ノヴァコヴィッチ、オブラクらが招集! スロベニア代表が発表《国際親善試合》2016.03.17 01:39 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽スロベニアサッカー協会(NZS)は16日、マケドニア代表(23日)と北アイルランド代表(28日)との国際親善試合に向けたスロベニア代表メンバー23名を発表した。

▽スロベニアは昨年のユーロ2016予選敗退を受けて、日本代表DF長友佑都のチームメイトであるGKサミル・ハンダノビッチ(インテル)や、JリーグでプレーするFWズラタン・リュビヤンキッチ(浦和)、MFネイツ・ペチュニク(大宮)ら主力が揃って代表引退を表明した。

▽そして、スレチコ・カタネツ監督の下、若返りを図るチームは、国内組の若手数名を新たに代表メンバーに招集。その一方で、名古屋を退団して母国のマリボルに復帰したFWミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチやハンダノビッチに代わる新守護神として期待されるGKヤン・オブラクは、引き続き招集されている。今回発表されたメンバー23名は以下のとおり。

◆スロベニア代表招集メンバー23名
GK
ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ヴィド・ベレツ(カルピ/イタリア)
ネイツ・ヴィドマー(オリンピア・リュブリャナ)

DF
ボストヤン・チェサル(キエーボ/イタリア)
ルカ・クラン(カリアリ/イタリア)
ボスティアン・チェサル(キエーボ/イタリア)
アンドラズ・ストルナ(PASヨアニナ/ギリシャ)
ボヤン・ヨキッチ(ノッティンガム・フォレスト/イングランド)
ネイツ・スクビツ(コンヤシュポル/トルコ)
ミラル・サマルジッチ(リエカ/クロアチア)
ペタル・ストヤノビッチ(ディナモ・ザグレブ/クロアチア)

MF
ヴァルテル・ビルサ(キエーボ/イタリア)
ヨシップ・イリチッチ(フィオレンティーナ/イタリア)
マティツ・チュルニツ(ドムザーレ)
アンドラズ・キルム(オモニア・ニコシア/キプロス)
ジャスミン・クルティッチ(アタランタ/イタリア)
ミハ・ザイツ(オリンピア・リュブリャナ)
レネ・クーリン(グラナダ/スペイン)
ブラズ・ヴルホヴェツ(ツェリェ)
ベンヤミン・べルビッチ(コペンハーゲン/デンマーク)

FW
エネイ・イェレニッチ(リボルノ/イタリア)
ロマン・ベジャク(リエカ/クロアチア)
ミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチ(マリボル)
コメント
関連ニュース
thumb

スロベニア代表のカブチッチ監督が解任、UNL未勝利で最下位…

▽スロベニアサッカー協会(NZS)は17日、トマス・カブチッチ監督(64)を解任したことを発表した。 ▽2017年12月にスロベニア代表の監督に就任したカブチッチ監督は、UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグC・グループ3の4試合を戦い終えて1分け3敗と結果を出せず、4チーム中最下位に沈み、リーグDへの降格が濃厚となっている。直近ではノルウェー代表に0-1で敗れ、キプロス代表に1-1と引き分けていた。 2018.10.18 03:36 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコGKオブラク、腕の痛みによりスロベニア代表離脱

▽アトレティコ・マドリーに所属するGKヤン・オブラクが、腕の痛みによりスロベニア代表を離脱することが決まったようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、オブラクは7月26日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ2018のアーセナル戦で左腕を負傷。ここまでの公式戦4試合すべてに出場しているものの、完治はしておらず、今回クラブの医療スタッフからのアドバイスを受けて治療に専念することにしたようだ。 ▽スロベニア代表はUEFAネイションズリーグ リーグC グループ3で、6日にブルガリア代表、9日にキプロス代表と対戦する。 2018.09.05 08:50 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: スウェーデン 0-2 イングランド《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝、スウェーデン代表vsイングランド代表が7日にサマーラ・アリーナで行われ、0-2でイングランドが勝利し、準決勝進出を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽スウェーデン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180708_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロビン・オルセン 5.5 2失点もスターリングとの一対一を止める DF 16 クラウス 5.0 ルスティグの出場停止を受けて出場。デレ・アリのマークを外して失点に関与 (→ヤンソン -) 3 リンデロフ 6.0 グランクビストと共に安定していた 4 グランクビスト 6.0 相変らずゴール前で鉄壁の守備を披露 6 アウグスティンション 5.5 1本好精度クロスからチャンス演出 MF 17 クラーソン 5.5 ポジションを崩して攻撃に出ていったが実らず 7 ラーション 5.0 もっと攻撃に絡みたかった 8 エクダル 5.0 攻撃に出ていけなかった 10 フォルスベリ 5.0 ほぼ見せ場を作れず (→M・オルソン 5.0) 左サイドから攻撃を作れず FW 9 ベリ 5.5 2つあった決定機をピックフォードに止められた 20 トイヴォネン 5.0 高さは生かせなかった (→グイデッティ 5.0) 流れを変えられず 監督 アンデション 5.0 前半にセットプレーでゴールをこじ開けられ堅守が通じなかった ▽イングランド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180708_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ピックフォード 6.5 3つのファインセーブでチームをベスト4に導く DF 2 ウォーカー 5.5 守備面でさほど試される場面はなかった 5 ストーンズ 6.0 的確なカバーリングを見せた 6 マグワイア 6.5 強靭なフィジカルを生かして先制ゴールをこじ開けた MF 12 トリッピアー 5.5 2点目を演出。攻守にそつなし 7 リンガード 5.5 ミドルシュートを狙い、デレ・アリのゴールをアシスト 8 ヘンダーソン 6.0 セカンドボールを拾う。正確なフィードで決定機も演出 (→E・ダイアー -) 20 デレ・アリ 6.0 前半は消えていたが、後半に貴重な追加点を奪取 (→デルフ -) 18 A・ヤング 5.5 先制点をアシスト。守備にも戻った FW 9 ケイン 5.5 前線で相手センターバックをけん制 10 スターリング 6.0 バイタルエリアまで下がってアクセントを付け、ディフェンスライン裏を突いて揺さぶった (→ラッシュフォード -) 監督 サウスゲイト 6.0 セットプレーをうまく生かしてスウェーデン撃破 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ピックフォード(イングランド) ▽先制点を挙げたマグワイアもMOMに相応しいが、3本のファインセーブでピンチを救ったピックフォードを選出。 スウェーデン 0-2 イングランド 【イングランド】 マグワイア(前30) デレ・アリ(後14) 2018.07.08 00:55 Sun
twitterfacebook
thumb

新主将ケインの劇的同点弾で首位イングランドが無敗キープ! ノヴァコヴィッチが現役ラストゲームで惜別弾《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第6節、スコットランド代表vsイングランド代表が10日に行われ、2-2のドローに終わった。 ▽ここまでグループF唯一の無敗で首位に立つイングランド(勝ち点13)が、4位スコットランド(勝ち点7)のアウェイに乗り込んで英国勢対決。今回のインターナショナルウィークの初戦に向けてサウスゲイト監督は、キャプテン初指名のケインに加え、デレ・アリ、エリック・ダイアー、ウォーカーとトッテナム勢を中心としたメンバー構成で臨んだ。 ▽立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むイングランドだが、自陣で守備を固めるスコットランドの守備に手を焼く。開始6分にはセットプレーの流れからグリフィスにシュートを許すが、ここはGKハートが正面で対応した。 ▽デレ・アリ、ケイン、ララナの連係でゴールをこじ開けにかかるイングランドは18分、ダイアーから浮き球のパスを受けたケインがボックス右でDFをかわしてボレーシュートを狙うが、これは枠を外れる。さらに29分には、エリア外に飛び出してGKゴードンがクリアしたボールを左サイドで拾ったケインがすかさず浮き球のシュートを放つが、これはゴール前でDFのクリアに遭う。このこぼれ球を拾ったラッシュフォードがボックス中央でシュートするが、今度は戻ったGKゴードンの好守に阻まれた。 ▽前半終盤にかけて攻勢を強めるイングランドは40分にララナ、43分にリバモアがボックス付近でミドルシュートを放つが、前半のうちにゴードンの牙城を破ることができなかった。 ▽後半も攻勢を見せるイングランドは51分、ボックス手前右角でリバモアが放ったシュートが相手DFにディフレクトしてゴールに向かうが、これは右ポストを叩く。この決定機を逸したイングランドは、徐々に中盤でのミスが増え始めると、相手のカウンターからロバートソン、アームストロングとフィニッシュの形を作られてしまう。 ▽流れを変えたいサウスゲイト監督は65分、ラッシュフォードに代えてチェンバレンを投入。この交代で攻勢を強めると、67分には左サイドでバートランドが上げたクロスをゴール前のケインが頭で合わすが、これはGKゴードンの好守に阻まれる。 ▽しかし、この直後の70分、相手陣内右サイドでの素早いスローインから見事な個人技でボックス中央に切り込んだチェンバレンの強烈な左足シュートがGKゴードンの腕を弾いてゴールネットに吸い込まれた。 ▽チェンバレン投入が嵌って待望の先制点を奪ったイングランドは、その後デレ・アリに代えてスターリングを投入し、逃げ切りを図る。一方、序盤から守備に追われて足を攣る選手が目立つスコットランドは、アニャに代わってクリス・マーティンをピッチに送り出し、ゴールを目指す。 ▽ここまでほとんど決定機を作れなかったスコットランドだったが、試合終盤に伏兵グリフィスの左足が火を噴く。87分、ボックス手前中央の好位置でFKを得ると、これをキッカーのグリフィスが直接左足で狙うと、壁の上を越えた鋭いボールがゴール右隅に突き刺さり、今予選無失点を続けていた堅守イングランドから値千金の同点ゴールを奪う。さらに90分にもボックス手前やや左の位置でFKを獲得すると、これを再びグリフィスが見事な左足のキックで左隅に突き刺し、圧巻の直接FK2発で試合を引っくり返した。 ▽グリフィスの驚異の左足にまさかの逆転を許したイングランドは、W杯とユーロ予選での連続無敗記録が34試合でストップする絶体絶命の危機に陥る。だが、この窮地を新主将が救う。後半アディショナルタイム3分、ダイアーの直接FKがGKゴードンにセーブされるもこぼれ球をバートランドが拾い、左サイドのスターリングがクロスを入れる。このクロスに反応したケインが冷静に右足インサイドで流し込み、イングランドが土壇場で追いついた。 ▽この直後に試合はタイムアップを迎え、試合終了間際に大きな動きを見せた白熱の英国勢対決は2-2のドローに終わった。この結果、予選無敗継続のイングランドが首位キープに成功した。 ▽同日に行われた3位スロベニア代表(勝ち点8)と最下位マルタ(勝ち点0)の試合は、ホームのスロベニアが2-0で勝利した。なお、同試合を最後に現役を引退するFWミリヴォイエ・ノヴァコヴィッチが、84分にチーム2点目を記録。代表通算80試合目で32点目を決め、自身の花道を飾った。 ▽また、2位スロバキア代表(勝ち点9)と、5位リトアニア代表(勝ち点5)の一戦は、アウェイのスロバキアが2-1で勝利し、2位キープに成功している。 2017.06.11 03:42 Sun
twitterfacebook
thumb

大宮、清水、名古屋でもプレーしたスロベニア代表FWノヴァコヴィッチが現役を引退

▽スロベニアサッカー協会(NZS)は9日、マリボルに所属するスロベニア代表FWミリヴォイエ・ノヴァコヴィッチ(38)が現役を引退することを発表した。10日のマルタ代表とのロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選が最後の試合となる。 ▽ノヴァコヴィッチは、母国のオリンピアの下部組織出身で1998年7月にオーストリアのクロッパイナーでプロキャリアをスタート。その後はオーストリア国内でキャリアを積むと、2005年7月にブルガリアのリテックス・ロヴェチへと移籍。2006年8月にケルンへと加入した。 ▽ケルンでは、今夏ヴィッセル神戸への加入が決定している元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキやFWパトリック・ヘルメスらとコンビを組み、2007-08シーズンは20得点を挙げてブンデスリーガ2部で得点王にも輝いた。 ▽2012年8月には大宮アルディージャにレンタル移籍し日本でのキャリアをスタート。シーズン途中での加入となると、加入3試合目のFC東京戦でJリーグ初ゴールを記録。さらに9月のコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)戦では、大宮のクラブ史上初となるJ1でのハットトリックを記録。現在は浦和レッズでプレーするFWズラタン・リュビヤンキッチとともにチームの攻撃を牽引し、J1の残留に大きく貢献。翌年はチームの21戦無敗記録達成に貢献するなどし、12得点を記録した。 ▽しかし、同年で大宮とのレンタル移籍期間が満了を迎えると、2014年はケルンから清水エスパルスに完全移籍で加入。チーム最多の13得点を記録しJ1残留に貢献。それでも、1年で清水を退団し、翌年は名古屋グランパスへと完全移籍するが、シーズン終盤にはスタメン出場が減り退団。J1通算98試合出場35得点の記録を残し、自身のプロキャリアで初の母国でのプレーとなるマリボルへと移籍した。 ▽マリボルでも持ち前の得点能力は遺憾なく発揮され、2シーズンで公式戦47試合に出場し19ゴールを記録。今シーズンはリーグ戦26試合で11ゴールを記録していた。 ▽スロベニア代表としては2006年2月からプレー。主要な国際大会は2010年の南アフリカW杯の出場のみに終わっていたが、スロベニア代表史上最多の79試合に出場し31ゴールを記録していた。 ▽ノヴァコヴィッチは今回の決断についてコメント。家族やスロベニア国民への感謝をあらわにした。 「代表とプロとしてのキャリアを終える時が来た。明日は代表での最後の試合となるだろう。僕は家族に感謝したいし、長い間支えてくれたスロベニア国民にも感謝したい。ナショナルチームのためにプレーすることは名誉だった。今、僕は人生の新たなステップを踏み出す」 2017.06.10 01:23 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース