試合終了間際に決着!! アンドレイのPK弾で京都が岐阜を下す!! 《J2》2016.10.16 16:59 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽16日に明治安田生命J2リーグ第36節の京都サンガF.C.vsFC岐阜が京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、1-0で京都が勝利した。▽2引き分け後の前節に千葉と対戦し3-0の勝利を手にした6位の京都(勝ち点56)が、2連敗中の20位・岐阜(勝ち点34)をホームに迎えた。京都はプレーオフ圏内のキープ、岐阜は残留争いを抜け出すために勝ち点3が欲しい一戦は、地力に勝る京都が押し込んでいく。

▽京都は前線のダニエル・ロビーニュ、エスクデロ競飛王らに早めにボールを預けて、高い位置で起点を作る。対する岐阜はエヴァンドロやレオミネイロを裏に走らせるように、京都のディフェンスラインの裏を狙ったボールを蹴って縦に速い展開を作り出す。

▽お互いにそれぞれの形からチャンスを作り出していったが、決めきることはできずに前半はゴールレスで終えた。

▽後半も前半同様に京都が主導権を握り押し込んでいくのに対して、岐阜はカウンターからゴールを目指す。しかしゴールを奪えずにいると、京都は69分にダニエル・ロビーニョを下げて内田を投入。岐阜も70分に高地を下げて難波を送り出した。

▽するとこの交代で流れを掴んだのは岐阜。前線に入る難波のキープ力を活かして高い位置に起点を置く。京都も73分に右サイドからのスローインの流れから相手のボックスに攻め込むと、イ・ヨンジェがネットを揺らすがここはオフサイドとなった。

▽京都は89分にエスクデロを下げてキロスを投入し高さを活かした攻撃を仕掛ける。すると50分、石櫃がボックス内で倒されて京都が土壇場でPKを獲得。これをアンドレイがしっかりと決めると直後に試合終了のホイッスルが吹かれ、京都が土壇場で勝ち点3を獲得した。
コメント
関連ニュース
thumb

京都、MF荻野広大、MF島村拓弥のロンドリーナEC(ブラジル)への期限付き移籍を発表

京都サンガF.C.は18日、MF荻野広大(21)、MF島村拓弥(19)がブラジルのロンドリーナECに期限付き移籍することを発表した。期間は2019年2月1日~2019年11月30日までとなる。 京都の下部組織出身の荻野は2015年に2種登録でトップチームに参加。同年9月の天皇杯1回戦の立命館大学戦でデビューを果たした。2016年に正式にトップチームへ昇格した後は、同年7月にカマタマーレ讃岐へ期限付き移籍。2017年も引き続き讃岐でプレーし、昨年はテゲバジャーロ宮崎(JFL)に期限付き移籍で加わった。 京都下部組織出身の島村は2017年にトップチーム昇格。昨シーズンは期限付き移籍で岐阜に加入し、明治安田生命J2リーグ4試合に出場していた。 京都は、両選手のロンドリーナECへの期限付き移籍に関して、「トップチームかつグローバルに活躍する、世界水準のサッカー選手を育成する」ために、一貫した指導理念を持ち、若手選手の育成をクラブとして図るべく実施したと説明している。 両選手は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆MF荻野広大 「ブラジルの方や世界の方々とコミュニケーションをとって、サッカーだけではなく、語学なども色々と吸収してきたいです。(ブラジルの選手は)生活をかけて本気でサッカーをやっていると思うので、それに負けないぐらいの気持ちでプレーします。ブラジルで活躍しているところを皆さんに届けられるように頑張ってきますので、これからも応援よろしくお願いします」 ◆MF島村拓弥 「一年間、自分の武器をもっと磨いて来年戻った時にチームの戦力になれるように、ブラジルで精一杯頑張ってきます! 引き続き、島村拓弥を応援よろしくお願いします! 」 2019.01.18 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

田中マルクス闘莉王、今季契約更新 京都在籍3シーズン目に突入

京都サンガF.C.は13日、元日本代表DF田中マルクス闘莉王(37)との契約更新合意を正式発表した。 闘莉王は過去、サンフレッチェ広島や水戸ホーリーホック、浦和レッズ、名古屋グランパスでプレー。2017年から京都に活躍の場を移した。 その京都加入初年度は明治安田生命J2リーグで15得点を記録。DF登録選手としてJリーグ史上初の公式戦通算100得点を成し遂げた。 そして、2018シーズンはJ2リーグ31試合に出場して4得点。Jリーグ通算で公式戦499試合104得点をマークしている。 2019.01.13 17:10 Sun
twitterfacebook
thumb

京都FWカイオ、UAEのエミレーツ・クラブに完全移籍「残留に導けたことは大きな喜び」

京都サンガF.C.は9日、ブラジル人FWカイオ(31)がエミレーツ・クラブ(UAE)に完全移籍することを発表した。 セレッソ大阪や横浜FCでのプレー経験を持つカイオは、2018年7月に中国の雲南麗江から京都に完全移籍。今シーズンは明治安田生命J2リーグで15試合4ゴールを記録した。 エミレーツ・クラブへの完全移籍が決定したカイオは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「6カ月間でしたが、京都でプレーし、私と契約してくれた京都を何としてもJ2最下位の状況から降格させまいとプレーし、残留に導けたことは大きな喜びでした。自分を受け入れてくれたチーム、フロント、選手、スタッフ、サポーター、全ての方に感謝しています。そして、未来への私の選択を理解してもらえれば幸いです。私は日本を離れますが、京都の皆さんを愛しています」 2019.01.09 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、今季J1デビューのFW一美和成が京都に武者修行

京都サンガF.C.は7日、ガンバ大阪に所属するFW一美和成(21)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2020年1月31日まで。同期間中、G大阪との公式戦に出場できない。 2016年に大津高校からG大阪に入団した一美はプロ3年目の今年、フィジカルの強さを生かした推進力と決定力に磨きをかけ、U-23の一員として明治安田生命J3リーグ21試合8得点を記録。トップチームでもJ1デビューを果たすなど、9試合に出場した。 さらなる成長を求め、昨年までU-23で指導を受けた實好礼忠氏がコーチに就任した京都入りを決断した一美。両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆京都サンガF.C. 「このたびガンバ大阪から京都サンガF.C.に育成型期限付き移籍で加入することになりました、一美和成です。京都サンガという素晴らしいチームでプレーできることを光栄に思います。チームに貢献できるように全身全霊で頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆ガンバ大阪 「この度ガンバ大阪から京都サンガに育成型期限付き移籍で行くことになりました。これまでたくさんの人にサポートしていただき有難うございます。新天地で更なる成長が出来るように頑張ります。そしてまたガンバ大阪でプレーできることを楽しみにしています」 2019.01.07 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

京都退団のMF田村亮介が福島に加入「皆様を元気に笑顔にしたい」

福島ユナイテッドFCは5日、京都サンガF.C.に所属していたMF田村亮介(23)が2019シーズンから完全移籍で加入することを発表した。 京都下部組織出身の田村は、2015シーズンにサガン鳥栖への期限付き移籍で経験を積み、2016シーズンから京都に復帰。しかし、昨シーズンは明治安田生命J2リーグ2試合、天皇杯1試合の出場に留まっていた。 田村は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆MF田村亮介 「福島ユナイテッドFCの皆さん。初めまして、田村亮介です! 2019シーズンより福島に加入させていただくことになり、感謝しております。クラブやファン、サポーターの皆様のために全力で戦います。プレーやふれあいの中で私を覚えていただき、皆様を元気に笑顔にしたいと思っております! よろしくお願い致します! 」 2019.01.05 13:35 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース