【J1チーム別総括】吹スタ稼働元年を意地の4位フィニッシュ…“ガンバクラップ”浸透のホーム戦績も上向きに《ガンバ大阪》2016.11.18 19:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第15回目は、市立吹田サッカースタジアム稼働元年を4位で終えたガンバ大阪編をお届けする。

◆チーム採点
60点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽市立吹田サッカースタジアム稼働元年の今シーズンは、売りとなるはずだった新加入のFWアデミウソン、FW宇佐美貴史(現アウグスブルク)、FWパトリックによる強力攻撃陣の融合に失敗。優勝争いから縁遠く、常勝軍団としてはもどかしい1年だった。優勝候補筆頭と目された中で迎えた今シーズンだったが、7勝3分け7敗の6位で1stステージを終えると、2ndステージを10勝4分け3敗の4位フィニッシュ。まず、例年以上にチームとして長引いた序盤のスロースターターぶりが誤算だった。

▽さらに、ホームでの戦績は8勝4分け5敗。特に、1stステージでのホーム9試合で3勝2分け4敗と貯金を作れなかったことが、足を引っ張った格好だ。それでも、サポーター発案の新たな勝利の儀式“ガンバクラップ”が恒例行事として根付きはじめると、チームは5勝2分け1敗という数字を見てもわかるとおり、2ndステージのホーム戦績が右肩上がりに上昇。1stステージからこの調子だったらと悔やむ部分もあるが、MF井手口陽介の覚醒を含め、来シーズンに繫がる1年になったといえるだろう。

◆最優秀選手賞
Getty Images
FWアデミウソン(22)
29試合出場(先発25試合)/9得点
▽シーズン途中で移籍した宇佐美、絶不調のパトリックの2人の穴をカバー。今シーズン当初こそ適応に時間がかかったが、2ndステージに入り、随所に見せる美技でファンを沸かせ、チームの攻撃をリードした。ただ、連係面においてはまだまだ。完全移籍でのG大阪再加入が決定している来シーズンは、よりコンビネーションを高め、チームとしての攻撃に順応していきたい。

◆敢闘賞
Getty Images
DF金正也(28)
28試合出場(先発27試合)/3得点
▽井手口の台頭が取り上げられがちだが、この男の成長を忘れてはならない。DF丹羽大輝、DF岩下敬輔が相次いで負傷離脱した中、センターバックの一角としてG大阪加入後最多となるリーグ戦28試合に出場。当初はミスが目立っていたが、プレーを重ねていく中で対人プレーだけでなく、ビルドアップの面でも向上の兆しが見受けられるなど、個人として飛躍した1シーズンになったに違いない。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF井手口陽介(20)
22試合出場(先発14試合)/4得点
▽“怪物”と評されてきた逸材がついに覚醒した。今シーズン序盤こそMF遠藤保仁、MF今野泰幸に次ぐ3番手としての立ち位置だったが、リオ・デジャネイロ オリンピック後は定位置を完全に確保。高いボールハント力はもちろん、ユース時代から売りとされながらもトップチームで課題とされてきた得点力も飛躍的に向上した。G大阪の怪物は、今や日本代表入り。来シーズンも、この男の活躍から目が離せない。

コメント

関連ニュース

thumb

ステップアップを続ける川崎FのDF舞行龍ジェームズ、キャリアについて問われ「ここで終わったら意味がない」

▽川崎フロンターレは22日、2017シーズンの新体制発表会を行った。 ▽アルビレックス新潟から加入したDF舞行龍ジェームズは発表会終了後に記者の囲み取材に応対。得意のビルドアップでレギュラーを奪取し、タイトル獲得に意気込んだ。また、自身のキャリアについて問われると、「ここで終わったら意味がない」とさらなる飛躍を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆DF舞行龍ジェームズ</span> <span style="font-weight:700;">──移籍について</span> 「上を目指したいということやタイトルを獲りたいと思っていた。川崎からオファーが来た時は心から嬉しく思ったし、新潟を離れるのは辛かったが、新たなスタートを切って川崎の力になれたらと思う」 <span style="font-weight:700;">──自身のビルドアップの能力を川崎ではより出せるのでは</span> 「そうですね。ボールを回すのが好きなので、(中村)憲剛さんや大島くんもキツめのパスを出しても全然大丈夫って言っているので、まだ慣れてはいないがそこは楽しみにしているし、早く慣れていきたい」 <span style="font-weight:700;">──そういう意味ではレギュラーになる自信もあるのでは</span> 「もちろんありますし、自信なかったら川崎に来なかったと思う。そこはやはりセンターバックの争いの中で自分の良いところを見せていきたい」 <span style="font-weight:700;">──18歳で新潟に入って地域リーグ、JFLも経験しながらここまで来たというのは周りのサッカー少年に勇気づけられるのでは</span> 「そうですね。だけど、ここで終わったら意味がないので、ここでしっかりとレギュラーとして出て、タイトルを獲ることをチームとしても個人としても目標にして、体を張ってやっていきたい」 2017.01.23 00:45 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪から川崎Fへ環境を変えたMF阿部浩之「ゴール数をもっと増やしたい」

▽22日、川崎フロンターレが2017シーズンの新体制発表会を行った。 ▽ガンバ大阪から加入したMF阿部浩之が発表会後に記者の囲み取材に応対。川崎Fのイメージや自身の特徴、プレーのイメージなどについて語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF阿部浩之</span> <span style="font-weight:700;">──キャンプが始まっていますが感触は</span> 「キツいですね。毎日2部練習して、体を追い込みながら徐々に1年戦える体を作っています。その中でも良い雰囲気でできています。みんながとても声を出しながら良い練習ができていると思います」 <span style="font-weight:700;">──チームメイトとのコミュニケーションはどのような感じでとられていますか</span> 「ノボリ(登里享平)は元々知っていましたし、めちゃめちゃ声を出す選手です。その他にも色々な選手が色々なアプローチをしてくれるので、僕は助かっていますね」 <span style="font-weight:700;">──やりやすい感じであったりする感じですか</span> 「ちょっと斬新というか新鮮な部分も感じていますが、それを吸収できれば絶対に僕のプラスになると思っています。それ以外の僕の良さも消さないようにということを考えながらやっています。その中で川崎のサッカーを取り入れられればなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──どの様なプレーをするイメージがありますか</span> 「相手を引きつけながら自分たちがスペースを作って、それを突きながらゴールを奪えればいいなと思っています。足元が上手い選手はたくさんいるので、そういった選手を使いながら使われながら、どっちもできればと思っています」 <span style="font-weight:700;">──使われる方が得意ですか</span> 「それだけでは攻撃は読まれると思うので、どっちもできればと思っています」 <span style="font-weight:700;">──目標は?</span> 「個人的な目標は得点、アシストをたくさん記録することですが、それは1試合1試合の勝ちに繋がると思いますし、それがタイトルに繋がると思います。自分の得点、アシストだけじゃなく、それができない時は勝つことを前提にそういったプレーをしていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──具体的な数字はありますか?</span> 「特に設けなくて良いかなと思っています。それがプレッシャーとかになるわけじゃないですが、あまり挙げたくないなと(笑)」 <span style="font-weight:700;">──ガンバでは中核を担う選手だったかと思いますが、移籍を決断した理由は</span> 「得点を獲りたいということ、ゴール数をもっと増やしたいというのが僕の中にあって、それが一番実現できるのがこのチームだと思いました。後ろから良いパスを出してくれる選手が居ますし、そういった選手に使ってもらえる動き出しをしたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──環境を変えたいと思っていたのはいつごろからでしょうか</span> 「そういったことはあまり考えていなかったです。試合に使ってもらえるようになって、色々な視野が広がって、そういった考え方になりました。移籍して良かったなと言えるように頑張っていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──ガンバでは遠藤保仁選手とずっとプレーしましたが、中村憲剛選手とプレーする楽しみは</span> 「どういったパスが出て来るのかは楽しみですし、ヤットさん(遠藤保仁)と(中村)憲剛さんのスタイルが違うと思うので、そういった所で微調整しながら合わせていければなと思います」 <span style="font-weight:700;">──背番号を「8」にした理由は</span> 「空いていた番号にしました。8番が空いているって言われたので、じゃあ8番をつけようかなと(笑)軽い感じで決めました」 <span style="font-weight:700;">──どんな形でゴールを挙げるかイメージはありますか?</span> 「ありますけど、バレたらダメなのでちょっと(笑)明確にはあります」 2017.01.23 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ポンチプレッタから川崎Fに加入のFWハイネル「スピードと仲間にゴールのチャンスを生み出すのが自分の特徴」

▽川崎フロンターレは22日、2017シーズンの新体制発表会を行った。 ▽ブラジルのポンチプレッタから加入してきたFWハイネルは発表会後、記者の囲み取材に応対。日本の印象と自身の特徴について語っている。 <span style="font-weight:700;">◆FWハイネル</span> <span style="font-weight:700;">──会見を振り返って</span> 「ブラジルとは違うなと思う。向こうではこのような素晴らしいイベントはない。初めて見たような関係だった」 <span style="font-weight:700;">──日本の印象について</span> 「日本のサッカーは全然違うなと感じる。1日でも早くフィットしてチームや仲間の力になりたい」 <span style="font-weight:700;">──MFレナト(現広州富力)にはどのように聞いているか</span> 「レナトには将来性の高いクラブだと聞いているし、素晴らしい選手たちがたくさんいると聞いている。また、そんなクラブのために自分も早く力になりたい」 <span style="font-weight:700;">──プレーの特徴は</span> 「スピードだと思う。あとはゴールの近くでプレーして仲間にゴールのチャンスを生み出すのも自分の特徴だと思う」 2017.01.23 00:14 Mon
twitterfacebook
thumb

風間イズムを引き継ぎ、より攻撃的なサッカーを目指す川崎Fの鬼木達監督「縦に速くなることも」

▽川崎フロンターレは22日、2017シーズンの新体制発表会を行った。 ▽内部昇格でコーチから監督に就任した鬼木達監督は発表会見終了後に記者の囲い取材に応対。これからのサッカースタイルや新加入選手、FW小林悠の新キャプテン任命について語った。 <span style="font-weight:700;">◆鬼木達監督(川崎フロンターレ)</span> <span style="font-weight:700;">──今日の会見について</span> 「本当に大勢の方が来てくださったので緊張した。ただ、登場の仕方がイリュージョンだったので、そういう意味では最後の方はリラックスできた」 <span style="font-weight:700;">──選手時代は寡黙な印象があり、今日は終始笑顔だったが、コーチを経験してこれから監督を務めるにあたって変わったことは</span> 「そうですね。そういう印象持たれてると思うし、僕自身も自分たちはグラウンドで示すものだと思ってやってきた。ただ、こうやって長い間フロンターレと携わっていくうちに、何が大事かというものを学んだ。そういう意味でいろんな方々と共に戦っていく上では笑顔は必要ですし、それは今日この場というわけではなく、自分が選手からコーチに変わっていく中で僕自身変わったところからなと思う。ここだけではなくグラウンドでもこういう感じなので是非見ていただければ(笑)」 <span style="font-weight:700;">──キャンプの現状について</span> 「思った通りと言いますか、思った以上に選手がやる気に満ち溢れている。やはり、去年のああいう敗戦で悔しい思いをしてるし、そういう思いがトレーニングから溢れ出ている。新たに各チーム、各学校での中心選手がうちに集まってくれたので、良い刺激になっている。今は本当の意味で戦える集団になっていけるのではないかと思う」 <span style="font-weight:700;">──風間八宏監督のサッカーを引き継ぐ部分はあると思うが、どこで鬼木色を出していくか</span> 「選手にも言ったが、細かく言えば技術の部分の考え方は受け継いでいく。それは今まで自分たちが上手くなってきたところでもあると思うし、僕が約5年間見てきた中でも大事だなと思うところだったので、みんなにも続けていこうと言いました。プラス、これから僕がやっていく中で、大事にしていきたいのは、気持ちのところ。それはもう、皆さんもわかると思うが、勝利への執着心というもの、チームの結束力を大事にいこうとスタートした」 「サッカーの部分で言えば、当然、風間さんのサッカー、攻撃的、それをより攻撃的にいきたいと思っているし、そういう思いで集まってきてくれたメンバーだと思う。そして、サポーターの方たちもそういうものを期待していると思うので、より攻撃的にというのは考えている。それはサッカーで言えば、少し縦に早くなったりとかそういうものも含めてのところ」 <span style="font-weight:700;">──勝利への執着心と言ったが、鬼木監督は現役時代に鹿島アントラーズに所属していてそういう時の経験もあってのことか</span> 「鹿島でだけではないが、高校時代も含めて勝つということに対してそういうものはあったが、それを全て鹿島の通りにやるかと言われたらそれは全然違うものだと思う。歩んできた歴史が鹿島とフロンターレは違う。フロンターレの良いところは良いところでしっかりと続けていきたいと思う」 「ただ、勝負というものに対しては、去年のJリーグの結果じゃないですけど、やはり大きく変わってしまう。僕が天皇杯で感じたのは、鹿島がJリーグのチャンピオンになり、クラブ・ワールドカップをああやって戦っていく中で、彼らはすごく経験というものをしたなと感じたので、やはり勝利することで得るものは数多くあると思う。そこは目指したい」 <span style="font-weight:700;">──川崎フロンターレのサッカーは新加入の選手が入っていくのは難しいと言われているが</span> 「いや、もう新加入の選手みんな能力が高いなというのが率直なところ。もちろん、自分たちがやってきた4年半という積み重ねがあるので、一気にそこまでというのは難しいが、それでも別メニューでも少しやったり、こういうものだよとすぐにスッと入ってくる選手が多いので、そういう意味では心配していない」 <span style="font-weight:700;">──家長昭博選手を獲得した。中村憲剛選手や大島僚太選手と言った選手がいる中でどのような使い方を考えているか</span> 「そんなに難しいとは考えていない。彼のプレーは1週間見ていく中で、彼自身がもうこのチームで中心になれるくらいのポテンシャルがあるのは短時間でわかった。あとは競争。今回、これだけ良いメンバーが来たというのは僕の中で競争というのがどうしても欲しかった。もちろん、素晴らしい選手ですが、彼にも競争の意識を持って、本人もそういう意識を持っていますけど、全選手がゼロからのスタートになる」 <span style="font-weight:700;">──小林悠選手を新キャプテンに任命したことについて</span> 「これは(中村)憲剛がどうこうではなく、憲剛の立場で言えば、もう役職がなくてもやってくれるということで、彼とは最初に話して自分の考えを伝えて、さかのぼれば、ミーティングで責任感というのをみんなに持って欲しいと。責任というのはみんなが取るべきだが、責任感はみんなに持って欲しい。それはトレーニングを100%でやるとか、そういうところ。そういう意味で、分散したいというのを憲剛に話して、そういう中で昨年の1年で小林悠が責任感を持ってやっていた。そう言えば、憲剛も納得してくれた。憲剛はもうMVPを獲ったりだとか(大久保)嘉人が抜けたりそういう意味で背負うものや注目を集める。小林+憲剛でより層が厚くなるのかなと」 <span style="font-weight:700;">──大久保嘉人選手がいない中の戦い方は</span> 「彼の代わりはいないと思っている。元々、日本で一番うまい選手なので、その代わりを探そうなんて思わない。ただ、彼が抜けたら弱くなるのではなく、逆にプラスアルファの力がこういうとき必ずついてくるから、そういうものを信じながら、そういう選手が出てくるようにするのが僕の仕事」 2017.01.22 23:57 Sun
twitterfacebook
thumb

大きな目標を掲げるDFタビナス・ジェファーソン「半年でA契約」…魅力は「突破、クロス、対人守備」

▽22日、川崎フロンターレが2017シーズンの新体制発表会を行った。 ▽桐光学園高校から加入したDFタビナス・ジェファーソンが発表会後に記者の囲み取材に応対。川崎Fのイメージや自身の特徴について語った。 <span style="font-weight:700;">◆DFタビナス・ジェファーソン</span> <span style="font-weight:700;">──改めてフロンターレの一員になった気持ちは</span> 「温かいサポーターの方がたくさん居て、このチームに来て良かったなと感じています」 <span style="font-weight:700;">──キャンプをやってみてチームの印象は</span> 「上手い選手ばかりで、どこのJクラブにも負けないぐらい質の高い選手と、質の高い練習、質の高いスタッフがいます。間違いなく日本一の練習をしている自信はありますし、その中で自分はもっともっと個性や特徴を発揮していきたいです」 <span style="font-weight:700;">──高校時代はポテンシャルを出し切れなかったというのがあったかと思うが</span> 「(全国高校サッカー選手権の)1回戦で、皆さんが大きな期待を懸けてくれましたが、あっさりと終わってしまいました。リベンジではないですが、この舞台、次のステップでもっと成長していけたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──等々力での1回戦からはどれぐらい切り替えるのに時間がかかりましたか</span> 「自分のオフがあけて自主練を始めた頃には、ここで自分がサッカーで飯を食べていくわけで、切り替えなきゃいけないと思いました」 <span style="font-weight:700;">──半年でA契約になりたいと言っていましたが</span> 「そこは自分で掲げた目標です。自分にプレッシャーをかけるという意味でも、本当に半年でA契約、それだけの出場回数を目標にして、1試合でも多くこのチームがタイトルを獲るために欠かせない存在になりたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──チームに何をもたらせたいですか</span> 「左サイドから仕掛けたり、長い距離を走ったり、チームのために身体を張るのが自分の仕事だと思っています。そこをチームにもたらせたいです」 <span style="font-weight:700;">──同じポジションで左利きの選手では登里選手や車屋選手が居ますが勝負したい部分は</span> 「突破力や左足のクロス、対人の守備というのは負けない自信があります。良いものは(車屋)紳太郎くんだったり、ノボリさん(登里享平)から盗んで、プラスアルファ自分の特徴を出せればと思います」 <span style="font-weight:700;">──AFCチャンピオンズリーグにも出られるチャンスがありますが</span> 「アジアの舞台でも自分がプレーできれば、もっともっと自分が成長できると思います。そういった舞台を経験できるように、普段の練習からアピールしていかなくてはいけないと思います。そこはしっかりやりたいです」 2017.01.22 23:15 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース