【J1チーム別総括】吹スタ稼働元年を意地の4位フィニッシュ…“ガンバクラップ”浸透のホーム戦績も上向きに《ガンバ大阪》2016.11.18 19:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第15回目は、市立吹田サッカースタジアム稼働元年を4位で終えたガンバ大阪編をお届けする。

◆チーム採点
60点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽市立吹田サッカースタジアム稼働元年の今シーズンは、売りとなるはずだった新加入のFWアデミウソン、FW宇佐美貴史(現アウグスブルク)、FWパトリックによる強力攻撃陣の融合に失敗。優勝争いから縁遠く、常勝軍団としてはもどかしい1年だった。優勝候補筆頭と目された中で迎えた今シーズンだったが、7勝3分け7敗の6位で1stステージを終えると、2ndステージを10勝4分け3敗の4位フィニッシュ。まず、例年以上にチームとして長引いた序盤のスロースターターぶりが誤算だった。

▽さらに、ホームでの戦績は8勝4分け5敗。特に、1stステージでのホーム9試合で3勝2分け4敗と貯金を作れなかったことが、足を引っ張った格好だ。それでも、サポーター発案の新たな勝利の儀式“ガンバクラップ”が恒例行事として根付きはじめると、チームは5勝2分け1敗という数字を見てもわかるとおり、2ndステージのホーム戦績が右肩上がりに上昇。1stステージからこの調子だったらと悔やむ部分もあるが、MF井手口陽介の覚醒を含め、来シーズンに繫がる1年になったといえるだろう。

◆最優秀選手賞
Getty Images
FWアデミウソン(22)
29試合出場(先発25試合)/9得点
▽シーズン途中で移籍した宇佐美、絶不調のパトリックの2人の穴をカバー。今シーズン当初こそ適応に時間がかかったが、2ndステージに入り、随所に見せる美技でファンを沸かせ、チームの攻撃をリードした。ただ、連係面においてはまだまだ。完全移籍でのG大阪再加入が決定している来シーズンは、よりコンビネーションを高め、チームとしての攻撃に順応していきたい。

◆敢闘賞
Getty Images
DF金正也(28)
28試合出場(先発27試合)/3得点
▽井手口の台頭が取り上げられがちだが、この男の成長を忘れてはならない。DF丹羽大輝、DF岩下敬輔が相次いで負傷離脱した中、センターバックの一角としてG大阪加入後最多となるリーグ戦28試合に出場。当初はミスが目立っていたが、プレーを重ねていく中で対人プレーだけでなく、ビルドアップの面でも向上の兆しが見受けられるなど、個人として飛躍した1シーズンになったに違いない。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF井手口陽介(20)
22試合出場(先発14試合)/4得点
▽“怪物”と評されてきた逸材がついに覚醒した。今シーズン序盤こそMF遠藤保仁、MF今野泰幸に次ぐ3番手としての立ち位置だったが、リオ・デジャネイロ オリンピック後は定位置を完全に確保。高いボールハント力はもちろん、ユース時代から売りとされながらもトップチームで課題とされてきた得点力も飛躍的に向上した。G大阪の怪物は、今や日本代表入り。来シーズンも、この男の活躍から目が離せない。

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ移籍情報/1月22日】元日本代表MF松井大輔が横浜FCへ完全移籍! 湘南は元韓国代表FWイ・ジョンヒョプ獲得

▽1月22日(月)に決定したJリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽J1では湘南ベルマーレが韓国代表FWイ・ジョンヒョプを釜山アイパーク(韓国2部)から期限付き移籍で獲得。また、J2では元日本代表MF松井大輔がポーランドのオドラ・オポーレから完全移籍で加入した。 ▽1月22日(月) 【J1】 ◆湘南ベルマーレ 《IN》 FWイ・ジョンヒョプ(26) [釜山アイパーク(韓国)←期限付き移籍] ◆サガン鳥栖 《OUT》 MF太田徹郎(28) [ラインメール青森(JFL)→完全移籍] 【J2】 ◆モンテディオ山形 《OUT》 MF太田徹郎(28) [ラインメール青森(パラグアイ)→期限付き移籍] ◆大宮アルディージャ 《OUT》 FW播戸竜二(38) [FC琉球→完全移籍] ◆横浜FC 《IN》 MF松井大輔(36) [オドラ・オポーレ(ポーランド)→完全移籍] 《OUT》 MF野崎陽介(32) [栃木ウーヴァ(関東サッカーリーグ1部)→完全移籍] ◆ヴァンフォーレ甲府 《OUT》 MF保坂一成(34) [東京ユナイテッドFC(関東サッカーリーグ1部)→完全移籍] ◆アルビレックス新潟 《IN》 MF坂井大将(21) [大分トリニータ←期限付き移籍] ◆大分トリニータ 《OUT》 MF坂井大将(21) [アルビレックス新潟→期限付き移籍] 【J3】 ◆FC琉球 《IN》 FW播戸竜二(38) [大宮アルディージャ←完全移籍] 2018.01.23 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

甲府退団のMF保坂一成、関東1部の東京ユナイテッドFCに加入 「魅力的なチーム」

▽ヴァンフォーレ甲府は22日、MF保坂一成(34)が関東サッカーリーグ1部の東京ユナイテッドFCに移籍することを発表した。 ▽保坂は、東京学芸大学を経て、2005年に甲府入り。2009年にファジアーノ岡山でプレーした後、2010年から再び甲府に活躍の場を移した。だが、甲府は2017シーズン限りでの退団を発表。保坂は、12年間在籍した甲府を離れることとなっていた。 ▽新たに東京ユナイテッドFCでプレーすることになった保坂は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、東京ユナイテッドFCに加入することになりました、保坂一成です。大いなる可能性を秘めた、魅力的なチームに加入できて大変嬉しく思います。チームの目標、ビジョンに貢献できるよう全身全霊で頑張ります!」 2018.01.22 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF松井大輔、横浜FCに完全移籍加入 23日に加入記者会見

▽横浜FCは22日、オドラ・オポーレ(ポーランド)に所属する元日本代表MF松井大輔(36)の完全移籍加入を発表した。背番号は35番に決定している。 ▽松井は京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)でプロキャリアスタート後、ル・マン(フランス)、サンテチェンヌ(同)、グルノーブル(同)、トム・トムスク(ロシア)、ディジョン(フランス)、スラビア・ソフィア(ブルガリア)、レヒア・グダニスク(ポーランド)でプレー。2014年のジュビロ磐田加入を経て、2017年途中からオドラ・オポーレに活躍の場を移していた。 ▽約半年間の海外再挑戦を経て、再びJリーグの舞台に戻ってきた生粋のファンタジスタの加入記者会見は、23日13時より実施。横浜FCの公式フェイスブック、インスタグラムにてライブ配信される。 2018.01.22 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪主将、今季よりFW柿谷曜一朗からMF山口蛍に!

▽セレッソ大阪は22日、2018シーズンにおけるキャプテン、副キャプテンを発表した。 ▽キャプテンは、新シーズンより元日本代表FW柿谷曜一朗からMF山口蛍にバトンタッチ。昨シーズンよりC大阪復帰を果たした同MF清武弘嗣と、MF秋山大地が副キャプテンとして山口をサポートする。また、C大阪U-23のキャプテンはMF西本雅崇に。副キャプテンはDF森下怜哉が務める。 ▽昨シーズンにクラブ史上初タイトルとなるルヴァンカップと天皇杯の2冠を獲得したC大阪。尹晶煥体制2年目となる今シーズンは、AFCチャンピオンズリーグを含む4つのタイトルに挑戦する。 2018.01.22 11:40 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南、韓国代表FWイ・ジョンヒョプが期限付き加入! 188cmの長身ストライカー

▽湘南ベルマーレは22日、釜山アイパーク(韓国)に所属する韓国代表FWイ・ジョンヒョプ(26)の期限付き移籍加入を発表した。背番号は9番に決定。加入期間は2018年2月1日〜2019年1月1日までとなる。 ▽韓国代表として19試合5ゴールを誇るイ・ジョンヒョプは、身長188cmの長身ストライカー。昨年に日本で開催されたEAFF E-1サッカー選手権2017にも韓国代表メンバー入りを果たしていた。 ▽新シーズンより湘南でプレーすることになったイ・ジョンヒョプはクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「こんにちは。釜山アイパークから湘南へ来ましたイジョンヒョプです。歴史と伝統のある湘南ベルマーレでプレーし、走りまわる機会を私に与えてくださった監督と湘南ベルマーレのクラブの方々に感謝いたします。個人的な目標以上にチームによくとけ込み、今季良い成績収められるよう、可能な限りチームを多く助けられるよう努力していきます」 2018.01.22 10:40 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース