メッシの善意が文化の違いで侮辱に… スパイクの寄付がエジプトで非難轟々2016.03.31 02:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽現フットボール界最高のスーパースターであるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、自身のスパイクを寄付したことによりアラブ地域で問題となっている。イギリス『BBC』など複数メディアが伝えた。

▽メッシは今週、エジプトのテレビ番組にてプレゼンターに自身のスパイクを寄付することを申し出た。しかし、エジプト並びにアラブ諸国の文化として、靴を履いて人を踏んだり、靴で人を傷つけることは最大のタブーとみなされているため、スパイクを寄付したメッシの行為は侮辱的なものと扱われることになってしまった。

▽そして、やはりメッシの行為に対して一部のエジプト人が怒りをあらわにしている。SNSを通じて投稿された非難の声(一部)は以下のとおり。

「これは最悪だ。彼に数千ドルが支払われ、終いに彼は靴を寄付した。バカなプレゼンターは満足した」

「エジプトの名前は、メッシの靴よりも偉大だ。これはエジプトに対する多大なる侮辱」

▽また、メッシからスパイクを受け取った女性プレゼンターに対しても、非難の声が及んでいる。

「アラブ民族よ起きろ。そしてコーヒーを飲め。眠る時間ではない。彼女(プレゼンター)は、この取るに足らない寄付を拒否しなければいけなかった」

▽さらに、エジプト議会の議員までもが、テレビ番組にて彼自身の履き物を脱ぎ、今回の侮辱への返しとしてメッシに履き物を寄付すると断言したという。

▽メッシは、サッカーボールやユニフォームと同じように、サッカー選手が寄付する一般的なものとしてスパイクを提供したつもりだろうが、予想外にも非難を受けることになってしまった。

コメント

関連ニュース

thumb

元スパーズ指揮官のヨル氏がアル・アハリの新監督に就任

▽エジプトの名門クラブであるアル・アハリは24日、オランダ人指揮官のマルティン・ヨル氏(60)の新監督就任を発表した。クラブが公式ツイッターで発表している。 ▽ヨル氏は、現役時代にオランダ代表としてもプレー。引退後はローダで監督としてのキャリアをスタートさせると、2004年にトッテナムの監督へ就任。チームをUEFAカップ出場に導くなど成績を残したが、2007年11月に成績不振で解任された。 ▽2008年7月からはハンブルガーSVの監督に就任すると、2009年7月にはアヤックス、2011年6月にはフルアムの監督に就任。しかし、成績不振を理由に2013年12月に解任され、フリーとなっていた。 ▽アル・アハリはエジプト・プレミアリーグで37回の優勝を誇る名門で、今シーズンのリーグ戦でも首位に立っている。 2016.02.25 10:36 Thu
twitterfacebook
thumb

元スパーズのミドが古巣の監督を解任…チームはリーグ2位に位置

▽エジプトのザマレクは10日、アーメド・ホッサム・ミド監督(32)を解任した。クラブ公式サイトで発表されている。 ▽ミド監督は、かつてアヤックスやトッテナム、ローマなどでプレー。エジプト代表FWとしても活躍し、代表通算50試合出場19得点を記録していた。2013年にバーンズリーで現役を引退し、2014年1月にキャリアをスタートさせたザマレクで監督に就任。就任半年で解任されていたが、今年1月に再就任。しかし、37日間で2度目の解任となった。 ▽ザマレクは、今シーズンのエジプトリーグで現在2位につけており、首位のアル・アハリとは勝ち点差7。しかし、ここ3試合で1分け2敗と勝利から見放されていた。 2016.02.10 20:31 Wed
twitterfacebook
thumb

リヨンやチェルシーでプレーした元フランス代表MFマルダ、インドの次はエジプトへ

▽かつてリヨンやチェルシーで数々のタイトルを獲得し、現在はインド・スーパーリーグ(ISL)のデリー・ダイナモスに所属していた元フランス代表MFフローラン・マルダ(35)が、今度はエジプトへ渡るようだ。 ▽マルダが加入するのは、ワディ・デグラというチーム。マルダは、自身のツイッターを通じて、チームの本拠地であるカイロに到着したことを明かしている。なお、ワディ・デグラは今シーズンのリーグ戦で14試合を終えて、18チーム中13位に位置している。 ▽シャトールーでキャリアをスタートさせたマルダは、ギャンガン、リヨンとフランス国内でプレー。リヨン時代にはリーグ6連覇達成にも貢献し、リーグ・アン最優秀選手賞を受賞。2007年にチェルシーへ移籍すると、プレミアリーグやFAカップ、チャンピオンズリーグの優勝に貢献。2013年にはトルコのトラブゾンシュポルへと移籍し、昨シーズンは7年ぶりにリーグ・アンのメスでプレー。2015年8月にはデリー・ダイナモスへ移籍していた。フランス代表としても2004年から2012年までプレーし80試合に出場している。 2016.01.30 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

クーペル氏がエジプト代表監督に就任 かつてバレンシアやインテルで指揮

▽エジプトサッカー協会(EFA)は2日、エジプト代表監督にかつてバレンシアやインテルで指揮を執った、アルゼンチン人指揮官のエクトル・クーペル監督(59)を招へいすることを発表した。 ▽エクトル・クーペル監督は、現役時代にDFとして母国アルゼンチンリーグでプレー。アルゼンチン代表としてもプレーしていた。現役引退後は、最終所属クラブであったアルゼンチンリーグのウラカンで監督としてのキャリアをスタート。1997年にスペインに渡り、マジョルカ、バレンシアで指揮を執った。 ▽バレンシア時代には、2年連続でチャンピオンズリーグ決勝にチームを導くなど評価を高め、2001年にインテルの指揮官に就任。思うような結果は残せなかったが、タバコを吸いながら指揮を執っていたことで注目を浴びていた。2004年にはマジョルカに戻り、元日本代表FW大久保嘉人らを指揮。その後は、グルジア代表監督や欧州の各国リーグで指揮を執り、昨シーズンはUAEのアル・ワスルで指揮を執っていた。 2015.03.04 15:23 Wed
twitterfacebook
thumb

エジプトでサポーターと警察が衝突、約20名が死亡か

8日に行われたエジプト1部リーグの試合前に、サポーターと地元警察が衝突し、少なくとも22名が死亡する事件が起きた。イギリス『BBC』などが報じている。<br /><br />問題が起きたのは、ザマレク対ENPPIの一戦。チケットを持たないザマレクのウルトラス「ホワイト・ナイト」の一部ファンが、警備にあたった警察と対立。暴動に発展し、催涙ガスが使用される事態に至り、22名の死者と多数の負傷者を出したという。<br /><br />エジプトでは2012年、ポートサイドでの暴動で74名の死者を出す悲劇が起き、観客数に制限がかけられている。この日の試合も、観客数は1万人に限定されていたとのことだ。<br /><br />暴動にもかかわらず、試合は予定どおりに行われたとのこと。<br /><br /><br>提供:goal.com 2015.02.09 09:37 Mon
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース