トルガン・アザール、兄エデンとの初共演に「兄と共にプレーできて心から嬉しい」2016.11.11 00:48 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベルギー代表MFトルガン・アザール(23)が、9日のオランダ代表戦で実現した兄のMFエデン・アザール(25)との初共演を振り返っている。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽トルガンは、9日にアムステルダム・アレーナで行われた国際親善試合のオランダvsベルギーに64分から途中出場。代表通算2キャップ目を刻んだ同選手は、先発出場していた兄のエデンと、プロキャリアを通じて初となる共演を果たしていた。同選手は兄との初共演について以下のように振り返っている。

「兄と一緒にプレーできて心から嬉しいよ。僕たちにとって、同じピッチでプレーするのは初めてだったからね」

「それと同じように短い時間だったけど、ベルギー代表としてプレーできたことに満足しているよ。デビュー戦のアメリカ代表戦は3年前だし、個人的に再びプレーするまでに長い時間があったから、本当に嬉しいよ」

「家族たちは今日ここに来ていなかったけど、彼らは自宅でテレビ観戦し、素晴らしいメッセージも送ってくれたよ」

▽共にリールの下部組織で育ったトルガンとエデンは、2012年にチェルシーに完全移籍。だが、兄がすぐさま主力として活躍した一方、トルガンはトップチームに定着できず、母国のズルテ・ワレヘム、ボルシアMGへのレンタル移籍を経験。その後、ボルシアMGの絶対的な主力に成長した同選手は、2015年夏に完全移籍でドイツ屈指の名門でのプレーを続けている。

▽現時点でアザール兄弟の共演はベルギー代表でしか実現しないが、一部ではここ最近のトルガンの活躍を受けて、チェルシーが買い戻しを検討しているとの報道もあり、いずれはチェルシーでのアザール兄弟共演がみられるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

ペリシッチ売却報道のインテル、後釜にカラスコ?

インテルが、クロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(29)を今冬で売却し、後釜に大連一方(中国スーパーリーグ)に所属するベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(25)を据える可能性があるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 昨シーズンのインテルでの好パフォーマンスとロシア・ワールドカップ(W杯)でクロアチア代表を準優勝に導く働きを見せたペリシッチは昨夏、自身が移籍寸前だったことを後に認めたマンチェスター・ユナイテッドなどプレミアリーグ行きの可能性が盛んに報じられた。だが、ルチアーノ・スパレッティ監督の説得などもあり、インテル残留を決断していた。 しかし、今シーズンはクロアチア代表の同僚ルカ・モドリッチらと同様に死力を尽くしたW杯からの燃え尽き症候群も指摘されるペリシッチは、ここまでの公式戦25試合で3ゴール5アシストと思うようなパフォーマンスを披露出来ていない。 この状況を受けて、インテルは2022年まで契約を残すペリシッチの放出を考慮し始めており、3500万ユーロ(約43億円)から4000万ユーロ(約50億円)のオファーが届いた場合、交渉に応じるという。なお、現時点でペリシッチにはアトレティコ・マドリーが関心を抱いているとのこと。 また、インテルはペリシッチの後釜として、大連一方のカラスコの獲得に動くようだ。しかしながら、ベルギー代表MFに関しては、ミランやユナイテッドも関心を寄せていると各紙が報道している。 2019.01.26 21:21 Sat
twitterfacebook
thumb

アザール、再び語る「レアル・マドリーが大好きだ」

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)が、再びレアル・マドリーへの憧れを口にした。フランスのラジオ放送『ラディオ・モンテ・カルロ』での発言を基に、スペイン『アス』が伝えている。 ▽マウリツィオ・サッリ新監督の下で始まった今シーズンも、公式戦18試合8ゴール8アシストとエースとしての役割を果たしているアザール。その実力はあらゆるクラブが認めるところであり、今夏にはマドリー移籍報道が過熱していた。 ▽また、アザール本人もマドリーへの憧れを度々公言。ジネディーヌ・ジダン元監督が指揮していた頃には「ジダンの下でプレーすることが夢」と語り、同監督が退任して以降も「マドリーは子どもの頃から夢見ていたクラブ」と口にしている。 ▽さらに、『ラディオ・モンテ・カルロ』の中で元フランス代表FWクリストフ・デュガリー氏と対談したアザールは、またしても赤裸々に語った。 「君は知っているけど、(ジネディーヌ・)ジダン以前からいつでも僕はレアル・マドリーが大好きだ。何が起こるか見てみよう」 「(以前も)言ったように、僕は今シーズンをチェルシーで終える。そして、今シーズンが終わってもまだ1年間の契約が残っているんだ。見ていこうじゃないか」 「新しい監督(マウリツィオ・サッリ)は僕がやっているようなフットボールを考案する。家族はロンドンに居るし、(来年1月7日に)28歳になる」 「キャリアの終わりに後悔したくはない。これは僕がする決定だ。いつになるかは分からないけど、決断するだろうね」 2018.12.11 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

待ちの状態続く? サッリ「契約を更新するかはアザール次第」

▽チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が、所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)との契約更新について語った。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽今夏にレアル・マドリー行きが取り沙汰され、引き続き去就に関する噂が絶え間なく囁かれているアザール。現行契約は2020年6月までとなっており、スタンフォードブリッジでは延長の一報が待たれている状況だ。 ▽しかし、サッリ監督が明かしたところでは、チェルシーは既に契約更新を準備済み。後はアザール次第という、待ちの時間が続いているようだ。 「もちろん、エデン(・アザール)にはここに居て欲しい」 「だが、もし彼が残留を望むならだ」 「このクラブはすぐに新契約を締結できるよう準備している。しかし、更新するか否かは彼次第なんだ」 「毎週、クラブとエデンのマネージャーの間で議論が交わされていることを、よく知っている。もし何か新しいことがあれば、クラブはすぐに私に電話してくるよ」 ▽今月に入り、DFマルコス・アロンソやMFエンゴロ・カンテ、DFセサール・アスピリクエタとの契約延長を発表したチェルシー。サッリ監督がさらにDFダビド・ルイス、MFセスク・ファブレガスの確保も望んでいることが『BBC』に伝られる中、最も市場を賑わせているアザールとの合意に漕ぎつけることはできるのだろうか。 2018.12.05 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、来夏のヴィツェル獲得を検討?

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ドルトムントに所属するベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル(29)の来夏獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が、大手『ESPN』の情報を基に報じた。 ▽伝えられるところでは、16日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)リーグA・グループ2第5節のベルギー代表vsアイスランド代表(2-0でベルギー勝利)を、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が視察。当初はFWロメル・ルカクの状態の確認のために赴いたが、同選手は負傷により試合に出場せず。目的を、かねてより関心を寄せていたヴィツェルのチェックに切り替えたとのことだ。 ▽モウリーニョ監督がヴィツェルを好んでいることは以前から知られており、ユナイテッドは今夏にも獲得を検討。しかし、ブラジル代表FWフレッジ獲得に5200万ポンド(現在のレートで約76億円)を消費したことで、予算的に叶わなくなったようだ。 ▽今夏、ユナイテッドが獲得できなかったヴィツェルは、ドルトムントに加入。今シーズンのここまで公式戦18試合3ゴール1アシストの成績を収めるなど、ブンデスリーガ首位に立つチームの原動力として存在感を際立たせている。 ▽『ESPN』によれば、ドルトムントに1月の移籍市場でヴィツェルを放出する意思はほぼなし。ユナイテッドへ向かうとすれば、少なくとも夏になるようだ。 2018.11.28 19:40 Wed
twitterfacebook
thumb

代表引退の決め手となったW杯落選を振り返るナインゴラン「メンバー入りに相応しかった」

インテルの元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランは、半年たった今でもワールドカップのメンバー落選は悪しき思い出となっているようだ。<br><br>ローマの中心選手として活躍し、昨シーズンにはチャンピオンズリーグベスト4進出の原動力となったナインゴラン。しかし、ロベルト・マルティネス監督は以前から確執が報じられていた同選手をロシア・ワールドカップのメンバーから外すことを決断。これを受け、インテル行きが決まる前の5月にベルギー代表からの引退を発表した。<br><br>代表引退から半年がたった21日、ナインゴランは『ESPN』でマルティネス監督率いるチームについて言及した。「代表チームに再び戻るつもりはない。ワールドカップに行けなければ、辞めるということは前から言ってあった。ベルギーが明日にでも代表監督を代えて&ldquo;戻ってこないか?&rdquo;と言ってきても断る。特定のコーチがいるから代表に興味がないというわけではない。十分に考えてこう決めたから、もう終わったことなんだ」<br><br>「もちろん、今でも代表チームのファンであることには変わりない。代表のチームメイトとは最高の関係を続けられている。ただ、僕に関する決定でいくつか受け入れられないことがあった。ただそれだけのことだ」<br><br>また、戦術的な理由でワールドカップのメンバーから落選したことについても振り返った。「本当に、本当に失望した。捨てられたようなものだ。それに納得できないこともあった。何人かの選手はクラブレベルでプレーしていないのに招集された。僕は50試合をプレーしたけれど外された。何人かの選手の代わりにあの場でプレーするに相応しかった。落選の理由も述べられていたが、そのすべては満足できるものではなかった」<br><br>ナインゴランをメンバー外としてロシア・ワールドカップに臨んだベルギー代表は、同国史上最高位となる3位で大会を終えている。<br><br>提供:goal.com 2018.11.23 07:35 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース