【J1チーム別総括】2ndステージ大失速の1stステージ王者、CSの結果次第で成功のシーズンに《鹿島アントラーズ》2016.11.19 14:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第16回目は、1stステージ王者に輝き、2ndステージで失速した年間3位フィニッシュの鹿島アントラーズ編をお届けする。

◆チーム採点
65点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽今シーズンのスタートは最高だった。Jリーグ最多17個のタイトルホルダーは、12勝3分け2敗という成績で1stステージ王者に輝き、早々にチャンピオンシップ出場権を確保。得点力こそ上から3番目の29得点に終わったものの、最小の10失点にとどめた堅守が違いとなった格好だ。

▽しかし、2ndステージでは、シーズン途中でMFカイオを流失しただけでなく、エースのFW金崎夢生と石井正忠監督が試合中に采配を巡って衝突。いらぬことでトピックを彩ったチームは主力の故障もあり、得点数、失点数ともに成績を下げ4連敗でシーズン終了。2ndステージを6勝2分け9敗の11位で終えた。

▽結局、レギュラーシーズンの年間順位は浦和レッズ、川崎フロンターレの上位勢に大きな差をつけられての3位。ただ、戦いは終わってはいない。シーズンを成功したものにできるかどうかは、年間王者の座を争うチャンピオンシップでの結果次第。常勝軍団の戦いはここからだ。

◆最優秀選手賞
Getty Images
GK曽ヶ端準(37)
34試合出場(先発34試合)/34失点
▽偉大な守護神であることを改めて証明した1年だった。37歳という年齢を考えて、フロントは今シーズンに清水エスパルスからU-23日本代表GK櫛引政敏を期限付き移籍で獲得。しかし、ベテラン守護神はリーグ戦フルタイム出場と差を明白に見せつけた。例年よりも安定したパフォーマンスを見せるなど、静かにGKの世代交代を図ろうとした強化部の思惑を良い意味で裏切ってみせた。

◆敢闘賞
Getty Images
DF山本脩斗(31)
31試合出場(先発31試合)/3得点
▽チームとして層の薄い左サイドバックのレギュラーとしてフル稼働。チームにとって欠かせないピースとなっている。突出したものこそなかったが、攻守に波の少ないパフォーマンスでチームを支えた。また、セットプレー時には、強さを発揮。最終的に、昨年と同様にシーズン3ゴールを挙げ、得点の部分でも貢献した。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
FW鈴木優磨(20)
31試合出場(先発9試合)/8得点
▽トップチーム昇格2シーズン目となった今シーズン、キャリアハイのリーグ戦8ゴールを記録。今シーズンも途中出場が主だったものの、ゴールに向かう迫力、嗅覚に磨きがかかり、スコアラーとして結果を残した。来シーズンは今年の成長をいかし、スターターとしてフル稼働する姿に期待したい。

コメント

関連ニュース

thumb

川崎FのMF狩野健太に第一子が誕生! 「本当に幸せな気持ちでいっぱい」

▽川崎フロンターレは19日、MF狩野健太(30)の第一子(長男)が1月10日に誕生したことを発表した。 ▽長男が誕生した狩野は、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「この度1月10日に第一子が産まれました。元気な子を産んでくれた妻に感謝の気持ちしかありません。本当に幸せな気持ちでいっぱいです。ますます精進していきたいと思いますのでこれからもよろしくお願いします」 2017.01.19 16:34 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京のMFハ・デソンがFCソウルに完全移籍「思い描いていたようにならなかった」

▽FC東京は19日、元韓国代表MFハ・デソン(31)がFCソウルに完全移籍することを発表した。 ▽韓国出身のハ・デソンは、2016年に北京国安からFC東京に加入すると、同年6月に名古屋グランパスに期限付き移籍。昨シーズンは明治安田生命J1リーグにFC東京で3試合出場、名古屋では9試合に出場し、1得点を挙げている。また、FC東京ではACLに3試合出場した。 ▽FCソウルへの完全移籍が決定したハ・デソンは、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「FC東京に加入することが決まった時には、日本でプレーしたいと思っていたことが現実になり、嬉しさと期待感は大きなものでした。ですが、プロの世界はそう簡単ではなく、自分が思い描いていたようにはなりませんでした。ファン・サポーターのみなさんに喜びよりも失望をたくさん与えてしまったことは、自分としてもとても悔しく思います」 「このたび韓国のチームに戻ることになりましたが、自分がいたFC東京というチームをこれからも応援していきます。ファン・サポーターのみなさんも、これからもFC東京はもちろん、ハ・デソンもずっと応援していただけたら嬉しく思います。短い間でしたが、本当にありがとうございました」 2017.01.19 13:32 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸入りが噂のポドルスキを元同僚のノヴァコヴィッチが後押し「オファーを受けるべき」、ファンや神戸、地震についても語る

▽現在はスロベニアのマリボルでプレーするスロベニア代表FWミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチが、ケルン時代の同僚でヴィッセル神戸入りが噂されるガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキへJリーグ移籍を勧めた。ドイツ『エクスプレス』が報じた。 ▽ノヴァコヴィッチは、ケルンから2012年8月に大宮アルディージャへと期限付き移籍。2014年は清水エスパルス、2015年は名古屋グランパスでプレーし、2016年2月に母国のマリボルへと移籍していた。Jリーグでは通算98試合出場35得点を記録し、主力としてプレーしたノヴァコヴィッチが、かつての同僚にJリーグ入りを勧めた。 「ポルディ(ポドルスキの愛称)はオファーを受けるべきだ。日本は夢のような場所であり、第二のドイツのように思っている。私の妻は日本を離れ、日本に戻りたいと言っている」 「私は彼が尋ねてくれることを願っている。日本と中国は昼と夜のようなものだ。Jリーグは私にとって、アジアの全ての国の中で最もリラックスしてプレーできる。ファンは非常に穏やかで、クレイジーではない」 ▽また、ノヴァコヴィッチは日本のサポーターについてもコメント。欧州の様にプライベートを邪魔されることは少ないと語り、神戸の街についても紹介した。 「日本人は道を挟んであなたを見つけたとしても、リスペクトし、プライベートな時間を妨害しようとはしない。帽子やフードで隠す必要はないんだ。日本では全員が全員を尊重している。神戸には新しいスタジアムがあり、世界でも最高のステーキがあるんだ」 ▽日本のサッカーについても語ったノヴァコヴィッチ。チームのケアや、日本の環境についても語った。 「リーグはプロフェッショナルだ。言葉の問題はもちろんある。でも、彼らは24時間働く通訳をつけてくれるだろう。大阪にも多くの外国人選手がいる」 「サッカーは人気が増していっている。年々観客が増加し、スタジアムは一杯だ。日本で最高のビッグネームになるだろう。ポルディならチームの質を上げられるだろうしね」 ▽そして最後には天災についても語り、地震を経験したものの問題ないと語った。 「かつてマグニチュード7.6の地震に遭遇したことがある。ただ、良いマンションに住んでいれば、怖い思いはするが、何も起こらない。津波が来ても、落ち着いている」 2017.01.17 23:13 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグアジアチャレンジの発表会見が開催、原副理事長「タイと日本にとって成長の機会となれば」

17日、タイのバンコクで2017Jリーグアジアチャレンジの発表会見が開催された。<br><br>会見には在タイ日本国大使館、福島秀夫次席公使、Jリーグから原博実副理事長、タイサッカー協会ソムヨット会長、出場するバンコク・ユナイテッドのCEOカチョーン氏、スパンブリーFCのCEOシラパアーチャー氏、タイで中継をするメディアパートナーのTrue社のビラトン氏らが出席し、40社を超えるメディアが会場に駆けつけている。<br><br>出場クラブは鹿島アントラーズ、横浜F・マリノス、バンコク・ユナイテッド、スパンブリーFCの4チームで、大会方式はJリーグとタイリーグの対抗戦。Jクラブ同士、タイクラブ同士は対戦せず、全4試合が行われる予定だ。<br><br>記者会見でタイサッカー協会のソムヨット会長は「本日このような2017Jリーグアジアチャレンジの開催概要発表会見ができとても光栄です。日本とタイは古くからとても重要な国として関係を築いており、タイは日本から沢山の支援を受けており、感謝しています。そしてタイと日本修好130周年の年に、このような大会が開催できることを喜ばしく思っています。日本はアジアのトップレベルであり、タイからも注目を集めています。将来的にはタイも日本に追いつくような成長をしていければと思っています」とコメント。<br><br>Jリーグの副理事長を務める原博実氏も以下のように語り、タイのクラブと友好を深める機会を喜んだ。<br><br>「日本とタイの修好130周年の記念となる年に、このように日本のクラブとタイのクラブが友好を深める機会が出来てとても嬉しく思っております。私自身、日本代表に選ばれて1978年に初めて試合で遠征に来たのがタイだったので、とても思い入れがある国です。当時から、タイの選手は非常に上手かったのを覚えております。今年はタイ代表とワールドカップの最終予選でも対戦していますし、タイ代表のチャナティップ選手が北海道コンサドーレ札幌に加入が決まるなど、今まで以上にタイと日本の関係が深くなっていくと思っています。彼の代表やクラブでのプレーを見るとJリーグでも活躍をしてくれることは間違いないと思っています」<br><br>「今回出場する鹿島アントラーズも横浜F・マリノスもこの大会をとても楽しみにしております。そしてこの大会が、お互いのリーグにとって交流が深まり、良き成長の機会となればと思います」<br><br>大会は1月24日(火)と26日(木)にバンコクで開催される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 18:27 Tue
twitterfacebook
thumb

“Jリーグ生みの親”木之本興三氏が死去…享年68歳

▽Jリーグは16日、元Jリーグ専務理事の木之本興三氏がうっ血性心不全のため千葉大学医学部附属病院にて死去したことを発表した。68歳だった。 ▽木之本氏は、日本サッカーリーグ(JSL)事務局長や総務主事を歴任し、日本サッカーのプロ化、Jリーグの発足に尽力。Jリーグ設立後も、社団法人日本プロサッカーリーグ常務理事(在任期間:1991年11月1日〜1998年7月21日)や専務理事(在任期間:1998年7月21日〜2003年8月31日)のほか、ジェイリーグ映像株式会社、ジェイリーグフォト株式会社、株式会社ジェイリーグエンタープライズ社長などを歴任した。 ▽Jリーグの村井満チェアマンは、木之本氏の逝去についてお悔やみの言葉を述べている。 「突然のご訃報に接し、いまだに信じることができません。一昨年に対談取材でJFAハウスにお越しいただき、Jリーグや日本サッカーの未来について熱く語り合った記憶がまだ鮮明に残っています。木之本さんは日本サッカーリーグ時代から日本サッカーのプロ化の先鞭をつけ、最前線で奔走されました。木之本さんがいなければ今のJリーグの姿はありませんでした。木之本さんが安心してお休みになられますよう、全ての関係者が力を出し合い、Jリーグの理念の実現と日本サッカーのさらなる発展に尽くしたいと考えております。心からのお悔やみを申し上げます」 2017.01.16 23:05 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース