元ウルグアイ代表FWフォルランがペニャロールを退団…本人は現役続行を希望2016.06.15 02:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウルグアイのペニャロールは14日、元ウルグアイFWディエゴ・フォルラン(37)の退団を発表した。クラブ公式ツイッターで伝えている。

▽2015年7月にセレッソ大阪からユース時代を過ごした古巣ペニャロールへ復帰したフォルランは、今シーズンのリーグ戦31試合に出場し8ゴールを記録するなど、クラブの3シーズンぶり50度目のリーグ優勝に貢献した。

▽退団するフォルランは、クラブの公式ツイッターで感謝の気持ちを述べている。

「私はペニャロールでとても幸せな時間を過ごした。ここでのプレーは大きな挑戦だったけど、とても楽しかった」

▽なお、フォルランは現役続行の意思を示しており、今後は次の所属先を探すことになる。

コメント

関連ニュース

thumb

プーマがウルグアイの新ホームキットを発表! 「Sol de Mayo」を前面に採用

▽プーマは、ウルグアイ代表の新ホームキットを発表した。ウルグアイのファンと国家の情熱を反映してデザインされたこのシャツは、Carlos Paez VilaroのアイコニックなイラストレーションからインスパイアされたSol de Mayoを前面のグラフィックに採用している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171124_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽カラーにはもちろん、忘れることができない「Celeste(セレステ)」ブルーを採用。本当に初めて感じた情熱(First Passion)を思い出させます。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171124_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽このシャツにはプーマが開発した衣服内の湿度調整を向上する evoKNIT サーモレギュレーション テクノロジーと、ピッチ上で最適な体温を保つことをサポートする適応型の冷却システムが採用されています。シームレス構造と組み合わせることで、シャツはパフォーマンスを最適化するための最高のフィット感と可動性を提供します。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171124_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽この新しいシャツのレプリカは、プーマ取り扱いショップにて販売中となっている。 2017.11.24 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

スアレスはヒザの治療で招集外! ウルグアイが国内組3名を追加した代表メンバー23名を発表《国際親善試合》

▽ウルグアイサッカー協会(AUF)は2日、今月行われる国際親善試合に向けたウルグアイ代表メンバー23名を発表した。 ▽ウルグアイ代表は先月21日にFWエディソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)、MFマティアス・ヴェシーノ(インテル)、DFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー)、DFホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリー)ら国外クラブ所属メンバー23名を発表していた。 ▽そして、今回新たに発表された国内メンバーでは、MFアルバロ・ゴンサレス(ナシオナル)、MFクリスティアン・ロドリゲス(ペニャロール)、DFギジェルモ・バレラ(ペニャロール)の3名を招集。なお、FWルイス・スアレス(バルセロナ)はヒザの治療のため選出外となっている。 ▽また、AUFは国外クラブ所属メンバーからGKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)、DFマウリシオ・レモス(ラス・パルマス)、エヒディオ・アレバロ・リオス(ラシン・クラブ)の3名が、招集メンバーから外れたことを併せて発表している。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選を2位で突破したウルグアイは、10日にポーランド代表、同14日にオーストリア代表と対戦する。今回発表されたウルグアイ代表メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆ウルグアイ代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">マルティン・シルバ</span>(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル) <span style="font-weight:700;">マルティン・カンパーニャ</span>(インディペンディエンテ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ギジェルモ・バレラ</span>(ペニャロール) <span style="font-weight:700;">ガストン・シルバ</span>(インディペンディエンテ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">セバスティアン・コアテス</span>(スポルティング・リスボン/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">マキシミリアーノ・ペレイラ</span>(ポルト/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">マルティン・カセレス</span>(ヴェローナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ホセ・マリア・ヒメネス</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">ディエゴ・ゴディン</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">クリスティアン・ロドリゲス</span>(ペニャロール) <span style="font-weight:700;">アルバロ・ゴンサレス</span>(ナシオナル) <span style="font-weight:700;">ナヒタン・ナンデス</span>(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">ジョルジアン・デ・アラスカエタ</span>(クルゼイロ/ブラジル) <span style="font-weight:700;">ニコラス・ロデイロ</span>(シアトル・サウンダース/アメリカ) <span style="font-weight:700;">ホナタン・ウレタビスカヤ</span>(パチューカ/メキシコ) <span style="font-weight:700;">カルロス・サンチェス</span>(モンテレイ/メキシコ) <span style="font-weight:700;">マティアス・ヴェシーノ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ロドリゴ・ベンタンクール</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">フェデリコ・バルベルデ</span>(デポルティボ/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">クリスチャン・ストゥアーニ</span>(ジローナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">マキリミリアーノ・ゴメス</span>(セルタ/スペイン) <span style="font-weight:700;">エディンソン・カバーニ</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">ガストン・ペレイロ</span>(PSV/オランダ) 2017.11.03 03:25 Fri
twitterfacebook
thumb

4発勝利のウルグアイが3大会連続13回目のW杯出場! パラグアイは最下位相手に敗れて予選敗退…《ロシアW杯南米予選》

▽2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第最終節のウルグアイ代表vsボリビア代表が日本時間11日に行われ、4-2でウルグアイが勝利した。この結果、ウルグアイは2位通過が確定し、3大会連続13回目の本大会出場を決めた。 ▽ここまで8勝4分け5敗で2位につけるウルグアイ(勝ち点28)と、4勝2分け11敗ですでに予選敗退が決定しているボリビア(勝ち点14)の一戦。勝てば4位以内が確定するウルグアイだったが、不運な形で先制を許してしまう。24分、ボリビアに左サイドからのロングスローをモレーノに中央へと繋がれる。ゴディンがクリアを試みると、これがガストン・シルバに当たってしまい、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。 ▽先制点を許してしまったウルグアイはその後、猛攻を仕掛けるがなかなか同点ゴールを奪うことができない。それでも39分、右サイドからのクロスがファーサイドに抜け、走り込んでいたガストン・シルバがボックス左からシュート性のクロスを供給。これをボックス中央のカセレスが押し込んだ。 ▽試合を振り出しに戻したウルグアイはさらにその3分後、ボックス左外でデ・アラスカエタからパスを受けたガストン・シルバが左足で正確なクロス。ボックス中央にフリーで走り込んでいたカバーニが頭で合わせると、ボールはGKランペの手を弾いてゴールに吸い込まれた。 ▽前半を2-1でリードして折り返したウルグアイは後半に入っても、カバーニとスアレスを起点とした攻撃からゴールを脅かす。すると60分、勝利を大きく手繰り寄せる追加点を奪う。デ・アラスカエタが敵陣中央で縦パスを受けると、右足アウトサイドで前線へスルーパス。これに抜け出したスアレスがGKとの一対一を制して、試合を3-1にする。 ▽終盤、ウルグアイは76分にもスアレスが追加点を奪うと、直後にオウンゴールでボリビアに1点を与えてしまったものの、その後は試合を落ち着かせて4-2で試合をクローズ。この結果、この結果、ウルグアイは2位通過が確定し、3大会連続13回目の本大会出場を決めた。 ▽もう一方のパラグアイ代表vsベネズエラ代表は、1-0でベネズエラが勝利。この結果、パラグアイは7位で本大会への出場権を逃した。 ▽ここまで7勝3分け7敗で7位に位置するパラグアイ(勝ち点24)と、1勝6分け10敗ですでに予選敗退が決定している最下位のベネズエラ(勝ち点9)の一戦。本大会に出場するには勝つしかないパラグアイだったが、ゴールを奪えないもどかしい状況が続く。 ▽試合はゴールレスのまま迎えた後半終盤、すでに予選敗退が決定しているベネズエラがパラグアイを窮地に落としいれる先制ゴールを奪う。84分、ボックス右外でパスを受けたオテロがドリブルで仕掛けてボックス右ゴールラインギリギリのところからグラウンダーのクロス。ボックス中央に走り込んだヤンデル・エレーラが押し込んだ。 ▽まさかの先制点を奪われたパラグアイはその後、攻勢を強めるもことごとくベネズエラに跳ね返されてしまう。さらに90分には空中戦での競り合いでヒートアップしたパラグアイのグスタボ・ゴメスとベネズエラのアンヘルがレットカードを提示される事態も起こり、6分間の長いロスタイムが与えられたもののパラグアイに最後までゴールは生まれず試合終了。このパラグアイは7位のまま予選を終了し、本大会への出場権を逃した。 <B>◆南米予選最終順位表</B> (勝点/得失) 1.ブラジル(41/30) 2.ウルグアイ(31/12) 3.アルゼンチン(28/3) 4.コロンビア(27/2) ――――――――――――――― 5.ペルー(26/1) PO圏 ――――――――――――――― 6.チリ(26/-1) 7.パラグアイ(24/-6) 8.エクアドル(20/-3) 9.ボリビア(14/-22) 10.ベネズエラ(12/-16) 2017.10.11 11:17 Wed
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ、最下位ベネズエラにゴールレスドローで自力でのW杯出場決定はならず《ロシアW杯南米予選》

▽ウルグアイ代表は5日、ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第17節でベネズエラ代表とのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 ▽先月のアルゼンチン代表戦を手堅くゴールレスドローに持ち込み、パラグアイ代表との隣国マッチを制して2位に浮上したウルグアイ(勝ち点27)が、最下位・ベネズエラ(勝ち点8)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽この試合を勝利し、後続が勝ち点を落とせば本戦出場が決まるウルグアイは、スアレスとカバーニの強力2トップで臨んだ。 ▽そのウルグアイは開始3分に決定機。左CKからホセ・ヒメネスのヘディングシュートが枠の左上を捉えたが、GKの好守に阻まれた。 ▽その後はベネズエラの圧力を受けたこともあり、ウルグアイは慎重な試合運びを展開していく。自陣に引いてスアレスとカバーニの2トップを活かすカウンターを狙っていった。 ▽しかし、ハーフタイムにかけても守備に徹っするのみで攻撃の形はなく、ゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、前半とは打って変わって激しい立ち上がりとなる。まずは4分、ウルグアイに大ピンチ。リンコンの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKムスレラがセーブした。 ▽ひやりとしたウルグアイは50分に反撃。カバーニが鋭い反転でボックス右に侵入。シュートに持ち込むも、DFにブロクされて枠には飛ばない ▽その後もオープンな攻防が続く中、ウルグアイは65分に代表デビューとなるベンタンクールを投入。70分にはボックス右に侵入したスアレスがDFに倒されたとアピールするも、ノーファウルの判定が下された。 ▽後半半ば以降、再びこう着状態に陥っていた中、終盤の83分にウルグアイに決定機。浮き球パスを受けたカバーニがボックス中央へ侵入。胸トラップからすかさずボレーシュートを浴びせるもわずかに枠の右に外れた。 ▽さらに88分、右サイド低い位置からのFKをスアレスがダイビングヘッドで合わせるもわずかに枠の左に外れ、0-0のままタイムアップ。勝ち点1を積み上げるに留まり、W杯出場はこの後行われる試合結果次第となった。 2017.10.06 07:58 Fri
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイの3カ国がW杯100周年を迎える2030年大会の招致に名乗り!

▽2030年に開催されるFIFAワールドカップ(W杯)に、南米サッカー連盟に所属するアルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイの3カ国が共同開催に名乗りを挙げたようだ。『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、3カ国のサッカー協会の会長が4日にブエノスアイレスで共同記者会見を開き、公式に発表したという。2030年のW杯は1930年にウルグアイで行われた第1回大会から100周年の記念すべき大会であり、ウルグアイは早くからアルゼンチンとの共催による開催を希望し、立候補の準備を進めてきた。そして今回、パラグアイを含めた3カ国での開催で7月に共同入札を開始する意向を固めたようだ。 ▽なお、2030年W杯開催には中国が入札に関心を示していたが、2022年にW杯の開催が決定しているカタールの所属するアジアサッカー連盟(AFC)に加盟している協会の国・地域では、国際サッカー連盟(FIFA)よる同一大陸内の連続開催制限に引っかかるため、2030年大会の中国開催は消滅した。 ▽また、9月27日にアルゼンチンサッカー協会(AFA)のブエノスアイレス事務所を訪問したFIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は、「アルゼンチンはサッカーの本場であり、ここで開催することは名誉で喜ばしいことだ」とコメントした。 2017.10.05 05:57 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース