超ワールドサッカー

メッシの善意が文化の違いで侮辱に… スパイクの寄付がエジプトで非難轟々2016.03.31 02:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現フットボール界最高のスーパースターであるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、自身のスパイクを寄付したことによりアラブ地域で問題となっている。イギリス『BBC』など複数メディアが伝えた。▽メッシは今週、エジプトのテレビ番組にてプレゼンターに自身のスパイクを寄付することを申し出た。しかし、エジプト並びにアラブ諸国の文化として、靴を履いて人を踏んだり、靴で人を傷つけることは最大のタブーとみなされているため、スパイクを寄付したメッシの行為は侮辱的なものと扱われることになってしまった。

▽そして、やはりメッシの行為に対して一部のエジプト人が怒りをあらわにしている。SNSを通じて投稿された非難の声(一部)は以下のとおり。

「これは最悪だ。彼に数千ドルが支払われ、終いに彼は靴を寄付した。バカなプレゼンターは満足した」

「エジプトの名前は、メッシの靴よりも偉大だ。これはエジプトに対する多大なる侮辱」

▽また、メッシからスパイクを受け取った女性プレゼンターに対しても、非難の声が及んでいる。

「アラブ民族よ起きろ。そしてコーヒーを飲め。眠る時間ではない。彼女(プレゼンター)は、この取るに足らない寄付を拒否しなければいけなかった」

▽さらに、エジプト議会の議員までもが、テレビ番組にて彼自身の履き物を脱ぎ、今回の侮辱への返しとしてメッシに履き物を寄付すると断言したという。

▽メッシは、サッカーボールやユニフォームと同じように、サッカー選手が寄付する一般的なものとしてスパイクを提供したつもりだろうが、予想外にも非難を受けることになってしまった。

コメント

関連ニュース

thumb

サラー、6年前にもリバプール行き接近していた! 「チャンスがあった」

▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが、以前にもリバプール移籍のチャンスがあったことを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽サラーは、2012年夏にエジプトのアラブ・コントラクターズSCを退団し、バーゼルで欧州デビュー。その後、チェルシー、フィオレンティーナ、ローマでのプレーを経て、2017年夏にリバプールに入団した。 ▽昨シーズンの公式戦52試合44ゴール16アシストと大ブレイクしたサラーは、今シーズンもここまでの公式戦14試合で7ゴール4アシストを記録。最高の時を過ごしているリバプールへの移籍に、以前も迫っていたと語っている。 「(リバプールは)世界中で有名だし、中東にも多くのサポーターが居る。僕が初めてリバプールのことを耳にしたのは、10歳か11歳の頃だったと思う」 「プレイステーションの中で彼らを使っていたというのは本当だよ。たまには他のチームも使ったけど、ほとんどリバプールだった」 「その頃は、僕がいつかここに来られるなんて想像も出来なかった。でも、いつだって(リバプールでのプレーは)僕の夢だったよ。夢は追いかけてトライしなければね」 「(6年前の)エジプトからバーゼルに行った時、いつかリバプールに行くというプランが僕の中にあった。チャンスがあったけど、その時には両クラブが上手くいかなかったんだ」 「昨年に再び関心が浮かんで、僕はすぐに頭の中がリバプール行きで一杯になったよ。でも、自分としてのプランや、そこでどのようにフィットするかについては考えなければいけない」 2018.11.02 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールに朗報! サラー&ファン・ダイクが練習復帰

▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーとオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、問題なく練習している。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽リバプールでは、代表ウィーク中にサラー、ファン・ダイクが負傷。さらに、セネガル代表FWサディオ・マネ、ギニア代表MFナビ・ケイタがケガを負ったことも伝えられていた。 ▽しかし、18日に『テレグラフ』が報じたところでは、攻撃の要であるサラーと守備の要であるファン・ダイクが通常通りに練習に参加。24日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節ツルヴェナ・ズヴェズダ戦に照準を合わせる可能性も考えられるが、20日に行われるプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦に向けても問題なさそうだ。 ▽また、ハムストリングに問題を抱えているナビ・ケイタに関しても悲観的な状況ではなく、ハダースフィールド戦の帯同も議論されているという。さらに、マネは負傷箇所を手術しているが、経過次第で早期復帰の判断もあり得るようだ。 2018.10.19 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

サラー、代表戦で筋肉系の負傷…検査は今後

▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが、負傷したようだ。イギリス『BBC』が報じている。 ▽エジプト代表として12日のアフリカ・ネーションズカップ予選第3節スワジランド代表戦に臨んだサラー。前半終了間際には右CKから左足で直接ゴールを叩き込み、4-1での勝利に貢献した。 ▽しかし、試合終了間際には左サイド付近で座り込んでしまい、エジプト代表スタッフとともにそのままピッチを後にしている。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、アシスタントコーチのハニ・ラムジ氏は試合後に「筋肉系のケガだ。詳細な検査はこれからだがそれほど重傷ではない」とコメントしていた。 ▽エジプト代表は今後、16日に第4節でスワジランドと再戦。また、リバプールは20日にプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦を予定しており、サラーの負傷に関する検査結果の報告が待たれている。 2018.10.13 08:40 Sat
twitterfacebook
thumb

サラーの“ファラオ対応”でファンの少年が号泣

▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーの行動が、1人の少年を号泣させた。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽サラーは、22日に行われたアンフィールドでのプレミアリーグ第6節サウサンプトン戦で公式戦4試合ぶりの得点を決め、3-0の完勝に貢献。今シーズンは、ここまでのリーグ6試合3ゴール2アシストを記録している。 ▽ローマからの加入初年度となった昨シーズンに、公式戦52試合44ゴール16アシストと爆発し、大ブレイクしたサラー。当然ながらリバプールファンの心を鷲掴みにしており、特に本拠地アンフィールドで受ける声援は桁違いだ。 ▽サウサンプトン戦の観戦に訪れていたルイス・ダンロップ君は試合後、紙に書いたメッセージを掲げ、サポーターに挨拶するサラーにシャツをねだっていた。すると、それに気づいたサラーがユニフォームを手渡し。歓喜のあまりルイス君が号泣する様子の動画が、父親のウェイン・ダンロップさんのツイッター(@BiggyAL1981)に投稿されている。 ▽また、ウェインさんはツイッターを通じて「モー(サラーの愛称)、なんとお礼を言ったら十分か…。うちの少年が涙を流したよ(そして私も)。息子ルイスにとって決して忘れられない日になったはずだ」、と感謝を伝えた。 ▽今シーズン、序盤から昨シーズンのような活躍は出来ておらず、批判を浴びることもあるサラー。しかしながら、“神対応”ならぬ“ファラオ対応”1つで、ゴールシーンに勝るとも劣らない興奮を小さなファンに提供してみせた。 2018.09.23 16:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ミチェル・サルガドがアギーレ監督率いるエジプト代表のアシスタントコーチに就任!

▽エジプトサッカー協会(EFA)は4日、元スペイン代表のミチェル・サルガド氏(42)をアシスタントコーチに任命したことを発表した。 ▽エジプト代表は、ロシア・ワールドカップ後にエクトル・クーペル監督が退任し、後任に日本代表でも指揮を執ったハビエル・アギーレ監督を招へいした。 ▽そしてこの度、現役時代にレアル・マドリーやスペイン代表で活躍したミチェル・サルガド氏をアシスタントコーチに任命。同氏はマドリーで4度のリーグ制覇や2度のチャンピオンズリーグの優勝を経験し、2012年に現役を退いた。引退後はドバイのフットボールアカデミーのディレクターや、スペイン・ガリシア州選抜の監督を務めた。 ▽エジプト代表は9日にニジェール代表と、アフリカネイションズカップ予選のグループステージ第2節を戦う。 2018.09.05 22:36 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース