【東本貢司のFCUK!】期待感が“値動き”を動かす2016.08.26 13:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽開幕して各チーム2試合を消化―――この時点でどうこう“占う”根拠もなければ、そんな権利も(誰にも)ない。例えば開幕戦の白眉、アーセナルvsリヴァプールを振り返ってみよう。スコアは「3-4」。派手な点の取り合いに見えるが、実際はアウェイのレッズが終始余裕のリードを保ち、ホームチームが遅まきながら終盤に意地を見せる経緯をたどった。一言で片づけるならリヴァプールの「快勝」。だが、そのリヴァプールは続く第二戦で昇格仕立てのバーンリーに無得点の完敗、一方のアーセナルは王者レスターとスコアレスドロー。そこで、両者ともディフェンスに難あり、一転して決め手に乏しい問題をさらけ出した・・・・とまあ、近視眼的に評価すればそういうことになるのだろうが、そんなものは、たかが2試合の結果をもとに何か書かねばならないマッチリポーターの物言いに過ぎない。両監督の事後コメントも取り立てて「何とかしなけりゃ」なる印象もない・・・・。

▽と思いきや、その後漏れ出してきたニューズソースからは、ルーカス・ペレス(FW:ラ・コルーニャ)の入団「ほぼ内定」と、シュコドラン・ムスタフィ(DF:ヴァレンシア)獲得への「交渉進展」が―――しかも、両人ともに想定内の予算を超える出費を強いられる見込みである。筆者にはそれが「焦って無理をしている」ようにも受け取れてしまう。ひいては、さしものアーセン・ヴェンゲルの「信念と余裕」も揺らいでいると言えなくもない。ほんの一週間ほど前、クラブ運営責任者(ガジディス)は「(補強に関して)金額の勝負になればウチに勝ち目はない」と“白旗”を上げた。にもかかわらず、エヴァートンと競合になってもルーカス獲得にこだわり、ムスタフィはかねてよりの狙い目だったとはいえ足元を見られた格好で、超過出費に踏み切る構えなのは・・・・「もう(アーセナルのヴェンゲルには)あまり後がない」という、もっと切実な問題につながっていくのだ。それにルーカスとムスタフィで“間に合う”のかという、いささか“気難しい”問題も残る。

▽その点、マンチェスターの両雄は「かなり早い段階で(優勝への)一騎討ち状態になりそう」との前評判通り、ほぼ順風満帆のスタートダッシュ。ここで確認しておくべきは、ともに一切手をこまねくことなく、補強作戦をほぼ予定通りにすんなりと遂行してしまったことである。要するに、ライバルたちの(補強)状況を秤にかけながらとか、オフのフレンドリーなどで現有戦力をじっくり検分してからとか、などの“勿体つけ”が無い。さっさと申し入れ、さっさと決めてしまう。それに、ルーカスとムスタフィには悪いが、「イブラヒモヴィッチとポグバ」と比べられては相当に分が悪い。ふと思ったのだが、そこには株式市場の値動きに似たものがないだろうか。「期待感」とは、ある意味で「実に安易な印象」によって大きく左右されるものだとすれば、当然、ユナイテッド株(の上昇)にも影響はあったはず。しかも、コミュニティーシールドを含む3試合でズラタンが4ゴール、ポグバも1試合ながら違いを見せつけた、となれば、これはもうお祭り状態になる。

▽シティーも抜かりがない点では負けていない。ノリートにストーンズ、そして契約の時期こそズレ込んだとはいえ、ブラヴォーと、グアルディオラの“戦略”に澱みなどなくあっさりと使命完了。その一方で“余計な"チャンピオンズ予備戦2試合も楽々と片づけるなど、ここまでほとんど危なげがない。願わくは、ストーンズとともにデルフをツブしてしまうことなど無きように。今、ユナイテッドとシティーにはちょうど似通った“疵”が見えている。シュヴァインシュタイガーとハートだ。あと1週間でどんなドラマが起きるやも(起きないかも)しれないが、ジョゼとペップから事実上の戦力外通告を受けた二人の今後が、ひょっとしたらだが、ユナイテッド/シティーの“足を(少しは)引っ張る”情動的要素になり得るかも・・・・いや、それはさすがに考え過ぎか。どうも、戦力比較や戦術ベースの「将の器」辺りで比べてしまうのがつまらなくてね! 今だけのセンティメンタルな“妙味”エピソードと受け取っていただこう。まともな予想ほど退屈なものはない。

▽折しも、チャンピオンズ/グループリーグのドロー結果が出てきた。ユナイテッドもチェルシーも(そして相変わらずリヴァプールも)不在の、それ以外は大して代わり映えのしないチャンピオンズだが、総じて特別「死の・・・・」の肩書がつくエリアも見当たらない。アーセナルに初見参のレスターも、スパーズも、大して文句のない顔ぶれに混じって戦うことになる。強いて言えば、シティーとバルサの呉越同舟、そこにブレンダン・ロジャーズのセルティックが絡む絵面に、いつもとは味わいが異なる興趣が湧く。そう言えば、シティーとセルティックはともにプレーオフ(予備戦)を突破した者同士。ならば、セルティックと復活気配のボルシアMGが波乱を演出することで、何かが“動く”。ここ数年、ついつい思い願ってしまうのは、今度こそ、パルサ、レアル、バイエルン、アトレティコの名前が(せめてその内2つが)「ラスト4」から消えてくれないかなぁ、と(笑)。
【東本 貢司(ひがしもと こうじ)】 1953年大阪府生まれ 青春期をイングランド、バースのパブリックスクールで送る。作家、翻訳家、コメンテイター。勝ち負け度外視、ひたすらフットボール(と音楽とミステリー)への熱いハートにこだわる。

コメント

関連ニュース

thumb

サッカー母国とサッカー王国による注目の一戦はゴールレスドロー《国際親善試合》

▽国際親善試合のイングランド代表vsブラジル代表が14日にウェンブリー・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で優勝候補にも挙がるサッカー母国とサッカー王国による注目の一戦。10日にドイツ代表戦をゴールレスドローで終えたイングランドは、その試合から5選手を変更。GKピックフォードに代わってGKハートが起用されたほか、トリッピアーとローズに代わってウォーカーとバートランドを両ウイングバックに据え、フィル・ジョーンズとエイブラハムに代えてジョー・ゴメスとラッシュフォードを起用した。 ▽一方、10日の日本代表戦を3-1で快勝したブラジルは、その試合から6選手を変更。ダニエウ・アウベス、マルキーニョス、ミランダと最終ラインの主力が復帰したほか、インサイドMFにパウリーニョとレナト・アウグスト、ウィリアンに代わってコウチーニョが入り、現状のベストメンバーが起用された。 ▽立ち上がりから攻守の切り替えが速い展開が続く中、地力で勝るブラジルが最初の決定機を作り出す。12分、右サイドでボールを持ったダニエウ・アウベスが鋭いクロスを入れると、これをゴール前に飛び込んだジェズスが頭で合わせるがGK正面を突く。 ▽一方、ヴァーディとラッシュフォードの快足を活かしたカウンターで攻撃を組み立てるイングランドは18分、左サイドからカットインしたラッシュフォードがミドルシュートを狙うが、これはGKアリソンに難なくセーブされる。 ▽その後はボールを保持するブラジルのペースが続くも、直近のドイツ戦で無失点を記録したイングランドの堅守が最後の場面で仕事をさせない。だが、拮抗した展開が続く中、35分には筋肉系のトラブルでロフタス=チークがプレー続行不可能となり、リンガードが緊急投入された。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は後半もブラジルが最初の決定機を作る。47分、細かいパス交換からネイマールのスルーパスに抜け出したコウチーニョがボックス右からシュートを放つが、ここは冷静に間合いを詰めたGKハートの好守に遭う。 ▽前半同様に中盤での攻防が目立つ中、両ベンチは選手交代で流れを引き寄せにかかる。ブラジルは68分、レナト・アウグスト、コウチーニョを下げてフェルナンジーニョとウィリアンを投入。対するイングランドは76分、ヴァーディとラッシュフォードを下げてエイブラハムと、これが代表デビューのソランケの若手2人を前線に送り込む。 ▽76分にはボックス手前でカゼミロからパスを受けたフェルナンジーニョが際どいミドルシュートを放つが、これは左ポストを叩く。さらに85分にはネイマールのお膳立てからパウリーニョにシュートチャンスも、ここはGKハートが立ちはだかる。 ▽その後、試合終了間際の89分にはゴール右に抜け出したソランケに絶好のチャンスが訪れるも、ここはGKアリソンの身体を張った飛び出しに阻まれ、均衡を破るゴールとはならず。サッカー母国とサッカー王国による注目の一戦はゴールレスドローに終わった。 2017.11.15 07:27 Wed
twitterfacebook
thumb

イングランド代表、来年3月にオランダ&イタリア代表と対戦

▽イングランドサッカー協会(FA)は14日、来年3月にオランダ代表およびイタリア代表との対戦が決定したことを発表した。 ▽イングランドは先月、6大会連続となる15回目のワールドカップ(W杯)出場を決めた。来年6月14日に開催を控えるロシアW杯に向けて調整を続けるガレス・サウスゲイト監督率いるスリーライオンズは、開幕3カ月前の2018年3月にオランダ代表およびイタリア代表との親善試合を行う。 ▽オランダ代表はロシアW杯欧州予選グループAを3位で終え本戦出場を逃した。一方のイタリア代表は先日、スウェーデン代表に本戦出場をかけたプレーオフで敗れ、1958年のスウェーデン大会以来、実に60年ぶりにW杯出場を逃している。 ▽イングランド代表は2018年3月23日(日本時間3時45分キックオフ)にアムステルダム・アレーナにてオランダ代表と対戦。同27日(日本時間5時キックオフ)にイタリア代表とウェンブリー・スタジアムで対戦する。 2017.11.15 00:01 Wed
twitterfacebook
thumb

フィル・ジョーンズが負傷で代表離脱

▽イングランドサッカー協会(FA)は11日、マンチェスター・ユナイテッドのDFフィル・ジョーンズが負傷のため代表から離脱したことを発表した。 ▽イングランドは10日、国際親善試合でドイツ代表と対戦した。この試合に先発出場を果たしたフィル・ジョーンズだったが、開始10分で左の太ももを負傷。そのまま交代かと思われたがプレーを続行し、25分にジョー・ゴメスとの交代でベンチへと下がった。 ▽イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督によればフィル・ジョーンズの負傷は軽いとみられ14日に行われるブラジル代表戦にも帯同する可能性が示唆されていたが、最終的にユナイテッドに戻ることが決定している。 ▽フィル・ジョーンズは今シーズン、ジョゼ・モウリーニョ監督のファーストチョイスとなっており、18日に行われるプレミアリーグ第12節のニューカッスル戦に向けて状態が懸念される。 2017.11.12 10:51 Sun
twitterfacebook
thumb

イングランド、ソランケを追加招集 14日にブラジル戦

▽イングランドサッカー協会(FA)は11日は、リバプールに所属するFWドミニク・ソランケを同国代表に追加招集したと発表した。 ▽ソランケは、この11月の代表ウィークでU-21イングランド代表に合流。10日に行われたU-21ウクライナ代表戦で1ゴールをマークしていた。 ▽イングランドはFWハリー・ケインら多数が負傷離脱。14日にロンドンで行われる国際親善試合でブラジル代表と対戦する。 2017.11.12 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

サウスゲイト、負傷後もプレーを続けたフィル・ジョーンズのブラジル戦帯同を示唆

▽イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督が、同代表DFフィル・ジョーンズの状態について自身の見解を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽イングランドは10日、国際親善試合でドイツ代表と対戦した。この試合に先発出場を果たしたフィル・ジョーンズだったが、開始10分で左の太ももを負傷。そのまま交代かと思われたがプレーを続行し、25分にJ・ゴメスとの交代でベンチへと下がった。 ▽試合後、サウスゲイト監督は負傷交代となったフィル・ジョーンズについて言及。今後の状態をチェックして14日に行われるブラジル代表戦まで帯同させるかどうかを決めるようだ。 「フィルはうまくプレーしていた。我々としても彼のプレーを見ていたかったよ。現時点ではそれほど悪くない状態に思える。仮に最悪の状態でないのならば、このまま一緒にいることも考えている」 ▽今シーズンのフィル・ジョーンズは、プレミアリーグで2位につけるマンチェスター・ユナイテッドでリーグ戦11試合すべてに先発で出場している。一方でチャンピオンズリーグでの出場はない。 2017.11.11 13:27 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース