【J1チーム別総括】吹スタ稼働元年を意地の4位フィニッシュ…“ガンバクラップ”浸透のホーム戦績も上向きに《ガンバ大阪》2016.11.18 19:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第15回目は、市立吹田サッカースタジアム稼働元年を4位で終えたガンバ大阪編をお届けする。

◆チーム採点
60点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽市立吹田サッカースタジアム稼働元年の今シーズンは、売りとなるはずだった新加入のFWアデミウソン、FW宇佐美貴史(現アウグスブルク)、FWパトリックによる強力攻撃陣の融合に失敗。優勝争いから縁遠く、常勝軍団としてはもどかしい1年だった。優勝候補筆頭と目された中で迎えた今シーズンだったが、7勝3分け7敗の6位で1stステージを終えると、2ndステージを10勝4分け3敗の4位フィニッシュ。まず、例年以上にチームとして長引いた序盤のスロースターターぶりが誤算だった。

▽さらに、ホームでの戦績は8勝4分け5敗。特に、1stステージでのホーム9試合で3勝2分け4敗と貯金を作れなかったことが、足を引っ張った格好だ。それでも、サポーター発案の新たな勝利の儀式“ガンバクラップ”が恒例行事として根付きはじめると、チームは5勝2分け1敗という数字を見てもわかるとおり、2ndステージのホーム戦績が右肩上がりに上昇。1stステージからこの調子だったらと悔やむ部分もあるが、MF井手口陽介の覚醒を含め、来シーズンに繫がる1年になったといえるだろう。

◆最優秀選手賞
Getty Images
FWアデミウソン(22)
29試合出場(先発25試合)/9得点
▽シーズン途中で移籍した宇佐美、絶不調のパトリックの2人の穴をカバー。今シーズン当初こそ適応に時間がかかったが、2ndステージに入り、随所に見せる美技でファンを沸かせ、チームの攻撃をリードした。ただ、連係面においてはまだまだ。完全移籍でのG大阪再加入が決定している来シーズンは、よりコンビネーションを高め、チームとしての攻撃に順応していきたい。

◆敢闘賞
Getty Images
DF金正也(28)
28試合出場(先発27試合)/3得点
▽井手口の台頭が取り上げられがちだが、この男の成長を忘れてはならない。DF丹羽大輝、DF岩下敬輔が相次いで負傷離脱した中、センターバックの一角としてG大阪加入後最多となるリーグ戦28試合に出場。当初はミスが目立っていたが、プレーを重ねていく中で対人プレーだけでなく、ビルドアップの面でも向上の兆しが見受けられるなど、個人として飛躍した1シーズンになったに違いない。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF井手口陽介(20)
22試合出場(先発14試合)/4得点
▽“怪物”と評されてきた逸材がついに覚醒した。今シーズン序盤こそMF遠藤保仁、MF今野泰幸に次ぐ3番手としての立ち位置だったが、リオ・デジャネイロ オリンピック後は定位置を完全に確保。高いボールハント力はもちろん、ユース時代から売りとされながらもトップチームで課題とされてきた得点力も飛躍的に向上した。G大阪の怪物は、今や日本代表入り。来シーズンも、この男の活躍から目が離せない。

コメント

関連ニュース

thumb

清水GK西部洋平が左ハムストリングス肉離れで全治3カ月

▽清水エスパルスは24日、GK西部洋平が左ハムストリングス肉離れで全治3カ月と診断されたことを発表した。 ▽クラブの報告によれば、西部は23日に行われたトレーニング中に負傷。静岡市内の病院にて検査を受けた。 ▽西部は昨年に川崎フロンターレから清水に復帰。今シーズンはここまで出場機会がない。 2017.04.25 14:20 Tue
twitterfacebook
thumb

DAZN週間ベストプレイヤーが発表! 第8節はFC東京、磐田、G大阪から最多2名が選出

▽DAZNは24日、明治安田生命J1リーグ第8節の全試合からDAZN週間ベストプレイヤー11名を発表した。 ▽今回は、FC東京、ジュビロ磐田、ガンバ大阪から最多2名ずつがノミネート。今回発表されたDAZN週間ベストプレイヤーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">GK</span> 林彰洋(FC東京) <span style="font-weight:700;">DF</span> 三浦弦太(ガンバ大阪) 畑尾大翔(ヴァンフォレー甲府) 森下俊(ジュビロ磐田) 太田宏介(FC東京) <span style="font-weight:700;">MF</span> 中村俊輔(ジュビロ磐田) 三田啓貴(ベガルタ仙台) 中村憲剛(川崎フロンターレ) 柏好文(サンフレッチェ広島) <span style="font-weight:700;">FW</span> 堂安律(ガンバ大阪) ラファエル・シルバ(浦和レッズ) 2017.04.25 08:15 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグ、楽天との提携発表…3本柱完成のラストピースとして期待《JリーグオフィシャルECプラットフォームパートナー》

▽Jリーグは24日、楽天株式会社と「JリーグオフィシャルECプラットフォームパートナー」契約を締結することで合意に達したことを発表した。これを受けて、同日にJFAハウスで共同記者会見を実施。Jリーグチェアマンを務める村井満氏と、楽天株式会社で代表取締役会長兼社長を務める三木谷浩史氏が出席した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽本契約締結により、Jリーグ運営の『Jリーグオンラインストア』は7月中旬をめどにリニューアル。その後、楽天が商品ページの制作、商品の発送、カスタマーサポートまで承る。リニューアル後はJリーグ全クラブ別のオンラインストアページが登場予定。各クラブのECサイト運営における負担軽減と、ファン・サポーターにグッズがより簡単に届く環境提供を図る。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽会見に出席した村井氏は「ECで日本最大級の楽天とタイアップできた。リーグのサポート構造の中には、3本の柱がある。1つは明治安田生命とのリーグパートナー、もう1つはDAZNとの放映権。そして、第3の柱が物販。(楽天との契約締結は)第3の新しい柱を完成させる最後のピース」と述べ、楽天の支援によるマーチャンダイジングの向上に期待を寄せた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽対する三木谷氏は「海外ではリーグがマーチャンダイジングを束ねるのが潮流。それが集客力と生み、魅力を生む。DAZNという新しいプラットフォームの活用に合わせて、我々もインターネットショッピングのプラットフォームを提供することで、ますますJリーグが発展し、盛り上がる」とマーチャンダイジングの部分でサポートを誓った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、質疑応答時には、Jリーグ側と楽天側がそれぞれ応対。契約締結理由を問われた村井氏は、「1つは顧客基盤が日本で圧倒的であること。そして、三木谷さん自身がスポーツを通じて、人が喜ぶライブ型のエンターテイメントを広くカバーし、非常に関心をお持ちの方」であることを挙げ、楽天を親会社とするヴィッセル神戸を特別視せず、全クラブと対等な関係を築いていく考えを明かした。 2017.04.24 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪DF野田裕喜が左脛骨疲労骨折で手術

▽ガンバ大阪は24日、DF野田裕喜が左脛骨疲労骨折で21日に手術を受けたことを発表した。 ▽野田は昨年に大津高校からG大阪に入団。今シーズンは、ここまでU-23カテゴリーが属する明治安田生命J3リーグで2試合の出場を記録している。 2017.04.24 14:26 Mon
twitterfacebook
thumb

磐田MFムサエフ、右内転筋肉離れで全治2〜3週間の離脱…今季J1で7試合2ゴール

▽ジュビロ磐田は24日、ウズベキスタン代表MFムサエフが右内転筋肉離れで全治2〜3週間程度と診断されたことを発表した。クラブの報告によれば、ムサエフは18日に行われたトレーニング中に負傷。浜松市内の医療機関にて検査を受けた。 ▽ムサエフは、Jリーグ初のウズベキスタン人選手として今シーズンから磐田でプレー。ここまでは、22日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節の鹿島アントラーズ戦を除き、開幕から全試合に先発出場(2ゴール)を続けていた。 2017.04.24 14:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース