清武弘嗣、わずか半年でセビージャ退団か…シャルケ&ヴォルフスブルクが興味2016.10.16 13:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF清武弘嗣(26)に早くもセビージャ退団の可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が、「ブンデスリーガはキヨタケのことを忘れてはいない」との見出しで伝えている。

▽清武は今夏、ハノーファーからヨーロッパリーグ3連覇中のセビージャにステップアップ移籍。かねてより夢だったスペイン挑戦を果たした。

▽しかし、ここまではMFサミル・ナスリらとの熾烈なポジション争いに強いられ、リーグ戦3試合の出場にとどまり、直近の2試合で招集メンバーからも外されている状況だ。

▽伝えられるところによれば、出番を失っている清武は、ホルヘ・サンパオリ監督からテクニカルな部分で評価されていないという。

▽なお、その清武に関して、実績十分のドイツの数クラブが今冬の獲得に興味を示している模様。現時点で、シャルケとヴォルフスブルクが名乗りを上げているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシアに痛手、負傷のコンドグビアがユベントス戦メンバー外に

▽バレンシアが19日に行われるチャンピオンズリーグのユベントス戦に向けたメンバーを発表した。その中で、フランス人MFジェフリー・コンドグビアがケガのためメンバーから外れている。 ▽2017年にインテルからレンタル移籍で加入したコンドグビア。加入初年度からリーグ戦31試合に出場し4ゴール4アシストを記録。その活躍が認められ、2018年に完全移籍で加入を果たしている。今シーズンもチームの主軸としてリーグ戦3試合に出場していた。 ▽そんなコンドグビアは、リーガエスパニョーラ第4節のベティス戦で、シュートを打った際に足首を負傷し、デンマーク代表MFダニエル・ヴァスとの交代を余儀なくされていた。イタリア王者のユベントス相手に、中盤の要が試合に出場できないのは、バレンシアにとってあまりに痛手である。 ▽また、リーガエスパニョーラ開幕戦で負傷したアルゼンチン代表DF エセキエル・ガライもメンバー外となっている。 2018.09.19 21:44 Wed
twitterfacebook
thumb

アンヘルの2発でセビージャを撃破したヘタフェが今季2勝目!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第4節のセビージャvsヘタフェが16日に行われ、0-2でヘタフェが勝利した。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、61分からプレーした。 ▽開幕節以来勝利のないセビージャが、ヘタフェを本拠地サンチェス・ピスファンに迎えた一戦。前節ベティスに惜敗したセビージャは、その試合から先発を3人変更。フランコ・バスケス、アラーナ、メルカドに代えてノリート、アレクシ・ビダル、ニャニョンが先発で起用された。 ▽一方、ここまで1勝1分け1敗のヘタフェは、前節のバジャドリー戦からマタやアレホ、アランバッリに代えてモリーナやアマト、カブレラが先発に。柴崎は3試合連続のベンチスタートとなった。 ▽試合は開始早々にヘタフェがスコアを動かす。3分、バイタルエリア中央でボールを受けたモリーナが反転からスルーパスを供給。このパスでゴール前に抜け出したアンヘルは、冷静に相手GKとの一対一を制してゴールネットを揺らした。 ▽先制を許したセビージャは、21分に反撃。バネガのパスをボックス左で受けたノリートが縦に切り込みシュート。しかし、これはGKソリアの好守に阻まれた。 ▽その後、セビージャにやや押し込まれる時間が続いたヘタフェだが、38分に追加点を奪う。ボックス右手前でボールを受けたポルティージョがゴール前にラストパスを供給すると、これがセルジ・ゴメスに当たりアンヘルの下へ。アンヘルがこれを左足でダイレクトで流し込み、リードを広げた。 ▽追加点を奪われたセビージャもすぐに反撃。40分、サラビアとのパス交換で右サイドを抜け出したヘスス・ナバスのクロスをボックス中央でアンドレ・シウバが落とすと、最後はノリートがシュート。しかし、このシュートはゴール左に逸れた。 ▽迎えた後半、2点を追うセビージャはノリートとロケ・メサを下げてイェデルとフランコ・バスケスを投入した。 ▽すると50分、相手のゴールキックを中盤のフランコ・バスケスが弾き返すと、アンドレ・シウバもヘディングで相手DFの裏へパス。このボールに抜け出したイェデルがゴールエリア左手前からシュートを流し込んだが、その前にオフサイドがありVARの末にノーゴールとなった。 ▽後半も押し込まれる展開が続くヘタフェは61分、アンヘルを下げて柴崎を、69分にアマトを下げてフルキエを投入した。対するセビージャは、69分にA・ビダルを下げてプロメスをピッチに送り出した。 ▽その後もセビージャの猛攻を受け続けたヘタフェだが、最後までゴールを許さず試合終了。アンヘルの2ゴールで勝ち切ったヘタフェが、2試合ぶりとなる今季2勝目を飾った。 2018.09.17 05:45 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャ戦に臨むヘタフェ、柴崎岳が3試合ぶりに出場する可能性も

16日にリーガエスパニョーラ第4節、敵地サンチェス・ピスフアンでのセビージャ戦に臨むヘタフェだが、MF柴崎岳は先発としてピッチに立つ可能性がある。<br><br>第1節レアル・マドリー戦以降、出場機会を得られていない柴崎だが、セビージャ戦で3試合ぶりにプレーするのかもしれない。<br><br>ヘタフェのホセ・ボルダラス監督はこのセビージャ戦で、プレシーズンから負傷離脱中のMFマルケル・ベルガラほか、フィジカルに問題を抱えながらプレーしてきたMFマウロ・アランバリも招集リストから外した。<br><br>このためスペイン『アス』は、柴崎がMFネマニャ・マクシモビッチとともに4&minus;4&minus;2の2ボランチを務めると予想。その一方でスペイン『マルカ』は、サイドを主戦場とするMFポルティージョがマクシモビッチとコンビを組み、柴崎はベンチスタートになるとの見解を示している。<br><br>なおボルダラス監督は先に、柴崎の適性ポジションとして4&minus;3&minus;3や4&minus;1&minus;4&minus;1のインサイドハーフを挙げ、4&minus;4&minus;2の2ボランチではフィジカル的に不安があることを示唆していた。日本代表MFは果たして、サンチェス・ピスフアンのピッチに立ち、結果を残すことができるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.16 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャダービー退場のロケ・メサの2枚目の警告が取り消しに! 次節ヘタフェ戦出場可能に

▽ラ・リーガの競技委員会は5日、リーガエスパニョーラ第3節のベティスvsセビージャで退場処分を科されたセビージャMFロケ・メサに対する2枚目の警告を取り消したことを発表した。 ▽2日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われた今季最初のセビージャ・ダービーは80分に途中出場のベティスMFホアキン・サンチェスのゴールによってホームのベティスが1-0で勝利していた。 ▽しかし、同試合では0-0のスコアで迎えた66分にクロスをキャッチしたベティスGKパウ・ロペスのスローイング阻止のために身体をぶつけにいったロケ・メサに同試合で2枚目の警告が科され退場処分となり、試合結果に大きな影響を及ぼした。同場面ではパウ・ロペスが自ら身体をぶつけにいったようにも見えており、試合後セビージャ指揮官のパブロ・マチン監督がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証を行わなかったことに関して、ヒル・マンサーノ主審に抗議していた。 ▽その後、ラ・リーガの競技委員会による再検証が行われた結果、ロケ・メサに対する2枚目の警告が誤りだったと判断され、今回の出場停止取り消しとなった。 ▽これによりロケ・メサは代表ウィーク明けに行われるリーガエスパニョーラ第4節ヘタフェ戦の出場が可能になった。 2018.09.07 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャ、今夏加入のMFゴナロンが右足骨折…数週間の離脱へ

▽セビージャは6日、元フランス代表MFマキシム・ゴナロンが右足腓骨を骨折したことを発表した。 ▽今夏、ローマから1年間のレンタル移籍で加入したゴナロンは、ここまで公式戦4試合に出場。ヨーロッパリーグ予備予選のシグマ・オロモウツ戦では移籍後初ゴールも記録していた。 ▽セビージャは今回の負傷による離脱期間に関しては言及していないものの、少なくとも数週間単位の離脱となる見込みだ。 2018.09.06 21:42 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース