超ワールドサッカー

【東本貢司のFCUK!】期待感が“値動き”を動かす2016.08.26 13:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽開幕して各チーム2試合を消化―――この時点でどうこう“占う”根拠もなければ、そんな権利も(誰にも)ない。例えば開幕戦の白眉、アーセナルvsリヴァプールを振り返ってみよう。スコアは「3-4」。派手な点の取り合いに見えるが、実際はアウェイのレッズが終始余裕のリードを保ち、ホームチームが遅まきながら終盤に意地を見せる経緯をたどった。一言で片づけるならリヴァプールの「快勝」。だが、そのリヴァプールは続く第二戦で昇格仕立てのバーンリーに無得点の完敗、一方のアーセナルは王者レスターとスコアレスドロー。そこで、両者ともディフェンスに難あり、一転して決め手に乏しい問題をさらけ出した・・・・とまあ、近視眼的に評価すればそういうことになるのだろうが、そんなものは、たかが2試合の結果をもとに何か書かねばならないマッチリポーターの物言いに過ぎない。両監督の事後コメントも取り立てて「何とかしなけりゃ」なる印象もない・・・・。

▽と思いきや、その後漏れ出してきたニューズソースからは、ルーカス・ペレス(FW:ラ・コルーニャ)の入団「ほぼ内定」と、シュコドラン・ムスタフィ(DF:ヴァレンシア)獲得への「交渉進展」が―――しかも、両人ともに想定内の予算を超える出費を強いられる見込みである。筆者にはそれが「焦って無理をしている」ようにも受け取れてしまう。ひいては、さしものアーセン・ヴェンゲルの「信念と余裕」も揺らいでいると言えなくもない。ほんの一週間ほど前、クラブ運営責任者(ガジディス)は「(補強に関して)金額の勝負になればウチに勝ち目はない」と“白旗”を上げた。にもかかわらず、エヴァートンと競合になってもルーカス獲得にこだわり、ムスタフィはかねてよりの狙い目だったとはいえ足元を見られた格好で、超過出費に踏み切る構えなのは・・・・「もう(アーセナルのヴェンゲルには)あまり後がない」という、もっと切実な問題につながっていくのだ。それにルーカスとムスタフィで“間に合う”のかという、いささか“気難しい”問題も残る。

▽その点、マンチェスターの両雄は「かなり早い段階で(優勝への)一騎討ち状態になりそう」との前評判通り、ほぼ順風満帆のスタートダッシュ。ここで確認しておくべきは、ともに一切手をこまねくことなく、補強作戦をほぼ予定通りにすんなりと遂行してしまったことである。要するに、ライバルたちの(補強)状況を秤にかけながらとか、オフのフレンドリーなどで現有戦力をじっくり検分してからとか、などの“勿体つけ”が無い。さっさと申し入れ、さっさと決めてしまう。それに、ルーカスとムスタフィには悪いが、「イブラヒモヴィッチとポグバ」と比べられては相当に分が悪い。ふと思ったのだが、そこには株式市場の値動きに似たものがないだろうか。「期待感」とは、ある意味で「実に安易な印象」によって大きく左右されるものだとすれば、当然、ユナイテッド株(の上昇)にも影響はあったはず。しかも、コミュニティーシールドを含む3試合でズラタンが4ゴール、ポグバも1試合ながら違いを見せつけた、となれば、これはもうお祭り状態になる。

▽シティーも抜かりがない点では負けていない。ノリートにストーンズ、そして契約の時期こそズレ込んだとはいえ、ブラヴォーと、グアルディオラの“戦略”に澱みなどなくあっさりと使命完了。その一方で“余計な"チャンピオンズ予備戦2試合も楽々と片づけるなど、ここまでほとんど危なげがない。願わくは、ストーンズとともにデルフをツブしてしまうことなど無きように。今、ユナイテッドとシティーにはちょうど似通った“疵”が見えている。シュヴァインシュタイガーとハートだ。あと1週間でどんなドラマが起きるやも(起きないかも)しれないが、ジョゼとペップから事実上の戦力外通告を受けた二人の今後が、ひょっとしたらだが、ユナイテッド/シティーの“足を(少しは)引っ張る”情動的要素になり得るかも・・・・いや、それはさすがに考え過ぎか。どうも、戦力比較や戦術ベースの「将の器」辺りで比べてしまうのがつまらなくてね! 今だけのセンティメンタルな“妙味”エピソードと受け取っていただこう。まともな予想ほど退屈なものはない。

▽折しも、チャンピオンズ/グループリーグのドロー結果が出てきた。ユナイテッドもチェルシーも(そして相変わらずリヴァプールも)不在の、それ以外は大して代わり映えのしないチャンピオンズだが、総じて特別「死の・・・・」の肩書がつくエリアも見当たらない。アーセナルに初見参のレスターも、スパーズも、大して文句のない顔ぶれに混じって戦うことになる。強いて言えば、シティーとバルサの呉越同舟、そこにブレンダン・ロジャーズのセルティックが絡む絵面に、いつもとは味わいが異なる興趣が湧く。そう言えば、シティーとセルティックはともにプレーオフ(予備戦)を突破した者同士。ならば、セルティックと復活気配のボルシアMGが波乱を演出することで、何かが“動く”。ここ数年、ついつい思い願ってしまうのは、今度こそ、パルサ、レアル、バイエルン、アトレティコの名前が(せめてその内2つが)「ラスト4」から消えてくれないかなぁ、と(笑)。
【東本 貢司(ひがしもと こうじ)】 1953年大阪府生まれ 青春期をイングランド、バースのパブリックスクールで送る。作家、翻訳家、コメンテイター。勝ち負け度外視、ひたすらフットボール(と音楽とミステリー)への熱いハートにこだわる。

コメント

関連ニュース

thumb

ララナ離脱で不満のクロップにイングランド指揮官サウスゲイトが謝罪?

▽イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は、リバプールに所属するMFアダム・ララナが負傷してしまったことに関して、同クラブを率いるユルゲン・クロップ監督に電話で謝罪をしたようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽ララナは26日に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選のリトアニア代表戦でフル出場を果たすも、同試合で左足の太ももを負傷。離脱期間は1カ月が見込まれており、次節のエバートンとの“マージーサイド・ダービー”を含め、4月に行われるリーグ戦5試合全てを欠場する可能性が高いとみられている。現在、リバプールはプレミアリーグの4位につけており、チャンピオンズリーグ出場権の獲得を目指す同クラブにとって、リーグ戦27試合7得点を挙げる主力MFララナの離脱は大きな痛手となる。 ▽今回のインターナショナルウィークで、イングランド代表はドイツ代表、リトアニア代表と対戦。2試合の合計出場数が、勝ち点1差で3位につけるマンチェスター・シティの同代表DFストーンズが96分、DFスターリングが60分なのに対して、ララナが156分だったことをクロップ監督は心配していたようだ。 ▽伝えられるところによると、ララナの扱いに関するクロップ監督の苛立ちに気付いたサウスゲイト監督は、29日に同監督へ電話で状況を説明し、理解を得たようだ。サウスゲイト監督は、昨年11月に行われた国際親善試合のスペイン代表戦でもララナがケガをしてしまったことを気にしており、クラブの監督とは良い関係を築いていきたいと考えているとのこと。 ▽来月1日に次節、エバートンとのマージーサイド・ダービーを控えるリバプールは、ララナの1カ月の負傷離脱のほか、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョとFWロベルト・フィルミノが30日の夕方に南米予選から帰国したばかりという苦しい状況にある。果たして、クロップ監督は同試合でどのような布陣で臨むのだろうか。 2017.03.31 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

代表初招集のギブソン、緊急招集に「彼女との旅行を空港でキャンセルした」

▽イングランド代表に初招集されたDFベン・ギブソン(24)が、緊急招集を受けたときのことを振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽イングランド代表は26日、ロシア・ワールドカップ(W杯)・欧州予選のリトアニア代表戦に臨んだ。この試合ではDFギャリー・ケイヒルが出場停止の他、DFクリス・スモーリング、DFフィル・ジョーンズが負傷とセンターバックが人員不足となっていた。 ▽そこでイングランドサッカー協会(FA)は24日に、ギブソンを緊急招集。初招集を受けた同選手は、リトアニア代表戦で出場機会を得られなかったが、チームは2-0で勝利した。 ▽突然の招集を受けたギブソンは、当時の様子についてコメント。さらに快く送り出した家族に感謝の言葉を述べ、代表チームへの思いを明かした。 「まさに嵐だったよ。ちょうどお昼頃に連絡を受けたんだけど、僕は彼女とマジョルカに旅行する直前だった。空港で搭乗券を発行している最中に連絡がきたんだよ。その場で旅行をキャンセルし、代表に行く準備をした」 「どんな時でも、国の代表チームに選ばれるのは最高なことさ。本当に誇り高い気分だった。家族も快く送り出してくれたんだ。幼いころから夢見てきた場所で、そこにいられたことは特権だった」 2017.03.28 15:29 Tue
twitterfacebook
thumb

34歳デフォーとの共演にララーナは感嘆「父とよく観に行ったんだ」

イングランド代表MFのアダム・ララーナは、サンダーランドに所属するFWジャーメイン・デフォーのプレーを称賛した。<br><br>イングランド代表は26日、ロシア・ワールドカップ欧州予選第5節でリトアニアと対戦し2-0で勝利した。約3年半ぶりに代表復帰を果たしたデフォーは先発出場を果たすと、21分にラヒーム・スターリングの折り返しを冷静にゴールに蹴りこみ、先制点を挙げた。<br><br>代表選手として、約4年ぶりの得点を決めたデフォーについてララーナは「25歳のジャーメイン・デフォーと一緒にプレーしているようだったよ」と表現し「僕は父に連れられてよく(かつてデフォーが所属していた)ボーンマスの試合を観に行ったんだけど、その時に彼は良く知られているように10試合連続ゴールを決めたんだ。だから(ファンとして見ていた選手と)イングランド代表で一緒にプレーしていることは、どこか信じられかったね」と共演を喜んだ。そして「彼はキャリアでも最高のプレーを見せていて、たくさんのゴールを決めている」と活躍を称賛した。<br><br>予選5試合を終えた時点で、イングランド代表は2位と勝ち点4差をつけ、グループFの首位に立っている。ベテランの復帰と活躍がチームに今後どのような変化をもたらすのかが注目される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.27 18:01 Mon
twitterfacebook
thumb

3年ぶりの代表復帰でゴールを奪ったデフォーにサウスゲイト「今後も招集しない理由はない」

▽イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督が、3年ぶりの代表戦で4年ぶりのゴールを奪ったFWジャーメイン・デフォーを称賛している。 ▽サウスゲイト監督は、プレミアリーグで最下位のサンダーランドに所属しながらも14ゴールを奪う活躍を見せているデフォーをイングランド代表に招集。26日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のリトアニア代表戦で先発起用すると、21分に先制ゴールをマークして2-0の勝利に貢献した。 ▽試合後、サウスゲイト監督はデフォーのパフォーマンスに満足感を示した。 「彼にとっても素晴らしい瞬間だっただろう。チームに加わることを嬉しく思っていると言っていたし、今週は刺激的な毎日を過ごしたはずだ。我々にとっても彼の招集がプラスに働いた。彼のプロ意識は、チームの若手が見習わなければいけないものだ。さらに試合ではゴールを奪った。とても良い影響を与えてくれたと思っている」 ▽イングランド代表の前線では、今回招集されているFWジェイミー・ヴァーディに加え、負傷中のFWハリー・ケインやFWウェイン・ルーニーらがいる。しかしサウスゲイト監督は、今後も調子の良い選手を起用する考えを明かし、デフォーのW杯出場も夢ではないと強調した。 「選手たちの調子には常に目を光らせている。当然ながら、調子が良い選手にチャンスを与えるべきだ。だから私は序列など考えていない。このチームで一緒に成功したいのであれば、誰もが自分のポジションを奪うために戦わなければいけない」 「ケガ人がいる中だったが、デフォーはプレミアリーグで結果を残していたし、今日も素晴らしい活躍だった。今のようなパフォーマンスを続けるのであれば、今後も招集しない理由はない」 2017.03.27 10:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ハート「イングランドのキャプテンを任されたことは誇り」勝利の喜びを語る

現地時間26日に行われたロシア・ワールドカップの欧州予選で、イングランドはリトアニアを2-0で下した。この試合でGKを務めたジョー・ハートが、ウェイン・ルーニー不在に伴い、キャプテンを任された喜びを明らかにしている。<br><br>ハートは『ITV』の取材に応じ、「僕らのキャプテンはウェインであることは十分に承知しているけど、今日は僕がキャプテンを任された。ラストマン・スタンディングということの誇りを覚えたよ」と発言。<br><br>「このチームで主将を務めることに喜びを感じた。イングランドを最高レベルの状態に導けるよう、これからも頑張っていきたい」<br><br>「リトアニア戦では5~6点決めて勝利したかったけど、それは重要なことじゃない。あくまで僕らはロシアW杯に出るために勝ち点を積み重ねる必要がある」<br><br>また、試合後にハートは『インスタグラム』を更新し、「代表チームでキャプテンを任されたことはとても誇るべきこと。そして、勝ち点3を獲得できたことを嬉しく思う。目標はロシアだ」と語り、自身がイングランド代表のキャプテンマークを巻いた写真をアップしている。<br><br>&nbsp;Firstly happy Mother&#39;s Day to all the mothers out there ?? Amazing honour to captain my country today, very proud and very happy with the 3 points. Russia is the goal #??????#kaammoonnn&#39;<br><br>Joe Hartさん(@joehartofficial)がシェアした投稿 - 2017 3月 26 1:16午後 PDT<br><br>イングランドがリトアニア相手に2-0で勝利を収めたW杯予選の一戦は、GKハートにとって主将を任されたことで特別な試合となったようだ。<br><br>●ワールドカップ欧州予選のライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。<br>提供:goal.com 2017.03.27 10:25 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース