昇格クロトーネが元イタリア代表FWパッラディーノと契約を2年更新2016.07.08 00:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽新シーズンよりセリエAに昇格するクロトーネは7日、元イタリア代表FWラファエレ・パッラディーノ(32)と2018年6月30日までとなる2年契約を締結したことを発表した。

▽2015年夏にパルマからクロトーネに移籍したパッラディーノは2015-16シーズン、セリエBで22試合に出場し4ゴールをマーク。シーズン終盤に活躍を見せ、セリエAへ自動昇格できる2位となったチームの一員として存在感を示していた。

▽ユベントスの下部組織出身であるパッラディーノは、ストライカーやウインガーとしてプレー。2007年にロベルト・ドナドーニ監督率いるイタリア代表でデビューを果たしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京、“法政のメッシ”を獲得! 来季加入内定

FC東京は22日、法政大学に在学するMF紺野和也(21)の来シーズン加入内定を発表した。 紺野は身長161㎝、体重58kgの左利きMF。“法政のメッシ”としても注目を集める逸材で、ボールを前に運ぶ推進力や、ゴール前での得点に絡むプレーが魅力だ。加入内定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「来シーズンから東京に加入することになった紺野和也です。東京というビッグクラブでプロのキャリアをスタートできることにとても喜びを感じています。今まで自分を支えてくれた全ての人に感謝し、これから恩返しをしていきたいと思います。東京の勝利に貢献できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2019.02.22 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

クリバリ代理人「重要なステージからオファーが届いたら…」

ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)の代理人が口を開いた。イギリス『メトロ』が報じた。 セリエA屈指のセンターバックとして評価を高めるクリバリ。ナポリは9000万ポンド(約129億9000万円)以上の値をつける強硬姿勢を際立たせており、マンチェスター・ユナイテッドやユベントスをはじめとする有力クラブの関心を断ち切ろうとしている。 ただ、クリバリを巡ってはユナイテッド行き希望の報道も…。代理人を務めるブルーノ・サティン氏はイタリア『Radio Kiss Kiss』でクリバリの去就について、「重要なステージ」からオファーが届いた場合、移籍の可能性と主張した。 「クリバリがユベントスに? 彼はナポリのクラブと街にすごく密接だ」 「だから、ユベントスに行くために彼らを裏切ることは絶対にないはずさ。でも、プロの選手であることも忘れちゃダメだ」 「選手に重要なステージでプレーするチャンスが巡ってきたら、話は聞く。彼がいくらナポリと密接な関係であってもね」 クリバリは2014年夏、ヘンクからナポリに加入。今シーズンも鉄壁のセンターバックとして活躍を続けており、公式戦32試合に出場している。 2019.02.22 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

サッリ、ローマ行き噂に「無論、ノー」

チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督(60)がローマ行きを完全否定した。イギリス『BBC』が報じた。 今シーズンからチェルシーを率いるサッリ監督はシーズンが進むに連れて、イタリア代表MFジョルジーニョを軸としたポゼッションスタイルは相手に対応され、プレミアリーグでチャンピオンズリーグ出場圏外の6位に転落。チェルシー監督更迭説が加熱している。 そうしたなか、イギリス『スカイ・スポーツ』が先日、サッリ側とローマの接触を報道。さらに、チェルシーは既にジネディーヌ・ジダン氏やフランク・ランパード氏を後任として模索しているとみられ、サッリ監督の去就が騒がしくなっている。 だが、サッリ監督はチェルシー監督続投を主張した。21日にホームで行われたマルメとのヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の2nd終了後、ローマ行きの可能性について問われると、次のように返答した。 「無論、ノーだ。私はチェルシーとの契約が来シーズンもある。従って、不可能だ」 2019.02.22 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォード、2025年まで契約延長か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)に長期契約延長の可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が報じた。 オーレ・グンナー・スールシャール暫定体制下でストライカーとして、さらなる進化を遂げたラッシュフォード。来シーズン限りで失効する契約の行方に多くの注目が集まっているが、延長間近に迫っているという。 ユナイテッドは将来を担う存在として期待を寄せるラッシュフォードに対して、新たに5年の延長オファーを提示。実現すれば、ラッシュフォードは2025年までユナイテッドでプレーすることになる。 ラッシュフォードはユナイテッド下部組織出身で、2015-16シーズンにトップチームデビュー。背番号「10」を継承した今シーズンはここまで公式戦32試合10得点8アシストを記録している。 2019.02.22 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ジョビンコ、アル・ヒラル移籍の理由は“新たな挑戦”

1月にメジャーリーグサッカー(MLS)のトロントからサウジアラビアのアル・ヒラルへ移籍した元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(32)が移籍を決断した理由を語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 2015年1月にユベントスからトロントへ加入したジョビンコは、在籍4年間で公式戦142試合に出場83ゴール51アシストをマーク。2015年シーズンには年間最優秀選手賞、最優秀新人賞、得点王、アシスト王の個人4冠を達成。 2018年シーズンもチームの主力としてリーグ戦28試合に出場し13ゴールを記録したが、新天地にはサウジアラビアを選択した。 アル・ヒラルでの年俸は1000ユーロ(約12億5000万円)と噂されているジョビンコだが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで移籍の理由はお金ではなく、新たな挑戦だったを明かした。 「ヨーロッパ、アメリカ、サウジアラビアでリーグ優勝を飾った選手はまだいないんだ。僕はそれを達成する最初の人物になりたい。僕は新たな挑戦をすることが大好きなんだ。そしてそれがここに来た理由さ」 「トロントとは10月上旬に更新の話し合いを行っていたんだ。だけど、彼らが提示した条件に僕は失望したよ。彼らにはリスペクトがなかった」 「リヤドは気候に僕は驚いたよ。27℃もあるんだ。まるで夏みたいだね。でもトロントの寒さに比べればこっちのほうが悪くないよ」 「あと、ここはとてもサッカーの人気が高いんだ。アル・ヒラルには800万人以上のサポーターがいて、イタリアのトップチームにいるみたいに感じるよ」 なお、アル・ヒラルは2019年のAFCチャンピオンズリーグにも出場。西地区のグループCに入っており、日本代表MF塩谷司が所属するUAEのアル・アインや今冬に日本代表MF中島翔哉が加入したアル・ドゥハイル、イランのエステグラルと同居している。 2019.02.22 01:00 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース