メッシの善意が文化の違いで侮辱に… スパイクの寄付がエジプトで非難轟々2016.03.31 02:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現フットボール界最高のスーパースターであるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、自身のスパイクを寄付したことによりアラブ地域で問題となっている。イギリス『BBC』など複数メディアが伝えた。

▽メッシは今週、エジプトのテレビ番組にてプレゼンターに自身のスパイクを寄付することを申し出た。しかし、エジプト並びにアラブ諸国の文化として、靴を履いて人を踏んだり、靴で人を傷つけることは最大のタブーとみなされているため、スパイクを寄付したメッシの行為は侮辱的なものと扱われることになってしまった。

▽そして、やはりメッシの行為に対して一部のエジプト人が怒りをあらわにしている。SNSを通じて投稿された非難の声(一部)は以下のとおり。

「これは最悪だ。彼に数千ドルが支払われ、終いに彼は靴を寄付した。バカなプレゼンターは満足した」

「エジプトの名前は、メッシの靴よりも偉大だ。これはエジプトに対する多大なる侮辱」

▽また、メッシからスパイクを受け取った女性プレゼンターに対しても、非難の声が及んでいる。

「アラブ民族よ起きろ。そしてコーヒーを飲め。眠る時間ではない。彼女(プレゼンター)は、この取るに足らない寄付を拒否しなければいけなかった」

▽さらに、エジプト議会の議員までもが、テレビ番組にて彼自身の履き物を脱ぎ、今回の侮辱への返しとしてメッシに履き物を寄付すると断言したという。

▽メッシは、サッカーボールやユニフォームと同じように、サッカー選手が寄付する一般的なものとしてスパイクを提供したつもりだろうが、予想外にも非難を受けることになってしまった。

コメント

関連ニュース

thumb

サラーがBBCアフリカ年間最優秀選手賞を初受賞

▽イギリス『BBC』は11日、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが2017年のBBCアフリカ年間最優秀選手賞を受賞したことを発表した。 ▽1992年度からスタートしたアフリカ大陸出身の現役サッカー選手に与えられる同賞は、世界中のサッカーファンによるインターネット投票によってノミネートされた5人の現役選手の中から選ばれる。 ▽2017年6月にローマからリバプールへ加入したサラーは、ここまでリーグ戦全試合に出場し、13ゴール4アシストをマーク。また、エジプト代表ではキャプテンとしてチームをまとめると、アフリカネイションズカップ2017準優勝に加え、エジプトを7大会ぶり3度目のワールドカップ出場に導いた。 ▽なお、最終選考には、サラーの他、ドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンやリバプールで共にプレーするセネガル代表MFサディオ・マネ、ライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタ、チェルシーのナイジェリア代表FWヴィクター・モ-ゼスがノミネートされていた。 ▽今回の受賞についてサラーはBBCのインタビューで以下のように喜びを語っている。 「この賞を受賞できてとても嬉しいね。ただこの賞は、僕だけの力で獲得できたものではないんだ。リバプールやローマ、代表でのチームメイトに感謝しなければいけないね」 2017.12.12 06:29 Tue
twitterfacebook
thumb

サラーの2発で劇的勝利のエジプトが7大会ぶり3度目のW杯本大会出場を決める!《ロシアW杯アフリカ予選》

▽エジプトは8日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選グループE第5節でコンゴ代表と対戦し、2-1で勝利した。この結果、エジプトが7大会ぶり3度目のW杯本大会出場を決めた。 ▽前節終了時点で首位に立つエジプト(勝ち点8)が、ホームに最下位コンゴ(勝ち点1)を迎えた。今節の結果次第でロシアW杯本大会出場の決まるエジプトは、サラーやエルネニー、ハッサンなど主力を先発で起用した。 ▽試合が動いたのはゴールレスで折り返した後半。63分、右サイドでボールを受けたエルネニーがロングパスを送ると、これが相手DFのクリアミスを誘う。相手DFの裏に抜け出したサラーがボックス右から仕掛けると、飛び出したGKの上を抜くチップキックでゴールネットを揺らした。 ▽先制したエジプトだったが、試合終盤にコンゴに一瞬の隙を突かれる。88分、ボックス右手前でパスを受けたティエビーがクロスを供給。これを逆サイドから駆け上がったモートーが左足で合わせると、ダイレクトボレーがゴールネットに突き刺さった。 ▽勝利目前で同点弾を許し、このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイム5分に再びスコアが動く。ヘガジーの左クロスに反応したトレゼゲがボックス内でイトゥアに倒され、エジプトがPKを獲得。このプレッシャーがかかるPKをエースのサラーが落ち着いてゴール右へ確実に沈めた。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、エジプトが2-1で勝利。サラーの2ゴールで劇的勝利を挙げたエジプトが、最終節を残して7大会ぶり3度目のW杯本大会出場を決めた。 2017.10.09 04:40 Mon
twitterfacebook
thumb

優勝カメルーンから最多3人選出! ANCベストイレブンが発表《アフリカ・ネイションズカップ》

▽今月5日に終了したアフリカ・ネイションズカップ2017のベストイレブンが決定した。アフリカサッカー連盟(CAF)が発表した。 ▽カメルーン代表の4大会ぶり5度目の優勝で幕を閉じたアフリカ・ネイションズカップ。その白熱のトーナメントのベストイレブンには、優勝のカメルーンから守護神のファブリス・オンドア、DFミシェル・エンガジュ・エンガジュイ、大会最優秀選手賞に輝いたFWクリスチャン・バソゴグの3選手が選出。 ▽また、準優勝のエジプト代表からは、エースFWモハメド・サラー(写真)、DFアーメド・ヘガジが選出。また、3位のブルキナファソ代表、4位のガーナ代表からも2選手ずつが選出されている。さらに、3得点で大会得点王に輝いたDRコンゴ代表FWジュニオル・カバナンガもベストイレブン入りを果たした。 <span style="font-weight:700;">◆アフリカ・ネイションズカップ・ベストイレブン</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ファブリス・オンドア</span>(カメルーン) DF <span style="font-weight:700;">カラ・エムボジ</span>(セネガル) <span style="font-weight:700;">アーメド・ヘガジ</span>(エジプト) <span style="font-weight:700;">ミシェル・エンガジュ・エンガジュイ</span>(カメルーン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">シャルル・カボレ</span>(ブルキナファソ) <span style="font-weight:700;">ダニエル・アマルテイ</span>(ガーナ) <span style="font-weight:700;">バートランド・トラオレ</span>(ブルキナファソ) <span style="font-weight:700;">クリスチャン・アツ</span>(ガーナ) <span style="font-weight:700;">モハメド・サラー</span>(エジプト) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">クリスチャン・バソゴグ</span>(カメルーン) <span style="font-weight:700;">ジュニオル・カバナンガ</span>(DRコンゴ) 2017.02.08 02:11 Wed
twitterfacebook
thumb

途中出場2選手のゴールで逆転のカメルーンがエジプト破り、8大会ぶり5度目の優勝!《アフリカ・ネイションズカップ》

▽アフリカ・ネイションズカップ決勝戦のエジプト代表vsカメルーン代表が行われ、カメルーンが2-1で逆転勝利した。この結果、カメルーンが8大会ぶり5度目のアフリカ・ネイションズカップ制覇を果たした。 ▽準決勝でブルキナファソ代表をPK戦で退けたエジプトと、ガーナ代表を一蹴したカメルーンによる決勝戦。大会最多7度の優勝を誇るエジプトは、4大会ぶり8度目の優勝がかかるこの決勝に向けて、エースのFWサラー、MFエルネニー、DFエル・モハマディ、44歳のベテラン守護神エル・ハダリら主力が先発に入った。 ▽一方、8大会ぶり5度目の優勝を目指すカメルーンは、ヨーロッパ4大リーグで活躍する選手は少ないものの、FWムカンジョやMFズーア、MFシアニといった好調を継続するメンバーが先発に入り、FWエンジエやDFエンクル、FWアブバカルらがベンチスタートとなった。 ▽開始2分、サラーの絶妙な落としに反応したMFエル・サイードが最初の枠内シュートを放つと、カメルーンも7分にシアニのミドルシュートで応戦。注目の決勝戦は、立ち上がりからオープンな展開となった。 ▽拮抗した展開が続く中、均衡を破ったのは、エジプトが誇る元バーゼルのスターコンビ。22分、ボックス右角付近でサイドバックからのマイナスのリターンパスを受けたサラーが、ボックス内に走り込むエルネニーの足元に絶妙なスルーパスを通す。そして、エルネニーはボックス右角度のないところから、ゴール上隅に右足のシュートを突き刺した。 ▽一方、すぐさま反撃に転じるも、相手の高速カウンターを警戒してか、全体を押し上げ切れないカメルーンは、30分過ぎにアクシデント発生。右足内転筋を痛めたDFテイクがプレー続行不可能になり、エンクルが緊急投入された。その後、前半終盤にかけて攻勢をかけたカメルーンだったが、1点ビハインドで試合を折り返すことになった。 ▽迎えた後半、先に動いたのはカメルーンベンチ。タンベを下げてハーフタイム明けに背番号10のアブバカルをピッチに送り込んだ。だが、前半同様に相手の堅守攻略に手を焼く。 ▽後半に入ってよりサイドを意識した仕掛けを見せ始めたカメルーンは59分に追いつく。左CKの流れから左サイドのムカンジョが浮き球のクロスを送ると、この試合制空権を握っていたDFヘガジに競り勝ったエンクルの豪快なヘディングシュートがゴールネットを揺らした。味方の負傷で緊急投入のエンクルの大仕事で試合は振り出しに戻った。 ▽追いつかれて以降、相手の推進力に押され始めたエジプトは、66分にFWトレゼゲを下げて、ストーク・シティでプレーする20歳FWソビヒを投入。後半もサラーのスピードと個人技を武器にゴールチャンスを窺うが、周囲のサポートに恵まれず、ゴールが遠い。 ▽試合終盤にかけても一進一退の攻防が繰り広げられた試合は、1-1のまま延長戦突入と思われたが、土壇場の88分に試合が動く。後方からのフィードに反応したアブバカルが、ボックス手前で胸トラップから浮き球をコントロールして相手DFを振り切り、最後は右足のボレーシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽そして、途中出場の2選手の活躍で劇的逆転勝利を飾ったカメルーンが、8大会ぶり5度目のアフリカ・ネイションズカップ優勝を果たした。 2017.02.06 05:58 Mon
twitterfacebook
thumb

PK戦を制したエジプトが4大会ぶりの決勝進出を決める!《アフリカ・ネイションズカップ》

▽1日にアフリカ・ネイションズカップ2017の準決勝、ブルキナファソ代表vsエジプト代表が行われ、延長戦までもつれ込んだ試合は1-1でタイムアップ。その後行われたPK戦を4-3で制したエジプトが決勝進出を決めた。 ▽準々決勝でチュニジア代表を2-0で下したブルキナファソ(グループA1位)と、モロッコ代表を1-0で下したエジプト(グループD1位)の一戦。 ▽4大会ぶりの決勝進出を狙うエジプトは、サラーやエル・モハマディ、サイードの主力を起用。一方、2大会ぶりの決勝進出を狙うブルキナファソは、現在3得点で得点ランクトップに立つナクルマやバートランド・トラオレなど、好調の攻撃陣を起用した。 ▽試合序盤は、ブルキナファソが積極的に仕掛ける。8分、クロスのこぼれ球をトゥーレがボックス左手前からインサイドで丁寧に左隅を狙うも、GKエル・ハダリがパンチングで防ぐ。 ▽立ち上がりにゴールを脅かされたエジプトは17分、ボックス左のマフムード・ハッサンがカットインからのシュートでゴールを脅かすと、38分にもボックス手前でパスを受けたカフラバが、巧みな反転からミドルシュート。キーパーの手前でワンバウンドしたシュートもGK16クアクが落ち着いて対処し、ゴールレスのまま試合は折り返す。 ▽その後も一進一退の攻防が続くと後半半ば、エジプトがついに均衡を破る。66分、右サイドからのクロスをカフラバがワントラップし、ボックス右手前に落とすと、反応したサラーが左足でシュート。これがゴール左上に突き刺さり、エジプトが先制に成功する。 ▽一方、先制を許したブルキナファソは73分、ボックス内右でヤゴが粘って落とすと、カボレがクロスを供給。これを中央のバンセが胸トラップし、右足でゴール左に流し込み同点に追いつく。 ▽試合終盤にかけてはブルキナファソが同点に追いついた勢いそのままにエジプトゴールに迫るも、GKエル・ハダリを中心としたエジプトのディフェンスを崩し切ることができず。さらに延長戦でも決着が付かず、決勝への切符はPK戦にゆだねられた。 ▽運命のPK戦、エジプトの一人目サイードが左隅を狙うも、GKクアクが触ると、ポストに直撃し、先攻チームがいきなりミス。一方、後攻のブルキナファソは、3人目まで成功すると、4人目のキッカーはGKクアク。だが、先ほど好守を見せたクアクの右上に放ったシュートは、GKエル・ハダリがファインセーブで弾き出し、勝負は振り出しに。迎えた5人目、エジプトが成功も後攻ブルキナファソの5人目のキッカーとなったバートランド・トラオレの右隅に放ったシュートは、GKエル・ハダリがブロックし、白熱の一戦はようやく決着。守護神の活躍でPK戦を制したエジプトが4大会ぶりの決勝進出を決めた。 2017.02.02 08:09 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース