7月1日にリオ五輪メンバー発表…注目の「託す人、託される人」を考察2016.06.30 20:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽29日に、U-23南アフリカ代表との五輪前最後の国内強化試合を終えたU-23日本代表。8月3日に開幕するリオ・デ・ジャネイロ・オリンピック(リオ五輪)に向けてのメンバーが、7月1日に発表される。

▽リオ五輪に登録できるメンバーは18名。しかし、既に内定が発表されているFW興梠慎三(浦和レッズ)、DF塩谷司(サンフレッチェ広島)、DF藤春廣輝(ガンバ大阪)の3名が入ることを考えると、15名しか選出されないと考えられる。29日に行われた南アフリカ戦に向けて招集されたメンバーは21名。さらに、AFC U-23選手権やトゥーロン国際大会に招集されてきたメンバーを含めると、15人の枠に対して倍以上の候補が居ることになる。そこで、今回は招集されるメンバー18名を考察してみた。

◆オーバーエイジ3名は確定
Getty Images
▽まず、前述の通り、FW興梠、DF塩谷、DF藤春のオーバーエイジ3名は確定と見て良いだろう。現状3選手は負傷もしておらず、クラブチームでもプレー。特に塩谷は得点力も発揮するなど好調を維持。興梠も得点を重ねている。手倉森監督も3名には期待を寄せているコメントを残しているだけに、しっかりと戦力として計算されているはずだ。

◆これまで通りGKは2枠
Getty Images
◎櫛引政敏(鹿島アントラーズ)
◎中村航輔(柏レイソル)
△杉本大地(徳島ヴォルティス)

▽続いて、GKだ。これまでの五輪を見ても、このポジションは2名が選出されている。世代別の日本代表で正守護神の座を守り続けてきたGK櫛引政敏は確定と見て良いだろう。五輪開催のシーズンに清水エスパルスから期限付き移籍で鹿島へと移籍したことでリーグ戦の出場機会はなかったものの、この世代でのポジションを譲ることはなさそうだ。

▽そして、2人目にはGK中村航輔が入ると見る。昨シーズンはアビスパ福岡で守護神として躍動し、チームのJ1昇格に貢献。今シーズンは柏に復帰すると、守護神の座を掴み、持ち前の反射神経と得意のキックで大きな役割を担う。次点は、櫛引とともにこの世代で招集され続けていたGK杉本大地か。

◆負傷者続出のディフェンスライン
Getty Images
◎塩谷司(サンフレッチェ広島)※
◎藤春廣輝(ガンバ大阪)※
◎植田直通(鹿島アントラーズ)
◎亀川諒史(アビスパ福岡)
◎室屋成(FC東京)
◯岩波拓也(ヴィッセル神戸)
△松原健(アルビレックス新潟)
△中谷進之介(柏レイソル)
▲三浦弦太(清水エスパルス)
▲山中亮輔(柏レイソル)
▲三丸拡(サガン鳥栖)
▲ファン・ウェルメスケルケン際(ドルトレヒト)

▽AFC U-23選手権で優勝を遂げた後、ディフェンスラインにはケガ人が続出した。第3のセンターバックとして実力をつけてきたDF奈良竜樹(川崎フロンターレ)が骨折により五輪出場を断念することになった。その他、DF室屋成、DF亀川諒史、DF松原健、DF山中亮輔とサイドバックにケガ人が続出。さらに、トゥーロン国際大会では、DF岩波拓也もヒザのじん帯を負傷した。室屋、亀川、松原に関しては実戦に復帰し、29日の南アフリカ戦にも出場。一方で、岩波はトレーニングに復帰しているものの実戦復帰はできておらず、山中もまだ復帰出来ていない状態だ。

▽手倉森監督は一貫して4バックを採用しているが、オーバーエイジ枠の塩谷はセンターバックと右サイドバック、藤春は左サイドバックとして考えられる。今シーズン、鹿島でも結果を残しているDF植田直通は当確と考えて良い。また、右サイドバックの主力であり、復帰戦でも結果を残した室屋、左サイドバックの亀川も当確と言えるだろう。

▽焦点が当てられるのは3番手のセンターバックだ。塩谷、植田をセンターバックと考えた場合、順当であれば岩波が選出されるはずだ。トレーニングへの復帰は果たしているものの、実戦復帰はしていない。2日に開幕する明治安田生命J1リーグ・2ndステージからは出場する見込みだが、どこまでコンディションが戻るのか。岩波を予備登録にした場合は、DF中谷進之介、DF三浦弦太らが候補と見る。または、MF遠藤航を3番手のCBに置く可能性もあるだろう。

◆中盤の残り枠は最大2つか
Getty Images
◎遠藤航(浦和レッズ)
◎大島僚太(川崎フロンターレ)
◎矢島慎也(ファジアーノ岡山)
◎南野拓実(ザルツブルク)
◯井手口陽介(ガンバ大阪)
◯橋本拳人(FC東京)
△原川力(川崎フロンターレ)
△野津田岳人(アルビレックス新潟)
△豊川雄太(ファジアーノ岡山)
▲喜田拓也(横浜F・マリノス)
▲前田直輝(横浜F・マリノス)
▲伊東純也(柏レイソル)

▽中盤に関しては、ほぼメンバーが固まっていると思われる。キャプテンとしてU-23日本代表をけん引してきたMF遠藤航、遠藤不在時にキャプテンを務めるMF大島僚太、10番を託されているMF矢島慎也は当確と見て良いだろう。また、飛び級ながら攻撃面での違いを見せつけているMF南野拓実も入ると見る。

▽中盤には、ボランチとしてプレーを続けてきたMF原川力、G大阪でも欠かせない存在となり、U-23チームでも頭角を現してきたMF井手口陽介、左足からの強烈なシュートが特徴なMF野津田岳人、ジョーカー的存在で結果を残しているMF豊川雄太、そして南アフリカ戦ではDF登録され、ボランチ以外にサイドバックもこなせるユーティリティ性を持つMF橋本拳人も居る。

▽守備面を補うのであれば、橋本や井手口、攻撃面であれば野津田、豊川、遠藤や大島の代わりと考えると原川を選びたいところだ。

◆選考を左右するのは久保の状態次第か
Getty Images
◎興梠慎三(浦和レッズ)※
◎中島翔哉(FC東京)
◎浅野拓磨(サンフレッチェ広島)
◎久保裕也(ヤング・ボーイズ)
△鈴木武蔵(アルビレックス新潟)
△オナイウ阿道(ジェフユナイテッド千葉)
▲富樫敬真(横浜F・マリノス)

▽フォワードはオーバーエイジ枠のFW興梠慎三の他、FW浅野拓磨は当確と見る。負傷の影響が心配されたFW中島翔哉も、南アフリカ戦では違いを見せ、自身の存在を存分にアピールした。さらに、ヤング・ボーイズでプレーし、力強さと決定力を身につけたFW久保裕也も当確とする。しかし、久保に関しては負傷の影響が心配だ。久保のコンディションが難しいと判断されれば、FW鈴木武蔵、FWオナイウ阿道が候補となる。

◆手倉森監督の判断やいかに
▽あくまでも人数に合わせ、メンバーを予想したものであり、手倉森監督がどのような判断を下すかは、1日の14時から行われるメンバー発表会見で明らかになる。「託す人と、託される人」。手倉森監督が、南アフリカ戦に向けた会見で語った言葉だ。

▽これまで主力としてプレーしてきた選手も、ケガやコンディションの問題で外れる可能性も大いにあることが見えてきたはずだ。どの選手に“託す”のかは、手倉森監督の中にある。運命のメンバー発表は明日。リオ五輪での“メダル獲得”という目標に向けたメンバーは、14時に発表される。

※…オーバーエイジ、◎…当確、〇…濃厚、△…可能性あり、▲…厳しいか

コメント

関連ニュース

thumb

守備崩壊の日本、ウズベキスタンに4発大敗…M-150カップ決勝のリベンジならず準々決勝敗退《AFC U-23選手権》

▽U-21日本代表は19日、AFC U-23選手権準々決勝でU-23ウズベキスタン代表と対戦し、0-4で大敗を喫した。 ▽グループステージ3試合を全勝し、グループB首位でノックアウトステージに進出した森保一率いる日本は、2勝1敗でグループAを2位で通過したウズベキスタンと激突した。先日、タイで行われたM-150カップの決勝でPK戦の末に敗れて優勝を逃したウズベキスタンにリベンジを果たしたい日本はGKに小島亨介、最終ラインは右から原輝綺、立田悠悟、古賀太陽、中盤はダブルボランチを神谷優太と井上潮音が組み、右に藤谷壮、左に遠藤渓太が入った。前線3枚には右から髙木彰人、田川亨介、岩崎悠人を配置した。 ▽試合前には、18日にカザフスタンで起こったバスの炎上事故により亡くなった乗客、運転手に黙とうが捧げられた。 ▽試合は前から果敢にプレッシャーをかけてくるウズベキスタンに苦戦しながらも、日本が立ち上がりに右サイドで仕掛けた藤谷のクロスからゴールに迫る。しかし、時間の経過と共にウズベキスタンの力強い攻撃やインターセプト後のパスが繋がらず、やや押し込まれる展開となる。 ▽思うようにボールを保持することができない日本は22分、ウズベキスタンの後方からのロングボールを立田が頭でクリア。これをウリンバエフにボックス左からダイレクトで合わせられるが、GK小島が冷静に対処する。 ▽前半半ばを過ぎると、日本は不用意なパスミスや中途半端なディフェンスが散見。すると31分、ウズベキスタンの右CKが混戦になると、最後は落としを受けたシディコフにボックス手前やや右から左足で丁寧にコースを突かれ先制を許す。 ▽今大会初めての失点を喫した日本は、ここから立て直すことができない。31分、GK小島からパス回しでボールを保持しようとすると、パスを受けた立田が奪われてはいけない自陣ボックス内でハムダモフに奪われ、そのまま決められた。さらに39分には、ボックス右でパスを受けたヤフシバエフの2度の切り返しから、ゴール左上に決められ、日本は0-3と試合を一気に難しくされる。 ▽巻き返しを図りたい日本は、後半から髙木と岩崎に代えて、三好康児と旗手怜央を投入。しかし、後半立ち上がりに一本のロングボールでウズベキスタンにボックス内への侵攻を許すと、走り込んだヤフシバエフに追加点を許し、4点のビハインドとなってしまう。 ▽アタッキングサードでウズベキスタンを自由にさせてしまう日本は、その後もボックス内からヤシバエフにバー直撃のシュートを放たれるなど、決定機を作られてしまう。一矢報いたい日本は76分、ボックス左手前の遠藤が旗手とのワンツーでボックス左に侵攻。グラウンダーのクロスを田川が左足で合わせるが、ゴール左外へと外れてしまう。 ▽数少ないチャンスもモノにできない日本は、その後は失点こそなかったものの、攻撃で活路を見出だせないまま0-4で大敗。M-150カップ決勝のリベンジを果たすことができず、準々決勝で姿を消すこととなった。 2018.01.19 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

北朝鮮を3発撃破の森保ジャパン、GS全勝で首位突破! 準々決勝でウズベキスタンと激突《AFC U-23選手権》

▽U-21日本代表は16日、AFC U-23選手権のグループB第3節でU-23北朝鮮代表と対戦し、3-1で勝利。この結果、グループBの首位突破が決定した。 ▽前回のU-23タイ代表戦を1-0で勝利して、ここまで2勝してすでにグループステージ突破を決めた森保一監督率いる日本は、1勝1分けで2位につける北朝鮮と激突した。引き分け以上で首位突破が決まる日本はタイ戦から先発メンバーを総入れ替え。GK波多野、最終ラインは右から柳、庄司、古賀、中盤の底に森島、伊藤、右に長沼、左に浦田を配置した。最前線には右から三好、小松、旗手が並んだ。 ▽試合は早い時間帯に日本がチャンスを迎える。5分、左CKがGKグァン・ジュヒョクのファンブルを誘うと、ボックス中央にこぼれたボールを三好が左足で合わせる。しかし、これは相手DFにわずかに触られてしまい、ゴール右外へと外れた。 ▽立ち上がりが経過すると北朝鮮の応戦により決定的なチャンスを作れない日本は21分、敵陣中央で伊藤がボールを奪い、そのまま左足でシュート。GKの手前でワンバウンドするシュートもGKグァン・ジュヒョクに冷静に対処される。 ▽その後も思うようにシュートまでつなげることが出来ない日本だったが、32分にセットプレーから先制に成功する。敵陣中央左でFKを獲得すると、キッカーの伊藤が左足でクロスを供給。これがボックス中央の相手DFを越え、ゴール前右に走り込んだ柳がヒザに当ててゴールに押し込んだ。 ▽先制点を奪った日本は、徐々に巧みなパスワークからチャンスを創出。42分、右サイドでボールを持った長沼がボックス手前に持ち込み、ボックス左にラストパスを送る。これを受けた旗手が切り込んで右足を振り抜くもゴール右外へと外してしまう。それでも直後、伊藤がボックス左手前でボールを持った旗手を追い越してスルーパスを呼び込み、中央への折り返しを三好が冷静に流し込んだ。 ▽2点リードして試合を折り返した日本だが、後半の早い時間帯に北朝鮮に1点を返される。52分、右サイドからリー・フン、リ・ウンチョルと中央へつながれると、チョ・ジュソンにボックス内へのスルーパスを許す。最終ラインに抜け出したキム・ユソンに一対一を制される。 ▽このゴールで1点差に縮められた日本は浮足立ち、北朝鮮に最終ラインの背後を突かれてピンチを迎える場面が増える。それでも72分、スルーパスをブロックされた旗手が自らボールを拾いに行き、ボックス右でファールを貰ってPKを獲得。これを旗手がゴール左を狙うと、GKグァン・ジュヒョクに触られたが、左ポストに直撃し、GKグァン・ジュヒョクに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽首位通過へ大きな1点を奪った日本は、攻勢を強める北朝鮮に対して、原を投入する守備固めで対抗し、3-1で試合を終わらせた。日本はグループBの首位通過が決定。19日にグループAを2位で通過したU-23ウズベキスタン代表と対戦する。 ▽なお、グループBのもう一試合であるU-23タイ代表vsU-23パレスチナ代表は、5-1でパレスチナが勝利。この結果、北朝鮮と同勝ち点で並んだパレスチナが得失点の差で2位に食い込み、逆転でのグループステージ突破を決めている。 2018.01.16 19:09 Tue
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表、グループステージ突破! 板倉の2試合連続ゴールでタイ撃破《AFC U-23選手権》

▽U-21日本代表は13日、AFC U-23選手権のグループB第2節でU-23タイ代表と対戦し、1-0で勝利。連勝でグループステージ突破を決めた。 ▽初戦のU-23パレスチナ代表戦に1-0で勝利した森保監一督率いる日本は、U-23北朝鮮代表に0-1で敗れたタイと激突した。連勝を飾ってグループステージ突破を決めたい日本はパレスチナ戦から先発メンバーを4人変更。浦田、庄司、三好、小松に代えて、原、遠藤、髙木、田川を起用した。 ▽試合は日本が序盤から攻勢に出ると13分、スルーパスに反応した田川がボックス内でGKと一対一を迎えるが、決め切ることができない。直後にもボックス右に侵攻した田川がシュートを放つなど積極的な姿勢を見せる日本は15分、神谷の右CKをファーサイドの立田が右足で合わせるも、GKムアンナムに右足でブロックされる。 ▽前半半ばに差し掛かってもボールを保持して攻撃を組み立てる日本は22分、敵陣中央へ切れ込んだ髙木のスルーパスを受けた田川がボックス内でシュートを放つが、ボールはゴールの上を通過。チャンスを決め切れない日本はその後、攻めあぐねるもどかしい時間帯が続く。 ▽その後、日本はタイに自陣への侵攻を許す回数が増えるが、決定的なチャンスを作らせずにゴールレスで試合を折り返す。 ▽迎えた後半、日本はサイドから攻撃を構築。56分にはボックス右手前でパスを受けた髙木が反転して左足を振り抜くも、これはGKの正面に飛んでしまう。 ▽先制点が欲しい日本は攻勢を強めたいものの、プレスを強めるタイに苦戦し、なかなかボックス付近に近づくことができない。82分にはボックス手前でパスを受けた井上が鋭くボックス内に侵攻し、浮き球のラストパス。反応した田川がボックス左からボレーシュートを放つが、左サイドネットに外れる。 ▽フィニッシュの精度に欠き、ゴールを奪えない日本。それでも89分、ボックス右手前の井上が右足でクロスを送ると、ファーサイドの田川が頭で中央に折り返す。これをゴール前に走り込んだ板倉が右足で押し込み、日本は待望の先制点を奪う。 ▽終盤に先制点を奪った日本はその後、タイの攻撃を凌いで試合終了。板倉の2試合連続ゴールで勝利を収めた日本がグループステージ突破を決めた。一方のタイはグループステージ敗退が決定した。 ▽なお、グループBのもう一試合であるU-23パレスチナ代表vsU-23北朝鮮代表は、1-1の引き分けで終了。日本は16日に首位通過を懸けてU-23北朝鮮代表と対戦する。 2018.01.13 22:29 Sat
twitterfacebook
thumb

板倉弾の日本がパレスチナを下して白星発進《AFC U-23選手権》

▽U-21日本代表は10日、AFC U-23選手権のグループB第1節でU-23パレスチナ代表と対戦し、1-0で勝利した。 ▽2020年の東京五輪を見据える森保監督率いるチームは、今回の初戦で[3-4-2-1]の布陣を採用。GKは小島亨介で、3バックは庄司朋乃也、立田悠悟、板倉滉を起用。中盤は右に藤谷壮、左に浦田樹で、中盤の底は井上潮音と神谷優太。ワントップに配した小松蓮の後方に三好康児、岩崎悠人が入った。 ▽試合は立ち上がりから日本ペースで進む。すると、早々の5分に決定機をつくる。右サイドの藤谷が上げたクロスからボックス内正面の小松が収め、後方に落とす。ペナルティアーク付近の井上がダイレクトで放ったミドルシュートがバーに直撃した。 ▽前半の半ばにかけても、個々の技術で相手を大きく上回る日本が主導権を掌握する。すると、20分に試合の均衡を破った。正面の板倉が井上とのワンツーでバイタルエリアに侵入。ペナルティアーク中央からコントロールシュートを流し込み、板倉のゴールで日本が先行した。 ▽ハーフタイムにかけてはパレスチナも巻き返すが、日本がしっかりとリスクマネジメントして得点を許さず、1点リードのまま試合を折り返した。 ▽迎えた後半も日本が押し気味に試合を進める。しかし、効果的な連係プレーを見せることができず、なかなか決定機をつくれない。森保監督は63分、小松に代えて田川亨介を投入し、攻撃の活性化を図る。 ▽苦戦する日本は77分、左サイドで最終ライン裏を突いた田川が縦に疾走。スピードを生かして一気にボックス左に侵入し、シュートに持ち込む。しかし、厳しいコースから放ったシュートは枠を捉えることができない。 ▽その後、80分に三好に代えて高木を送り出した日本だが、85分には最終ライン裏を突かれてマハムード・ユースフに際どいシュートを放たれるなどピンチの場面も。それでも、最後までリードを保ち続け、初戦で勝ち点3を確保している。 ▽なお、グループBのもう一試合であるU-23北朝鮮代表vsU-23タイ代表は1-0で北朝鮮が勝利している。 2018.01.10 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

選手よ、夢を持ってチャレンジを! 東京五輪代表の森保一監督が就任会見

▽日本サッカー協会(JFA)は30日、2020年の東京オリンピック(五輪)に出場するサッカー男子日本代表監督に就任した森保一監督(49)の記者会見を行った。 ▽1994年のアメリカ・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の“ドーハの悲劇”を経験した日本代表の一員としても知られる森保監督は、現役時代にマツダサッカークラブや、サンフレッチェ広島、ベガルタ仙台など複数クラブでプレー。現役引退後は2012年から広島を率い、3度のJ1優勝に導いた。田嶋幸三会長、西野朗技術委員長とともに会見に出席した森保監督は次のように所信表明した。 ◆<span style="font-weight:700;">森保一(東京五輪サッカー男子代表監督)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171030_21_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「自国開催である東京オリンピックで監督をするということは重責だが、喜んで頂ける結果を出せるように全身全霊をもって向かっていきたい。選手たちは、沢山の指導者や関係者から育てられてきたという風に思っている。私が率いたときに、さらに良い経験を積んでもらい、これまでの指導者や関係者の努力が花咲くように、皆さんが喜んでくださるような結果を求めながら成長を助けていきたい」 <span style="font-weight:700;">――五輪代表監督就任の決め手と目標について</span> 「(決め手は)日本代表だが、アンダー世代であるということ。これまで関わってきた指導者が大切に育ててきた選手たちを更に上の舞台に引き上げていきたい」 「ロシア・ワールドカップもそうだが、その次のカタール・ワールドカップに向けた育成に励んでいきつつ、選手たちの所属チームが喜んでいただけるような育成もしていきたい」 「結果について、皆さんが自国大会で望んでおられるのは間違いなくメダルの獲得。なので、メダルを獲得できるように頑張りたい」 <span style="font-weight:700;">――目指すサッカースタイルについて</span> 「抽象的になるが、チームの組織力を持って、連携、連動して攻守に関わるサッカーがしたい。もちろん、個の成長にも目をつぶることはできないが、日本人の良さである連携、連動して攻守に全員が関わるサッカーを目指したい」 <span style="font-weight:700;">――スタイルは古巣サンフレッチェ広島の形を踏襲するのか。選手に求めることとは</span> 「スタイルについて、これから選手を見極めながら柔軟に考えていきたい。広島でやってきたものはあるが、サッカーの原則原理は変わらない。個人戦術やグループ戦術も大事になってくるので、最良なスタイルで戦っていきたい。東京五輪を目指す選手たちについて、夢を持ってチャレンジしてもらいたい」 <span style="font-weight:700;">――ご自身は現役時代にドーハの悲劇を経験した。あの経験が指導者として何かに影響しているか</span> 「あの経験を経て、選手たちに『思い切ってプレーしてもらうこと』と、『ボールを奪うことだけを考えた守備は守備にならない』というところを伝えていきたい」 「私自身、あの経験を経て、サッカーをやっている限り、『あれ以上、悲しい思いをすることはないだろう』と。悲しい思いも全てにポジティブに考えていくことを教えてもらえた経験だった」 「心が折れそうになることもあるかと思うが、選手として成長を続けていかないといけないということを教えてもらえた機会でもあったので、常に前向きに前進することを伝えていきたい」 <span style="font-weight:700;">――この世代の選手の印象や選考について</span> 「この世代でプレ-できる選手であれば、年齢に関係なく、実績に関係なく、五輪出場の扉が開かれている。五輪に出たいという思いを持つ選手には、そこを目指して、夢を持って、ひたむきに頑張ってもらいたい」 「今まで関わってきた世代別の監督をはじめ、協会やJリーグ、大学、高校から様々な情報をいただきながら、少しでも多くの選手に成長してもらえるように、チームが強くなるような選考をしていきたい」 「おそらく、私が指揮する2年半の中で、選手たちの力関係が変わってくる年代だと思う。色々な選手を見ながら、個人の力、チーム力を引き上げていきたい」 <span style="font-weight:700;">――欧州を訪ねたことで改めて気づいた点について</span> 「まずサッカーを取り巻く環境が違う。クラブチームを見てきたが、おらが街のチームを応援する雰囲気が普段の生活の中にあった。ホームチームのサポーターがアウェイチームのサポーターに『この街に来て勝てると思うな』という雰囲気を作るなど、一体感を持って試合が行われていると感じた」 「我々のチームも、皆さんに応援していただけるように頑張っていくことが大事になる。その頑張りを感じていただいたファンやサポーターの方々に更に応援していただいて、『日本の力』として試合をしたいし、相手を上回っていきたい」 「あとは、練習を見ていて感じた選手個々の自己主張や野心、成功を掴み取るための努力という部分というところも選手たちに伝えていきたい」 <span style="font-weight:700;">――コーチングスタッフの人事について。新たな要望はあるか</span> 「コーチングスタッフについては今、お願いしているところ。新たなお願いについては、思い浮かび次第、伝えていきたい。だが、既に全面的なバックアップを約束していただいているので、心強くやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">――コーチングスタッフの具体的な人名は。広島での経験を五輪にどう還元してきたいか</span> 「Jリーグはまだシーズン中で、そこで仕事をされている方の名前も挙げさせていただいているので、ここでの公表は控えたい」 「広島では、選手としてマツダ、サンフレッチェでプレーさせていただいて、指導者としての経験もさせていただいた。選手としても、指導者としても、人としても、広島で育ててもらったと思っている」 「私は選手たちに偉そうに教えるつもりはない。サッカー選手としても、人としても、私がこれまでしてきてもらったことを預かる選手にもしていきたい」 「そして、私は長崎県出身で、広島で過ごしてきた。2つの街は、世界で2カ所しかない被爆地で、平和都市。五輪は平和の祭典だと認識しているので、発信もしていければ幸い」 <span style="font-weight:700;">――自国開催ということで予選がない。その中での強化方針は</span> 「予選がないというメリットを生かして、じっくりとチーム作りをしていきたい。予選がない部分、足りないところはコーチをはじめとする指導者や、(西野朗)技術委員長と相談していき、トレーニングや強化試合でもう1つ殻を破って世界を戦うために足りない部分を補っていきたい」 2017.10.30 15:30 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース