブは圧巻だった。 DF岡本拓也(湘南ベルマーレ/2回目) ▽試合を通じて気迫のこもったプレーを披露。自らのインターセプトが決勝弾に繋がる。 DF板倉滉(ベガルタ仙台/2回目) ▽セットプレーからゴールを奪い、守備でもソリッドな対応。攻守に光り輝いた。 DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ/初選出) ▽強い対人プレーと推進力を生かした縦突破が印象的。決勝点をお膳立てするなど躍動した。 MF関口訓充(ベガルタ仙台/初選出) ▽2得点を演出する活躍。キレキレなプレーを続け、チームの攻撃を形づくった。 MF山田康太(横浜F・マリノス/初選出) ▽ルーキーとは思えぬ存在感。攻守にわたり、アグレッシブな姿勢が際立った。 MFオスマル(セレッソ大阪/2回目) ▽山口との補完性抜群の中盤を形成。機を見た攻撃参加も迫力があり、相手を苦しめた。 MF高木俊幸(セレッソ大阪/初選出) ▽殊勲の2発。清武の負傷交代により、巡ってきたプレーチャンスを生かした。 MF中村憲剛(川崎フロンターレ/2回目) ▽眩いばかりの輝きを放つ。直接FKを含む2発をマークし、バンディエラぶりを発揮した。 FW仲川輝人(横浜F・マリノス/初選出) ▽個人技から2ゴール。松原との縦関係も良好であり、チームの攻撃を加速させた。 FWウェリントン(ヴィッセル神戸/初選出) ▽圧巻のパワフルプレー。2ゴール2アシストの全得点に絡む活躍で抜群の存在感を示した。 2018.05.21 13:50 Mon
twitterfacebook
thumb

一時帰国中のレアンドロ、鹿島を電撃退団か…古巣グレミオに復帰の噂

▽鹿島アントラーズに所属するブラジル人MFレアンドロ(25)に対して、古巣であるグレミオ復帰説が急浮上した。ブラジル『radio hincha』が報じている。 ▽レアンドロは、2017年途中にパルメイラスから鹿島に期限付き加入。今シーズンから3年契約の完全移籍で鹿島に再加入を果たしたが、ケガの影響で出遅れ、左ヒザの検査を理由に一時帰国している。 ▽だが、そのレアンドロにグレミオが関心を示している可能性があるという。そうした中、レアンドロも自身がキャリアをスタートさせたグレミオの拠点ポルト・アレグレにある代理人の事務所を訪れた模様だ。 ▽なお、2013年にブラジル代表招集歴を持つレアンドロは2017年の明治安田生命J1リーグ23試合で11ゴールを記録。今シーズンはここまでJ1リーグ3試合の出場にとどまっている。 2018.05.21 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ケガで母国に帰国中の鹿島MFレアンドロを古巣のグレミオが狙う

▽ブラジル・セリエAのグレミオが、鹿島アントラーズのブラジル人MFレアンドロ(25)の獲得に興味を持っているようだ。ブラジル『radioHINCHA』が報じた。 ▽グレミオはレアンドロがプロキャリアをスタートさせた古巣クラブ。レアンドロは、その後パルメイラスに完全移籍すると、サントスやコリチーバなどへとレンタル移籍。2017年2月に鹿島へレンタル移籍で加入した。 ▽Jリーグに挑戦した1年目は、シーズン序盤こそ出場機会を得られなかったものの、大岩剛監督が就任していこうは攻撃のキーマンに。リーグ戦23試合に出場し11ゴール4アシストを記録し、チームの優勝争いに貢献していた。 ▽すると、今シーズン前にパルメイラスから完全移籍。一部では3年契約を結んだと報じられていた。しかし、ケガで出遅れると、復帰するも3試合で再び負傷。治療のため、ブラジルへと帰国している。 ▽レアンドロは、古巣であるグレミオで公式戦49試合に出場し8ゴール4アシストを記録している。Jリーグは中断期間に入るが、果たしてレアンドロの去就はどうなるだろうか。 2018.05.20 22:56 Sun
twitterfacebook
thumb

柏GK中村航輔、脳しんとう及び頸椎ねん挫と診断…20日名古屋戦で頭部を強打

▽柏レイソルは20日、日本代表GK中村航輔が検査の結果、脳しんとう、頸椎ねん挫と診断されたことを発表した。本日は大事を取って入院し、経過を観察していくことも伝えている。 ▽中村は、20日に行われた明治安田生命J1リーグ第15節の名古屋グランパス戦に先発。しかし、試合終了間際にFWジョーと交錯時、空中で一回転して頭からピッチに落下した。 ▽頭を強く打ちつけた中村は起き上がることができず、試合終了のホイッスル。転倒から約10分が経っても身体を動かすことができず、担架に乗せられてピッチを後にしている。 ▽その中村は、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けた日本代表メンバー入り。今回の招集により、事実上のロシア・ワールドカップ(W杯)行きを決めた状況だったが、今後への影響が懸念される。 2018.05.20 20:20 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース