ギリシャ代表DFパパドプーロスが上海申花退団 “爆買い”の煽りを受けてケイヒルに続いて中国に別れ…2016.02.20 17:08 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽中国スーパーリーグの上海申花は19日、ギリシャ代表DFアブラアム・パパドプーロス(31)との契約を解消したことを発表した。

▽上海申花は、今冬の移籍市場でコロンビア代表MFフレディ・グアリンとナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンス、韓国代表DFキム・キヒの3選手を獲得。加えて、チームにはキャプテンのコロンビア代表FWジョヴァンニ・モレーノとセネガル代表FWデンバ・バが在籍しており、外国人枠5人が埋まっていた。

▽これを受け、クラブはオーストラリア代表MFティム・ケイヒルに続いてグレゴリオ・マンサーノ監督の構想外となったパパドプーロスとの契約を解消した。

▽オリンピアコスやトラブゾンシュポルで活躍したパパドプーロスは、昨年2月に上海申花に加入。昨シーズンは、リーグ戦23試合に出場し、1ゴールを記録していた。また、ギリシャ代表では、2010年の南アフリカ・ワールドカップに参加するなど、通算37キャップを誇る。
コメント
関連ニュース
thumb

仕上げの“リンス”が中国へ! 甲府から中国2部の北京北体大へ加入

中国甲級リーグ(中国2部)の北京北体大は4日、ヴァンフォーレ甲府を退団したブラジル人FWリンス(31)と加入で合意に達したことを発表した。フリートランスファーとなる。 リンスは、ブラジル国内のクラブでプレーし、2014年にクリシューマからガンバ大阪へ完全移籍。2シーズンを過ごすと、2016年はフィゲイレンセ、2017年はポンチ・プレッタでプレー。2017年8月に甲府へと完全移籍で加入すると、明治安田生命J1リーグで12試合に出場し6ゴールを記録していた。 2018年はJ2で戦うことになったものの、16試合に出場し5ゴールを記録。2018年7月にFC東京へとレンタル移籍すると、J1で18試合に出場し3ゴールを記録していた。 北京北体大は、2019年2月に北京控股足球倶楽部からチーム名が変更。指揮官は中国のクラブの監督を歴任し、中国代表監督も2度務めたガオ・ホンボ監督が務めている。 2019.03.04 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ガイタンが大連一方を退団…ハムシクと共演ならず、シカゴ・ファイアーに移籍

中国スーパーリーグの大連一方は28日、アルゼンチン代表FWニコラス・ガイタン(31)の退団を発表した。なお、移籍先はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーとのことだ。 ガイタンは、ボカ・ジュニアーズの下部組織出身で、2008年7月にトップチームへ昇格。2010年7月にベンフィカへと移籍した。 ベンフィカではポルトガル・プリメイラ・リーガで152試合に出場し25ゴール60アシストを記録。2016年7月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍すると29試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。 2018年2月に大連一方へと完全移籍すると、中国スーパーリーグでは28試合に出場し2ゴール9アシストを記録していた。 大連一方には、アトレティコでもチームメイトだったヤニク・フェレイラ=カラスコが所属。また、今冬にはナポリからスロバキア代表MFマレク・ハムシクを補強しており、共演が期待されていた。 なお、シカゴ・ファイアーには元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーやセルビア代表FWアレクサンダル・カタイらが所属している。 2019.02.28 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎F時代は“レナト"として活躍した、広州富力のFWレナチーニョが天津天海にレンタル移籍

中国スーパーリーグの天津天海は28日、広州富力からブラジル人FWレナチーニョ(30)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 レナチーニョは、2012年1月から2015年7月まで川崎フロンターレに所属。Jリーグでは「レナト」の名前でプレーし、中国移籍を機に「レナチーニョ」と名前を変更していた。 広州富力でのレナチーニョは、中国スーパーリーグで84試合に出場し32ゴール20アシストを記録。持ち前のドリブルスキルと、左足のキックで多くのゴールを生み出していた。 天津天海は今冬に広州恒大からブラジル人FWアランを獲得。また、元イタリア代表FWアレシャンドレ・パトも在籍している。 2019.02.28 15:42 Thu
twitterfacebook
thumb

長春亜泰がマドリー下部組織出身で内田篤人の元同僚MFフラードを獲得

中国甲級リーグ(中国2部)の長春亜泰は28日、サウジアラビアのアル・アハリからスペイン人MFホセ・マヌエル・フラード(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。 フラードは、レアル・マドリーの下部組織出身で、2005年7月にトップチームへと昇格。2006年8月にアトレティコ・マドリーへと移籍した。 その後、マジョルカへのレンタル移籍を経験し、2010年8月にシャルケへと完全移籍すると、2013年7月にはスパルタク・モスクワへと完全移籍。その後、ワトフォード、エスパニョールを経て、2018年7月にアル・アハリへと加入していた。 アトレティコでは公式戦125試合に出場し13ゴール10アシストを記録。シャルケでは内田篤人(鹿島アントラーズ)ともプレーし、公式戦72試合に出場し9ゴール12アシストを記録。レアル・マドリーでは公式戦6試合に出場していた。 また、アル・アハリでは、今シーズンのサウジアラビアリーグで17試合に出場し1ゴール4アシストを記録。キングス・カップでは1試合に出場していた。 長春亜泰は、清水エスパルスのブラジル人FWドウグラスの獲得に動いていることが報じられていたが、不整脈などの体調面も考慮し破談。中国スーパーリーグへの復帰を目指す今シーズンは、フラードの他、元U-21オランダ代表FWリハイロ・ジヴコビッチ(22)、ブラジル人FWマウリデス(24)も獲得している。 2019.02.28 13:38 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラの相棒、LAギャラクシーのノルウェー代表FWカマラが今季昇格の中国クラブへ完全移籍

中国スーパーリーグの深セン市足球倶楽部は28日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーからノルウェー代表FWオラ・カマラ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 カマラは、スターベクやヘーネフォス、ストレームスゴトセトなどノルウェークラブでプレー。その後は、オーストリアのSVリート、ドイツの1860ミュンヘンでプレー。2014年1月にオーストリア・ウィーンに完全移籍した。 その後、モルデへのレンタル移籍を経験すると、2016年2月にはMLSのコロンバス・クルーへと完全移籍。2018年1月からロサンゼルス・ギャラクシーでプレー。元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチと2トップを組むなど活躍。MLSで31試合に出場し14ゴール4アシストを記録していた。 カマラは、ノルウェーのエリテセリエン(ノルウェー1部リーグ)で通算149試合に出場し58ゴール18アシストを記録。MLSでは90試合で48ゴール11アシスト、オーストリア・ブンデスリーガでは23試合で2ゴール4アシストを記録。また、ヨーロッパリーグにも6試合出場し1ゴールを記録していた。 世代別のノルウェー代表を経験したカマラは、2013年10月にノルウェー代表デビュー。その後はケガなどもあり未招集の時期が続いたが、2017年に復帰していた。代表通算13試合出場6ゴールを記録している。 深セン市足球倶楽部は、今シーズンから中国スーパーリーグに昇格。今冬には、サンテチェンヌからセネガル代表DFシェイフ・エムベング、ノルウェー代表MFオル・セルナエスも獲得している。 2019.02.28 11:55 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース