ボルドーがモナコから元フランス代表MFトゥラランを獲得…2年契約2016.06.29 21:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボルドーは29日、モナコに所属する元フランス代表MFジェレミー・トゥララン(32)の加入を発表した。契約期間は2年間となる。ボルドーにとっては今夏の補強第1号となった。

▽ナントの下部組織で育ったトゥラランは2001年にトップチームへと昇格。2006年にリヨンへ移籍すると、2011年にはマラガへと移籍。モナコへは2013年に加入していた。卓越した戦術眼を生かした安定感溢れるパフォーマンスに加え、若いチームの中でリーダーシップを発揮し、ここ数年のモナコの躍進に大きく貢献。2015-16シーズンはリーグ・アンで25試合に出場していた。

▽所属元のモナコは23日に公式サイトを通じて「トゥラランは新しい挑戦を求めてボルドーへの移籍を希望した。クラブの経営陣は、彼の3年間に渡る献身に敬意を表するため、この希望を受け入れることにした」と声明を発表していた。
コメント
関連ニュース
thumb

急転ボルドー移籍が浮上した香川真司、ドルトSDが「知らない」と否定

リーグ・アンのボルドーへの移籍が急浮上したドルトムントのMF香川真司だが、ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が否定した。ドイツ『ルール・ナハリヒテン』が報じた。 今シーズンはドルトムントでの出場機会に恵まれず、今冬の移籍希望を口にしている香川。スペインへの移籍を希望していたが、突如としてフランスへの移籍が報じられた。 フランスのジャーナリストであるエリック・バレール氏が自身のTwitter(@ebarrere70)で香川がボルドーへと移籍すると投稿。半年間のレンタル移籍で基本合意しているとしていた。 しかし、この件についてツォルクSDは「私はその件について知らない」と否定した。 香川はスペインへの移籍を希望しているものの、EU圏外の選手となるため、外国人枠の問題がついてくる。今冬の移籍には、外国人枠が少なからず足かせとなり、外国人枠がないリーグに移籍するのが現実的と見られている。 ドルトムントに残留しても出場機会がない香川だが、果たしてどこに移籍するのだろうか。 2019.01.14 15:53 Mon
twitterfacebook
thumb

香川真司にフランスの名門ボルドー行きが急浮上!クラブ間は既に半年レンタルで合意か

ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は、今シーズン後半戦をフランスのボルドーで過ごすことになるかもしれない。フランス『beIN Sport』の記者が伝えている。<br><br>ルシアン・ファヴレ監督の下で出場機会を得られず、ドルトムントからの移籍を希望する香川だが、ここにきてレンタルでリーグ・アンの名門ボルドーに加わる可能性が浮上。『beIN Sport』のエリック・バレール氏によると、クラブ間では6カ月間の期限付き移籍で基本合意に至っているという。<br><br>ボルドーはリーグ・アン第18節消化時点で勝ち点22を獲得して13位に位置。経験豊富な攻撃的MFを探しているとみられる同クラブだが、香川本人とはまだ合意に達していないとのこと。今冬でのスペイン移籍の意思を度々口にしてきた同選手は以前、セビージャからの関心が伝えられていたが、この話は具体的に進んでいないとみられる。<br><br>ボルドーへのレンタルが実現すれば、マルセイユのDF酒井宏樹、ストラスブールのGK川島永嗣、そして先日トゥールーズに加わったDF昌子源に続いて、同リーグでプレーする4人目の日本人選手となる。香川の選択に注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.13 22:14 Sun
twitterfacebook
thumb

「彼も指揮を望んでいた…」アンリ監督誕生目前での破談…ボルドー、真相明かす

▽ティエリ・アンリ氏のボルドー監督就任が破談となった理由をボルドーを運営する投資ファンドのジェネラル・アメリカン・キャピタル・パートナーズ(GACP)のジョー・ダグローサ会長が明かした。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽7月にイギリス『スカイ・スポーツ』での解説業を辞め、監督業に専念する決断を下したアンリ氏。その同氏に8月、突如ボルドー就任の噂が浮上した。 ▽ボルドーは当時指揮官の座についていたグスタボ・ポジェ監督が、FWガエタン・ラボルドの売却など、クラブの移籍市場での動きに関して批判的な言葉を発したことで1週間の職務停止処分を科した。その後、両者は今後の去就についての話し合いの場が設けられたとされるが、その時点でポジェ監督の残留の可能性は薄いとみられ、クラブはロシア・ワールドカップ(W杯)で3位に入賞したベルギー代表のアシスタントコーチを務めていたアンリ氏の招へいに動いた。 ▽両者の交渉は順調に進み、一部メディアでは合意に達したとも伝えられていたが、一転して破談に。アンリ氏の監督業開始は実現せず、ボルドーはリカルド・ゴメス氏(53)を招へいした。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』では、資金不足やボジェ監督への対応、健全性・明確性の欠如に不安を抱いたアンリ氏が断りを入れたと伝えられていた。そんな中、今回ボルドーを運営するGACPのダグローサ会長が改めて破談の理由を明かした。 「金銭面で合意に至らなかったんだ。我々はニューヨークで会った。彼には偉大なリスペクトがあり、クラブを指揮する最適な人材であると考えていたんだ。ティエリには可能性があり、彼もクラブで指揮することを望んでくれていた。しかし、財政的な理由で交渉は終わってしまった」 2018.09.13 08:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルドー、今夏加入の新戦力をEL・GSで起用できず…理由はまさかの“記入漏れ”?!

▽今月20日から始まるヨーロッパリーグ(EL)・グループステージに臨むボルドーだが、ある“うっかりミス”で出場できない選手がいるようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽そのある選手とは、ボルドーが先月8日、ハイドゥク・スプリトから獲得したU-21クロアチア代表MFトマ・バシッチだ。伝えられるところによると、その理由はまさかの記入漏れだったという。今季のヨーロッパリーグのメンバー登録の期日は、現地時間9月3日の24時までだったため、余裕を持って登録はできたはずだった。 ▽クラブのステファン・マルタン会長は「彼はラウンド32から出場できるようになる」と説明。クラブのミスにより、バシッチのEL本戦デビューはしばらくの間お預けとなった。 ▽ボルドーは、グループCに所属し、コペンハーゲン、ゼニト、スラヴィア・プラハと対戦する。 2018.09.08 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

リカルド・ゴメス氏が2度目のボルドー指揮官に就任! 2006-07シーズンではクープ・ドゥ・ラ・リーグ制覇に導く

▽ボルドーは5日、新指揮官にリカルド・ゴメス氏(53)を招へいしたことを発表した。 ▽リカルド・ゴメス監督は、現役時代にフルミネンセやベンフィカ、パリ・サンジェルマン(PSG)でプレー。1984年からはブラジル代表としてプレーし、1990年のイタリア・ワールドカップではキャプテンも務めていた。 ▽現役引退後はPSGで監督のキャリアをスタートさせ、その後はブラジル国内のクラブを指揮。2002年からはブラジル・オリンピック代表を指揮したが、アテネ・オリンピックへの出場は叶わなかった。 ▽その後はフルミネンセやフラメンゴ、サンパウロなどブラジルの名門を指揮。昨シーズンはアル・ナスルで監督を務めていた。なお、2005年~2007年まではボルドーの指揮官を務めており、2006-07シーズンには5年ぶりとなるクープ・ドゥ・ラ・リーグのタイトル獲得に導いた。 ▽ボルドーでは昨シーズン指揮を執ったグスタボ・ボジェ監督が今夏のチームの選手売却に関してクラブを批判。1週間の職務停止処分を受けた後、解任されていた。後任候補には、ベルギー代表でアシスタントコーチを務めるティエリ・アンリ氏や昨シーズンまでナントを指揮していたクラウディオ・ラニエリ氏が浮上していたが、どちらも合意には至っていなかった。 2018.09.06 02:20 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース