セルビア代表MFクルスティチッチが契約解消でサンプドリア退団2016.07.18 23:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンプドリアは18日、同クラブに所属するセルビア代表MFネナド・クルスティチッチ(26)の契約を解消し、退団したことを発表した。

▽2008年夏にOFKベオグラードからサンプドリアに18歳で移籍したクルスティチッチはセントラルMFを主戦場にプレー。トップチームデビュー後の6シーズンで公式戦101試合に出場し、3ゴールをマークしていた。2013-14シーズンはセリエAで32試合に出場して主力として活躍していたが、その後はケガもあって出場機会を減らし、2015年冬にはボローニャへレンタル移籍していた。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズ、デンマーク代表CBアンデルセン獲得でサンプと基本合意

トッテナムがサンプドリアに所属するデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(22)の獲得に向けて基本合意に至ったようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 デンマーク出身もオランダのトゥベンテでプロキャリアをスタートしたアンデルセンは192cmの長身センターバック。2015-16シーズンからトップチームで出場機会を増やすと、2017年にサンプドリアへ加入。加入1年目となった昨シーズンはリーグ戦8試合の出場に留まったが、今季はマルコ・ジャンパオロ監督の採用する特殊なゾーンディフェンスに順応。持ち味のパワフルな対人守備や守備的MFでもプレー可能な足下の技術を生かしてリーグ戦27試合に出場している。 イタリア国内でユベントス、インテルも獲得に関心を示す逸材DFに関して昨年夏の段階から獲得の噂があったトッテナムは、先月に入って具体的な交渉をスタート。 そして、『トゥットスポルト』が伝えるところによれば、2500万ユーロ(約31億5000万円)の条件で基本合意に至ったようだ。ただ、個人間の交渉を含めて移籍成立に向けては幾つかの段階を踏む必要がある模様だ。 なお、トッテナムではベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトの今夏の去就が不透明な一方、定期的に3バックも採用しているため、アンデルセンがベルギー代表DFの後釜になるか、純粋な補強となるかは不明だ。 2019.03.15 05:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ナインゴランの決勝弾でサンプに競り勝ったインテルがセリエA10戦ぶり複数得点で公式戦3連勝!《セリエA》

セリエA第24節、インテルvsサンプドリアが17日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが2-1で勝利した。 前節、パルマ相手に辛勝した3位のインテルは公式戦の連敗を「3」でストップ。しかし、今週ミッドウィークにはイカルディのキャプテン剥奪、GKハンダノビッチの新キャプテン就任、イカルディの招集メンバー入り拒否とチーム状況は混沌を極める。幸い、直近のヨーロッパリーグ(EL)のラピド・ウィーン戦ではラウタロ・マルティネスの公式戦2試合連続ゴールで1-0の先勝。 9位のサンプドリアをホームで迎え撃ったこの一戦に向けては先発5人を変更。デ・フライを除く最終ラインにシュクリアニル、ダンブロージオ、ダウベルト・エンリケ、セントラルMFにブロゾビッチ、ガリアルディーニを起用。前線はポリターノ、ナインゴラン、ペリシッチの2列目にラウタロ・マルティネスが引き続き最前線で起用された。 互いに集中した入りを見せた中、最初の決定機はインテルに訪れる。4分、ブロゾビッチの左CKをニアに飛び込んだペリシッチが頭で合わすが、これはGKアウデーロにはじき出された。 その後はGKから丁寧にショートパスを繋いで前進を図るアウェイチームに対して、インテルが前線からの積極的なプレッシングで応戦する互いの特徴が出る攻防に。 その流れの中でインテルは30分、ペナルティアーク付近でラウタロの落としに反応したナインゴランがミドルシュートも枠の左。続く36分にはペリシッチのグラウンダーのシュートをGKアウデーロの股間を抜くが、ゴールライン手前でカバーされる。 さらに前半アディショナルタイムにはセットプレーの流れからシュクリニアルが豪快ボレーでネットを揺らすが、ここはその前のプレーに関与したダンブロージオがオフサイドとなり、ゴールは認められず。 結局、ゴールレスで折り返した試合は後半立ち上がりにサンプドリアにビッグチャンス。46分、カウンターからボックス右でスルーパスを受けたデフレルが右足を強振。だが、このシュートはGKハンダノビッチが見事な反応ではじき出す。 一方、後半も徐々に攻撃のギアを上げていくインテルは54分に最初の決定機。ボックス左で巧みな切り返しでDFを振り切ったペリシッチがグラウンダーで折り返すと、これに反応したラウタロ、ガリアルディーニが押し込みにかかるが、ここはDFとGKの身体を張った守備に阻まれた。 時間の経過と共に押し込む時間が増えるインテルは59分にガリアルディーニを下げてジョアン・マリオ、69分にはポリターノに代えてカンドレーバを続けてピッチに送り出す。72分にはブロゾビッチのスルーパスに反応したペリシッチがボックス左からダイレクトシュートを枠に飛ばすが、GKアウデーロのワンハンドセーブに遭う。だが、直後の73分にはボックス左で仕掛けたペリシッチからのグラウンダークロスをゴール前に飛び込んだダンブロージオがワンタッチで流し込み、攻勢の中で待望の先制点を奪う。 劣勢を耐えきれずに失点したサンプドリアは失点直後にサポナーラを下げてガッビアディーニを投入すると、この交代策が完璧にハマる。75分、ボックス内で粘ったリネティが潰れると、ルーズボールを奪い返したガッビアディーニが冷静にゴール右隅へ流し込み、すぐさま試合を振り出しに戻した。 先制からわずか2分で追いつかれたインテルだったが、こちらもすぐさま反発を見せる。78分、右CKの流れからボックス手前でクリアボールに反応したナインゴランが抑えの利いた右足のダイレクトシュートを放つと、これがゴール左隅の絶妙なコースに決まった。 リーグ戦10試合ぶりの複数得点で再び優位に立ったインテルはここから守備を固めながらカウンターで追加点を狙う戦い方にシフト。幾度か迎えたカウンターチャンスを決め切れない中、試合最終盤には相手のパワープレーに防戦一方の展開を強いられたが、新主将のハンダノビッチを中心に何とか凌ぎ切って2-1の勝利。難敵相手に競り勝ったインテルは公式戦3連勝を飾っている。 2019.02.18 04:04 Mon
twitterfacebook
thumb

ゴディン&リュカ放出危機のアトレティコ、後釜はセリエAから?

アトレティコ・マドリーが、ローマのセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフ(33)とサンプドリアのヨアキム・アンデルセン(22)の獲得に動く可能性があるようだ。イタリア『Leggo』の情報をもとにスペイン『アス』が伝えた。 ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(32)の契約が今シーズン限りとなっているアトレティコは、フランス代表DFリュカ・エルナンデス(22)にもバイエルンから触手が伸びており、守備の要を一気に2人も失ってしまう危機に瀕している。 そこでロヒブランコスは、代役としてセリエAで活躍するベテランと若き才能に目を付けた。 "悪魔の左足"の異名を持つコラロフは2017年にローマへ加入。加入初年度から公式戦47試合に出場し、チームのチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出などに貢献した。今シーズンもここまで20試合に出場し、DFながら5得点を記録している。 一方、アンデルセンは192cmの恵まれた体格に加えパワフルな対人守備や足下の技術を兼ね備えているセンターバックだ。2017年にサンプドリアに加入したが、加入1年目となった昨シーズンはリーグ戦8試合の出場に留まった。しかし、今シーズンはマルコ・ジャンパオロ監督の採用する特殊なゾーンディフェンスに順応し、ここまでのリーグ戦21試合に出場。トットナムなどが関心を示す注目株に成長している。 2019.02.07 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ハムシク復帰のナポリがサンプに快勝! クアリアレッラは12戦連続ゴールならず《セリエA》

ナポリは2日、セリエA第22節でサンプドリアをホームに迎え、3-0で快勝した。 前節ミラン戦を相手の堅守を崩せずにゴールレスドローに終わった2位ナポリ(勝ち点48)は、4日前に行われたコッパ・イタリア準々決勝ではミランとの再戦を敗れた中、ケガ明けのハムシクが先発に戻った。 セリエAタイ記録の11試合連続ゴールに並んだクアリアレッラ擁する6位サンプドリア(勝ち点33)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだナポリは2トップにインシーニェとミリク、右サイドにカジェホン、左にジエリンスキ、ボランチにハムシクとアランを並べた。 そのナポリが立ち上がりからボールを保持するも、シュートに持ち込めずにいると、17分にガストン・ラミレスに際どいヘディングシュートを浴びてしまう。 それでも25分、ハムシクの正確なフィードを受けた右サイドのカジェホンが正確なクロスを送ると、ミリクが押し込んでナポリが先制した。さらに1分後、カジェホンのスルーパスでボックス右に侵入したインシーニェがゴール左に蹴り込んで、一気にリードを広げた 2点を追うサンプドリアは33分、クアリアレッラに決定機が訪れるも、ボックス右からのボレーシュートは枠を捉えきれない。 ハーフタイムにかけても押し込むナポリは39分、マリオ・ルイが際どいミドルシュートを浴びせ、2点をリードしたまま後半へ折り返した。 後半もナポリがボールを持って試合を進める中、サンプドリアはサポナーラと今冬サウサンプトンから復帰したガッビアディーニを投入して流れを変えにかかる。 すると72分、ナポリはベレシュインスキに際どいミドルシュートを打たれてしまう。逃げ切りを図るナポリはハムシクをお役御免としてA・ディアワラを投入。 そして87分、ジエリンスキのミドルシュートがボックスぎりぎりの位置のアンデルセンの手に当たると、VARの末にPKを獲得。これをヴェルディが決めて3-0としたナポリが快勝で勝利を取り戻している。 2019.02.03 04:00 Sun
twitterfacebook
thumb

宇佐美デュッセルドルフ、サンプからポーランド代表FWコフナツキを買い取りOP付きレンタルで獲得

FW宇佐美貴史の所属するデュッセルドルフは1月31日、サンプドリアのポーランド代表FWダヴィド・コフナツキ(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ドイツ『キッカー』によれば買い取る際にかかる移籍金は500万ユーロ(約6億2000万円)とのことだ。 2017年7月にレフ・ポズナンからサンプドリアに400万ユーロで加入したストライカーのコフナツキは、昨季はセリエAで22試合に出場して5ゴールを挙げたが、今季は13試合の出場で1ゴールと苦戦していた。 2018年3月にデビューしたポーランド代表では4試合に出場して1ゴールをマークしている。 2019.02.01 01:28 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース