元ウルグアイ代表FWフォルランがペニャロールを退団…本人は現役続行を希望2016.06.15 02:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウルグアイのペニャロールは14日、元ウルグアイFWディエゴ・フォルラン(37)の退団を発表した。クラブ公式ツイッターで伝えている。

▽2015年7月にセレッソ大阪からユース時代を過ごした古巣ペニャロールへ復帰したフォルランは、今シーズンのリーグ戦31試合に出場し8ゴールを記録するなど、クラブの3シーズンぶり50度目のリーグ優勝に貢献した。

▽退団するフォルランは、クラブの公式ツイッターで感謝の気持ちを述べている。

「私はペニャロールでとても幸せな時間を過ごした。ここでのプレーは大きな挑戦だったけど、とても楽しかった」

▽なお、フォルランは現役続行の意思を示しており、今後は次の所属先を探すことになる。

コメント

関連ニュース

thumb

ウルグアイとのPK戦を制したイタリアが初の3位で大会を終える!《U-20W杯》

▽11日にFIFA U-20ワールドカップ(W杯)3位決定戦のU-20ウルグアイ代表vsU-20イタリア代表が行われ、0-0で90分間の戦いが終了。その後に行われたPK戦を4-1で制したイタリアが初の3位入賞を果たした。 ▽準決勝でPK戦の末にU-20ベネズエラ代表に敗れたウルグアイと、U-20イングランド代表に1-3で敗れたイタリアの一戦。グループステージ初戦と同じ顔合わせとなった3位決定戦は、開始3分にウルグアイにチャンス。前線でボールキープしたアルダイスのラストパスをボックス右で受けたカノッビオが縦に切り込みシュート。しかし、これは右サイドネットに外れる。 ▽対するイタリアは17分、ボックス右付近でオルソリーニの落としを受けたペッゼッラがクロスを供給。ファーサイドでフリーのパニコが右足で合わせるも、ボールはGKメレのファインセーブに阻まれた。 ▽その後は、連戦の疲れからか試合が停滞する。40分、ウルグアイはバイタルエリア中央からビエラが強烈なロングシュートでイタリアゴールを脅かしたが、これもGKプリツァーリのセーブに防がれ、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、攻撃のギアを上げたウルグアイは立ち上がりから決定機を作る。46分、スルーパスで左サイドを突破したオリベラがマイナスに折り返すと、ボックス中央に走り込んだバルベルデが合わせたが、これはゴール右に外れた。 ▽攻勢を強めるウルグアイは、55分にボックス右付近までオーバーラップしたルイス・ロドリゲスがアーリークロスを供給。相手GKの前を通過したボールをゴール左に走り込んだアルダイスがスライディングシュートで合わせたが、ボールはGKプリツァーリの好セーブに阻まれた。 ▽ピンチを凌いだイタリアは59分、マンドラゴーラのパスをボックス左で受けたパニコがゴールネットを揺らしたが、パニコへのパスがオフサイドの判定となりゴールは取り消された。イタリアは、62分にもファヴィッリがミドルシュートでウルグアイゴールを狙うが、これもGKメレに防がれる。 ▽その後も一進一退の攻防が続く中、ウルグアイは87分に決定機。自陣からのロングカウンターを仕掛けるとクルスのパスをボックス中央で受けた途中出場のボセッリが反転から左足を振り抜いたが、シュートはGKプリツァーリの正面を突いてしまう。 ▽結局、90分間の戦いでは決着が付かず、PK戦に委ねられることになった。ABBA方式で行われたPK戦では、全員が成功したイタリアに対し、ウルグアイは2人目のアマラルと3人目のボセッリが失敗。この結果、4-1でPK戦を制したイタリアが強豪ウルグアイを撃破し、今大会3位フィニッシュを果たした。 2017.06.11 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

マルキジオ負傷もイタリアが主力欠くウルグアイに3発快勝《国際親善試合》

▽イタリア代表vsウルグアイ代表の国際親善試合が7日にニースで行われ、3-0でイタリアが快勝した。 ▽11日にワールドカップ欧州予選のリヒテンシュタイン代表戦を控えるイタリアは、3日にチャンピオンズリーグ決勝を戦ったユベントス勢のボヌッチ、バルザーリ、マルキジオらがスタメン起用となった。 ▽一方、3日前にアイルランド代表との親善試合を戦って1-3と敗れたウルグアイは、その試合のスタメンから7選手を変更。招集外のスアレス、ゴディンの他、アイルランド戦で負傷したカバーニが欠場となった。 ▽フラットな[4-4-2]で臨んだイタリアはGKにドンナルンマ、4バックに右からダルミアン、バルザーリ、ボヌッチ、スピナッツォーラ、中盤に右からカンドレーバ、デ・ロッシ、マルキジオ、インシーニェ、2トップにベロッティとインモービレを据えた。 ▽積極的な入りを見せたイタリアは5分にインシーニェがカットインから枠内シュートを浴びせると、7分に先制する。インシーニェのフィードをディフェンスライン裏で受けたベロッティがボックス左へ侵入。カットにかかったホセ・ヒメネスのクリアボールがそのままゴールに吸い込まれた。 ▽続く9分にもベロッティ、インシーニェが立て続けに枠内シュートを浴びせてGKムスレラを脅かしたイタリアは、18分にそ径部を痛めたマルキジオがプレー続行不可能となってモントリーボを投入せざるを得なくなる。 ▽それでも前半半ばからハーフタイムにかけてもイタリアがボールを終始動かして試合をコントロール。1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽後半からイタリアはベロッティに代えてエデルを、ウルグアイはC・サンチェスに代えてストゥアーニを投入した。その後半もイタリアが仕掛ける展開となると、左サイドのスピナッツォーラの攻撃参加でアクセントを付けていく。 ▽58分に低調だったカンドレーバに代えてベルナルデスキを投入したイタリアは引き続きポゼッションするも、決定的なシュートに持ち込むことはできない。 ▽そんな中75分、ようやくイタリアが追加点に迫る。左サイドからのスピナッツォーラのクロスをファーサイドのエデルがヘディングシュート。しかし、わずかにシュートは枠の右に外れた。続く77分に途中出場のエル・シャーラウィがドリブルシュートでゴールに迫ったイタリアは、82分に勝負を決定付ける。ボックス右からのガッビアディーニのシュートをエデルが頭でコースを変え、ゴールに流し込んだ。 ▽さらに追加タイム1分、スピードに乗ったドリブルで仕掛けたエル・シャーラウィがボックス左でホセ・ヒメネスに倒されてPKを獲得。これをデ・ロッシが決めて3-0としたイタリアが快勝し、リヒテンシュタイン戦に弾みを付けている。 2017.06.08 05:41 Thu
twitterfacebook
thumb

“つり目”ポーズのU-20ウルグアイ代表MFバルベルデが人種差別を否定も謝罪

▽韓国で行われているFIFA U-20ワールドカップにおいて、人種差別的なジェスチャーをしたとされたレアル・マドリーのU-20ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデだが、これを否定した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ウルグアイは、準々決勝でU-20ポルトガル代表と対戦。120分間を終えて2-2のドローとなり、PK戦までもつれた試合を5-4で制したウルグアイが、ベスト4に勝ち進んだ。 ▽この試合でPKによる同点ゴールを決めたバルベルデが、目尻を釣り上げるゴールパフォーマンスを行っていた。このことが問題視され、アジア人に対する差別だと騒がれていたが、本人が否定した。 「これは人種差別的なセレブレーションではなく、友人のための個人的なお祝いだった」 「人種差別的な意図はなかったけど、僕は謝罪したい」 ▽“つり目”のパフォーマンスは最近問題になることが多く、中国スーパーリーグの河北華夏に所属するアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシがクラブの写真で同様のポーズをして謝罪。また、バレーボールのセルビア女子代表チームも日本での大会出場権を獲得したことに対して同様のポーズを取り、批判を受けて謝罪する事態が起きていた。 2017.06.06 12:34 Tue
twitterfacebook
thumb

アイルランドがカバーニ負傷のウルグアイに快勝《国際親善試合》

▽国際親善試合のアイルランド代表vsウルグアイ代表が4日に行われ、3-1でアイルランドが快勝した。 ▽11日にオーストリア代表とのワールドカップ予選を控えるアイルランドは、ウォルタースやウィーラン、ヘンドリックといったプレミアリーグで活躍する選手たちを先発で起用。 ▽カバーニやホセ・ヒメネスを先発で起用してきたウルグアイに対し、アイルランドが徐々にポゼッションを高めていった。そんな中、12分にカバーニが負傷したウルグアイを尻目に13分にヘンドリックが枠内シュートを浴びせたアイルランドは、直後のCKからブレイディが決定的なシュートに持ち込む。 ▽そして28分、ペナルティアーク右からウォルタースの放ったミドルシュートがゴール左に突き刺さってアイルランドが先制した。 ▽その後もアイルランドが主導権を握る展開となったが、38分に左サイド絞った位置のFKからホセ・ヒメネスが頭で合わせてウルグアイが試合を振り出しに戻し、前半を1-1で終えた。 ▽迎えた後半、アイルランドが攻勢に出ると51分に勝ち越した。ボックス右に侵入したクリスティの左足でのクロスが流れ、そのままゴール左に吸い込まれた。 ▽その後、55分にヴェシーノのミドルシュートでゴールを脅かされたアイルランドだったが、主導権を握り続けると、77分に勝負を決定付ける。 ▽左サイドのスペースを突いたマクリーンがDFを突破してボックス左へ侵入。シュートをゴール右へ突き刺した。このまま3-1で勝利したアイルランドがオーストリア戦に向けて弾みを付けている。 2017.06.05 04:01 Mon
twitterfacebook
thumb

ポルトガルとのPK戦制したウルグアイがベスト4進出!《U-20W杯》

▽FIFA U-20ワールドカップ(W杯)準々決勝のU-20ポルトガル代表vsU-20ウルグアイ代表が4日に行われ、2-2のドローで120分の戦いが終了。その後、PK戦を5-4で制したウルグアイがベスト4進出を果たした。 ▽ラウンド16で開催国のU-20韓国代表を破ったポルトガルと、U-20サウジアラビア代表を破ったウルグアイの一戦。試合はキックオフ早々に動く。開始40秒過ぎ、高い位置でボールを奪ったブルーノ・シャダスのスルーパスに反応したシャンデ・シウバが飛び出したGKを嘲笑うかのようなチップキックで決めた。 ▽緩い入りから先制を許したウルグアイだったが、早い時間に追いつく。16分、左CKの場面でバルベルデが入れたクロスをファーのスキアッパカセがボレーで合わせるが、ボールはクロスバーを叩く。しかし、こぼれ球をブエノが頭で押し込んだ。 ▽その後は攻守が目まぐるしく入れ替わる白熱の展開となるが、互いにフィニッシュの精度を欠きゴールが遠い。しかし、前半終了間際の41分、ボックス手前左角でパスを受けたゴンサルベスが圧巻の右足ミドルをゴール右隅に突き刺し、ポルトガルが勝ち越して前半を終えた。 ▽迎えた後半も早い時間帯にスコアが動く。50分、ボックス内でカノッビオがDFリベイロに足を踏まれてウルグアイにPKが与えられる。これをキッカーのバルベルデが冷静に決め、ウルグアイが試合を振り出しに戻した。 ▽2-2のイーブンとなった試合は、ボールを保持して押し込むポルトガルと鋭いカウンターで応戦するウルグアイという構図の下、拮抗した展開が続く。後半終盤にかけてはポルトガルが押し込む展開となるが、77分のホルヘ・フェルナンデスのヘディングシュート、88分のジェドソン・フェルナンデスの右足の強烈なシュートも相手GKのセーブに遭い、90分間で決着は付かず。試合は延長戦へと突入した。 ▽延長戦に入っても攻め合う両者だが、互いに決め手を欠き120分間の戦いが終了。試合の決着はPK戦に委ねられる。このPK戦では互いに4人目まで連続で成功するが、5人目と6人目がまさかの連続失敗。7人目では先攻ポルトガルのリベイロがGKに止められて失敗も、後攻ウルグアイの7人目となったブエノが冷静に決めて勝負あり。ポルトガルとの激闘を制したウルグアイが、8日に行われるU-20ベネズエラ代表との準決勝へ駒を進めた。 2017.06.04 21:36 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース