ニューカッスルのシーム・デ・ヨング、弟ルーク所属のPSVにレンタル移籍2016.08.23 09:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽PSVは22日、ニューカッスルから元オランダ代表MFシーム・デ・ヨング(27)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽アヤックスでプロキャリアをスタートさせたシーム・デ・ヨングは、在籍7シーズンで公式戦244試合に出場し、80ゴールを記録。4回のエールディビジ優勝や1度のKNVBカップ制覇に貢献した。

▽その後、2014年夏からはニューカッスルでプレー。しかし、アヤックス時代のような輝きを見せられず、在籍2シーズンで公式戦26試合に出場し、わずか2ゴールを挙げるにとどまっていた。

▽なお、PSVにはシーム・デ・ヨングの実の弟であるオランダ代表FWルーク・デ・ヨング(25)が在籍している。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、PSVの若きオランダ代表アタッカーに興味か…すでにクラブに接触とも

マンチェスター・ユナイテッドがオランダ代表FWステフェン・ベルグヴィン(21)の獲得に興味を抱いているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 PSV下部組織出身のベルグヴィンは、2014年にトップチーム昇格。2016-17シーズンから徐々に出場機会を増やし、昨シーズンはエールディビジ32試合8ゴール11アシストを記録してブレイク。今シーズンもここまで同リーグで17試合9ゴール8アシストとハイパフォーマンスを披露している。 今回、伝えられるところによると、ユナイテッドは20日に行われたエールディビジ第18節のエメンvsPSVにスカウトを派遣。すでにPSVにも接触しているようだ。 PSVはベルグヴィンの価値を2700万ポンド(約39億円)と評価。現在、リバプールやトッテナム、バイエルン、インテルといった欧州複数クラブが同選手に注目しており、若きオランダ人アタッカーの獲得に向けて争奪戦になる可能性がありそうだ。 2019.01.27 11:40 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンがPSVの"NEWロッベン"に関心か…ユナイテッドら複数クラブと争奪戦も

バイエルンが、PSVに所属するオランダ代表FWステフェン・ベルグヴィン(21)の獲得に興味を示しているようだ。オランダ『Voetbal International』が伝えている。 バイエルンで長年両ウイングを務めている元フランス代表MFフランク・リベリ―(35)と元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)。しかし、2選手とも今シーズン限りでの退団が有力と各紙が報道しており、クラブが後釜獲得に動いていることも伝えられている。 今回伝えられるところによれば、バイエルンはPSVでブレイク中のベルグヴィンに興味を示しているようだ。しかし、インテルやマンチェスター・ユナイテッド、レバークーゼンも熱視線を送っているという。 2011年にアヤックスユースからPSVユースに移ったベルグヴィンは、2014年にトップチームに昇格。ドリブルを武器に、2016-17シーズンから徐々に出場機会を増やすと、翌年のエールディヴィジでは、32試合で8ゴール11アシストとブレイクを果たした。右利きながら"NEWロッベン"と評されるオランダ代表ドリブラーは、今シーズンもここまでリーグ戦17試合で9ゴール8アシストと圧巻のパフォーマンスを見せている。 ベルグヴィンの現行契約は2022年までであり、PSVはクラブレコードの移籍金での放出を希望している模様。これまでの最高額は2015年にユナイテッドに移籍したメンフィス・デパイであり、金額は3400万ユーロ(現在のレートで約42億5000万円)だ。また、ベルグヴィン当人は冬の移籍は考えていないと表明しており、今年夏の争奪戦が予想される。プレー時間の確保を重視していることも伝えられる中、バイエルンは競争を制することができるのだろうか。 2019.01.26 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ、PSVからDFイジマ=ミランを獲得!

ベシクタシュは6日、PSVからフランス人DFニコラ・イジマ=ミラン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ヴァランシエンヌでプロキャリアをスタートした189cmのセンターバックは、モナコでのプレーを経て2014年にPSVへレンタル移籍で加入。その翌シーズンには完全移籍で正式にオランダ屈指の強豪の一員に。在籍期間を通じて公式戦130試合に出場し6ゴールを記録も、今季は首位を走るチームの中でリーグ戦1試合の出場にとどまっていた。 なお、ベシクタシュでは今冬にポルトガル代表DFペペら一部主力が退団しており、イジマ=ミランには同選手の後釜としての働きが求められる。 2019.01.07 16:56 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ロサーノ獲得レースをリードか

チェルシーが、PSVに所属するメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)獲得競争をリードしているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 今夏に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)で切れ味鋭いドリブルで注目を集めたロサーノ。特に初戦の前回王者ドイツ代表戦では別格のパフォーマンスを披露し、決勝ゴールまで決めてみせた。 そして、最注目株として迎えた今シーズンもここまで公式戦27試合15ゴール8アシストを記録。大会直後に噂された複数ビッグクラブからの関心は現在でも継続して囁かれている。 今回の報道によると、中でも本命になり得ると伝えられているのがチェルシーだ。ロサーノ獲得に向けて、今冬に3900万ユーロ(約48億円)を支払う用意ができているという。また、その他ではミランとナポリが対抗に挙げられている。 チェルシーは先日、同じウイングタイプのアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチをドルトムントから獲得したことを発表。同選手に関して、今シーズン中はレンタルでドルトムントに残すことも伝えられているが、もしロサーノを射止められた場合にはすぐにトップチームに合流させるつもりでいるようだ。 2019.01.04 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

左SB本命不在のPSG、PSVのアンヘリーニョに注目

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、PSVのU-21スペイン代表DFアンヘリーニョ(21)の動向を注視しているようだ。『Get French Football News』が伝えている。 ▽ここまでエールディビジで全17試合でフル出場しているアンヘリーニョ。マンチェスター・シティの下部組織出身の左サイドバックは、ジローナやマジョルカ、ブレダへのレンタル移籍で経験を積みながら、今夏にPSBに完全移籍を果たした。 ▽豊富な運動量とスピード、そして左足から繰り出される精度の高いクロスを武器に、リーグ戦では5アシストを記録。首位を走るPSVで大きな活躍をしている。 ▽以前にはバルセロナも獲得を狙っていたと噂されるアンヘリーニョにPSGが関心。ここまでリーグ戦15勝2分け無敗でリーグ・アン連覇に向けて視界良好のフランスの巨頭だが、実は左サイドバックが手薄。今夏にDFユーリ・ベルチチェをベティスに放出し、代わりにDFフアン・ベルナトをバイエルンから獲得、DFスタンリー・エンソキを下部組織から昇格させたが、両者とも指揮官を満足させるプレーを見せられていない。DFレイヴァン・クルザワに至っては今季開幕をケガで出遅れ、ここまで公式戦出場はなし。 ▽そのため、トーマス・トゥヘル監督は3バックと4バックを併用し策を練っているが、3バックで挑んだリーグ戦第16節と第17節は2試合続けて引き分けており、有能な左サイドバックの到着を心待ちにしている模様だ。 2018.12.29 13:48 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース