サウサンプトン、バイエルンからデンマーク代表MFホイビュルクを獲得2016.07.12 06:22 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サウサンプトンは11日、バイエルンのデンマーク代表MFピエール・ホイビュルク(20)を獲得したことを発表した。契約期間は5年で移籍金は非公表だが、イギリス『BBC』は1280万ポンド(約17億円)とのことだ。

▽2012年にブロンビーからバイエルンの下部組織に入団したホイビュルクは、翌年にトップチームデビュー。その後、実戦経験を積むため2015年冬にアウグスブルクへレンタル移籍し、2015-16シーズンはシャルケへレンタル移籍していた。そのシャルケではブンデスリーガ中盤の複数ポジションをこなせるユーティリティ性を生かしてブンデスリーガで23試合に出場していた。

▽サウサンプトンへの加入を果たしたホイビュルクはクラブの公式サイトで次のように話している。

「大きなチャンスをもらえてとても嬉しいよ。僕が持っているものを全て出し切りたい。クラブが僕を獲得したことが間違いじゃなかったことを証明したい。クラブの信頼に応えるためにもね」

▽日本代表DF吉田麻也も所属するサウサンプトンは、新シーズンからクロード・ピュエル新監督が指揮を執る。新戦力としてはノリッジからFWネイサン・レドモンドを獲得しており、ホイビュルクは2人目の補強となった。
コメント
関連ニュース
thumb

2ゴールのシャルケMF、結果に失望も誇り「戦前に僕らを信じていた人はいなかった」

シャルケMFナビル・ベンタレブは、マンチェスター・シティ戦を振り返った。<br><br>20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、マンチェスター・Cと対戦したシャルケ。先制点は許すも前半のうちにベンタレブの2本のPKで逆転し、さらに相手が退場者を出すなど優位に立つ。しかし終盤に逆転を許し、2-3と敗戦を喫した。<br><br>試合後、ベンタレブは結果に失望しつつも、戦前の予想を覆したことには誇りを持っていると語った。<br><br>「残念な結果だよ。でも、この試合の前に僕らを信じていた人はいなかったし、マンチェスター・C相手にリードして前半を終えると信じていた人もいなかっただろう。いくつか後悔があったとしても、誇りに思うことができる」<br><br>「3つのミスを犯した。このような大会、相手に大きな代償を支払うことになったね。僕らは自らを証明し、相手に問題を引き起こす自信があった。85分間は良いプランを実行できた」<br><br>「セカンドレグは戦わなければならない。僕らは不利な状況だ。だが、自分たちを信じて、200%で戦う必要がある。それから、何が起こるか見てみよう」<br><br>セカンドレグは3月12日、マンチェスター・Cのホームで行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 16:33 Thu
twitterfacebook
thumb

33歳シャルケ指揮官、シティ戦逆転負けにひどく落胆「もっと賢くならないと…」

シャルケのドメニコ・テデスコ監督が、マンチェスター・シティ戦を振り返った。『UEFA』公式サイトが伝えている。<br><br>20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、マンチェスター・Cと対戦したシャルケ。先制点は許すも前半のうちに逆転し、さらに相手が退場者を出すなど優位に立つ。しかし終盤に逆転を許し、2-3と敗戦を喫した。<br><br>試合後、テデスコ監督は落胆した様子を見せた。<br><br>「結果に本当に失望しているのは明らかだ。前半は特にうまくいっていた。より良い結果に値したと思う。今季運がなかった数回の内の1つだ。我々は試合に入り込み、ファンもそうだった。今日指揮するのは楽しかったよ」<br><br>「深い位置にまで押し込まれているのはわかっていたし、被カウンターの場面でお粗末だった。そして終盤のゴールは悲痛なものだ」<br><br>「賢さ、我々はもっと賢くなる必要がある。見当違いのパスやミスはひどすぎた。それを続ける余裕はないんだ」<br><br>ホームで3点を奪われて逆転負けを喫したシャルケ。33歳の青年指揮官は、3月12日に行われる敵地でのセカンドレグで、どのように勝利を目指すのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 15:38 Thu
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、シャルケに苦戦して昨季を回顧「アンフィールドの時のような…」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、チームの見せたパフォーマンスに満足感を示している。『BTスポーツ』が伝えた。<br><br>シティは20日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでシャルケと対戦。数的不利で一時はビハインドも背負ったが、終盤に逆転し、3-2で先勝した。グアルディオラはこのように試合を振り返っている。<br><br>「本当にいいスタートを切ったが、まだ簡単にボールを失いすぎだ。この大会では許されない。後半は信じられないパーソナリティを発揮してくれたがね」<br><br>「昨季、アンフィールドで0-3と負けた時のようだった。2ゴールを許し、我々は何もできなかった。試合はレロイ(サネ)のクオリティに助けられたね」<br><br>一方、シャルケのドメニコ・テデスコ監督は結果に失望していると話し、「もっとクレバーに戦う必要があった。誤ったひどいパスが多くなり、そうなってしまえば勝つことは難しい」とミスを悔やんだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2019.02.21 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

古巣凱旋で同点FK弾! ザネ「僕が居た頃と同じように素晴らしい雰囲気」

マンチェスター・シティに所属するドイツ代表FWレロイ・ザネが、古巣・シャルケ戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えている。 シティは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでシャルケと敵地で対戦した。10年ぶり4度目の対戦となった一戦は、18分にアグエロが決めて、幸先良く先制する。しかし、38分と45分に連続してシャルケにPKを与えてしまい、前半に逆転を許してしまう。するとシティは78分にザネを投入。迎えた85分、ボックス手前でFKを獲得すると、ザネが左足を振り抜き、ボールをゴール右隅へ突き刺した。その後シティは、スターリングのゴールで3-2と劇的逆転勝利を挙げた。 ユース時代を含めれば2011年から2016年8月までシャルケに在籍していたザネ。試合後、ヴェルティンス・アレーナの雰囲気が昔と変わらず良いものであったとコメントし、古巣戦を振り返った。 「多くの意味がある試合だった。シャルケ、特にファンには少し申し訳ない。僕が居たころと同じように素晴らしい雰囲気だったからね。シャルケは本当にうまくやっていた。彼らの守備が僕らの試合を難しくさせた」 「それでも僕らは決して諦めなかったね。常に前進し、戦い続けた。僕らはチームのクオリティがどれほどのものかを理解しているし、常にチャンスを作ることができる。たとえそれが僕らにとってのベストゲームではなかったとしても、最終的にゴールを奪えるんだからね」 2019.02.21 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:シャルケ 2-3 マンチェスター・シティ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、シャルケvsマンチェスター・シティが20日にヴェルティンス・アレーナで行われ、アウェイのシティが3-2で先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽シャルケ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190221_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 フェールマン 4.5 2番手に降格した中、指揮官の温情采配で先発も不用意なパスで失点に関与。ミスを引きずらずにその後は盛り返すも3失点 DF 18 カリジウリ 5.5 献身的に守備をこなしつつ1本目のPK奪取に繋がるシュートを放つ。気迫と運動量は見事 27 ブルマ 5.5 味方と声をかけながら中央のスペースを献身的に埋めた。球際の勝負でも譲らず 26 S・サネ 5.5 責任の大部分はフェールマンにあるが、自身のロストから失点に関与。それでも、身体を張った守備と2本目のPK奪取でミスを取り返す 5 ナスタシッチ 6.0 古巣対戦で奮闘。不用意につり出される場面もあったが、泥臭く身体を投げ出すなど良く粘った 24 オチプカ 5.0 守備の局面でハードワーク。機動力を生かして相手の突破に食らいついたが、最後にスターリングに出し抜かれた MF 2 マッキーニー 6.5 豊富な運動力と球際の粘り、縦への推進力を武器に攻守両面でチームにスイッチを入れた (→スクルツィブスキ -) 8 セルダー 5.5 流動的な相手中盤の動きに対して劣勢を強いられたが、危険なスペースは何とか埋めていた 10 ベンタレブ 6.5 プレッシャーのかかる2つのPKを冷静に決め切った。流れの中でも献身的な守備と持ち味のキープ力で存在感を示した 3 メンディル 5.5 本職左サイドバックも身体能力を生かした守備とスプリント能力を買われて一列前でプレー。攻守両面で求められた役割はこなした (→ブルクシュタラー 5.5) 攻撃面で目立った仕事はなかったが、オタメンディを退場に追い込む FW 7 ウート 5.5 前線で孤立する場面が多かったが、要所でフィニッシュに絡む。前線からの献身的な守備も光った (→アリ -) 監督 テデスコ 5.0 現実的なプランで相手を追い詰めたが、数的優位になったことで全体の意識を統一し切れず ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190221_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 6.0 PKによる2失点は致し方なし。それ以外にピンチはほぼなかったが、相手カウンターのケアを怠らず。最後に見事なフィードで決勝点をアシスト DF 2 ウォーカー 5.5 3バックの右と右サイドバックで堅実なプレーを続けた 25 フェルナンジーニョ 5.0 やや不用意な対応でPK献上。センターバックとセントラルMFの2つの役割をそつなくこなした 30 オタメンディ 4.0 やや厳しい判定もハンドでPK献上に2つのカードで退場。2失点目に繋がるFKを与えた場面も自身のパスミスの流れからだった 14 ラポルテ 5.5 3バックの左と左サイドバックでプレー。安定したビルドアップへの貢献に加え守備も安定 MF 17 デ・ブライネ 5.5 1失点目のPKに繋がるボールロスト。それ以外の場面ではボールのオン・オフに限らずプレー精度はまずまず (→ジンチェンコ -) 8 ギュンドアン 5.5 かつての宿敵相手に気迫を見せたが、なかなか攻撃にスイッチを入れるようなプレーは見せられず 21 シルバ 6.0 先制点をアシスト。アグエロとのコンビプレーで局面の打開を図った (→コンパニ 5.5) 数的不利の中で緊急出動。ベテランらしく傷口を広げないゲームコントロールを見せた FW 20 ベルナルド・シウバ 6.0 フィニッシュの局面で仕事は果たせなかったが、要所で攻撃の良いアクセントになった 10 アグエロ 6.0 抜け目ないポジショニングで先制点を記録。相手の堅固なブロックに対して揺さぶりをかけ続けた (→ザネ 6.5) 圧巻の直接FKでチームを救う華々しい凱旋試合に 7 スターリング 6.5 見事な決定力で決勝点を奪取。相手のカバーリングを打ち破れなかったが、得意の仕掛けから必ず1人は剥がしていた 監督 グアルディオラ 5.5 失点はいずれもPKだったが、負けてもおかしくない苦境に陥った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ザネ(マンチェスター・シティ) 敗色濃厚の中でチームを救うスーパーフリーキックを決めた。古巣初対戦で様々な思いがよぎった中でプロフェッショナルに徹したその姿勢は見事だった。 シャルケ 2-3 マンチェスター・シティ 【シャルケ】 ベンタレブ(前38[PK]) ベンタレブ(前45[PK]) 【マンチェスター・シティ】 アグエロ(前18) ザネ(後40) スターリング(後45) 2019.02.21 07:14 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース