美女クロエ・モレッツ、ベッカム長男と交際宣言2016.05.11 17:23 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽『キック・アス』などで知られる若手ハリウッド女優のクロエ・グレース・モレッツ(19)が、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏の長男であるブルックリン・ベッカム(17)と交際していることを認めた。イギリス『デイリー・メール』など複数メディアが伝えている。

▽19歳のアメリカ人女優であるクロエ・モレッツとブルックリンは、2014年に交際報道が出ていたが、その後に破局したともみられていた。しかし、2人は先月、寄り添ったツーショット写真をインスタグラムにUPするなど、熱愛宣言をしたとも伝えられていた。

▽この件に関してクロエ・モレッツは、アメリカのTV番組「Watch What Happens Live」で9日、「隠そうとしなければ、みんなの興味もなくなると思うから言うわ。私たち付き合っているの」と交際宣言した。

▽なお、クロエ・モレッツはブルックリンの父親のベッカムについて、「彼は偉大な父親です」とコメント。さらに、母親も偉大な人です。本当に素晴らしいご両親です。息子はかわいく育ってますし」と、年上のお姉さんらしいコメントを残した。

コメント

関連ニュース

thumb

FIFAがシティとチェルシーを調査! 18歳未満の外国籍選手獲得に関して

▽国際サッカー連盟(FIFA)が、18歳未満の外国籍選手との契約違反に関して、チェルシーとマンチェスター・シティを調査していることが21日に明らかになった。イギリス『BBC』が報じた。 ▽FIFAは、18歳未満の選手の移籍に関して厳格な規則を定めている。主な3つのルールとして、「選手の両親が子供の移籍を理由に国外転居をしていないこと」、「EU(欧州連合もしくは欧州経済圏)内の16歳~18歳の選手に関しては、教育、学習、生活条件面において基準を満たすサポートを提供すること」、「クラブと選手の自宅が(国境をまたいで)100km圏内に存在していること」と定められている。 ▽『BBC』がFIFAに対し、シティとチェルシーの違反に関して問い合わせたところ、「現在、調査中である」という返答を得たとのことだ。調査対象となっている両クラブは、それぞれ反応。チェルシーは「選手を発掘する際には、FIFAの全てのルールを順守しなければならない」と主張し、シティも違反を犯していないことを強調しているとのことだ。 ▽同様の問題でチェルシーが調査を受けた回数は、今回で3度目となっている。2009年には、当時16歳だった現アミアンのコンゴDR代表FWガエル・カクタ(26)を不正に獲得したとして、一時2年間の契約禁止処分を下された。昨年には、2014年に獲得した当時18歳の現リヨンのブルキナファソ代表FWバートランド・トラオレ(21)との契約内容が精査されている。 ▽またシティは、他のクラブと契約中の若手選手の家族に接触したとして、今年5月にプレミアリーグから罰則を受けたばかりだ。その際は、30万ポンド(現在のレートで約4550万円)の罰金に加え、アカデミー年代の選手との契約を2年間禁止する執行猶予付きの処分を科されていた。 2017.09.21 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

不適切かつ容認出来ない行動が原因でイングランド女子代表のサンプソン監督が解雇

▽イングランドサッカー協会(FA)は20日、イングランド女子代表のマーク・サンプソン監督(34)との契約終了を発表した。 ▽サンプソン監督は、ブリストル・シティのアカデミーで監督を務めていたが、2013年12月にイングランド女子代表の監督に就任。2015年のFIFA女子ワールドカップではイングランド女子代表を3位に導くなど結果を残していた。 ▽解任の理由は、ブリストルのアカデミー時代に起こした「不適切かつ容認出来ない行動」が原因とのこと。FAは契約解除を素早く決断したとのことだ。 ▽サンプソン監督は、昨年チェルシーレディースでありイングランド女子代表でも活躍するFWエニオラ・アルーコから差別があったと訴えられていた。しかし、サンプソン監督はその主張を否定しており、FAの調査でも問題は見られなかったとのことだ。 2017.09.21 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトのトレーニング施設で不発弾が発見…周囲を封鎖

▽あわや大惨事に──。19日、シュツットガルトのトレーニング施設で50kgにのぼる不発弾が発見された。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽シュツットガルトのスポークスマンが明かしたもので、警察が19日の夕方までに処理作業を行うと発表。また、そのために施設は封鎖されており、博物館や国道14号線など周囲の施設も立入禁止となっていた。 ▽現在、シュツットガルトは人工芝の暖房施設を建設しており、その作業中に不発弾が発見されたとのこと。選手たちはアウェイでのボルシアMG戦に臨むために施設にはおらず、危険にさらされることはなかったようだ。 ▽なお、チームは日本代表FW浅野拓磨が先発したものの、2-0で敗れている。 2017.09.20 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

カバーニvsネイマールのPK問題はボーナスが影響か?

▽PKを巡る問題が勃発しているパリ・サンジェルマン(PSG)だが、この問題にはお金が絡んでいる可能性があるようだ。フランス『レキップ』が報じた。 ▽17日に行われたリーグ・アン第6節のPSGvsリヨンの一戦。1-0でPSGがリードして迎えた78分に、FWキリアン・ムバッペがボックス内で倒されPKを獲得。しかし、この際にブラジル代表FWネイマールとウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがキッカーを巡って揉める場面が見られていた。 ▽結局PKをネイマールから奪う形となったカバーニだったが、GKにセーブされて失敗。微妙な関係のまま、試合は終了していた。 ▽両国を代表するストライカーが揃えば、確かにキッカーを争う場面が見られる可能性もあるが、どうやらこの騒動にはお金が絡んでいるとのこと。得点王になった際のボーナスが影響しているようだ。 ▽『レキップ』によると、カバーニは2016-17シーズンのリーグ・アンで得点王に輝いており、クラブから100万ユーロ(約1億3400万円)のボーナスを受け取ったとのこと。これは契約に入っているようで、かつてPSGに在籍したFWズラタン・イブラヒモビッチも適用していたようだ。 ▽ネイマールの契約にも含まれているかは分からないが、この件を考えればネイマールにPKを譲りたくなかったことも理解はできる。チームにとってはゴールが量産されることで勝利やタイトル獲得に近づくことができるが、内部分裂を起こす可能性もはらんでいる。果たして、今後のキッカー争いはどうなるのだろうか。 2017.09.19 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

リオ・ファーディナンド、プロボクサーを目指す「待ちきれない」

▽既報通り、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏(38)が、プロボクサーを目指すことを発表した。自身のツイッターやインスタグラムで発表している。 ▽熱局的なボクシングファンでもあるファーディナンド氏は、「それは起こっている…始まるのが待ちきれない」と投稿。インスタグラムでは、ユナイテッドのユニフォームを彷彿とさせる背番号5のガウンを身にまとい、リングに向かう動画を投稿している。 ▽あと2カ月で39歳を迎えるファーディナンド氏だが、プロボクサーになるためには壁がある。英国ボクシング管理委員会に、ライセンスを取得するメリットを説明する必要があるようだ。 2017.09.19 19:09 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース