超ワールドサッカー

【J1チーム別総括】吹スタ稼働元年を意地の4位フィニッシュ…“ガンバクラップ”浸透のホーム戦績も上向きに《ガンバ大阪》2016.11.18 19:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第15回目は、市立吹田サッカースタジアム稼働元年を4位で終えたガンバ大阪編をお届けする。

◆チーム採点
60点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽市立吹田サッカースタジアム稼働元年の今シーズンは、売りとなるはずだった新加入のFWアデミウソン、FW宇佐美貴史(現アウグスブルク)、FWパトリックによる強力攻撃陣の融合に失敗。優勝争いから縁遠く、常勝軍団としてはもどかしい1年だった。優勝候補筆頭と目された中で迎えた今シーズンだったが、7勝3分け7敗の6位で1stステージを終えると、2ndステージを10勝4分け3敗の4位フィニッシュ。まず、例年以上にチームとして長引いた序盤のスロースターターぶりが誤算だった。

▽さらに、ホームでの戦績は8勝4分け5敗。特に、1stステージでのホーム9試合で3勝2分け4敗と貯金を作れなかったことが、足を引っ張った格好だ。それでも、サポーター発案の新たな勝利の儀式“ガンバクラップ”が恒例行事として根付きはじめると、チームは5勝2分け1敗という数字を見てもわかるとおり、2ndステージのホーム戦績が右肩上がりに上昇。1stステージからこの調子だったらと悔やむ部分もあるが、MF井手口陽介の覚醒を含め、来シーズンに繫がる1年になったといえるだろう。

◆最優秀選手賞
Getty Images
FWアデミウソン(22)
29試合出場(先発25試合)/9得点
▽シーズン途中で移籍した宇佐美、絶不調のパトリックの2人の穴をカバー。今シーズン当初こそ適応に時間がかかったが、2ndステージに入り、随所に見せる美技でファンを沸かせ、チームの攻撃をリードした。ただ、連係面においてはまだまだ。完全移籍でのG大阪再加入が決定している来シーズンは、よりコンビネーションを高め、チームとしての攻撃に順応していきたい。

◆敢闘賞
Getty Images
DF金正也(28)
28試合出場(先発27試合)/3得点
▽井手口の台頭が取り上げられがちだが、この男の成長を忘れてはならない。DF丹羽大輝、DF岩下敬輔が相次いで負傷離脱した中、センターバックの一角としてG大阪加入後最多となるリーグ戦28試合に出場。当初はミスが目立っていたが、プレーを重ねていく中で対人プレーだけでなく、ビルドアップの面でも向上の兆しが見受けられるなど、個人として飛躍した1シーズンになったに違いない。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF井手口陽介(20)
22試合出場(先発14試合)/4得点
▽“怪物”と評されてきた逸材がついに覚醒した。今シーズン序盤こそMF遠藤保仁、MF今野泰幸に次ぐ3番手としての立ち位置だったが、リオ・デジャネイロ オリンピック後は定位置を完全に確保。高いボールハント力はもちろん、ユース時代から売りとされながらもトップチームで課題とされてきた得点力も飛躍的に向上した。G大阪の怪物は、今や日本代表入り。来シーズンも、この男の活躍から目が離せない。

コメント

関連ニュース

thumb

仙台、MFパブロ・ジオゴの期限付き移籍満了を発表

▽ベガルタ仙台は28日、MFパブロ・ジオゴ(24)の期限付き移籍満了を発表した。公式サイトは同選手が29日に帰国することを併せて発表している。 ▽2010年にグアラニでキャリアをスタートさせたパグロ・ジオゴは、モンチ・アズールやオエステなどブラジル国内でのプレーを経て、2016年仙台入り。昨季は明治安田生命J1リーグ6試合に出場。しかし、今季はこれまで公式戦出場がなかった。 ▽仙台を退団することになったパブロ・ジオゴはクラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「まずは僕が早く慣れるよう協力し、支えてくれたすべての選手、スタッフ、サポーターの方々に感謝をしたいと思います。日本という素晴らしい国を離れることは悲しいですが、約1年間多くの貴重な経験をすることができたことをうれしく思います。みなさま本当にありがとうございました。チームを離れますが、これからも引き続き応援よろしくお願いいたします」 2017.05.28 22:27 Sun
twitterfacebook
thumb

両指揮官の采配ピタリ!! C大阪が水沼弾でルヴァンカップに続いて神戸を撃破!!《J1》

▽28日に明治安田生命J1リーグ第13節のヴィッセル神戸vsセレッソ大阪がノエビアスタジアム神戸で行われ、2-1でC大阪が勝利した。 ▽前節のFC東京戦でドローに終わり連勝こそ逃すも3戦無敗とした8位の神戸(勝ち点)が、大宮アルディージャを相手に3-0と快勝して2連勝としたC大阪(勝ち点)を迎えた。両チームは24日に行われたルヴァンカップでも対戦しており、その試合ではC大阪が藤本のゴールで勝利している。 ▽2戦続けて同じ相手との対戦となった中、試合の立ち上がりは神戸が高い位置からプレスをかけに行き、C大阪を押し込んでいく。しかし最初のチャンスはC大阪で、7分にショートパスで中央を攻略すると、最後は清武からボックス内に抜け出した杉本にパスが出る。杉本はGKキム・スンギュを交わすもシュートチャンスを逸し、ループを狙ったがGKに阻まれた。 ▽神戸は前線の渡邉を狙って攻撃を構築しようとするが、C大阪が徐々に運動量を上げてプレスを仕掛けてきたことでボールを繋げない場面が目立つ。22分には杉本の落としから走り込んだソウザがゴールマウス急襲のシュートを放つが、ここはGKキム・スンギュがセーブする。 ▽すると神戸は直後のカウンター。23分に自陣からのロングボールに抜け出した大森が左サイドからカットインしてボックス左から右足でコントロールシュートを放つ。ところがボールが曲がり切らずにファーポストを掠めて外へと外れた。 ▽迎えた29分、自陣のマティ・ヨニッチが蹴ったロングボールに山村が抜け出す。GKキム・スンギュより先にボールに触って流し込み、セレッソ大阪が先制点を奪った。 ▽追いかける展開となった神戸は、ネルシーニョ監督が早速動く。36分に大森を下げてウエスクレイを投入すると、39分にウエスクレイ、中坂、高橋秀とショートパスを繋ぎ、最後はボックス内の渡邉が相手を背負いながらの反転シュートを沈めてスコアをタイに戻した。 ▽そのまま前半を終えると、迎えた後半は立ち上がりから神戸が仕掛けた。50分、中坂からウエスクレイへと繋ぐと、ウエスクレイがドリブルで右サイドからカットイン。そこから左サイドの小川に展開するも、小川はシュートまで持ち込めなかった。 ▽押し込まれるC大阪は尹晶煥監督が交代カードを切る。59分に柿谷を下げて水沼を入れて、前線の活性化を図った。すると64分、左サイドに流れてスルーパスを受けた山村が逆サイドにクロス。これを水沼が右足ダイレクトで捉えると、ゴールネットを揺らし、C大阪も指揮官の采配が当たり勝ち越しに成功した。 ▽再び追いかける展開となった神戸は69分に中坂と小川を下げて田中順と小林を投入する2枚代えを敢行。しかしなかなか攻撃の形を作れない。80分を過ぎると神戸がさらに圧力を強めていくが、C大阪も自陣に全員が戻ってスペースを埋めていく。 ▽再三再四、伊野波の右サイドからクロスを放り込んでいく神戸だが、C大阪の守りをこじ開けることはできずに試合終了。勝利したC大阪はリーグ戦3連勝として上位陣を追走。一方、敗れた神戸はルヴァンカップに続き、同じ相手に連敗を喫することとなった。 2017.05.28 18:58 Sun
twitterfacebook
thumb

高萩の開始2分弾もミスから失点したFC東京、甲府とホームで痛み分け《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第13節FC東京vsヴァンフォーレ甲府が18日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽ここまで6勝2分け4敗で7位につけるFC東京(勝ち点20)は、前節のヴィッセル神戸賎(1-1)から前田を代えてウタカを先発に起用。勝ち点を積んで上位陣に食い込みたいところ。対するヴァンフォーレ甲府(勝ち点13)は現在3勝4分け5敗で14位。ここ7試合でわずか1勝という苦しい状況だ。前節の広島戦(1-2)からは、畑尾、松橋、兵藤、ドゥドゥを山本、小出、堀米、島川に代えて試合に臨む。何とか勝って浮上のきっかけを掴めるか。 ▽試合は開始早々に動く。FC東京が右CKを得ると、キッカーの太田がニアにニクロスを送る。そこに飛び込んだ高萩が頭で合わせて先制。シュートは相手DFに当たったことで軌道が変わり、ゴールに吸い込まれた。 ▽幸先よく先制したFC東京は、長短のパスを織り交ぜながら甲府ゴールに迫る。アウェイの甲府はパスを繋ぎながら隙を見ては前線にロングボールを供給するが、なかなかうまく繋げられない。 ▽均衡した状況が続くが、前線にタレントを揃えるFC東京がより効果的な攻撃で、チャンスを作り出していく。そんな中、FC東京の1本のパスミスが命取りとなる。前半終了間際の44分、田邉の不用意なバックパスを堀米が奪い去りボックスに侵入。そのままGK林もかわして無人のゴールにシュートを流し込んだ。 ▽前半の内に追いつき追いつかれた両チームは、後半開始直後から、攻勢を強める。再びリードを作りたいFC東京は48分森重のロングフィードを前線でウタカが頭で落とすと、反応した阿部がボックス内に持ち込み再びウタカへ。ゴール前で受けたウタカはDFと競り合いながら巧く体を反転させてシュートを放つが、ボールは枠の外へ。 ▽一方の甲府も、55分に左サイドからのクロスをウィルソンが頭で合わせるが、こちらも枠を捉えられず。62分にウタカ、63分に高萩が立て続けにシュートを狙うも、GK岡が立ちはだかる。 ▽その後は何度も相手ゴールに迫るFC東京だが、粘り強い守備を見せる甲府DFを崩し切ることができない。5バックで守る甲府相手に、中島や前田を投入し、前線の活性化を図ると、その中島が、DFの間を抜くスルーパスで決定機を演出。パスを受けた田邉は狙い過ぎたのか、枠の左へシュートを外してしまう。 ▽攻め立てるFC東京は89分にも、ボックス手前のFKから中島が直接狙うが、惜しくもポストの左へ逸れる。守備に奔走する甲府も後半アディショナルタイムの93分、カウンターからウィルソンがGKと一対一の絶好のチャンスを迎えるも、GK林のビッグセーブで、逆転弾とはならず。試合はこのまま終了。後半はほぼ一方的に攻め続けたFC東京が、甲府の守りを崩し切れず勝ち点1を分け合った。 2017.05.28 18:13 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台クリスランが大活躍! PKとスーパーゴールでわずか1分の間に逆転! 新潟を下し4試合ぶりの勝利!! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第13節のベガルタ仙台vsアルビレックス新潟が28日に行われ、2-1で仙台が勝利を収めた。 ▽ここ3試合勝利から遠ざかっている13位の仙台(勝ち点14)は、横浜F・マリノスと引き分けた前節と同じメンバーで試合に臨む。対する17位の新潟(勝ち点12)は、呂比須ワグナー新監督の下、5試合ぶりに勝利した前節の札幌戦から、こちらもメンバー変更なしで2連勝を目指す。 ▽序盤からボールを保持する仙台は4分にビッグチャンスを迎える。右サイドを起点にゴール前まで攻め込むと、最後は梁勇基のボックス左からの折り返しを、ゴール前の石原が合わせるが、うまくミートできずに枠を外してしまう。 ▽その後もポゼッションを高める仙台は、相手を押し込む時間帯が続く。守りに関しても隙を見せない仙台は、新潟の攻撃の芽を早めに摘み取り安定した戦いを見せる。一方の新潟は、主導権を握られながらも、球際やゴール前での集中した守備を崩さない。徐々にカウンターなどで攻撃に転じ、得点の匂いを漂わせるが前半は無得点で終えた。 ▽後半開始早々の48分に、新潟にとってこの試合最初の決定機が訪れる。自陣中央でボールを奪うと、すぐさまカウンターを発動。ボールを受けたホニがハーフウェイライン付近からドリブルで攻め上がると、そのまま右足でシュート。しかし懸命に戻ったDF平岡にスライディングブロックされてしまう。 ▽ヒヤリとした仙台は56分に、左CKから増嶋が打点の高いヘディングでゴールに迫るが、わずかにクロスバーの上へ外れてしまう。前半と同様に、ボールを保持するのは仙台。しかし、虎視眈々とカウンターを狙うアウェイの新潟が先制に成功する。 ▽62分、新潟が再び自陣中央でボールを奪うと、すぐにカウンターに転じる。ボックス外左の山崎がゴール前にパスを出すと、相手DFと鈴木が交錯しながらボールはチアゴ・ガリャルドの下へ。チアゴ・ガリャルドはこれを冷静に沈め、新潟に先制点をもたらした。 ▽攻め込みながらも失点を喫した仙台は、直後に2選手を投入。その交代で入った西村が70分にボックス内からシュートを狙うが、GK大谷にパンチングで防がれ同点にすることはできない。 ▽それでも攻め続ける仙台。83分にようやく攻撃が身を結ぶ。西村と同時投入されたクリスランが、その西村のパスからボックス内に侵入すると、DFに倒されPKを獲得。自らキッカーを務めたクリスランがきっちり決めて、仙台が同点に追いついた。 ▽さらに直後の84分、仙台はクリスランのスーパーゴールで逆転に成功する。左サイドの敵陣中央から永戸がアーリークロスを上げる。ボックス内のクリスランが左足の巧みなトラップで納めると、そのまま左足のジャンピングボレーでネットを揺らした。交代で入ったクリスランの2ゴールで、仙台はわずか1分の間に逆転を決めた。 ▽立て続けに2得点を許してしまった新潟は、85分に鈴木がGKと一対一の場面を迎えるが、GKシュミット・ダニエルが立ちはだかり仙台ゴールに蓋をされる。試合はこのまま終了。クリスランのPKを含む2得点の活躍でホームの仙台が見事に逆転勝利を収めた。 2017.05.28 15:34 Sun
twitterfacebook
thumb

柏FWドゥドゥが右ヒザ前十字じん帯断裂で全治約8カ月

▽柏レイソルは28日、FWドゥドゥの負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、ドゥドゥは24日に行われたYBCルヴァンカップ グループステージ第6節・FC東京戦で負傷。検査の結果、右ヒザ前十字じん帯断裂と診断だれ、全治約8カ月とのことだ。 ▽今シーズンのドゥドゥは明治安田生命J1リーグで2試合に途中出場。ルヴァンカップでは5試合に出場し1得点を記録していた。 2017.05.28 14:26 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース