リバプールのスペイン人FWルイス・アルベルトがラツィオ移籍2016.08.30 03:11 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは29日、スペイン人FWルイス・アルベルトをラツィオへ完全移籍で放出することを発表した。イギリス『BBC』によれば、移籍金は430万ポンド(約5億7000万円)とのことだ。

▽2013年夏にカンテラ時代を過ごしたセビージャからリバプールに移籍したL・アルベルトだったが、ブレンダン・ロジャーズ前監督の信頼を得るには至らずプレミアリーグでは9試合の出場に留まっていた。

▽そして2014年夏にマラガへ、2015年夏にデポルティボへレンタルに出されていた。2015-16シーズンはデポルティボでリーガエスパニョーラ29試合に出場して6ゴール7アシストと活躍してリバプールに戻っていたが、ユルゲン・クロップ監督の評価を覆すことはできなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、不動の左SB“ロボ”との新契約締結! 「とても簡単な決断」

リバプールは17日、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(24)との新契約締結を発表した。リバプールの公式発表では“長期”とのみ伝えられているが、イギリス『スカイ・スポーツ』は2024年6月30日までの5年半契約と推定している。 加入からの18カ月でアンフィールドのアイドルの1人に成長した“ロボ”の愛称で親しまれる24歳はクラブとの新契約にサインした後、今回の契約延長について語った。 「クラブから話が来たときから自分の決断はとても簡単なものだったよ。僕はここに居続けたいと思っているし、交渉の席に着いてすぐにサインしたよ」 「それは自分にとってもクラブにとっても簡単な交渉だった。僕たちはとても早く合意に達して契約をまとめたよ」 「ここで仲間と出会い、すべてのメルウッドのスタッフと共に仕事ができることはこの上ない幸せなんだ。仕事にとって最も素晴らしいことは毎日、職場に向かうのが楽しいと思えることなんだ。僕はもちろんここでそういう気持ちでいるよ。ここでの滞在をさらに伸ばすことができたことは嬉しいし、うまくいけばこれからより良い日々を過ごせるはずだ」 2017年夏にハル・シティからリバプールに加入したロバートソンは、元スペイン代表DFアルベルト・モレーノの負傷離脱をキッカケに左サイドバックのレギュラーポジションを手にすると、ここまで公式戦56試合に出場し1ゴールを記録。 豊富な運動量と推進力に加え、高精度の左足のキックを武器に多くのチャンスを演出すれば、シーズンを経るごとに磨きがかかる守備では的確なポジショニングと粘り強い対人対応でプレミアの猛者相手に一歩も引けを取らない安定感を披露している。 そして、リバプールでの活躍をキッカケにスコットランド代表では24歳にしてキャプテンに任命されている。 2019.01.18 04:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ラビオ争奪戦が再加熱…イングランド勢も参戦へ

リバプールとチェルシーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)に関心を寄せているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 今シーズン限りでPSG退団が決定的なラビオに関しては、今夏にフリーでのバルセロナ加入が盛んに報じられている。しかし、PSGは少しでも移籍金を得るために安価でも売却に応じる可能性があると各紙から報じられている。 そこで、今回伝えられているのが、アーセナルやリバプール、そしてチェルシーだ。中でも、元スペイン代表MFセスク・ファブレガスをモナコに売却したチェルシーは、その後釜としてフランス代表MFに熱視線。PSGが要求しているとされる1350万ポンド(約19億円)と、高額な年俸を支払うことにやぶさかでない模様だ。 バルセロナ行きの可能性が高いと報じられていたラビオだが、ここにきて様々なクラブからの関心が伝えられている。PSG退団は確実視される中、23歳プレーメーカーは新天地をどこに選ぶのだろうか。 2019.01.16 18:59 Wed
twitterfacebook
thumb

首位・リバプールに痛手…DFアーノルド、ブライトン戦強行出場で2週間離脱へ

リバプールに所属するイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが、ヒザを負傷したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 リバプールは12日、プレミアリーグ第22節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。試合は1-0で勝利したが、フル出場したアーノルドは試合前のウォーミングアップ時に負傷していたようだ。 これによりアーノルドはケガを悪化させることに。手術は必要ないものの、最低2週間は離脱することになりそうで、19日に行われる第23節のクリスタル・パレス戦と30日に行われる第24節のレスター・シティ戦は欠場することが決定的になっている。 現在リバプールでは、DFデヤン・ロブレンやDFジョー・ゴメスが負傷中。また、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムにも負傷の可能性が浮上している。 2019.01.16 09:10 Wed
twitterfacebook
thumb

現役最高のセンターバックは? ドイツ代表DFフンメルスが回答

バイエルンに所属するドイツ代表DFマッツ・フンメルスは、リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを「現役最高のセンターバック」と考えている。<br><br>フンメルスは12日、自身の『ツイッター』でフォロワーからの質問に応じるQ&Aのサービスを実施。様々な質問に答えてサッカーファンを楽しませた。その中で、大ヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大好きなことなどを明かしたフンメルスは、「あなたはファン・ダイクが現役の世界最高センターバックだと思いますか?」という質問に対して、一言「そう思う」とコメントした。<br><br>フンメルスは、UEFAネーションズリーグのリーグAグループ1の第3節と第6節でドイツ代表としてオランダ代表と対戦。いずれの試合でもファン・ダイクとピッチ上で相まみえた。とりわけ、最終節では試合終了間際にファン・ダイクに同点弾を奪われ、ドイツは降格の憂き目に遭っていた。<br><br>そのほか、フンメルスはリバプールファンと思われる方からの「いつアンフィールドにやってきてくれますか?」との問いに対し、「2月19日」とコメント。移籍に関する話だったことと考えられるが、バイエルンがリバプールとチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16で対戦するアウェイ戦の日付を述べる機転の利いた返しを見せていた。<br><br>提供:goal.com 2019.01.13 19:05 Sun
twitterfacebook
thumb

「大きな、大きな勝利」リバプール公式戦3試合ぶりの勝利をクロップが喜ぶ

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、公式戦3試合ぶりの勝利を喜んだ。<br><br>12日に行われたプレミアリーグ第22節でリバプールは敵地でブライトン&amp;ホーヴ・アルビオンと対戦。0-0で迎えた50分、モハメド・サラーは自ら倒されて得たPKをきっちりと沈めてチームに先制点をもたらす。その後も試合を優位に進めたリバプールがこのまま1-0で勝利して、2位以下との勝ち点差を暫定で7に広げた。<br><br>3日のマンチェスター・シティ戦で今シーズンのリーグ戦で初黒星を喫したリバプールは、7日のFAカップ3回戦ウォルバーハンプトン戦にも敗れて公式戦2連敗中。そんな中、辛くも勝利を挙げたこの一戦をクロップ監督は試合後に振り返った。<br><br>「非常に難しい試合だった。大きな、大きな結果を手にできた。カウンターアタックを有効に使う守備が良く組織されたチーム相手に、我々は本当に成熟したパフォーマンスができていた。これを続けていかなくてはならない」<br><br>「前半を教訓にし、後半に特に良いプレーができていた。今日のパフォーマンスを気に入っている。フットボールのオペラではなかったが、それでも本当に良い音楽を奏でることができた」<br><br>また、この勝利で2位マンチェスター・Cや3位トッテナムにプレッシャーをかけることができたかと問われたクロップ監督は「何の意味も持たない。我々はできる限り全てのポイントを奪うだけだ。明日や月曜日には状況は変わっているはず。我々は我々の試合に勝利することだけを考えている」と主張した。<br><br>提供:goal.com 2019.01.13 13:00 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース