超ワールドサッカー

清武弘嗣、わずか半年でセビージャ退団か…シャルケ&ヴォルフスブルクが興味2016.10.16 13:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF清武弘嗣(26)に早くもセビージャ退団の可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が、「ブンデスリーガはキヨタケのことを忘れてはいない」との見出しで伝えている。

▽清武は今夏、ハノーファーからヨーロッパリーグ3連覇中のセビージャにステップアップ移籍。かねてより夢だったスペイン挑戦を果たした。

▽しかし、ここまではMFサミル・ナスリらとの熾烈なポジション争いに強いられ、リーグ戦3試合の出場にとどまり、直近の2試合で招集メンバーからも外されている状況だ。

▽伝えられるところによれば、出番を失っている清武は、ホルヘ・サンパオリ監督からテクニカルな部分で評価されていないという。

▽なお、その清武に関して、実績十分のドイツの数クラブが今冬の獲得に興味を示している模様。現時点で、シャルケとヴォルフスブルクが名乗りを上げているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

D・アウベス、バルサ加入前年にチェルシー移籍迫っていた

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督との関係について語っている。スペイン『マルカ』が、イギリス『スカイ・スポーツ』でのコメントを伝えた。 ▽2003年1月にセビージャで欧州デビューを飾ったD・アウベスは、2008年夏にバルセロナに移籍。すると、2016年夏にユベントスへ移籍するまで、右サイドバックの絶対的な選手として君臨しチャンピオンズリーグ(CL)3度を含む23度のタイトル獲得に貢献した。 ▽しかし、何かが少し違っていれば、D・アウベスのバルセロナでの成功は無かったかもしれない。2007年にモウリーニョ政権下のチェルシー加入が迫っていたことを明かした。 「(チェルシー加入には)非常に近付いたよ」 「自分の為ではなく、クラブ(セビージャ)の為にチェルシーへ行かなかった」 「完了したと思っていたよ。彼(ジョゼ・モウリーニョ監督)と一緒に働くはずだった」 「俺の移籍したがらなかったからなのか、彼が違う情報を受け取ったかは分からないけど、それ以来俺たちの関係はあまり良くないんだ。それは俺の落ち度じゃない」 「彼のチームの一員になって一緒に働くことを確信していたんだけどね」 2018.11.09 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、今冬にA・モレーノを古巣セビージャへ売却か

▽リバプールが今冬の移籍市場でスペイン代表DFアルベルト・モレーノ(26)を古巣セビージャへ売却することを検討しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2014年にセビージャからリバプールに加入したモレーノは加入から2シーズンは主力の左サイドバックとしてプレーしたが、ユルゲン・クロップ監督の就任と、2017年のスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンの加入に伴い、以降は大幅に出場機会を失った。今季もここまで公式戦3試合の出場にとどまっている。 ▽そして、今季限りでクラブとの契約が終了するモレーノは、今冬あるいは来夏フリーでチームを旅立つ可能性が高い。これまでバルセロナやアーセナル移籍の可能性が伝えられているが、新天地は古巣セビージャとなる可能性が出てきている。 ▽『マルカ』が伝えるところによれば、モレーノ自身は生まれ育った古巣のユニフォームを再び着ることを夢見ているという。また、リバプールとしてはモレーノ獲得時に支払った1200万ポンド(約17億8000万円)の移籍金を少しでも回収するため、今冬の移籍市場で売却することを考慮しているようだ。 ▽一方、セビージャに関してはサポーターに愛され、UEFAコンペティションの選手登録時にカンテラーノとして登録可能で、パブロ・マチン監督の採用する[3-4-3]の左ウイングバックに最適なプレースタイルを持つモレーノの復帰を歓迎する可能性は十分にあるようだ。 2018.11.08 00:01 Thu
twitterfacebook
thumb

終盤の決定機決め切れず…セビージャはソシエダとゴールレスドロー《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは4日、リーガエスパニョーラ第11節でソシエダと対戦し、0-0で引き分けた。 ▽ここまで6勝1分け3敗のセビージャ。 ▽序盤から互角の攻防を見せる。7分にソシエダはファンミがヘディングシュートを放てば、セビージャもその直後にプロメスがボックス左からシュートを狙っていく。 ▽セビージャは22分にフランコ・バスケスがネットを揺らすものの、オフサイドの判定で認められず。37分にはボックスの外からバネガがゴールを狙ったがGKの正面へ。 ▽後半立ち上がり、セビージャはヘスス・ナバスのクロスをムリエルがヘディングシュート。55分には相手のCKをキャッチしたGKバシリクがすぐさま前線へフィードし、ヘスス・ナバスがボックス右からシュートを放っていったがサイドネットを叩いた。 ▽一方、ソシエダは67分に右サイドバックのエルストンドのクロスをウィリアン・ジョゼが頭で合わせるがGKの正面。未だにゴールは生まれない。 ▽互いに状況を打破しようと交代選手を送り込む。74分に、ソシエダは交代で入ったサンドロ・ラミレスがスルーパスで一気にゴール前に抜け出したが、身体をぶつけられシュートすることが出来なかった。 ▽チャンスが続くソシエダは79分にヤヌザイがアマドゥに倒されFKを獲得。ボックス手前左の絶好の位置だったが、サンドロ・ラミレスのシュートはクロスバーの上へ。 ▽セビージャは88分にこの試合最大のビッグチャンスが訪れる。自陣からカウンターを発動したセビージャは相手と4-2の場面に。しかし、最後はボックス左のロケ・メサが大きく枠を外してしまう。 ▽その直後にソシエダに再び先ほどと同じ位置でFKのチャンス。しかしこれは相手に当たって枠に飛ばず。試合はそのまま終了。0-0の引き分けに終わった。 2018.11.05 04:35 Mon
twitterfacebook
thumb

サラビアのドブレテで最下位に勝利のセビージャが3位浮上《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは28日、リーガエスパニョーラ第10節でウエスカとのホーム戦に臨み、2-1で勝利した。 ▽前節バルセロナとの首位攻防戦を落として4位に後退したセビージャ(勝ち点16)が、最下位ウエスカ(勝ち点5)をホームに迎えた一戦。 ▽セビージャがボールを持つ静かな展開で立ち上がっていった中、21分に先制しかける。左サイド絞った位置からのバネガのFKをカリソがボレーで蹴り込んだが、わずかにオフサイドでVARの末にノーゴールとなった。 ▽さらに26分、浮き球パスでボックス左に侵入したイェデルがシュートを流し込むも、このプレーもわずかにオフサイドでVARの末にノーゴールとなってしまった。 ▽38分にFKの流れからアギレラに際どいミドルシュートを打たれたもののわずかに枠を外れて助かったセビージャは、前半のうちにゴールを割れずハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半も攻め手の乏しいセビージャは、53分にアンドレ・シウバに代えてプロメスを投入。すると61分に決定機。FKの流れからルーズボールをセルジ・ゴメスがボレーでミート。これはGKにセーブされるも、65分に均衡を破った。イェデルがボックス右深くまでえぐって中に折り返すと、サラビアが押し込んだ。 ▽そして78分、セビージャがリードを広げる。決めたのはまたもサラビア。フランコ・バスケスとのワンツーから浮き球パスをボックス右で受けたサラビアがGKとの一対一を制した。 ▽試合終了間際、プリードにゴールを許したセビージャだったが、2-1で勝利し3位に浮上している。 2018.10.29 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャ監督マチン、バルサ戦のパフォーマンスに胸を張る…敗因は「テア・シュテーゲン」

20日のリーガエスパニョーラ第9節、セビージャは敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦を2-4で落とした。パブロ・マチン監督は試合後、自チームのパフォーマンスがこのような結果に値しなかったことを強調。好セーブを連発したバルセロナGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの存在が敗因との見解を示した。<br><br>「結果よりも統計の方が、この試合をしっかりと反映している。ゴールはもっと簡単に決まるものだと思っていたが、あちらには素晴らしいGKが存在していた。私たちは首位に立つことを求めるチームと見事に競い合った。しかし勝負を成立させようと試みても、彼らのGKのセーブに阻まれてしまった」<br><br>「立ち上がりに2失点を喫するなど良い形で試合に入れなかったが、鍵を握ったのはテア・シュテーゲンだったんだよ」<br><br>マチン監督はまた、インテンシティーを欠いたことで早い段階で0&minus;2とされてしまったとの指摘に対して、次のように返答している。<br><br>「負ければ、その有名なインテンシティーという言葉が出てくる。しかし私は選手たちが、いつだって良いプレーを見せようとしていることを疑っていない。ファーストチャンスは決まらないことが多いが、この試合はそうはならなかった。私たちも先制点を奪われた直後、ポスト直撃のシュートを打ったのだがね&hellip;&hellip;。バルサはペナルティーエリアに到達するとシュートを的中させていったが、私たちはそうではなかった」<br><br>「この試合は、様々な観点から考えることができる。ポジテイブであったのは、いつも以上に何度もチャンスを迎えたことだ。が、それと同時にミスも犯してしまった。私たちは前線で嚙みつくことができるチームであり、だからこそ攻撃を仕掛けなければならない。ただ、そのために守備に問題を抱えてしまい、試合を壊してしまう危険性も孕んでいる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.21 23:54 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース