メッシの善意が文化の違いで侮辱に… スパイクの寄付がエジプトで非難轟々2016.03.31 02:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現フットボール界最高のスーパースターであるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、自身のスパイクを寄付したことによりアラブ地域で問題となっている。イギリス『BBC』など複数メディアが伝えた。

▽メッシは今週、エジプトのテレビ番組にてプレゼンターに自身のスパイクを寄付することを申し出た。しかし、エジプト並びにアラブ諸国の文化として、靴を履いて人を踏んだり、靴で人を傷つけることは最大のタブーとみなされているため、スパイクを寄付したメッシの行為は侮辱的なものと扱われることになってしまった。

▽そして、やはりメッシの行為に対して一部のエジプト人が怒りをあらわにしている。SNSを通じて投稿された非難の声(一部)は以下のとおり。

「これは最悪だ。彼に数千ドルが支払われ、終いに彼は靴を寄付した。バカなプレゼンターは満足した」

「エジプトの名前は、メッシの靴よりも偉大だ。これはエジプトに対する多大なる侮辱」

▽また、メッシからスパイクを受け取った女性プレゼンターに対しても、非難の声が及んでいる。

「アラブ民族よ起きろ。そしてコーヒーを飲め。眠る時間ではない。彼女(プレゼンター)は、この取るに足らない寄付を拒否しなければいけなかった」

▽さらに、エジプト議会の議員までもが、テレビ番組にて彼自身の履き物を脱ぎ、今回の侮辱への返しとしてメッシに履き物を寄付すると断言したという。

▽メッシは、サッカーボールやユニフォームと同じように、サッカー選手が寄付する一般的なものとしてスパイクを提供したつもりだろうが、予想外にも非難を受けることになってしまった。

コメント

関連ニュース

thumb

ガーナが2戦連続のクリーンシートでグループステージ突破!エジプトはウガンダに劇的勝利!!《アフリカ・ネイションズカップ》

▽21日にアフリカ・ネイションズカップ2017のグループD第2節の2試合が行われた。ウガンダ代表とのグループステージ初戦を制したガーナ代表と、エジプト代表との初戦を引き分けたマリ代表の一戦は、1-0でガーナが勝利した。この結果、ガーナのグループステージ突破が決まった。 ▽試合は、アイェウ兄弟やDFババなど欧州で活躍する選手を擁するガーナが立ち上がりから地力で勝り押し込む。すると21分、ボックス右に持ち上がったジョルダン・アイェウのクロスボールをギャンが頭で流し込み、ガーナが先制に成功した。 ▽後半に入るとマリの反撃に遭う苦しい展開となったガーナだが、GKラザクやDFアマルテイといった守備陣の活躍で凌ぎ切ったガーナが、2戦連続のクリーンシートでグループステージ突破を決めた。 ▽また、同日に行われたエジプトvsウガンダは、1-0でエジプトが勝利した。試合はゴールレスで折り返した後半、エジプトが主導権を握りながらもウガンダの牙城を崩せずに試合が進んでいく。 ▽しかし、このまま試合終了かと思われた89分、エジプトはボックス中央でパスを受けたサラーがゴール右に流すと、走りこんだアブドゥラ・サイードがゴール右隅に突き刺した。結局、このゴールが決勝点となり、エジプトがグループステージ初勝利を飾った。 ◆グループD順位表(第2節終了時点) (左から勝ち点、得失点差) 1.ガーナ 6/4 2.エジプト 4/1 3.マリ 1/-1 4.ウガンダ 0/-2 ◆グループステージ第2節日程・結果 [グループA] 1/18 ガボン 1-1 ブルキナファソ カメルーン 2-1 ギニアビサウ [グループB] 1/19 アルジェリア 1-2 チュニジア セネガル 2-0 ジンバブエ [グループC] 1/20 コートジボワール 2-2 DRコンゴ モロッコ 3-1 トーゴ [グループD] 1/21 ガーナ 1-0 マリ エジプト 1-0 ウガンダ 2017.01.22 06:07 Sun
twitterfacebook
thumb

“エジプトのジダン” アブトレイカ氏、財政支援の疑いでテロリストに指定

▽現役時代にエジプト代表で活躍したモハメド・アブトレイカ氏(38)が、同国政府からテロリストに指定されたようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽報道によれば、アブトレイカ氏は同国政府からテロリスト集団として指定される「ムスリム同胞団」に財政支援していた疑いが浮上。正式にテロリストとして指定された場合、渡航禁止令や資産凍結などの制裁の対象となるとのことだ。 ▽“エジプトのジダン”として称されたアブトレイカ氏は、2014年1月に現役引退。過去4度にわたってCWC出場のため、アル・アハリの一員として来日したほか、2012年にはロンドン・オリンピックに臨むU-23エジプト代表にオーバーエイジとして出場していた。 2017.01.19 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ガーナが勝利、マリvsエジプトは0-0《アフリカ・ネイションズカップ》

▽17日にアフリカ・ネイションズカップ2017のグループD第1節が行われ、ガーナ代表vsウガンダ代表は1-0でガーナが勝利した。 ▽1982年以来5度目の優勝を目指すガーナは、アイェウ兄弟やFWアサモア・ギャン、DFババといった面々をスタメンで起用。立ち上がりから地力で勝り押し込むと、32分にPKを獲得。これをアンドレ・アイェウが決めて先制した。後半はウガンダの反撃に遭う苦しい展開となるも、MFバドゥやMFアックアーといった守備的MFを投入して凌ぎ切ったガーナが初戦を制している。 ▽もう一試合のマリ代表vsエジプト代表は0-0で終了した。欧州主要リーグで活躍する選手のいないタレント不足のマリと、FWサラーやMFエルネニーがスタメンとなったエジプトの一戦は、エジプトがボールを保持していく展開で立ち上がる。しかし、25分にGKが負傷するアクシデントに見舞われたエジプトは、ここからマリに盛り返される。 ▽ゴールレスで迎えた後半もマリのカウンターを浴びて主導権を握りきれないエジプトは70分にサラーを交代させる。結局、攻め手を失ったエジプトはゴールに迫れず、そのまま0-0で終了。勝ち点1を分け合っている。 ◆第1節 [グループA] 1/14 ガボン 1-1 ギニアビサウ ブルキナファソ 1-1 カメルーン [グループB] 1/15 アルジェリア 2-2 ジンバブエ チュニジア 0-2 セネガル [グループC] 1/16 コートジボワール 0-0 トーゴ DRコンゴ 1-0 モロッコ [グループD] 1/17 ガーナ 1-0 ウガンダ マリ 0-0 エジプト 2017.01.18 05:52 Wed
twitterfacebook
thumb

サラーやエルネニーが選出! エジプト代表が27名の候補メンバー発表《アフリカ・ネイションズカップ》

▽エジプトサッカー協会(EFA)は30日、来年1月に行われるアフリカ・ネイションズカップ2017に臨むエジプト代表候補メンバー27名を発表した。 ▽大会史上最多7度の優勝を誇るエジプトは、2010年大会以来4大会ぶりの優勝を目指してエースのFWモハメド・サラー(ローマ)、MFモハメド・エルネニー(アーセナル)、アーメド・エル・モハマディ(ハル・シティ)など、国外組の主力を招集した。また、国内屈指の強豪アル・アハリと、ザマレクから最多の6名ずつが選出されている。 ▽なお、エジプトは、グループDでガーナ代表、マリ代表、ウガンダ代表と対戦する。今回発表されたエジプト代表候補メンバー27名は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆エジプト代表候補メンバー27名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">エサム・エル・ハダリ</span>(ワーディー・デグラ) <span style="font-weight:700;">アーメド・エル・シェンウェイ</span>(ザマレク) <span style="font-weight:700;">シェリフ・エクラミ</span>(アル・アハリ) <span style="font-weight:700;">モハメド・アワド</span>(アル・イスマイリ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">アーメド・エル・モハマディ</span>(ハル・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">モハメド・アブデル=シャフィー</span>(アル・アハリ・ジッダ/サウジアラビア) <span style="font-weight:700;">アーメド・ファティ</span>(アル・アハリ) <span style="font-weight:700;">カリム・ハフェズ</span>(ニース/フランス) <span style="font-weight:700;">ハマダ・トルバ</span>(アル・マスリ) <span style="font-weight:700;">アーメド・ヘガジ</span>(アル・アハリ) <span style="font-weight:700;">サード・サミル</span>(アル・アハリ) <span style="font-weight:700;">アーメド・ドゥエイダル</span>(ザマレク) <span style="font-weight:700;">アリ・ガブル</span>(ザマレク) <span style="font-weight:700;">オマル・ガベル</span>(バーゼル/スイス) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">アブダラー・エル=サイード</span>(アル・アハリ) <span style="font-weight:700;">アムル・ワルダ</span>(パネトリコス/ギリシャ) <span style="font-weight:700;">モハメド・エルネニー</span>(アーセナル/イングランド) <span style="font-weight:700;">タレク・ハメド</span>(ザマレク) <span style="font-weight:700;">イブラヒム・サラー</span>(ザマレク) <span style="font-weight:700;">マフムード・ハッサン</span>(トレゼゲ) <span style="font-weight:700;">モハメド・イブラヒム</span>(ザマレク) <span style="font-weight:700;">ラマダン・ソビヒ</span>(ストーク・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アーメド・ゴッマ</span>(アル・マスリ) <span style="font-weight:700;">“カフラバ”マフムード・アブデル=モネイム</span>(アル・イテハド) <span style="font-weight:700;">モハメド・サラー</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">“コカ”アーメド・ハッサン</span>(ブラガ/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">マルワン・モフセン</span>(アル・アハリ) 2016.12.30 22:01 Fri
twitterfacebook
thumb

元スパーズ指揮官のヨル氏がアル・アハリの新監督に就任

▽エジプトの名門クラブであるアル・アハリは24日、オランダ人指揮官のマルティン・ヨル氏(60)の新監督就任を発表した。クラブが公式ツイッターで発表している。 ▽ヨル氏は、現役時代にオランダ代表としてもプレー。引退後はローダで監督としてのキャリアをスタートさせると、2004年にトッテナムの監督へ就任。チームをUEFAカップ出場に導くなど成績を残したが、2007年11月に成績不振で解任された。 ▽2008年7月からはハンブルガーSVの監督に就任すると、2009年7月にはアヤックス、2011年6月にはフルアムの監督に就任。しかし、成績不振を理由に2013年12月に解任され、フリーとなっていた。 ▽アル・アハリはエジプト・プレミアリーグで37回の優勝を誇る名門で、今シーズンのリーグ戦でも首位に立っている。 2016.02.25 10:36 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース