清武弘嗣、わずか半年でセビージャ退団か…シャルケ&ヴォルフスブルクが興味2016.10.16 13:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF清武弘嗣(26)に早くもセビージャ退団の可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が、「ブンデスリーガはキヨタケのことを忘れてはいない」との見出しで伝えている。

▽清武は今夏、ハノーファーからヨーロッパリーグ3連覇中のセビージャにステップアップ移籍。かねてより夢だったスペイン挑戦を果たした。

▽しかし、ここまではMFサミル・ナスリらとの熾烈なポジション争いに強いられ、リーグ戦3試合の出場にとどまり、直近の2試合で招集メンバーからも外されている状況だ。

▽伝えられるところによれば、出番を失っている清武は、ホルヘ・サンパオリ監督からテクニカルな部分で評価されていないという。

▽なお、その清武に関して、実績十分のドイツの数クラブが今冬の獲得に興味を示している模様。現時点で、シャルケとヴォルフスブルクが名乗りを上げているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

【リーガエスパニョーラ第25節プレビュー】クラシコ連戦控えるバルセロナがセビージャと対戦!

先週末に行われた第24節では首位のバルセロナがバジャドリーに辛勝した一方、2位のレアル・マドリーがジローナに不覚を取り、バルセロナと同じくラージョに辛勝したアトレティコ・マドリーに再び追い抜かれる結果となった。その他では共に勝ち点1ずつを積み上げたヘタフェとアラベスがビジャレアルに大敗した4位のセビージャに勝ち点1差で迫っている。 チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメント1回戦が終わり、来週ミッドウィークにコパ・デル・レイ準決勝2ndレグが控える過密日程の中で行われる今節。最注目は4位のセビージャ(勝ち点37)と、首位のバルセロナ(勝ち点54)が対峙する上位対決だ。 前節、FWメッシのPK弾によってバジャドリーに辛勝した首位チームは公式戦4戦ぶりの白星を手にした。しかし、ミッドウィークに行われたCLリヨン戦では20本以上のシュートを放ちながらも相手の堅守をこじ開けられず、敵地で最低限のゴールレスドローに終わった。直近3試合連続でクリーンシートを記録している点は評価できるものの、直近の公式戦5試合でわずかに4得点とここに来て得点不足が顕在化し始めている。来週ミッドウィークにコパ、週末にリーガで宿敵レアル・マドリーとの重要な連戦を控える中、持ち味の得点力を取り戻せるか。 一方、ELではラツィオ相手に見事なパフォーマンスで2連勝を飾ってベスト16進出を決めたセビージャだが、リーガではセルタ、エイバル、ビジャレアルという下位チーム相手に2敗1分けと不振が続く。とりわけ、前節のビジャレアル戦では敵地で全く良いところがなく、0-3の大敗を喫した。ラツィオ戦での好パフォーマンスを追い風にしたいところだが、同試合ではDFエスクデロ、MFヘスス・ナバスと両ウイングバックの主力が負傷しており、サイドの攻防において劣勢が予想される。 そのバルセロナとクラシコ連戦を控える3位のレアル・マドリー(勝ち点45)は、前回対戦で敗れている12位のレバンテ(勝ち点30)と対戦する。前節のジローナ戦ではホームで幸先良く先制に成功しながらもそこから逆転を許す拙い試合運びで絶不調のジローナ相手に敗戦。さらに、退場したDFセルヒオ・ラモスを出場停止で欠くことになった。クラシコ連戦に向けてバウンスバックを図りたいチームは直近のセルタ戦で4-1の大勝を飾るなど、破壊力のある攻撃に定評がある難敵相手にカピタン不在の中で勝ち切れるか。 そのレアル・マドリーを抜いてわずか1節で2位に返り咲いたアトレティコ(勝ち点47)は、直近のリーグ戦3試合負けなしと復調気配を漂わせる18位のビジャレアル(勝ち点23)と対戦する。ここ最近、リーグ戦では低調なパフォーマンスに終始していたアトレティコだが、CLユベントス戦ではFWジエゴ・コスタの復調やMFコケの復帰を追い風に、好調時のパフォーマンスを取り戻して2-0の完勝。今回のビジャレアル戦ではビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)との相性がすこぶる悪いFWモラタの待望の初ゴールに期待したい。 ヘタフェMF柴崎岳とアラベスMF乾貴士の日本人2選手は今節、ヘタフェが19位ラージョとのマドリード自治州ダービー、アラベスが17位セルタと対戦する。現在、共に勝ち点36でCL圏内のセビージャに肉薄する中、下位チーム相手に勝ち点3を積み上げることはできるか。また、柴崎はアジアカップ復帰後初出場、乾は移籍後初ゴールを挙げたいところだ。 《リーガエスパニョーラ第25節》 ▽2/22(金) 《29:00》 エスパニョール vs ウエスカ ▽2/23(土) 《21:00》 ヘタフェ vs ラージョ 《24:15》 セビージャ vs バルセロナ 《26:30》 アラベス vs セルタ 《28:45》 ビルバオ vs エイバル ▽2/24(日) 《20:00》 レガネス vs バレンシア 《24:15》 アトレティコ・マドリー vs ビジャレアル 《26:30》 バジャドリー vs ベティス 《28:45》 レバンテ vs レアル・マドリー ▽2/25(月) 《29:00》 ジローナ vs レアル・ソシエダ 2019.02.22 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イェデル&サラビア弾でラツィオに連勝のセビージャがラウンド16進出!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのセビージャvsラツィオが20日にサンチェス・ピスファンで行われ、2-0でセビージャが勝利した。この結果、2戦合計3-0でセビージャがラウンド16に進出した。 14日に敵地で行われた1stレグを1-0で勝利したセビージャ。しかし、主力を温存して臨んだ直近のリーグ戦では、下位に沈むビジャレアルに0-3と完敗を喫した。そんなセビージャは、ビジャレアル戦からスタメンを4人変更。ムニル、プロメス、アマドゥー、ウーバーに代えてイェデルやサラビア、エスクデロ、メルカドをスタメンで起用した。 一方、ラウンド16進出には勝利が絶対条件となるラツィオは、直近に行われたリーグ戦でもジェノアに逆転負けを喫した。負けられない一戦に向けてラツィオは、ジェノア戦からスタメンを2人変更。コレアとロムロに代えてカイセドとミリンコビッチ=サビッチがスタメンに入った。 セビージャは開始早々の6分にアクシデント。プレー中に左モモ裏を痛めたエスクデロがプレー続行不可能となり、プロメスが緊急投入された。それでも立ち上がりから攻勢を続けるホームチームは、20分にドリブルで持ち上がったイェデルのラストパスをボックス手前のサラビアがミドルシュート。GKストラコシャの弾いたボールを最後はイェデルが押し込んだ。 先制を許したラツィオは43分、スルーパスで左サイドを駆け上がったカタルディのクロスをボックス中央に走り込んだミリンコビッチ=サビッチが頭で合わせたが、これは枠を外した。 迎えた後半、1点を追うラツィオは49分にパトリックを下げてコレアを投入。すると55分、ミリンコビッチ=サビッチの絶妙なパスにアチェルビが反応。ゴール前まで抜け出し後方からのパスを右足ボレーで合わせたが、これはGKバシリクのファインセーブに阻まれた。 反撃に出たいセビージャだったが60分、ロムロを倒したフランコ・バスケスがこの試合2枚目のイエローカードを受け、退場処分となった。 数的優位となったラツィオは68分、カイセドのパスでゴール前まで抜け出したインモービレがループシュートでゴールを狙ったが、これは枠の上。すると71分、中盤でボールを奪い合ったマルシッチの肘がロケ・メサの顔に当たると、主審は迷わずレッドカードを提示した。 10対10となった一戦は、79分にホームチームが再びスコアを動かす。右サイド高い位置でパスを受けたヘスス・ナバスがカットインから、ゴールエリア右付近へラストパスを供給。これに反応したサラビアがダイレクトシュートを叩き込んだ。 結局、試合はそのまま2-0で終了。ラツィオに連勝したセビージャが、2戦合計3-0でラウンド16進出を決めた。 2019.02.21 04:01 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、エメリ教え子のバネガ獲得に本腰か

アーセナルが、セビージャに所属するアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(30)の今夏獲得に向けて本腰を入れるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 アーセナルは今夏にウェールズ代表MFアーロン・ラムジーがユベントスに移籍することがすでに確定。今冬にバルセロナからスペイン人MFデニス・スアレス(24)を買取オプション付きのレンタルで獲得したが、アーセナルはさらにウナイ・エメリ監督のセビージャ時代の教え子であるバネガの獲得を目指すようだ。 昨年末にも関心が伝えられていたバネガだが、アーセナルは獲得に向けて交渉を再開する模様。バネガの契約解除金は1700万ポンド(約24億円)。同メディアはラムジーの後釜として期待を寄せているが、唯一、6月で31歳となる年齢を懸念材料として挙げている。 バレンシアやアトレティコでプレーしたバネガは、2014年から2016年までセビージャでプレー。その後、インテルに活躍の場を移すが、2017年に復帰し、ここまで公式戦39試合8ゴール7アシストを記録している。 2019.02.19 09:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがホームで4位セビージャを撃破! 昨年11月以来のリーグ戦白星を飾る《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第24節でビジャレアルvsセビージャが17日に行われ、3-0でビジャレアルが勝利した。 リーグ戦2試合勝利の無い4位セビージャが、19位に沈むビジャレアルの本拠地に乗り込んだ一戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグのラツィオ戦(1-0で勝利)から先発を5人変更。イェデルやサラビア、出場停止のバネガらに代えてムニルやロケ・メサ、プロメスらが先発に名を連ねた。 一方、ミッドウィークに行われたELラウンド32・1stレグでスポルティング・リスボンに勝利したビジャレアルは、バッカやカソルラ、イボーラらが先発に起用された。 ミッドウィークにELラウンド32・2ndレグを控える両者の一戦は、立ち上がりからホームチームが攻勢を見せる入りとなる。すると20分、カソルラの右CKをゴール前に走り込んだアルバロ・ゴンサレスがダイビングヘッドでゴールネットに突き刺した。 先制したビジャレアルだが、24分にアクシデント。右もモモ裏を痛めたボネーラに代わりフネス・モリが緊急投入された。 先制を許したセビージャの反撃は29分、中盤からのロングパスをボックス右手前のアンドレ・シウバが頭で繋ぐと、これを受けたムニルがボックス右まで持ち込みシュート。しかし、これはGKアセンホの好守に阻まれた。 ビジャレアルは前半アディショナルタイム1分、イボーラの縦パスをゴールエリア左手前に走り込んだバッカがヒールパスで折り返すと、エカンビが無人のゴールにシュートを流し込んだ。 後半、2点を追うセビージャはヘスス・ナバスとフランコ・バスケスを下げてイェデルとサラビアを投入。すると57分、イェデルの右クロスからムニルがヘディングシュートを狙ったが、これは相手GKの正面を突いた。 対するビジャレアルは、67分にバッカを下げてフォルナルスを投入。さらに76分にカセレスを下げてモルラネスをピッチに送り出した。すると86分、モルラネスとのパス交換で左サイドを抜け出したペドラツァがドリブルでボックス左まで持ち上がると、そのまま左足を振り抜きゴールネットを揺らした。 結局、試合はそのままタイムアップ。ホームで完勝したビジャレアルが、昨年11月以来となるリーグ戦11試合ぶりの白星を手にした。一方、敵地で完敗のセビージャは、リーグ戦3試合未勝利となった。 2019.02.18 04:35 Mon
twitterfacebook
thumb

イェデル弾でラツィオに勝ち切ったセビージャが敵地で先勝!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、ラツィオvsセビージャが14日に行われ、アウェイのセビージャが1-0で勝利した。 昨季のベスト8進出チームのラツィオとEL最多優勝を誇るセビージャによる今ラウンド屈指の好カード。 フランクフルト、マルセイユの強豪2チームと同居したグループHを2位通過したラツィオは、直近の公式戦3連勝と好調を維持。今回の一戦に向けてはインモービレ、ミリンコ=サビッチと2人の主力を欠くも古巣対戦のコレア、ルイス・アルベルトら主力が名を連ねた。 一方、クラスノダール、スタンダール・リエージュらやや力が劣る3クラブと同居したグループJを順当に首位通過したセビージャは、直近の公式戦3戦未勝利と調子を落とす。敵地で勝利を目指すチームは元ローマのDFケアーを始め、フランコ・バスケス、アンドレ・シウバ、バネガとセリエA経験者が起用された。 試合は立ち上がりから運動量と切り替えの精度で勝るアウェイのセビージャペースで進んでいく。バネガ、サラビアを中心にうまく間でボールを受けて起点を作ると、そこにイェデルやアンドレ・シウバが絡んでボックス内に侵入していく。 なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続いたアウェイチームだったが、22分に先制点を奪う。カウンターで中央を突破したエスクデロがボックス左のサラビアに縦パス。そして、サラビアからの絶妙クロスに反応したイェデルがDFの死角から飛び出してワンタッチで流し込んだ。 ペースを握られる中で我慢できずに失点したラツィオはすぐさま反撃。27分にはパローロのパスに抜け出したマルシッチがゴール右からシュート。これがGKバシリクの股間を抜けたが、元ローマのDFケアーが見事なゴールカバーでかき出す。 その後は一進一退の攻防となるが、44分には足を痛めたルイス・アルベルトがプレー続行不可能となり、ラツィオはドゥルミジの緊急投入を余儀なくされた。 セビージャの1点リードで折り返した試合。早い時間帯に追いつきたいホームチームはパローロに代えてカタルディをハーフタイム明けに投入。54分にはボックス付近でのコレアの粘りからカイセドが強烈な左足シュートを放つが、これは枠の左に外れる。しかし、この直後には内転筋を痛めたバストスがプレー続行不可能となり、ルイス・フェリペの緊急投入を余儀なくされて30分を残して3枚の交代枠を使い切ることに。 一方、後半も安定した試合運びを見せるセビージャは守備の時間が長くなったものの3バックを中心に決定機を許さず。逆にロングカウンターからアンドレ・シウバが惜しい場面に絡んでいく。 その後、イェデル、エスクデロ、サラビアと先制点を演出した3選手を下げてムニル、プロメス、アマドゥーを投入して逃げ切り態勢に入る。 試合終盤には85分にルーカス・レイバ、90分にフランコ・バスケスと互いに決定機が訪れたものの、いずれも決めきることはできず、試合はこのままタイムアップを迎えた。負傷者続出などツキに恵まれたラツィオ相手に敵地で1-0の勝利を収めたセビージャが来週行われるホームでの2ndレグに向けてアドバンテージを手にした。 2019.02.15 04:55 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース