フィオレンティーナ、元アルゼンチン代表DFバサンタがレンタル先のモンテレイに完全移籍2016.06.30 05:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メキシコのモンテレイは29日、2015-16シーズンにフィオレンティーナからレンタルで加入していた元アルゼンチン代表DFホセ・マリア・バサンタ(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は明かされていない。

▽2014年にモンテレイからフィオレンティーナに加入したバサンタだが、同胞DFゴンサロ・ロドリゲスらとのポジション争いに敗れて、定位置を掴むことができず。2015年夏に古巣のモンテレイに1年間のレンタル移籍で復帰。2015-16シーズンは公式戦35試合に出場し、2ゴールを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

フィオレンティーナがエンポリからU-20コートジボワール代表MFを獲得…今季はレンタルでエンポリでのプレーを継続

フィオレンティーナは15日、エンポリからU-20コートジボワール代表MFハメド・トラオレ(18)を完全移籍で獲得した。 契約期間は2023年6月30日までとなるが、今シーズンはレンタル移籍でエンポリに残りプレーを続ける。 2015年にエンポリのプリマヴェーラに入団したハメド・トラオレは、2017年10月にトップチームデビューを飾ると、昨シーズンはセリエBで10試合に出場。今季もここまでセリエAで16試合に出場していた。 2019.01.16 01:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド関心のミレンコビッチにシティも興味…"マンチェスター・ダービー"勃発か

マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティが、フィオレンティーナに所属するセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(21)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』の情報を引用して『フットボール・イタリア』が伝えた。 ミレンコビッチは、身長195cmの長身ながらスピードやボール扱いにも定評のあるセンターバック。2017年に加入したフィオレンティーナでは今シーズンからポジションを獲得し、本職はセンターバックながら右サイドバックのレギュラーとしてここまでセリエA 18試合に出場している。 そんなミレンコビッチに関しては、ユナイテッドが獲得に興味を示していると以前から各紙が報道。今回の『フットボール・イタリア』は、シティもミレンコビッチに注目していることを伝えており、“マンチェスター・ダービー”が勃発する可能性が浮上している。また、両チーム共に5000万ユーロ(約63億円)付近の移籍金を準備しているという。 また、ミレンコビッチを巡っては、アトレティコ・マドリーも今夏の獲得に向けて4000万ユーロ(約49億円)のオファーを画策しているという噂が、これまでも囁かれていた。 2019.01.05 22:21 Sat
twitterfacebook
thumb

リュカ放出危機のアトレティコ、大型DFのミレンコビッチに関心か

アトレティコ・マドリーが、フィオレンティーナに所属するセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(21)に関心を寄せているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 報道によれば、フランス代表DFリュカ・エルナンデス(22)のバイエルンに移籍が囁かれているアトレティコ。『ムンド・デポルティボ』が今回伝えるところでは、放出が濃厚と考えられるリュカの後釜として、ミレンコビッチへの関心を強めているようだ。 ミレンコビッチを巡ってはユベントスやマンチェスター・ユナイテッド、トッテナムらも獲得に興味を示している模様。フィオレンティーナは2022年まで契約を残すミレンコビッチの移籍金を5000万ユーロ(約62億円)に設定し抗戦する構えのようだ。 ミレンコビッチは、身長195cmの長身ながらスピードやボール扱いにも定評のあるセンターバック。2017年に加入したフィオレンティーナでは今シーズンからポジションを獲得。本職はセンターバックながら今季は右サイドバックのレギュラーを務めておりここまでセリエA 18試合に出場している。 2019.01.02 20:17 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン行き濃厚伝えられるムリエル、一転してフィオレンティーナ行きを決断か

▽今冬の移籍市場でミランへのレンタル移籍の可能性が伝えられているセビージャのコロンビア代表FWルイス・ムリエル(27)だが、ここに来てフィオレンティーナ行きの可能性が報じられている。イタリア『スカイ・スポルト』と同『スポルト・イタリア』が伝えた。 ▽ここ最近、スペインとイタリアの複数メディアは得点力不足解消を目指すミランがセビージャで思うような活躍を見せられていないムリエルを今季終了までのレンタル移籍で獲得することが濃厚と報じていた。 ▽しかし、『スカイ・スポルト』と『スポルト・イタリア』はムリエルが先週の金曜日にフィオレンティーナと自身の代理人に対して、ヴィオラ行きを希望している旨を伝えたと報じた。 ▽この報道が事実であれば、ムリエルの新天地はミランではなくフィオレンティーナになる模様だ。 ▽ただ、ムリエルの希望とは裏腹に保有権を持つセビージャはポルトガル代表FWアンドレ・シウバとの交渉で友好関係を築くミランへの移籍を希望していると言われており、今後はフィオレンティーナとセビージャの両クラブ間での交渉が移籍成立の可否を決めることになる。 ▽昨夏、サンプドリアからセビージャ史上最高額の2000万ユーロ(約25億2000万円)で加入したムリエルだが、今季はフランス代表FWベン・イェデル、ミランからレンタル移籍中のポルトガル代表FWアンドレ・シウバとのポジション争いに敗れ、ここまでは途中出場を中心に公式戦19試合4ゴールの数字にとどまっている。 2019.12.31 05:35 Mon
twitterfacebook
thumb

3月に急逝した元伊代表アストーリの母、関係者の処罰は望まず「なぜなのかを知りたい」

13月に急逝した元イタリア代表DFダビデ・アストーリの母アンナさんが23日、イタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』のインタビューに応じ、息子の突然死の原因究明を訴えた。<br><br>フィオレンティーナの主将を務めていたアストーリは3月4日、遠征先のウディネのホテルで就寝中に心肺停止状態に陥り、帰らぬ人となった。あれから9カ月の月日が流れ、アストーリの母であるアンナさんが沈黙を破り、イタリア紙のインタビューで語った。アンナさんはあの日の朝を振り返る。<br><br>「夫と一緒にミサへ行き、それから選挙があったので投票へ行く予定だった。だけど目が覚めると、両腕が麻痺したかのように冷たく、全身の虚脱感を感じた。これまでの人生で経験したことのない感覚だった。そのときは何も知らせを受けていなかったが、すでにすべてを悟っていたのかもしれない」<br><br>ところでフィレンツェの検察当局は今月に入り、アストーリの死に対する過失致死の疑いでカリアリおよびフィレンツェの医師の捜査を開始した。しかしアンナさんは処罰ではなく、原因究明を求めている。<br><br>「なぜなのかを知りたい。私は誰の責任でもないと確信しているので、責任者を見つけることは望んでいない。悲劇が起きてしまった。あれは運命だった。誰もこんなことを望んでいなかったことは私も分かっている。だが同時に二度と起こらないことを望んでいる。私が経験したことは、他の母親には決して味わって欲しくない。イタリアではアスリートのメディカルチェックが非常に優れている。だがもっと進歩し、もっと確かなものになって欲しい。ダビデが犠牲になったことが無駄にならないことを望んでいる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.24 13:05 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース