元ウルグアイ代表FWフォルランがペニャロールを退団…本人は現役続行を希望2016.06.15 02:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウルグアイのペニャロールは14日、元ウルグアイFWディエゴ・フォルラン(37)の退団を発表した。クラブ公式ツイッターで伝えている。

▽2015年7月にセレッソ大阪からユース時代を過ごした古巣ペニャロールへ復帰したフォルランは、今シーズンのリーグ戦31試合に出場し8ゴールを記録するなど、クラブの3シーズンぶり50度目のリーグ優勝に貢献した。

▽退団するフォルランは、クラブの公式ツイッターで感謝の気持ちを述べている。

「私はペニャロールでとても幸せな時間を過ごした。ここでのプレーは大きな挑戦だったけど、とても楽しかった」

▽なお、フォルランは現役続行の意思を示しており、今後は次の所属先を探すことになる。

コメント

関連ニュース

thumb

スアレスやカバーニら主力が選出! ウルグアイ代表候補メンバー26名が発表《ロシアW杯》

▽ウルグアイサッカー協会(AUF)は15日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた候補メンバー26名を発表した。 ▽熾烈を極めたW杯南米予選を2位で通過し3大会連続13回目の本大会行きを決めたウルグアイ。オスカル・タバレス監督は、FWルイス・スアレス(バルセロナ)やFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)、アトレティコ・マドリードのDFディエゴ・ゴディンら主力メンバーを順当に選出。また、MFルーカス・トレイラ(サンプドリア)やMFフェデリコ・バルベルデ(デポルティボ)など、若手プレーヤーも選出された。 ▽その一方で、重鎮MFアレバロ・リオス(ラシン・クラブ)やFWディエゴ・ロラン(ボルドー)、FWガストン・ペレイロ(PSV)らがメンバー外となった。 ▽ロシアW杯でグループAに所属するウルグアイは、6月15日にエジプト代表との初戦に臨み、同20日にサウジアラビア代表戦、同25日に開催国ロシア代表戦を戦う予定だ。今回発表されたウルグアイ代表メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆ウルグアイ代表候補メンバー26名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">フェルナンド・ムスレラ</span>(ガラタサライ/トルコ) <span style="font-weight:700;">マルティン・シルバ</span>(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル) <span style="font-weight:700;">マルティン・カンパーニャ</span>(インディペンディエンテ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ガストン・シルバ</span>(インディペンディエンテ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">セバスティアン・コアテス</span>(スポルティング・リスボン/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">マキシミリアーノ・ペレイラ</span>(ポルト/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">マルティン・カセレス</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ホセ・マリア・ヒメネス</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">ディエゴ・ゴディン</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">ギジェルモ・バレラ</span>(ペニャロール) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">クリスティアン・ロドリゲス</span>(ペニャロール) <span style="font-weight:700;">ナヒタン・ナンデス</span>(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">ジョルジアン・デ・アラスカエタ</span>(クルゼイロ/ブラジル) <span style="font-weight:700;">ニコラス・ロデイロ</span>(シアトル・サウンダース/アメリカ) <span style="font-weight:700;">ホナタン・ウレタビスカヤ</span>(モンテレイ/メキシコ) <span style="font-weight:700;">カルロス・サンチェス</span>(モンテレイ/メキシコ) <span style="font-weight:700;">マティアス・ヴェシーノ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ロドリゴ・ベンタンクール</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">ルーカス・トレイラ</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">ガストン・ラミレス</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">ディエゴ・ラクサール</span>(ジェノア/イタリア) <span style="font-weight:700;">フェデリコ・バルベルデ</span>(デポルティボ/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ルイス・スアレス</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">クリスチャン・ストゥアーニ</span>(ジローナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">マキリミリアーノ・ゴメス</span>(セルタ/スペイン) <span style="font-weight:700;">エディンソン・カバーニ</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) 2018.05.16 07:08 Wed
twitterfacebook
thumb

第1回大会から100周年を迎える2030年大会に南米3カ国が共催で立候補へ

▽第1回大会から2030年で100周年を迎えるワールドカップ。その候補地に、南米の3カ国が立候補することを発表した。 ▽今回立候補を表明したのは、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイの3カ国。アルゼンチンサッカー協会(AFA)によると、アルゼンチンの8都市、パラグアイ、ウルグアイから2都市ずつの合計12都市が会場の候補となるようだ。 ▽現在は2022年のカタール・ワールドカップまで開催地が決定。2026年はアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国が共催で立候補している。2030年の開催地の立候補はまだ受け付けられていないが、先に表明した形となった。 ▽1930年に第1回大会が開催されたウルグアイ、1978年に第11回大会が開催されたアルゼンチン、そしてパラグアイにとっては決定すれば初のワールドカップ開催となる。 ▽現行の32カ国出場から、48カ国出場に変更されることもあり、様々な面での課題はまだあるようだ。 2018.04.10 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

カバーニが代表通算100試合出場達成!! 上位にはどんな選手が?

▽パリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、代表通算100試合出場を達成した。 ▽記念すべき100試合目となったのは、26日に行われたチャイナカップ決勝ウェールズ代表戦。カバーニはこの試合で決勝点を挙げウルグアイが優勝。自身の記録に花を飾った。 ▽『Optajavier』によれば、100試合の内訳は、ワールドカップ予選が40試合、ワールドカップ本戦が10試合、コパ・アメリカが10試合、コンフェデレーションズカップで4試合、親善試合で36試合となっている。これは歴代5位の数字で、4位には104試合でMFクリスティアン・ドロリゲス、3位に112試合でFWディエゴ・フォルラン、2位には115試合に出場しているDFディエゴ・ゴディン、1位は124試合でマキシ・ペレイラとなっている。 ▽また、カバーニが100試合で記録した「42」ゴールはFWルイス・スアレスの52ゴールに次ぐ歴代2位の数字だ。 2018.03.27 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ヒメネスがウェールズ戦で足首負傷…重傷ならEL準々決勝も欠場か

▽アトレティコ・マドリーに所属するウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスが負傷したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽ヒメネスは、26日に行われたチャイナカップ2018決勝のウェールズ代表戦(1-0でウルグアイが勝利)に先発。だが、4分にアンディ・キングとの接触で右足首を負傷。その後もプレーを続けたが、6分に自ら交代を申し込むとピッチに座り込み、そのまま途中交代を余儀なくされた。 ▽そのヒメネスは重傷となれば、4月5日に行われるヨーロッパリーグ準々決勝1stレグのスポルティング・リスボン戦を欠場する恐れも。アトレティコにとしては吉報を待ちたいところだ。 2018.03.27 03:50 Tue
twitterfacebook
thumb

カバーニ弾でウェールズ下したウルグアイが優勝!! 3位は中国に逆転勝利のチェコ《チャイナカップ2018》

▽チャイナカップ2018決勝、ウェールズ代表vsウルグアイ代表が26日に行われ、1-0でウルグアイが勝利した。 ▽開催国の中国代表をベイルのハットトリックなどで6-0で圧倒して決勝に進んだウェールズは、ライアン・ギグス新監督の初陣を見事大勝で飾った。同監督の初大会での初優勝を目指すべく、B・デイビスやジョー・アレン、アンディ・キング、ベイルなどトップクラブで活躍する選手らをピッチに送り込んだ。 ▽一方、スアレスとカバーニの活躍でチェコを下して決勝に進出したウルグアイは、この試合でも両エースを先発に。守備ラインにはホセ・ヒメネスやゴディン、中盤にはC・ロドリゲス、ベンタンクール、ナンデスらが顔を揃えた。 ▽まずは開始2分、逆サイドからのロングボールで一気に右サイドを突破したウィルソンの折り返しをベイルがダイレクトで合わせる。すると、このシュートが左ポストを直撃。ウェールズがいきなりゴールに迫った。さらに5分にも、同じくウィルソンのクロスにボークスがゴール前で合わせるが、これはGKの正面。ウェールズがビッグチャンスを立て続けに迎えた。 ▽ここまでチャンスらしいチャンスがなかったウルグアイ。32分に相手のバックパスを奪ったスアレスがGKもかわしてシュートを放ったが、これがポストに当たりこちらも決定機をモノにすることができなかった。 ▽試合も温まり、38分にカバーニがミドルレンジから枠内シュートを放てば、直後の39分にはアンディ・キングの強烈なシュートをGKムスレラがファインセーブで対応。両チームともゴールに迫るオープンな試合展開となる。 ▽0-0で迎えた後半、いきなり試合が動く。49分、ディフェンスラインからのロングボールで相手のオフサイドラインを越えたC・ロドリゲスが、ゴール前にプレゼントパス。カバーニがこれをフリーで流し込んでウルグアイが先制した。 ▽リードを得たウルグアイはその後、再びカバーニが味方のクロスにゴール前で反応するが、これを空振りしてしまう。さらに、56分にはタイミングよく飛び出したカバーニが味方のループパスを呼び込むが、ここでもキックミス。2度の決定機を不意にしてしまった。 ▽両チーム選手を入れ替えながら試合を組み立てていく。追いつきたいウェールズはボックスの外から何度か試みるが、効果なし。頼みのベイルも今日は良いところがない。 ▽結局、カバーニのゴールを守り切ったウルグアイが1-0で勝利。去年から2回目の開催となったチャイナカップ2018は、ウルグアイ代表の優勝で幕を閉じた。 ▽同日行われた3位決定戦、中国代表vsチェコ代表は、4-1でチェコが勝利した。 ▽開始5分でファン・シャンドンのゴールで中国が先制して始まったこの試合。チェコ何度かチャンスを作ったものの前半は中国のリードで終える。 ▽迎えた後半、ローマでプレーするシックなど4選手を一気に代えてきたチェコはここから怒涛の逆転劇を見せる。まずは59分、CKの流れからカラスが決めて同点にすると、その1分後に味方のシュートのこぼれ球をシックが押し込んで瞬く間に逆転。さらに、その3分後には味方のクロスをGKヤン・チュンリンがキャッチミスすると、こぼれてきたボールをクルメンチクが押し込んで3点目を手にした。 ▽78分にはガデラベクのダメ押しの4点目が決まりチェコが快勝。3位で今大会を終えている。 2018.03.26 22:40 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース