【東本貢司のFCUK!】期待感が“値動き”を動かす2016.08.26 13:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽開幕して各チーム2試合を消化―――この時点でどうこう“占う”根拠もなければ、そんな権利も(誰にも)ない。例えば開幕戦の白眉、アーセナルvsリヴァプールを振り返ってみよう。スコアは「3-4」。派手な点の取り合いに見えるが、実際はアウェイのレッズが終始余裕のリードを保ち、ホームチームが遅まきながら終盤に意地を見せる経緯をたどった。一言で片づけるならリヴァプールの「快勝」。だが、そのリヴァプールは続く第二戦で昇格仕立てのバーンリーに無得点の完敗、一方のアーセナルは王者レスターとスコアレスドロー。そこで、両者ともディフェンスに難あり、一転して決め手に乏しい問題をさらけ出した・・・・とまあ、近視眼的に評価すればそういうことになるのだろうが、そんなものは、たかが2試合の結果をもとに何か書かねばならないマッチリポーターの物言いに過ぎない。両監督の事後コメントも取り立てて「何とかしなけりゃ」なる印象もない・・・・。

▽と思いきや、その後漏れ出してきたニューズソースからは、ルーカス・ペレス(FW:ラ・コルーニャ)の入団「ほぼ内定」と、シュコドラン・ムスタフィ(DF:ヴァレンシア)獲得への「交渉進展」が―――しかも、両人ともに想定内の予算を超える出費を強いられる見込みである。筆者にはそれが「焦って無理をしている」ようにも受け取れてしまう。ひいては、さしものアーセン・ヴェンゲルの「信念と余裕」も揺らいでいると言えなくもない。ほんの一週間ほど前、クラブ運営責任者(ガジディス)は「(補強に関して)金額の勝負になればウチに勝ち目はない」と“白旗”を上げた。にもかかわらず、エヴァートンと競合になってもルーカス獲得にこだわり、ムスタフィはかねてよりの狙い目だったとはいえ足元を見られた格好で、超過出費に踏み切る構えなのは・・・・「もう(アーセナルのヴェンゲルには)あまり後がない」という、もっと切実な問題につながっていくのだ。それにルーカスとムスタフィで“間に合う”のかという、いささか“気難しい”問題も残る。

▽その点、マンチェスターの両雄は「かなり早い段階で(優勝への)一騎討ち状態になりそう」との前評判通り、ほぼ順風満帆のスタートダッシュ。ここで確認しておくべきは、ともに一切手をこまねくことなく、補強作戦をほぼ予定通りにすんなりと遂行してしまったことである。要するに、ライバルたちの(補強)状況を秤にかけながらとか、オフのフレンドリーなどで現有戦力をじっくり検分してからとか、などの“勿体つけ”が無い。さっさと申し入れ、さっさと決めてしまう。それに、ルーカスとムスタフィには悪いが、「イブラヒモヴィッチとポグバ」と比べられては相当に分が悪い。ふと思ったのだが、そこには株式市場の値動きに似たものがないだろうか。「期待感」とは、ある意味で「実に安易な印象」によって大きく左右されるものだとすれば、当然、ユナイテッド株(の上昇)にも影響はあったはず。しかも、コミュニティーシールドを含む3試合でズラタンが4ゴール、ポグバも1試合ながら違いを見せつけた、となれば、これはもうお祭り状態になる。

▽シティーも抜かりがない点では負けていない。ノリートにストーンズ、そして契約の時期こそズレ込んだとはいえ、ブラヴォーと、グアルディオラの“戦略”に澱みなどなくあっさりと使命完了。その一方で“余計な"チャンピオンズ予備戦2試合も楽々と片づけるなど、ここまでほとんど危なげがない。願わくは、ストーンズとともにデルフをツブしてしまうことなど無きように。今、ユナイテッドとシティーにはちょうど似通った“疵”が見えている。シュヴァインシュタイガーとハートだ。あと1週間でどんなドラマが起きるやも(起きないかも)しれないが、ジョゼとペップから事実上の戦力外通告を受けた二人の今後が、ひょっとしたらだが、ユナイテッド/シティーの“足を(少しは)引っ張る”情動的要素になり得るかも・・・・いや、それはさすがに考え過ぎか。どうも、戦力比較や戦術ベースの「将の器」辺りで比べてしまうのがつまらなくてね! 今だけのセンティメンタルな“妙味”エピソードと受け取っていただこう。まともな予想ほど退屈なものはない。

▽折しも、チャンピオンズ/グループリーグのドロー結果が出てきた。ユナイテッドもチェルシーも(そして相変わらずリヴァプールも)不在の、それ以外は大して代わり映えのしないチャンピオンズだが、総じて特別「死の・・・・」の肩書がつくエリアも見当たらない。アーセナルに初見参のレスターも、スパーズも、大して文句のない顔ぶれに混じって戦うことになる。強いて言えば、シティーとバルサの呉越同舟、そこにブレンダン・ロジャーズのセルティックが絡む絵面に、いつもとは味わいが異なる興趣が湧く。そう言えば、シティーとセルティックはともにプレーオフ(予備戦)を突破した者同士。ならば、セルティックと復活気配のボルシアMGが波乱を演出することで、何かが“動く”。ここ数年、ついつい思い願ってしまうのは、今度こそ、パルサ、レアル、バイエルン、アトレティコの名前が(せめてその内2つが)「ラスト4」から消えてくれないかなぁ、と(笑)。
【東本 貢司(ひがしもと こうじ)】 1953年大阪府生まれ 青春期をイングランド、バースのパブリックスクールで送る。作家、翻訳家、コメンテイター。勝ち負け度外視、ひたすらフットボール(と音楽とミステリー)への熱いハートにこだわる。

コメント

関連ニュース

thumb

イングランド、ロシアW杯直前にナイジェリア、コスタリカとの強化試合が決定

イングランド代表は、今夏に行われるロシア・ワールドカップの強化試合としてナイジェリア代表、コスタリカ代表と対戦することが決まった。<br><br>イングランドはロシアW杯で、ベルギー、チュニジア、パナマと同じグループGに。初戦は6月18日のチュニジア戦となるが、その直前の2日にナイジェリア戦、7日にコスタリカ戦が行われることが決定したようだ。<br><br>イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は、仮想チュニジア、パナマと呼べる相手とのマッチングが実現したことを喜んでいる。<br><br>「我々はアフリカ、中南米のチームとワールドカップで戦うため、ナイジェリア、コスタリカとの対戦を決めた。チームを異なるスタイル、異なる経験にさらしたい」<br><br>比較的恵まれた組に入ったイングランド。それでもユーロ2016の失態を繰り返さないため、準備に余念はなさそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.11 12:53 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 1月11日は世界でも稀な“自分味”のポテチが誕生した成り上り快速FW

◆ジェイミー・ヴァーディ 【Profile】 国籍:イングランド 誕生日:1987/1/11 クラブ:レスター・シティ ポジション:FW 身長:178㎝ 体重:76㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月11日はレスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディだ。 ▽ヴァーディは、日本代表FW岡崎慎司とレスターで2トップを組む相棒。2015-16シーズンは、自身にとってプレミアリーグ2年目のシーズンとなったが、36試合に出場し24ゴールを記録。シーズン中には、プレミアリーグ新記録となる11試合連続ゴールを記録するなど、レスター奇跡の優勝に大きく貢献した。 ▽ヴァーディは、2007年にイングランド8部相当のストックスブリッジ・パーク・スティールズのトップチームでキャリアをスタート。当時の給料は週給30ポンド(約5500円)だった。その後、ハリファクス・タウン、フリートウッド・タウンと下部リーグでプレー。フリートウッド・タウンでは週給は850ポンド(約15万円)だった。当時から得点能力は高く評価されており、2012年5月にノン・リーグに所属する選手に支払われる移籍金としては史上最高額となる100万ポンド(約1億5000万円)でレスターへと加入。その後の活躍はご存知の通りだ。 ▽世界でも稀に見る出来事としては、11試合連続ゴールを記録した際に、「ヴァーディ塩味」のポテトチップスが登場したこと。2015年12月14日に行われたレスターvsチェルシーの試合で、3万2000食が配布された。世界でも自分味のポテトチップスが登場した選手は少ないだろう。しかし、残念ながら大量にオークションに出品。平均落札価格は10£(およそ1800円)だったようです。 ※誕生日が同じ主な著名人 ちばてつや(漫画家/『あしたのジョー』など) 中井義則(漫画家《ゆでたまご》/『キン肉マン』など) 輪島大士(元横綱/第54代) ブライアン・ロブソン(元サッカー選手) 深津絵里(女優) 松岡昌宏(タレント/TOKIO) 浜口京子(レスリング) ミルコ・デムーロ(騎手) 一岡竜司(プロ野球選手/広島東洋カープ) リロイ・ザネ(サッカー選手/マンチェスター・シティ) ダニエル・カルバハル(サッカー選手/レアル・マドリー) 杉浦恭平(サッカー選手/ツエーゲン金沢) 廣井友信(サッカー選手/ツエーゲン金沢) 2018.01.11 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月29日は、試合中チームメイトとの大喧嘩でプレミアを騒がせた快足アタッカー

◆キーロン・ダイアー 【Profile】 国籍:イングランド 誕生日:1978/12/29 役職:イプスウィッチ・タウン下部組織コーチ ポジション:MF 身長:170㎝ 体重:60㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月29日は元イングランド代表MFキーロン・ダイアーだ。 ▽イプスウィッチ出身のキーロン・ダイアーは、1996年にイプスウィッチ・タウンでプロデビュー。1998年に徐々に注目を浴びると、1999年にニューカッスル・ユナイテッドに入団し、プレミアリーグで2001-02シーズンには4位、2002-03シーズンには3位とチャンピオンズリーグ出場の原動力となった。 ▽7シーズンに渡ってニューカッスルでプレーしたダイアー。2005年4月にはプレミアリーグの試合中にチームメイトのMFリー・ボウヤーとリーグ史上初の殴り合いの大喧嘩を演じたことで注目を集めた。翌日の新聞には2人がピッチ上で殴り合っている写真が大きく掲載されたようだ。両者共にパスに対する要求の中で、熱くなったことを地元紙に語っている。 ▽1999年にデビューを飾ったイングランド代表としては33試合出場を誇り、日韓・ワールドカップにも出場。快足を活かしたドリブルを武器にサイドアタッカーを主戦場としていたが、時にはセンターも務めた。ちなみにデビュー当時は右サイドバックも務めていた。 ▽ニューカッスル退団後、ウェストハム、QPR、ミドルズブラなどでプレーしたダイアーは、2013年に引退し、指導者の道へ。現在は地元クラブのイプスウィッチの下部組織でコーチを務めている。 ※誕生日が同じ主な著名人 生駒里奈(アイドル/乃木坂46) サナ(アイドル/TWICE) 錦織圭(プロテニスプレーヤー) 荒川静香(元フィギュアスケーター) 押切もえ(モデル) 浜田省吾(歌手) Mr.マリック(マジシャン) 那須川将大(サッカー選手/大分トリニータ) ニクラス・アレクサンデション(元サッカー選手) 2017.12.29 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

パフォーマンス向上のウィルシャー、今季で契約満了もアーセナルと新契約締結へ

▽今冬の退団の噂も挙がっているアーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(25)だが、クラブとの新契約締結に向けて話を進めているようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽今シーズン限りで契約が満了を迎えるウィルシャーには、プレミアリーグのクラブをはじめ、今冬の獲得に興味を示しているクラブがある。 ▽昨シーズンはボーンマスへとレンタル移籍で過ごしたウィルシャーは、今シーズンはアーセナルに在籍。ふくらはぎをケガしたものの、8月に復帰しており、カップ戦やプレミアリーグなどで公式戦15試合に出場。16日のニューカッスル戦では先発出場を果たしていた。 「僕は自分がプレミアリーグでプレーできることを証明したと思うし、体のことも信じている。試合に影響を与えることができると考えているよ」 「このチームに良い影響を与えることができると思っている。そして、それが見えれば、イングランド代表監督も僕を招集っしてくれるだろう」 ▽イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は、アーセナルで定期的にプレーしなければウィルシャーをメンバーに含まないと主張しているが、チームに残留し、かつての輝きを取り戻せるだろうか。 2017.12.21 20:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ベッカム氏、イングランド代表に警鐘「ありきたりな言葉だけど…」

▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が、ワールドカップについて言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽1日にモスクワで行われたロシア・ワールドカップの抽選会で、グループGに振り分けられた6大会連続15度目の出場となるイングランド代表。同グループには2大会連続13回目の出場となるベルギー代表、初出場のパナマ代表、2006年大会以来の本戦出場となるチュニジア代表が同居している。ベルギーを除いてパナマ、チュニジアと格下2チームが属すグループに入ったことで複数メディアは、イングランド代表の2大会ぶり決勝トーナメント進出が間違いないことが報じられている。 ▽しかし、3度のワールドカップに出場したベッカム氏は、「簡単な試合などない」と注意を喚起している。 「ワールドカップでは、どんなチームが相手であっても簡単な試合などない。ありきたりな言葉だけど、これが真実なんだ」 「すべての試合が厳しい展開になる。それは5年前や10年前もそうだったし、今も変わらない」 「ここまで来ると全てのことが重要になってくる。今回の抽選は良いドローだったかもしれない。それでもタフな戦いになるだろう」 2017.12.04 12:09 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース