ビルバオがFWイバイ・ゴメスと契約解除を発表2016.07.31 00:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビルバオは30日、スペイン人FWイバイ・ゴメス(26)との契約を解除したことをクラブの公式サイトで発表した。

▽スペイン3部のセスタオ・リーベルでプロのキャリアをスタートさせたイバイ・ゴメスは、2009年2月にビルバオのカンテラであるレサマに加入。翌年にビルバオBチーム昇格すると、2010年10月にはトップチームデビュー。2012-13シーズンにはリーグ戦35試合に出場するなど主力としてプレーし、在籍8シーズンで142試合に出場していたが、昨シーズンはバルベルデ監督の構想外となり、リーグ戦5試合の出場にとどまっていた。

▽なお、ビルバオの公式サイトによるとイバイ・ゴメスは31日のトレーニング後に記者会見を行う予定になっている。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、逆転優勝に向けて痛恨の敗戦…敵地サン・マメスに沈む《リーガエスパニョーラ》

アトレティコ・マドリーは16日、リーガエスパニョーラ第28節でビルバオと対戦し、0-2で敗れた。 バルセロナを勝ち点差「7」で追う2位アトレティコ(勝ち点56)が、12位のビルバオ(勝ち点34)の本拠地サン・マメスに乗り込んだ一戦。現在チーグ4連勝中のアトレティコだが、ユベントスとの対戦となったチャンピオンズリーグ・ラウンド16ではFWクリスティアーノ・ロナウドにハットトリックを決められ、2点のアドバンテージを引っくり返され敗退を喫してしまった。 気持ちを切り替えて臨みたい今節は、グリーズマンとジエゴ・コスタ、モラタが揃って先発出場。左サイドバックにはサウールが起用された。 まずはビルバオが4分、右サイドのFKを短く繋いで最後はイバイ・ゴメスがボックス手前右から左足でシュート。これがこの試合のファーストシュートとなったが、それ以降試合は停滞。中盤での潰し合いが続き、2本目のシュートシーンが訪れたのは35分のことだった。 右サイドのスローインからリスタートしたビルバオは、イニャキ・ウィリアムズがワンタッチでボックス右に走り込んだイバイ・ゴメスへ。イバイ・ゴメスはそこからダイレクトで狙ったが、シュートはGKオブラクに弾かれた。 前半終了間際の44分、ここまでシュート0のアトレティコにビッグチャンスが訪れる。トーマスの素晴らしいスルーパスで、グリーズマンが右サイドからボックスに侵攻。あとはシュートを打てればという場面だったが、ジェライ・アルバレスの対応に遭い、シュートを打つことが出来なかった。 ゴールレスで迎えた後半、前半とは打って変わり、互いにシュート回数が増える試合展開に。64分に、右サイドのサン・ホセのクロスを大外から侵入したムニアインが頭で合わせたが、GKオブラクがセーブ。 その後、互いにシュートを重ねるスペクタクル試合を動かしたのはホームのビルバオだった。73分、相手陣内での素早いチェックからボールを奪い、左のコルドバへ。コルドバのゴール前への絶妙なグラウンダーのクロスをイニャキ・ウィリアムズが押し込んで先制した。 互いに交代策を講じる後半戦。功を奏したのはリードしているビルバオだった。85分、ボックス手前右のイバイ・ゴメスのスルーパスを受けたのは途中出場のコドロ。ボックス右に走り込んだコドロはイバイ・ゴメスからのスルーパスをダイレクトでゴールニアサイド上を打ち抜き、試合を決定づける2点目を追加。 試合はこのまま終了。ホームのサン・マメスでアトレティコから勝利を挙げたビルバオはリーグ戦3戦ぶりの白星に。一方のアトレティコは、逆転優勝に向けて痛恨の敗戦となった。 2019.03.17 04:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ビルバオと違約金なしの契約結んだムニアイン「どこにも行きたくない。だから違約金も必要ない」

ビルバオMFイケル・ムニアイン(26)は、絶滅危惧種であるワン・クラブ・マンになる道を歩んでいる。<br><br>昨年の11月にアスレティックとの契約を2024年まで延長したムニアインだが、両者は契約内容に違約金を含めず。リーガ・エスパニョーラにおいて違約金が存在しない契約は、極めて稀である。<br><br>違約金がないことで何にも縛られることなくアスレティックを退団できるムニアインだが、もちろんそんな意思はなく、下部組織から過ごす同クラブでキャリアを終える考えだ。スペイン『パネンカ』とのインタビューで、自身を考えを次のように伝えている。<br><br>「僕は自分の心のチームで、サン・マメスでプレーしている。『どこに行くんだ?』と自分に問いかけてみても、どこにも行きたくはないんだ。だったら、どうして違約金がなくてはいけないんだ?」<br><br>かつてレアル・マドリー移籍などの噂もあったスペイン代表MFだが、愛するアスレティックでビッグチームを打ち負かすことに、大きなモチベーションを感じている様子だ。<br><br>「契約を延長したとき、たくさんの人たちから『どんだけ野心がないんだよ。より大きいクラブへ行って、もっとタイトルを獲得する選択肢もあったはずだ』と言われた。でも、僕は正反対だと思う。全タイトルを狙っているチームを負かす以上に大きな野心はない。それ以上のことがあるのかい?」<br><br> <br>提供:goal.com 2019.03.16 23:59 Sat
twitterfacebook
thumb

38歳となったビルバオFWアドゥリス、今季限りでクラブ退団の可能性も

11日に38歳となったアスレティック・ビルバオFWアリツ・アドゥリスだが、今季限りでクラブを離れるかどうかが注目されている。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>30歳を超えてから下部組織にもいたアスレティックに復帰し、毎シーズン18点以上を記録してきたアドゥリス。11日に38歳となったこの老練なストライカーとアスレティックとの契約は今季限りとなっているが、クラブ側は去就を本人の意思に任せる考えだ。<br><br>アスレティックのスポーツディレクターを務めるラファ・アルコルタ氏は、『マルカ』に対して次のように語っている。<br><br>「アドゥリスについては、一度同じテーブルについて、来季にどうしたいかを彼から聞くことになる。彼に服従しているわけではないが、その輝かしい軌跡と、このクラブで成し遂げてくれたことによって、彼には去就を決定する権利が与えられている」<br><br>なおアドゥリスは今季、怪我に悩まされていることもあって、リーガにおける成績は18試合2得点にとどまっている。しかしその内の1得点では、助走もステップもせず、ただ右足を振り抜くだけでPKを決め切り、PKにおける新たな発明をしたと話題になった。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.12 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシのリーガ連続得点が「8」でストップ…バルサがビルバオの堅守こじ開けられず約1年ぶりのリーガ無得点で公式戦3戦連続ドロー《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第23節、アスレティック・ビルバオvsバルセロナが10日にサン・マメス・バリアで行われ、0-0のドローに終わった。 首位のバルセロナ(勝ち点50)が12位のビルバオ(勝ち点26)のホームに乗り込んだ一戦。前節、バレンシア相手に2点差を追いつくも、リーガの連勝が「8」でストップしたバルセロナ。さらに、直近のコパ・クラシコも1-1のドローに終わり、ホームで2試合連続ドローとなった。 公式戦3試合ぶりの勝利を目指すこの一戦に向けては先発3人を変更。出場停止のジョルディ・アルバに代わってセルジ・ロベルトを起用したほか、負傷のアルトゥールに代わってビダル、マウコムに代わってリーガ8戦連発中のメッシが復帰した。 立ち上がりからボールを保持するバルセロナだが、球際の戦いと攻守の切り替えを全面に押し出すホームチームを相手に苦戦を強いられる。17分にはボックス手前右からカットインしたスサエタに見事な左足のミドルシュートを枠に飛ばされるが、ここはGKテア・シュテーゲンの圧巻のワンハンドセーブで凌ぐ。続く24分にはセットプレーの流れからラウール・ガルシアにアクロバティックなボレーを許すが、これもテア・シュテーゲンが対応した。 何とか前半のうちにゴールをこじ開けたいバルセロナはメッシとスアレスを起点にアタッキングサードの攻略を図るが、周囲との呼吸がなかなか合わず、効果的にフィニッシュまで持ち込むことができず。結局、前半を無失点で終えたものの、決定的な場面を作り出せぬまま45分の戦いを終えた。 迎えた後半、前半以上に相手を自陣に押し込んで優位に試合を運んでいくバルセロナ。しかし、前半同様にクロスやラストパスがなかなか合わず、攻めあぐねる状況が続く。 何とか流れを変えたいバルベルデ監督は63分にビダルを下げてアレーニャを投入。プレー精度に長けたカンテラーノをピッチに送り込み、攻撃に変化を加える。さらに75分には精彩を欠いたコウチーニョを下げて負傷明けの切り札デンベレを2枚目のカードとして切る。 この選手交代で一気に押し切りたいバルセロナだったが、その後も試合展開に大きな変化はなし。逆に、86分にはボックス中央でサン・ホセのパスを受けたイニャキ・ウィリアムズに決定機を許すが、ここはGKテア・シュテーゲンが再び見事なワンハンドセーブで阻んだ。 5分が与えられたアディショナルタイムにはバルセロナのカウンターをハンドで防いだデ・マルコスに2枚目のカードが出されて退場に。わずかな時間ながら数的優位を生かして勝ち切りたいバルセロナだったが、93分にボックス内でデンベレが放ったシュートはGK正面。さらにラストプレーの場面ではボックス内でセメドが相手DFと交錯するもノーファウルの判定でPKは与えられず。 結局、試合はこのままゴールレスでタイムアップ。メッシのリーガでの連続得点が「8」でストップしたバルセロナは、昨年2月のヘタフェ戦以来、リーガエスパニョーラで37試合ぶりの無得点に終わり、公式戦3試合連続ドローとなった。 2019.02.11 06:44 Mon
twitterfacebook
thumb

ソシエダがビルバオにシーズンダブル! 禁断移籍固辞のオヤルサバルが前回対戦に続くゴール!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第22節、レアル・ソシエダvsアスレティック・ビルバオによるバスク・ダービーが2日に行われ、ホームのソシエダが2-1で勝利した。 2019年に入って2勝2分けで9位のレアル・ソシエダ(勝ち点27)と、3勝1分けで11位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点27)による、今季2度目のバスク・ダービー。 新年に入って復調を見せるバスクの両雄による注目の一戦は立ち上がりから拮抗した展開となる。その流れの中で押し気味に試合を運んでいたホームチームが相手のミスを突いて先制に成功する。 16分、相手セットプレーのクリアボールに反応したオヤルサバルがダニ・ガルシアとの競り合いを制して相手陣内を独走すると、エリア外に飛び出したGKも冷静にかわして無人のゴールへ流し込んだ。 昨夏、禁断の移籍も噂されたラ・レアルの10番のゴールでリードを手にしたホームチームはその後もリズムよく試合を進め、ウィリアン・ジョゼらに2点目のチャンスも訪れる。 一方、前半半ばを過ぎて徐々に盛り返したビルバオは30分に同点機。サン・ホセの左からのクロスをゴール右のコルドバが頭で合わすが、これは相手GKルジのワンハンドセーブに阻まれた。 その後も白熱の攻防が繰り広げられたが、前半終了間際にソシエダが突き放す。45分、右サイドからのクロスのこぼれ球に反応したウィリアン・ジョゼがペナルティアーク付近から強烈な右足の反転シュートをゴール右上隅に突き刺した。 迎えた後半、2点を追うビルバオはサン・ホセ、コルドバを下げてベニャト、ラウール・ガルシアをハーフタイム明けに同時投入。立ち上がりからリスクを冒して攻勢を仕掛けていくが、イニャキ・ウィリアムズやムニアインが抑え込まれてなかなかチャンスを作れず。 その後、73分にはベニャトのミドルシュートでようやく惜しい場面を作り出したビルバオは81分にセットプレーの競り合いでイニゴ・マルティネスがラウール・ナバスのエルボーを受けてPKを獲得。ここでキッカーのラウール・ガルシアのシュートはGKルジに一度止められたが、跳ね返りを冷静に蹴り込んで1点を返す。 このゴールで追い上げムード漂うアウェイチームに対してソシエダは守備的な選手交代できっちり対応。GKまで攻撃参加した終盤のパワープレーもしのぎ切って2-1の勝利。3-1で勝利した前回対戦に続く白星を収めてシーズンダブルを決めた。 2019.02.03 02:14 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース