【東本貢司のFCUK!】期待感が“値動き”を動かす2016.08.26 13:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽開幕して各チーム2試合を消化―――この時点でどうこう“占う”根拠もなければ、そんな権利も(誰にも)ない。例えば開幕戦の白眉、アーセナルvsリヴァプールを振り返ってみよう。スコアは「3-4」。派手な点の取り合いに見えるが、実際はアウェイのレッズが終始余裕のリードを保ち、ホームチームが遅まきながら終盤に意地を見せる経緯をたどった。一言で片づけるならリヴァプールの「快勝」。だが、そのリヴァプールは続く第二戦で昇格仕立てのバーンリーに無得点の完敗、一方のアーセナルは王者レスターとスコアレスドロー。そこで、両者ともディフェンスに難あり、一転して決め手に乏しい問題をさらけ出した・・・・とまあ、近視眼的に評価すればそういうことになるのだろうが、そんなものは、たかが2試合の結果をもとに何か書かねばならないマッチリポーターの物言いに過ぎない。両監督の事後コメントも取り立てて「何とかしなけりゃ」なる印象もない・・・・。

▽と思いきや、その後漏れ出してきたニューズソースからは、ルーカス・ペレス(FW:ラ・コルーニャ)の入団「ほぼ内定」と、シュコドラン・ムスタフィ(DF:ヴァレンシア)獲得への「交渉進展」が―――しかも、両人ともに想定内の予算を超える出費を強いられる見込みである。筆者にはそれが「焦って無理をしている」ようにも受け取れてしまう。ひいては、さしものアーセン・ヴェンゲルの「信念と余裕」も揺らいでいると言えなくもない。ほんの一週間ほど前、クラブ運営責任者(ガジディス)は「(補強に関して)金額の勝負になればウチに勝ち目はない」と“白旗”を上げた。にもかかわらず、エヴァートンと競合になってもルーカス獲得にこだわり、ムスタフィはかねてよりの狙い目だったとはいえ足元を見られた格好で、超過出費に踏み切る構えなのは・・・・「もう(アーセナルのヴェンゲルには)あまり後がない」という、もっと切実な問題につながっていくのだ。それにルーカスとムスタフィで“間に合う”のかという、いささか“気難しい”問題も残る。

▽その点、マンチェスターの両雄は「かなり早い段階で(優勝への)一騎討ち状態になりそう」との前評判通り、ほぼ順風満帆のスタートダッシュ。ここで確認しておくべきは、ともに一切手をこまねくことなく、補強作戦をほぼ予定通りにすんなりと遂行してしまったことである。要するに、ライバルたちの(補強)状況を秤にかけながらとか、オフのフレンドリーなどで現有戦力をじっくり検分してからとか、などの“勿体つけ”が無い。さっさと申し入れ、さっさと決めてしまう。それに、ルーカスとムスタフィには悪いが、「イブラヒモヴィッチとポグバ」と比べられては相当に分が悪い。ふと思ったのだが、そこには株式市場の値動きに似たものがないだろうか。「期待感」とは、ある意味で「実に安易な印象」によって大きく左右されるものだとすれば、当然、ユナイテッド株(の上昇)にも影響はあったはず。しかも、コミュニティーシールドを含む3試合でズラタンが4ゴール、ポグバも1試合ながら違いを見せつけた、となれば、これはもうお祭り状態になる。

▽シティーも抜かりがない点では負けていない。ノリートにストーンズ、そして契約の時期こそズレ込んだとはいえ、ブラヴォーと、グアルディオラの“戦略”に澱みなどなくあっさりと使命完了。その一方で“余計な"チャンピオンズ予備戦2試合も楽々と片づけるなど、ここまでほとんど危なげがない。願わくは、ストーンズとともにデルフをツブしてしまうことなど無きように。今、ユナイテッドとシティーにはちょうど似通った“疵”が見えている。シュヴァインシュタイガーとハートだ。あと1週間でどんなドラマが起きるやも(起きないかも)しれないが、ジョゼとペップから事実上の戦力外通告を受けた二人の今後が、ひょっとしたらだが、ユナイテッド/シティーの“足を(少しは)引っ張る”情動的要素になり得るかも・・・・いや、それはさすがに考え過ぎか。どうも、戦力比較や戦術ベースの「将の器」辺りで比べてしまうのがつまらなくてね! 今だけのセンティメンタルな“妙味”エピソードと受け取っていただこう。まともな予想ほど退屈なものはない。

▽折しも、チャンピオンズ/グループリーグのドロー結果が出てきた。ユナイテッドもチェルシーも(そして相変わらずリヴァプールも)不在の、それ以外は大して代わり映えのしないチャンピオンズだが、総じて特別「死の・・・・」の肩書がつくエリアも見当たらない。アーセナルに初見参のレスターも、スパーズも、大して文句のない顔ぶれに混じって戦うことになる。強いて言えば、シティーとバルサの呉越同舟、そこにブレンダン・ロジャーズのセルティックが絡む絵面に、いつもとは味わいが異なる興趣が湧く。そう言えば、シティーとセルティックはともにプレーオフ(予備戦)を突破した者同士。ならば、セルティックと復活気配のボルシアMGが波乱を演出することで、何かが“動く”。ここ数年、ついつい思い願ってしまうのは、今度こそ、パルサ、レアル、バイエルン、アトレティコの名前が(せめてその内2つが)「ラスト4」から消えてくれないかなぁ、と(笑)。
【東本 貢司(ひがしもと こうじ)】 1953年大阪府生まれ 青春期をイングランド、バースのパブリックスクールで送る。作家、翻訳家、コメンテイター。勝ち負け度外視、ひたすらフットボール(と音楽とミステリー)への熱いハートにこだわる。

コメント

関連ニュース

thumb

イングランド指揮官サウスゲイト、ドイツに敗戦も新システムに手応え

▽イングランド代表は22日、ドイツ代表との国際親善試合でドイツ代表FWルーカス・ポドルスキに見事なミドルシュートを決められ、0-1で敗戦した。しかし、同代表のサウスゲイト監督は、今回の一戦で採用した新システムに手応えを感じている。 ▽イングランド代表は今回の一戦で、[3-4-3]を採用。同代表が3バックで試合に臨んだのは、2006年にクロアチア代表に敗戦して以来、初めてとのこと。サウスゲイト監督は、『BBC Radio 5』で以下のようにコメントを残している。 「我々は非常に良いパフォーマンスができた。これを続けていかなければならない」 「こういった試合で何かを学ぶことは重要なことだ。そしてレベルの高いパフォーマンスをすることも重要だ」 「攻撃的な姿勢で試合に臨んだことはドイツ代表に問題をもたらした。悪くない結果だ」 ▽一方でサウスゲイト監督は今回のシステムに拘らず、「いくつかのシステムを使うことが可能」なチームであることも付け加え、以下のように続けた。 「我々のカウンター攻撃は相手に恐怖を与えていた。ドイツ代表を倒すこともできただろう。もしワイドなプレーを望むのなら、我々には優秀なウインガーがいる」 「このような試合を通じて、自分たちの強さと弱点を知ることができるんだ」 2017.03.23 14:36 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルディが圧巻のゴラッソで自らの引退試合に花を添える! ドイツが難敵イングランドを撃破!《国際親善試合》

▽国際親善試合のドイツ代表vsイングランド代表が22日にジグナル・イドゥナ・パルクで行われ、ドイツが1-0で勝利した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でグループC首位に立つドイツと、グループE首位に立つイングランドによる強豪対決。ホームのドイツは、離脱が決まったGKノイアーに加え、軽傷を抱えるエジル、ドラクスラーらが出場を回避。そのため、GKにはテア・シュテーゲン、最終ラインは右からキミッヒ、リュディガー、フンメルス、ヘクターが並び、中盤はヴァイグルとクロースの2センターに、2列目は右からブラント、ポドルスキ、リロイ・ザネ、1トップにこれが代表デビューとなるヴェルナーが起用された。 ▽一方、負傷のケインやヘンダーソン、ルーニーらが招集外となったイングランドは、今回の一戦でチェルシーやトッテナムが採用する[3-4-3]の布陣を採用。GKにはハート、最終ラインは右からマイケル・キーン、スモーリング、ケイヒル。中盤はウォーカーとバートランドがウイングバックを務め、エリック・ダイアーとリバモアが2センターを務め、3トップは最前線のヴァーディの下に、ララナとデレ・アリが2シャドーで入った。 ▽試合前に、これがドイツ代表通算130試合目にして、引退試合となるポドルスキに向けたセレモニーが行われるなど、大きな盛り上がりの中でスタートした強豪対決。試合は、アウェイのイングランドが前からの激しいプレスで主導権を奪う。5分過ぎにはデレ・アリの続けざまのチャンスメークからヴァーディに決定機も、ここは相手GKテア・シュテーゲンと交錯するなど、決め切れない。 ▽一方、時間の経過と共に相手陣内でのプレーを増やしてきたドイツは、16分にペナルティアーク付近でボールを受けたポドルスキが得意の左足でシュートを狙うが、これは相手DFにブロックされ、自身の引退試合を飾る代表通算49ゴール目とはならず。 ▽その後はデレ・アリ、ララナを起点に攻守両面で強さを見せるイングランドのペースが続く。31分には左サイドでキミッヒのミスパスを奪ったララナが相手陣内を独走し、ボックス左からシュートを狙うが、このシュートは右ポストを叩く。さらに、41分にはヴァーディのスルーパスに抜け出したデレ・アリがボックス内でGKと一対一になるが、ここはテア・シュテーゲンの果敢な飛び出しに阻まれ、絶好機を逸した。 ▽押し込まれる場面が目立つドイツも、左サイドのザネの仕掛けを軸に徐々に攻勢を仕掛けると、36分にはそのザネのお膳立てから再びポドルスキに決定機も、左足のシュートは枠を捉えきれない。 ▽ゴールレスで迎えた後半は、互いに選手交代なしでスタート。後半開始3分にはドイツに最初の決定機。左CKの流れからGKハートのパンチングをボックス手前で拾ったブラントがシュートを狙うが、これは枠の左に外れた。 ▽前半に比べオープンな展開が続く中、52分にはロングカウンターからリバモアのスルーパスに抜け出したヴァーディの折り返しにデレ・アリ、直後の53分にはクロースの浮き球スルーパスに抜け出したゴール前のポドルスキに決定機も、いずれもシュートを枠に飛ばせない。 ▽後半も守勢が続くドイツは59分、ブラントを下げてシュールレを同じ右ウイングのポジションに投入。すると61分には、右サイドからカットインしたシュールレが挨拶代わりのミドルシュートを放つ。また、65分過ぎにはイングランドがララナに代えて、これが代表デビューとなるレドモンド、ドイツはヴァイグルに代えてカンを投入した。 ▽やや試合がこう着し始めた中、ここまで沈黙していたこの試合の主役が千両役者ぶりを発揮する。69分、ボックス手前やや右の位置でシュールレからパスを受けたポドルスキが自身の代名詞である左足を豪快に振り抜くと、強烈な弾道のシュートがゴール右上隅の完璧なコースに突き刺さった。そして、ドイツ代表の背番号10は、自身の引退試合に花を添える完璧な一撃で通算49ゴール目を決めた。 ▽ポドルスキの圧巻の一撃を食らったものの、サウスゲイト監督の正指揮官としての初陣で引き立て役に終わりたくないイングランドは、70分過ぎにデレ・アリ、ヴァーディを下げて、リンガード、ラッシュフォードのマンチェスター・ユナイテッドコンビをピッチに送り出す。さらに83分にはリバモア、バートランドを下げて、ショーとこれが代表デビューのワード=プラウズを投入した。 ▽一方のドイツは、84分に殊勲のポドルスキに代えてルディを投入。ドイツ代表として最後の試合で圧巻のゴラッソを決めたポドルスキには、満員のスタンドから惜しみない拍手が送られた。 ▽その後はポドルスキを勝利で送り出そうと、攻守に高い集中力を見せたドイツが、選手交代でリズムを失ったイングランドの反撃を難なく凌ぎ切り、試合は1-0のままタイムアップ。 ▽圧巻のゴールで自らのドイツ代表キャリアを美しすぎる形で締めくくったポドルスキの活躍でイングランドを撃破したドイツ代表は、26日に行われるロシアW杯欧州予選アゼルバイジャン代表とのアウェイゲームに向けて大きな弾みを付けた。一方、サウスゲイト新監督の初陣を勝利で飾れなかったイングランドは、26日にリトアニア代表とのホームゲームを戦う予定だ。 2017.03.23 06:54 Thu
twitterfacebook
thumb

サウスゲイト、クラブチームで出場機会を失うルーニーに「より定期的なプレーを」

▽イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、マンチェスター・ユナイテッドで出場機会を失っているFWウェイン・ルーニーについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽イングランドサッカー協会(FA)は16日、今月22日に行われるドイツ代表との国際親善試合、26日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のリトアニア代表戦に臨むイングランド代表メンバーを発表した。 ▽ルーニーはヒザの負傷により今回のメンバーには含まれていない。しかしサウスゲイト監督は、同選手の所属クラブでの状況を危惧。プレミアリーグで9試合の先発出場に留まるなど出場機会を得られていない状況を受けて次のようにコメントした。 「若い選手かベテラン選手であるかどうかにかかわらず、私の願望はイングランドの選手が可能な限りビッグマッチで定期的にプレーしているのを見ることだ」 「カップ戦の決勝、CLやELの舞台でタイトルを狙っているようなチームで、より多くの選手が出場できるようにしなければならない。そうすればもっと多くの選択肢を手にすることができる」 2017.03.22 16:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ケイヒル、親善試合のドイツ代表戦に向けて「待ち望んでいた試合」

▽イングランド代表DFギャリー・ケイヒルが、22日に行われるドイツ代表との国際親善試合に向けた意気込みを口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽イングランド代表は26日に行われるロシア・ワールドカップ欧州予選のリトアニア代表戦を控えている。2017年最初のワールドカップ予選を前に、世界王者であるドイツとの親善試合を戦う。前日会見に出席したケイヒルは、自分たちの力を試す絶好の機会だと意気込んでいる。 「とても重要な試合だと位置づけている。素晴らしい相手に対して、反発力を持って挑む。僕らが正しい道を進んでいることを示したいね。チームとしてもあらゆることを試す絶好の機会だ。最高の選手たちとの対戦を誰もが待ち望んでいるよ」 ▽また、今回の代表メンバーではFWウェイン・ルーニーがケガの影響でメンバー外となっている。そのためケイヒルがキャプテンマークを巻く可能性が高い。ケイヒルは「イングランド代表としてプレーするだけでも誇り高いことだ。さらにキャプテンとしてピッチに立つならば、本当に素晴らしいことだと思う」と口にした。 2017.03.22 10:45 Wed
twitterfacebook
thumb

エジル、ドラクスラー、ゴメスが軽度の負傷でイングランド戦回避

▽ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督は21日、翌日に行われるイングランド代表との国際親善試合で主力3選手が欠場することを明かした。欠場するのはMFメスト・エジル(アーセナル)、MFユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)、FWマリオ・ゴメス(ヴォルフスブルク)の3選手。 ▽3選手の状態についてイギリス『スカイ・スポーツ』がレーブ監督のコメントを掲載している。 「エジルとドラクスラーはハムストリングに軽度の負傷を抱えている。彼らを試合に出すにはリスクが大きすぎる。ゴメスは鼠径部に損傷がある」 ▽既に守護神のGKマヌエル・ノイアー(バイエルン)が負傷離脱しているドイツ代表はイングランド戦後、26日にロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でアゼルバイジャン代表とアウェイで対戦する。 2017.03.22 00:44 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース