リールがスウォンジーからレンタル中のポルトガル代表FWエデルを完全移籍で獲得2016.05.25 11:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リールは24日、スウォンジーからレンタル移籍で加入していたポルトガル代表FWエデル(28)の完全移籍加入を発表した。契約期間は4年間となる。

▽昨夏にブラガからスウォンジーへと加入したエデルはプレミアリーグで13試合に出場するもゴールを上げることができず。出場時間も得られないことから今年2月にリールへとレンタル移籍していた。

▽リールではリーグ・アンで13試合に出場し6得点4アシストと活躍。リールは今夏の最優先事項にエデルの獲得を掲げており、晴れて正式に契約を結ぶこととなった。

▽エデルは、6月にフランスで開催されるユーロ2016に臨むポルトガル代表候補にも選出。その後にチームへと合流する予定だ。
コメント
関連ニュース
thumb

ビッグクラブ注目のニコラ・ペペの新天地はCL出場可能な“赤い”チーム?

今夏のビッグクラブ移籍が決定的なリールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)の新天地はチャンピオンズリーグ(CL)出場可能な“赤い”チームになるのかもしれない。フランス『SO FOOT』が伝えている。 昨季、残留を争ったリールの1部残留に貢献したペペは今季センターフォワードから本職の右ウイングに固定されると、圧倒的なスプリント能力、ドリブルテクニックを武器に躍動。ここまでリーグ戦25試合に出場し16ゴール10アシストの圧巻の数字を記録。 より推進力に長けたストライカーながらレンヌ時代のMFウスマーヌ・デンベレを想起させるレフティに関しては、マンチェスター勢やバルセロナ、バイエルン、チェルシー、リバプール、アーセナル、パリ・サンジェルマンなど多くのビッグクラブが関心を示す。 そのペペの新天地に関してリールを率いるクリストフ・ガルティエ監督が移籍先のヒントを明かした。 「ニコラ・ペペは素晴らしいシーズンを送っており、彼はさらに成長していくはずだ」 「彼はチャンピオンズリーグでプレーするようなクラブに行く必要があると思っている。個人的には中堅クラブで段階を踏む必要はなくできるだけ高いレベルのステージに行くべきだと思っている。赤(ユニフォーム)でプレーしているようなクラブにね」 今回の発言に関しては確定事項ではなくあくまでガルティエ監督の助言という形だが、恩師の助言を受けてペペ本人がCL出場可能な“赤い”チームへの移籍を意識している可能性はありそうだ。 なお、ここまで噂が出ているクラブで条件を満たすのは、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプール、アーセナルの4チームだ。ただ、ユナイテッドとアーセナルに関しては来シーズンのCL出場権を獲得できるか微妙なところだ。 2019.02.21 02:37 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、複数ビッグクラブ注目のニコラ・ペペに関心か 今季26戦17G11A

バイエルンがリールに所属するコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)に関心を抱いているようだ。フランス『Le10Sport』が伝えている。 昨夏にもベティスやセビージャ、ローマといった複数の欧州クラブに関心が寄せられていたとされるペペは、爆発的な加速力と優れた足下の技術にシュート精度も併せ持つ右ウイングを主戦場とするレフティアタッカー。2017年にアンジェからリールに加入し、今シーズンはここまで公式戦26試合17ゴール11アシストを記録している。 この活躍からペペは現在、バルセロナやマンチェスター・シティ、アーセナルといったビッグクラブからも注目を集めている。バイエルンも同選手の今夏獲得を目指すチームの1つのようで、最近ではリール側への接触も強めているという。伝えるところによると、リールは移籍金5000万ユーロ(約62億円)以上を要求しているとのこと。 今冬の移籍期間中にシーズン終了時までリールでプレーすることを明かしながらもその後については「わからない」と移籍の可能性を否定しなかったペペ。今夏、同選手を巡って争奪戦が起こる可能性は十分にありそうだ。 2019.02.09 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ナント、リールからポルトガル代表DFイエをレンタル!

ナントは30日、リールからポルトガル代表DFエドガル・イエ(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン終了までとなる。 ギニア・ビサウ出身でスポルティング・リスボンのアカデミーで育ったイエは、2012年にバルセロナに加入。2014年のコパ・デル・レイではトップチームデビューを飾った。しかし、世界屈指の名門でポジションを得ることはできず、ビジャレアルB、ベレネンセスと渡り歩き2017年からリールでプレーしていた。 そのリールでは加入1年目となった昨シーズンにリーグ戦35試合に出場するなど、主力センターバックとして活躍したが、今季は同胞DFジョゼ・フォンテ加入の影響もあり、ここまでリーグ戦7試合の出場にとどまっていた。 なお、2017年11月のサウジアラビア代表戦でポルトガル代表デビューも飾っている。 2019.01.31 03:10 Thu
twitterfacebook
thumb

今季2位躍進のリールがガルティエ監督と2021年まで契約延長

リールは14日、クリストフ・ガルティエ監督(52)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 現役時代にディフェンダーとしてマルセイユやリールで活躍したガルティエ監督は、2009年から2017年までサンテチェンヌで長期政権を築いた。その後、2017年12月にマルセロ・ビエルサ前監督の下で崩壊しかけたチームを引き継ぐと、昨シーズンは降格圏ギリギリの17位フィニッシュで辛くも残留に成功。 そして、今季は昨季の戦力をベースにサンテチェンヌ時代を思い起こさせる堅実なカウンター型のチームを作り上げると、攻守両面で安定感を獲得。絶好調の若きエースFWニコラ・ペペを中心に上位陣相手にも堂々と渡り合えるチームに進化させ、チームは第20節終了次点で暫定ながら2位に躍進している。 2019.01.15 07:28 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコ、リールのフランス人DFバロ=トゥーレを完全移籍で獲得

モナコは10日、リールのフランス人DFファド・バロ=トゥーレ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までで、移籍金は1100万ユーロ(約13億7000万円)とのことだ。 パリ・サンジェルマンの下部組織出身の左サイドバックであるバロ=トゥーレは、2017年夏にPSGからリールへ移籍し、昨季はリーグ・アン27試合に出場。今季は18試合に出場し、レギュラーに定着していた。アンダー世代の代表としてはU-21フランス代表歴を持っている。[写真はモナコを率いるアンリ監督] 2019.01.11 04:08 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース