「18才の少年であるかのように怒鳴りつける」…ナニがファン・ハール体制を批判2016.04.11 14:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フェネルバフチェに所属するポルトガル代表MFナニがマンチェスター・ユナイテッド退団の経緯について、ルイス・ファン・ハール監督が原因だったと告白した。▽2007年夏にスポルティングから引き抜かれる形でユナイテッド入りしたナニ。ファン・ハール監督が指揮官に就任した2014年夏にスポルティングへレンタル移籍すると、昨夏に完全移籍でフェネルバフチェに活躍の場を移した。

▽イギリス『タイムズ』のインタビューで、「まだチャンスはあると思うよ」と噂されるプレミアリーグへの復帰希望を明かしたナニは、ユナイテッドを退団した理由についても触れ、ファン・ハール体制を批判した。

「彼は、プレシーズン中も僕を使おうとしなかった。自分自身の中で、最もプレータイムの少ない選手だと感じていたし、『僕のことを選手としてカウントしていないんだな』と察した」

「彼やコーチは、僕ら選手のことを18才の少年であるかのように、怒鳴りつけてくるんだ。だから、こう思ったよ」

「『こんな扱いは不当だ。僕はプロだ。毎日トレーニングしている。何にも間違ったことはしていない。トレーニングの中でクオリティを示しているじゃないか』ってね」
コメント
関連ニュース
thumb

「我々は魔法使いではないが…」クロップ、ユナイテッドの監督交代に言及

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、24日に控えた&ldquo;ノースウェスト・ダービー&rdquo;前の記者会見に出席した。<br><br>現在1試合未消化ながら、首位マンチェスター・シティと同勝ち点(65)につけるリバプール。直近の公式戦4試合で3分と一時の勢いに陰りは見えるものの、勝利を挙げた第26節のボーンマス戦では3-0と勝利。悲願のプレミアリーグ制覇へ向け、負けられないマンチェスター・ユナイテッド戦に挑む。<br><br>そんなダービーを前に、クロップ監督は試合の意味について聞かれると「多くの意味がある」とし、マンチェスター・Uを警戒している。<br><br>「週末唯一のゲーム、マンチェスター・U戦だ。非常に大きな試合であり、それと同時に難しいものだ。彼らは良い時期にあり、フィジカルも強く攻守において良い状態だ。自信に満ちあふれているね」<br><br>「我々はそこで結果を出すためにすべての準備をする。それがプランだ。2つの強いチームが対戦する時、最後の笛がなるまで結果はわからない」<br><br>昨年12月の第17節での対戦では、リバプールが3-1と勝利。これがきっかけとなり、当時マンチェスター・Uを指揮していたジョゼ・モウリーニョ前監督は解任され、あらたにオーレ・グンナー・スールシャールが指揮官に就任することになっていた。その後、チームは公式戦13試合で11勝と絶好調を維持している。<br><br>クロップ監督は、前回対戦とはまったく異なるものになると予想。また、モウリーニョ氏に配慮するコメントを残した。<br><br>「彼らのプレーは明らかに変わった。だが、私が今言えることは、あなた方は私がモウリーニョについて失礼なことを言ったというストーリーを作るってことだね! そうする理由はない。彼は優れたマネージャーだが、困難な状況にあり、終わりに向かっていくように見えた」<br><br>そして、スールシャール監督を絶賛している。<br><br>「オーレが来てからすべてが変わった。(ポール)ポグバは2~3年前に契約を交わしたような状態になり、(アンデル)エレーラは傑出している。すべての攻撃的選手が自信を持っている。以前も良かったが、今やポテンシャルのすべてを発揮している」<br><br>「フットボールでは、時に変化が必要になる。多くの場合それは監督になり、時にそれは役に立つ。今回の場合は、明らかにうまくいったね」<br><br>「いつも我々は魔法使いではないと言っているが、ユナイテッドのポテンシャルは素晴らしく、それは明らかだった。彼は就任し、正しい言葉を見つけ、トレーニングで正しいことをした。我々にとって最高のニュースではないが、ユナイテッドファンにとっては素晴らしいことだろうね」<br><br>提供:goal.com 2019.02.23 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

スールシャールが意識したポグバ蘇生法とは

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督がフランス代表MFポール・ポグバの生かし方を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ポグバはスールシャール暫定体制発足後、プレミアリーグ9試合で8得点5アシストをマーク。ジョゼ・モウリーニョ前体制下で乏しかった決定的な仕事を続けており、批判的な声もほぼなくなった。 スールシャール暫定監督は24日にホームで行われるプレミアリーグ第27節のリバプール戦前日会見に出席。ポグバの神々しい活躍の背景として、自身が意識した「能力を最大限に発揮させてあげること」を挙げた。 「彼はトッププレーヤー。子供だった彼を見た当時から好きだ。彼はワールドカップ覇者でもあり、ドレッシングルームのリーダー。そして、ピッチ上でもね。彼はいつもボールを欲しがる選手さ」 「私の思考は、彼に能力を最大限に発揮させてあげることだった。彼を攻撃的MFだと考えているからね。PSGは彼にマンマークをつけた。おそらく、他のチームもそうするだろう」 「リバプールもそうするかどうかはわからない。もしそうするのなら、他の選手にスペースがあるということさ。我々はその準備をしておく必要がある」 「様々なタイプのMFがいるが、フィジカルに優れ、ゴールを決められ、秀でたテクニックを兼備した彼に近い選手はいない。それに、中盤でも組み立て役として機能できる。ベストポジションだと思わないがね」 2019.02.23 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール破ればOGS正式就任! ギャリー・ネヴィルが見解

マンチェスター・ユナイテッドOBで元イングランド代表DFのギャリー・ネヴィル氏がオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督(45)の正式監督就任に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 スールシャール暫定監督は昨年末に就任後、公式戦13試合を消化。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのパリ・サンジェルマン(PSG)戦こそ敗れたが、11勝1分け1敗の好成績を収め、プレミアリーグ4位に浮上した。 歯に衣着せぬ物言いで何かを話題を集めるギャリー・ネヴィル氏は、24日にオールド・トラフォードで行われるプレミアリーグ第27節のリバプール戦がスールシャール暫定監督の正式就任を占うものになると話した。 「2,3カ月前は彼自身、正式就任にあわい期待を抱くにとどまっていただろうが、日曜日にリバプールを下せば、その権利を手に入れられるだろう。私はそう思うよ」 「1試合で決められるべきじゃない。ただ、チェルシーやトッテナム、アーセナルに続き、リバプールをも破れば、彼を続投させないわけにいかなくなるだろう」 「これまでの結果は信じ難いものだ。この先も次から次にやってくる相手をなぎ倒していけば、彼の就任を控えることはより困難になってくるはずさ」 2019.02.23 10:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドOBヴィダ、リバプール戦を展望 「予想は2-1でユナイテッド。ただ…」

元セルビア代表DFのネマニャ・ヴィディッチ氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドのリバプール撃破を予想した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ユナイテッドは現在、プレミアリーグ4位。24日に行われる第27節で暫定2位のリバプールを本拠地オールド・トラフォードに迎え撃つ。 かつてインテンシティ溢れるセンターバックとしてユナイテッドの一時代を築いたヴィディッチ氏は、その大一番を次のように展望した。 「私の予想は2-1でユナイテッドだ。ただ、彼らがリバプールの攻撃力やエナジーに対応しなくちゃいけない。それができれば、彼らは勝つことができるだろう」 「モハメド・サラーや、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミノの背後を突く動き出しはDF陣にとって挑戦だ。それに、中盤もアグレッシブさを保ち、リバプールにボールを握らせ過ぎないようにしなくちゃね」 「この試合はビッグマッチさ。勝ったチームはおおきくブーストをかけることができる。ただ、それができなかったとしても、我々は世界の終わりを迎えるわけじゃない」 「ここ数カ月間、オーレとチームがやり遂げたことに対する私の考えは変わらない。オーレは素晴らしい仕事をしている。就任当初から結果を出し続けるなかで、選手も信頼をより強くした。今のマン・ユナイテッドはそう簡単に倒せないように思えるよ」 2019.02.23 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ、CL敗退ならジズー招へいか

ジネディーヌ・ジダン氏(46)に指揮官としてユベントス復帰の可能性が飛び出した。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ジダン氏はレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げ、2017-18シーズンを最後に退任。長らくマンチェスター・ユナイテッドやチェルシー行きの話が取り巻いているが、依然として憶測の域でしかなく、今後の動向に注目が集まっているところだ。 そのジダン氏に対して、1996〜2001年まで現役生活を過ごしたユベントスも目を光らせている様子。ユベントス首脳陣は悲願とするチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げられなかった場合、マッシミリアーノ・アッレグリ監督と袂を分かつ準備を進めているようだ。 今シーズンでアッレグリ体制5年目のユベントスは20日に敵地で行われたCL決勝トーナメント1回戦1stレグでアトレティコ・マドリーに0-2の敗戦。3月12日にホームでリターンレグを残しているが、悲願の欧州制覇どころか、ベスト8進出も難しい状況に陥っている。 その古巣の状況を“ジズー”自身も静観。レアル・マドリー時代に欧州制覇のキーマンとして共闘したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの存在もあり、ユベントス凱旋の機会を見守っている模様だ。 2019.02.22 17:40 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース