ドルトムント、主将フンメルスの退団希望を発表 バイエルン移籍を望む2016.04.29 00:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは28日、ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(27)に移籍希望を伝えられたことを発表した。

▽フンメルスは、ドルトムントに対して今季限りでの退団希望を伝えた。バイエルンに加入したいとの願望を伝えられたとドルトムントが発表している。だが、これまでにドルトムントにバイエルンの公式オファーは届いていないとのこと。2017年6月までフンメルスと契約を交わしているドルトムントは、“驚異的なオファー”が届けば考慮するとしている。

▽なお、フンメルスに関してはドイツ『ビルト』が先日、バイエルンが年俸1000万ユーロ(約12億3000万円)での4年契約の個人条件を用意したと報道。3000万ユーロ(約37億円)でオファーすると伝えられていた。

▽バイエルン・ユース出身のフンメルスは、2009年2月にドルトムント入り。レンタル時代も含めて9シーズンにわたってプレーしており、通算300試合以上に出場。2014-15シーズンからは主将を務めている。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムント、今冬のプリシッチ売却の可能性を完全否定!

▽ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)が今冬のイングランド行きの可能性が伝えられるアメリカ代表FWクリスティアン・プリシッチ(20)の残留を明言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が同SDのドイツ『キッカー』での発言を引用して伝えた。 ▽2016年1月に17歳でトップチームデビューを飾った早熟な天才アタッカーは、直近2シーズンに渡ってドルトムントの主力として活躍。だが、今季はルシアン・ファブレ新監督の就任、後輩であるイングランド代表MFジェイドン・サンチョの台頭によって出場機会が減っている。 ▽この状況を受けて、以前から将来的な移籍希望を公言するプレミアリーグに所属するリバプールやチェルシーが獲得に強い関心を示している。 ▽とりわけ、未成年の選手監督に関する不正疑惑で国際サッカー連盟(FIFA)からの補強禁止処分の可能性が伝えられるチェルシーは、ドルトムント側が望む7000万ポンド(約101億円)の移籍金を支払ってでも今冬の獲得を狙っていると伝えられている。 ▽しかし、『キッカー』の取材に答えたツォルクSDは“少なくとも”今シーズン終了まではプリシッチがチームに残留することを明言した。 「我々のプランでは少なくとも今シーズンの終了まではプリシッチと共に戦うことを計画している」 ▽なお、プリシッチとドルトムントの契約は2020年までとなっている。 2018.11.19 20:10 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプール、プリシッチ獲得に向けファビーニョ売却を準備

▽リバプールが、ドルトムントに所属するアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチ(20)獲得に向け、今冬のブラジル代表MFファビーニョ(25)売却を準備しているようだ。イギリス『ミラー』の情報を基に、イギリス『メトロ』が報じた。 ▽次代のスター候補として、各有力クラブに動向を見守られているプリシッチ。先日には、「プレミアリーグでプレーしない理由なんてないよ」と、イングランド行き希望を公言していた。 ▽そんなプリシッチの獲得に向け、ユルゲン・クロップ監督が移籍金7000万ポンド(約101億円)を用意しようとしていると、『ミラー』が報道。その計画の一環として、来年1月のファビーニョ放出が準備されているという。 ▽ファビーニョは、今夏に移籍金4370万ポンド(現在のレートで約63億円)でモナコからリバプールに加入。しかし、イングランドでのプレーに順応し切れてはおらず、ここまでの出場はプレミアリーグで4試合に留まっている。 ▽プリシッチとドルトムントの契約は2020年6月末まで。契約更新に関する交渉も、合意が得られないまま終結したと報じられている。チェルシーからの関心も伝えられているが、リバプールはファビーニョの放出で資金を捻出し、獲得競争に勝利することができるのだろうか。 ▽なお、ファビーニョの移籍先としては、ミランとユベントスが候補に挙げられている。 2018.11.18 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

補強禁止危機のチェルシー、処分確定前にプリシッチ獲りか

▽イギリス『デイリー・メール』は、チェルシーが処分確定を前に、ドルトムントに所属するアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチ(20)の獲得に乗り出すと報じた。 ▽チェルシーを巡っては先日、18歳以下の選手獲得に関する規約違反により、国際サッカー連盟(FIFA)から処分を受ける可能性が浮上。そうなれば、最大2年間にわたり補強ができなくなる。 ▽これを恐れたチェルシーは、来年1月の移籍市場で長らく関心を寄せるプリシッチの獲得を画策。一方、2020年6月に契約満了を迎えるプリシッチは、延長を拒否しているとみられる。 ▽なお、プリシッチは先日、プレミアリーグ挑戦希望を公言。ドルトムントは他クラブから7000万ポンド(約101億3000万円)の入札があれば、移籍を許可する意向を示している模様だ。 2018.11.18 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴィツェル「ドルト移籍はキャリア最高の決断」

▽ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル(29)がドルトムント移籍を「史上最高の決断」と語った。 ▽ヴィツェルは今夏、天津権健からドルトムントに加入。今シーズンのここまで公式戦17試合3得点1アシストの成績を収めるなど、ブンデスリーガ首位に立つチームの原動力として存在感を際立たせている。 ▽ドイツ『ビルト』のインタビューに応じたヴィツェルは、今夏の移籍当時を振り返り、ドルトムント加入の決断に満足感を示した。 「ドルトムント移籍は僕のキャリア史上でも最高の決断さ」 「ここ以上に良い選手たちとプレーしたことはない」 「地理的にも理想的。僕や家族の故郷が近いからね」 2018.11.17 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

英クラブそわそわ…プリシッチ、プレミア挑戦希望を堂々公言

▽ドルトムントに所属するアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチ(20)がプレミアリーグ挑戦の夢を公言した。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽現フットボール界における次代のスター候補として呼び声高きプリシッチ。今シーズンこそイングランド代表MFジェイドン・サンチョとのポジション争いを強いられているが、有力クラブの目を引く存在として注目度に変わりはない。 ▽現時点でリバプールやチェルシーも関心を寄せているとされるプリシッチは、注目を集める自身の将来について次のように言及。将来的なプレミアリーグ行きの希望を包み隠すことなく明かした。 「イングランドやプレミアリーグは多くの少年たちがプレーを夢見るリーグ。だから、僕があそこでプレーしない理由なんてないよ」 「ドルトムントで素晴らしい1年を過ごしている。あらゆる瞬間を楽しませてもらっているよ」 「きっと未来について話すときが来る。そういう瞬間がやってくるはずさ」 2018.11.16 09:45 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース