メッシの善意が文化の違いで侮辱に… スパイクの寄付がエジプトで非難轟々2016.03.31 02:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現フットボール界最高のスーパースターであるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、自身のスパイクを寄付したことによりアラブ地域で問題となっている。イギリス『BBC』など複数メディアが伝えた。

▽メッシは今週、エジプトのテレビ番組にてプレゼンターに自身のスパイクを寄付することを申し出た。しかし、エジプト並びにアラブ諸国の文化として、靴を履いて人を踏んだり、靴で人を傷つけることは最大のタブーとみなされているため、スパイクを寄付したメッシの行為は侮辱的なものと扱われることになってしまった。

▽そして、やはりメッシの行為に対して一部のエジプト人が怒りをあらわにしている。SNSを通じて投稿された非難の声(一部)は以下のとおり。

「これは最悪だ。彼に数千ドルが支払われ、終いに彼は靴を寄付した。バカなプレゼンターは満足した」

「エジプトの名前は、メッシの靴よりも偉大だ。これはエジプトに対する多大なる侮辱」

▽また、メッシからスパイクを受け取った女性プレゼンターに対しても、非難の声が及んでいる。

「アラブ民族よ起きろ。そしてコーヒーを飲め。眠る時間ではない。彼女(プレゼンター)は、この取るに足らない寄付を拒否しなければいけなかった」

▽さらに、エジプト議会の議員までもが、テレビ番組にて彼自身の履き物を脱ぎ、今回の侮辱への返しとしてメッシに履き物を寄付すると断言したという。

▽メッシは、サッカーボールやユニフォームと同じように、サッカー選手が寄付する一般的なものとしてスパイクを提供したつもりだろうが、予想外にも非難を受けることになってしまった。

コメント

関連ニュース

thumb

エジプト代表引退が囁かれるも…サラーがSNSで代表キャリア続行を示唆か

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、代表でのキャリアを続行する可能性があることをSNSに投稿した。<br><br>5月末のチャンピオンズリーグ決勝で左肩に重傷を負ったサラー。ワールドカップ欠場を心配する声が挙がったものの、驚異的な回復を見せ、2戦目から4年に1度の大舞台に立った。しかし、同選手が2ゴールをマークするも、エジプト代表は3連敗を喫してグループAの最下位で大会から姿を消した。<br><br>ワールドカップの主役の1人になるのではないかとされてきたサラーだが、期待されるだけの活躍ができず。そして、大会中にもかかわらずエジプト代表から引退するのではないかとの噂が浮上。理由としては、以前にエジプトサッカー協会が同選手の肖像権を無断使用していたことに加え、キャンプ地のチェチェン共和国に政治利用されたことに怒りを憶えたためと考えられていた。<br><br>しかし1日、サラーは「何人かは終わったと思っているかもしれないが、まだ終わっていない。変化が必要だ」と曖昧なメッセージをツイッターに投稿。これは代表でのキャリアを指し、今後もエジプトのためにプレーすることを示唆したと考えられている。<br><br>サウジアラビア代表戦後には「僕たちは2022年に再びこの舞台に帰って来る」と話したサラーは、これからも同国代表とともにキャリアを歩むことになりそうだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.03 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

エジプト代表MFトレゼゲ、インテル移籍を宣言!

▽トルコのカスムパシャに所属するエジプト代表MFマフムード・ハッサン・トレゼゲ(23)がインテル移籍を公言した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽母国アル・アハリでプロデビューを果たし、これまでベルギーのムスクロンやアンデルレヒトでプレーしてきたトレゼゲ。今季はレンタルでカスムパシャに活躍の場を移し、リーグ戦31試合に出場し、13ゴール7アシストを記録した。 ▽得意ポジションはウイングでロシア・ワールドカップでも左ウイングでグループステージの全3試合に出場。チームは全敗だったが印象的なプレーを見せた。 ▽『カルチョメルカート』によれば、トレゼゲは「僕はおそらくミラノに行く。その後パルマへ向かうよ。1シーズンはレンタルになるだろうね」と公言。23歳のエジプト代表アタッカーはインテル移籍後、2018-19シーズンはパルマで武者修行を積むようだ。 ▽なお、“トレゼゲ”という名前は本名ではなく、顔立ちが似ているとされる元フランス代表のダビド・トレゼゲに由来してる。 2018.06.30 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

45歳でW杯デビュー&最年長出場記録を更新したエジプトGKエル・ハダリ

▽エジプト代表のGKエッサム・エル・ハダリが、ワールドカップでの最年長出場記録を達成した。 ▽すでにグループステージでの敗退が決定していたエジプトは、ここまで2試合ゴールを守っていた守護神のGKモハメド・エル・シェナウィ(29)が負傷。代わりに、エル・ハダリがゴールを守った。 ▽これまでは、コロンビア代表GKファリド・モンドラゴンの43歳が最年長出場記録。奇しくも、2014年のブラジル・ワールドカップ、グループステージ第3節の日本代表戦で試合終盤に途中出場したものだった。 ▽エル・ハダリは、45歳でワールドカップ出場。モンドラゴンの記録を更新した。試合ではPKをセーブするなど活躍を見せたが、試合は2-1で敗れ、エジプトは3連敗で大会を去ることとなった。 ▽試合後エル・ハダリは「僕は3連敗となったことを、同僚、そしてエジプト国民のみなさんにお詫びしたい。我々は運がなかった。これがサッカーだ」とコメント。自身の記録については「自分自身が達成したことは誇りに思っている。この成果はエジプトにふさわしいものだ。僕は、全ての選手の力を借りて、成し遂げたんだ」と語った。 2018.06.26 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:サウジアラビア 2-1 エジプト《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループA最終節、サウジアラビア代表vsエジプト代表が25日に、ヴォルゴグラード・アリーナで行われ、2-1でサウジアラビアが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽サウジアラビア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180625_39_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 21 アル・モサイレム 5.5 失点シーンの飛び出しは不要だった DF 6 アル・ブレイク 5.5 チームがボールを持つ時間が長くなる中で、高いポジションをキープし攻撃をサポート 3 オサマ・ハウサウィ 5.0 サラーの俊敏性に最後まで苦しんだ 23 モタズ・ハウサウィ 6.0 サラーとのスピード勝負は見ものだった 13 アル・シャハラニ 5.5 豊富な運動量で攻守に貢献 MF 14 オタイフ 6.0 気の利いたポジションで幾度も攻撃のアクセントに。決勝点をアシスト 7 アル・ファラジ 6.5 攻撃のタクトを振るった。いくつも効果的なパスを繰り出し、PKでサウジアラビアの今大会初ゴールを決めた 16 アル・ムガウィ 5.5 少し影が薄かった。効果的なパスを通らず 9 バヘブリ 5.0 ボールに絡む回数が少なかった印象 (→ムハンナド・アシリ 5.0) 一度チャンスを迎えるもそれまで 18 アル・ドサリ 6.0 失点の起因となったことを払拭する値千金の逆転決勝弾を挙げ、サウジアラビアの勝利を手繰り寄せた FW 19 アル・ムワラッド 5.5 PK失敗で、サウジアラビアの今大会初ゴールを逃す (→アル・シェフリ -) 監督 ピッツィ 6.0 試合を重ねるごとにチームが受精していき、見事に24年ぶりの勝利をもたらした ▽エジプト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180625_39_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 エル・ハダリ 6.0 W杯史上最年長記録を塗り替えたGKは素晴らしいPKストップを見せた。他にも再三のショットブロックを見せ45歳とは思えない活躍ぶりだった DF 7 ファティ 5.5 ハンドでPKを献上。だがGKエル・ハダリ の見事なセービングに救われた 2 ガブル 5.5 こちらもPK献上。やや厳しい判定だった 6 ヘガジ 6.0 粘り強く集中した守備を見せ続けた。決定的なシュートブロックも披露 13 アブデルシャフィ 5.0 攻撃は前線に任せていたのかあまり攻撃参加は見られなかった MF 17 エルネニー 5.5 守勢に回った中で落ち着いた無難なプレーに終始 8 ハメド 5.5 エルネニーとのコンビで中盤を組織。攻守で貢献 10 サラー 6.0 今大会2点目を挙げるなど攻撃を牽引。しかし勝利に導くことはできなかった 19 アブドゥラ・サイード 5.5 サラーの先制点をアシスト。ケガにより前半のみでの交代となった (→ワルダ 5.5) 積極的に攻撃に絡みゴールチャンスも演出 21 トレゼゲ 5.5 左サイドでは敵なしだった (→カハラバ -) FW 9 モフセン 5.0 今日はインパクトを残せなかった (→ソブヒ 5.0) 途中出場も見せ場作れず 監督 クーペル 5.5 結果としては負けてしまったがGKエル・ハダリの大抜擢は悪くなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アル・ファラジ(サウジアラビア) ▽正確無比なキックで数々のチャンスを演出。PK弾でサウジアラビアの今大会初ゴールも記録した サウジアラビア 2-1 エジプト 【サウジアラビア】 アル・ファラジ(前51) アル・ドサリ(後50) 【エジプト】 サラー(前22) 2018.06.26 01:07 Tue
twitterfacebook
thumb

45歳大会史上最年長エジプトGK奮闘も、後半AT弾のサウジアラビアが逆転で24年ぶり勝利!《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループA最終節、サウジアラビア代表vsエジプト代表が25日に、ヴォルゴグラード・アリーナで行われ、2-1でサウジアラビアが勝利した。 ▽互いに2連敗を喫し、すでにグループステージ敗退が決まっている両チーム。エジプトは前節W杯初出場&初ゴールを記録したエースのサラーがスタメン入り。さらにGKエル・ハダリが45歳5カ月10日というW杯出場史上最年長記録を更新。サウジアラビアは1994年大会以来、そしてエジプトは大会初勝利を目指す。 ▽開始3分に初シュートを放ち、12分にもアル・ドサリが狙いに行くなど、積極的な入りを見せるサウジアラビア。対するエジプトは前線でボールが落ち着かず頼みのサラーもなかなかいい形でボールに触れられない。 ▽そんな中19分にエジプトはサラーがカウンターから右サイドを侵攻。爆発的なスピードを生かしたドリブルを仕掛けるが、こちらもスピードに自信のあるモタズ・ハウサウィが走り勝ちサウジアラビアのピンチを未然に防いだ。 ▽しかし先制点はそのサラーが挙げる。22分、アル・ドサリのミスパスを奪ったアブドゥラ・サイードがすかさず前線のサラーにロングボールを供給。サラーはDFに2人に挟まれながらも、飛び出してきたGKの頭上を抜くループシュートを沈めてエジプトに先制点をもたらした。 ▽さらにその2分後、トレゼゲのスルーパスから最終ラインを抜け出したサラーがGKと一対一に。GKを躱すループ気味のシュートを狙ったが、これはゴール右に外してしまった。33分には再びカウンターから左サイドのトレゼゲに展開。ボックス手前のサラーと距離のあるワンツーでゴール前に飛び出してシュートを放つが、回転のかかったボールはゴール右上に逸れていった。 ▽序盤以降なかなかシュートまで持ち込めなかったサウジアラビアもようやく良い攻撃の形を作る。37分、アル・ファラジがボックス右に預け、その折り返しを再びアル・ファラジ。シュートは枠を捉えていたがヘガジのブロックに遭ってしまう。さらに攻め込むサウジアラビアは40分にアル・シャハラニのクロスがファティに当たりPKを獲得。キッカーはアル・ムワラッドが務めたが、ゴール左を狙った強烈なシュートはGKエル・ハダリがストップ。ビッグセーブでエジプトを救った。 ▽しかし、前半アディショナルタイム2分、ガブルがアル・ムワラッドを倒したとしてサウジアラビアに2度目のPKが与えられる。エジプトはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を要求したが判定は覆らず、今度はアル・ファラジがきっちり決めてサウジアラビアが追いついて前半を終えた。 ▽同点で迎えた後半、サウジアラビアがボールを支配する試合となる中、54分にバヘブリが右サイドのクロスのこぼれ球をボレーシュートで狙う。逆にエジプトも56分にトレゼゲが打点の高いヘディングシュートでゴールに迫る。 ▽69分、アル・ファラジのクロスにアル・ムガウィがヘディングシュート。枠を完璧に捉えたシュートだったが、GKエル・ハダリのビッグセーブに遭う。さらにその直後のCKにはアル・ファラジのクロスを途中出場のムハンナド・アシリが頭で合わせるが、ここでもGKエル・ハダリが立ちはだかった。 ▽75分過ぎにはエジプトが攻勢に回る展開に。サラーを中心に攻撃を仕掛けるエジプトはエースの突破から最後は途中出場ワルダがボックス手前左からシュートを放つが、相手に当たり枠の外へ。 ▽終盤に近付くにつれて体力が限界に近づく選手もおり、選手間が間延びしてきた両者。その間に、サラーが何度かカウンターを仕掛けるエジプトがゴールに迫ったが、勝利の女神が微笑んだのはサウジアラビアの方だった。 ▽後半アディショナルタイム5分、右サイドからのクロスをオタイフがワンタッチでアル・ドサリに供給。アル・ドサリはそのパスをダイレクトで蹴り込みサウジアラビアが逆転。ほどなく試合終了の笛が鳴り、サウジアラビアが2-1で勝利。1994年のアメリカ大会以来となる大会勝利を手にした。一方のエジプトはこれで3戦全敗。大会初勝利とはならなかった。 2018.06.26 01:06 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース