インテル主将のイカルディ、残留希望を表明2016.07.21 16:43 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今夏の去就が取りざたされているインテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(23)が残留を宣言した。

▽イカルディに関しては、アトレティコ・マドリーやナポリ、トッテナムが獲得に興味を持っていることが伝えられており、先日には妻で代理人であるワンダ・ナラ氏とアーセナルが会談することが報じられていた。

▽しかし、イカルディはイタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューで残留を宣言している。

「インテルにいるし、ここでうまくいっている。僕は常に、そう言ってきた」

「2019年までインテルと契約している。インテルが僕のチームだ。周囲は他のことを話さなければならない。プレーを改善して監督にアピールしていきたいと考えている」
コメント
関連ニュース
thumb

インテルに痛手…ケイタが太もものケガで3週間の離脱へ

インテルは16日、FWケイタ・バルデが右大腿部の筋肉に損傷を負ったことを発表した。 ケイタは今週の練習中に同箇所を負傷。インテルは来週中に再び同選手の状態をチェックすると伝えているが、離脱期間は少なくとも3週間以上になりそうだ。 今シーズンにモナコからレンタル移籍で加入したケイタは、ここまで公式戦22試合に出場し4ゴール3アシストの数字を残していた。 2019.01.17 02:34 Thu
twitterfacebook
thumb

セリエAの人種差別問題、伊サッカー連盟会長が厳しい対応へ…“即座に試合中断”を検討

イタリアサッカー連盟(FIGC)のガブリエレ・グラヴィーナ会長が、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、人種差別的なチャントに対する措置について言及した。<br><br>12月26日にジュゼッペ・メアッツァで行われたインテル対ナポリ戦(1-0でインテルが勝利)では、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリに対し、差別的なチャントが絶え間なく浴びせられた。ナポリ側は3度にわたって試合の中断を求めたが、主審は介入せず、差別的チャントはクリバリが2枚目のイエローカードで退場処分を受けた80分まで続いた。クリバリには多方面からサポートの声が届いた一方で、スタジアム内における人種差別が改めて問題視された。<br><br>グラヴィーナ会長は今後、人種差別的なチャントに対して厳しい措置をとることを検討している。インテル対ナポリ戦終了後、ナポリのカルロ・アンチェロッティ監督が要求していた通り、即座に試合を中断する可能性を示唆した。<br><br>「FIGCはFIFAおよびUEFA(欧州サッカー連盟)の指示を仰がなければならない。月末の会議では、試合中断に至る手続きの簡略化を進める。スピーカーによる放送と同時に試合を一時的に中断し、両チームはピッチの中央に集合する。もしチャントが続くようであれば、選手らはロッカールームへ戻る。その時点で警備責任者が試合を中止するか、再開するかを決める。5万人の観客を帰すかどうかの責任を主審に負わせることは考えられない。連邦検事局の協力者や内務省の責任者もいるので、彼らが第4審に指示し、手続きをとることになる」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 20:38 Wed
twitterfacebook
thumb

ベティスがインテルの「10」に関心…乾は資金捻出のため売却か

ベティスが、インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(21)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 昨夏にラシン・クラブ(アルゼンチン1部)から2500万ユーロ(現在のレートで約31億円)でインテルに加入したL・マルティネス。背番号「10」を背負うなど期待されていたが、蓋を開けてみれば公式戦16試合で5ゴール。先発はわずか5試合と期待されたような活躍はできていない。 完全にバックアッパーとみなされているL・マルティネスだが、ジュゼッペ・メアッツァを離れるのは容易ではないという。ベティスはすでにインテルとコンタクトを取り、買取りオプション付きのレンタルでの獲得を提案しているものの、難しい交渉になると同メディは予想している。 それでも、絶対的エースを欠くロス・ベティコは今冬の移籍市場締め切りのギリギリまで、インテルからの返答を待つつもりのようだ。 一方で、L・マルティネス獲得に漕ぎ着けても、その多額の移籍金と年俸がネックになると指摘するメディアもあり、そうなった場合、戦力外の一人と数えられているMF乾貴士が資金捻出のため売却される可能性が高いと見られている。 2019.01.16 16:56 Wed
twitterfacebook
thumb

カッサーノが大いに語る…人種差別、サッカー、そして将来「俺の問題は頭だった」

元イタリア代表のアントニオ・カッサーノが13日、イタリアメディア『スカイスポーツ』の番組に出演し、サッカーにおける差別問題や自身の夢などについて語った。<br><br>■差別の標的はバロテッリからクリバリへ12月26日に行われたインテル対ナポリ戦(1-0でインテルが勝利)では、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリに対して終始、差別的なチャントが行われて波紋を呼んだ。カッサーノはサッカー界における人種差別問題について自身の考えを述べた。<br><br>「俺は今でも理解できない。白人、黒人、黄色人種であれ、俺らは皆、同じなんだ。残念ながら有色人種のサッカー選手がターゲットにされてしまうことがある。今はクリバリだが、過去には(マリオ)バロテッリや(ケヴィン・プリンス)ボアテングが標的になった。俺はその理由が分からない。イタリアに人種差別はないと言われるけど、俺はあると思う。なんとなくだが、イタリアは人種差別的な国だという印象を感じる」<br><br>■セリエA初ゴールの瞬間まで考えていたこと続いてカッサーノは自身のキャリアを振り返り、セリエA初ゴールを決めた1999年12月のインテル戦(2-1でバーリが勝利)を回想した。<br><br>「自分のゴールの瞬間まで、『(先制点を決めたウーゴ)エニンナヤは同い年なのに有名になろうとしている。俺も素晴らしい試合をしたと思うが、まだ得点を挙げられないでいる』なんて考えていたよ。運命の女神は、(シモーネ)ペッロッタに人生で唯一の完璧なロングパスをさせることを望んだ。俺は自分の仕事をし、ゴールが決まった。運だけではなく、母なる自然が俺に授けてくれた才能のおかげでもあった。俺の問題は頭。こんな感じだからね」<br><br>昨年10月に現役引退を発表したカッサーノだが、今後はサッカー界へ戻ることを検討している。「来シーズンからサッカー界へ戻って仕事をしたいと思っている。例えばスカウトとかスポーツディレクターができたら良いな」と意欲を語った。最後に自身の夢については、「(リオネル)メッシが代表で優勝するのを見届けることだよ」と明かしている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.15 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル指揮官スパレッティ、シュクリニアルの残留を強調「誰も手が出せない金額」

インテルの指揮官ルチアーノ・スパレッティが13日、移籍市場などについて言及した。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。<br><br>インテルは13日、コッパ・イタリア5回戦で日英ハーフのMFサイ・ゴダードが所属するセリエBベネヴェントと対戦。インテルは前半から3点のリードを奪うなど力の差を見せつけ、6-3で勝利を収めた。スパレッティはこの日、控えメンバーを多数起用していたが、パフォーマンスに満足している。<br><br>「どの選手も準備ができていた。私が期待していた通りの成熟度を見せてくれた。このような試合では、集中力を欠き、クオリティが下がる危険性があるが、選手たちはこのようなパフォーマンスを見せてくれて素晴らしかった。だがベネヴェントにも称賛を送りたい」<br><br>続いて指揮官は、移籍市場について言及。注目される23歳のスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルに対するオファーをけん制した。<br><br>「ミランはここに残る。彼は誰も手が出せない金額だからね。契約更新に関しては、すべての選手に対して平等に扱うことが重要だが、別格の王者や秀でたパーソナリティやクオリティを持つ選手は別の話になる。ミランダについて?こんな(退団が濃厚という)話を出す者がインテルを弱くする。私は何も彼から聞いていないし、練習では常に真面目なプロフェッショナルな姿を見せている」<br><br>提供:goal.com 2019.01.14 14:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース